FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/09/09UEFAサッカー情報
●デポルティボ・ラコルーニャのミゲル・アンヘル・ロティーナ監督は、同クラブからファブリシオ・コロッチーニおよびシスコを獲得したニューカッスルから、先週電話でオファーを持ち掛けられたことを明かした。「あまり真剣に考えていない。電話はあったが、相手が本当にクラブに近い人物だったかどうかは分からない。この世界には“関係者”がゴロゴロしているからね。『移籍を考えてみないか』と聞かれたが、『(デポルティボと)契約があるから、どんなチームにも行くつもりはない』と断って電話を切った」
●ヘタフェのアンヘル・トーレス会長がアルゼンチンのラジオ局『ラ・レッド』とのインタビューで、アルゼンチン・サッカー協会(AFA)の対応を激しく糾弾した。同会長は、チームに所属する2人のアルゼンチン人GK、五輪代表のウスタリおよびフル代表のアボンダンシエリが、ともに代表戦で負傷したことについて、両選手の離脱がクラブに与える損害を強調した。「われわれは多くのアルゼンチン代表選手を抱えているが、(彼らを代表に)ひどい状態で送り出したことなど一度もない。(復帰がより遅いとされる)ウスタリが戻ってくるまで、GKを2人そろえることができないため、新たなGKを獲得しなければならないだろう。われわれのような小規模なチームにとって、これは経済的にも大きな損害だ。今回の件ついてはしっかりと調査し、何らかの形で提訴することも検討する」
●前ヘタフェ監督のミカエル・ラウドルップがスパルタク・モスクワの新監督に就任することで同クラブと合意に達した。現在44歳のラウドルップ監督は、スパルタク・モスクワがチャンピオンズリーグ予選3回戦でディナモ・キエフに敗退した直後に辞任したイゴール・レディアコフ監督の後を受け継ぐ。
●スペイン代表のセスク・ファブレガスは、6日に行われた2010年ワールドカップ・南アフリカ大会の欧州予選の初戦、1-0で勝利したボスニア・ヘルツェゴビナ戦に満足していないようだ。その試合でビジャの決勝ゴールをアシストし、試合の状況を変える力があることを見せ付けたセスクだが、途中交代させられることが多いことについて、自分自身にいら立ちを感じているらしい。「交代を告げられて腹を立てなくなるようなら、サッカーをやめているよ」と語るセスクは、代表で確固たる地位を築くためには、さらなる成長が必要であることを実感しているようだ。「チームが勝っている時に、自分はいつも交代させられてしまう。このことは、完成されたMFになるためには、守備面でもっと向上しなければならないことを意味している。だからこそ自分に腹が立つし、なぜ交代させられたのか自問自答しなければならない」
●スペイン代表のビセンテ・デルボスケ監督は、『ラジオ・マルカ』とのインタビューで「ここ数日で選手たちとの関係にずいぶん進展があった。チームにもかなり慣れてきた」とコメントした。「メンバー全員と個別に話したが、選手として成功を収めたにもかかわらず、みんな“普通の”青年たちだと感じた。それが一番だと思う」デルボスケ監督はチームの実力をこう評価している。「今のチームは“勝つ術(すべ)”を知っていて、サッカーファンではない人々にまで何かを伝えることができる。“最強の選手”が必ずしも“最強のチーム”を作るわけではない」
●2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会の欧州予選、対リヒテンシュタイン戦で2得点を挙げ、試合の主人公を演じたドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキ。だが、所属クラブのバイエルンで出場機会に恵まれないことを理由に、他チームへの移籍を希望しており、レアル・マドリーが冬の移籍市場での同選手の獲得を検討している。ただし本人は今のところ、移籍話から距離を置きたいようだ。「今は(レアル・マドリーへの移籍について)話す時期ではない。今はドイツ代表として、W杯予選の試合だけに集中している」
●マンチェスター・ユナイテッドのチーフ・エグゼクティブ、ディヴィッド・ギル氏が、マンチェスター・シティがクリスティアーノ・ロナウドに興味を示しているとの報道について、「まったく信じていない」と話した。
●リヴァプールは今週末に再開するリーグ戦で、早くもディフェンディング・チャンピオンのマンチェスター・ユナイテッドと対戦するが、主将のスティーブン・ジェラードが試合に間に合わないことがわかった。
●ミラン所属のグルジア代表DFカハ・カラーゼが、10日の試合でジャンルイジ・ブッフォンのゴールを破ると警告した。イタリアはウディネにグルジアを迎え、W杯予選2戦目を戦うが、カラーゼはここで大番狂わせを狙っているのだ。「水曜日の試合でジジ・ブッフォン相手にゴールを決められたら最高だろうね。アイルランド戦では負けてしまったけれど、国では僕らのプレーを誇りに思ってくれたようだよ」
●リヴァプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソについて、代理人が1月の移籍の可能性を示唆した。ベニーテス監督からレッズの中盤に不可欠な選手と認められていないことから、この夏はアロンソについて移籍の噂が絶えなかったが、結局ユヴェントスは移籍金で折り合わず、またアーセナルもオファーを断られている。結局、ベニーテス監督がガレス・バリー獲得に失敗したことから、リヴァプールのサポーターから愛されるアロンソは引き続きアンフィールドでプレーしているのだ。
●クロアチア代表のスラヴェン・ビリッチ監督は、10日のW杯予選対イングランド戦を前に自信を見せる。ザ・ガーディアン紙とのインタビューで、ビリッチ監督は次のように語っている。「イングランドはファビオ・カペッロ監督のもとで、より統制がとれるようになったけど、彼が代表監督だからって気をもむことはないね。彼はトップクラスの監督だが、選手を選ぶだけ。あとは選手次第なんだ」
●「最終的に勝利を収めなければ、観客を魅了するプレーをしても意味がない」。ACミランのMFクラレンス・セードルフ(32)が、開幕ボローニャ戦での1-2敗戦を例に挙げ、自身のサッカー観をぶつけている。
●8日、トスカーナ州のリゾート地ビアレッジョで“第29回トンマーゾ・マエストレッリ賞”の授賞式が開催され、前インテル監督のロベルト・マンチーニが07-08季最優秀監督賞を受賞した。
●UEFA杯初戦のチューリッヒ戦(18日)については「欧州CLと比較すると、世間の注目度は低いが、歴史ある重要な大会だ。準決勝や決勝まで進出することで、世間の注目度も変わってくるはずだ」
●今年1月にマジョルカとの契約を2年延長したグレゴリオ・マンサーノ監督は、開幕前にクラブから約束された条件がことごとく無視されている現状に失望を感じているようだ。マンサーノ監督の怒りの発端は、アリエル・イバガサ、フェルナンド・ナバーロ、ダニエル・グイサの移籍だった。当初の計画では、昨シーズン27ゴールを挙げ、得点王に輝いたグイサを放出する代償に、得点力のあるFWを獲得して前線を強化することで、7位という好成績を残した主要メンバーをキープするはずだった。ところが、ふたを開けてみると、主力3人がそろって他チームへ移籍してしまった。
●クロアチアメディアの報道によると、同国代表のスラベン・ビリッチ監督は、ウェストハムからのオファーを拒否し、2010年まで現職にとどまる意向だという。アラン・カービシュリー前監督の辞任以来、ウェストハムの元選手だったビリッチの名は、ロベルト・ドナドーニ、ジャンフランコ・ゾラ、ミカエル・ラウドルップを差し置いて、常に新監督候補の筆頭に挙げられていた。
●「土曜日の試合は、監督のミスではなく僕のミスだ。3失点のうちの2失点は、僕が犯したミスのせいだった。あれがなければ、違った結果になっていたはずだ」フランス代表のフィリップ・メクセスがレイモン・ドメネク監督を擁護した。6日に行われた2010年ワールドカップ・南アフリカ大会の欧州予選でオーストリアに1-3で敗れたことについて、メクセスはこう反省している。
●そのチェルシーにこの夏加入したデコが、いまだに不可解なところが多いロビーニョの移籍について、自身の見解を述べた。「チェルシーに入団するためにレアル・マドリーを退団するというのは、ある程度理にかなっていると思う。しかし、マンチェスター・シティというチームについては疑問が残る。実際に何が起きたかは、ロビーニョ本人に聞いてみないと分からないが、お金のためだけにあの行為をとったなら普通じゃない。タイトルを熱望するチームに移籍していなければおかしい」
●イングランド代表MFのジョー・コール(チェルシー)は、10日の2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会の欧州予選第2戦を目前に控え、チームメートに対して対戦相手であるクロアチア代表を「甘く見ないように」と忠告した。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.