UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/20UEFAサッカー情報
●バレンシアのFWダビ・ビージャが負傷してポルトガルから帰ってきた。18日に行われたUEFAカップ1回戦1stレグ、マリティモ戦で0-1と先勝したバレンシアだが、後半途中から出場したビージャが激しいタックルを受け、負傷。初診では足首の捻挫でリーガ3試合の欠場の可能性も疑われたが、翌19日に詳しい検査を行った結果、左足首の軽い捻挫と診断され、ひとまず周囲をホッとさせた。いずれにしても、この捻挫でビージャは日曜日のオサスナ戦は欠場する見込み。
●16日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング・リスボン戦で同クラブでの公式戦400試合出場を果たしたバルセロナのキャプテン、カルレス・プジョルは、クラブの系列放送局とのインタビューで、カンテラ(育成部門出身)選手と他クラブからやってきた選手との意識の違いについて説明した。「カンテラ出身の選手は、バルサのチームカラーをより強く意識していると思うが、それは当然のことだろう。もし自分がほかのチームでプレーすることがあったとしたら、新チームにも同じように心身をささげるつもりだ。外からバルサにやって来る選手たちにも、是非そうであってほしい。だが、それでも僕はいつまでも“クレ”(バルサファンの愛称)ではあり続けるつもりだ」
●レアル・マドリーのGKイケル・カシージャスは、チームの開幕からの低調なパフォーマンスに批判が集まっていることについて、評価は長いスパンで行うべきで、わずか数試合で結論を出す必要はないと考えているようだ。「もし5試合で10失点という結果が出たなら、間違いなく僕らはひどいプレーをしたと言える。とはいえ、たった5試合で評価を下すというのはばかげた話だ」カシージャスは、チームが現在“セットプレー時の集中力”を欠いていることを認識してはいるものの、「だが、それは試合のリズムをつかめるかにかかっている。9月はプレシーズンからの一連のピークを迎える時期で、10月までは目標としている結果は出せないと思う」と、まだ慣らし運転の段階にあることを説明した。
●ディミタール・ベルバトフのチェルシー戦出場が可能になり、さらにクリスチアーノ・ロナウドも復帰したことで、マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督は、選手選考に悩んでいることを認めている。
●ミッドウィークに行われたCLビジャレアル戦でようやく復帰したロナウドは、リーグ戦で対戦するチェルシーに対し、「僕を脅そうとする試みがピッチ上ですぐに再開されるのは分かっている。でも僕を苦しめるのが困難だということに遅かれ早かれ皆気づくだろう。またブーイングされるだろうけど、そうなった時でも僕は試合を放棄したりしない。僕はタフだし、ブーイングだってスペクタクルの一部だからね。通常通り、自分が受けたダメージは自分のゴールで相手に仕返ししてやるさ」
●今週末のリーグ戦には出場すると思われていたバイエルン・ミュンヘンのフランク・リベリ(25歳)だが、復帰が少し遅れることになった。バイエルンは18日、リベリは太ももに違和感があり、土曜日のブレーメン戦には出場しないと発表した。「今週はきつい練習をしてきたので、筋肉が固くなるのも当然なんだ」とクリンスマン監督は語り、水曜日に行われるドイツカップ戦への出場を示唆した。
●ユヴェントスは18日、FWダヴィド・トレセゲが右膝の負傷のため手術を受けることになり、しばらく戦列を離れると発表した。今季初めから悩まされていた箇所で、全治まで少なくとも2カ月はかかると見られている。
●ジェラードはミッドウィークのCL対マルセイユ戦で2ゴールを記録してチームの勝利に貢献、通算100得点まであと1ゴールに迫った。「ミッドフィールダーで99ゴールは驚異的だ。だが、彼ならもっと得点できる。PKも蹴るとしたら、最終的には今の得点の倍近くはいくんじゃないか。しかも、彼はめったに見られないようなゴールを決めるんだ。世界最高のミッドフィールダーがチームにいて、我々はラッキーだよ」とベニーテス監督
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ハムストリングの負傷で戦線離脱中のMFトマス・ロシツキについて、年内に復帰する可能性があることを語った。今年1月に負傷し、5月には手術も行ったロシツキ。当初は9月中に復帰するといわれていたが、いまだコンディションが戻らず復帰時期も未定のまま。さらに、チェコ国内では引退説も囁かれるなど、ケガの深刻さが伝えられるばかりだった。しかし、このチェコ代表の状態について、指揮官のベンゲルが改めてコメント。症状の悪化も伝えられていた27歳のコンディションについて、「予想より遅いが必ず復帰する」と語っている。
●現在、プレミアリーグの得点ランキングでトップに立つウィガンのFWアマル・ザキの動向について、レンタル元であるエジプトのザマレクは、完全移籍のオプションは含まれていないとのコメントを発表。開幕直後に初挑戦のプレミアリーグでブレークしたエジプト人が、ビッグクラブに引き抜かれる可能性も浮上している。今夏の移籍マーケットで、エジプトのザマレクに対し125万ポンド(約2億5千万円)を支払い、1年間のレンタル移籍でザキを獲得したウィガン。
●インテルのマッシモ・モラッティ会長は19日、元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナがインテルの一員となる可能性があることを示唆した。マラドーナがオブザーバーとしてインテル入りするのではとの噂に対して応えたもの。
●18日のUEFA杯1回戦(第1レグ)のチューリヒ戦で3-1勝利を収めたACミラン。セリエA第3節のラツィオ戦を2日後に控えた19日、ACミランのDFマレク・ヤンクロフスキ(31)は「チームがスランプを脱したわけではない」と改めて気を引き締めた。
●ACミランは19日、イタリア代表MFピルロが右太ももの筋肉損傷で復帰まで45日から約2カ月を要すると発表した。今週の練習で痛め、18日の欧州連盟杯のチューリヒ(スイス)戦も欠場していた。
●準備の遅れから、ポーランドとの共同開催が危ぶまれている2012年ユーロ(欧州選手権)開催国ウクライナのイバン・バシュニュク副大統領は、同国でのユーロ開催は全く問題はなく、危機はないことを保証した。
●フランスサッカー連盟は、「6カ国対抗ラグビー」(イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズ、フランス、イタリアの間で開催)にヒントを得た、「4カ国選手権」(フランス、スペイン、イタリア、ドイツが参加)を、2009年6月6日から10日の日程で開催するというプランを提案したという。
●20日に行われるドイツ・ブンデスリーガ第5節では、ドイツの黄金カード、バイエルン対ブレーメンが行われる。ボロウスキ、ピサロの両選手にとって初めての古巣対決となるこの試合では、ファン・ボメル対ジエゴの第2ラウンドも注目のひとつ。
●チェルシーとマンチェスター・ユナイテッド(マンU)、イングランド・プレミアリーグの巨頭が、日曜にチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジで相まみえる。第5節での対戦ということで、今シーズンを占う上では、複数ある中の1試合との位置づけになるかもしれないが、今節最大の注目カードであることに間違いはない。
●ニューカッスルに所属する元イングランド代表FWアラン・スミスが、疲労骨折のため2カ月の離脱を強いられることが分かった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。