UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/14UEFAサッカー情報
●13日に行われたスペインリーグで、バルセロナは今季初のホームゲームでラシン・サンタンデールと対戦。相手の固い守備に手こずりながらも、途中出場のメッシが71分にPKを決めて待望の先制点をゲット。しかし、その直後、ガライのFKをペレイラがゴールに押し込み、ラシンが追いついた。結局試合は1-1で引き分け、開幕戦を落としたバルセロナは2戦続けて勝ち星なしとなった。セビージャはホームで昇格組のスポルティング・ヒホンと対戦。3-3で迎えた60分にカヌーテが決勝点を決めて、4-3で逆転勝利。2試合で勝ち点4とし、暫定で首位に浮上した。また、バルサと同様にミッドウィークにチャンピオンズリーグの試合を控えるアトレティコ・マドリーはアウェイのバジャドリー戦にフォルランを帯同せず、アグエロをベンチに温存。バジャドリーは開始4分にドラドが先制点を入れると、退場者を出しながら、28分にはPKで2点をリード。アトレティコは後半からアグエロを投入すると、すぐに55分に1点を返すが、反撃もそこまで。1-2で敗れた。
●レアル・マドリーのイタリア代表DFファビオ・カンナバーロが13日、35回目の誕生日を迎えた。今季終了後にレアル・マドリーとの契約が満了するカンナバーロは、将来的に故郷ナポリでプレーする可能性を示唆している。スペイン紙“AS”のインタビューに応じたカンナバーロは「ナポリで1年プレーしたいとの気持ちはある。しかし、クリスマス休暇に入る前に、レアル・マドリーと契約延長の話を、特に自分への信頼感が今後も続くのかどうかについて話し合う必要がある。今のところ、今季終了後の引退は考えていない。35歳となったが、コンディションは良く、2010年のW杯に出場したい」とコメント。
●レアル・マドリーのベルント・シュスター監督は、14日に行われる対ヌマンシア戦にセルヒオ・ラモスとファビオ・カンナバーロを招集しなかった。セルヒオ・ラモスは、スペイン代表として出場したボスニア・ヘルツェゴビナ戦とアルメニア戦で恥骨を痛めていることから欠場が決まった。また、故障による長いブランクの後、イタリア代表として2010年ワールドカップ・南アフリカ大会欧州予選で2試合を戦ったカンナバーロは、大事をとって温存された。ヌマンシア戦には、スペイン・スーパーカップで退場処分を受け、リーガ開幕戦を欠場したラファエル・ファン・デル・ファールトのほか、体調を崩していたラウル・ゴンサレス、ミチェル・サルガド、ハビエル・サビオラも招集された。一方、ウェスレイ・スナイデル、ミゲル・トーレス、ハビ・ガルシア、ジョルディ・コディナはメンバーから外れた。
●13日に行われたバルセロナ対ラシン・サンタンデール戦の試合中に負傷退場したバルサのアレクサンドル・フレブは、試合後の検査の結果、左足首の外側のじん帯をねんざしており、全治まで約1カ月かかる見通しであることが分かった。
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、カンプ・ノウでのラシン・サンタンデール戦に1-1で引き分けたにもかかわらず、「選手たちはベストのプレーを見せ、満足している。引き分けは残念だが、それ以上、この結果を悔やむつもりはない。チームに批判すべき点はない」と、選手のパフォーマンスをたたえ、試合結果に満足の意を表した。同監督は相手チームについて、「試合のリズムをつかめず、ただボールの後を追い回すだけだった」と分析すると、「選手たちは前回よりもいいプレーをしていた。私の作戦がうまくいかずに引き分けてしまったことは認めるが、チームは多くのチャンスを作った。バルサは十分勝利に値する戦いをした。これ以上、言うことはない」と述べた。
●13日に行われたスコットランド・プレミアリーグの試合で、セルティックはアウェイでマザウェルと対戦、4-2で勝利し、ミッドウィークのCL開幕戦へ弾みをつけた。
●13日に行われたプレミアリーグの試合で、リヴァプールがホームで待望のマンチェスター・ユナイテッド戦勝利を手にした。ここまで6度のホームゲームで5敗1分と完全に分が悪いリヴァプール。この試合も開始わずか3分に、ユナイテッドのユニフォームで初登場のベルバトフの折り返しをテベスに鮮やかに決められ、ジンクスは続くかに思われた。しかし、27分にシャビ・アロンソのシュートをエドウィン・ファン・デル・サルがかろうじて片手でクリア、そのボールがウェズ・ブラウンの足に当たってユナイテッドのゴールに吸い込まれ、リヴァプールは幸運にも追いつく。これで流れはリヴァプールに傾き、後半は押せ押せに。ベニーテス監督は主将ジェラード、バベルを投入。77分にはマスチェラーノ、カイトとつないでバベルが値千金の逆転ゴール。ユナイテッドは終盤にヴィディッチが2枚目のイエローカードで退場となり、リヴァプールは勝利を確実なものとした。
●13日に行われたプレミアリーグの試合で、チェルシーがマンチェスター・シティを3-1で下した。チェルシーへの移籍を熱望しながらマン・シティに加入したロビーニョがデビュー戦でFKからゴールを決め格好のスタートを切ったかに見えたが、チェルシーはカルヴァーリョのゴールですぐに追いつくと、ランパードが逆転弾、さらにアネルカがだめ押し点を決めた。
●13日に行われたブンデスリーガの試合で、バイエルン・ミュンヘンはアウェイでケルンと対戦。トニが後半に2ゴールを上げ、ロスタイムには途中出場のポドルスキがだめ押し点。3-0で勝利し、2位に浮上した。
●セリエA第2節の2試合が13日に行われ、開幕戦ドロースタートのインテルがカターニアを2-1で破り、今季初勝利を挙げた。
●リーグアン第5節が13日に行われ、リヨンが今季4勝目を挙げて首位へ浮上した。ホームにニースを迎えた試合は、20分までに2失点を喫する苦しい展開となったが、その後は主導権を握り、ジュニーニョの2ゴールで同点とすると、ロスタイムには相手のハンドで得たPKをベンゼマが冷静に決めて逆転勝ちした。
●セリエA第2節の2試合が行われた13日、アウェーでパレルモと対戦したASローマは、1-3の敗戦に終わった。
●ルーマニアの1部リーグ、パンドゥリ・リグニトゥル・タルグ・ジウの元GKのガーナ人イブラヒム・ドセイが、プラホバ(南カルパティア山脈、ルーマニア)の崖で交通事故に遭い、入院先のブカレスト市内の大学病院で現在危とく状態であることが分かった。
●29年ぶりの首位攻防となった132回目のルールダービーは、ホームのドルトムントが3点のビハインドを試合終盤に追いつき、土壇場で引き分けに持ち込んだ。試合を前にクロップ監督が「普通の一戦ではない」と言っていたこのダービー。試合展開と熱気はもちろん、2人の退場者まで出るなど、ダービーの醍醐味(だいごみ)がぎっしりつまった一戦となった。
●ブンデスリーガ第4節、ハンブルガーSVはバイヤー・レバークーゼンを2点のビハインドから逆転して3-2で下し、リーグ単独首位に浮上した。一方、バイエルン・ミュンヘンはケルンに3-0で大勝し、2位に順位を上げた。ドルトムント対シャルケ04の対決は、ドルトムントが3点リードされながらも後半に3点を返し、3-3の引き分けに持ち込んだ。
●ユベントスのキャプテンで、イタリア代表キャップも90を超えるアレッサンドロ・デルピエロは、『スポーツ・ウィーク』誌とのインタビューで、2010年夏の同クラブとの契約終了後、プレミアリーグへの移籍を希望していることを明かした。「海外のリーグでぜひプレーしてみたいと思う。たとえ成功しなかったとしても、選手、人間として豊かな経験を積むことができるからだ。イングランドはサッカー環境が整っている。リーグは魅力的だし、サポーターの過激な行動もうまくコントロールされている。イタリア人は認めたくないかもしれないけどね」
●クリスティアーノ・ロナウドは、今のところマンチェスター・シティ(マンC)のユニホームを着る気はないようだ。2007-08シーズンのUEFA(欧州サッカー連盟)のゴールデンブーツ(欧州得点王)授賞式が行われたポルトガルのフンチャルで会見したC・ロナウドは、来年1月以降、1億6500万ユーロ(約252億5000万円)のオファーを用意しているというマンCへの移籍について、「マンCに行くとは思わない」、「ビッグクラブはお金で作れるものではない」と述べ、自身の移籍の可能性に否定的な見解を示した。また、「来季もマンチェスター・ユナイテッド(マンU)で続けるつもりか」との問いには、「分からない。だが、今いるところには満足している」と述べるにとどまった。
●2カ月以上前に行った足首の手術後、リハビリを続けてきたマンチェスター・ユナイテッド(マンU)のクリスティアーノ・ロナウドは、来週水曜日のチャンピオンズリーグ(CL)、ビジャレアル戦で早くも復帰するかもしれない。13日にアレックス・ファーガソン監督は、このポルトガル人スターが今季のCL初戦、ビジャレアル戦に出場する可能性を口にした。
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアレックス・ファーガソン監督が、13日に行われたイングランド・プレミアリーグのリバプール戦(1-2)での敗戦を振り返った。「開始3分でゴールを奪い先制点を得た。その流れを継続させるべきだったが、リバプールのパフォーマンスが素晴らしく、勝利することができなかった」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。