UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/13UEFAサッカー情報
●ビジャレアルのマヌエル・ペジェグリーニ監督が、今週末のデポルティーボとのリーグ戦を欠場することになった。マルカ紙によると、ペジェグリーニは家庭の事情で故郷のチリに緊急帰国したため、日曜日の試合に間に合わないというのだ。デポル戦は副官のクーシジャス・コーチが指揮を執るが、17日に行われるCL開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦には戻ってくるだろうと言われている。
●2007年度のバロンドールを受賞したACミランのカカが、次はバルセロナのリオネル・メッシにその栄誉を手にしてもらいたいと語った。「メッシは本当に偉大な選手だ。クリスティアーノ・ロナウドも非常に素晴らしい選手だからこの賞に値すると思うけど、僕はリオに自分の後継者になってほしいと思っている。リオは信じられないほど優れた能力の持ち主で、見事なまでにボールをコントロールできる。そして、その才能が彼を世界最高の選手の一人にした。常に自分のチームにいて欲しいと思わせるようなタイプの選手だと思うよ」
●バレンシアのスペイン代表MFダビド・シルバが、負傷した左足首の手術を受けることになった。クラブが12日に発表した。「今朝行った最新の検査の結果を受けて、監督や選手たちとミーティングを行い、手術をすることにした。シルバは火曜日にバルセロナで手術を受ける」という。
●レオ・メッシを自身の後継者に指名するなど、これまでメッシを称賛してきたディエゴ・マラドーナ氏が「メッシは時々自分のためにプレーし、チームメイトの存在を忘れてしまうことがある。もっとチームとしてプレーすべきだ」と苦言を呈したことでメディアを賑わせているが、そのメッシがワールドカップ予選を終え、12日朝にバルセロナに帰還した。「気にしてない。ディエゴが言うことには慣れている。彼には常に僕について話すことがあるんだ。でも、問題ないよ」。
●ヘタフェのアンヘル・トーレス会長は、昨シーズンにヘタフェを率いていたミカエル・ラウドルップ元監督がクラブとの契約を一方的に解除したとして、「必要ならばFIFA(国際サッカー連盟)に訴えることも辞さない」とコメントした。
●2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会欧州予選のアルメリア戦で4-0の勝利を収めたスペイン代表は、この勝利でW杯予選における連続無敗記録を37に伸ばした。スペインがW杯予選の公式戦で最後に敗れたのは1993年3月31日のデンマーク戦(1-0でデンマーク勝利)までさかのぼる。またスペイン代表は、公式戦と親善試合を合わせた最近25試合でも負けなしで、618分連続無失点記録も続けている。
●レアル・マドリーのミヤトビッチSD(スポーツ・ディレィター)は、クラブの専門チャンネル『レアル・マドリーTV』内で、冬の移籍市場での補強をはっきりと否定した。「レアル・マドリーは冬の移籍市場では選手を獲得しない。われわれはすでに24人のメンバーを抱えており、これ以上選手を契約する予定はない。もっとも、サッカーの世界では何が起こるか分からないのも事実だが。いずれにしても、レアル・マドリーの意向は、補強せずに現在の布陣を保つことにある」
●アブダビ・ユナイテッド・グループに買収され、超リッチクラブに変貌を遂げたマンチェスター・シティが“欲しい選手を手に入れるためならいくらでも移籍金を支払う”といった姿勢を見せているのに対して、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が不快感を露にした。「(移籍マーケットには)ルールというものがある。それを彼らに尊重させようじゃないか。選手がユナイテッドと契約を結んでいるのに“我々は来週ロナウドに25万ポンド(約4750万円)の週給と移籍金13500万ポンド(約257億円)を支払う”といきなり現れて言えるはずがない。それは不可能だし容認できることではないと思う。フットボールはスーパーマーケットじゃない。もちろん試合には金銭が絡むし、私はそれを前向きに受け止めている。だが、その収益金が正しくゲームの倫理のために使われるよう規定されているか、それぞれのクラブが確認しなければならない」
●マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグスが、移籍マーケット最終日に加入したFWディミタール・ベルバトフ(27歳)の才能にほれ込んでいる。このブルガリア代表FW獲得のためにユナイテッドは3200万(約62億円)もの大金を注ぎ込んでいるが、ベルバトフにはそれだけの価値がある、とギグスは手ごたえを感じているようだ。「ベルバトフはマンチェスター・ユナイテッド向きの選手だよ。身長が6フィート(約183cm)以上あるから体格が良い。だからウェイン・ルーニやカルロス・テベスとは少し違った“高さ”を提供することができる。大柄だけどボールタッチだって素晴らしい。しかも、彼は寛大な性格を持ち合わせている。それはマンチェスター・ユナイテッドで成功するために必要なものだ。ディミタールが僕と同じチームで嬉しいよ」
●チェルシーGKのペトル・ツェフが、移籍期限最終日にマンチェスター・シティに移籍したブラジル代表ロビーニョとの対戦を心待ちにしている。「移籍期限最終日の朝、ロビーニョはチェルシーを愛している、チェルシーの一員になりたい、と言っていた。でも数時間後に彼は他のクラブと契約を結んだんだ。それが彼の決断だったのさ。彼はマンチェスター・シティのためにいいプレーをしなければならない。そして僕らは13日の対戦でロビーニョの決断が完璧じゃなかったことを本人に証明してやりたい。ロビーニョは卓越した選手だし、人々を魅了させることができるタイプのプレーヤーだから、プレミアリーグにとって彼の存在は有難いかもしれない。でも彼がどうやってプレッシャーに対抗していくのか、皆で見守ろうじゃないか」
●マドンナのコンサートでピッチが荒れてしまったために、12日に行われる予定だったアイントラハト・フランクルトのホームゲーム、対カールスルーエ戦が中止になった。審判団がピッチをチェックしたのを受けて、ドイツサッカーリーグはキックオフの8時間前に中止を発表した。
●インターナショナルウィークでお休みだったプレミアリーグが13日に再開するが、リヴァプールは負傷で戦列を離れていた主将スティーヴン・ジェラードとエースのフェルナンド・トーレスがフィットネステストに合格、マンチェスター・ユナイテッド戦に出場できることになった。トーレスはハムストリングのケガで、ジェラードはそけい部を手術してリハビリをしていたが、両者とも12日の練習に参加し、メンバー入りした。ベニーテス監督は、「二人ともずいぶんよくなっている。今朝は練習をすべてこなした。軽い練習だったが、二人ともメンバーに入れたよ。試合の流れを変えられるこの2選手がいるのは、チームにとって非常に心強い」と話した。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、今日13日に行われるリヴァプール戦に、クリスティアーノ・ロナウドがメンバー入りするかもしれないと話した。「ロナウドは練習を始めている。トップチームと一緒にね。飛躍的に回復しており、明日(13日)の試合には連れて行くかもしれないよ。可能性としては来週のほうが高いけれどね」とクラブの公式サイトで説明した。
●イタリアの市民権獲得が現実味を帯びてきた、と言われるユベントスのFWアマウリ(28)に対して、イタリア代表を率いるマルチェロ・リッピ監督が代表入りの可能性を示唆した。リッピ監督の発言を受けて、アマウリの代理人を務めるビットリオ・グリマルディ氏がコメントしている。「アマウリのイタリア市民権獲得は申請中だ。しかし、申請が受理されるかの決定権は我々にはない。代表監督という最も権限のある立場の人物から、代表入りを示唆されたことは非常に光栄だ」と話した。
●イタリア代表の精神的支柱として君臨する主将DFファビオ・カンナバーロ(34)は、ディフェンス面での不安はないと話したが…。「(優勝を飾った)ドイツW杯から2年が経ち、我々も2歳年を取った。ディフェンスが緊急事態に陥っているわけではないが、若手の台頭を待たなければならない。コンディションが万全ではない9月の試合は、毎年苦戦を強いられる。ただ、6ポイントを稼ぐことは容易なことではない」とコメント。ディフェンス面での不安を一蹴しつつも、若きDFの出現を心待ちにした。
●UEFAサイト向けインタビューに応じたスパレッティ監督は「今季の欧州CL決勝の舞台がローマで開催されることが、我々のモチベーションをこれまで以上に高めている」「しかし、この大会でその場にたどり着くのがどれほど困難であるかも十分に理解している。CFRの試合を研究したが、非常に美しいカルチョをするチームとの印象を受けた。勝利が最も重要だが、我々のクォリティーをピッチ上で発揮することも忘れてはならない」
●ユベントスの主将アレッサンドロ・デル・ピエロ(33)が、13日発売の“SPORT WEEK”誌のインタビューで、これまでのカルチョ人生を振り返っている。16シーズン目を迎えるユベントスについて「金銭面だけを考えたのであれば、今はユベントスでプレーしてはいなかっただろう。また、イタリアではユベントスが自分にとって最後のクラブとなるだろう」とコメント。
●ロナウジーニョは「ジェノア戦出場の可能性?アンチェロッティ監督と話し合う必要がある。冷静に話し合って決断するつもりだ」とコメントした。また、ACミランとブラジル代表が抱える問題について、どちらがより深刻か?と問われロナウジーニョは「どちらもだ。しかしACミランに関しては、シーズンはまだ始まったばかりであり、ブラジル代表は苦戦を強いられながらも、W杯出場圏内の順位を死守している。クラブと代表ともに今後改善していくと信じている」
●ルーマニア代表合宿中に肘を脱臼し、離脱を余儀なくされていたフィオレンティーナのFWアドリアン・ムトゥ(29)。8月31日の開幕ユベントス戦を欠場したムトゥが、14日のセリエA第2節、アウェーのナポリ戦出場の可能性について語った。「コンディションは良い。肘の負傷は完治しており、準備は整っている。自分の判断だけで大丈夫だとは思うが、念のためドクターと話し合って最終決断を下す。チームに今季初勝利をもたらすためにも、1日でも早くピッチに経ちたいという気持ちを抑えられない。ナポリはサポーターが熱狂的であり、アウェー戦は非常に過酷だが、100%のコンディションで臨みたい。また、ナポリはアグレッシブなチームだが、我々も負けてはいない。ビッグクラブはアウェーであってもポイントを稼がなければならない。勝利を狙う」
●ACミランが危機に瀕している?そう断言するにはまだ早いが、何らかの問題を抱えていることは明らかである。10日、スイス2部リーグに所属するFCルガノと練習試合を行ったACミラン。開幕ボローニャ戦を1-2で落としたACミランは、またしても格下相手に0-2の完封負けを喫した。FCルガノ戦の敗戦後、ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「私は完全にぶちぎれている。選手達は走りみが必要だ」と怒りを爆発させた。14日のセリエA第2節ジェノア戦の結果によっては、アンチェロッティ監督の解任も考えられる。
●ウェストハムは、ジャンフランコ・ゾラ新監督の就任発表を行った。同クラブ初の外国人監督として3年契約で迎え入れられたゾラは、現在の心境を簡潔に述べた「とても満足している。なぜなら、これほどに重要な職務を与えてもらったことに大変な名誉を感じているからだ」
●アルゼンチンの『エル・クラリン』紙は、アルゼンチン代表への不信感が高まっているという調査結果を発表した。同代表は、10日の2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会南米予選のペルー戦でMFカンビアッソのゴールで先制するも、後半ロスタイムに失点し1-1の引き分けに終わった。この結果、予選8試合を終えて3勝4分け1敗でブラジル、チリと勝ち点13で並ぶ3位に位置している。ただ、ここ5試合で4分け1敗と勝ち星がなく、深刻な状況に陥っている。『エル・クラリン』紙が公式ホームページ上でアンケートを行ったところ、「W杯出場を逃す」と回答した人が57.6%にも上ることが判明。また、「最近の低迷はアルフィオ・バシーレ監督に責任がある」と感じている人が74%と高い数字を示すことが分かった。
●イングランド・サッカー協会(FA)会長のデービッド・トリーズマン英上院議員は12日、高級紙デーリー・テレグラフに寄せたコラムの中で、海外資本によるプレミアリーグのクラブ買収について「現行のルールの枠組みでは十分とはいえない」として、何らかの対策を講じる必要性を訴えた。
●国際サッカー連盟(FIFA)は12日、国内連盟の混乱を理由にエチオピアを2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会予選から締め出す決定を下した。アフリカ2次予選8組で行われたエチオピアの4試合の成績はすべて削除された。同組はルワンダ、モロッコ、モーリタニアの3カ国で争われる。FIFAは7月、正常化に向けたFIFAとの合意に従わなかったとして、エチオピア連盟に資格停止処分を下していた。
●今週末から再開するドイツ・ブンデスリーガ、13日にはドルトムント対シャルケのルール・ダービーが行われる。ダービー中のダービーとも言われるこの一戦、132回目となる今回は約30年ぶりの首位攻防戦という豪華版だ。
●今週末に行われるイングランド・プレミアリーグ第4節では、アンフィールドで行われるリバプール対マンチェスター・ユナイテッド戦のほかにも、もう一つ見逃せない試合がある。マンチェスター・シティ(以下、マンC)対チェルシーの一戦だ
●デイビッド・ベッカムは、イングランド代表の世代交代を何の問題もなく受け入れたようだ。イングランド代表は10日、2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の欧州予選でクロアチアと敵地ザグレブで対戦。ベッカムのかつての代名詞であった“7番”を背負ったセオ・ウォルコットが、同国代表の史上最年少ハットトリックを達成する大仕事をやってのけ、苦戦が予想された試合に4-1で圧勝した。この19歳の若者のセンセーショナルな活躍を前に、現在33歳のベッカムは、自身が代表において絶対的な存在でないことを認識しているようだ。「セオの活躍とチームの勝利には本当に喜んでいる。彼らと一緒にいられることは幸せだ。自分自身にとっても、2試合(アンドラ戦およびクロアチア戦)とも出場できたことはよかったが、本当はもっと長い時間プレーしたかった。でも、今はすべての試合に出場しようとは思わないし、それについては心配していない。チームがよいパフォーマンスを見せ、勝ち点を獲得したことについて純粋にうれしく思う。重要なことは、イングランドが勝利を収め、W杯出場を決めることだ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。