FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/09/05UEFAサッカー情報
●スペインをEURO2008優勝に導いたルイス・アラゴネス監督が退任し、その後が不安視されるなかで、ビジャレアル所属のMFサンティ・カソルラはチームは勢いを持続したままビセンテ・デル・ボスケ新監督時代に突入していると話した。「それ以外は以前のまま。ほんのいくつか、監督が調整が必要と思っていることを除けばね。だけど、それが何かを変えることはないよ。僕らは新しい監督に満足しているし、これからも結果を出し続けたいと思っているんだ」
●ドイツ人GKティモ・ヒルデブラントは、バレンシアに加入して以来最悪の時を過ごしているようだ。同選手は、これまで不安定なパフォーマンスを見せてきたとはいえ、プレシーズンでは不動の正GKとして試合に出場していた。しかし、リーガ・エスパニョーラ開幕戦では一転して招集外の扱いを受けた。レギュラーの座をレナンに奪われただけでなく、カンテラ(下部組織)出身の若手GKグアイタにも追い抜かれ、第3GKへと急転落してしまった。
●バレンシアのFWフェルナンド・モリエンテスは、「今季がバレンシアでの最後の年になるはずだ」と述べ、自身の将来をほぼ固めたことを明らかにした。ダビド・ビジャ、ダビド・シルバというスペイン代表の主力を前線にそろえるバレンシアにおいて、モリエンテスのプレー機会はあまりないが、残された1年間のクラブとの契約を全うするとのことだ。ガラタサライからの3年契約のオファーを断り、スタメン獲得が難しいバレンシアへの残留を決意した同選手は、「状況を知った上でバレンシア残留を決めた。問題を起こす気などない。それぞれの選手ごとに要求されているチームへの貢献ができるよう、いつも通り練習をして、試合に出た時は全力を尽くすまでだ」
●ミランMFマチュー・フラミニ(24歳)が、フランス代表引退の噂を否定した。
●パレルモは4日、ステファノ・コラントゥオーノ監督を解任し、前カリアリ監督のダヴィデ・バッラルディーニ氏を新監督に任命した。
●ニューカッスルのケヴィン・キーガン監督が4日、就任から8カ月足らずで辞任した。「クラブの理事たちと共に前進するための方法を模索したが、残念なことにそれは無理なことがわかった。私の考えでは、監督にはクラブをマネジメントする権限を与えられるべきだし、クラブは監督が望まない選手を押しつけるべきではない」
●マンチェスター・ユナイテッドのFWカルロス・テベスは、新オーナーの就任で大きな資金力を得たローカル・ライバルのマンチェスター・シティについて、「トップに近づくだろう」と語った。
●ミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デルピエロと、錚々たるスーパースターが居並ぶユベントスの背番号10。彼らの系譜を受け継ぐ21世紀のファンタジスタとして大きな注目を集めているのが、北京オリンピックに臨んだイタリア五輪代表でも活躍したセバスティアン・ジョビンコだ。ユベントスのユースチーム在籍時にトップデビューを果たし、昨シーズンはレンタル先のエンポリでプレー。そこでの活躍が認められ、今シーズンはユベントスに呼び戻された。
●昨シーズン、ヒザの負傷で長期離脱し、さらにゲイ娼婦とのスキャンダルで世間を騒がせたロナウド。夏のバカンスを終え、ヒザの回復状態も安定してきたこともあり、今シーズンこそピッチで世間を騒がせたいとばかりに、フラメンゴの協力の下、リハビリと減量を再開した。現在のロナウドの体重はとてもプレーできるレベルにはなく、かなりハードな食事制限が行なわれているという。ロナウドをサポートするドクター、ルンコ氏は「現状ではいつ復帰できるかは予測できない。とにかく重要なのは体重を減らすこと」とコメントしている。
●負傷からようやく復調の兆しを見せるインテルのフランス代表MFパトリック・ヴィエラ(32)。ジョセ・モウリーニョ監督は、5日のロカルノとの練習試合でヴィエラを起用する方針で、問題がなければ13日のカターニャ戦の招集を検討しているとのこと。
●昨季限りで所有権を持つインテルとの契約が満了したFWアルバロ・レコバ(33)が、ギリシャのパニオニオス・アテネでプレーする可能性が急浮上している。レコバは既にギリシャの首都アテネ入りしており、契約書にサインを交わすのは時間の問題と見られている。
●FIFA(国際サッカー連盟)は、セルビア五輪代表のDFライコビッチに12カ月間の出場停止処分を課した。ライコビッチは北京五輪のアルゼンチン戦終了後、レフェリーにつばを吐いたため、退場処分を受けていた。
●バイエルンのFWルーカス・ポドルスキは、4日付の『ビルド』紙のインタビューで、レギュラーになれる可能性が低いという現実を前に「こうなると分かっていたら、バイエルンとは絶対に契約しなかった」と本音を漏らした。
●チェルシーの最高経営責任者(CEO)ピーター・ケニヨンは、1日に発表されたロビーニョのレアル・マドリーからマンチェスター・シティへの電撃移籍について、「ロビーニョは4000万ユーロ(約61億6000万円)もしない」とコメント。チェルシーが同選手獲得のために、マンCと同額を支払う可能性はなかったことを明らかにした。
●ロビーニョのマンチェスター・シティ(マンC)への電撃移籍で気分を害した人物といえば、チェルシーのフェリペ・スコラーリ監督だろう。数カ月にわたって、ロビーニョ獲得に向けオーナーのアブラモビッチを説得し続けてきたスコラーリ監督は、同選手のマンCへの移籍を知ると、本人に直接電話して怒りをぶつけた。「期待を込めて、チェルシーとのいい契約を用意してやったのに、よくも裏切ってくれたものだ。やっていいことと悪いことがある」
●負傷離脱中のバイエルンに所属するフランス代表MFフランク・リベリーが、9月末には復帰できる可能性が出てきた。6月に足首の靭帯(じんたい)を断裂したリベリーは、1000人を超えるファンが見守る中、チームメートとともにトレーニングを再開。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.