UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/21UEFAサッカー情報
●スペインリーグは20日に2試合が行われた。ミッドウィークのCLでPSVに快勝したアトレティコ・マドリーはリーグ戦でも好調を維持。ホームでレクレアティーボと対戦し、4-0で勝利した。また、首位のエスパニョールはホームでヘタフェと1-1で引き分け、開幕からの連勝が止まった。
●17日に行われたチャンピオンズリーグ、グループリーグ初戦、対BATEボリゾフ戦で先制ゴールを決めたレアル・マドリー所属のスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(22)。このゴールで彼は2005年夏にレアル・マドリーに移籍してからの3年間、137試合で20得点を記録し、最初の3年間でのロベルト・カルロスのゴール数を3ゴール上回った。ロベルト・カルロスはレアル・マドリーでの最初の3年間(1996-99)、137試合で17得点を記録。そして、レアル・マドリー在籍11年間で68得点を挙げている。1年平均約6得点という計算となる。
●レアル・マドリーのMFグティが元ボクサーに追い回されるという災難に遭った。21日付けの“マルカ”紙がトップ紙面で報じている。
●ビジャレアルのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、21日に行われるリーガ・エスパニョーラ第3節のヌマンシア戦に向けた招集メンバーを発表した。この中で最も注目を集めたのは、ニハトが今シーズン初めてメンバー入りしたことだ。二ハトは、トルコ代表として出場したユーロ(欧州選手権)2008で負ったけがのため手術を受け、ここまで欠場していた。このトルコ人FWが復帰を果たす一方で、ロッシ、カニ、ブルーノ、シガンの4人は招集が見送られた。イタリア人FWロッシは、負傷箇所は完治したもののフィジカルコンディションが万全ではないという理由で、それ以外の3選手は戦術的な理由により、メンバーから外れた。
●ここ数年、スペイン、ヨーロッパで躍進を続けるセビージャの陰に隠れ、その最大のライバルであるベティスのファンは悔しい思いをしている。しかし、セビージャの街が真っ二つに分かれる、このダービーだけは負けるわけにはいかない。特に21日の今季初対決はベティスのホーム、マヌエル・ルイス・デ・ロペラで行われるだけに、ベティスとしてはこのダービーで今季のリーグ戦初勝利を収め、これからのリーグ戦に勢いをつけたいところだ。
●レアル・マドリーは、ブラジルのアトレチコ・パラナエンセとの提携を発表した。アトレチコ・パラナエンセは、今後ブラジルにおけるレアルのサテライトチームとなる。レアルは昨シーズン途中から、ミゲル・アンヘル・ポルトガル・テクニカルマネージャーがアトレチコ・パラナエンセと交渉を続けており、先週、ワルテル・ディ・サルボ・テクニカル・コーチとクラブの顧問弁護士が現地に足を運び、今回の契約調印に至った。アトレチコ・パラナエンセは、31校のサッカースクールをブラジル全土に展開するなど、同国随一のカンテラ(下部組織)を持つエリートクラブとして知られており、中国、日本、米国のチームとも提携している。
●セリエA第3節の2試合が20日に行われ、ここまで2試合で勝ち星のなかったローマがレッジーナと対戦。相手の倍以上となるシュート25本の猛攻で、パヌッチ、アクイラーニ、ペッロッタが決めて3-0と快勝した。今季初勝利を挙げたローマは勝ち点を4に伸ばした。もう1試合のカターニア対アタランタは、ホームのカターニアがパオルッチのゴールを守りきって1-0で勝利した。
●リーグアン第6節が20日に行われ、首位リヨンが今季5勝目を挙げて勝ち点を16に伸ばした。好調のグルノーブルと対戦したボルドーは、後半立ち上がりに2人の退場者を出しながら1-0で競り勝ち、勝ち点10で暫定6位となった。トゥールーズはソショーに2-1で勝ち、暫定3位へ浮上。中位対決となったニース対ル・マンは2-2で引き分け、勝ち点1を分けあった。ル・マンが4位、ニースが5位となっている。
●20日に行われたプレミアリーグ第5節の試合で、アーセナルがアウェイで見事なパスサッカーを展開、ボルトンに3-1と逆転勝利した。前節のマンチェスター・ユナイテッド戦の勝利、さらにはCL白星発進で士気あがるはずのリヴァプールはホームで、19位のストーク・シティと対戦。相手の固い守備を破ることができず、0-0のドローに終わった。ジャンフランコ・ゾラ新監督の初陣となったウェストハムはホームで、いまだ指揮官不在のニューカッスルを3-1で破った。
●20日に行われたブンデスリーガ第5節の試合で、ディフェンディング・チャンピオンのバイエルン・ミュンヘンがホームでヴェルダー・ブレーメンに2-5の大敗を喫した。
●チェルシーのルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、今日のマンチェスター・ユナイテッド戦を前に、現在のイングランドサッカーの質の高さを称賛した。「イングランドサッカーはファンタスティックで、とてもいい選手がそろっている。今のような感じで、あと数年続ければ、彼らはブラジルのようなプレーをするようになるだろうね」ブラジル出身の監督はさらに、「海外からやってきた監督たちは、いろいろなアイディアを持っている。アーセン・ヴェンゲルはフランス人だし、私はブラジル、ファンデ・ラモスとラファ・ベニーテスはスペインから来た」と、外国人の選手と監督の存在が、プレミアリーグのレベルを高めていると続けた。
●右膝の腱を悪化し、手術が必要であることが明らかとなったユベントスの元フランス代表FWダビデ・トレゼゲ(30)。「最終的に手術が最善策だという結論に至った。もう少し様子を見守るとの選択もあったが、(元ACミランFW)ロナウドのように腱を断裂する危険性をはらんでいた。彼のように選手生命の危機にさらされたくはなかった。手術を受けることで、俺の選手生命は5、6年延びるはずだ。そう考えると、4か月間の離脱は長くはないと思う。」
●クラウディオ・ラニエリ監督トレゼゲについては「昨季も得点ランキング2位となるなど、彼は生粋の点取り屋だ。彼の長期離脱はチームにとって非常に痛い。完全な誤算だが、長いシーズンでは、このような事態は起こりうるのだろう」
●ジラルディーノ。しかしフィオレンティーナのユニフォームで臨んだ先日の欧州CLグループリーグのリヨン戦では2得点を挙げる大活躍。この件について問われたアンチェロッティ監督は「ジラルディーノの活躍は嬉しく思っている。彼はここACミランでも得点を挙げていたが、実力の全てを出し切ったわけではなかった」とコメントしている。一方、開幕2連敗を喫したチームのスランプ脱出については「カカも言っていたが、我々は『個々のクォリティと才能が全ての問題を解決するだろう』という誤解をしていた。しかし、実際は勝利を収めるためにはプラスアルファの部分が必要となる。これはロナウジーニョ個人に対するメッセージではなく、選手全員に対して言いたいのだが、才能は必要だが、それで全てが解決できるわけではない」
●モウリーニョ監督は「アドリアーノ個人よりもチームの方が重要だ。彼はインテルに在籍する30人の選手の中の1人に過ぎない。我々に勝ち点『3』をもたらした欧州CLでの彼のゴールには確かに満足している。ただ、彼が先発出場するかどうかは俺が決める事であって、報道陣が決める事ではない」
●チェルシーのルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、クリスティアーノ・ロナウドのここ数年の成長を目の当たりにし、「クリスティアーノがスタンフォード・ブリッジでプレーしたいならいつでも大歓迎だ」とコメントした。前ポルトガル代表監督としてC・ロナウドをよく知るスコラーリ監督は、同選手に絶大なる信頼を寄せているようだ。
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアレックス・ファーガソン監督は、今シーズンの思わしくないスタートには言及せず、21日にスタンフォード・ブリッジで行われる対チェルシー戦を前に自信を見せた。「実力のある選手を備えたマンUにとって、スタンフォード・ブリッジで白星を挙げるのは決して難しいことではない。チェルシーもわれわれの力を知っているから、試合を落とす可能性も認識しているはずだ」
●バイエルンのユルゲン・クリンスマン監督が、20日に行われたドイツ・ブンデスリーガのブレーメン戦(2-5)での大敗についてコメントした「厄日だ。ブレーメンはわれわれより素晴らしく、とても攻撃的だった。そして、知的で活発だった。この試合から学ぶことは多かった。目をつぶってはいけない。向上しなければいけないんだ」
●リバプールのラファエル・ベニテス監督が、20日に行われたイングランド・プレミアリーグのストーク・シティ戦(0-0)を振り返って次のようにコメントした。「このような試合から学び、解決策を見つけなければならない。われわれは試合を支配し、エリア付近からシュートを放った。多くのチャンスを作っていたがゴールが奪えない。フットボールではときどき起こることだ。選手は一生懸命にやってくれた。彼らはできることすべてをやったが、もう少しシュート精度とポゼッションが必要だった」そして、試合開始早々のスティーブン・ジェラードのゴールが取り消されたことについて首をかしげた。「なぜ取り消されたのか分からない。ジェイミー・キャラガーは主審に尋ねたようだが、彼は取り消しだと言ったらしい。ラインズマンではなく主審の彼がね。信じられないことだ。彼の位置から取り消しにするほど正確に見えたと思うかい? だが、私は彼に説明は求めない。きっと説明できないだろうからね」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外に長期滞在することのメリットの一つとして当地の語学力が身につくことがありますが、高校生という年齢なら十分な語学力を身につけることができます。16歳から一年間留学した知人の話ですが、始めはコミュニケーションをとるのもやっとの状態から、半年後には会話はま...
2008/12/29(月) 07:11:37 | 高校生からの海外留学
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。