UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/16UEFAサッカー情報
●バルセロナMFアレクサンドル・フレブが足首を捻挫、全治4週間と診断されたことが判った。
●レアル・マドリーがディフェンス面で脆さを見せている。14日に行われたリーガ第2節、サンティアゴ・ベルナベウでのヌマンシア戦では4-3で何とか今シーズン初白星を挙げたが、3失点を喫している。これでリーガでは開幕戦のデポルティーボ戦での2失点と合わせて5失点、バレンシアとのスペインスーパーカップ2試合でも5失点と今シーズンの公式戦4試合で早くも10失点を喫したことになる。昨シーズン、堅守が目立っていたチームとしては多すぎる失点数だ。特にセットプレーからの4失点も不安材料だ。ヌマンシア戦後、「私が望んでいるのは勝利であり、スコアは4-3でも1-0でも構わない。結果は試合にもよるものだ。良い試合をして1-0で勝つこともあれば、4-3で勝つこともある。重要なのは勝利することであり、それに価値がある」とコメントしているシュスター監督
●ヨハン・クライフは、バルセロナの地元紙『エル・ペリオディコ』とのインタビューで13日のリーガ・エスパニョーラ第2節バルセロナ対ラシン戦を振り返り、「バルサは、ここ数シーズンの中で最高のプレーを披露した。周囲がこれほど悲観する理由が分からない」とコメントした。「グアルディオラの言いたいことは、『このチームには選手間の優劣は存在しない』ということだ。勝ち点だけでチームを評価したい人間には、そうさせればいい。ただ、私から見れば、今のバルサの感触はとてもいい」
●リーグ戦での開幕ダッシュに失敗し、早くもファンを心配させているバルセロナ。不安を払しょくするには、16日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)の初戦、スポルティング・リスボン戦での勝利が重要だとメッシは感じているようだ。「ファンには辛抱強くチームを信頼して欲しいが、彼らを安心させるためにもスポルティング戦での勝利が必要だと思う。こういった(悪い)スタートを切れば、ファンがああいった(不満の)反応を示すのも当然だ。だからこそ、内容の伴った勝利でCLをスタートできるといいね」
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は15日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第1戦、スポルティング・リスボン戦を翌日に控え、記者会見を行った。グアルディオラ監督はまず、リーグ開幕戦のヌマンシア戦での敗戦に続き、第2戦のラシン・サンタンデール戦でも引き分けに終わったことについてこう述べた。「内容は良かった。シーズン出だしの全体的なパフォーマンスについては納得している。とはいえ、結果はきっちりフィードバックする。なぜなら、よいプレーをして勝てないならば、異なるプレーをしなければならないからだ。選手たちが素晴らしいパフォーマンスを見せたことは喜ばしいし、満足している。だが、チャンスを作りながらも勝利に結びつかない現状は打破しなければならない。この試合は、それを実行するよい機会だ」
●16日のCLグループステージでボルドーと対戦するチェルシーのルイス・フェリペ・スコラーリ監督が「CLだからといって特別プレッシャーを感じるわけではない」と語った。
●チェルシーでコーチを務めていたスティーヴ・クラーク氏が、ウェストハムのトップチームのコーチとなることが決まった。クラブが15日に発表した。
●ボルドーのローラン・ブラン監督は、CLで対戦するチェルシーに対し、資金力で試合に勝てるとは思うなと警告した。
●週末のセリエAの試合ではベンチスタートだったユヴェントスのFWアレッサンドロ・デル・ピエロだが、17日(日本時間18日未明)のゼニト・サンクトペテルブルク戦ではスタメンに復帰するようだ。
●13日のプレミアリーグでリバプールに敗れたマンチェスター・ユナイテッドのDFリオ・ファーディナンドは、「本領を発揮することができなかった。得点の前後はパスも繋がっていて、いいフットボールが展開できていた。しかし、その後は何もすることができなかった。リバプールのゴールは両方ともラッキーだったけど、彼らは気にしていないだろう。ボールへの寄せの時点で負けていた。敗戦は当然の結果だと思う」
●ジェノア戦で先発出場したが、得点を挙げることなく前半終了後に退いたシェフチェンコ。「我々には何かが欠けている。このスランプを脱出するために、今後の試合で勝利を収めなければならない。何が原因かを断定することは難しいが、全てのポジションで何かしらが機能していないのだろう。練習を重ねて、苦境を乗り越える策を見出さなければならない」
●マンシーニは「インテルが最良のスタートを切ることを願っている。サポーターの声援を背に受けるパナシナイコスは、当然テンションを上げているだろう。試合は容易ではないが、我々も準備は整っている。また、欧州CL優勝は今季我々の第1目標であり、モチベーションに満ち溢れている。この大会での優勝は非常に難しく、だからこそ重要だ。しかし、気負うことなく、国内リーグ戦と同じ気持ちで臨むつもりだ。欧州CLのような大会ではメンタルも重要だ。インテルは好調であり、成長し続けている。まずはスタートに成功することが大事だ。不安もあるが、我々自身を信じている」
●カターニャのロ・モナコGMは「モウリーニョの発言は、対戦相手とサポーターに対する敬意が欠けている。彼は自分の身の上だけを案じていればいい。クラブが彼と選手にいくら投資したかを考えるべきだ。たった1人で我々の選手全員の年俸と同じぐらいの金額を稼いでいるような人物からの、このような無神経な発言は真に受け入れ難い。これから勝利を重ねられないようなら、素晴らしいトランクとともに母国に帰ればいい」
●元トリノ監督のワルテル・ノベリーノが開幕2連敗と低迷が続くACミランのカルロ・アンチェロッティ監督について語った。「アンチェロッティは厳しい時期に直面しているが、クラブが彼を擁護し続けてくれている点では幸運といえるだろう。今夏の移籍市場で選手が大きく入れ替わっており、アンチェロッティ監督がすぐにチームとして仕上げることは容易ではない。問題は徐々に改善されるだろう。私はACミランがスクデット(セリエA優勝)候補筆頭と予想していた。開幕2連敗を喫したからといって発言を撤回する気はない。しかし、ACミランが現状以上のチームにするためには、まずはディフェンスの若返りが急務だ」
●コルドバは「メディカルスタッフとトレーナーの指示に従って、リハビリに取り組んできた。ネガティブな時期はもう終わったと感じており、試合への準備は万全だ。パナシナイコス戦は厳しい試合となるだろうが、足を使ったプレーで相手をかく乱したい。パナシナイコスへの敬意はあるが、勝利は我々がいただく」
●2連敗したACミラン。敗戦から1夜明けた15日、ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長とカルロ・アンチェロッティ監督の会談は2時間に及んだ。ガリアーニ副会長は「カルロ・アンチェロッティ監督は続投する。オーナーも私と同じ意見だ。アンチェロッティの解任を考えたことは、これまで1度もない。彼への信頼は揺らいでいない。今日はスタッフ全員を集めてチームの問題点を分析した。前向きな話し合いができた。明日から様々なテストを行い、問題解決の糸口を見つけたい」
●クロアチア代表のスラベン・ビリッチ監督は、2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会終了後に代表監督を辞することを明言したが、その後もサッカーの世界で仕事をしていくことを望んでいる。
●イングランドの複数のメディアが「ドバイ政府関連の投資グループがリバプールに買収のオファーを出した」「DICがニューカッスルの買収を検討している」と報道していたが、DICはこれらの報道に対し、次のように回答している。「DICはリバプールとの売買交渉など一切行っていないし、この先どのクラブにもオファーを提示する予定はない。DICもドバイ市内の関連グループにも、クラブ買収ビジネスにかかわる団体は存在しないはずだ」
●PSVアイントホーフェンのフーブ・ステーフェンス監督は、16日にアトレティコ・マドリーと対戦するチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ初戦について、「手ごわい相手に苦戦するだろう」と予想した。「アトレティコは偉大な選手のそろった、バランスのとれたチームだ。主力の2人(マキシ・ロドリゲスとマリアノ・ペルニア)は、出場停止のため不在だが、彼らの代役を十分務められるような選手がそろっている」
●マルセイユは16日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)初戦で、先週土曜日のイングランド・プレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドを2-1で破って波に乗るリバプールをベロドロームに迎える。昨シーズンもグループリーグで同組となった両者だが、マルセイユはホームで0-4の大差で敗れており、今回はその借りを返したいところだ。両チームとも、けがから回復したばかりのフェルナンド・トーレス(リバプール)、ハテム・ベンアルファ(マルセイユ)という、チームの核となるスター選手の出場が微妙な状況にある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。