UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/30UEFAサッカー情報
●28日のパリ・サンジェルマン戦(第12節)では、4試合連続の得点を逃したカリム・ベンゼマ。11得点で足踏みとなり、4試合ぶりにゴール数が試合数より少なくなった。しかしこの試合でも、再三にわたる華麗な足技でスタジアムをどよめかせた。ドリブルで相手を抜き去ってシュートを放ち、あわやゴールという場面が2度。1本目はフランス代表ゴールキーパーのランドローが辛うじて指先で触れ、ゴールポストに弾かれた。2本目はハーフライン付近から相手ディフェンスを次々と振り切って放ったシュート。ランドローが再び好セーブを見せたが、こぼれ球がベン・アルファの得点につながった。いずれもスピードはさほど感じさせず、たとえばロビーニョ(レアル・マドリー)のような派手なステップはないものの、足に貼り付いたように見えるボールが面白いようにディフェンスの間を抜けていく。相手の動きに合わせてコースを自在に変えるドリブルや、ワントラップで相手の裏をかく動作には、フランスの解説者らがこぞって「ジダンを思い出さずにはいられない」と感嘆の声をあげる。そのジダンが所属したレアル・マドリーから注目されているという報道について、ベンゼマは試合後、“フットボール365”に「このようなビッグクラブに関心をもたれるのはうれしい。でも僕はまだ若いし、リヨンでやるべきことがたくさん残っている。そのあとで、どうするか考えればいい。そうなるには時間がかかるだろうが、まずは自分のプレーを充実させないと」と控えめに語った。●
●レアル・マドリーのベルント・シュスター監督が冬の移籍市場で、リヨンのフレッジ(24歳)を獲得するようにミヤトヴィッチ・スポーツディレクターに依頼したことがわかった。
●ケガ人たちも復帰し、相手は今季1部に昇格したばかりのアルメリアとあって、圧倒的な強さを見せつけると思いきや、低調なパフォーマンスを見せ、得た物は勝利だけという結果に終わったバルセロナ。同クラブのラポルタ会長は、「常にコンディションのいい選手をプレーさせるべき」とライカールト監督の選手起用法に疑問を投げかけている。
●バレンシアのキケ・フローレス監督解任が決まった。記者会見の中で「厳しい要求をチームに与えてくれたサポーターに感謝したい。我々はその要求に応えようと努力するので成長できる。私に賭けてくれたクラブ幹部にも感謝の気持ちを述べたい。是非、ビッククラブとして相応しいチームにするため今後も信念を貫いていただきたい。選手達、そして新監督にはプロ精神、まじめさ、厳しさ、助け合いを願いたい。そして、サポーターを喜ばせ、偉大なクラブとして相応しいプレーをしてもらいたい。メディアの方々には最後までひいきのない対応をしていただいた事に喜びを感じている」と語った。
●元バルサの監督クライフ氏。この中で今シーズンからバルサに加わったアンリについて次のように書いている。「アンリのために縦パス、ロングボールが増えれば今までで最高のアンリを見ることができるだろう。横パス、ショートパスが彼の特徴を引き出していない」と明かした。さらに「短い期間で多くの変化があった。怪我による長期戦線離脱(アーセナル時代)、アーセナルのプレースタイルとバルサのそれとの違い、新しい街での生活、そして新たなチームメイトとのプレー。しかし、エトーが怪我、ロナウジーニョも存在感が欠けている中で、アンリは常に全てを捧げてプレーしている」と不調と批判が集まるアンリを擁護している。
●バルサのザンブロッタは、ライカールト監督がしばらくロナウジーニョに休養を与える可能性がある事について「ロニーにとってベンチ控えは問題ない。ほぼ3日おきに試合が行われるという厳しい日程の中、休養は大事だ」と感想を述べた。
●ミヤトビッチSDに“世界最高の選手”と賞賛を受けた喜びを伝えるロビーニョ。夢は「ナンバーワンになる事。そのためならどんな努力も惜しまない」と断言。シュスター監督のスタイルは自分に合っており、ここ2試合を振り返りとても幸せだと明かす。「サポーターも最高だ。彼らの期待に応えられるよう自分の力を発揮するのが僕の使命だ」と満足げに語った。
●バレンシアの新指揮官、オスカル・フェルナンデス監督は、水曜日に行われるレアル・マドリー戦の招集メンバーを決めるにあたっていきなり難題を突きつけられている。6人もの選手が負傷により招集入りが厳しい状況となっているのだ。マヌエル・フェルナンデス、ダビ・ビージャ、ダビ・シルバ、カルロス・マルチェナ、サンティアゴ・カニサレス、ルベン・バラハがR・マドリー戦に欠場する可能性がでてきている。
●レアル・マドリーのGKイーケル・カシージャスは、危機だといわれている自らのチームを擁護し、現在首位に立っているのは、「自分たちのゲームをするために全てのライバルたちに戦って勝ってきたからだ」と主張した。カシージャスは「R・マドリーと対戦するチームはいつも、ものすごいモチベーションで試合に臨んでくる。だから彼らを攻略するには危険が伴うんだ」と強調。
●アトレティコ・マドリーのFWミスタはアトレティコで奇妙な日々を過ごしている。ミスタは12月まで別のチームと契約していたため、あと5試合に出場できない。彼は冬の移籍市場で他のチームに行くこととなりそうだ。他のチームもミスタに興味を持っているが、彼の故郷のチームでもある、レアル・ムルシアが有力視されている。とはいえ、レンタル移籍になるのか、完全移籍になるかはまだ分かっていない。
●トッテナムは29日、リーズのアシスタントコーチで、チェルシーやトッテナムで選手賭して活躍したグスタボ・ポジェ氏を、トップチームのコーチとして迎えると発表した。39歳の元ウルグアイ代表は、ファンデ・ラモス新監督のもと、マルコス・アルバレスと共にコーチを務める。
●リヴァプールのFWフェルナンド・トーレスは1-1で引き分けたアーセナル戦の前半に負傷、ハーフタイムに交代したが、それまでのケガとはまた別の内転筋を傷め、3週間の戦線離脱を余儀なくされることになった。
●マンチェスター・ユナイテッドは、MFポール・スコールズ(32歳)が11月1日に膝の靱帯の手術を受けることになり、復帰まで3カ月ほどかかると発表した。23日に行われたCLのディナモ・キエフ戦を前にした練習で負傷していた。
●2シーズン連続で5位に入りながら、今季は序盤からつまずき、監督交代が行われたトッテナム。解任されたオランダ人のマルティン・ヨル氏はこれからしばらく休養をとるとしながらも、イングランドへの復帰を否定しなかった。「可能性はいろいろある。イングランドの他のクラブ、外国のクラブ、あるいはオランダへ戻ること。一からチーム造りを任されるような仕事もいいし、経験豊富な選手の揃ったクラブもいい。そうすれば、トロフィを獲るのはより楽だろうからね」
●先週の土曜日に行われたセリエA第9節のナポリ対ユヴェントス戦。白熱した試合は、存在しなかった2PKによってナポリが勝利を収めた。スキャンダラスな2PKは当然、大議論を巻き起こしている。大規模の審判操作疑獄を生んだユーヴェ・スキャンダルの後、イタリア協会、リーグは審判組織を一新、現在かつての名審判コリーナ氏が審判任命総責任者となっている。
●セリエA第9節でミランはローマ相手に破れた。今季ホームでの連続失点記録が続く壊滅的な状況だ。ビッグクラブに負けるのならまだしも、地方チームのエンポリにまで負ける体たらくに悲観的なファンからは「B降格するかも……」との声も出ている。
●28日のカターニャ戦、前半39分にサンプドリアFWカッサーノは同僚らの制止を振り切り、突然ピッチを後にすると、さっさとロッカールームへ引き上げてしまった。驚くサンプ・ベンチが選手交代指示を出したのは2分後。あまりに唐突な出来事で、スタジアム中が呆気に取られた。「あの瞬間、負傷した。俺はガッカリしたんだよ。だからピッチを出た。何が問題なのかわからない」
●イギリスのミラー紙は、マンチェスター・ユナイテッドが来年1月の移籍マーケットにおいて、ノルウェーのローゼンボリでプレーするペル・シリアン・シェルブレドの獲得に乗り出していると報じた。
●先週末に行われたパレルモ戦で負傷し、途中交代したインテルのスタンコビッチだが、精密検査の結果、チーム関係者が恐れていた骨折は回避。しかし、軽度の右足首のじん帯損傷と診断され、年内の試合出場は難しい状況となった。
●チェルシーの新監督候補にビジャレアルのマヌエル・ペレグリーニ監督の名前が浮上している。ペレグリーニの代理人を務めるアルベルト・ポレッティは、ジョゼ・モウリーニョ前監督の退団が発表された直後、チェルシー関係者からコンタクトがあったことを明かしている。
●かつてセリエAのリボルノでプレーした経験のあるフェルツェルは月刊誌の“SO FOOT”の取材に対し「マテラッツィはテクニック的には一流選手だが、マナー面ではゴミのような人間だ。髪は引っ張る、暴言を吐く、唾を吐く…。そして悪質なファールをする」と強烈に批判している。フェルツェルは続けて「マテラッツィは常に悪巧みを考えている。ただそれがまかり通る以上、問題は彼にあるのではないのかもしれないが」とコメント
●インテルのGKフランチェスコ・トルドが、10月20日のセリエA第8節アウエーでのレッジーナ戦で相手選手と交した際に右足のしょ骨を粉砕骨折していたことが判明した。
●リッピは「インテルが今季国内リーグ優勝を果たすだろうが、これまで以上に奮起しなければならないだろう。今季は昨季のような独走態勢にはならないはずだ。今はまだサプライズや失望したチームを挙げる段階ではないが、今季のリーグ戦は見応えがあり、面白い」と話している。
●「我々は浮かれることなくしっかりと地に足をつけていなければならない」。ASローマ会長の娘で、クラブの実権を握るロゼッラ・センシ副会長が、1-0勝利に終わったセリエA第9節ホームACミラン戦後に現在の心境を述べている。
●アンフィールドで行われたリバプール対アーセナルは1-1の引き分けに終わったが、試合後、リバプールのキャプテン、スティーブン・ジェラードがアーセナルのセスク・ファブレガスを称賛した。今やアーセナルの大黒柱に成長したセスク。チームは首位を走り、セスク自身もプレミアリーグで5ゴール、チャンピオンズリーグでも3ゴールと好調さをキープしている。「世界は彼の手の中にある。このまま続けていけば、世界最高の選手になる、間違いなくね」。そう語ったジェラードはセスクの活躍に舌を巻いているといった感じだ。
スポンサーサイト
2007/10/29UEFAサッカー情報
●29日未明、バレンシアのキケ・サンチェス・フローレス監督の解任が決まった。28日に行われたリーガ第9節、アウェイでのセビージャ戦で0-3と完敗したバレンシア。24日のチャンピオンズリーグ、ローゼンボリ戦に続く敗戦でキケ監督の解任が決定的となった。セビージャ戦後、スペイン時間で深夜2時49分から緊急理事会が開かれ、その場でソレール会長ら役員会はキケ監督の解任を決め、同監督の解任を正式に発表。なお、後任監督については、バレンシア・メスタージャ(Bチーム)の指揮を執っていたオスカル・フェルナンデス監督が暫定的にトップチームを指揮を執ることになった。オスカル・フェルナンデス監督の初采配は水曜日(31日)にホーム、メスタージャで行われる首位レアル・マドリーとの一戦となる。
●2つの疑惑の判定がバルサを勝利に導いた。終始、動きに切れがなかったバルサ。アンリのゴールとメッシのPKで勝ち点3を獲得。R・マドリーに2ポイント差でリーガ2位に浮上した。
●2-0でアルメリアに勝利は収めたもののライカールト監督は「いい試合はできなかった。しかし、こういう試合を勝つのは大事。簡単な試合ではなかったので喜びはいつも以上だ」と振り返った
●マジョルカのFWダニエル・グイサは、ホームで行われた27日のエスパニョール戦にて、左手首に怪我を負った。しかし、診断結果はそれほど重いものではなく、次節、敵地リアソールで行われるデポルティーボ・デ・ラ・コルーニャ戦には間に合いそうだ。
●デポルティーボ戦で勝利を収めたレアル・マドリーのシュスター監督は、「ラウルの投入が試合を決めた。カンフル剤となり、勝利を得るために我々を助けてくれた」とキャプテンに称賛の言葉を送った。
●トッテナムの指揮官に就任したフアンデ・ラモス監督が最初に補強するのはセビージャのブラジル代表DFダニエウ・アウベスになるだろう、と“サンデー・ミラー”日曜版が報じた。
●28日のアトレティコ・マドリー戦で66分に自ら交代を志願したレバンテのイタリア人FWクリスティアン・リガノ。数分前にアトレティコのDFパブロと激突、頭を強打したリガノは、目眩、そして視界も二重になっていたようだ。リガノはプレーを続行しようとしたが、続けることはできず、アトレティコが1枚目の交代枠を切ったと同時にベンチに下がった。リガノはロッカールームで気を失ったが、数分後には意識を取り戻した。しかし、目眩と吐き気を訴えていた。
●28日に行われたプレミアシップの試合で、トッテナムはブラックバーンと対戦。1-1で迎えたロスタイムに、サンバに決勝点を許して1-2で敗れた。これで今週はUEFA杯をはさんで3敗目。ドローであれば降格圏を脱出できたのだが、それもならず18位のまま。スタンドで観戦したファンデ・ラモス新監督は待ちかまえる重責を実感したに違いない。
●28日に行われたプレミアシップ第10節の試合で、ここまで負け知らずの2チームが直接対決、期待に違わぬ面白い試合を展開した。1-1のドローで、アーセナルは連勝こそ12で止まったが、両チームとも無敗を守った。
●リヴァプールは1-1で引き分けたアーセナル戦に、ケガから復帰したばかりのフェルナンド・トーレスとシャビ・アロンソを先発させたが、試合中に2人とも再び負傷してピッチをあとにした。シャビ・アロンソは9月中旬以来の復帰となったが、ゴール前の接触で足を傷めて68分に退場。中足骨の骨折が疑われている。また、ハーフタイムにピーター・クラウチと交代したトーレスは内転筋のケガを悪化させたようだ。
●28日に行われたスコットランドプレミアリーグの試合で、レンジャーズがダンディー・ユナイテッドに1-2で敗れ、首位セルティックに勝ち点で追いつくチャンスを逃した。
●28日に行われたブンデスリーガの試合で、首位バイエルン・ミュンヘンはアウェイでボルシア・ドルトムントと対戦。UEFA杯での接戦の疲れが残っているのか、チャンスもあまり作れずにスコアレスドローに終わった。また、ハンブルガーSVは、コンパニーのゴールでデュイスブルクを1-0で下し、2位に浮上した。
●リーグアン第12節の3試合が28日に開催され、首位リヨンがアウェイでパリSGに勝利した。
●プレミアシップで最も小柄な2トップ、マンチェスター・ユナイテッドのルーニー&テベスが止まらない。27日のミドルスブラ戦でもルーニーは1ゴール、テベスは2ゴールと大活躍。共にセカンドトップで、体系もプレースタイルも似通っているこの2トップに関しては、当初多くの識者が“機能しない”と予想していた。しかし、マンUのファーガソン監督は一貫して起用し続け、今ではリーグを代表する2トップとの声も。ファーガソンは二人が機能する理由について次のように語っている。「この2トップは機能する。彼らには素晴らしい才能があり、二人ともひらめき、ビジョン、そして勇気を持っている。ミドルスブラ戦でもテベスの1点目は二人の完璧な連携から生まれた。さらに成長し成熟していけば、さらに完璧な連携が見られるはずだ」。
●28日に行なわれたプレミアリーグのリバプール戦を1-1の引き分けで終えたアーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、翌週に控えたマンチェスター・ユナイテッド戦での“首位固め”を宣言。敵将のアレックス・ファーガソン監督に対し、「我々はまだまだ強くなり続ける」と警告を送った。
●28日に行われたリーグ・アン第12節、リヨンがパリ・サンジェルマン(PSG)を3―2で下し、2位のナンシー(1試合未消化)に4ポイント差をつけて首位の座を固めた。
●インテルのロベルト・マンチーニ監督が負傷により長期離脱を余儀なくされたMFパトリック・ビエラについて語った。「1か月か40日もあれば完治するだろう。とにかくできるだけ早い回復を願っている。12月後半の4試合に間に合ってくれれば…。ビエラは長期離脱を繰り返している。移籍市場期間に『誰が怪我をするのか?そしてどのポジションの選手が離脱するのか?』を予測することは不可能だ」
●セリエA第9節の2試合が行われた27日、トリノはホームでカリアリと対戦し2-0の勝利を収めた。試合後トリノのワルテル・ノベリーノ監督は「苦しい試合だった。FWステッローネ投入(後半10分)を機に流れが変わり始め、徐々に前線でボールを回せるようになった。カリアリは特に中盤が強かったが、我々のDF陣が集中し、完封に成功した。そして今日は運も我々の味方をしてくれた」
●セリエA第9節2試合が行われた27日、ナポリはホームでユベントスと対戦し2本のPKなどで3-1の勝利を収めた。
●セリエA第9節の2試合が行われた27日、名門ユベントスは敵地でナポリと対戦し2本のPKを与えるなどで1-3の黒星を喫した。試合後PKの判定に激怒したユベントスのジョバンニ・コボリ・ジリ会長は「PKは2本ともなかった。このような誤審は受け入れられない。納得がいかないので、試合を注意深く何度も見直してみるつもりだ。しかし、私がこの目ではっきり見たのだから間違いはない。誤審だ。誰もが問題の場面をはっきりと見ていたのに、審判は一体何を見ていたのか?副審や線審もなぜ主審をサポートしないのか!!」と怒りを爆発させた。
●今夏の移籍市場でレアル・マドリーからサンプドリアに入団したイタリア人FWアントニオ・カッサーノは、何一つ変わっていないようだ。度重なる問題行為が取り沙汰されていたカッサーノはサンプドリア入団時に改心を誓っていたはずだが…。
●セリエA第9節が各地で行われた28日、ASローマはアウエーでACミランと対戦し1-0の勝利を収めた。試合後ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督は「選手達の個性が生かされたポジティブな試合内容だった。デ・ロッシのPKミス?1-0の状況からクッキアイオ(スプーン=スプーンでえぐるような蹴り方=チップキック)を狙ったのだから、この大事な試合でいかに彼が落ち着いていたかが分かるだろう」とコメント
●ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長が不調にあえぐチームの現状について重い口を開いた。ベルルスコーニ会長は「まるでホメロスのように時々眠ってしまうACミランが存在する。しかしそれも時間の問題だ。ロッカールームに沈んだ雰囲気が見受けられるが、一時的なものだろう。私は長年ACミランの会長を務めているが、全く勝てないネガティブな時期もあった。カルチョの世界には不条理なことも起こり得る。真のプロ集団である以上、私は何も心配していない」と強気な姿勢を貫いている。
●セリエA第9節が各地で行われた28日、インテルはアウエーでパレルモと対戦しスコアレスドローに終わった。試合後インテルのロベルト・マンチーニ監督は「結果は引分けとなったが、何度も決定機を作り、我々が常に試合の主導権を握っていた。しかし、ボールがゴールへ向かうことを拒んでいた。引き分けの結果より、フリオ・セーザルとスタンコビッチが負傷したことが痛手だ。ASローマ?優勝争いを目指す我々には最大のライバルだが、他のチームも強豪だ」
2007/10/28UEFAサッカー情報
●スペインリーグの2試合が27日に行われ、マジョルカがホームで、ここまで4連勝中のエスパニョールと2-2のドローを演じた。
●バルセロナのレオ・メッシはショックを隠し切れないでいる。自宅が泥棒に荒らされ、愛着のある品々が盗まれてしまったのだ。
●ベティスは来シーズンの監督に、スポルティング・リスボンのパウロ・ベント監督を検討していると、ポルトガルの日刊紙“ディアリオ・デ・ノティシアス”が報じた。
●8月14日のチャンピオンズリーグ、エルフスボリ戦で左足首を負傷し、戦列から離れていたバレンシアのMFビセンテ・ロドリゲスが日曜日のセビージャ戦の招集メンバーに復帰した。「子どものように胸をときめかしている」と久々の招集の喜びをそう言い表したビセンテは、「とても満足しているし、うれしいよ。プレーしたくてたまならかったからね」と語っている。
●チーム一の高給を受け取り、黙って練習しているリケルメだが、最近クラブの内部規律に違反していることが分かった。招集されていない時もスタジアムでホームの試合を見るように、という決まりである。しかしマドリガルで最近リケルメの姿を見たものはいない。この違反が本当であれば、リケルメには罰金が課せられることになる。
●セビージャのデル・ニド会長が、新監督マノロ・ヒメネスの就任を公式に発表した。これまでBチームを率いていた監督の就任は、会長によれば一時的なもの任ではなく、今後もヒメネス監督にチームを託すという。「監督の代わりはいくらでもいる。ヒメネス氏はまさにプロ中のプロだ。我々は色々なことを検討して彼にチームを託すことに下。当初は彼を来季の監督として考えていたが、それが少し早まっただけのこと。これはクラブ幹部が全員一致で決めたことだ」。「ヒメネスは、今いる選手たちの誰よりも長くセビージャでプレーしていた。だから我々は彼を大歓迎するし、彼は何よりも偉大なセビージャのキャプテンだったからね」「セビージャがシーズン当初に立てた目標を変えるつもりはない」と会長は断言する。その一方で「フアンデ・ラモスは26日に監督の職を辞したいと一方的に通告してきた。これは非常にクラブにとって厳しいものだったが、いずれにしても彼の仕事と5つのタイトルをもたらしてくれたことには感謝している。彼は歴史に名を刻むだろう。せめてシーズン終了まで続投して欲しかったが、今となっては終わったこと。今はこれ以上この話はしたくない」
●27日に行われたプレミアシップの試合で、今季10試合を終えて3位と好調のマンチェスター・シティが悠々とスタンフォード・ブリッジに乗り込んだ。6-0で快勝。チェルシーが10年ぶりの大量得点で、マン・シティを圧倒した。
●27日に行われたプレミアシップの試合で、マンチェスター・ユナイテッドが鮮やかな攻撃的サッカーを見せ、ミドルズブラを4-1で下し、28日にリヴァプール戦を控えるアーセナルをかわして暫定ながら今季初の首位に浮上した。
●リーグアン第12節が27日に開催され、2位ナンシーがアウェイでメスと0-0で引き分けた。1試合消化の少ないナンシーは勝ち点24、今日試合のある首位リヨンとの差は1ポイントになった。
●マンチェスター・ユナイテッドは土曜日の試合でミドルズブラに4-1で勝利したが、この試合の2点目を決めたウェイン・ルーニーが、3、4点目を決めたカルロス・テベスを絶賛した。「カルロスと一緒にプレーするのは最高だよ。彼はすごく賢い選手で、頭が切れるし、2人のコンビはとってもいいんだ。最近は2人ともけっこうゴールを決めてるから気分もいいしね」「サッカーで一番いいプレーはパス・アンド・ゴーだけど、カルロスが僕にボールを出したとき、僕は目の隅でカルロスが走り出したのがわかった。そして、僕のヒールパスをカルロスがゴールしたんだ。彼が2点も決めてうれしいよ。この2試合、すごく頑張ってやってるから、ゴールを決めても当然だと思う」「僕の仕事はゴールを決めることだし、毎試合決められるように努力してる。今の状態にはすごく満足してるし、このままこの調子を続けたいね」
●トッテナムのブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフが退団を望んでいることが明らかになった。28日付の英オブザーバー紙は、ベルバトフは信頼していたヨル監督の解任でますます退団の決意を固くしたと報じている。
●リヨンにしてみれば、クラブの将来を担う有望株であるベンゼマをそう簡単に手放す気はないはず。移籍を防ぐためにもベンゼマに対し契約の見直しを図ろうと必死だ。さらに、ヨーロッパでも敏腕家として知られるオーラス会長は、「6000万(約98億5800万円)以下では手放さない」と断言。
●チャンピオンズリーグではA組の首位に立つマルセイユだが、リーグ・アンでは調子の波に乗ることができずにいる。27日の第12節ソショー戦は2-1で敗れ今季6敗目(2勝4引き分け)を記録、降格圏内の18位に陥落した。
●28日のセリエA第9節ACミラン対ASローマ戦にASローマの主将フランチェスコ・トッティが出場できない可能性が極めて濃厚となっている。このニュース伝え聞いたACミランの司令塔カカは「トッティが欠場すれば、ASローマの戦力ダウンは計り知れない。そして試合の醍醐味も少なくなってしまう…。我々ACミランにとってトッティ欠場は朗報とも言えるが、カルチョ・ファンにとってはトッティ不在のASローマとの対戦は物足りないに違いない。トッティはASローマのシンボルだからね」
●ガリアーニ副会長は「両チーム共に選手層が厚く、才能溢れる選手が揃っている。ACミラン対ASローマ戦は間違いなくクォリティの高い試合となるだろう」「ACミランは若いチームだ。3、4人新戦力を獲得すればそれで十分だ。マルディーニの後釜?現時点で彼の状態は良くなっている。代役を探す必要などない。なんにせよネスタやボネーラをはじめ、我々の守備陣は最高であり、チームのレベルは高い」
2007/10/27UEFAサッカー情報
●セビージャのフアンデ・ラモス監督の辞任が正式に決まった。27日、同監督はクラブに契約解除を申し入れ、これが受け入れられ、トッテナムのオファーを受け取ることが決まったのだ。トッテナムからのオファーはなんと年棒700万ユーロ(約11億5000万円)の4年契約。「人生の中でも断ることのできないチャンスだった」と自身のHPでそうコメントしている。
●バルセロナのチャビは26日、チームはこれまで生かしきれていなかったアンリの才能をそろそろ開花させなければいけないとの考えを示した。「アンリは全てを兼ね備えた選手だ。彼が本来の姿を取り戻し、ゴールを決め始めるのは時間と信頼の問題だよ。彼のプレースタイルを理解し、マークを外す巧みな動きと、並外れたスピードを生かす。そして彼が能力を発揮できるよう、深い位置へとパスを送らないといけない」。
●先日のオリンピアコス戦で勝ったものの、相変わらずぱっとしない内容を繰り広げているマドリーだが、同試合に90分フル出場したガゴは「そんな内容のサッカーをしながらリーガやチャンピオンズで首位なら、素晴らしいサッカーをしたらどんな事になるんだろうね。もちろん僕達もまだまだ成長する余地はあるし、手強いライバルが多く実力を出せない試合も多くある。でもマドリーは素晴らしいサッカーを披露すると信じている」と心境を明かした。
●サラゴサのアイマールは記者会見を行い、ここ数試合を振り返り自分のコンディションについて、あまり順調ではない旨を明かした。会見でアイマールは「ビクトル・フェルナンデス監督が他選手を招集してもしょうがない。監督はチームのために最高のメンバーを揃える必要がある」と監督に理解を示すと共に「自分でも調子が出ないのは自覚しているし、今の僕よりもチームが必要としている選手がいるのは承知だ」と素直に自分の状況を伝えた。
●セビージャは27日、辞任したファンデ・ラモス監督の後任にBチームコーチのマヌエル・ヒメネスを昇格させ、今季末まで指揮を任せると発表した。43歳のヒメネス新監督は、現役時代はスペイン代表とセビージャで左サイドバックを務め、リーグ戦で14シーズンにわたり354試合に出場。ここ7年間はセビージャ・アトレティコ(セビージャB)を率いて、若手育成に手腕を発揮した。
●元アルゼンチン代表のガブリエル・バティストゥータが、母国の逸材リオネル・メッシと“クン”アグエロについて「ディエゴ(マラドーナ)のマネはしないほうがいい。そうしないといつまでたっても“マラドーナ2世”で終わってしまう」と忠告した。「レオとクンは自分自身のスタイルを作ったほうがいい。マラドーナのマネをしようとしたら、どれほど活躍しても“マラドーナ2世”と呼ばれ続けるからね」とバティストゥータは語っている。
●ゴイコエチェアもマラドーナについてコメント。「ディエゴを客観的に語るのは難しいね。僕にとって友人であり、アイドルであり、ピッチの中でも外でもリーダーだ」という。二人は最近話題の“フィエスタ”についても言及し「選手だって年齢を考えれば夜遊びして楽しむことも必要だ。しかしプロ選手として必ず果たすべき義務があるし、フットボール選手の場合はいつでも遊んでいいという訳にはいかない」と語っている。
●レアル・マドリーがリヨンの19歳FW、ベンゼマに興味を示していることがわかった。これは来季に向けての補強となるが、R・マドリーはシーズンが終わる前に大きな補強を固めたいようだ。
●バルサのフランク・ライカールト監督は金曜日に行われた練習で、ロナウジーニョとアンリの2トップのフォーメーションを試し、3トップの一角を任されているメッシはその間、ジムとラ・マシアの練習場で個別メニューをこなした。代表戦で違和感を感じ、9月16日のオサスナ戦で招集されなかった日から、メッシは筋肉の疲れを取る個別メニューが組まれていた。
●バレンシアのMFルベン・バラハが、もし、次節のセビージャ戦に出場したら、バレンシアの選手としてリーガ200試合出場を達成する。バラハは2000-2001シーズンに、アトレティコ・マドリーからバレンシアへ移籍し、今年で8シーズン目となる。バレンシアとバラハは2010年まで契約している。今まで199試合に出場し、104勝しているバラハは、次の試合に勝って勝率を伸ばしたいところだ。
●バルサでは、ロナウジーニョを売るという考え方がますます勢力を広げている。とはいえ、1月に売るという可能性はないに等しい。ラポルタ会長は、ミランのベルルスコーニ会長やチェルシーのアブラモビッチ・オーナーから超破格のオファーが届いたとしても、シーズン途中でチームを壊したいとは思っていない。バルサの方針は、今シーズン終了までロナウジーニョには我慢をしてもらうというものだ。
●ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督が、契約を2010年まで延長した。
●マンチェスター・シティのスヴェン・イェラン・エリクソン監督が、チェルシーのショーン・ライト・フィリップスを1月の補強ターゲットにリストアップしていることを明らかにした。
●PSVのガーナ代表DFエリック・アッドが、対戦相手にツバを吐いたとして、UEFAから4試合の出場停止処分を受けた。
●23日のCL第3節CSKAモスクワ対インテル戦で、決勝ゴールを決めたDFサムエルの奇妙なゴール・パフォーマンスを覚えている人はいるだろうか。サムエルの放った何でもないヘディング。ワンバウンドした緩いボールは、CSKAのGKマンドリキンの両腕をすり抜けていった。イレギュラーとはいえ、明らかにGKの大失態だった。歓喜するサムエルは肘から先を伸ばし、手の平を前方にヒラヒラと滑らせ、あたかもガチョウのようなポーズを見せた。イタリアやスペインにおいて「ガチョウ」とは「信じられない凡ミスをした間抜けなGK」の暗喩だ。サムエルはゴールに加え、GKマンドリキンへこれ以上ない屈辱を与えた、というわけだ。
●アーセナルとの対戦を28日に控えたリバプールのラファエル・ベニテス監督は、自らの去就について「結果を出すには時間がかかる」と語り、拙速な判断を下さぬようクラブ首脳陣に求めた。
●ACミランのFWアルベルト・ジラルディーノが26日、記者会見に応じた。24日の欧州CLグループリーグ第3節ホームでのシャフタル・ドネツク戦で2得点し、完全復活の兆しをみせるジラルディーノは「記者会見の場やメディアで批判されることもFWの仕事の1つだろう。サッカー選手である我々は、プレッシャーの中で戦うことに慣れている。常に『ゴールを量産しなくては。最高のパフォーマンスをおこなわなくては』と考えているわけだから。そうした中でいかに平常心を保って日々の練習に打ち込むかが重要だ。また、言い訳など許されない。我々選手はグラウンド上で結果を出すしかない」と自分に言い聞かせるように語った。
●ローマは28日にアウェイでミランと対戦するが、FWで主将のフランチェスコ・トッティは足首のケガで欠場することになった。
●プレミアシップとチャンピオンズリーグで快進撃を続けるアーセナルのセスク・ファブレガスが好調の要因を語った。彼は現在のアーセナルを「まるで好調時のブラジル代表のよう」と表現。「スピードと正確性が今のチームの最大の長所だ。まさにブラジル代表のようで、今はすべてがうまくいっているよ。ただ、地に足を着けなきゃならないことも分かっている」と語っている。
●現役時代にASローマでプレーした経験のあるアンチェロッティ監督は「監督としての寿命はまだ終わっていない。ASローマで監督業に終止符を打つのも悪くはないだろう。これは昨夜、妻が私に提案したことなんだが…。ASローマには良い思い出が多々ある。ASローマ現監督であるスパレッティが、いまだ経験のないリーグ優勝やビッグ・タイトルを獲得することを応援している」とまんざらでもない様子でエールを送った。
●ミランのカカが、ロナウジーニョは彼と会うたびにミランのことを尋ねると明かした。イタリアでインタビューに答えたカカは、将来ロナウジーニョがミランに移籍するかどうかは分からないものの、「ミランに興味を持っているのは間違いないよ」と断言している。「ヨーロッパではみんなミランに注目しているよね。ロナウジーニョはバルセロナで満足しているみたいだけど、それでも会うたびにミランのことを尋ねるんだ」というカカ。
2007/10/26UEFAサッカー情報
●アイブロックスでのCLレンジャース戦が0-0の引き分けに終わったバルセロナ。主導権はバルセロナが握っていたが、全員で自陣に引きカウンターを狙うレンジャースを前に最後まで1点が奪えず。これが相当悔しかったのか、リオネル・メッシはレンジャースの極端なまでに守備的なサッカーを批判している。彼は「レンジャースには試合をしようという気がなかった。試合開始からアンチ・フットボールともいえるプレーをしていた。こんなサッカーをするチームに勝てなかったのは本当に悔しい」と守備的サッカーを強烈に非難。しかし同じアルゼンチン代表のG・ミリートは「レンジャースは上手くスペースを埋めていたし、引き分けでいい彼らにとってはいいゲームプランだったと思う」と大人の対応。試合後は悔しさを隠せない後輩をなだめるかの様に話していたそうだ。
●ブラジル代表から戻るのが遅れたため、前節のエスパニョール戦に間に合わなかったR・マドリーのロビーニョは、記者会見を行い「クラブや監督との約束を守れなく悪く思っている。これから十分気をつける」と謝罪をした。ブラジル代表チームの同僚との夜遊びぶりも報道されたが「これについては謝るつもりはない。ブラジルチームは試合に負けた時は家へ直行するが、勝てば試合後遊びに行くものだ」と説明
●エスパニョールのアルベルト・リエラは現在自分のサッカー人生の中でも最高潮である事を自覚すると共に、ビッグクラブへのステップアップも考えていると明かした。前節のR・マドリー戦で先制点を入れ大活躍し、スペインでも成長株のリエラは「エスパニョールは僕が望んでいるもの全て-安定・安心・自信―を与えてくれており、とても満足していて今は移籍は考えていない。考えるとしたらシーズン終了する頃だ。誰だって成長する事やビッグクラブでプレーする事に憧れるものだ」と語った。
●水曜日にチーム練習から締め出されたサラゴサのMFアンドレス・ダレッサンドロだが、ビクドル・フェルナンデス監督の許しが出て、翌木曜日のチーム練習に復帰した。
●デポルティーボがレアル・マドリー戦の時間変更を伝えられた。27日夜10時、サンティアゴ・ベルナベウで開催される予定だった同カード。最終的に翌28日午後5時キックオフとなるが、この日程変更に伴うデポルのコストは、3万6000ユーロ(約590万円)となる見込みだ。LFPは、金曜日(26日)にもデポル側にR・マドリーからの日程変更の要請を正式にも伝えるとのこと。
●1ヶ月前のレバンテ戦で左足太腿を負傷したバルセロナのトゥーレ・ヤヤが、日曜のアルメリア戦での復帰に向けた希望を語った。「アルメリア戦への復帰へ向け、準備は万全だよ。調子は良いし、なるべく早く復帰したくてうずうずしているんだ。ドクターの許しも出ると思っているよ」。
●日曜のバレンシア戦を前に、セビージャは3人の欠場が決定、5人の出場が微妙な状態にある。マレスカ、エスクデの2人は回復が間に合わず、長期離脱中のハビ・ナバーロもいまだ復帰の見込みが立っていない。さらにカヌーテ、ブラルース、アドリアーノ、ヒンケル、そしてポールセンの5人が練習中に負傷してしまった。
●カルロス・ガルシア、ブルーノ・サルトール、アルベル・クルサの3人はバルセロナ出身の選手だ。彼らは日曜、アルメリアのユニフォームをまとってカンプ・ノウのピッチに立ち、ヨーロッパ最高のチームと対戦する。
●ミランは、今シーズン終了後にロナウジーニョ獲得に動くと見られているが、26日付けの“マルカ”は、来年1月1日に冬の移籍マーケットが開き次第、バルセロナとの合意に向けて、ミランがロナウジーニョ獲得に本気で動くと報じている。
●ロコモティフ・モスクワのアナトリー・ブイショベツ監督は、2ゴールをマークしたアトレティコ・マドリーのアルゼンチン人FW“クン”アグエロを「彼のプレーを見るのは、プラド美術館を訪れるようなもの」と称賛した。「アグエロは、ロマーリオを思い起こさせたよ。でも、彼の方がよりプレッシャーを掛け、チームのためにプレーしている。まだ19歳というのには驚きだ。彼は才能は身につけたものではなく、生まれもってのものだ」。試合後、ブイショベツ監督はアグエロのプレーに称賛の言葉を送った。
●CL参戦中のローゼンボリは25日、グループリーグの試合でバレンシアを2-0で下した翌日に、クヌト・トルム監督の契約を解除した。理事会と監督本人との話し合いの上の決定だとクラブは公式サイトで説明した。
●チェルシーは25日、マンチェスター・ユナイテッド戦での行為に対し、3万ポンド(約720万円)の罰金を科された。9月23日にオールド・トラッフォードで行われた試合で、ミケルがエヴラへのスパイクを見せたタックルで退場になった際に、複数の選手がマイク・ディーン主審に詰め寄ったため。
●ミランの左サイドバック、マレク・ヤンクロフスキは25日、日曜日のエンポリ戦で傷めた右膝の手術を受けた。クラブの公式サイトによると、全治までの正確な時間は数日たたないとわからないが、おそらく40日前後は戦列を離れることになるだろうという。
●UEFAカップ・グループリーグ第1節の試合が25日に行われ、グループAではエヴァトンがホームでラリッサを3-1で下し、白星スタート。ゼニト対AZは1-1のドローだった。グループBでは、パナシナイコスは3-0でアバディーンに快勝。一方、ロコモティフ・モスクワ対アトレティコ・マドリー戦は3-3のドローだった。
●UEFAカップ・グループリーグ第1節の試合が25日に行われ、グループCではエルフスボリ対AEK戦、ビジャレアル対フィオレンティーナ戦がいずれも1-1のドローだった。
●グループDではハンブルガーSVはアウェイでブランと対戦し、62分のコンパニーのゴールで1-0で先勝。バーゼルはホームにレンヌを迎え、55分のシュトレラーのゴールで1-0で勝利した。
●ブラックバーンのマーク・ヒューズ監督が、25日にマルティン・ヨル監督を解雇したトッテナム・ホットスパーとの接触を否定し、クラブに忠誠を誓った。
●ACミランのストライカー、ロナウドの復帰が遅れている。7月末に太腿を痛めたロナウドの復帰時期は当初10月と見られていたが、怪我が完全に治るにはもうしばらく時間がかかりそうだ。
●ドイツ・サッカー協会の副会長を務めるフランツ・ベッケンバウアーは、出場機会を与えられずに不満を露にしているアーセナルのドイツ代表GKイェンス・レーマンに対し、指揮官のアーセン・ベンゲル監督を敵に回すべきではないと語った。
●今夏、大きな期待とともにバルセロナにやってきたフランス代表FWティエリ・アンリ。リーガで3ゴール、チャンピオンズリーグで1ゴールの計4ゴール。これが今シーズン、アンリが11試合に出場し、記録したゴール数でゴールを決めたのは2試合のみにとどまっている。これは周囲の期待とはほど遠いゴール数であり、誰もが予想しなかったことだろう。
●25日夜に発表されたトッテナム・ホットスパーズのマーティン・ヨル監督の解任はイングランド国内で大きなニュースとなっている。さて、後任の最有力候補は以前から噂されている現セビリアのファンデ・ラモス監督だ。26日の英国各紙もファンデ・ラモスの就任とグスタボ・ポジェのコーチ就任の可能性を報じている。
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が25日、SKYのインタビューに応じ、国内リーグ戦の不調について話している。アンチェロッティ監督は「過去にこのような経験はないのだが、今のACミランは決定力不足だ。そしてまだその問題を解決できていない。昨日の試合(欧州CLグループリーグ第3節シャフタル・ドネツク戦、4-1勝利)は国内リーグ戦とは別の話だ。昨日はACミランらしさを発揮した素晴らしい試合だったが…」
●試合後フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督は「ムトゥのオフサイドは100%なかったが、我々フィオレンティーナは判定に抗議しないことをモットーとしているので、今回も抗議は行わない」とコメント
●インテルのMFパトリック・ビエィラの怪我の状態が25日、明らかとなった。精密検査の結果、ビエィラは右足の肉離れと診断された。復帰までには最低でも45日間を要すると見られている。
●11月4日のセリエA第11節ユベントス対インテルによる“イタリア・ダービー”に注目が集まっている。だが周囲の反応とは裏腹に、ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督はインテル戦の前のセリエA第9節アウエーでのナポリ戦(27日)、そしてセリエA第10節ホームでのエンポリ戦(31日)を忘れてはならないと強調した。
●今季開幕前にベンフィカからユベントス経由でパレルモに移籍したミッコリは「インテル相手にどう戦うかって?まだ分からない。ACミラン戦(9月26日セリエA第5節、2-1パレルモ勝利)ではACミランがシュートミスを何度も犯し、その後に我々にチャンスが回ってきた。苦しい時間をいかに乗り切るかが勝利への鍵となるだろう。」
2007/10/25UEFAサッカー情報
●CLグループCのレアル・マドリーはホームでオリンピアコスと戦い、4-2で快勝した。マドリーは今季好調のラウールが開始わずか2分に先制ゴールをゲット、その5分後に同点とされ、1-1で迎えた後半開始早々にはジュリオ・セーザルに逆転ゴールを許すが、ここから猛反撃。68分にロビーニョがヘディングで決めて同点とすると、83分にはまたもロビーニョ。これで逆転し、最後はロスタイムにバルボアがダメ押し点を決めた。マドリーは勝ち点を7に伸ばし、オリンピアコスに3ポイント差で首位に立った。
●アンリは、バルセロナが無得点で引き分けた24日のグラスゴー・レンジャーズ戦を振り返り、「フランス人としてひいき目に見ても、リヨンがここ(レンジャーズの本拠地アイブロックス・パーク)で大差で勝てる気がしない。レンジャーズはよく戦い、よく守る。彼らのクオリティーを認めないわけにはいかない。バルセロナとグループ首位に並ぶに値するものがある」とリヨンに対して悲観的な見方を示した。
●ワールドカップ南米予選で2戦2勝と好スタートを切ったアルゼンチンがブラジルとイタリアを抜いて、FIFA世界ランキングトップに浮上し、スペインは6位にランクアップした。
●ビセンテ・カルデロンでの大敗の後、フアンフランはサラゴサが抱える問題をずばり言い当てた。「チームには方向性がなく、選手達は何のためにプレーしているのか分かっていない。試合によって戦い方を変えてばかりいてはいけない。ある形でプレーすると決めたら、それをシーズンを通して続けていかなければいけないんだ。そろそろ1つの考え方を固め、それを形作っていく必要がある」。これらの言葉は、リーガ8試合を終え、UEFAカップで敗退したサラゴサがいまだに独自のプレースタイルを見つけられず、チームの基礎ができていないという現状を明らかにした。これまでビクトル・フェルナンデス監督は、常にはっきりとした哲学とサッカースタイルを自分のチームで示してきた監督である。しかし今季の彼は、贅沢なメンバーを揃えたにもかかわらず、いまだ期待されていたパフォーマンスを引き出すことができずにいる。
●8月14日に行われたビジャレアルとの親善試合で負傷したオサスナのイラン代表MFジャバド・ネクナムが、フィジカル面とメンタル面を取り戻し始めていると明かし、パンプローナに早く戻りたいとその思いを伝えている。ネクナムは現在、ドイツで右膝十字靭帯断裂の回復に務めているが、「フットボール選手としてのキャリアが終わったとまで考えた」とインタビューで語った彼の当時の気持ちがオサスナのウェブサイト上で伝えられた。
●サラゴサのビクトル・フェルナンデス監督がダレッサンドロを練習から追放した。火曜日の練習中にビクトル・フェルナンデス監督に文句をつけたダレッサンドロ。監督はダレッサンドロをすぐにチーム練習から引き離した。水曜日も通常通り練習に姿をみせたダレッサンドロをビクトル・フェルナンデス監督は、午後にフィジカルトレーニングと個別練習をするように命じた。さらに、ダレッサンドロはチームからの処分も受ける可能性があるという。
●ウルグアイの英雄エンツォ・フランチェスコリがアトレティコ・マドリーで活躍する同郷のディエゴ・フォルランについて「彼はクラブにたくさんの喜びを与えるだろう。すばらしい選手というだけではなく、我々ウルグアイ人の代表として活躍している」とEFE通信のインタビューに応えた。「マンチェスター・ユナイテッド、ビジャレアルと渡り歩き、大物としてA・マドリーへ移籍した。必ずサポーターを喜ばせる活躍をする」と期待を込めた‘王子’フランチェスコリ。
●ロビーニョの夜遊び好きは際限がない。今回はベルナベウの芝生をリオのディスコに変えてしまった。代表戦後の夜遊び問題によって台風の目となっていた彼は、シュスター監督の信頼に見事に応え、思いもよらない好結果を手にしかけていたオリンピアコスの壁を打ち破ってみせた。前半12分にトロシディスが退場となったオリンピアコスは、選手同士が助け合うことで好試合を演じ、あと少しでベルナベウを制圧できるところだった。
●4-2で勝利を収めたオリンピアコス戦の後、シュスター監督はロビーニョの一件に対する対応が正しかったこと、そして彼が見事なプレーで期待に応えてくれたことを強調した。「ロビーニョの一件に関して、彼の気持ちを引きつけ、また彼と共に勝利を手にするためには、正しい対応ができたと思っている。ロビーニョはR・マドリーの選手だ。我々は、彼が我々の期待に応えられるような状況を作る必要があった。そして彼は、見事なプレーでその期待に応えてくれた」。
●ニューカッスル・ユナイテッドのストライカー、オバフェミ・マーティンスが、セリエA復帰を検討していると噂が流れたが、本人がこれを否定した。
●フランス王者リヨンが、チェルシーFWディディエ・ドログバに興味を持っていることを認めた。
●24日に行われたCL第3節グループAの試合で、リヴァプールはアウェイでベジクタシュに1-2で敗れ、後がない状態になった。
●リヴァプールのベニーテス監督は試合後、「まずは次の試合のことを考える。次の試合で勝つことを。リヴァプールは勝ち点7でグループリーグを突破できると思う」1ゴールを決めながら敗れた主将のジェラードは「最悪の結果だ。この試合の前からすでに課題は大きかったが、これでますます大変になった」と悲観的だった。
●CLグループDではミランが2連勝中のシャフタールと対戦。4-1で快勝した。
●プレミアシップで低迷するボルトンは25日、空席となっていた監督の座に、ガリー・メグソン氏(48歳)が就任することになったと発表した。
●マンチェスター・シティのスベン・ゴラン・エリクソン監督が、1月の移籍マーケットにおける補強策についての構想を激白。「普通の選手を獲っても仕方がない」と語り、ワールドクラスの獲得に意欲を見せている。
●ベンゲル監督は「これまではすべてがアンリを中心に動いていた。彼はそれくらい偉大な存在だった。彼が退団したあと、プレーのシステムを根本的に変えねばならなかった。いまは各自が責任を分担している」と分析した。若手中心のチーム編成に関しては、「まずクラブの財政事情があった。必然的にまだ無名だが有望な若手を集めざるを得ないところがあった。しかしいまではそれが私のチーム作りの哲学になっている」と語っている。
●フランスの各メディアがこの試合のヒーローに挙げたのはマルセイユのGKマンダンダ。ゲレツ監督は「誰がヒーローというわけではない。チームプレーが結果に表れた」としているが、相手チームのフェレイラ監督は「我々には多くのチャンスがあった。引き分けという結果は不公平。しかしマルセイユのゴールキーパーは非常によかった」と22歳の若い守護神を称えている。
●インテルのFWエルナン・クレスポにとってアドリアーノ、クルス、イブラヒモビッチとのFW争いだけでは物足りないようだ。ジョゼ・モウリーニョ監督の電撃退団により歯車の狂ったチェルシーのコート・ジボワール人FWディディエ・ドログバを歓迎する意向をアピールした。
●欧州CLグループリーグ第3節が各地で行われた24日、ラツィオはアウエーでウェルダー・ブレーメンと対戦し、1-2の敗戦となった。試合後、ラツィオのデリオ・ロッシ監督はSKYのインタビューに対し「ラストパスが足りなかった。試合の内容もクオリティに欠けていた。しかし、フィジカル面に長けたウェルダー・ブレーメン相手に、一歩も引くことなく真剣勝負を挑んだ。今日は運に恵まれなかった」
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督はSKYのマイクに向かい「グループ内で優位に立つためにも、今日の勝利は重要だった。国内リーグ戦では敗戦が続くデリケートな状況だったが、選手達は気持ちを切り替えて結果を出してくれた。この勝利をきっかけに、今後の巻き返しに死力を尽くしていきたい」
●24日の欧州CLグループリーグ第3節ホームでのシャフタル・ドネツク戦をスタジアムで観戦した。怪我の状況についてロナウドは「「自分の復帰時期を断言することはできないが、リハビリは順調に進んでいる。コンディションが万全となり次第、試合に出場したい」
●リッピ氏は「ユベントスでは数々の栄光を手に入れた。しかし、“栄光”は優勝だけを意味する言葉ではない。例えばナポリの93-94シーズンで我々はUEFA出場権(国内リーグ戦6位)を手に入れた。当時のナポリはチームワークが抜群に良く素晴らしいチームだったが、クラブに資金がなく、ピッチ外で多くの問題を抱えていた。だからこそ、この年の結果は他チームでの優勝経験と同じくらい重要であったし、今も私の財産として残っている」と感慨深げに語った。
●ASローマの主将フランチェスコ・トッティが23日の欧州CLグループリーグ第3節、ホームでのスポルティング・リスボン戦で負傷し、途中交代を余儀なくされた。翌日行われた精密検査の結果、右足首の打撲であることが判明。幸い骨折にはいたらなかったが、血腫と激しい痛みが残っているとのこと。このため、28日のセリエA第9節、アウエーでのACミラン戦の出場は微妙な状況となった。
●ユベントスのジョバンニ・コボッリ・ジリ会長が25日、11月4日に行われるセリエA第11節ホームでのインテル戦への意気込みを語っている。名門対決による“イタリア・ダービー”を前にコボッリ・ジリ会長は「我々の夢はインテル戦で勝利を収めることだ。ブッフォンの述べた『もし22人対22人で戦うのであれば、我々に勝つチャンスはないだろう。だが、11人対11人ならば希望はある』という意見に私も同感だ。インテルを撃破することで、欧州CL出場権獲得という目標への道も開けるだろう」と語った。
2007/10/24UEFAサッカー情報
●23日、2ヶ月前に亡くなったアントニオ・プエルタの息子アイトール・プエルタ・ロルダン君がセビージャのソシオに登録された。今週日曜におよそ4000グラムの体重で生まれたアイトール君は、現在母親のマル・ロルダンさんと共にサグラド・コラソン病院に入院している。このソシオカードはクラブからのプレゼントだった。また父親の背番号16が入ったユニフォームは、将来彼が着られるようクラブに保存されている。
●スペイン2部のレアル・ソシエダが、クリス・コールマン監督を手放す気はないと断言した。プレミアシップのボルトンが、サミー・リー前監督の後任としてコールマン監督に興味を示している。
●グループEでは2勝同士のレンジャーズとバルセロナが対戦。シュート数1対11、ボール支配率34パーセント対66パーセントと、アウェイのバルサが優勢に進めながら、アイブロックスの声援に後押しされたレンジャーズがなんとか耐え凌ぎ、0-0で引き分けた。
●今年の夏、ハビエル・サビオラはプエンテ・アエレオに乗ってバルセロナから首都マドリーへと去っていった。バルサで出場機会に恵まれなかったと嘆き、チャンスを求めバルサの永遠のライバル、レアル・マドリーへと移籍した。では、サビオラは出場機会を得ることができたのだろうか?数字はウソをつかない。この2年でリーガでの開幕からの8試合を比較して見ても、それはハッキリしている。昨シーズン、バルサでは8試合で5試合に出場しており、レアル・マドリーでよりも1試合多い。状況は変わっていないということだ。
●23日のチャンピオンズリーグ、対グラスゴー・レンジャーズ戦に向けバルセロナの遠征メンバーは前日の22日にグラスゴーへと旅立ったが、予定より30分遅れでグラスゴーに到着していた。このパプニングの主役となったのは、エイドゥル・グジョンセン。なんと、パスポートを自宅に置き忘れてきたのだ。
●レアル・マドリーは、チェルシーのFWディディエ・ドログバの獲得を考えていないようだ、少なくとも今のところは。先週、ドログバが今シーズンの終わりにもチェルシー退団の意向を公にし、彼の代理人らもそう示唆した後、R・マドリーは代理人らとドログバのR・マドリー移籍への興味について話し合いを行った。
●負傷により戦列を離れているバルセロナのラファエル・マルケス、トゥーレ・ヤヤ、ジャンルカ・ザンブロッタの3選手が火曜日、リハビリメニューをこなすためラ・マシアで練習を行った。
●元バルセロナのMFで現在はバルサのBチーム監督を務めているペップ・グアルディオラは、イタリアでの現役時代に陽性を出したドーピング疑惑について、ブレシアの高等裁判所から無罪の判決を言い渡された。1審では執行猶予がついたものの懲役6ヶ月の判決を受けていたが、これで晴れて無実の身となった。グアルディオラはブレシアに所属していた2001年10月21日のピアツェンツァ戦と11月4日のラツィオ戦で行われたドーピング検査において、ナンドロロンの陽性反応を出した。
●レアル・マドリーは、ブラジル代表の試合後チーム合流に遅刻したロビーニョとバチスタについて調査を開始した。22日に会合を開いたR・マドリー幹部は、この調査の結果次第で両選手へ罰金などの処罰を予定している。
●バルサのライカールト監督は、チャンピオンズリーグ、対G・レンジャーズ戦を終えて「ワンゴールで試合の流れはもっと変わっていたと思う。残念なのはゴールを奪えなかった事。試合内容は褒められたものではないが、やるべき事はやった。次のステップへの自信となる」と認めた。
●レンジャーズは23日のCLで、ホームにバルセロナを迎えるが、ウォルター・スミス監督は「自分たちを信じれば」番狂わせも可能だと話した。
●23日、CLグループリーグ第3節が行われ、グループGのインテルはアウェイでCSKAモスクワと対戦。2-1と逆転勝ちした。インテルはこれで勝ち点6とし、グループ首位に躍り出た。なお、この試合でインテルのフィーゴがCL通算100試合出場を達成、史上6人目のプレーヤーとなった。
●グループを勝ち抜くためにあとのないシュトゥットガルトとリヨンの一戦は、アウェイのリヨンが奮闘し、56分にファビオ・サントス、79分にはベンゼマがゴールネットを揺らし、2-0で快勝した。
●23日に行われたCL第3節のグループFの試合で、ここまで2連勝のマンチェスター・ユナイテッドはアウェイでディナモ・キエフと対戦。マンUが4-2で3連勝とし、ディナモ・キエフは逆に3連敗となった。
●ローマがホームでスポルティングと対戦し、1-1で迎えた70分に、負傷のトッティに代わって35分から途中出場していたヴィチニッチが決勝点を決めて、2-1で勝利。これで勝ち点を6に伸ばしてマンUに次ぐ2位。スポルティングは勝ち点3で3位。
●23日に行われたCL第3節のグループHの試合で、アーセナルがスラヴィア・プラハを7ー0と粉砕。CLの15年の歴史のなかで最も魅力的な攻撃サッカーを披露し、2003年にユヴェントスがオリンピアコスを下した際の大会最大得点差記録と並んだ。
●CLのスラヴィア・プラハ戦で大量7得点を挙げ3連勝したアーセナル。22日に58歳の誕生日を迎えたヴェンゲル監督は試合後、次のように振り返った。「完璧なチームプレーだった。だが、我々はまだ若い。まだまだよくなる。このまま地に足をつけて戦っていければ、成長の余地はたくさんある。今日は素晴らしいプレーを目撃したが、全員がさらによくなるよ」「どうやって地に足をつけていくかって? わずか2カ月前、私は補強をしないなんて頭がおかしいと言われたし、順位予想でも上位7チームにも入らなかったんだ。それが今はどうたい?2カ月前には今季のアーセナルは15位と順位予想をした人たちが、今はチャンピオンズリーグに優勝できると言ってるんだからね。そんなことで舞い上がりはしないよ。我々は常に現実を見据え、次の試合のために準備をして、最善を尽くす。それだけだ」
●23日に行われたCLの試合でバルセロナとゴールレスドローを演じ、グループリーグ突破へ大きく前進したレンジャーズ。ウォルター・スミス監督は試合後、勝ち点1ゲットに大喜びだった。「試合前から守りまくらなければいけないのはわかっていたから、選手全員にやるべきことは伝えてあった。もちろん結果が出てうれしいよ。守備の面から言えば、レベルの高いチーム相手に90分間非常によくやった」「サッカーの試合ではたいてい、1、2度はチャンスがあるものだが、今回は決定的チャンスはほとんどなかったね。そうは言っても、バルセロナにもチャンスはなかったしね。あれだけポゼッションされていたのを考えれば喜ばしいことだよ」
●アーセナルのGKイェンス・レーマンが不満を爆発させている。現在、スペイン人のマヌエル・アルムニアに正GKの座を譲っているレーマンは、指揮官のアーセン・ベンゲルに対し、「このまま出場機会が与えられない状態が続けば黙っていない」とコメント。指揮官への脅迫ともとれる発言は、今後物議を醸すことになりそうだ。
●インテルのマッシモ・モラッティ会長が22日、ロベルト・マンチーニ監督とブラジル人FWアドリアーノの確執説の払拭に動いた。「話を作ったり、誇張したりするのは止めて欲しい」と一喝。マスコミによる過剰報道に不快感をあらわにした。
●ユベントスのアレッシオ・セッコGMが23日にロンドン入りし、チェルシーのMFフランク・ランパードの所属事務所とコンタクトを取ることが明らかとなった。今夏の移籍市場の際にもセッコGMはランパードの代理人とコンタクトを取っていたが、当時はモウリーニョ監督がチェルシーを指揮しており、またユベントスもデシャン監督からラニエリ監督への交代直後だった為に、ランパードのユベントス移籍は実現されなかった。しかしモウリーニョ監督が辞任し、ランパードも監督の辞任にショックを受けている点。ユベントスが開幕ダッシュに成功し、来季の欧州CL出場権の獲得が現実味を帯びている点から、ランパードが来季ユベントスに移籍する可能性が出てきている。
●セリエA第8節の処分が発表された。試合後のビデオ判定により、サンプドリアのウーゴ・アルマンド・カンパニョーロに「3試合の出場停止処分」が下されている。またネドベド(ユベントス)、ナターリ(トリノ)に「2試合の出場停止処分」が下された。フィルマーニ(ラツィオ)、ザウリ(ラツィオ)、ルカレッリ(ジェノア)、そしてユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督にそれぞれ「1試合の出場停止処分」が下されている。
●インテルのロベルト・マンチーニ監督は試合後「とても重要で十分に値する勝利だ。彼らにゴールを許したが、ゲームを支配し、追加点を奪うことが出来たのは我々だけだった。まだ決勝トーナメント進出確定ではないが、今夜は本当に重要な3ポイントを獲得した。これでG組は次節にも勝ち抜けが決まる状況になるだろう。もちろん次のホームで決める!!」
●スパレッティ監督は「ASローマは熱狂溢れるゲームを展開しているので、まだまだ不安な面も見受けられるだろう。だが、最終的にはASローマが勝利を収めると確信していたよ。まだまだ決勝トーナメント進出が決まったわけではないが、この3ポイントで少しは前進したと言える。次のアウエーでのスポルティング・リスボン戦が最も重要となるだろう」
●1-1で迎えた終了間際にASローマに貴重な勝ち点3をもたらすゴールを決めたFWミルコ・ブチニッチが喜びを爆発させた。「このゴールは今の自分にとって本当に意義があるゴールだ。ブルーノ・コンティ(テクニカル・ディレクター)と抱き合ったのは、彼が試合前に『今日はお前が解き放たれる時だ!』とゴール予言をしてくれたからね。自分もハーフタイム中に『決められる気がする』と言い返しておいたよ」
2007/10/23UEFAサッカー情報
●トゥーレ・ヤヤも、デコも、マルケスもいない。皆負傷中だ。チャンピオンズリーグ第3戦、クラスゴー・レンジャーズ戦を23日に控えるバルセロナだが、中盤の選手が不足と台所事情は厳しい。ライカールト監督は、FWエイドゥル・グジョンセンを中盤のラインでスタメン起用することで、この状況を乗り越えようとしている。
●不遇の天才にユベントスが強く興味を抱いている模様だ。一説には、ユベントスですでに居場所を失っているチアゴとの交換トレードの可能性があるとのこと。リケルメ自身はイタリアでのプレーに前向きと伝えられており、ビジャレアルとしても金銭面の恩恵があれば、1月の移籍マーケットで放出するのは間違いない。
●ビジャレアルのロベール・ピレスは、20日に行われたバルセロナ戦が昨シーズン、スペインにやって来て以来のベスト試合だったと明かした。「ビジャレアルでの僕のベスト試合だったと思う。僕の好きなリズムだったし、試合開始からみんな集中し、プレーしていた。僕のベスト試合だったし、ビジャレアルでの記憶に残る試合だったと思うよ」。
●20日のエスパニョール戦でR・マドリーの選手として初のリーガ出場を飾ったFWロベルト・ソルダードは、22日練習後に記者会見を行い「デビューできたのはとても嬉しいが、自分の持っている可能性をもっと見せたい」と喜びと意欲を表した。
●21日のホームのサラゴサ戦で4対0と快勝したアトレティコ・マドリー。FWのシモンは同試合を振り返り「僕達は抜群のプレーを見せる事ができ、最高の試合になった」と満足げに語った。アトレティコはこれでリーガとUEFA杯で今季ホームにて6勝1分けと無敗を貫いている。
●セビージャの右SBダニエウ・アウベスは、ホームゲームでプエルタに対する追悼の意を示すやり方について「プエルタは僕の心の中でいつまでも生き続けている。誰かからそれを思い出させてもらう必要はない」という考えを示した。セビージャのサンチェス・ピスフアンスタジアムで戦う相手チームは花束を捧げ、観衆は試合開始16分(プエルタの背番号は16だったため)に黙祷するなどしているがアウベスはそのやり方に疑問を示している。
●レアル・マドリーのDFファビオ・カンナバーロとMFのディアラは、24日に行われるチャンピオンズリーグ、対オリンピアコス戦に欠場する疑いが出てきた。ディアラは右膝に重度の損傷を負っており、カンナバーロも同じく膝だが、左膝を捻挫している。両方とも膝を痛めたが、診断結果はまったく違うものとなるだろう。
●先週末のマージーサイド・ダービーを2-1で制したリヴァプールのFWディルク・カイトが、フィル・ネヴィルへのタックルで、自分が退場させられてもおかしくなかったと認めた。
●アイルランド代表のスティーヴ・ストーントン監督が、EURO2008出場を逃した責任を取って辞任することがほぼ確実となった。
●ミランのカルロ・アンチェロッティ監督が、チェルシーFWディディエ・ドログバを気に入っていると明かした。ドログバがフランス・フットボール誌で移籍願望を口にしたことを知ったアンチェロッティ監督は、「ドログバは世界で最も素晴らしいアタッカーの一人だ」とドログバの大ファンであることを告白したものの
●先週末のマージーサイドダービーで主審を務め、いくつかの重要な判断について批判を受けているマーク・クラッテンバーグ審判員が、今週末のプレミアリーグの試合の主審から外されたことがわかった。
●ラツィオのイタリア代表MFステファノ・マウリが日曜日のリヴォルノ戦で左太ももを負傷して、1カ月ほど戦列を離れることになった。
●先週末のマージーサイドダービーで残り20分に交代させられたリヴァプール主将のジェラードは試合後、地元紙に交代について不満をもらしていた。しかし、ベニーテス監督はクラブの公式サイトで、ジェラードとはわだかまりはないと話した。「監督だったら、考えるだけではなく、決断を下さなければならない。試合に勝つためにはどうしたらいいか考えなければならない。試合に勝とうというときは、どの選手も私にとっては同等だ。ジェラードは、特にダービーマッチということもあって失望していたから、彼とは話をした。彼は決勝点を決めたがっていた。だが、もうだいじょうぶだ。時間が経てば、彼も私がチームによかれと思ってやったことだと理解してくれるだろう」
●22日に行われたプレミアシップの試合で、ニューカッスルがホームでトッテナムを3-1で下し、4連勝を飾った。
●「これが現状のミランだ。醜態だ。ひどいプレーだった」指揮官アンチェロッティは試合後言い訳をしなかった。日曜に行われたセリエA第8節エンポリ戦の敗戦は“ミラン危機”の声を一層かまびすしいものにした。11位という信じられない体たらくは、Bに降格してしまった1981-82年シーズン以来の惨状だ。
●リーグ・アン第10節を終えた時点で2勝3敗5引き分けと14位に甘んじているパリ・サンジェルマン(PSG)。2連敗中で迎えた20日の第11節バランシエンヌ戦に、ル・グエン監督が選手起用で奇策を用いた。パウレタ(元ポルトガル代表)、リュインデュラ(元フランス代表)、メンディ、アルマン、フロといったレギュラークラスをベンチに置き、スタメンにママドゥ・サコ(DF、17歳)、ユヌース・サンカレ(MF、18歳)、ロリス・アルノー(MF、20歳)、グランディ・エンゴイ(MF、19歳)、ダビッド・エンゴグ(FW、18歳)といった若手を起用した。いずれもPSG育ちで、今季リーグ・アンにデビューしたばかりの選手たちだ。さらに驚きだったのが、これがリーグ・アン初試合・初先発となるサコがキャプテンに指名されたこと。
●20日に行なわれたプレミアリーグのエバートン戦で、71分に交代を告げられたリバプールのMFスティーブン・ジェラードがその胸中を告白。リバプールで生まれ育ったジェラードは、エバートンとのダービーマッチに2-1で勝利した瞬間をピッチ上で迎えられなかったことについて、「とても傷ついた」と語っている。
●イタリアの某有力紙は、ファビオ・カペッロ前レアル・マドリー監督がロシアのCSKAモスクワからのオファーを受けたことを報道した。カペッロ本人はこの件についてコメントを避けているが、イタリア国内ではたとえ多額の年俸提示であっても彼がこのオファーを受けることはないだろうという意見が多い。
●セリエA第8節を終了した時点で2分け6敗で勝点2。早々とオルシ前監督を解任し、カモレーゼ監督に舵取りを任せたものの悪い流れは断ち切れず、単独最下位という状況が続いている。スピネッリ会長のご機嫌はすこぶる悪く、チームに緊急合宿を指示。「状態が上向きになるまで何度でもやってもらう」と語っている。
●セリエA第8節が行われた21日、リボルノはホームでラツィオと対戦した。後半10分ラツィオFWパンデフのゴールで先制されたリボルノに対し、リボルノ・サポーターの怒りは爆発。怒りの矛先はリボルノのアルド・スピネッリ会長に向いた。「スピネッリ、我々をセリエC1に連れていってくれ!」「偉大なスピネッリ。3年間全く金を使わない偉大な会長だ!」「ありがとうスピネッリ!」と皮肉を込めた合唱で、一斉批判を行った。
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が22日、翌日に迫った欧州CLグループリーグ第3節ホームでのスポルティング・リスボン戦に向けた召集メンバーを発表した。
●UEFAは22日、ACミランのGKヂダの「欧州CL2試合出場停止処分を1試合に軽減」することを明らかにした。グラスゴーでの欧州CLグループリーグ第2節、セルティック戦でのACミランGKネルソン・ヂダのシミュレーション行為について、ACミランの異議申し立てを部分的に受け入れた形となった。
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が欧州CLグループリーグF組のスポルティング・リスボンとの2連戦(10月23日、11月7日)に挑む意気込みを語った。スパレッティ監督は「スポルティング・リスボンとの2連戦は欧州CL決勝トーナメント進出が懸かった大一番となるので、死力を尽くす。第1戦がホームとなり、我々の方が若干有利だが…。いずれのチームの選手もカルチョへの愛情は強く、アウエーであっても動じることなく実力を発揮するだろうが…。この数試合で、ASローマに正確さを欠いたプレーが見られることは否定できないが、ミスを連発しているわけではない。若干の軌道修正をすれば、本来の力を取り戻すと確信している」
●ACミランのDFヤンクロフスキーが24日の欧州CLグループリーグ第3節、ホームでのシャフタル・ドネツク戦に出場出来ない可能性が高まっている。ヤンクロフスキーの状態について、ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長は「膝に磁器治療施し、回復状況を見守っている。筋を痛めていなければ良いのだが…。ヤンクロフスキーはエンポリ戦(21日のセリエA第8節、0-1敗戦)で負傷してしまった」
●インテルのロベルト・マンチーニ監督が23日の欧州CLグループリーグ第3節、アウエーでのCSKAモスクワ戦について語った。「イブラヒモビッチとスタンコビッチは快方に向かっているので、ギリギリまで出場できるかどうかを見守りたい。マイコン、キブ、スアゾ、ブルディッソが出場停止で厳しい状況だが、彼らなしでも戦えると信じている」と
●元ブラジル代表で、現在バスコ・ダ・ガマに所属するロマーリオがこの水曜日、コパ・スダメリカーナ、対アメリカ・デ・メヒコ戦で監督を務めることになった。選手としてプレーし続ける41歳のベテランFWは、ピッチの中から指揮を執ることになる。ここ10試合ですでに7敗目を喫したバスコ・ダ・ガマは、成績不振を理由にロス監督を解任した。
2007/10/22UEFAサッカー情報
●厳しい状況に置かれているリケルメの獲得を“夢”見ているのが、2007年の“コパ・ド・ブラジル”チャンピオンとして、2008年のコパ・リベルタドーレス出場権を獲得したブラジルのフルミネンセだ。
●バルセロナをホームに迎えたビジャレアルは全てにおいてバルサを圧倒し、3-1で勝利を飾った。キックオフ直後にカソルラが先制し、残りの2点はPK。一方のバルサはロナウジーニョの代役としてスタメンとなったボージャンがバルサの史上最年少記録となるゴールを決めるに留まった。この試合で明らかになったのは、まずビジャレアルの好調ぶりだ。前節オサスナに破れたとはいえ、バルサを圧倒した彼らは間違いなく最後まで上位争いに食い込むだろう。一方、バルサは首位に追走するためにこの試合は勝つしかなかった。
●20日に行われたビジャレアル戦で負傷し、途中でベンチに下がったバルセロナのMFデコが検査の結果、左足内転筋の裂傷と診断され、5週間の戦線離脱となることがわかった。
●バルサの左SBアビダルは、ビジャレアルに敗れた(3-1)理由について「選手の疲れ、ハードスケジュール」を挙げたが、それは言い訳にはならないと認めた。ビジャレアル戦でキーポイントとなったのはビジャレアルの先制点と追加点となったPKだという。アビダルはピレスを倒しPKを取られたがメフト・ゴンサレス主審の判定は「間違っていた」と語った。国際Aマッチで代表選手が抜け、しっかり準備ができなかったという理由以外に違った戦術で試合に臨めたのではないかという考えを示し「こういう状況では前に急がずに、ゲームをコントロールして、後を固めて速攻狙いというやり方もあったと思う」と語った。また、後半ライカールト監督は逆転狙いの3-4-3にシステムを変更したが、これも慣れた布陣ではないことを明かした。
●リーガ第8節ビジャレアル戦でバルサの唯一のゴールを決めたボージャン。このゴールがメッシの持つバルサ最年少ゴールの記録を抜いた。前半25分、バルサは2-0とビジャレアルにリードされていたが、メッシのパスを受けたボージャンは落ち着いてゴール左隅に流し込んだ。1990年8月28日生まれのボージャン。17歳1ヶ月20日で決めたこのゴールが、2004-2005シーズンに17歳10ヶ月7日でゴールを決めたメッシのバルサ歴代最年少ゴール記録を塗り替えた。バルサ史上3番目に若いトップデビューを飾っていたボージャン。リーガ史上の最年少ゴール記録でもシスコ(ビジャレアル、16歳11ヶ月18日)、メナ(1941年、バレンシア、17歳1ヶ月6日)に次ぐ史上三位となった。
●レアル・マドリーがエスパニョルのリエラに興味を持っていると、22日付けの『アス』紙が報じた。20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第8節のエスパニョル対レアル・マドリーの試合当日、両クラブ首脳陣による昼食会で、レアル側からリエラの契約内容についての質問が出たという。
●バレンシアがアヤックスの左サイドバック、エマヌエルソンを補強候補にリストアップしている。22日の『スーペル・デポルテ』紙が大きく報じたもので、既に獲得に名乗りを挙げているローマと獲得競争を行う可能性も出てきている。
●チェルシーを退団したジョゼ・モウリーニョ前監督が、イングランド代表監督就任には興味がないと英国のメディアに語った。
●ミランのガッリアーニ副会長が、今年のバロンドールはカカが受賞すべきだと話した。「これまでの功績や現状を見れば、彼が受賞することに疑いはない。彼に勝る選手はほかに見あたらないからね。CLに優勝し、大会の得点王になった。あらゆる面で最高のプレーヤーだよ。もし彼が受賞しなかったら、サッカーの観点から言えば世も末だね」とコメントした。
●21日にプレミアシップの1試合が行われ、ウェストハムがホームでサンダーランドを3-1で下し、連敗を3でストップした。
●21日に行われたブンデスリーガの試合で、今季台風の目となっている昇格組のカールスルーエがホームでビーレフェルトと対戦、序盤の好機を逸したこともあって0-0で引き分け、2位再浮上のチャンスを逃した。また、4位まで浮上する可能性のあったハノーファー96も、ヴォルフスブルクと2-2で引き分けている。
●21日に行われたMLSのレギュラーシーズン最終戦で、LAギャラクシーは0-1でシカゴ・ファイアに敗れた。デイヴィッド・ベッカムは後半途中から出場し33分間プレーしたが、FKのチャンスにもネットを揺らすことはできず、ロスタイムに元マンチェスター・ユナイテッドの練習生だったジョン・トリントンのゴールが決まって、シカゴ・ファイアが勝利した。
●EUに属する各国1部、計27リーグで今季プレーしているブラジル人選手の数は、何と493人にも上る。2005年には史上最高857人もの同国選手が移籍の対象となり、1億5900万ドルがカナリアの国にもたらされたとされている。
●20日のセリエA第8節アウエーでのレッジーナ戦で、インテルFWアドリアーノがゴールを決め1-0の勝利に貢献した。試合後アドリアーノは後半11分、サネッティと交代しベンチに下がる際にマンチーニ監督と握手を交わさなかった理由を説明した。アドリアーノは「途中交代を喜んでする選手はいない。チームに貢献したいという強い思いがあった。交代を言い渡された時はむかついていたが、もう落ち着いているので、何の問題もない。監督に決定権があり、自分はそれに従わなければならない。でも本心は試合から1ヵ月遠ざかっていたので、試合終了までプレーを続けていたかった。監督と握手しなかったことは申し訳なく思っている。誰とも揉めるつもりはない…」
●セリエA第8節が各地で行われ21日、ACミランはホームでエンポリと対戦した。試合開始前、ACミランのGKネルソン・ヂダは観客席のサポーターに対し、3日の欧州CLアウエーでのセルティック戦の「自身のシミュレーション行為」を詫びた。ヂダはグラウンドを一周し、セクターごとに立ち止まり、頭を下げた。サポーターからは拍手が起こり、ヂダの謝罪する姿勢を評価した。
●インテルのロベルト・マンチーニ監督が23日の欧州CL第グループリーグ第3節アウエーでのCSKA・モスクア戦の召集メンバー20名を発表した。
●セリエA第8節2試合が行われた20日、インテルはアウエーでレッジーナと対戦し1-0と辛勝した。インテルはこの日の勝利で2位ASローマとの差を「5」に広げた。試合後インテルのロベルト・マンチーニ監督は「今日の勝利でインテルがリーグ戦2連覇を決定付けた?そうなれば良いが、シーズンは長く確信はまだできない」「アドリアーノも熱くなっていたんだろう。彼の行為を許す。しかし、私は常にチームの状況を考えて采配をとっている。中盤が苦戦していたし、アドリアーノのフィジカルも万全ではなかったので、交代を決定した」
2007/10/21UEFAサッカー情報
●スペインリーグ第8節は、CL出場組が20日に試合を行い、レアル・マドリーとバルセロナが共に今季初黒星を喫した。また、バレンシアはデポルティーボと対戦、ホアキン、バラハ、モリエンテスの2ゴールで4-2の勝利。セビージャはレバンテと対戦し、ファビアーノのゴールで2-0とし、リーグ戦5試合ぶりの勝利を飾った。
●8月11日以来、レアル・マドリーの若きDF、セルヒオ・ラモスは休むことなくマラソン選手のように走り続けている。20日行われたアウェイでのエスパニョール戦(レアル・マドリーは2-1で敗戦)にも出場したセルヒオ・ラモスは今シーズン、リーガ8試合、チャンピオンズリーグ2試合、スペイン・スーパーカップ2戦の12試合、そしてスペイン代表戦の4試合にも出場。16試合連続出場し、今シーズン序盤からフル回転で働いているといったところだ。
●R・マドリーのシュスター監督は19日、ブラジル代表の試合後に明け方までパーティーを行っていたと報じられたロビーニョに対し、「本人の説明を待っている」とメッセージを送った。同時に各国サッカー協会に対しても、代表戦後の帰国スケジュールを「真剣に」考えるよう要求した。
●土曜のR・マドリー戦に向けて発表されたエスパニョールの招集メンバーの中に、6月9日以来プレーしていなかったイバン・デ・ラ・ペーニャが復帰を果たした。昨季の37節バルセロナ戦でプレーした後に右足内転筋を負傷した彼は、15日ほどの離脱を強いられ最終節デポルティーボ戦を欠場していた。
●“オンダ・マドリー”が伝えたところによると、アトレティコ・マドリーはU-17ワールドカップに出場していた複数のアフリカ人選手の獲得を検討しているとのことだ。アトレティコの下部組織からU-17スペイン代表として4人の選手(デ・ヘア、ピチュ、カマーチョ、セルヒオ・ロドリゲス)が参加していたこともあり、同大会にスカウトマンを送り込み、他国の代表選手も熱心に視察し、情報を集めていた。
●ブラジル代表の試合が終わったものの、スペインに遅れて到着したレアル・マドリーのロビーニョとバチスタは、クラブにこの遅刻の原因を説明するように指示を受けている。練習場に現れシュスター監督の怒りを目の当たりにしたスポーツ・ディレクターのミヤトビッチ氏は、この二人を呼び出すことに決めたようだ。エスパニョール戦の招集リストから外れた二人は、クラブに対して説明する予定。この遅刻により、チームの構想が狂ったと考えたクラブは、まず20日も休みを与えることなく二人に練習を指示している。さらに二人の説明が納得できるものではない場合、内部規律にのっとって罰金を課す可能性もある。そしてR・マドリーは今後、代表選手の行動にさらに目を光らせることを決意。代表戦の際には私用機で移動させるか、選手の行動を見張るためにクラブの人間を帯同させるつもりだ。
●アトレティコ・マドリーのMFホセ・アントニオ・レジェスが土曜日午前の非公開練習で打撲し、左足首に重度1~2の捻挫を負い、サラゴサ戦の招集メンバーから外れた。
●マジョルカのFWダニ・グイサはレクレアティーボファンの罵声とともに姿を現した。この罵声は、彼をナーバスにするものではなく、自分のモチベーションになるものだと語った。
●20日に行われたブンデスリーガ第10節の試合で、ハンブルガーSVのオリッチがハットトリックを決めるなどの活躍で、ディフェンディング・チャンピオンのシュトゥットガルトを4-1で粉砕、勝ち点を20に伸ばして3位に浮上した。
●20日に行われたプレミアシップで注目のマージーサイドダービーが行われ、リヴァプールが2-1で逆転勝利を手にした。
●20日のプレミアシップの試合で、アーセナルは監督不在のボルトンを2-0で下し、リーグ戦7連勝を飾った。
●20日、リーグアン第11節が行われ、首位リヨンが快勝した。モナコをホームに迎えての一戦は、12分にジュニーニョのPKで先制。その6分後にレヴェイエールのゴールでリードを2点に広げると、前半のうちに1点を返されたものの、後半立ち上がりのベンゼマのゴールで3-1と勝利した。
●20日のアストン・ビラ戦に4-1で快勝したマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は試合後、「今シーズン最高の試合」と逆転勝利を収めた選手たちに称賛の言葉を送った。
●ロンドンを本拠地とするイングランド2部(チャンピオンシップ)のクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)の新監督に、昨シーズンまでパレルモの監督を務めたフランチェスコ・グイドリンが就任することが確実となった。
●パレルモのブラジル人FWアマウリがSKYの取材に応じ、自身の将来について語った。シーズン終了後の去就が注目されるアマウリは「将来的にどこでプレーするか?自分でも分からない。パレルモか?他チームか?本当に先のことは何も分からないんだ。神だけが知っている…。」
●ジェノアのジャンピエロ・ガスペリーニ監督が21日のセリエA第8節アウエーのユベントス戦への意気込みを語っている。ガスペリーニ監督は「厳しい試合になるだろうが、だからこそモチベーションが上がる。テクニック面ではユーベの方が上だが、我々もコンディションを上げているので、ユーベ相手に善戦することを約束する。」
●今夏オリンピック・リヨンからユベントスに移籍したポルトガル人FWチアゴが、母国ポルトガル紙で、出場機会に恵まれないことでユベントスのラニエリ監督を批判し、移籍を希望する発言をした。この発言を受け、ユベントスのセッコGMがチアゴの発言に対し遺憾の意を表している。セッコGMは「監督の方針に不満があるというのであれば、チアゴに対しそれなりの処分を下さなければならない。彼の発言は残念でならない。何故なら、チアゴの才能はユベントスに必要で、クラブ内に彼の実力を疑うものはいない。」
●ACミランのDFカフーが目前に迫った21日のセリエA第8節ホームのエンポリ戦と24日の欧州CLグループリーグ第3節ホームのシャクタル・ドネツク戦について語った。カフーは「重要な試合が続くが、臆することなく、我々自身に自信を持って挑まなければならない。また、重要な試合だからこそ焦らずに落ち着くことが大切だ」とチームに呼びかけている。
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が21日のセリエA第8節ホームでのエンポリ戦について語った。エンポリの特長についてアンチェロッティ監督は「若手中心で構成されたチームがセリエAで成功することは容易ではないが、エンポリは興味をそそられる若手選手が多い良いチームだ。エンポリはパレルモを下し(3-1)、また日々成長している。エンポリとの一戦にACミランの今季の運命が懸かっていると言っても過言ではない」と気合十分にコメントした。
●インテルのMFオリビエ・ダクールがSKYの取材に応じ、インテルに対する報道のあり方に苦言を呈した。ダクールは「インテルが今季スタートダッシュにつまずいた途端、『インテルに何が起こったのか?』と過剰な報道に走る。我々にミスは許されないのか?シーズン開始直後に何らかの問題を抱えることは珍しくはない。我々は練習を重ね、徐々にコンディションを上げていくんだ」と厳しい表情で語った。
2007/10/20uefaサッカー情報
●スペインリーグがEU枠外選手に関するルールを変更したのに伴い、セビージャは元ウルグアイ代表FWエルネスト・チェバントンをメンバーに加えたと18日に発表した。背番号は19。現在、スペインのトップリーグではEU外選手の登録は3名となっているが、スペインサッカー連盟が今月初め、アフリカ人の選手をEU枠内選手にすると認めたため、他の外国籍の選手に登録の道が開かれたもの。チェバントンは、セビージャが8月31日にコートジボワール代表のアルーナ・コネをPSVから獲得したため、メンバーから外されていた。
●スペインのメディアが、レアル・マドリーの提示した高額オファーに目がくらんだバレンシアFWダビド・ビージャが、クラブを出たがっていると報じたが、本人は“金に興味はない”と噂をきっぱり否定した。「どこか他のクラブへ行こうとかは考えていない。自分が毎年損をしているのは知っている。僕を欲しがるクラブは、今より高い給料を支払うだろうからね。でも、そういった話には興味がない。大事なのはお金じゃない。バレンシアでタイトルを勝ち取ること、そして最高のコンディションでプレーすることが自分にとって一番大事。それに、今のチームメイトと一緒にいるのが楽しいからね」
●バルセロナは19日、ロナウジーニョがブラジルから戻るのが遅れ、練習に参加できなかったため、土曜日のビジャレアル戦のメンバーからはずれたと発表した。
●移籍シーズンの時期になると何かと話題を振りまくアトレティコ・マドリーが来シーズンに向けてのチーム構想に早くも着手し始めている。アトレティコが注目する選手、アルゼンチン期待の若手、アンデルレヒト所属のMFルーカス・ビグリアがその一人だ。身長178センチ、体重72キロ、22歳のビグリアは、アルヘンティノスの下部組織で育ち、2005年にはインデペンディエンテに移籍。若いながらもチームの大黒柱として期待された逸材だ。スピードはないが、素晴らしいテクニック、プレー判断の確かさを持つ同選手。2005年U-20ワールドカップでもバルセロナのレオ・メッシ、アトレティコのセルヒオ・アグエロらとともに優勝を果たしている。
●バルセロナのロナウジーニョが20日にエル・マドリガルで行われるビジャレアル戦の招集メンバーから外れた。2位バルサと3位ビジャレアルの勝ち点差はたった2ポイント。この一戦に向けライカールト監督は3トップに誰を起用するのか?に注目が集まる中、バルサファンの多くはボージャンがスタメンでプレーすることを待ち望んでいる。
●レアル・マドリーは昨シーズン、チェルシーが用意した額と同額、つまり6000万ユーロ(約99億円)でバレンシアのスペイン代表FWダビ・ビージャにオファーをしようとしているようだ。
●ビジャレアルのMFリオ・マブバは、これからも自身の置かれている状況が変わらないようなら、冬の移籍マーケットに向け自身の将来についてクラブと検討する必要があると心境を明らかにした。フランス代表マブバは今年の夏にボルドーから移籍したが、未だリーガデビューを果たしていない。
●R・マドリーは来季の補強選手として、既にラシン・サンタンデールのエスキエル・ガライをナンバーワン候補として挙げている。これを受けガライは「R・マドリーのような由緒あるクラブに注目されとても光栄だ。でもこれに浮かれず、一歩一歩前進して行きたい。まだ若いし焦る必要はない」「フリーキックを蹴れるセンターバックというのは、他の守備の選手とは一味違い、それがビッグクラブの目を惹く事になったんだろう。それにカンナバーロは世界トップクラスのセンターバック。常に尊敬し目指して来た選手だ」
●20日にバルサをホームに迎えるビジャレアルのロベール・ピレスは、同じフランス人で以前アーセナルで6年間共に戦ったアンリについて「全員が彼のバルサでの活躍を心待ちにしていたので、最近彼が本来の姿を見せつつあるのはとても嬉しい。慣れるのに時間がかかったかも知れないが、徐々にチームにもスペインにも慣れリズムを取り戻して来た。昨日はフランス代表試合で2得点を入れる等の活躍を見せている。彼のような選手が波に乗る事ほど怖い事はない。彼のプレーの質とスピードがあればスペインでも成功すると信じていた。彼のゴールはこれからもとどまる事はないだろう」「アンリだけが怖い存在ではない。全選手を警戒しなくてはならない。現在はメッシという飛びぬけた実力を持つ選手が、バルサだけでなく代表チームでも抜群のプレーを見せている。彼らを止める事は難しいとは思うが、移動が少しでも負担になってくれる事を祈る」
●レアル・マドリーのオランダ代表MFアリエン・ロッベンが左大腿二頭筋に重度2の肉離れで1ヶ月半の戦線離脱となるようだ。ロッベンは、2-0で勝利したユーロ2008予選、対スロベニア戦で負傷。
●バルセロナのデコは「サッカー選手にも夜間外出する権利はある」と考えており、このような議論が試合に負けた時だけ生じることに不満をこぼした。「僕達は若いし、どこでへでも外出する権利がある。朝9時からの仕事があるとして、時間通りに到着してちゃんと働くのであれば、それは悪いプロフェッショナルじゃない。日曜日に試合がある時、水曜日の夜に出かけたって問題はない」。
●U-20ワールドカップで素晴らしい活躍を見せた後、“クン”アグエロは少しずつココ・バシーレ代表監督のプランに入りはじめた。カナダにてMVPと得点王に輝いた彼の活躍は、好スタートを切ったアトレティコでのプレーと相まって、フル代表への道を開いたのだ。2回連続で代表に招集されたアグエロは、常にバシーレ監督の構想に入っているように思われている。だが、それが本当ではない方が彼にとってもアトレティコにとっても良いことなのかもしれない。なぜならアルゼンチン代表は、アトレティコをからかっているようにしか見えないからだ。31352kmの旅の末に16分間のプレーしかなかったのだから・・・
●エスパニョールのキャプテンであるラウル・タムードは、土曜に対戦するR・マドリーについて「いつでも点を取れる相手なだけに注意が必要」としながら、この試合が「上位につけたまま眠ることができる」チャンスであることを強調した。
●サラゴサのFWオリベイラは、ディエゴ・ミリートとのコンビを組む事について疑問視されている事を受け「僕達は違うタイプだが相性が悪いとは思わない。二人ともゴールを決めようという気持ちは同じだ。二人が同試合で得点を入れる日も遠くないはず。それまでは地道に練習に励むだけだ」と、同コンビが機能している旨を明言
●フアンデ・ラモス監督の構想から外れ登録外となっていたセビージャのFWハビエル・チェバントンが、18日に再び招集リストに名を挙げる事となった。これについてチェバントンは翌日に行われた記者会見で「とても嬉しい。監督との間にも何も問題はないし、彼も同様だと思う。あとはピッチで必死に戦うだけだ」と喜びと意欲を語った。さらに「登録外の時期も僕を励ましながら一緒に練習をさせてくれたスタッフやチームメイトに心から感謝する」とメッセージを送った。
●ビジャレアルのペジェグリーニ監督は、リケルメを戦力外扱いしていることをアルゼンチンのマスコミから徹底的に攻撃されていることにうんざりしているようだ。過激な報道に「まるで私は国際テロリストのようだ」と語るペジェグリーニ監督は、過去にリーベルを率いたこともある。「新聞の一面に国際テロリスト扱いされた自分の記事があるのは気持ちいいことではない。しかもリケルメに対するマスコミの評価は昔と変わっているのがおかしい」と苦言を呈した。「リケルメは、コーチ陣が提案しているプロジェクトに適応する気がないにも関わらずビジャレアルに残ったんだ」「それに我々は彼を痛めつけているわけではない。彼も一生懸命練習しているし、彼に何かを強制しているわけではないからね。現に普段から練習しているからこそ代表の試合で活躍できたんだ」とクラブの姿勢を擁護した。「ビジャレアルは1人の選手のためにチームを作るつもりはない。チームは11人で作るもの。そういう意味で彼のポジションにはチーム全体のために働いてくれる選手が他にいる」
●バルセロナのガビ・ミリートは、20日に対戦するビジャレアルがリケルメを戦力外扱いしていることに触れ、「フットボールにとってはつらいことだけど、僕たちにとってはラッキーなこと」と正直な気持ちを語った。
●17日に行われたW杯予選でエクアドルに快勝したブラジル代表だが、この試合はリーガのビッグクラブにとって後味の悪いものとなった。ブラジル代表のうち、ロナウジーニョ、ロビーニョ、バチスタはブラジルからスペインに戻る飛行機が“いつもの通り”に遅れたためにチーム練習に参加することができなかった。さらにロビーニョとロナウジーニョが明け方まで大騒ぎしていたという報道が正しければ、レアル・マドリーもバルセロナもこの状況に黙ってはいないだろう。
●イングランド代表GKのポール・ロビンソンが、代表戦でのケガで、22日に行われるプレミアリーグのニューカッスル戦を欠場することになった。ロビンソンは17日のロシア戦でふくらはぎを負傷
●ロサンゼルス・ギャラクシーのデイヴィッド・ベッカムが、18日に行われたMLSのニューヨーク・レッドブルズ戦で68分から途中出場、7週間ぶりにピッチに復帰したが、チームは1-1で引き分けた。
●ブラジル代表のカカが、ペレを筆頭に偉大な選手たちがプレーしてきたリオデジャネイロのマラカナンスタジアムのピッチに立てたことに感激している。「ブラジル代表としてマラカナンのピッチに立つのは夢だった。初めての経験だったし、ファンタスティックな夜だったよ。スタジアムは満員で、出来があまり良くなかった前半でさえ、ファンは僕らをずっとサポートしてくれたしね」
●イングランドのEURO2008予選突破が極めて難しくなり、スティーヴ・マクラーレン監督の解任がほぼ確実となったのを受けて、アストン・ヴィラのランディ・ラーナー会長が「マーティン・オニール監督にイングランド代表監督就任要請が来れば、喜んでオニール監督を差し出す。マーティンの邪魔をするつもりはない」とコメントした。
●サミー・リー監督の解任後、空席になっているボルトンの監督候補に、レアル・ソシエダのクリス・コールマン監督の名前が挙がっていることがわかった。
●ポルトガルサッカー連盟は19日、ポルトガル代表のフェリペ・スコラーリ監督に、先月のEURO2008予選の試合でセルビア代表のドラグティノヴィッチを叩いた件で、3万5000ユーロ(約580万円)の罰金を科したと発表した。
●アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、20日のボルトン戦のGKにマヌエル・アルムニアを選出、ドイツ代表正GKのイェンス・レーマンが、もはやクラブではナンバーワンGKではないことを認めた。
●チェルシーのキャプテン、ジョン・テリーが19日の膝の手術を受け3週間近く戦列を離れることになった。テリーは、イングランド代表のロシア戦に出場するために手術を遅らせたのだが、結局試合前の練習で問題の箇所を悪化させ欠場しており、チームはDFの乱れから痛恨の逆転負けを喫した。
●イタリアサッカー連盟(FIGC)は19日、リヴォルノの理事2名を告発した。9月26日のナポリ戦の審判団の情報を「不正なルートを使って」入手したため。
●マンチェスター・シティのスベン・ゴラン・エリクソン監督は、17日のロシア戦に敗れユーロ2008予選の自力突破が消滅したイングランド代表について、「周囲の期待が高すぎる」とコメント。解任の噂が強まるスティーブ・マクラーレン監督に同情を示した。
●先日、フランスのサッカー専門紙『フランス・フットボール』のインタビューで、今シーズン限りでチェルシーを退団する意向を表明したFWディディエ・ドログバが、その発言を撤回するとコメント。チェルシーのオフィシャルサイトで声明を発表したドログバは、自身の発言について「後悔している」と語った。
●フィオレンティーナのMFリッカルド・モントリーボがフィオレンティーナとの契約を2012年まで延長した。
●フランス代表のレイモン・ドメネク監督が再びイタリア代表を攻撃している。11月21日のユーロ08予選ウクライナ戦で、引き分け以上の結果でフランス代表はユーロ08大会出場権を獲得するが、ドメネク監督は「我々はイタリア人ではないので、ウクライナ戦で引き分けを狙ったりはしない。そもそも引分けを狙うと言う発想が我々にはない。我々は勝利を目指す」とイタリア代表を挑発する発言に終始した。
●インテルのロベルト・マンチーニ監督が30日に開催予定のセリエA第10節ジェノア戦で北ゴール裏席が閉鎖される判決に不満を漏らしている。マンチーニ監督は「アウエーチームへの挑発は今までも常にあった。うちのマテラッツィに対する侮辱的なやじはどうなるんだ?確かに汚い言葉が書かれた横断幕を目にすることは心地よいものではない。しかし、全く関係のないサポーターがペナルティーを受けることには納得がいかない」と語っている。
●フランス代表監督ドメネクについてトレゼゲは「10年間フランス代表でプレーしてきたが、今はもう召集されなくなった。ドメネク代表監督の自分に対する態度は受け入れがたい。だからもう代表に未練はなくなってしまった…」とコメント
2007/10/18UEFAサッカー情報
●30歳という年齢、故障、そしてバルサのユニフォームで本来のパフォーマンスを十分に見せているとは言い難いジャンルカ・ザンブロッタが来シーズン、バルセロナから出て行くだろうとの噂が囁かれている。ドイツのフットボール誌“キッカー”によると、バルサはザンブロッタの代わりにバイエルン・ミュンヘンのフィリップ・ラームをと考えているとのことだ。
●フランス代表FW、ティエリ・アンリ(30)が17日のユーロ2008予選リトアニア戦で後半34分に先制ゴールをあげ、ミッシェル・プラティニのもつフランス代表歴代最多得点記録をぬりかえた。アンリはその2分後にも追加点をマークし、フランスを勝利に導いた。
●今年6月にこの3年間で3度目の膝の手術を行い、現在はリハビリ中のバルセロナのブラジル人MFジョゼ・エジミウソンは、ある決意を胸にリハビリに励んでいる。“メンバーと同じフィジカルレベルにないのであれば、チームを退団する”覚悟であることを明らかにしている。
●バルセロナのスポーツ・ディレクター、チキ・ベギリスタイン氏が、サンティアゴ・エスケーロとエイドゥル・グジョンセンを放出する可能性があることを認めた。
●バルセロナは1月に行われるアフリカ・ネイションズカップにエトーとトゥーレ・ヤヤが参加することを快く思っていない。スポーツディレクターのチキ・ベギリスタインはラジオのインタビューで、「無理強いするつもりはないが、もちろん行ってほしくはない。彼らにはクラブの気持ちを伝えたし、彼らが参加を諦めることを期待するが、それを問題にするわけにもいかないから、この件にこだわるつもりはない」と語っている。
●バルセロナのオレゲールは10日前に行われたカタルーニャ・ラリーの練習に参加し、バルサの練習に遅刻した。この遅刻で周囲から批判を受けたが、これは現在導入が予想されている内部規律には違反していないとの見解を示した。
●バレンシアのビージャは、レアル・マドリーが彼の獲得に興味があるという報道に喜んでいるものの、今のところは「バレンシアでタイルを獲りたい」と語っている。それでも「正直に言えばこの話はすごく嬉しいしやる気も出るよ。特に今は怪我をしているところだからね」と率直な気持ちを隠さなかった。
●アフリカ選手権予選トーゴ代表対マリ代表の試合終了後に敗れたトーゴ代表のサポーターがグランドに乱入しマリ選手達を暴行した事件を受けて「アフリカは野蛮な所」とする表現がいくつかのメディアから出たことについて、マリ代表でセビージャFWのカヌーテは「みんなアフリカは野蛮だって言っているみたいだけどセビージャ対ベティスの試合でも同じような事が起こっている。警察の監視がスペインの方が行き届いているだけで、もし観客がグランドに乱入していたら同じような事態になったと思う。イタリアでは死者も出たほどだ。とにかくもうあのような事態が繰り返されないように努めることが大事」とした上で「確かに野蛮な行為だった。でもヨーロッパでも同じような事は起こっている」とカヌーテはコメントした。
●R・マドリーのカルデロン会長はスペイン代表に招集されないことから批判の対象となるラウルについての話題が早く収まるよう対応にでている。まず13日にはスペインサッカー連盟のアンヘル・マリア・ビジャール会長と直接会い、ルイス・アラゴネス監督がラウルについての批判を控えるよう要求したかと思えば、16日には再びそれに釘を打つ書面を送っている。
●ベンフィカのカマーチョ監督が、ベンフィカが冬の移籍でレアル・マドリーのソルダードやセビージャのチェバントンの獲得を試みる予定であると明らかにしている。
●R・マドリーのラウル・ゴンサレスは16日、自分の望みはクラブと代表でプレーすることとしながらも、「それが叶わない時もある。今は代表にいる選手達を支えるために一つになることが大事であり、何の利益も生み出さない議論は忘れるべき」と、自身の招集問題ばかりが騒がれる現状にメッセージを送った。
●アスレティック・ビルバオは16日、今季就任したコーチ陣によって作られた新しいノルマをスタートさせた。ホアキン・カパロス監督は過去に指揮したチームで行った修正と同様に、選手達が「24時間プロフェッショナル」であるために必要とされる一連のノルマを導入。それは「目に見えない練習」と呼ばれるもので、よく休み、良い食事を摂り、きちんとした生活を送るなど、細部に至るまで注意を喚起するものである。
●ラシンのマルセリーノ監督が16日、同クラブのアルゼンチン人DFエセキエル・ガライに対するレアル・マドリーの興味は正しいものと“ラジオ・マルカ”で語った。ガライは偉大な選手になる、これがマルセリーノ監督の意見だ。「ガライと契約してくれたらいいね。的を得ているよ。彼は才能のある選手だし、まだ若い。彼の前には素晴らしい未来が待っていると思う。ビッグクラブが彼に興味を示していることを嬉しく感じるよ」。
●今週火曜、R・マドリーがミケル・アルテタの獲得に興味を示したとするニュースが国内外で報じられたことを受け、所属するエバートンがすぐさま彼の放出を否定する態度を示した。
●ビジャレアルのMFマルコス・セナは16日、土曜に行われるバルセロナ戦に勝つためには高い集中力を持ってピッチに立つこと、そして相手にいつものスタイルでサッカーをさせないことが必要になると語った。
●サラゴサのダレッサンドロとアイマールが、17日の練習ゲームであわや乱闘にまでなりかねない言い合いとなった。事の発端はダレッサンドロがゴールをした後アイマールが言いがかりをつけた事から始まった。
●バルサの至宝ボージャン・ケルキックにゴールの強迫観念はなく、フランク・ライカールト監督から与えられた“チャンスを最大限活かす”という気持ちが彼を支えている。ロナウジーニョ、メッシ、アンリ、エトーといった蒼々たるメンバーと自分の居場所をかけて戦うしかないボージャンだが、たった数分間の出場とはいえほとんどの試合に出してくれたライカールト監督にも「ここまでチャンスをもらえるとは思っていなかった」と感謝の気持ちを表した。
●レアル・マドリーは昨シーズン、チェルシーが用意した額と同額、つまり6000万ユーロ(約99億円)でバレンシアのスペイン代表FWダビ・ビージャにオファーをしようとしているようだ。
●7節まで終了したセリエAで、奇妙なブームが起きている。ゴールを決めた後、歓喜でユニフォームを脱ぐパフォーマンスがそれだ。ルールによって警告処分が待っているにもかかわらず、これまでに14人の選手がイエローカードを頂戴してきた。
●17日にユーロ2008予選のリトアニア戦を迎えるフランスだが、FWアネルカの故障を受け、カリム・ベンゼマ(リヨン)が初スタメンで起用される可能性が高まっている。
●17日のユーロ2008予選でグループ2位を争うロシアとの大一番を迎えるイングランド代表。アウェイの一戦で攻撃陣をリードするのは、負傷明けながら13日のエストニア戦でもスタメンを飾ったFWマイケル・オーウェンだ。しかし、オーウェンが所属するニューカッスルのサム・アラダイス監督は、人工芝のピッチで行なわれるロシア戦でエースストライカーがケガを再発させる心配があると語った
●イタリアサッカー連盟のアバーテ会長は、万が一イタリア代表がユーロ予選を突破できず、本大会出場を逃した場合、ドナドーニ監督を更迭する考えを明らかにした。
●17日、アタランタはクラブ創設100周年を迎えた。ミラノ北部ベルガモを本拠とする地方チームは、これまでにセリエAで48シーズンを戦ってきた。5人の若者たちが風に髪たなびく妖精をシンボルマークに定めてから、百年の時が流れた。
●ユーロ2008予選グループEの2位を賭けたロシア対イングランドの一戦が17日にモスクワ行なわれ、5連勝で予選突破に王手をかけていたイングランドが1-2で敗戦した。この結果、イングランドは自力での予選突破の可能性が消滅。ホームで大金星をあげたロシア代表のフース・ヒディンク監督は試合後、「狙い通りの展開」と、してやったりの表情で試合を振り返った。
●チェコ代表の司令塔トマシュ・ロシツキーが、17日のEURO2008予選対ドイツ戦を欠場するかもしれない。
●マンチェスター・ユナイテッドは16日に、ライアン・ギグスが契約を1年間延長し、2009年6月までプレーすることになったと発表した。
●インテルの次のホームゲームで、観客席の一部が閉鎖されることになったことが16日にわかった。これは10日前のホームのナポリ戦で、ファンが挑発的な横断幕を掲げたため。
●FIFAのジェネラルセクレタリーが16日、2010年南アフリカW杯のスタジアム工事に関して「FIFAとしては、ここまでの工事は順調で、正しい道を進んでいると確信している」とコメントした。
●ニューカッスル・ユナイテッドのクリス・モート会長が、FWマイケル・オーウェンの契約に含まれていた移籍を認める項目が無効になったことを明かし、オーウェン残留を主張した。
●セネガル代表のキャプテン、エル・ハジ・ディウフが代表を引退すると宣言したことはないと話したと、ダカールのメディアが伝えた。
●17日に行われたEURO2008予選のグループDのドイツ対チェコ戦が行われ、チェコがシオンコ、マテヨフスキー、プラシルのゴールで3-0と快勝。先週末に本大会一番乗りを決めたドイツに続いて、予選突破を果たした。
●ローマ市は17日、今週末に予定されているローマ対ナポリ戦について、ライバルのファン同士の衝突を警戒し、シーズンチケット保持者しか入場を許可しないと発表した。
●前回大会の王者ギリシャが17日に行われたEURO2008予選グループCの試合でトルコをアウェイで1-0で下し、本大会出場を決めた。
●17日に行われたグループGの試合で首位ルーマニアはルクセンブルクを2-0で下し、勝ち点を26に伸ばした。また、前節ルーマニアに0-1で敗れたオランダは開始14分にスナイデルのゴールで先制すると、終盤にフンテラールが追加点を入れ、スロヴェニアに2-0で勝利し、勝ち点を23に伸ばした。一方、3位のブルガリアはアルバニアに1-1で引き分け、勝ち点を19に伸ばすにとどまった。この日の結果、2試合を残して、ルーマニアは本大会出場を決定、オランダもあと1勝で予選突破となる。
●17日に行われたW杯南米地区予選で、ブラジルは2年ぶりにホームの観客の前に登場し、エクアドルと対戦。19分にラヴのゴールで先制する。その後はエクアドルが主導権を握る場面もあったが、ブラジルは後半の12分間にカカの2ゴールを含むゴールラッシュを見せ、5-0で快勝。7万人の観客を熱狂させた。
2007/10/16UEFAサッカー情報
●17日に行われるEURO2008予選でロシアと対戦するイングランド代表MFジョー・コールが、勝利へ自信を見せた。ロシアのスタジアムは人工芝のピッチで、イングランド代表を苦しめるのではないかと心配されているが、J・コールは「(人工芝での戦いは)素晴らしい挑戦だと考えている。フットボーラーなら、どんな試合でも意欲を掻き立てられたいものだしね」
●2006年のW杯でイタリアを優勝へと導いたマルチェロ・リッピ前監督が、そろそろ監督業を始めたいと現場復帰に意欲を見せている。リッピ氏は「しっかりとしたプランを持つクラブから真剣なオファーが来れば、それを受ける用意は出来ている。イタリア代表の監督はどうかって? 私は何も除外していないし、全ての扉を開けていると言っておこう」
●ノルウェー代表のヨン・カリューが、代表チームメートのヨン・アルネ・リーセに、リヴァプールからアストン・ヴィラへ移籍するように呼びかけた。カリューは今年1月にリヨンからアストン・ヴィラに加入、今季序盤はゴール不足に悩んでいるが、クラブ自体にはすっかり馴染んでいる。
●2010年W杯南米予選の初戦でコロンビアとスコアレスドローに終わったブラジル。しかし、試合前日の早朝に6時間のフライトでリオデジャネイロから到着、海抜2600メートルの高地で戦ったドゥンガ監督にとっては、「悪くはない」勝ち点1だったようだ。
●ウクライナ代表のオレフ・ブロヒン監督が、EURO2008予選突破に失敗した場合は辞任すると表明したことについて、エースのアンドリー・シェフチェンコが翻意を求めた。
●ドイツ代表のレーヴ監督は、17日にミュンヘンで行われるEURO2008予選のチェコ戦に、ケガが心配されたバスティアン・シュヴァインシュタイガーを先発起用するようだ。
●イタリア代表MFのダニエレ・デ・ロッシが、来月に予定されているEURO2008予選、グループB首位のスコットランドとの対戦について、「本大会に出場できなければ、イタリアサッカー界にとっては深刻な問題だ。今は予選突破できるポジションにいるが……スコットランドでは勝つしかないんだ。ワールドカップ決勝みたいなものだよ」
●ロシアは17日のイングランド戦に敗れると、EURO2008予選突破の可能性がなくなってしまう。代表のヒディンク監督は15日に行われた記者会見で、「リスクを恐れるな」と呼びかけた。「イングランド戦で何をしなければならないかは十分わかっている。最初から猛攻撃を仕掛けることはできない。試合は90分あるんだからね。だが、勝つためには遅かれ早かれリスクをおかして攻めないといけない。彼らは経験豊富なチームで、うちは若い。だが、勝って当たり前と思われているイングランドにはプレッシャーがかかるはず。だから、我々はこの試合で得られるものは大きいと思う」
●プレミアリーグ王者のマンチェスター・ユナイテッドが、FWカルロス・テベスの弟を獲得すべく、水面下で動いているようだ。現在17歳のミゲル・テベスは、兄が所属するマンUで2週間のトライアルを終えたばかり。プレーを観たアレックス・ファーガソン監督も、その潜在能力に高い評価を与えているようだ。
●「ロナウドが出来る限り早く復帰することを願っているよ」。インテルのマッシモ・モラッティ会長が、怪我の為に復帰が長引いているACミランのブラジル人FWロナウドに対し、エールを送っている。
●ACミランの副会長アドリアーノ・ガリアーニが15日、UEFA側から下された「GKヂダの(欧州CL)2試合出場停止処分」に対し、不満を爆発させている。「とても、とても、不公平だ。大体、ピッチ内に乱入した男の件は忘れ去られようとしている。この男が乱入して、我々のGKを殴打したことは事実ではないか!!その件はうやむやになっているじゃないか!!」
●アフリカ・ネーションズ・カップ予選で、ホームでマリに0-2で敗れたトーゴのサポーターが暴徒化し、対戦国マリの選手とサポーターを襲った。この騒動でマリ代表FWのフレデリック・カヌーテとママディ・シディベが負傷し、手当てを受けていたことが判った。
●バルセロナがアーセナルでブレイクしたスペイン代表MFセスク・ファブレガスにラブコールを送っていると報じられたが、同選手の代理人がこれを否定した。将来スペインに戻ってプレーしたいと明言するセスクは、バルサのカンテラ(下部組織)出身だ。バルサが、アーセナルでチームメイトだったティエリ・アンリと再び一緒にプレーさせたがっているとスペインで伝えられたが、セスクの代理人は「選手も私もそのニュースが本当だと思っていない」とバルサとの接触を否定。ただし、「だが、もし実際に多くを学んだバルサからオファーが来れば、それはセスクにとって真の称賛となるだろう」と話した。
●13日に行われたW杯南米予選のチリ戦で2ゴールを決める活躍をしたアルゼンチン代表のホアン・ロマン・リケルメだが、ビジャレアルでの彼を取り巻く状況に変化はないようだ。ビジャレアルのマネージングディレクターであるフアン・マヌエル・ジャネサ氏は、「我々はだいぶ前に決断を下しており、方針は明確だ。12月には選手とクラブでこの状況を解決できればいいと思っている。現在はまだ彼にオファーは届いていないが、12月には絶対来ると思う」と話した。
●レアル・マドリーのポルトガル人DFペペの復帰が遅れている。この夏に負傷し、戦線離脱となったペペ。しかし、彼の復帰のメドは今のところ未定だ。彼の状況はかつて在籍していたジョナサン・ウッドゲイトのケースに似ていると考えられる。ポルトガル代表に初めて選出された8月31日の練習中に負傷し、右太腿二頭筋の裂傷と診断されたペペは、当初2~3週間の離脱と診断されていたが、現在もジムでのトレーニングを継続中。本人はリハビリの最終段階に入っていると認識しているようだが、異例の3000万ユーロ(約50億円)を費やして獲得したペペ完全復帰は未定だ。
●年間シートを持っていても、デポルティーボの本拠地であるリアソールでゴールを見るのは難しい、そんなデータがでている。2007年1月からリアソールでのデポルの試合ではトータル11ゴールしか見ることができなかった。これは1部の全クラブの中でも最も低い数字であり、デポルのリアソールでのゴールは貴重だということだ。デポルのここ数シーズンでのゴール欠乏症は深刻化している。
●リバプール所属のアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、来シーズンに向けてのバルサの補強リストにリストアップされた。彼の代理人は先週にもバルセロナを訪れ、バルサの首脳陣らと話し合いを行っている。そして、ワールドカップ南米予選、対チリ戦を視察するために戻っていったとのこと。バルサは、カンテラ出身で現在はアーセナルで活躍するセスク・ファブレガスを獲得できなかった場合に備え、マスチェラーノ獲得にも大変興味を示しているようだ。
●日曜日に“マルカ”が、レアル・マドリーが来年1月からの1ヶ月間、アフリカネーションズカップ出場のためマリ代表のディアラを欠くことになると伝えてから、ディアラ欠場の解決策を見つけるためのカウントダウンが始まった。シュスター監督は1ヶ月の間、ディアラ抜きの布陣でリーガ6試合、スペイン国王杯も勝ち進めばベスト8までの3試合に挑まなければならなくなり、それは高い代償を払うことになりかねない。
●2010年南アフリカW杯南米予選対チリ代表戦に出場したアルゼンチン代表DFエインセ(R・マドリー所属)は試合後にバルサのラポルタ会長の「代表に招集されている選手達は力を抜いてプレーして欲しい」という発言に対し「国を代表して戦うという意味が分かっていない。それが分からない人は話さないほうがいいと思う」と断言。ラポルタ会長のコメントを非難した。
●シーズン開幕2ヶ月が経つにも関わらず、まだ一分たりとも出場を果たしていないR・マドリーのロベルト・ソルダード。クラブ経営陣によればシュスター監督の強い要望でマドリーに残留したが、予想と現実は大きくかけ離れているようだ。「招集さえされないのはとても辛い。出場しているチームメイトを応援しながらも、絶対諦めはしない。ここで成功できれば、この苦労も報われるだろう」
●ケガが予想以上に長引いたエスパニョールのイバン・デ・ラ・ペーニャは、ようやくチームに合流し練習を行い全メニューをこなした。練習に復帰したデ・ラ・ペーニャは「3日と言われていたケガが3ヶ月にも長引き、とても辛かった。でも友人や家族に励まされながらここまで来れてとても幸せだ。コンディションを整えて一日も早くチームのために戦いたい」と意気込みを伝えた。さらにバルサのプジョールにも支えになってくれた事に対し「兄弟のような存在」と同選手に感謝に意を述べた。
●サン・セバスティアン出身でプレミアリーグ、エバートン所属のミケル・アルテタは、レアル・マドリーが注目しているミッドフィルダーの一人だ。エバートンで成長、そして成功したアルテタは、将来的にR・マドリーの補強リストにリストアップされるだろうと月曜日、英誌“ザ・ピープル”が報じた。
2007/10/15UEFAサッカー情報
●ブンデスリーガの得点ランキンギングでチームメートのルカ・トニと共に首位に立つバイエルン・ミュンヘンのFWミロスラフ・クローゼが、土曜日のボーフム戦で復帰することになりそうだ。
●イングランド代表の左サイドバック、アシュリー・コールが代表を離脱した。ケガのためで、17日に行われるEURO2008予選の対ロシア戦には帯同しないとサッカー協会が14日に発表した。
●ベンフィカのFWヌーノ・ゴメスが、17日にEURO2008予選の対カザフスタン戦を控えるポルトガル代表から離脱したと、同国サッカー連盟が発表した。ゴメスは13日のアゼルバイジャン戦のキックオフ直前に脚を負傷していた。アリサ・マククラが追加招集されている。
●17日に行われる南アフリカとの親善試合に向けて、代表初招集を受けたナポリのDFパオロ・カンナヴァロが嬉しい胸中を語った。「今回の招集ほど満足いくものはないよ。だって、大好きなクラブでプレーしていて呼ばれたんだからね。このご褒美をファンやナポリのみんなと分かち合いたい。今日は特別な日だよ。昔からの夢が実現したんだからね。ナポリの首脳陣には僕を信頼してくれたことを感謝しないと。彼らが僕の力を信じて、生まれ故郷のクラブのユニフォームを着るチャンスを与えてくれたんだから」
●ランパードかバリーか。今イングランドでこんな論争が盛んだ。マクラーレン監督の4-4-2の中でセントラルMFのポジションは二つ。ジェラードは当確だが、問題は残る一枠だ。これまではランパードがジェラードの相棒を務めてきたが、困ったことにこの二人全く息が合わない。双方持ち味は組み立てと得点力で、プレーエリアもかぶってしまう。互いの良さを消し合う状況にマクラーレンも悩んでいた。さてそこに登場したのがバリーである。
●フランス代表FW、ティエリ・アンリ(30)が13日、ユーロ2008予選の対フェロー諸島戦で1得点をあげ、代表の通算41得点目を記録、“将軍”ミッシェル・プラティニ氏(現UEFA会長)のもつ同国歴代最多得点に並んだ。
●イングランド代表のスティーブ・マクラーレン監督は、MFフランク・ランパードにブーイングを送るサポーターついて、「なぜそんなことをするのか理解出来ない」と語り、選手に対するサポートを呼びかけた。2年前には『ファンが選ぶ最優秀選手賞』を受賞していたランパードだが、イングランド代表ではMFスティーブン・ジェラードとコンビを組む中盤センターで本来のプレーが発揮できず、ここ数試合はケガの影響もあり、アストン・ビラのMFガレス・バリーにスタメンの座を譲っている。そして、13日のエストニア戦でもベンチスタートとなったランパードは、70分にマイケル・オーウェンに代わって出場が告げられると、サポーターから大きなブーイングで迎えられた。
●開幕からノーゴールで、チームの成績不振の要因のひとつとなっていたミランのジラルディーノ。ミラノで行われるホームゲームでもサポーターからブーイングを浴びるなど、厳しい現実に直面していたが、前節、アウェーでのラツィオ戦で今シーズン初ゴールを決めると、続けざまに2点目もゲット。本人も吹っ切れた様子で、今後は“普通の”ペースに戻ってくれそうだ。
●シーズン前の肉離れがなかなか完治せず、先月にはブラジルに戻ってまで精密検査を受けたミランのロナウド。しかし、その後のリハビリは順調で、すでにボールを使ったトレーニングを開始している。火曜日には実戦に復帰できるかどうかの最後のテストがあり、これにパスすれば週末に行われるエンポリ戦にベンチ入りする可能性が高まっている。
●エスパニョールのカメニが筋肉の故障から順調にリハビリを続けており、来週のレアル・マドリー戦に出場できそうだ。一方、こちらも故障しているアンヘルとチカもジムで汗を流し、復帰に向けて練習を重ねている。それ以外にも、ダビ・ガルシアがフィジカルコーチと共に芝生の上で練習を始めているが、ルフェテは今のところまだチーム練習には合流していない。
●レアル・マドリーのチーム内でファン・ニステルローイが一番敬意を持っている選手は誰か。それは間違いなくラウルだ。ピッチの中でも外でも、ファン・ニステルローイはラウルに絶大の信頼を置いており、ラウルに対する賞賛の声を惜しまない。ラウルがスペイン代表に入るべきかという議論には「それは監督が決めることだから」としながらも、ラウルのような選手はめったにいるものではないと語っている。
●代表選手が故障した際の治療費をクラブではなく各国の協会が負担すること、そして予備戦などでの選手の招集を拒否することを強く訴えているバルセロナのラポルタ会長だが、これにバルサのエトーが反論している。「万が一僕が代表の試合で故障しても、僕の国や協会がその治療費を出せるとは思えない。その点を考慮して欲しい。アフリカには貧しい国がたくさんあるから、こういう費用を捻出することさえ出来ないんだ」と語るエトー。一番の解決法は、保険をかけることだと提案する。「クラブも代表も満足するためには、保険をかけることが一番いいんじゃないかな」とのことだ。
●ユーロ2008予選、対デンマーク戦で会心の勝利を得たスペイン代表のルイス・アラゴネス監督は、前半の出来には満足だと試合後に語った。「数字的に証明されるまで、本大会出場が決まったとは思わない。前半の出来については満足している。後半は我々にもカウンター攻撃でのチャンスがあったとはいえ、ラッキーな部分もあった」。
●イタリアからの情報によると、ルーマニア人FWアドリアン・ムトゥがレアル・マドリーの獲得リストに入る可能性があるとのことだ。フィオレンティーナに所属するムトゥは、素晴らしいレベルでシーズンのスタートを切っており、現在6試合で5ゴールをマークしている。
●サラゴサのラ・ロマレダスタジアムで行われた‘エロエス・デ・シレンシオ’のコンサート。予想された通りコンサート後のグランド状態は、ゴミの山と芝が完全にえぐれ崩壊してまっている。
●2008年の始まりと同時にR・マドリーに重大な問題が迫っている。ガーナで行われるアフリカ選手権出場のため1月6日からマリ代表に合流するディアラをR・マドリーは約1ヶ月間に渡り欠くことである。
●セビージャのDFイビツァ・ドラグティノビッチは、13日のアルメニア戦後のセルビア代表の練習にて、マルカ取材に応じた。彼のチームへの影響力は、セルビアのハビエル・クレメンテ監督の折り紙つきだ。彼はクラブでのポジションは一時的なものだと考えている。「今は左サイドバックとしてプレーしているけど、それは特別な状況なんだ。誰かがこのポジションに来てくれたらいいな。ベンチには選手がいっぱいいるけど、2か3人の選手が必要だね。クラブは1月の移籍期間で何人か選手を獲得してくれると思う。それは僕たちにとっていいことだよ。もし僕がエゴイストだったら、誰も選手を連れてくるなって言うだろうけど、僕たちは高いレベルでプレーしているし、僕たちにはローテーションが必要なんだ」
●バルセロナのアンドレス・イニエスタは自身のキャリアの中でもベストの時にあると自身を見せつつ、長い間このいいレベルをキープしていきたいと明かしている。「これまでの仕事の積み重ねの成果だけれど、たぶん僕のキャリアの中でもベストの時期にあると思う。ずっとこのレベルをキープできればいいし、いろんなことがうまくいくといいね。それが僕をハッピーにしてくれるからだよ」。“カタルーニャ・ラジオ”で「毎日、充実していると感じる」と語ったイニエスタだは、常にスタメンでプレーする気持ちでいるが、「それは監督が決めるべきこと」とコメント。また、バルセロナのラポルタ会長が所属クラブの選手たちに「代表では力を抜いてプレーして欲しい」と発言し、波紋を呼んでいることについても言及。「ピッチに立ったら、手を抜いてプレーするなんて難しいよ。だって、僕らは若いし、望んでいるのはたくさんの試合でプレーすることなんだからね。それに、それが僕らに幸せをもたらしてくれることなんだ。毎日プレーできたらいいな」とイニエスタも同会長の発言には異議を唱えている。
2007/10/14UEFAサッカー情報
●欧州でEURO2008予選が行われた13日、南米では2010年W杯の予選が始まった。ブエノスアイレスでは、アルゼンチンがチリと対戦。所属のビジャレアルでは出番のないリケルメが、27分と45分に見事なFKを2本決めて、アルゼンチンが2-0と好スタートを切った。
●マウロ・イカルディ。ベジンダリオに所属する14歳のアルゼンチン人FWにレアル・マドリーやバルセロナが注目している。ボール扱いに長け、脅威のシュート力を持つ逸材であるマウロは、イタリア国籍を持つ上、来年の6月にはフリーの身となる。この将来有望な少年にスペインの2大クラブが注目するのも当然だろう。彼の成長ぶりをチェックするレアル・マドリーのスカウト担当、シスト・アルフォンソ氏が「このまま成長していけば、一時代を築く選手になる」と語れば、バルセロナのスカウト部門、ジョセップ・ポアダ氏はこの9月にも獲得に向けて動き始めており、経費を負担しラ・マシアに招待。バルセロナのコーチ陣は彼の才能に惚れ込み、直ぐにでも獲得交渉を始めることを希望しているという。
●ライカールト監督がチェルシーへの移籍をきっぱり否定した。イングランドでは、彼の元でコーチを務めていたテン・カテがチェルシーに移籍したことから、リーガ2回とチャンピオンズリーグを優勝したライカールト監督との黄金コンビを復活させるのがアブラモビッチ会長の計画だとさかんに報道されている。特にチャンピオンズリーグを優勝した年は、因縁でもあったチェルシーを倒しており、アブラモビッチ会長が彼らに目をつけたとされている。しかしライカールト監督はバルサを捨ててチェルシーに行くことはなさそうだ。「私はテン・カテのチェルシー移籍には何の関係もない。私はバルサの監督であり、それ以外のことは考えていない」と噂を一蹴した。
●ビジャレアルのファブリシオ・フエンテス、ロベール・ピレス、マルコス・セナ、サンティ・カソルラは、リーガ序盤戦でのチームの好調ぶりを評価し、満足している様子を見せている。「僕らが戦わなければならないこれからの試合でも今のリズムをキープできたらいいね。僕らの目標のためにとても重要な一歩となるからだよ。これまでの出来について僕らは満足している。評価できるね」と語ったフエンテス。リーガ再開となる来週土曜日(20日)からバルセロナ、アトレティコ・マドリー、サラゴサ、セビージャといったリーガ優勝候補と目されるライバルとの連戦が続くビジャレアル。「パンプローナで破れたとはいえ、僕らの好調さが失われたとは思っていないよ。たくさんのポイントを獲得しているし、これまでと同じプレーをすれば、再開した後もうまくいくと思っている」とピレスは自信をのぞかせた。マルコス・セナもシーズン序盤でのチームの戦いぶりを評価。「僕らは2敗しかしていないし、それは僕にとっては良い出来と言える。プレーのレベルが多少下がるとしてもそれは普通のことだけど、これまでの7試合と同じようなプレーができるといいね」。最後に、自身もチームメイトらの目標もこれまでのレベルをキープすることにあると明かしたカソルラ。「今シーズンのような序盤での好調ぶりはそう簡単にできるものじゃないし、良いスタートを切れたと思っている。リーガは一時中断しているが、リフレッシュし、これから迎える重要な試合でも同じように良いプレーを続けることに期待しているんだ」と強調した。
●ユーロ2008予選グループB、対フェロー諸島戦で0-6と大勝したフランス代表。この試合の8分に1ゴールをマークしたティエリ・アンリ(バルセロナ)がミシェル・プラティニ氏の持つ偉大な記録、フランス歴代最多得点41に並んだ。「あまりにも素晴らしいことだし、夢を見せられているようだ」。試合後そう喜びを語ったアンリ。
●バルサの故障者リストに名を連ねているトゥーレ・ヤヤ、ジャンルカ・ザンブロッタ、サミュエル・エトー、ジョゼ・エジミウソン、ラファ・マルケス、マルク・クロッサスらは13日、それぞれのリハビリに励むため、バルサの施設に訪れた。ライカールト監督は彼らに休暇を与えることにしたが、彼らは体が鈍っているに我慢がならなかったのか、休まずにトレーニングを続けた。
●13日デンマークにて、ユーロ2008の予選が行われ、グループFのスペイン代表はデンマーク代表と対戦し、1-3で勝利した。スウェーデン戦と北アイルランド戦での敗北は、彼らのデンマークでのゴールによって、すでに過去のものとなった。しかしこの試合は、全てが順調だったわけではない。先のリーガでビージャが怪我をし、好調なラウルが代表に招集されないことで議論を呼び、試合が始まる24時間前にフェルナンド・トーレスは負傷し、戦線を離脱した。しかし、この暗闇の中、一筋の光がさす。チャビ、セスク、イニエスタが先発起用され、ゲームを組み立てた。この3人がスタメンで同時に起用されるのは初めてのことだった。
●13日に行われたEURO2008予選のグループFの試合で、スペインは気温6度のアウェイの地で、デンマークを3-1で下し予選2連勝、本大会出場に大きく前進した。
●マンチェスター・ユナイテッドがパルチザン・ベオグラードの若手注目株、ステヴァン・ヨヴェティッチと、700万ポンド(約16億8000万円)で間もなく契約すると報じられた。
●13日に行われたEURO2008予選の試合で、グループEのイングランドはエストニアを3-0で下し、予選突破へ大きく前進した。
●13日に行われたEURO2008予選グループBの試合で、スコットランドはホームにウクライナを迎え、3-1で勝利した。
●ドイツがEURO2008本大会へ一番乗りを果たした。13日に行われた試合で、ドイツがアイルランドと0-0で引き分け、グループDの2位以内を確保した。
●EURO2008予選グループAの試合で、ポーランドはホームでカザフスタンと対戦、スモラレクのハットトリックで3-1で逆転勝ち、首位をキープした。
●13日に行われたEURO2008予選グループCの試合で、ディフェンディング・チャンピオンのギリシャはボスニア・ヘルツェゴヴィナとの接戦を3-2で制した。トルコがモルドヴァと1-1で引き分けたので、ギリシャはトルコに4ポイント差をつけ、また一歩、本大会出場に近づいた。
●13日のEURO2008予選で、グループGの首位対決、ルーマニア対オランダ戦が行われ、ルーマニアが1-0で勝利し、単独首位に立った。
●アルゼンチン代表のFWカルロス・テベスが、今シーズンから加入したマンチェスター・ユナイテッドでのプレーについてコメント。プレミア屈指の名将アレックス・ファーガソン監督の下、スター選手に囲まれてプレーする環境について「夢のようだ」と語り、自らの成長を実感する毎日を送っていると話した
●イタリア代表監督のロベルト・ドナドーニが、13日のユーロ08予選グルジア戦で召集を見送ったユベントスFWアレッサンドロ・デル・ピエロを、今後も戦力外だとは考えていないことを明かした。
●06年ドイツW杯で、イタリアを優勝に導いた前イタリア代表監督のマルチェロ・リッピが13日、近いうちに監督復帰する意向を明らかにした。“Deejay Football Club”の取材に応じたリッピ前代表監督は「監督復帰に向け、準備は整った。真剣に考えているクラブから興味深いプロジェクトのオファーがあれば、私はそのオファーに応じるつもりだ。私とカペッロのどちらが先に現場に復帰するかって?私だよ。先に復帰するのは私だ」と語っている。
●ユーロ08予選イタリア対グルジア戦がジェノバで13日夜に行われ、イタリア代表は2-0の勝利を収めた。
2007/10/12UEFAサッカー情報
●アスレティック・ビルバオDFのフェルナンド・アモレビエタ(22歳)が、リヴァプールとチェルシーに興味を持たれていると知り、戸惑っていると認めた。
●「なぜ、ラウルを代表に呼ばないのか?」。スペイン代表のルイス・アラゴネス監督が招集メンバーを発表するたびに繰り返される議論である。今シーズン序盤で好調さをキープしているレアル・マドリーのラウル・ゴンサレスが代表に呼ばれないことに疑問を投げかけるスペインメディアと不満を爆発させるファン。そして両者から総攻撃を受ける同監督。そして、「ラウル、ラウル」と騒ぎたてるメディアやファンに辟易するアラゴネス監督がとうとうキレてしまった。代表の合宿中、何人かのファンが柵越しに「なぜ、ラウルの呼ばないのか?」と質問。「じゃあお聞きするが、ラウルは3度ワールドカップに出た。2度のユーロカップに出た。ラウルはいくつタイトルを獲ったんだ?」。そう叫び返してしまったアラゴネス監督。この映像はスペインのTV番組のカメラに収められ、放送されている。これがアラゴネス監督の本音であり、答えだ。
●今やアーセナルのチームリーダーへと急成長を遂げているバルセロナのカンテラ(下部組織)出身のセスク・ファブレガス(20)。そのセスクを取り戻そうとバルセロナがあらゆる策を練っているという。
●リバプールのFWフェルナンド・トーレスは、新天地にプレミアリーグの舞台を選んだことで、審判を欺くようなプレーが減ったことを明かした。その理由として、チームが絶対的な信頼を寄せるキャプテン、スティーブン・ジェラードの存在を挙げている。「イングランドの審判は、ただ倒れただけでは笛を吹いてくれない。彼らを騙そうとしても無駄なんだ。だから、自然とそういったプレーも減る。そして何より、チームメイトがそういったプレーを嫌うんだ。特に、スティーブン・ジェラードのような選手は、相手を欺くようなプレーには嫌悪感すら示すんだよ」
●レアル・マドリーのイタリア代表DFファビオ・カンナバーロは、R・マドリーがバレンシアのFWダビ・ビージャに興味を持っているというテーマについて「彼はいいフォワードだ」と語りながらも、まだ先の話だとコメント。しかし、ビージャに設定されている違約金1億5000万円(約249億円)という額には驚きを見せていた。「えっ、いくら?」と声高に聞き返したカンナバーロ。「それはすごいな…」と漏らしている。
●FIFAワールドプレーヤーの候補者30名が発表されたが、バルセロナのブラジル代表MFロナウジーニョは、最優秀選手には同郷のカカに投票すると語っている。ロナウジーニョもカカも揃って30名の候補者リストに名を連ねており、ライバルとなるわけだが、「僕ならカカに投票するよ。ミランで素晴らしいシーズンを送ったからね。彼が受賞してくれたらいいな」と明言した。
●ユーロ2008予選、アウェイでのデンマーク戦を土曜日(13日)に控えるスペイン代表。ルイス・アラゴネス監督は、この大一番にイニエスタとセスクをスタメンで起用するようだ。さらに、これまでの試合とは違う点、アラゴネス監督はフェルナンド・トーレスの1トップで行くようだ。
●現在2部降格圏からわずか1点と今季低迷中のセビージャだが、エンツォ・マレスカは去年までの2シーズンを振り返り「あのような成績を2年連続で成し遂げられるのはセビージャだけだ。今年のセビージャを批判する人が多いが、その事実をしっかり覚えておいて欲しい」と、クラブ公式サイトで主張した。
●プレシーズン中に負った足首のケガのため、まだ今季出場を果たしていないベティスのアルスは、順調に回復しやっとピッチに戻れる事になりそうだ。クーペル監督がつい先日リケルメ獲得を希望している旨を明かしたが、それに関してアルスは「今のチームに何が必要かは監督が一番分かっている。リケルメは優秀な選手だ。でも中盤というよりはトップ下だろう。それに彼が来るとなったら彼の変わりに走ってくれるガットゥーゾも連れて来ないとね」と冗談を交じえてコメントした。
●R・マドリーからの興味に対し、バレンシアのビージャは傍観者の立場を保っている。この報道の翌日、バレンシアは彼の獲得には1億5000万ユーロ(約249億7300万円)の違約金を払う必要があることを改めて公表。そしてビジャ本人は、メディアに対し「僕がこの件について話すことができないのは知っているだろう」とコメントするにとどまった。
●FIFAの決定により、フラン・メリダを獲得したアーセナルは、彼の所属していたバルセロナに320万ユーロ(約5億3200万円)の賠償金を支払うことになった。セスクやピケと同様に、メリダは16歳の時にバルセロナの下部組織からアーセナルへと引き抜かれた。これらの“青田買い”に対し、これまでもバルセロナは選手を育成したクラブとしての権利を主張し、同様の賠償金を請求していた。今回の判決は、今後イングランドのクラブが16歳の選手を無償で連れて行くのを防ぐきっかけとなるかもしれない。300万ユーロ(約5億円)を超える支払いを強いられたことは、若年選手の青田買いを抑制するに十分な理由となるからだ。
●11日、「代表戦で手を抜くことはない」との反応を示したチャビ、ビクトル・バルデスの発言に対し、ラポルタ会長が「私が言いたいのは、彼らがバルセロナでのプレーを考慮しなければいけないということだ。これはクラブの会長として言わなければいけないことなんだ」との主張を繰り返した。「前回の中断期間にて、代表戦で怪我をしたためにチームが必要とした選手がプレーできないという事態が起こった。彼らに給料を払っているのはクラブであり、本来選手はクラブのことを考えるべきなんだ」。
●マンチェスター・ユナイテッドのストライカー、カルロス・テベス(23歳)が、いつの日か古巣のボカ・ジュニアーズに戻るのを夢見ていると明かした。
●ミランの主将パオロ・マルディーニは、UEFAがGKジーダに2試合の出場停止処分を下したことに衝撃を受けたと、クラブの公式サイトで明かした。
●イングランド代表のマクラーレン監督は、13日にウェンブリーで行われるエストニアとのEURO2008予選に、ケガで欠場する主将ジョン・テリーの代わりに、ソル・キャンベルをセンターバックで起用することになりそうだ。
●13日と17日にユーロ2008予選の2試合を控えるフランス代表が、FWのルイ・サア(マンチェスター・ユナイテッド)をケガで欠くことになった。ドメネク監督が10日、代わりに招集したのは、トレゼゲでもシセでもビルトールでもなく、代表未経験のアテム・ベン・アルファ(リヨン)。前日、テレビのインタビューで「A代表? まだ自分には早すぎる」と話していたばかりの20歳だ。
●バイヤー・レヴァークーゼンのドイツ代表MFシモン・ロルフェス(25歳)が、新たに2年契約を結んだと11日に発表した。これで2010年までレヴァークーゼンとプレーすることになった。
●EURO2008予選を控えるオランダ代表のGKエドウィン・ファン・デル・サルは11日、ケガの回復が遅れているため、代表合宿を離れた。これに伴い、AZのGKヴァーテルマンが追加招集されている。
●チェルシーは11日、前アヤックス監督のヘンク・テン・カーテ氏(52歳)をコーチングスタッフに迎えたことを認めた。同氏は、スティーヴ・クラーク・アシスタントコーチとともに、アヴラム・グラント監督を支えることになる。
●UEFAは11日、ミランのGKジーダに2試合の出場停止処分、セルティックに6万スイスフラン(約590万円)の罰金を科した。
●脚の付け根を傷めていたリヴァプールMFハリー・キューウェル(29歳)が、トップチームに合流間近であることが判った。
●ドイツ代表GKイェンス・レーマンが「マヌエル・アルムニアからアーセナル正GKの座をすぐに奪ってみせる」と宣言した。
●7日のセリエA第7節ラツィオ戦で2ゴールを決め、スランプ脱出の兆しを見せているACミランのFWアルベルト・ジラルディーノが、イタリア代表復帰を猛烈にアピールしている。
●10日、FIFAワールドプレーヤーの最優秀選手候補30人が発表された。候補に選出されたACミランのブラジル人司令塔カカは「僕がFIFA最優秀選手の最有力候補のようだね。昨季は欧州CLで得点王に輝いたし、そして我々ACミランが優勝を果たしたので、自分も最優秀選手に値するのではと実感している。昨季どれだけの功績を残してきたか、改めて投票で明らかとなるだろう。穏やかな気持ちで結果を待っているよ」
●来シーズンに向けて、チェルシーがミランのブラジル代表MFカカに注目している。英紙“デイリー・エクスプレス”によると、同クラブのアブラム・グラント監督が、アブラモビッチ・オーナーにカカの獲得におよそ1億5000万ユーロ(約250億円)かかることを含め、どんな額でも彼の獲得を希望していると直訴したとのことだ。
2007/10/11UEFAサッカー情報
●セビージャのヘスス・ナバスの代理人が、クラブに契約延長交渉の開始を要求している。2年前からレギュラーとして活躍するナバスの給料の大幅アップを目指す代理人は、「ヘスス・ナバスは、現在チームの中で最も給料が低い選手の一人だ。若手だった頃と契約内容が変わっておらず、実力を正しく評価されていない」と主張している。
●スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、今週末に対戦するデンマークに必ず勝たなければならないと気持ちを引き締めている。EURO2008予選グループFで現在2位のスペインは、同グループ4位のデンマークと引き分けても予選突破の可能性が高い。
●スペインリーグで最下位に低迷するレバンテは10日、イタリア人のジオヴァンニ・デ・ビアージ氏がトリノとの契約を解除できた場合、新監督に迎えることになった。
●リヴァプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソが、11月17日にホームで行われるEURO2008予選のスウェーデン戦に出場できることになった。UEFAが、スペインサッカー連盟の抗議を受けて、アイスランド戦の退場に伴う3試合の出場停止処分を2試合に減らしたためだ。
●声帯に保険を掛ける歌手がいるように、スポーツ選手が自分自身や身体の一部に保険を掛けるということは珍しいことではない。それは大切な“商売道具”であるのだから。フットボールの選手にとっては“脚”ということになるだろうが、そこでバルセロナの有力紙“スポルト”が保険の専門家らに、もはやバルセロナのエースと言っても過言ではない活躍を見せるレオ・メッシの脚の価値を試算してもらったところ、およそ3500万ユーロ(約57億9500万円)の価値があるとの答えが返ってきた。
●今夏ビジャレアルからAEKアテネに移籍したロドルフォ・アルアバレナが、古巣と同組になったUEFAカップのグループCについて、そして同郷の元チームメイトであるリケルメの不在について語った。「素晴らしい試合になるよ。このグループはどのチームも力が拮抗している。現時点ではビジャレアルとフィオレンティーナが勝ち抜け候補と見られているけどね。ビジャレアルと比較した僕らの利点は、ロマン・リケルメが出場しないこと。それは他のチームにとっても良いことだよ」。
●FIFA(国際サッカー連盟)が水曜日(10日)、2007年の年間最優秀選手候補30名を発表。バルセロナからは最多の7選手がノミネートされ、昨シーズンの欧州チャンピオン、ミラン、そしてチェルシーが4選手でこれに続いた。
●7節を消化した現時点のリーガにおいて、アントニオ・プエルタの死により延期となったオサスナ戦が未消化ではあるが、全試合で失点を喫しているのはセビージャだけである。このデータを受けたアンドレス・パロップは、チームが「良いレベル」を保ちながらも、「ちょっとした弱さ」を見せているとの考えを示した。「自分の調子は悪くないと思っているけど、試合の要点を振り返った限り、思ったほど良い状態じゃなかったのかもしれない。いずれにせよ、責任はGKだけに押し付けるものじゃない。守備の組織にはFWからGKまで全員が絡むわけだからね。事実、今の僕らはちょっとした弱さを見せている。これは修正しなければいけない点だ」。
●対バルサ戦で途中交代をアギーレ監督から命じられたA・マドリーのレジェス。明らかに交代の時は怒りを露にしていたがレジェス本人は、「全て解決した。問題はない。あるとすればメディアが騒いでいるだけ。監督を侮辱するような言葉は吐いてない。交代の時の映像で僕の口元を見てもらえば分かるが僕が言ったのは自分に対する‘畜生’で監督に対してではない」と説明した。
●ビジャレアルのロベール・ピレスは10日、来週のバルセロナ戦にてフランス代表、そしてアーセナル時代のチームメイトでもあるティエリ・アンリとの対戦を楽しみにしていることを語った。「最後に戦ったのは10年前。彼はモナコに、僕はメツにいた時だ。その後はアーセナルで長い間一緒にプレーしていた。そして今、ここエル・マドリガルで対戦するわけだけど、特別な試合になるだろうね。アンリと対戦できるのは本当に楽しみだよ」。
●バルセロナのビクトル・バルデスは10日、ラポルタ会長が発した「代表では手を抜いて欲しい」との発言に対し、「理解できない」との考えを示した。彼は「あらゆる選手はピッチ上で全力を尽くすもの」であり、選手にとって「名誉」である代表戦において「選手が手を抜くなんて理解できない」と発言
●チェルシーのミヒャエル・バラックが、チェルシーでキャリアを終える考えを示し、残留を断言した。
●ウクライナのオレフ・ブロヒン監督は10日、EURO2008予選を突破できなかった場合は辞任すると明かした。
●FIFAの年間最優秀選手賞の候補者リストが10日に発表されたが、インテルのFWズラタン・イブラヒモヴィッチと昨季のゴールデンブーツ賞受賞者であるローマのFWフランチェスコ・トッティが選出されなかったことに、イタリアが怒っている。
●ロシア代表のフース・ヒディンク監督が、2010年夏まで引き続き指揮を執ることになった。現在の契約を更新したもので、ロシアサッカー連盟のムトコ会長が10日に発表した。
●ブラジル代表は10月17日、ホームで行われる2010年W杯予選でエクアドルと対戦する。前回ブラジルがホームで試合を行ったのは、2005年10月 12日の2006年W杯予選対ベネズエラ戦で、このときは3-0で勝利したが、それ以来実に2年ぶりのホームゲームとなるのだ。
●フランス代表は10日、FWルイ・サア(マンチェスター・ユナイテッド)が故障により離脱したため、MFアテム・ベン・アルファ(リヨン)を追加招集したと発表した。
●アルゼンチン代表のアルフィオ・バシーレ監督は10日、ビジャレアルで実戦から遠のいているフアン・ロマン・リケルメを招集したことについて、次のように語った。「私はロマンのプレーが好きだし、これまでずっとそうだった。彼は特別なんだ。彼はいつもいいサッカーをしているし、品格がある。彼は誰かのサブにはならない。なぜなら彼は特別だからだ。代表チームにとって重要な存在だ」
●バルセロナのFWティエリ・アンリは、古巣アーセナルの躍進について、「プレミアリーグとチャンピオンズ・リーグの2冠も可能」と高評価を送った。
●GKにキャプテンマーク再び。土曜日にジェノヴァで行われる、ユーロ2008予選グルジア戦においてGKブッフォンがイタリア代表のキャプテンを務めることになった。ブッフォンは10年前、わずか19歳で代表デビューを果たし、これまで78試合に出場、栄光も辛酸も味わってきた。
●サッカー・ユニフォーム・コレクター注目の伊代表ユニ「2008年バージョン」だが、来年2月6日に予定されている親善試合スペイン対イタリア戦が披露の舞台となるようだ。
●現場に積極的に介入し、監督と揉めることの多いスピネッリ会長は「負傷者や不運が続いていたので、オルジ監督を解雇するのは筋が違ったのかもしれないが…、解雇を決定した。サポーターは成績が悪ければ誰かが責任を取らなければ納得しないものであり、その責任を取るのが監督の役目だ。だが、不調の責任は全員にある。監督、そしてクラブ側にも。カモレーゼ監督にはこれから全力でチームを再建してもらいたい」と語った。
●イタリア代表合宿に参加中のFWクリスチャン・ルカレッリが自身の将来について語った。今夏の移籍市場でリボルノからウクライナの名門シャフタル・ドネツクに移籍したルカレッリは「ACミラン入りの可能性は限りなくゼロに近い。なぜなら自分はもう32歳であり、ACミランはもっと若い選手にターゲットを絞っているだろうからね。サッカー界において『絶対』は存在しないが…。今季が終了するまではウクライナでプレーするつもりだ。その後どこに行くかを検討しなくてはならないが、自分としてはプレミアリーグのことが常に気にかかっている。同時に母国イタリアに戻りたいという思いもあるが」
●リボルノの新監督に就任したジャンカルロ・カモレーゼが10日、正式に就任記者会見を行っている。
●ACミランの司令塔カカがイギリスの“Esquire Magazine”の取材に応じ、プレミアリーグの印象を語っている。カカは「ACミランはとても居心地が良く幸せだよ。今の環境を変えるつもりはない。ただ、もしACミランからどこかに移籍しなければならないとしたら、ACミランと似たタイプのクラブをイングランドかスペインで探すことになるだろう。マンチェスター・ユナイテッドは素晴らしいし、アーセナルも好きだ」
2007/10/10UEFAサッカー情報
●ラウルがスペイン代表に招集されなくなって以降ダビ・ビージャが代わって背番号7を背負っていたが、そのビージャもリーガ前節対エスパニョール戦で足首を負傷。13日のユーロ2008予選対デンマーク代表戦、17日の対フィンランド代表との親善試合のメンバーから外れた。
●A・マドリーのブラジル人DFエレルは記者会見で「バルサ、R・マドリーそしてA・マドリーがリーガで最もいいチームだと思う。僕等の目標はいつもチャンピオンになること。それが無理ならCL圏内獲得、アギーレ監督も選手もそういう気持ちで戦っている」と語った。続けて「その3チームの中でもバルサはリーガ、そして世界で最もいいチームかもしれない。ボールキープも慌てる事はないし絶好調だね」とバルサが一歩抜きん出ていると言う。7日カンプ・ノウではそのバルサに3-0と完敗したA・マドリー。「いいプレーができなかったのはみんな分かっている。バルサのようなチームにはいいプレーをしなければ負けてしまうのは当然。でも、その試合のことばかり考えているわけにはいかない。まだ試合はたくさんあるし、目標はなるべく上位につけることだからね」と6位に落ちてしまった
●バルセロナの新星、ボージャン・ケルキックはこれまでリーガに4試合出場してきた。これにより、彼はあと1試合にでも出場すればバルサのトップチームに残留することが決まる。スペインフットボール連盟は、公式戦に5試合以上出場した選手の移籍を認めていないからだ。
●アベル監督が更迭されたばかりのレバンテだが、選手たちはその監督が右腕として信頼していた心理学者の復帰を望んでいる。レバンテで心理カウンセラーを務めていたホセ・カラスコサ氏は、フットボールは気持ちのスポーツだという自論を持つアベル監督とまさに二人三脚でチームを支えてきた。
●バルセロナではカタルーニャ代表を公式に認めるかどうかという議論が繰り広げられているが、チャビはこのデリケートな問題に素直な気持ちを語った。雑誌のインタビューでチャビは、バルサと同じようにスペイン代表にも思い入れがあると語り、何よりもカタルーニャ代表の公認化に動いているラポルタ会長とは一線を画すコメントをしている。先日のギリシャ戦では代表としてキャプテンマークも巻いたチャビ。「僕にとっては代表も全力を尽くすところ。タイトルも獲りたいよ」と語るものの、「もちろんカタルーニャ代表のキャプテンになるとしたら、それはそれですごく名誉なこと」とも言う。
●早くも来シーズンについて考え始めているレアル・マドリー。同クラブのカルデロン会長は、トップチームのベンチにスペイン人選手を希望している。“マルカ”紙によると、来シーズンの補強の目玉としてバレンシアのスペイン代表FWダビ・ビージャに狙いをつけているとのことだ。バレンシアは、サポーターのアイドルでもあるビージャに1億5000万ユーロ(約248億円)の違約金が設定している。
●今季セリエAで最下位に低迷するリヴォルノが9日、フェルナンド・オルシ監督を解任した。セリエAの監督解任第1号となった。
●UEFAカップのグループリーグでバイエルン・ミュンヘンと対戦することが決まったボルトンのFWニコラ・アネルカが、バイエルンを倒して欧州でのクラブの知名度を上げたいと話した。あそこ(ミュンヘン)へ行って、試合に勝って、サッカー界を驚かせたいね。そうすれば、ボルトンを欧州の勢力の一つとして知らしめることができる」
●残り3試合と大詰めを迎えたユーロ2008予選のグループEで、現在2位につけるイングランド代表。13日にエストニア戦をホームで戦った4日後にアウェイのロシア戦を控えているが、ファーガソンはロシアでの試合会場となるルジニキ・スタジアムのピッチが人工芝であることについて、「簡単に慣れるものではない」と語っている。「人工芝のピッチでも、安全面の問題は解消されている。一昔前であれば、タックルなどのプレーでお尻やヒザを擦りむいたものだが、最近の人工芝ではそんなこともない。ケガの心配はないだろう。しかし、バウンドやボールスピードに関しては、問題になる。イングランドの選手よりも、ロシアの選手の方が慣れているのは当然のこと。この点は想像以上に大きな問題だ。簡単に慣れるようなものでもないからね」
●プランデッリ監督が最も信頼する選手のひとりであるモントリーヴォがこの度、クラブと2012年までの契約延長に合意。あと5年間、フィオレンティーナに在籍することを選択した。
●ミランのガリアーニ副会長は「デル・ピエロが一流選手であるのは今さら言うまでもない。だが、ミランに彼は必要ない。なぜなら、うちには来年からパトも加わるのだから」
●イタリア代表のロベルト・ドナドーニ監督が、13日のユーロ08予選グルジア戦にユベントスFWのアレッサンドロ・デル・ピエロとACミランFWのフィリッポ・インザーギを召集しなかった理由を説明した。「彼らに限らず誰を召集し、誰を召集しないかを決定することは難しい。代表監督は召集メンバーを決定するだけではなく、召集した選手を先発、ベンチ、そしてベンチ外に分けなければならない。たとえデル・ピエロでも他の選手同様にコンディションが万全でなければ選ぶことはできない。27歳の選手と33歳の選手を比較した場合、33歳の選手がより結果を残すことは厳しいだろう。いずれにしても、私は常にチーム全体のバランスを考えて人選をしている」
2007/10/09UEFAサッカー情報
●スペイン2部のセルタ・ビーゴは8日、元ブルガリア代表でバルセロナのプレーヤーでもあったフリスト・ストイチコフ監督を解任した。就任からわずか半年の任期だった。
●7日に行われたカンプ・ノウでのバルセロナ対アトレティコ・マドリーの一戦は、予想に反してバルサが苦手アトレティコに3-0で完勝。この勝利でバルサは苦手意識を払拭した。
●チャンピオンズリーグ、対ラツィオ戦に引き続き、7日のレクレアティーボ戦でもセンターバックで出場したアルゼンチン代表DFガブリエル・エインセ。彼の本職は左サイドバックだが、ぺぺ、メツェルダーの故障でセンターバック不足に悩むシュスター監督は、苦肉の策としてエインセをセンターバックにコンバート。これがズバリ当たり、普及点以上の活躍を見せたエインセは、カンナバーロにとって最高のパートナーへと変わった。
●R・マドリーのFWファン・ニステルローイはマルカ・プレミアム・パーティで「シュスター監督が起用しているローテーション方式は全く問題ない。ビッグチームのように多くの試合をこなさなければならない場合には必要なシステムだ。もちろん選手達は全試合に出場したいと思っているけどね」と、現在のチームの様子についてコメントをした。
●セビージャのフアンデ・ラモス監督は、現在4連敗中で2部降格圏からわずか1点という状況を迎えている中「全く心配はしていない。練習を重ねて今の状況を脱するだけだ」と冷静さを見せている。さらに「サッカーには勝利と敗北の両方が存在する。セビージャの今の状況は、好調だったリズムが理由もなく変わったというだけだ」とチームを信頼し続けている様子を語った。
●バレンシアはホームのメスタージャでここまで4試合で勝ち点6。この成績はここ8年間でホームにおける最悪のシーズンスタートとなる。ホームで2勝2敗、5得点7失点を記録しているバレンシア。2勝はバジャドリー、ヘタフェにいずれも2-1で勝利。一方、ビジャレアルには0-3、エスパニョールには1-2で敗れている。
●バルサのDFで現在負傷中のジャンルカ・ザンブロッタは8日、ロナウジーニョについて「ロニー?彼も僕と同じようにつらい立場ではあるけど、すでに危機は脱したし、バルサを出て行くつもりはないと思う」とミラノで “フェアプレーチーム”のプレゼンテーションをした際に語った。
●勢いが止まらないメッシ。A・マドリー戦ではまたもゴールを決めてみせた。リーガ6ゴール、チャンピオンズリーグを含めると8ゴール。ここ6試合全試合でゴールを決めている。これ以上ない出来だ。メッシによると全てはつきによるものだとするが、カンプ・ノウに駆けつけA・マドリー戦をみたサポーターからはゴール後に大歓声。
●マジョルカのアルゼンチンMFギジェルモ・ペレイラは大会委員会のより厳しい処分を課せられそうだ。7日に行われたヘタフェ戦の60分、この日2枚目のイエローカードで退場となった際、ペレイラは主審に対し、スペイン語で最大の侮辱の言葉を浴びせた。
●ウェストハムFWのディーン・アシュトンが、先週末のアストン・ヴィラ戦で内側膝靭帯を痛め、イングランド代表を辞退した。復帰まで約2、3週間かかると見られる。
●そけい部の故障に悩まされてきたアーセナルのフランス代表DFのウィリアム・ギャラスが「今週末のフェロー諸島戦には間に合う」と話した。
●ようやくピッチに戻ってきたチェルシーのフランク・ランパードが、復帰戦となったボルトン戦でフル出場を果たした。
●アヤックスは8日、ヘンク・テン・カーテ監督を退団させることでチェルシーと合意に達したと発表した。
●プレミアシップで首位を行くアーセナルが9日、北京で中国語の公式サイトをオープン。中国でのファン獲得に乗り出した。
●セネガル代表でキャプテンを務めるFWのエル・ハジ・ディウフ(26歳)が8日、代表引退を表明した。サッカー協会内のトラブルを理由としている。
●UEFAカップ・グループリーグの組み合わせ抽選会が9日に、UEFA本部のあるスイスのニヨンで行われ、優勝候補ナンバーワンのバイエルン・ミュンヘンは、ボルトン(イングランド)、ブラガ(ポルトガル)、ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)などと同じグループFに入った
●アヤックスのヘンク・テン・カテ監督のコーチ就任が濃厚となったチェルシー。シーズン途中にオランダの名門クラブから監督を引き抜くという力技に出たチェルシーのチーム改革プランが徐々に明らかになってきた。テン・カテの入閣でチーム内でのオランダ色を強める方針のチェルシーは、1月の移籍マーケットでアヤックスのFWクラース・ヤン・フンテラールを獲得する方針。そして最終目的として、来シーズンから現在バルセロナで指揮を執るフランク・ライカールトを監督に迎えるべく、水面下で動いているという。
●開幕から2分け4敗といまだに勝利を飾れずに、勝点も2に留まっているリボルノ。先週末のカターニャ戦にも破れ、最下位を独走?する状況に、スピネッリ会長も我慢の限界に達したか、監督解任の噂が囁かれている。
●長年に渡ってユベントスの最前線で活躍してきたデル・ピエロがピンチを迎えている。7日に行われたフィオレンティーナ戦ではついにスタメン落ちしてしまった。現在、クラブと契約延長交渉中だが、条件面で本人とクラブとの開きが大きいことから、セッコGMは「来シーズンのユベントスに彼がいない可能性もある」と発言するに至っている。
●UEFAは8日、ACミランのGKネルソン・ヂダの処分を検討中だと発表した。事の発端は3日、グラスゴーで行われた欧州CLグループリーグD組第2節セルティック戦で、試合終了間際にピッチに乱入したセルティック・サポーターに軽く殴打されたヂダがその場に大袈裟に倒れこんでいた。その行為があまりにも大袈裟であったために、UEFA側が懲罰規定に反するかどうかを審議するとのこと。
●「昨夜の勝利が我々の転機となれば良いのだが…」。ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長が7日のセリエA第7節アウエーでのラツィオ戦5-1勝利を振り返っている。
●インテル所属のコロンビア人DFイバン・コルドバが8日、ホルヘ・ルイス・ピントがコロンビア代表監督に就任している間は代表を辞退する意思を表明している。
2007/10/05UEFAサッカー情報
●4日に行われたUEFAカップ1回戦のセカンドレグの試合で、スペイン勢は、ビジャレアル、アトレティコがいずれも2試合合計6-1、9-0の大差で、BATEとエルシエシュポル相手に勝ち抜け、ヘタフェもアウェイゴールルールでトゥウェンテを退けた。
●先日チャンピオンズリーグのスラビア戦で4対2で勝ったセビージャ。先制点を決めたFWフレデリク・カヌーテは「リーガでも自信を取り戻せるように何としてでも勝ちたい」と、既にリーガでの次節の相手であるデポルティーボ戦に気持ちが向いている。この2週間で4連敗という悲惨ともいえる成績のセビージャは、チームの評判や信頼を失いつつあったが、セビージャのサッカーは従来のスタイルは一度も失ってはいないと断言する。
●レクレアティーボは次節アウェイでレアル・マドリーと対戦するが、3週間前に筋繊維を痛め戦列から離れていたFWシナマ-ポンゴーユは「すっかり良くなったし、監督もマドリーと十分戦えるまでになったと言ってくれている。あとは全て自分次第だ」と順調に回復した様子をアピールした。
●バルセロナのエトーは、自分で調子が戻ったと感じた後もすぐにピッチには立てなそうだ。彼の故障が厄介なもので、正しく治療をしていかなければ問題が起こり得ると考えているドクター陣は、非常に慎重な体制でリハビリを続けているからだ。
●長い歴史を誇るアスレティックをしても、昨日起こったような事件が見られたのはこれまでほとんどなかった。練習中にファンから罵声を浴びせられたデル・オルノは、そのファンに怒って怒鳴り返したのだ。事件が起こったのは、カパロス監督によって3グループに分けられた選手達が練習場の外周をランニングしていた時のこと。彼らが木と木の間を走っていると、あるファンが攻撃的な口調で怒鳴りつけてきた。選手達は彼が何を言っているのかはっきり聴き取ることはできなかったのだが、何人かの選手に対して怒りをぶつけている様子は見て取ることができた。そして、それに怒ったデル・オルノが応対してしまったのだ。
●ポルトガル代表のルイス・フェリペ・スコラーリ監督のベンチ入り停止処分が4試合から3試合に事実上減らされた。
●UEFAカップ1回戦のセカンドレグが4日に行われ、優勝候補のバイエルン・ミュンヘンがポルトガルでベレネンセスと対戦、後半にトニとアルティントップのゴールが決まり、2-0で勝利。2試合合計3-0で、グループリーグに進出した。
●イタリア勢で唯一勝ち抜けたのが、フィオレンティーナ。フローニンゲンとの対戦が2試合とも1-1だったため、PK戦でようやくグループリーグ進出を決めている。しかし、エンポリはチューリッヒに敗れ、2試合合計2-4で敗退。サンプドリアは2試合合計2-2でアウェイゴールでAaBの前に敗退した。パレルモはムラダと2試合合計1-1となり、PK戦で敗れた。フランス勢はボルドー、トゥールーズの2チームとも勝ち抜けている。
●UEFAカップ1回戦のセカンドレグが4日に行われ、イングランド勢では、トッテナムがアウェイでアノルソシスと1-1で引き分けたが、ファーストレグの大勝が効いて、2試合合計7-2で勝ち抜けた。エヴァトンもメタリストとの接戦を3-2で制し、2試合合計4-3。ボルトンはマケドニアのロボトニツキと対戦、途中出場のアネルカのゴールが決まって、2試合合計2-1。しかし、ブラックバーンはホームで2-1で勝利したものの失点が響いて、2試合合計2-3でラリッサの前に敗退した。
●リーグでなかなか勝ち点を伸ばせず、もたついているミラン。3日に行われたチャンピオンズリーグ、セルティック戦も落としてしまい、チームは厳しい状況に直面している。ベルルスコーニ会長は苦りきった表情で、「現在のミランは満腹状態のようだ」と語り、昨シーズンにチャンピオンズリーグを獲得したことから来る気の緩みを指摘している。当然、アンチェロッティ監督にも非難が集まっており、監督交代を囁く声も出始めている。
●アブラム・グラント監督の去就が大きな注目を集めるチェルシー。次期監督候補の名前が連日紙面を賑わしているが、クラブ側はグラントの続投を明言している。そしてこの度、グラント体制をサポートすべく、チェルシーは外国人コーチの招聘を示唆。その候補として名前が挙がっているのが、アヤックスで指揮を取るヘンク・テン・カテ監督だ。
●チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ序盤2試合でともに3-0と大敗を喫したリヨン。ここ数年で最大の危機感が漂っている。そんな中、オラス会長がペラン監督を呼び出して話し合ったことがリヨンのホームページで明らかにされた。
●ASローマのDFフィリップ・メクセスが4日、ローマを愛する人物に贈られる“Er mejo Fico der Bigonzo”賞を受賞した。
●「今はACミランという名門でプレーしているが、いつの日かバルセロナやレアル・マドリーのようなスペインの名門でプレーしてみたい」。ACミランの司令塔カカがスペインの“El Paris”紙のインターネットのチャット・インタビューの中で、将来の希望を明かしている。
●サポーターの殴打に対し、大袈裟に倒れたヂダに対しセルティックのブライアン・クイン会長が不快感をあらわにした。クイン会長は「サポーターの行為は許されるものではなく、言い訳をするつもりはないが…。あの程度の本当に軽い接触で大袈裟に倒れ、担架で運び出されたヂダの行為は猿芝居としか言いようがない」とコメント
2007/10/04UEFAサッカー情報
●CLグループBの試合が3日に行われ、注目のバレンシア対チェルシー戦は、アウェイのチェルシーが2-1で逆転勝利を手にした。
●3日に行われたCLグループCの試合で、ラツィオとレアル・マドリーがローマで対戦。レアルはエースのファン・ニステルローイのゴールで二度先行するが、ラツィオはいずれもパンデフのゴールで追いつき、2-2のドロー。
●リーガ前節のヘタフェ戦で6ヶ月ぶりにスタメン、フル出場を果たしたレアル・マドリーのオランダ代表MFアリエン・ロッベン。フィジカルコンディションは万全だという彼だが、久々のフル出場に疲れたとも明かしている。「僕には素晴らしいチャンスとなったよ。6ヵ月ぶりのフル出場となったわけだからね。いいスタートを切れたと思う。プレーのリズムを掴むにはもっと時間が必要だけど、日に日に良くなっていると感じているよ。今の僕にはプレーすることが必要なんだ」。
●リーガとチャンピオンズリーグ合わせて目下5連勝中と絶好調のバルセロナだが、試合が行われる度にケガ人が発生し、そしてその故障者全員が守備的な選手という異常事態に陥っている。先週はDFザンブロッタ、ミリート、MFトゥーレ・ヤヤが戦列を離れ、そして火曜日のチャンピオンズリーグ、シュツットガルト戦では試合終了を待たずしてDFマルケスとプジョールがベンチに下がることになった。幸い、プジョールのケガは打撲によるもので、大したケガではないということだが、マルケスのケガは深刻だ。右足ヒラメ筋を裂傷し、最短でも1ヶ月の戦線離脱になるとのこと。
●3日の欧州CLグループリーグ第2節アウエーでのラツィオ戦で、レアル・マドリー所属のイタリア代表DFのファビオ・カンナバーロが、移籍後初めてイタリアのチームと対戦した。試合後カンナバーロは「ラツィオは素晴らしい内容だった。強いだろうと予想していたが、その通りだった」と感想を語った。またレアル・マドリーのディフェンスが噛み合っていないことについて、カンナバーロは「ディフェンスが崩されてしまうことに慣れてしまっていて、現状では完璧に守り抜く事が難しい。今週も『守りを強化しよう』とチームメートに呼びかけていたが、ピッチに降りると全員忘れてしまうようだ。ラツィオにも再三スペースを作られ、ピンチに陥った。我々の対戦相手はみな良いゲームをする」とコメント。レアル・マドリーがディフェンス面で問題を抱えていることを認めた。
●決して褒められた内容とはいかないまでもここまでは結果を残しているR・マドリー。「確かに最近の数試合はいい内容とはいえない戦い方をしている。ツキがあったと思う。しかし、サッカー界ではそれも大事な要素の一つ。結果がこのまま出続けると良いのだが」R・マドリーのテクニカル・ディレクター、ミヤトビッチ氏はチャンピオンズリーグ(以下CL)対ラツィオ戦を前に滞在するローマのホテルでスペイン記者達に対しこのように語った。
●ファン・ニステルローイという偉大なストライカーが2ゴールでローマでの最悪の事態を回避させた。R・マドリーは、アウェイの地でインスピレーションは目覚めず、プレーは鈍り、ありふれたイメージを残した。
●バルセロナのフランス代表FWティエリ・アンリが1日だけフットボールの世界からモードの世界へと転身した。ロンドンでトミー・ヒルフィガーとコラボレートしたアンリ・ブランドを発表。この収益は全て、人種差別や社会的格差と戦うことを目的としたワン・フォー・オール財団に渡るとのことだ。
●アトレティコ・マドリーは2日、UEFAカップの登録メンバーから誰か1人を抹消する必要があったことを説明した。その1人にフアン・バレラを選んだのはクラブの強化部だったが、アギーレ監督や本人がそれを知らされたのは、既に手続きが済まされた後のことだった。これについてバレラの代理人は、「冷静になり、難しく考えてはいけないと本人には伝えた」とコメントしている。
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ前監督が、ライ(イタリア国営放送)で3日のチャンピオンズリーグ、ラツィオ対R・マドリーのコメンテーターを務めた。「R・マドリーがアウェイでプレーする時はいくつか問題がある。今日は私が指揮していた時とは違うR・マドリーを見ることになる」と早くも警告を発したカペッロ前監督。「私は常にR・マドリーの近くにいる。だが、ラツィオが勝つことに期待している。イタリアの4チームが決勝トーナメントに進んだほうがいいからね。R・マドリーをコメントするのは初めてだ。今はあそこにいないが、コメントすることはうれしいことだ」。「グティを右で、スナイデルを左でプレーさせることに驚いている。それにディエラの位置だ。彼はディフェンスの少し前にいる」と早くも疑問を投げかけ、「R・マドリーはラツィオのスピードあるフォワード陣に苦労している。だが、エインセもカンナバーロもいい試合をしている。マルセロもだ。彼はとてもいい。だた、まだ経験が足りない」
●レアル・マドリーのミヤトビッチSDは、チャンピオンズリーグ第2戦、ラツィオ対レアル・マドリー戦後にスペイン代表のルイス・アラゴネス監督に対しあるメッセージを送った。それは、ラウルは常に同国代表にいるべきであるというものだ。「ラウルは今いい時期にいるし、スペイン代表にいるべきだ。気持ちも取り戻しているし、ゴール嗅覚もある。代表にとって非常に重要なこれからの試合でラウルは必ず役に立つはずだ」。
●2日に行われたCLの試合で、ステアウア・ブカレストを1-0で下し、国内リーグ戦同様CLでも好調ぶりをアピールしたアーセナルだが、アーセン・ヴェンゲル監督は「我々の挑戦は、できるだけ長くこの勢いを持続させることだ。だから、現在と49試合無敗記録を達成した頃と比較するのはまだ早すぎる。現時点では、一歩一歩前に進んで次の試合に勝つよう努力することが大切だ」と慎重な姿勢を崩さなかった。
●ユヴェントスが、クラブの顔であるFWアレッサンドロ・デル・ピエロが今シーズン限りで退団する可能性があることを認めた。
●3日に行われたチャンピオンズリーグの試合で、グループAのリヴァプールは雨のホームでマルセイユに0-1で敗れた。
●3日にCLの8試合が行われ、ドローの1試合をのぞくと、6試合はアウェイのチームが勝利を収めるという珍しい現象となったが、唯一ホームチームが勝利したのがセルティック対ミラン戦。
●3日に行われたセルティック対ミラン戦の終盤に、GKジーダがファンに襲われた件について、ミランの副会長は「我々は抗議をするつもりはない。これはベルルスコーニ会長も同じ意見だ。我々は欧州チャンピオンであり、それにふわさしい行動を取らなければならない」と話した。アンチェロッティ監督は「サポーターが熱狂的で厳しい状況ではあったが、試合内容は良かった。ただ、どうしても結果が伴わない。敗戦に終わり残念だ」と厳しい表情で試合を振り返った。
●ASローマ主将フランチェスコ・トッティが3日、0-1の敗戦に終わった欧州CLアウエーでのマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。悔しさを隠し切れないトッティは「自分の中では負けを認めていない。何故なら、100%我々へのPKがあったからだ…。ただ、昨季と比較するとチームは成長した。マンチェスター・ユナイテッドという強豪相手に互角に戦うことができた」とコメントした。
●2日に行われた欧州CLグループリーグ第2節、アウエーでのマンチェスター・ユナイテッド戦(0-1の敗戦)で負傷したASローマMFアルベルト・アクィラニの怪我の状態が3日、明らかとなった。ASローマのマリオ・ブロッツィ医師によると右大腿部を負傷したアクィラニは、完治までには1か月要するとのこと。
●7日に開催されるセリエA第7節フィオレンティーナ対ユベントス戦で、ユベントス・サポーター側の席が入場禁止となることが明らかとなった。
●ユベントスそしてイタリア代表のGKジャンルイージ・ブッフォンが今夏の移籍市場で、ACミランに移籍する方向で話がまとまっていたことが4日、明らかとなった。ブッフォンは年俸600万ユーロ(約10億円)の4年契約で仮契約書にサインを済ませていたが、2500万ユーロ(約41億円)の移籍金を巡り、ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長とユベントス間で折り合いがつかなかった為に、本契約には至らなかったとのこと。
●ポール・スコールズ、ミシェル・プラティニ等とベンゲル監督から比較されるまでに急成長を遂げているスペイン代表MF、アーセナル所属のセスク・ファブレガス(以下、セスク)。そのセスクが、アーセナルサポーターが投票する9月の月間MVPに48%の票を獲得し選ばれた。2位のFWアデバヨール(28.9%)、3位MFフラミニ(9.7%)を大きく引き離して堂々のMVP獲得だ。
●恐らく現在ヨーロッパ最高のFWであろうディディエ・ドログバの活躍により、再びチェルシーは相応しくない勝利をメスタージャから持ち帰ることに成功した。
2007/10/03UEFAサッカー情報
●第1戦でアーセナルに敗れたセビージャはホームでスラヴィア・プラハと対戦、カヌーテ、ファビアーノらのゴールで4-2と快勝し、グループリーグ初勝利を上げた。
●ホームで19試合連続無敗を記録中だったシュツットガルトに対し、バルセロナは苦しみながらも勝利を手にした。前半の30分間を完全に支配したものの、その後は苦しんだバルサ。後半に入りプジョール、メッシがゴールを決めてマルケスとプジョールの故障を犠牲にした勝利を味わった
●チャンピオンズリーグ第2戦、ホームにチェルシーを迎え撃つバレンシアだが、チームのエース、ダビ・ビージャは、チェルシーに勝っても決勝トーナメント進出が決まるわけではないと冷静さを見せている。とはいえ、チェルシーに勝てば勝ち点差は5ポイントとなり、「大きなメリットになる」とも。「メスタージャで、ヨーロッパでも屈指のクラブ同士で素晴らしい試合をし、バレンシアが勝つことを望んでいる」と意欲をのぞかせている。
●レアル・マドリーが月曜日(10月1日)、バラハス空港でクラブ専用飛行機“ラ・サエタ”号のお披露目式を行った。翌火曜日には、チャンピオンズリーグ第2戦、ラツィオ戦に向けこの新たな飛行機でローマへと向かう。
●シーズン序盤、まだ魅力あふれるプレーは鳴りを潜めているレアル・マドリーだが、結果という点では実に16年ぶりの好成績でシーズン序盤を走っている。第6節が終了した時点で5勝1分という成績は91-92シーズンぶりの快挙。昨年のカペッロ前監督率いるチームが同じ試合数ですでに1敗を喫し、7ポイントを失っていたことに比べれば、シュスター監督は無敗で16ポイントを稼いでいる。さらに、次節の試合で勝利すれば21世紀の連続無敗記録を更新することになる。リーガでは4月13日から負けなしのチームは、2002年10月から2003年2月にビセンテ・デル・ボスケ監督(当時)が成し遂げた15連勝に並ぶ。
●アウェイでシュツットガルトに勝利したバルセロナのライカールト監督は、結果に一応は満足しているものの、チャンピオンズリーグでは出来るだけ早く勝負をつけてしまうべきだと警告を発している。「立ち上がりは非常によかった。チャンスもたくさん作れたからね。しかし私はそれほど満足しているわけではない。エリアの近くでドリブルで持ち込んだり、綺麗なパスを通そうとすれば、シュツットガルトのようにロングボールでダイレクトにプレーするチームが相手の場合は非常に危険だ。我々のように個人能力のある選手が集まれば、そのようなプレーをするのは仕方がないことだが、チャンピオンズリーグのようにレベルの高い大会では出来るだけ早く勝負を決めることが大切なんだ」と語るライカールト監督。
●アトレティコ・マドリーのエース、セルヒオ・アグエロが7日に行われるバルサ戦を前にアルゼンチン代表でコンビを組むメッシとの対戦について、「メッシと僕はいつも喋っている。今はゴール数でも並んでいる事を2人で笑っているよ。考えもしなかったことだったからね。メッシは完璧な選手だ。でも僕も同じだけど学ぶ事はたくさんある。メッシとアグエロ・コンビはパーフェクトな組み合わせだと思うよ」と語った。
●毎週月曜日にカタルーニャ系新聞‘El Periodico’にコラムの執筆をしているクライフ氏が、「フィジカルコンディションがいい時だけロナウジーニョはプレーするべきだ」と厳しく指摘した。「12番目の選手になったとしても誰も死ぬ事はない」とロナウジーニョがベンチスタートで途中から出場することも悪くは無いと言う。なぜなら、試合を決定付けるプレーヤーはベンチから出場する場合があるとして、「どの監督も欲しい手は、試合の流れを変えられる選手と試合を終わらす事ができる選手だ」と話した。
●バルセロナのDFラファエル・マルケスがチャンピオンズリーグ第2戦、アウェイでのシュツットガルト戦で試合開始早々に負傷しベンチに下がった。右アキレス腱に問題を抱え、リーガ前節のレバンテ戦には出場できなかったマルケスだが、この痛みを克服しシュツットガルト戦でスタメンに復帰したばかりだった。マルケスは右足ヒラメ筋を痛め、1~2ヶ月の戦線離脱となる見込みだ。また、マルケスに代わって出場したカルラス・プジョールも後半に負傷。53分に先制ゴールを決めた少し後、足に痛みを感じ、ピッチを後にした。初診では筋肉のハリが見られただけとのことだ。
●フアンデ・ラモス監督は、今一度トッテナムからの素晴らしいオファーを断る可能性がある。イギリスの「ザ・ロンドン・イブニング・スタンダード」、「デイリー・メール」各紙の情報によると、トッテナムは彼に対し、年俸1000万ユーロ(約16億4500万円)超のオファーを出すに至ったようだ。これは前回彼が500万ユーロ(約8億2000万円)超のオファーを拒否したことで吊り上げられた金額だという。
●LAギャラクシーMFデイヴィッド・ベッカムの代理人が「プレミアリーグ復帰はない」と断言した。
●ステアウア・ブカレストのオーナーが「2日のアーセナル戦に負けた場合、マッシモ・ペドラチーニ暫定監督を解雇する」と明言、指揮官にプレッシャーをかけている。
●ウェスト・ハムFWのディーン・アシュトンのイングランド代表入りが確実視されている。
●レディングのウィンガー、グレン・リトルがアキレス腱断裂で約6か月間戦列を離れることになった。
●CLグループリーグでマルセイユと対戦するリヴァプールは、絶好調の守護神ホセ・エマヌエル・レイナに期待を寄せている。先週末のウィガン戦で5試合連続クリーンシート(無失点)を記録したレイナは「記録をとても誇りに思う。だけど、僕らの場合はチーム一丸となって守備をするから、5試合連続クリーンシートは皆の記録だと思う。それより、ここまで失点を許したのがPKだけだったことが大事だ。この手堅い守備を維持していかなければならない」とコメント、マルセイユを無得点に抑えてチームに貢献したいと語った。
●2日に行われたCL第2節の試合で、グループFのマンチェスター・ユナイテッドはローマをオールド・トラッフォードに迎えた。マンUが1-0で勝利した。
●グループHでは、アーセナルがアウェイでステアウア・ブカレストと対戦、0-0で迎えた76分にアデバヨルの折り返しをセスクがスルー、走り込んできたファン・ペルシーがゴールに突き刺すと、これが決勝点となり1-0で勝利。プレミアシップで好調のヤング・ガナーズはCLでも2連勝で首位に立つ。
●欧州CLグループリーグ第2節が各地で行われた2日、インテルはホームでPSVと戦い、2-0の勝利を収めた。試合終了後、PSVのDFサルチドに暴行を働いたとしてインテルのFWスアゾが退場処分となった。判定にショックを受けるスアゾは「VTRを見て確認してもらいたい。自分は何もやっていない。むしろ、自分の方が誰かに頭を殴られた。しかし結果的には自分が退場処分となってしまった…。自分は挑発する選手ではないので、この判定にショックを受けている。納得のいく説明があるとよいのだが…」
●FWズラタン・イブラヒモビッチの2ゴール(内1点はPK)で2-0の勝利を収めた。今季欧州CLでの初勝利に満足するインテルのロベルト・マンチーニ監督は「選手がみな良くやった。キブの退場(後半21分)で20分以上数的劣勢に立たされながらこれといったピンチを迎えずに戦うことができた」と選手の功績を称えた。
●グループEではレンジャーズがフランス王者のリヨンとアウェイで対戦。3-0で勝利
●試合後ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督は「チームは良くやった。敗戦となったが、力負けはしていなかった。ただ、決定的なチャンスを生かしきれなかった。試合終盤は我々が攻撃に徹していたし、マンシーニ対するファールはPKだった。次の2試合が決勝トーナメント進出の鍵を握る」
2007/10/02UEFAサッカー情報
●マンチェスター・ユナイテッドDFジェラール・ピケ(20歳)が、レアル・サラゴサに移籍するかもしれない。ピケの代理人が、サラゴサがピケを本国スペインに呼び戻そうとしている、と明かしたもの。
●不調、そして負傷。今シーズン、早くも批判の対象となっているバルセロナのロナウジーニョを巡る移籍の噂は尽きることはないが、ロナウジーニョ自身はこの移籍の可能性を否定し、ピッチの上で期待に応えると意欲を見せている。バルセロナの有力紙“エル・ムンド・デポルティーボ”のインタビューで、「僕の未来はチェルシーでもミランでもない。僕はバルサに残りたい、それが僕のロナウジーニョの希望だよ」と1月の移籍マーケットでの移籍を否定したロナウジーニョ。
●リオネルとレオネル、メッシとアグエロ。2人合わせて40歳にも満たないアルゼンチンの若きフォワードがともに5ゴールで、リーガ得点王ランキングトップタイに並んでいる。20歳と19歳のアルゼンチンコンビは、ストライカーとしての嗅覚だけでなく、その溢れる才能でリーガファンを魅了している。セビージャ戦、サラゴサ戦で2ゴール、レバンテ戦で1ゴールのメッシに対し、アグエロは、マジョルカ戦を除く試合で1ゴールずつ決め、6試合で5ゴールをマーク。爆発的なメッシのゴールに対し、ほぼ毎試合1ゴールと安定感のあるアグエロ。対称的なゴールを決めている2選手だが、この若きアルゼンチンのクラックにファンはすっかり釘付けだ。毎試合彼らのゴールを楽しみに、そして期待しているのだ。
●選手のローテーションを行い、選手に負荷をかけない、ハードスケジュールを乗り越えるというシュスター監督の采配が裏目に出てしまっているようだ。アトレティコ・マドリーとビジャレアルには大勝し、ここまでバジャドリーに引き分け勝ち点2を落としただけのR・マドリーではあるが、明らかに満足のいく試合はできていない。ベティス戦は苦しみながらも勝利、ヘタフェ戦はほぼ奇跡的な形で勝利を収めたもののシュスター監督の選手ローテーションが功を奏しているとは考えにくい。
●ベティスの筆頭株主マヌエル・ルイス・デ・ロペラ氏が、ブラジルとアルゼンチンへチームスカウトを派遣したと発表した。ベティスはナノの長期離脱の穴を埋められる代役を探している所で、「最後の決断はコーチングスタッフに委ねてある。中盤は多くの選手が居るがクーペル監督の要求に応じる準備はできている」と明らかにした。
●リーガに加えてチャンピオンズリーグの試合をこなしているバレンシアだが、キャプテンのアルベルダはこの過酷な日程について「確かに厳しいが、体調を整える時間はあるし、シーズンが開始したばかりのこの時点ではまだ足は動く」と余裕を見せている。しかし同時に「日程は僕達の意見は全く反映されない。まるで商品のように扱われている気分だ。長年この調子だが、誰も解決しようとはしない」と現実の厳しさに遺憾を表した。
●セビージャのヘスス・ナバスはチャンピオンズリーグのスラビア戦を目前に控えた心境を語った。現在4連敗中のセビージャだが「フアンデ・ラモス監督も言ったように、次へ進むきっかけになる重要な試合だ。リーガとは違い、チャンピオンズでは一度負けたらすぐに気を取り直し、リズムを変えなければならない」と意気込みを伝えた。ただ、現在の苦境は同試合には影響しないという。「今の状況は一時的なものだ。これまでの試合でも得点の機会は十分に作れた。この調子で攻めていくしかない。負けた試合の後も、次に向けて練習をし続けてきた。明日のスラビア戦が楽しみだ」と、前向きに構えている様子を見せた。
●月曜日、ローマ遠征を前にバルデベバス練習場で最後の練習を行ったレアル・マドリーだが、この午前の練習でも通常メニューをこなしたファン・ニステルローイは、水曜日のチャンピオンズリーグ第2節、ラツィオ戦への出場が濃厚となった。一方、ヘタフェ戦で足首を捻挫したロビーニョはこの試合に欠場する。
●バルサのテクニカル・ディレクター、チキ・べギリスタイン氏は、怪我人が続出しているチームの現状について、「これがサッカーである。選手達を壊してしまっている。フィジカルコーチの責任ではなく、過密スケジュールのためだ」として、親善試合、代表戦による選手の疲労が怪我人を増やしている原因だと指摘した。CL対シュツットガルト戦に怪我から復帰しメンバー招集されたロナウジーニョについて、「もちろんロナウジーニョの調子が良ければスタメン出場すると思う。ロナウジーニョがどういう選手だったか、世界で最もすばらしい選手だった事、みんなが彼のプレーに魅了された事。忘れてはいけないと思う。彼はまた良かった時の状態を取り戻せると思う」と説明している。
●リバプールのDFアルバロ・アルベロアがスペイン代表、ルイス・アラゴネス監督の次の試合への“サプライズ”となる可能性がでてきた。現在24歳のアルベロアは、リバプールでも高いレベルを見せ、レギュラーポジションを獲得。アラゴネス監督はアルベロアの活躍ぶりにもチェック済みで、10月17日に行われるフィンランドとの親善試合で彼にチャンスを与える構えのようだ。
●先週末のフラム戦で右頬骨を骨折したチェルシーDFジョン・テリーが、翌日の30日朝に手術を受けたことがわかった。クラブは「3日のバレンシア戦でテリーがプレーする可能性はまだ残されている」と主張
●セルティックの中村俊輔が「ゆっくりだけど、故障した膝の状態はよくなっている」とコメント、CLグループリーグのミラン戦を目指して調整するが、出場できるかどうかは微妙だと示唆した。
●インテルのマッシモ・モラッティ会長が、ロベルト・マンチーニ監督を信頼しているとアピールした。前チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ氏がフリーになったことで、ここ最近マンチーニ解任論が浮上していたが、モラッティ会長は「マンチーニは完璧なチームを作り上げたし、サブメンバーの使い方もうまい。多くの人々がマンチーニを批判しているが、彼は優れたコーチであり、そういった否定的な評価を受けるに値しない人物だと思う」
●ニューカッスル・ユナイテッドFWマイケル・オーウェンが、早ければ今週末のエヴァトン戦で復帰しそうだ。ドイツのミュンヘンで外転筋損傷とヘルニアの治療を受けたばかりのオーウェンだが、幸い予想を上回る早いスピードで回復している。
●1日、プレミアシップのトッテナム対アストン・ヴィラ戦が行われ、4-4で引き分けた。開幕から低迷を続けていたトッテナムが、ついにホームで意地を見せた。一時はアストン・ヴィラに3点差をつけられながらも、終了間際のカブールのゴールで同点に追いつき、なんとか1ポイントをもぎ取ったのだ。
●リヴァプールのスティーヴン・ジェラードが1日午後、自動車衝突事故を起こしていたことが明らかになった。この事故で、10歳の男の子が足を骨折したと見られる。ジェラードの代理人は、同選手の車がバークデール地域をゆっくり走行していたところ、突然男の子が道路に飛び出してきた。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、故障者続出に不安を抱えている。CLのローマ戦が目前に迫っているが、チーム練習に合流したばかりのオーウェン・ハーグリーヴス、そして、先週末のバーミンガム戦で負傷し1日の練習を休んだネマニャ・ヴィディッチとウェズ・ブラウンのフィットネスが心配されている。
●昨季のCLで、マンチェスター・ユナイテッドに1-7と屈辱的な大敗を喫したローマのルチアーノ・スパレッティ監督が、再び激突するレッド・デビルズとの一戦を前に心境を語った。リーグ戦でもインテルに4-1で敗れた直後だが、スパレッティ監督は「ローマには結果を出す実力が備わっている」と説き、選手たちのモチベーションを高めている。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、選手生命を奪いかねない危険なタックルを撲滅すべく、審判団に取締りの強化を訴えた。先週土曜日のプレミアリーグで、MFアレクサンデル・フレブがウェストハムのMFマーク・ノーブルの危険なタックルを受け負傷退場したシーンについて、ベンゲルは「あれは明らかに退場だった」と、イエローカードを提示した審判に判定の見直しを要請。さらに、試合終了後でもリプレイで判定内容を見直すことができるよう、ルールの改定を求めた。
●セリエA第6節、ASローマとの頂上対決を4-1で制し、単独首位に立ったインテル。勝利の余韻に浸る間もなくチームは早速火曜日(2日)に行われる欧州グループリーグ第2節、ホームのPSV(オランダ)戦に備えている。ASローマ戦に出場した選手達は、疲労を考慮し、エアロバイクやプールでの調整、そして入念なマッサージを行っている。DFブルディッソ、DFコルドバ、FWクルスは出場停止処分中。DFマテラッツィは腰を痛めており長期離脱。MFビエィラも左腰を痛めており、出場は微妙な状況。FWアドリアーノはリスト外。
●ACミランのMFクラレンス・セードルフが、リーグ戦で1勝4分け1敗の勝ち点「7」で11位と低迷するチームにゲキを飛ばしている。経験豊富なセードルフは「欧州チャンピオンであるACミランに対して、セリエAの他チームは例年にも増して闘志をむき出しにしてぶつかってきている。今の我々に言葉は必要ない。ただ団結してピッチに降りるだけだ。また、我々を非難する報道には耳を傾ける必要はなく、我々自身がしっかりと自責して改善策を見出すべきだ。これまで幾度となく窮地を乗り越えてきた。ACミランには逆境を跳ね返す力が備わっている」
●インテルの主将ハビエル・サネッティが2日の欧州CLグループリーグ第2節ホームでのPSV戦で、ASローマ戦(9月29日のセリエA第6節。4-1で頂上対決を制す)と同様のパフォーマンスをチームメートに呼びかけた。複数ポジションを器用にこなすサネッティは「国内リーグ戦と欧州CLは全く別物ではあるが、ASローマ戦と同じような試合展開を期待している。ASローマ戦では積極的な攻撃が功を奏し、勝利を掴んだ。今季のASローマはとても強く、我々インテル同様にリーグ優勝を狙っている。素晴らしい試合を披露しているASローマを相手に、なんとしてでも勝利を収めたかった。個の力とチームの結束力が我々の勝利を生んだ」
2007/10/01UEFAサッカー情報
●バレンシアのストライカー、ダビド・ビジャが、3日にCLで激突するチェルシーのグラント新監督を非難した。「チェルシーは僕に関する情報をほしがっていた。モウリーニョが僕に興味を持っていたことは明らかだよ。でも、クラブ内で反対意見があったんだろう。僕の元にオファーは届かなかった」と打ち明けると「アヴラム・グラント新監督のことはあまり知らないけど、ジョゼ・モウリーニョと同じカテゴリーに属する指揮官だとは思わないね。0-2で敗れたマンチェスター・ユナイテッド戦を見たけど、僕らが前回対戦したときと比較すると全く違うチームだったよ」
●バルセロナMFのヤヤ・トゥレが、先週末のレバンテ戦終了間際に大腿筋を損傷、全治4週間の診断を下された。
●この日のバルセロナは格が違った。サンタンデールとパンプローナでスコアレスドローに終わったチームは見る影もない。レバンテと対戦したこの日のバルサは、ホーム3連勝の勢いをそのままに、さらにプレーのレベルを高めている。そして主役となったのはハットトリックを決めたアンリと、“得点王”メッシ。最後にレバンテがPKで1点返したものの、試合は4-1というバルサの圧勝で終わった。
●レバンテにアウェイで1-4と大勝したバルセロナのライカールト監督は、試合を振り返り「とても楽な試合だった」と語っている。「序盤は少しもたついたが、先制したことでスペースが生まれて我々のプレーはやり易くなった。相手のプレスもそれ程きつくなかったし、我々にとっては非常にやりやすい試合だったよ」
●レアル・マドリーのカンテラに衝撃が走った。R・マドリーのカンテラで最大の至宝と注目されていた16歳のヘラルド・ブルーナをリバプールが獲得。バルセロナではメッシ、ジオバニ、ボージャンと次々にカンテラ出身の若き才能が開花しているが、R・マドリーも間もなくブルーナをトップチームに上げて周囲を驚かせるつもりだった。しかしベニテス監督がその計画を横取りしてしまったのだ。
●バルサに大敗してしまった(1-4)のレバンテの副会長ミゲル・アンヘル・ルイス氏が試合終了後、試合内容の悪さに怒り貴賓席に押し寄せたサポーターと小競り合いになった。レバンテ強化部長のエルネスト・カルペ氏と一緒だったミゲル・アンヘル・ルイス氏はサポーターに対し暴力的に対抗した。
●ヘタフェ相手に苦戦しながらも勝利を収めたレアル・マドリー。シュスター監督は、勝ち点3を獲得したことへの重要性を説いた。「内容について議論されるだろうが、我々が試合に勝ったことは事実。3日ごとに戦っているという状況では勝つことがまず大事。もちろん良いプレーを目指しているがね」。
●セルヒオ・ラモスのゴールでヘタフェを下したレアル・マドリーが首位をキープした。内容ではR・マドリーを圧倒し、20回以上のゴールチャンスを作ったヘタフェだが、フィニッシュに精度に欠き、チャンスを活かせず、ノーゴール。対するR・マドリーはチャンスをしっかり活かした。第6節では、シーズン序盤でR・マドリーが見せていたプレーはなりをひそめた。
●マンチェスター・シティがリケルメ獲得に向け、ビジャレアルに対し800万ユーロ(約13億1700万円)のオファーを出す準備をしている、と英紙“デイリー・ミラー”が報じている。スベン・ゴラン・エリクソン監督が、随分前からリケルメに注目しているということもあり、クラブが彼の代理人との交渉を開始することに好感を持ち、期待を寄せているようだ。
●セリエA第6節の8試合が30日に行われ、今季ここまでわずか1勝と出遅れているミランがまたも勝利を逃した。1-1で引き分けた。ミランは1勝4分け1敗の勝ち点7で11位。
●マンチェスター・ユナイテッドGKのエドウィン・ファン・デル・サルが、ローマ戦に帯同しないことが判った。先週末のバーミンガム戦でつま先を負傷したためで、2日に行われるCL予選のゴールマウスを守るのは、バーミンガム戦でファイン・セーブを見せていたトマシュ・クシュチャクになる。
●チェルシー主将のジョン・テリーが、フラム戦でほお骨を骨折、今月中旬に行われるEURO予選を欠場する可能性が出てきた。テリーは、前半にフラムのクリント・デンプシーと接触、ハーフタイムに退いていた。
●ミランのカルロ・アンチェロッティ監督が、1-1で引き分けたカターニア戦での不甲斐ない戦いぶりに不満を露にした。「我々のプレーは酷かった。失点は選手たちの不注意が原因だったし、我々が今シーズンあまりゴールを奪っていないのも真実だ」とコメント、すでにライバルのインテルに7ポイント差をつけられた現状にフラストレーションを募らせている。しかし、まだ調子の上がっていないカカについては「相手はカカを研究してくるし、彼に対しては激しいプレッシャーをかける。(コンディションを上げるための)解決策を見つけるには、落ち着いていることが大事」
●29日のプレミアリーグでウィガンと対戦したリバプールは、MFヨッシ・ベナユンのゴールで1-0の辛勝を収めた。シーズン開幕直後の好調ぶりが嘘のように、ここ数試合は苦戦を強いられているチームについて、MFスティーブン・ジェラードは「先は長い」とコメント。長いシーズンを見据え、試合ごとに選手を入れ替えるローテーション制を敷くラファエル・ベニテス監督の采配を信頼して戦い続けると誓った。「シーズンは長い。出来れば、60試合から65試合は戦いたいと思っているからね。だからこそ、すべての試合に出場することは不可能だ。僕たちは、監督を信じて戦うだけだよ」
●29日、セリエA第6節の2試合が行われ、ASローマはホームでインテルと対戦し、1-4の大敗を喫した。試合後がっくりと肩を落としたASローマのルチャーノ・スパレッティ監督は「この敗戦を引きずってはならない。悔いの残る結果となってしまったが、気持ちの切り替えが重要だ。今は悔しさを飲み込み、平常心を保つ事だ」「ジュリの退場(前半28分)が響き、イブラヒモビッチにPKを決められた事が敗戦となった最大の理由だ」
●セリエA第6節の2試合が行われた29日、フィオレンティーナはアウエーでリボルノと対戦し3-0の完封勝利を飾った。試合後フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督は「水曜日(セリエA第5節ASローマ戦。2-2引き分け)に我々の持ち味を発揮し、好調を維持したまま今日のリボルノ戦に挑む事ができた。試合序盤はリボルノも気迫に溢れており、スペースを見出すのに苦労した。後半19分にロビーゾが退場となってから我々は数的優位に立ち、試合展開が容易となった」
●セリエA第6節が各地で30日、行われた。北イタリアの都市トリノではユベントスとトリノによる“トリノ・ダービー”が行われ、ユベントスが終了間際のFWダビデ・トレゼゲのゴールで1-0の辛勝を収めた。
●セリエA第6節が30日、各地で行われた。サンプドリアはホームでアタランタと対戦し、3-0の完封勝利を収めた。この日は後半11分に途中出場したFWアントニオ・カッサーノが同39分にサンプドリア移籍後初となるリーグ戦ゴールを決めた。
●セリエA第6節の注目カード、トリノ対ユベントスによる“トリノ・ダービー”後ユベントスを今季から率いるクラウディオ・ラニエリ監督「今回のように、良い試合内容を披露できないことはいたってノーマルなことだ。選手達のテンションも高い。ただ、ダービー戦を制することは、常に特別な感情がわいてくる。確かに今回のダービーではテクニック溢れる内容とは言い難いかもしれないが、勝利を目指して両チームが激闘を演じた。GKブッフォンの2度のスーパーセーブにも助けられたよ。ダービーは常にダービーであり、順位や時期に影響されるものではない。トリノも開幕直後は“らしさ”が見受けられなかったが、この試合ではトリノらしさを存分に発揮していた。我々ユベントスには確かに5、6人ほどビッグネームが揃ってはいるが、残りは若手が占めている」「ダビデのゴールマウスを捉える能力は本当に素晴らしい。彼自身も今の状況を楽しんでいることだろう。得点以外での働きも目立っているし。ゴールを量産してくれることは嬉しいことだよ。彼は現時点で最もコンディションが整っている選手ともいえる」
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。