UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/02UEFAサッカー情報
●2日に行われるレアル・マドリーとの“クラシコ”(伝統の一戦)を前に会見に臨んだバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、「この試合はリーグ優勝の行方を決める。駆け引きするつもりなどない」とコメントし、レアル・マドリー戦に全力で臨む意向を示した。過密スケジュールが試合に及ぼす影響について同監督は「疲労など存在しない。それは精神的なものにすぎない」と疲労の蓄積はないことを断言した。とはいえ、「リーグ優勝に向けた計算はレアル・マドリー戦が終わってからだ」とあくまで慎重な姿勢を崩さなかった。一方、レアル・マドリー戦で主力選手のうち数人を温存するかどうかについては、まだ決断を下していないようだ。「正直、まだどうするか決めていない。当日に決断することになるだろう。いずれにしても、チームにとってベストの選択をするつもりだ」
●レアル・マドリーのファンデ・ラモス監督は、2日に控えたバルセロナとの“クラシコ”(伝統の一戦)を前に記者会見に応じた。まず、両チームのプレースタイルの違いについて質問されたラモス監督は、次のように述べた。「われわれがバルサをぴったりとマークしていることから分かるように、レアル・マドリーのこれまでの戦い方が悪いとは言えない。レアル・マドリーほどのチームがこれだけ勝ち点を稼いでいるのに首位になれないのは、バルサも正しいやり方で戦っているということだ。バルサもレアル・マドリーも最高のレベルで戦っている。われわれはこれからも粘り強く戦い抜くつもりだ」また、ラモス監督はバルセロナ戦の重要性をこう強調した。「バルサ戦はわれわれにとって最も大事な一戦だ。直近の試合ということもあるが、もし勝てなければリーガ優勝は非常に難しくなる。後がないわれわれは、残り試合のすべてに勝つしかない」
●元R・マドリー監督のシュスター氏が2日行われるR・マドリー対バルサ戦の予想をしている。シュスター氏はR・マドリー監督としても周囲を騒がすコメントを連発していたが、このクラシコ予想でも次のように語った。「みんなメキシコで発生した豚インフルエンザに驚いているが、バルセロナにはもう一つのインフルエンザがある。それは“マドリー病”だ。私が選手時代からそれは存在していた」とシュスター氏は言う。シュスター氏が言う“マドリー病”の意味は、「なんで“マドリー病”かって?それはR・マドリーだけがバルサと戦える唯一のチームだからだ」としている。なかなか面白いコメントだが、今の両チームの力関係を考えると少し大げさな発言にも聞こえる。クラシコの試合予想は、「両チームとも苦しい戦いを強いられるだろう。たくさんの要素がある特別な試合だからね。両チームとも気を抜くことができないし、結果は大差にはならないだろう」と締めくくった。シュスター氏が言う“マドリー病”がどのくらいバルサに影響するだろうか。
●英『デイリー・ミラー』紙によると、レアル・マドリーのアリエン・ロッベンがマンチェスター・シティ(マンC)に移籍し、イングランド・プレミアリーグ復帰を果たす可能性があると伝えた。同紙によると、マンCはロッベン獲得のために1800万ポンド(約26億6400万円)のオファーを用意しているようだ。また、インテルも同選手獲得を目指しているとしているが、レアル・マドリーとインテルのジョゼ・モリーニョ監督の関係が良くないことから、マンCにアドバンテージがあると推測している。
●リーガ・エスパニョーラ第34節の見どころは、何と言っても2日にサンチャゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリーとバルセロナの“クラシコ”(伝統の一戦)だろう。データの上では、同スタジアムで行われた過去78回の“クラシコ”のうち、レアル・マドリーは50試合で勝利しており、バルセロナに軍配が上がったのはわずか14回とレアル・マドリー有利となっている。だが、今シーズンのバルセロナは世界でもトップクラスの選手を擁し、シーズンを通して素晴らしいサッカーを披露しており、プレーの内容ではバルセロナがレアル・マドリーを上回っているのも事実だ。
●マンチェスター・ユナイテッドDFリオ・ファーディナンドは29日のCLアーセナル戦のファーストレグで負傷退場したが、来週のセカンドレグには間に合いそうだという。
●イングランド代表FWジャーメイン・デフォーは1日、腹違いの兄の死による衝撃を語ると同時に、今週からトッテナムの試合に復帰すると明かした。
●イングランドでは、アーセナルのGKマヌエル・アルムニアの同国代表入りの話題がここに来て再燃しているようだ。4月29日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの第1戦でも好セーブを連発し、あらためて実力を知らしめたこのスペイン人GKは、イングランドに来て丸5年を迎える7月14日にも英国国籍の申請が可能となるため、「カペッロ監督はアルムニアをイングランド代表に招集するべきか?」といった議論が再び巻き起こっている。トッテナムのハリー・レドナップ監督は外国で生まれた選手のイングランド代表選出に難色を示した。
●マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表FWカルロス・テベス(25歳)が、これまでになくはっきりとこの夏の移籍希望を明らかにした。今季末で2年間の期限付き契約期間が切れるテベスについて、アレックス・ファーガソン監督は残留を強く希望していると話している。
●ウェストハムのジャンフランコ・ゾラ監督が、GKロバート・グリーンをイングランド代表正GKに推薦した。プレミアリーグの指揮官として1年目のシーズンを送るゾラは、グリーンのプレーを高く評価している。「彼はうちのキープレーヤーの1人で、すばらしい活躍をしている。シーズン序盤は少し問題を抱えていたが、その後彼は変わり、レベルアップを果たした。彼がイングランド代表でプレーするのなら、代表にとって非常に優秀なキーパーになるだろうね」
●あとは公式発表を待つだけになった。インテルとの契約を解消したFWアドリアーノの新天地がフラメンゴに決定したようだ。フラメンゴのデライール・ドゥンブロスク会長が「Uol Deporte」のインタビューで明かした。「あとは契約書にサインするだけだ。アドリアーノの意思に沿って、契約交渉を進めてきた。彼は9年ぶりにフラメンゴに戻ってくることになるだろう。契約は1年で、来年の夏までとなる」
●ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、「Radio Kiss Kiss」のインタビューに応え、サポーターに主力選手の残留を誓った。「ハムシクとラベッシ? 彼らを売るつもりはないから、マーケットには出していない。このことはあらためて強調しておきたい。他の多くの選手を買えるような巨額のオファーが届くこともないだろう」
●南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯に出場しているメキシコの2チームが1日、新型インフルエンザの影響で開催できなくなったホームゲームの代替開催の候補地だったコロンビアとチリから受け入れを拒否された。メキシコの2チームは16強に残っているが、ホームゲームの試合日程は未定。南米サッカー連盟は、アウェーでの試合を終えるまで判断を留保すると発表した。
スポンサーサイト
2009/05/01UEFAサッカー情報
●バルセロナのストライカー、サミュエル・エトーが「自分の将来はバルセロナにある」と主張、今シーズンの終わりに契約延長についてクラブと話し合うつもりだとアピールした。あと1年間バルセロナとの契約が残っているものの、このカメルーン代表が夏にマンチェスター・シティに移籍するのではないかとの憶測がまことしやかに囁かれている。
●CL準決勝第1レグ、対チェルシー戦を終え、リーガに戻りベルナベウで行われるR・マドリーとの“クラシコ”を迎えるバルサ。今シーズン魅力的なフットボールを演じているがイニエスタはディフェンス重視で来るいくつかのチームに嫌気がさしている様子だ。「バルサに勝つための戦略は足を蹴るってことみたいだね。片方のチームがフットボールをしたくても、もう一方がディフェンス重視だと試合は難しくなる。そういう試合も攻略しないといけないんだけど・・最近はフットボールをしようとするチームよりも違うタイプのフットボールの方が称賛されるみたいだ」とイニエスタは語る。チェルシー戦を振り返ったコメントだが、守備を固めた相手はとにかくバルサの攻撃阻止に専念していた。対R・マドリー戦も力関係からして、R・マドリーがホームで戦いながらも守備重視になる可能性はあるが、クラシコについてイニエスタは、「ベルナベウで勝てばかなり優勝の可能性が高くなる。R・マドリーはこの試合に勝つしかない。今のところはポイントを重ねているが、勝ち点4差で2位。このままの状態が続くようにしたい」と語る。
●レアル・マドリーのファビオ・カンナバーロは『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙とのインタビューで、「代理人に解決策を見つけるよう頼んだ。レアル・マドリーの対応を待つという可能性もあったが、クラブは僕の将来について『会長選挙の結果が出るのを待たなければならない、そして他クラブからのオファーも考慮しなければならない』と、以前と異なることを言ってきた。それに、今さら新しいクラブでゼロから始めるのは嫌だから、マンチェスター・シティ(マンC)とバイエルン・ミュンヘンからのオファーを断った。来年はワールドカップもあるので、落ち着いた環境でプレーできるところを探したい」
●バルセロナのFWサミュエル・エトーは、2日にサンチャゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”(伝統の一戦)を前に、地元テレビ局TV3の番組『オーラQ』の中で、「レアル・マドリーの運命はこの一戦に懸かっている」とコメントし、ライバルにプレッシャーをかけた。「レアル・マドリーにとってはクラシコが最後のチャンスとなるが、バルサにしてみればレアル・マドリー戦の結果によって運命が決まるわけではない。結果がどうであれ、僕たちは首位をキープするのだから、プレッシャーは全くない」
●イタリア代表のマルチェロ・リッピ監督(61歳)が、かつて2度采配を振るったユヴェントスへの復帰説を否定した。
●アーセナルのDFミカエル・シルヴェストルとFWエドゥアルドが共にそけい部を負傷して戦線を離脱、5月2日のポーツマス戦を欠場することが決定した。来週のミッドウィークに行われるCL準決勝セカンドレグ、マンチェスター・ユナイテッド戦にも間に合わない可能性があるという。アーセン・ヴェンゲル監督は、「残念なことにエドゥアルドは再びそけい部を痛めてしまった。リオ・ファーディナンドが彼の上に落下した際にアクシデントが起きてしまった。膝から足の付け根にかけて、少し繊維が剥がれてしまったようだ。シルヴェストルも同様に足の付け根を負傷している」と説明している。
●クロアチア代表のスラヴェン・ビリッチ監督が、来シーズンからチェルシーの監督に就任するという報道を否定した。現在チェルシーでも指揮を執るフース・ヒディンク監督は、最優先事項であるロシア代表監督に専念することを理由に、“チェルシーとの契約は今シーズン限り”と念押ししてある。
●ウディネーゼのFWファビオ・クアリアレッラが、自身の将来について「ビッグクラブからオファーが届いたら、自分にとって重要なチャンスになるだろう」語った。
●インテルのジョゼ・モウリーニョ監督が笑顔を見せた。というのもユベントス戦で太ももを負傷したMFスレイ・ムンタリが、当初の予定よりも早く戦列に復帰することが分かったからだ。
●33節のインテル戦で左太ももを故障したナポリのFWエセキエル・ラベッシは、検査の結果、全治20日との診断を受けた。ラベッシは15日後に患部の再検査を受け、その後に復帰時期を決めるという。
●UEFAカップは30日、各地で準決勝第1戦の2試合を行い、ハンブルガーSVはブレーメンの本拠に乗り込んだドイツ勢対決に1-0で先勝した。ウクライナ勢同士の顔合わせとなったディナモ・キエフ-シャフタル・ドネツクは1-1で引き分けた。第2戦はいずれも5月7日に行われる。
●サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)と2部リーグ(同B)で構成するイタリア・プロリーグは30日、1部が2部と分離し、別組織となる決議を下したと発表した。
●ウォルフスブルクのマガト監督が、来季からシャルケを指揮する可能性があることが30日、分かった。独大衆紙ビルト(電子版)は、同監督がシャルケと就任で合意したと伝え、同国の複数のメディアも同様に報じている。
●イスラエルのマッカビ・ネタニヤを率いるローター・マテウス監督が、今シーズン限りで同クラブを退団することを発表した。
●イタリアの『コリエーレ・デッロ・スポルト』紙によると、今季カタールのアル・サードからラツィオに期限付き移籍しているアルゼンチン人FWマウロ・サラテが、ラツィオと2014年までの契約を結ぶことで合意に達したようだ。同選手には、レアル・マドリーやアトレティコ・マドリーなども興味を示していた。
●イタリア・オリンピック委員会(CONI)のスポーツ上級裁判所は、4月18日にユベントスのホームで行われたインテルとの試合で、ユベントスの一部のサポーターがインテルのマリオ・バロテッリに対して人種差別的な野次(やじ)を飛ばした件で、同クラブに対して下されたホームでの1試合の無観客試合の処分を取り消すことを発表した。
●将来を嘱望されている若手ナイジェリア人MFジョン・オビ・ミケルは、どうやら今後もチェルシーでプレーを続ける可能性が高いようだ。最近、多くのクラブが獲得に動き出していると報じられていたが、この度、同選手の代理人ジョン・シトゥ氏が、これらのうわさをきっぱりと否定した。
●ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンは、4月27日に解任されたユルゲン・クリンスマン前監督の後任として、今季オランダリーグを制覇したAZのルイス・ファン・ハール監督の就任を検討しているようだ。
●ベルダー・ブレーメンに所属するブラジル人MFジエゴが今シーズン終了後にユベントスへ移籍する可能性が高まっている。以前よりドイツから出たがっていたジエゴだが、次の居住地はイタリアのトリノになるかもしれない。
●イタリアの『コリエーレ・デッロ・スポルト』紙によると、インテルは来季に向けてバイエルン・ミュンヘンに所属するフランク・リベリーの獲得を狙っているとのことだ。インテルのマッシモ・モラッティ会長はまた、リベリーだけでなくジェノアのディエゴ・ミリートもチームに加え、ズラタン・イブラヒモビッチとの強力な攻撃陣を編成しようと考えているという。
2009/04/30UEFAサッカー情報
●かつてレアル・マドリーを率いたファビオ・カペッロ監督が、3冠を狙うバルセロナの消耗が、リーグ優勝争いでマドリーに有利に働くかもしれないと話した。両者は土曜日の試合で対戦するが、一時12ポイントもあった首位バルサのリードが今はわずか4ポイントに減っている。リーグ、国王杯、チャンピオンズリーグを戦うバルサは、クラシコの次はCL準決勝セカンドレグ、さらに2週間後にはアスレティック・ビルバオとの国王杯決勝を控える。イングランド代表のカペッロ監督はマルカ紙上で、「決勝や準決勝が次々とやってくる。これはチームにとって危険な状況なんだ。みんな、バルサは20数人の優秀な選手を抱えているというが、実際は違いをもたらせる選手はわずしかいないからね」と話し、重要な試合の続くバルサの問題点を指摘した。
●バルセロナは、スコアレスドローに終わった28日の欧州チャンピオンズリーグ準決勝第1戦で、対戦相手のチェルシーが極端に守備的な戦術を取ったことと、そのチェルシーにイエローカード2枚しか提示しなかったボルフガング・シュタルク主審のジャッジに対して、失望と怒りを隠せないようだ。主将のシャビ・エルナンデスもその例に漏れず、次のように不満をあらわにした。「思わず天を仰いだよ。どう見てもイエローカードというプレーが何度もあったにもかかわらず、ファウルの笛すら鳴らなかった。そのくせ、たった1回抗議をしただけのヤヤ・トゥーレにはイエローカードが提示されたんだからね。また、片方のチーム(バルセロナ)はサッカーをしようとしていたが、もう一方のチーム(チェルシー)はそうではなかった。これは本当に残念なことだ。フェアプレーについて散々話されてきたというのに、そんな物はどこにも見られなかったよ。バルセロナは相手を敵陣に貼り付けにし、常にゴールを目指していた。僕たちには少なくとも1点は入るべきだった」
●解任したユルゲン・クリンスマン監督の後任を探しているバイエルン・ミュンヘンだが、フランツ・ベッケンバウアー会長は29日、可能性の一つとしてフランク・ライカールト前バルセロナ監督の名前を挙げた。
●イタリア人のエルネスト・ブロンゼッティ代理人が、「ユヴェントスがリヴァプールMFシャビ・アロンソ(27歳)に再び熱視線を送っている」ことを示唆した。
●リヴァプール主将スティーヴン・ジェラードが、今週末のニューカッスル・ユナイテッド戦で復帰する見込みであることがわかった。ラファエル・ベニーテス監督が明らかにした。
●28日のCL準決勝ファーストレグでバルセロナとスコアレスドローに終わったチェルシーのマイケル・エッシェンが、「ホームのセカンドレグでは、チェルシーはもっと大胆になるはずだ」と話した。バルサの猛攻を耐え抜いたチェルシーのエッシェンは、英スカイスポーツで、「スタンフォードブリッジでは、(ファーストレグよりも)ずっといい試合ができると思う。僕らはホームゲームに自信がある。もっとチャンスを作れるだろうし、より積極的に行く必要がある。決勝に進出するには試合に勝たなければならない。バルサより多く得点しなければ」
●29日にフランスリーグアンで消化の遅れていた1試合が行われ、ボルドーがロスタイムのグルキュフのゴールでレンヌを3-2で下し、首位マルセイユに2ポイント差に迫った。
●CL準決勝のマンチェスター・ユナイテッド対アーセナルの第1戦がオールド・トラフォードで行われ、ホームのマンUが1-0で先勝した。勝ったのはマンUだが、UEFAのマン・オブ・ザ・マッチにはアーセナルのGKアルムニアが選ばれた。
●バイエルン・ミュンヘンのフランク・リベリが30日付レキップ紙に掲載されたインタビューで、今シーズン終了後にクラブを去る可能性を仄めかした。
●チャンピオンズリーグ準決勝アーセナル戦でクラブ通算800試合出場を達成したマンチェスターUのライアン・ギッグス。そんな彼に各方面から監督就任の要請が届いている。
●ローマのGKドニが、今シーズン絶望となった。痛めていた右ひざの手術を決断したためで、全治は約3か月と見られている。手術は来週に行なわれる予定になっている。
●ミランのオーナー、シルビオ・ベルルスコーニは、「ロナウジーニョには、ミラン加入した時のような情熱を取り戻してほしい」「アンチェロッティ? ガッリアーニと話し合っているだろう」と、輝きを失いつつあるロナウジーニョと、去就が注目されているアンチェロッティについて言及した。またインテルのモラッティ会長との“PK”に関する論争については「数字をうまく数えられるようにレッスンしておこう」。そしてカカの話題にも触れている「カカ? ミランは選手を無理やり引き止めるようなことはしない」。
●新型インフルエンザの感染拡大を懸念し、メキシコ・サッカー協会は28日、5月1日から3日にかけて予定されている1部リーグ9試合をすべて無観客で開催すると発表した。
●ルーマニアサッカー協会(FRF)は29日、同国代表の新監督に、現在同国1部リーグのブラショフで監督を務めるラズバン・ルチェスクが就任することを発表した。
●バイエルン・ミュンヘンのフランツ・ベッケンバウアー会長は、来シーズンの指揮官として現チェルシー監督のフース・ヒディンク氏を第一候補に挙げた。「来シーズンは、ヒディンク監督レベルの指揮官を招きたい。彼に新監督に就任してもらいたいところだが、同時に難しい選択肢であることも理解している」
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)が欧州連覇に向け一歩前進した。29日に行われた欧州チャンピオンズリーグ準決勝の第1戦、オールド・トラフォード(マンUのホームスタジアム)にアーセナルを迎えたマンUは、オシェイが決勝点となるゴールを決め、1-0で先勝した。スコアこそ最少の1点差だったが、内容的にはマンUの圧勝と言っても過言ではなかった。
●ベルギーのゲンクは29日、セフ・フェルホーセンの暫定テクニカル・ディレクター(TD)就任について、基本合意に達したことを発表した。
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。