UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/30UEFAサッカー情報
●アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWフェルナンド・トーレスのリバプール移籍が現実味を帯びてきた。夏の移籍マーケットの季節になる度にメディアを賑わしてきたフェルナンド・トーレスの移籍の噂だが、とうとう本物になりそうだ。行き先はラファ・ベニテス監督率いるリバプールだ。スペインのラジオ局“カデナ・セール”は、フェルナンド・トーレスは7シーズンを過ごしたビセンテ・カルデロンからアンフィールドへ活躍の場を移す、と伝えている。
●フランス代表DFエリック・アビダル(27)のリヨンからバルセロナへの移籍が29日、正式に決まった。リヨンは2000万ユーロ(約33億円)の移籍金を要求していたが、レキップ紙によると、1500万ユーロ(+年間50万ユーロのインセンティブ)で両クラブの合意が成立した。契約期間は4年。
●ファビオ・カペッロ監督の解任を正式に発表したレアル・マドリー。後任には現ヘタフェのベルント・シュスター監督が最有力となっているが、今のところはっきりとはしていない。新監督は未定のままで、来シーズンの補強の動きも見せていないとはいえ、同クラブのプレドラグ・ミヤトビッチSDは来シーズンの補強に向けてプランニングをしている。FW:ソルダード/サビオラ。左ウィング:ドレンテ/ロッベン 。MF:マケレレ/セスク。CB:キブ/アレックス。右SB:ダニ・アウベス。左SB:アビダル/エインセ。GK:デュデク
●バレンシアの主将であるMFダビ・アルベルダは、1年契約を延長し2011年までとした。これまで延長がなかったにせよ、満足しているとし、バレンシアでの引退が理想だと述べた。
●バルセロナのチキ・ベギリスタイン・スポーツディレクターは29日、デコ放出の噂を否定すると共に、ローマとのクリスティアン・キブの移籍交渉に進展がないこと、シウビーニョの残留が決定的であることを明かした。
●アトレティコへの移籍が噂されているサントスのMFクレベル・サンターナが、日本から来たオファーを盾にアトレティコに圧力をかけている。「再び日本でプレーすべく、素晴らしいオファーを受けている。僕にとっても妻にとっても、日本での生活は心地よいものだった。でも新たなチームへ移籍する前に、あと2年サントスでプレーしたいんだ」と語る彼は、日本の浦和レッズからオファーを受けたことを明かしている。
●ベティスと2013年までの契約で合意に達したリバプールのマルク・ゴンサレスだが、今回の移籍について「ベティスへ行く事は将来大きなステップを踏むための犠牲だ」と伝えている。
●29日にサラゴサの新強化選手として紹介されたガビは、今回の移籍について「アトレティコ・マドリーでは行き詰っていたので出ざるを得なかった。サラゴサは素晴らしいプロジェクトを起こし野心的に取り組んでいっている。ここに来るのは選手としてとても貴重な経験だ。それにサラゴサは非常に質の高いサッカーを繰り広げる。とても魅力的だ」と喜びを伝えた
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、先日2400万ユーロ(約40億円)で獲得したアンリについて「素晴らしい選手だ。いい交渉ができた」とこの移籍を絶賛した。これは先日、ロセイ元副会長がアンリについて、30歳を迎える選手に高額な移籍金を積んだクラブを批判したインタビューに対する反撃である。
●バルセロナと4年契約を交わしたエリック・アビダルは入団会見で「決してバルサを失望させたりしない」と自信を見せ、長年に渡ってバルサでプレーすることが夢だったと語っている。アビダルはリヨンから1500万ユーロ(約24億7500万円)で移籍。アンリ、トゥーレ・ヤヤに続きバルサでは来季に向けて3人目の補強となる。
●レアル・マドリーはエメルソンに対して、来季は構想外であることを通達し、移籍先を探してもよいと代理人に伝えた。エメルソンは昨年ファビオ・カペッロ前監督の要望でR・マドリーに移籍したが、今季は構想外。すでにミランなどイタリアから複数のオファーを受け取っているようだ。
●ビジャレアルがエスパニョルのFWタムード獲得に興味を示している。フォルランをアトレティコ・マドリーに放出することが確実なため、ビジャレアルは代役となるFWをリストアップしており、急きょタムードの名前が浮上してきた。ただし、エスパニョルへの契約解除金が2400万ユーロ(約39億6000万円)と高額であること、エスパニョルにとってタムードはチームの顔であることから、現実的には難しいと見られている。
●マネ監督の退団が決まったビルバオの新監督に、デポルティボ・ラ・コルーニャを退団したホアキン・カパロス氏の名前が挙がっている。既に地元テレビ局の取材に対してカパロス氏は就任に前向きなコメントを残しており、スペイン国内でもカパロス氏でほぼ決まりとの報道が出ている。
●「インテルのFWは多すぎる。このままでは、誰かが出ていかなくてはならないだろう」アルゼンチン代表としてコパ・アメリカ出場のため、ベネズエラにいるFWクレスポ(31)がインテルの移籍市場動向、とりわけFW獲得戦略に憂慮している。インテルはスクデットを2連覇した磐石の攻撃陣に、カリアリからさらにスアゾを獲得した。
●「俺が初めて代表入りしたとき、同じポジションにはバルボ、カニージャ、バティストゥータがいた。競争を怖れる者は、真のサッカー選手じゃない」円熟の極みに達したFWクレスポ(インテル)は代表での意気込みを語る。「俺たちインテル組はもちろん、R・マドリーのガゴ、マンチェスター・Uのへインツ、それにボカ(・ジュニオールス)でリベルタ・ドーレス杯を勝ったばかりのリケルメ。アルゼンチンにはチャンピオンたちが揃っている。各国トップリーグでの優勝経験は、代表でのさらなる勝利の意欲をかきたててくれるんだ」
●ニューカッスルのサム・アラダイス監督が、新シーズンに向けた攻撃陣の編成に危機感を募らせている。昨シーズン終盤に長年監督を務めたボルトンを退団し、新天地にニューカッスルを選んだアラダイス。古豪復活を託された指揮官は、すでにFWマーク・ヴィドゥカ(元ミドルスブラ)やMFジョーイ・バートン(元マンチェスター・シティ)などを獲得し、着々と戦力を整えていた。しかし、ここにきて、チームの柱となるべきストライカー2人の去就に暗雲が立ち込めはじめた。今オフの移籍が根強く噂されているのが、イングランド代表FWマイケル・オーウェンだ。その移籍先として有力視されているマンチェスター・ユナイテッドは、オーウェン獲得に400万ポンド(9億8000万円)+FWアラン・スミスの条件を近日中に提示する模様。また、オーウェンの契約内容には、900万ポンド(約22億円)でニューカッスルとの契約を破棄できるとの条項が含まれているとも言われている。さらに、移籍初年度からリーグ戦で11ゴールを記録したFWオバフェミ・マルティンスは、アーセナルへの移籍が取り沙汰されている。
●2007-08シーズンのUEFAカップ予備戦1回戦の組み合わせ抽選が29日、スイスのニヨンにあるUEFA本部で行われ、全37試合の対戦カードが決まった。予備戦1回戦は欧州各国の74クラブが参加し、南部、中東部、北部と地域別に3つに分けて試合が行われる。同一国のチーム同士の対戦はない。第1戦は7月19日と8月2日にホーム&アウエー方式で行われ、勝者はインタートトカップを勝ち抜いた11チームを含む27チームとともに予備戦2回戦(8月16日、30日)に進む。2回戦の組み合わせ抽選は8月3日に予定されている。なお、決勝は2008年5月14日にイングランドのマンチェスターで行われる。
スポンサーサイト
2007/06/29UEFAサッカー情報
●28日、レアル・マドリーのプレドラグ・ミヤトビッチSDが“公然の秘密”を認めた。R・マドリーの首脳陣は満場一致で、来シーズンのファビオ・カペッロ監督の続投はないという決断に達した。ミヤトビッチSDはカペッロ監督の仕事を称賛し、クラブに4年ぶりのタイトルをもたらしたことに感謝を示したが、「クラブの将来を考えた場合、我々の考えを実現するのに適切な人材ではない」という理由から解任という決断に至ったと説明した。
●オリンピック・リヨンのフランス代表左SBエリック・アビダルがバルセロナで自らバルサ移籍を伝えた。バルサ側の確認はないが、アビダル自身が「完全にまとまったわけではないが、合意は間近だ」と明らかにした
●アトレティコ・マドリーへの移籍の可能性が高まっているビジャレアルのFWディエゴ・フォルランは、コパ・アメリカ出場のために滞在中のベネズエラでラジオ番組に出演し「僕がアトレティコに行く事になっても、フェルナンド・トーレスが移籍をした際の代用選手として行くんじゃない。たくさんのクラブが僕に興味を示してくれていることは知っているし、実際にここを離れるかは分からないが、行くとなったらマンチェスターやビジャレアルでのプレーを継続させたい。トーレスと僕とは全く違うタイプの選手だ」と移籍の可能性についての心境を語った。
●イタリアのインテルが、アドリアーノ+700~800万ユーロ(約11~13億円)でディアラとのトレードをR・マドリーに申し出る準備があるとイタリアの各メディアが報じている。イタリアでは実現性が高いと言われているこのトレードだが、ローマの“コリエッレ・デッロ・スポルト・スタディオ”は、R・マドリーが1500万ユーロ(約25億円)を望んでいるとの情報がマドリー側から伝わってきたことを明かしている
●ヘタフェからバレンシアに移籍が決まったアレクシス・ルアノは、公式な形でバレンシアの新メンバーとして紹介された。同選手は移籍に関して「夢が叶った。少年の時のように希望でいっぱいだ」と喜びを表した。また「僕を評価してくれた事に対し、バレンシアに感謝したい。ぜひピッチでこの恩を返したい。多くのタイトルを手にするために一生懸命戦うためにここに来た」と抱負を述べた。
●バルセロナの元副会長サンドロ・ロセイ氏は28日、「アンリとの契約には指摘すべき点がある」と発言し、現在のアンリにはバルセロナが払った2400万ユーロ(約40億円)ほどの価値は無く、また契約期間であるこれからの4年間でトップレベルを保ち続けることはできないとの考えを示した。「彼のもたらす付加価値を考えれば、アンリの獲得は大きな契約だと言える。なぜなら彼の加入により、昨季の悪い成績から人々の関心をそらすことができたからだ。またプレーの観点から見ても、彼は世界最高の選手の一人だと言える。だが経済的な側面を考えると、この契約にかかった費用は30歳の選手にかける金額としては高すぎるように思える。更に4年という契約期間はあまりに長すぎる」。
●ユベントスのジョバンニ・コボッリ・ジーリ会長は28日、チームがセンターバックを探していることを認め、依然両者の間には大きな隔たりがあるものの、ガブリエル・ミリートを巡るサラゴサとの交渉が続いていることを明かした。「我々はセンターバックを必要としている。ミリートを巡ってサラゴサとの交渉は続いているが、両者の間には金銭面で大きな隔たりがある」。
●4年ぶりにレアル・マドリーを優勝に導いたにもかかわらず、同クラブの監督を正式に解任されたファビオ・カペッロ元監督がR・マドリー、そして関係者に感謝の意を表したいとし、「この偉大なクラブを指揮するという2度目のチャンス、1996/97シーズン同様優勝に貢献するチャンスを与えてくれたクラブに感謝したい」と代理人を通じてその言葉が伝えられた。さらに、「選手、コーチ陣、メディカルスタッフ、用具係、そして今シーズンに渡って支えてくれたフランコ・バルディーニに感謝したい。スペインのクラブのファンを忘れることはない。間違いなく最高だ。繰り返すが、どこでも私が受けたサポートに感謝している」
●バルセロナがリヨンから、フランス代表のDFエリック・アビダルを獲得した。移籍金は1500万ユーロ(約24億7500万円)で、推定年俸200万ユーロ(約3億3000万円)の4年契約となる。
●バレンシアのキケ監督は28日、2006-07シーズンを総括する会見を開き、解任されたカルボーニ元スポーツ・ディレクター(SD)に対して、「今後の人生や仕事において幸運を祈りたい」とメッセージを送った。キケ監督とカルボーニ元SDとの確執はシーズン開幕直後から伝えられ、ソレール会長も「最後まで関係修復を試みたが不可能だった」と語ったほど、2人の間は冷え切っていた。キケ監督は「スポーツ的観点から生じた意見の相違」と説明
●ビジャレアルが28日、レアル・マドリーから獲得したGKディオゴ・ロペス(25)の入団発表を行った。移籍金は600万ユーロ(約9億9000万円)で、契約期間は4年となっている。
●セビージャに所属するMFマレスカが、インテルへ移籍する可能性が高まっている。マンチーニ監督の要望でシーズン終了前から獲得に興味を示していたインテルが、ここに来て600万ユーロ(約9億9000万円)前後のオファーを用意しており、既に選手側とは合意に達しているとの報道も出ている。
●ミランの周辺がにわかに騒がしくなってきた。カルロ・アンチェロッティ監督はチームに欠けているFWを以前から探し続けているが、今週木曜日にはサポーターの想像を大いにかき立てる動きが明らかになった。ロナウジーニョが水曜日の夜にミラノにやって来たというのだ。公のコメントでは、広告出演の仕事に加えて、ショッピングのためにファッション街を訪れるためだということになっている。とはいえ、代理人を務める兄のリカルド・ジ・アシスが、ロナウジーニョに同行している点に疑いの目を向ける者もいる。2人がこの機会を生かして、ミランとの接触を図る可能性も否定はできない。偶然かもしれないが、ロナウジーニョがミラノにやって来たのは、バルセロナがティエリ・アンリを獲得してからわずか数日後のことだ。
●ジャンルカ・ザンブロッタがバルセロナを離れることはない。代理人のクラウディオ・スクローザが『テレラディオステレオ』のインタビューに対して、以下のように明らかにした。「キブーに関する交渉の中で、ローマがザンブロッタを要求するかどうかという話に関しては何も知らない。私としては、彼はバルセロナに残ると思っている。クラブ側に彼を売ろうという意思は全くない。今の時点では空想に過ぎない話だが、移籍市場では何が起こってもおかしくはない。しかし、今のところわれわれは何の連絡も受けてはいない」
●アッリーゴ・サッキ「現時点で世界最高の監督はラファエル・ベニテスだ。彼はレアル・マドリーの歴史もよく知っているし、彼以上の監督はいない。シュスターも嫌いではないが、ベニテスの方が上だと思う」
●パリ・サンジェルマン(PSG)が27日、パリ郊外サンジェルマン・アン・レーで2007-08年シーズンに向けて始動した。23人の選手が初日の練習に参加したが、欠席者も目立った。DFマリオ・ジェペス(コロンビア)とMFクリスチャン・ロドリゲス(ウルグアイ)はコパ・アメリカに出場という理由があったが、「フットボール365」によると、レンタル先から戻ったカルロス・ブエノ(スポルティング・リスボン)とファブリス・パンクラット(ベティス)は練習を許可なく休んだ。ル・グエン監督は「彼らは契約上、出席する義務があった。事情を明らかにする必要がある」と困惑している。PSGはチェコ人CBのデビッド・ロゼナルを失った(ニューカッスル)ほか、複数の移籍案件を抱えている。昨シーズン出番が減ったボナバンチュール・カルー(コートジボワール)はランスから誘いを受けており、ジェローム・ロテンは残り1年の契約が更新されない限りクラブを出る意向を明らかにしている。左SBシルバン・アルマンについては、バルセロナに移籍する可能性が高いアビダルの代わりとして、リヨンが狙っている。MFエドワール・シセのベシクタス(トルコ)入りも報じられている。
●昨年10月にパリ・サンジェルマン(PSG)を解雇された元フランス代表MFのビカシュ・ドラソー(33)が、半年以上にわたり所属クラブがない状況に終止符を打ち、セリエAのリボルノに入団する見込みが高まっている。イタリアのガゼッタ・デッロ・スポルト紙が伝えた。
●現在リーグ・アンで移籍の動きがもっとも盛んなのはマルセイユだ。これまでにレンタルから戻った選手も含み10人の獲得が決まっている。一方で同じく10人が期限付きも含めて移籍した。主力では、リベリ(バイエルン)とマウリダ(オセール)を攻撃陣から失った。「フットボール365」によると、モナコから獲得したDFジベ以外に補強の目玉となりそうなのは、アルジェリア代表MFカリム・ジアニ(24)。
●ランスとギィ・ルー新監督(68)の間で交わされた契約が27日、フランスサッカーリーグの法務委員会によって「無効」と判断された。理由はプロフットボール憲章に定められた65歳という年齢の上限を越えているため。フランス通信(AFP)などが報じている
●28日のラジオ番組「ルイス・アタック」(RMC局。パーソナリティーは前ベティス監督ルイス・フェルナンデス氏)に出演したモナコのリカルド監督が、セルティック・グラスゴーからの移籍が取り沙汰されている中村俊輔について、「中村はモナコには来ない」と明言した。一方でリカルド監督は、バルセロナから放出されることが確定的なルドビック・ジュリを獲得したい意向をあらためて確認した。
●チェルシーのMFフランク・ランパードは、プレミアリーグの各クラブに対し、イングランド人選手の育成に力を入れるよう求めた。「過去数年を振り返っても、プレミアリーグはヨーロッパでも最高峰のリーグと言えるだろう。それは、毎年リーグにやってくるタレントの数を見ても明らかだ。トップレベルの選手が数多く在籍しているし、試合内容もファンを飽きさせないものばかりだ。最近では、世界中をツアーで回ることも多くなったけど、その度にプレミアリーグの人気の高さには驚かされるよ」
●ガリアーニ副会長はブラジルの若き天才FWアレシャンドレ・パト(17=インテルナシオナル所属)の名は獲得リストに載っておらず、むしろFWアントニオ・カッサーノ(レアル・マドリー所属)に興味を示していることを明らかにした。ガリアーニ副会長は「カッサーノ?獲得リストに載せてもいいだろう。自分の嫌いなFWではないことは皆さんが知っているだろう」と語っている
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督がブラジルの若き天才FWアレシャンドレ・パト(17=インテルナシオナル所属)について言及している。06-07季欧州CLを制覇した名将アンチェロッティは「パトは若い、とても若い少年だ。我々(ACミラン)だけではなく、多くのビッグクラブに興味を持たれていることだろう。カカの再来?まぁ、焦らずにゆっくりと」とコメント。現在1200万ユーロ(約20億円)の値が付いていると言われる若きファンタジスタを、アンチェロッティ監督は冷静な目で捉えている
●大会3日目を迎えたコパ・アメリカ(南米選手権)は28日、大本命のアルゼンチンが登場し、米国に4-1で快勝した。
●カルロス・テベスはインテルへの移籍を断った。インテルは彼の獲得のための期日を決めていたが、マッシモ・モラッティ会長はどうすることもできなかった。
●ブレーメンは28日、FWクラスニッチと6月30日で満了となる契約を1年延長したことを発表した。冬に2度にわたる腎臓移植手術を受け、現在はカムバックを目指してトレーニングを再開しているクラスニッチ。
●来シーズンのセリエAは8月26日に開幕し、5月18日に終了する。木曜日に行われた会議の末、レーガ・カルチョ(イタリアサッカーリーグ協会)のアントニオ・マタッレーゼ会長が以下のように発表を行った。
●2007-2008シーズンのコッパ・イタリア(TIMカップ)決勝は、一発勝負となることが決まった。
2007/06/08UEFAサッカー情報
●夏の移籍マーケットでスタートダッシュに成功しているバルセロナ。来シーズンに向けての補強に、“ティエリ・アンリ(FW)、ヤヤ・トゥーレ(守備的MF)、エリック・アビダル(左SB)、クリスティアン・キブ(CB)”の4選手の名前が上げらているが、すでにアンリとトゥーレは獲得済み。バルサの新ユニフォームに袖を通している。そして、アビダルの獲得も間近と地元メディアは報じている。
●06-07季はトリノでプレイしたGKクリスチャン・アッビアティが来季からアトレチコ・マドリーのゴールマウスを死守する。2008年6月30日までのレンタル契約が成立したアッビアティが27日、入団記者会見に臨んでいる。スペインの報道陣を前にアッビアティは「アトレチコ・マドリー所属経験のある2人の偉大な選手…クリスチャン・ビエリとデメトリオ・アルベルティーニから話を聞いた。彼らはこのクラブのことを称賛していたし、自分を支えてくれると太鼓判を押してくれたことが(移籍を決断する)決定打となった」
●スペイン出張からイタリアに帰国したASローマのダニエレ・プラデGMが、“ASローマ退団説”が浮上するDFクリスチャン・キブーについて言及している。“キブー獲得”に動くクラブが多数現れる中、プラデGMは「バルセロナからのオファーはとても興味深い。我々ASローマの要求は1800万ユーロ(約30億円)以上で変わりはない。スペインクラブ(バルセロナ)のオファーは確かに興味深いが、現状では保留の段階で公に出来るような状況ではない」と説明
●今夏移籍市場で好調なスタートを切ったバルセロナの次の狙いはフランク・ランパード(チェルシーMF)とのこと。“TIMES”紙によると「バルセロナはチェルシーのMF(ランパード)獲得の為に、デコをインテルに放出するつもりだ。デコ放出で得たマネーをランパード獲得資金にまわすのだろう。バルセロナはランパード獲得に向けて1500万ポンド(約37億円)を支払う準備が出来ている」と報じている。
●バルセロナ移籍を希望するオリンピック・リヨンのフランス代表DFエリック・アビダルは、その実現に向けリヨンに対し強硬手段に出る構えを見せている。彼の代理人はこの火曜日(26日)、アビダルが7月2日から始まるチーム練習に参加しない考えであることを明かしている
●マジョルカ、バレンシア、そしてインテルの監督を務めたエクトル・クーペル氏が来シーズン、ベティスの指揮を執ることになるようだ。27日、ベティスとクーペル氏の間で話し合いが行われ、合意に達したようだ
●ラジオ・マルカの番組“プルス・マルカ”内で、レアル・マドリーがすでにファビオ・カペッロ監督を解任したと報じられた。
●フェネルバフチェのロベルト・カルロスは、レアル・マドリーからトルコのフェネルバフチェに移籍した本当の理由を、スペインEFE通信のインタビューで明かし、カペッロ監督とともにリーガ優勝を果たしたのに、なぜR・マドリーは他の監督を探すのかわからないとも。「リーガチャンピオンになるためにカペッロ監督を呼び戻さなければいけなかったし、僕を連れてきた監督と一緒に僕は優勝に向かって進まねばならなかった。僕に一番の信頼を寄せてくれた監督のことを忘れることなんてできないよ。(R・マドリーは)彼の考えと彼の戦略的な性格を支えるべきなんだ。カペッロ監督に対して僕はただただ感謝の言葉しか出てこない。彼の代わりを探すなんて、信じられねいね」
●バルセロナと4年契約を結んだヤヤ・トゥーレは、ピッチの上で自分の特徴を存分に発揮し、チームに「バランスと効率性」をもたらしたいとの考えを示した。彼は“バルサTV”のインタビューにて「観るものを魅了し、かつ効率的」なバルセロナのサッカーのファンであると宣言し、ロナウジーニョ、エトー、メッシやアンリと共にプレーできることを「感動的」だと表現した
●アトレティコ・マドリーがリバプールのルイス・ガルシア獲得に向けて動いている。28日付の『アス』紙によると両者は合意間近で、あとはリバプールのベニテス監督のゴーサインを待つだけのようだ。移籍金は600万ユーロ(約9億9000万円)とされている。右サイドのガレッティのオリンピアコスへの移籍が決まり、左サイドのペトロフのバックアッパーが不足しているA・マドリーは、左右両サイドをこなせるルイス・ガルシアに狙いを付けたようだ
●元イングランド代表監督のスベン・ゴラン・エリクソンがマンチェスター・シティの監督就任要請について大筋で合意した。契約期間は3年と見られており、マンCとの買収交渉が成立間近のタクシン元タイ首相は、このスウェーデン人監督に5000万ポンド(約120億円)にも上る補強資金の提供を確約したとも伝えられている。
●インテルのマルコ・ブランカ技術委員長が27日、ASローマのルーマニア人DFクリスチャン・キブーの獲得が難航していることを明らかにしている
●トリノは28日、ラツィオとの契約が終了し移籍金「0」となったGKマッテオ・セレーニ(32)の獲得を発表している。
●06-07季欧州CLファイナルに進出したリバプールが27日、レフスキ・ソフィアからGKニコライ・ミハイロフを獲得したことを正式に発表している
●南米選手権、メキシコとの初戦を0-2で落としたブラジル。多くのスター選手を欠くとはいえ、王者ブラジルはまさかの黒星発進となった。試合後、カナリア軍団(ブラジル代表)を率いるカルロス・ドゥンガ監督は「得点に恵まれた日ではなかった。後半に入り、同点に追いつくために何度も決定機を作るなど我々はかなり立て直したが…。相手GKと(剥きになって)争ってしまったことは明白だ」と敗戦の弁をしている
●サッカーのドイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンのFWマカーイ(31)が母国オランダのフェイエノールトに3年契約で移籍することが28日決まった。
2007/06/27UEFAサッカー情報
●アビダルの獲得にもっとも熱心なのはバルセロナ。バルセロナはリヨンに対し、すでに900万ユーロ(+300万ユーロのインセンティブ)のオファーを提示したが、リヨンは移籍金2000万ユーロ(約33億円)を要求してこれを拒絶した。そのためバルセロナはこの金額に、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストを加えることを検討している模様だが、リヨンは、パリ・サンジェルマンのシルバン・アルマンを獲得することが有力であるため、この提案には乗らない構えだ
●今のところ、この夏の移籍マーケットでのレアル・マドリーの動きが止まっている。ファビオ・カペッロ監督の去就問題がはっきりするまでは動くに動けないといったところだが、相変わらずACミランのカカへの情熱は薄らぐことなく、同クラブのラモン・カルデロン会長の“夢”の実現に向けて、その方法を模索しているところだ。
●27日、バルセロナは今季第2の補強となるヤヤ・トゥーレの入団会見を行った。来季はバルサの守備的ボランチを務める彼は「夢がかなった」とこの移籍に大興奮。第二のビエラと期待される彼は、バルサでの活躍に期待を膨らませている。ヤヤ・トゥーレにかかった移籍金は900万ユーロ(約15億円)
●バルセロナに加入したティエリ・アンリは26日、自身の入団発表の場で「今のバルセロナを見てその能力を疑うことはできない。僕も含めた選手達の名前だけでも、相手に恐怖を与えることができるだろう」と語った。カンプ・ノウで行われた入団発表にて3万人ものファンの歓迎を受けた彼
●バルサのスポーツディレクターのチキ・べギリスタイン氏が、ヤヤ・トゥーレの獲得でクラブはティアゴ・モッタを来シーズンの構想に入れないと認めた。「トゥーレの加入、そしてマルケスとエジミウソンの存在によって、ピボーテ(守備的MF)のポジションは補強された。加えて、守備範囲を補う緊急手段としてイニエスタというオプションもある」と説明
●アルゼンチン代表FWのリオネル・メッシは、今週火曜日から始まったベネズエラでのコパ・アメリカの決勝でブラジル代表と対戦して優勝するのが“夢”だと語った。「今回のコパ・アメリカで優勝することを夢見ているよ。それを達成するには全力でプレーしなければならない。アルゼンチン代表は長い間、優勝から遠ざかっているからそれが必要なんだ」。
●アトレティコ・マドリーがビジャレアルのフォルランを獲得することがほぼ確実となった。当初はバレンシアがビジャレアルと交渉を始め、獲得に向けて一歩リードしていると見られていた。しかし26日、A・マドリーがビジャレアルとフォルラン両サイドに、バレンシア以上のオファーを提示した。オファーの内容は、ビジャレアルに2000万ユーロ(約33億円)、フォルランに対しては年俸300万ユーロ(約4億9500万円)の5年契約とされる。また、一部報道では、ビジャレアルがフォルランに加えてリケルメをA・マドリーに放出することも検討しているとうわさされているが、A・マドリー側はリケルメ獲得に難色を示しているようだ。
●ベティスがエクトル・クーペル氏に新監督就任のオファーを用意している。ラジオ・マルカが報じた内容によると、ベティスは25日にマルセリーノ監督の引き抜きに失敗し、急きょバレンシア、マジョルカ、インテルなどを率いたクーペル氏に白羽の矢を立てたとされる。
●バルセロナのファン・ブロンクホルストがフェイエノールトに移籍する可能性が出てきた。カタルーニャ・ラジオが報じたもので、本人も移籍に前向きな姿勢を示している。バルセロナとの契約はあと1年残っているものの、バルセロナは契約を解除して移籍金なしでの放出を認めると見られる
●レクレアティボ退団が決まっていたマルセリーノ監督が来季からラシンの新監督に就任することが決まった。既にクラブから正式発表されており、契約は1年で、残留を決めた場合はもう1年自動延長されるオプション付きとなっている。
●先日、キャプテンのFWティエリ・アンリをバルセロナに放出したアーセナル。そのアンリは、「2007-08シーズンの終了後に、アーセン・ベンゲルがクラブを去る可能性があるから」と移籍決断の理由を語った。これを聞いたアーセナルは、慌ててフランス人指揮官の引き止め工作を画策。英国大衆紙『ザ・サン』が報じたところによると、アーセナルは契約延長の最新のオファーとして、現契約から50%増となる週給7万5000ポンド(約1800万円)の条件を今週中に提示する見込みだという。
●レキップ紙によると、フランス代表MFフロラン・マルダの獲得を狙うチェルシーが、リヨンに対して1700万ユーロ(約28億円)のオファーを提示した。リヨンがかねてからマルダの移籍金として要求している2500万ユーロとはだいぶ開きがあるが、レキップ紙は2000万~2200万ユーロあたりで交渉が妥結する可能性もあると報じている。
●リボルノはバレンシアFWフランチェスコ・タバノの獲得が合意に達したと発表している。契約内容は完全移籍で4年間契約、移籍金として600万ユーロ(約9億9千万円)をバレンシア側に支払うとのこと。
●ナポリのトップとして君臨するデ・ラウレンティス会長はレッジーナのFWローランド・ビアンキ(25)を補強の目玉に挙げている。
●当初は“退団説”まで浮上したトレゼゲだったが「(ユベントスから)出て行きたくはなかった。ただ、自分に対するユベントス幹部陣の信頼を感じ取る必要があった。(フランス人の)ディディエ・デシャン監督の退団も事態をより複雑にした。クラウディオ・ラニエリが監督に就任し、事態がより明確となった。周囲の励ましにも助けられたよ。父の話によるとマンチェスター・ユナイテッドやリバプール、そしてバルセロナなど野心に満ちたクラブからのオファーもあったとのこと。だが、クラブ側が自分への期待・信頼を訴えてくれた以上、拒む理由など何もなく(契約延長を)受け入れたよ」
●インテルから熱烈なラブコールを受けているカルロス・テベスは、レアル・マドリーよりもインテルでプレーしたいと希望を語った。現在アルゼンチン代表として南米選手権に向けて合宿中のテベスは、インテルの興味に対して素直な喜びを語っている。
●ベルダー・ブレーメンは26日、同クラブ所属のFWクローゼが6月30日をもって退団し、バイエルン・ミュンヘンへ移籍することを発表した。
●昨シーズン、深刻な得点力不足に悩まされたユトレヒトは、ベルギー代表のストライカー、ケビン・ファンデンベルフ(24歳、ゲンク)を4年契約で獲得した。
●コパ・アメリカ(南米選手権)2007ベネズエラ大会が26日(現地時間)に開幕し、グループAに入ったホスト国ベネズエラはボリビアと2-2で引き分け、初戦を勝利で飾ることはできなかった。また、同日に行われたグループAのもう1試合では、ペルーがウルグアイを3-0で下し、快勝している。
2007/06/26UEFAサッカー情報
●多くのバルサファンにとっての“夢”だったティエリ・アンリのバルセロナ入団が実現した。25日、メディカルチェック、正式サイン、そして入団会見とハードスケジュールをこなしたアンリは同日午後7時、バルセロナのユニフォームを着て初めてカンプ・ノウのピッチに降り立った。07-08シーズン用の新ユニフォームに初めて袖を通すバルサの選手という名誉を得たアンリの背中には、“14番“、“アンリ”がしっかりプリントされていた
●フランス代表のFWティエリ・アンリが、正式にバルセロナとの4年契約を交わした。「バルセロナと契約できて嬉しい。早く自分の力を証明したいと思っている。クラブに貢献できるように頑張りたいね。個人的な目標は立てていない。クラブの目標の方が重要だからね。ただ、チャンピオンズ・リーグで優勝することは、サッカー選手みんなの夢だ。来シーズン、バルセロナで欧州一の座を勝ち取れれば素晴らしいだろう。アーセナル時代にも、このタイトルだけは勝ち取れなかったからね。でも、重要なのはバルセロナが数多くのタイトルを勝ち取ることさ」
●「エトー獲得について?まぁ様子を見守るしかない。見守るしか・・・。どんな幸運が転がり込むかなど誰にも予測できないのだから」とACミラン会長シルビオ・ベルルスコーニ「残念ながらロナウジーニョは獲得出来そうにない。バルセロナの会長は『彼を売るような事になれば、国外追放は免れない』と言っていたよ」
●ACミランが保有権を持ち、06-07シーズンはトリノにレンタルで出されていたGKクリスチャン・アッビアティが来シーズンはスペインのアトレチコ・マドリーのゴールマウスを守ることが判明した。レンタル期間は2008年6月30日までとなっている。
●レクレアティーボには失業中の監督リストが残されている。レクレを大躍進させたマルセリーノ監督の続投がないことは以前から分かっていたことであり、クラブの首脳陣は一刻も早くレクレの指揮を獲ってくれる監督の名前をはっきりさせなければならない。昨シーズンのように移籍市場最終日までもつれこむことがないように。レクレはここ最近、ハビエル・イルレタ氏がレクレの監督になる気持ちがあるかを確認するために同氏にコンタクトをとったようだ。
●アトレティコ・マドリーはビジャレアルのウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン獲得に向け1700万ユーロ(約28億円)プラス、FWミスタをつけるという条件のオファーをビジャレアルに提示したが、断られた。「我々は同意しかねる。金額は2300万ユーロ(約38億円)だ」とビジャレアルの役員ホセ・マヌエル・ジャネサ氏はその態度を変えていない。この移籍交渉は暗礁に乗り上げ、フォルラン獲得のために2300万ユーロ払うのか、それともバレンシアやアーセナルといったライバル達が契約するのを指をくわえて見ているだけなのか、アトレティコの幹部達は袋小路に入っている。
●バルセロナはASローマのクリスティアン・キブ獲得に向け全力を注いでいる。チキSDは先週もローマに滞在し、ASローマとキブ本人との合意を取り付けるよう動いていた。しかし、まだ2つの目標を達成していない状況だ。1800万ユーロ(約29億9700万円)を要求するASローマに対し、1200万ユーロ以上(約19億9800万円)払いたくないバルサ。そして、キブ本人の『イエス』も欠けている。少し前からキブはレアル・マドリーに行くためにファビオ・カペッロ監督と話をしているのがその理由である。
●アトレティコ・マドリーのハビエル・アギーレ監督は、来季への補強選手としてバルセロナのMFラファエル・マルケスに強い関心を示しているようだ。同監督は以前からマルケスの才能を高く評価しており、過去も何度か獲得を試みている。アトレティコの首脳陣は今日にもマルケスがバルサ残留希望を明らかにするのではないかと懸念しているが、その逆の場合には今後同選手から目が放せない状態となる。
●来季からデポルティーボを指揮する事となったロティーナ新監督の入団発表が行われ、レンドイロ会長直々に紹介された。今シーズンまではレアル・ソシエダで指揮を取っていたがロティーナ監督だが、カパロス監督に代わり1年の契約で同チームを率いる事となった。
●ティエリ・アンリに引き続き、バルセロナはモナコ所属のコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの獲得を正式に発表した。24歳のヤヤ・トゥーレはアンリに続くバルサの来シーズンに向けての補強第2号となる。
●ASローマのDFクリスティアン・キブは、この短期間にバルサの選手になると心変わりしたようだ。バルサは1200万ユーロ(約20億円)のオファーをASローマに提示しており、さらに彼の“ゴーサイン”をもらったようだ。バルサはさらに、興味を持っているダニエレ・デ・ロッシとも契約を結ぼうと動いてもいる。仲介役を務めるエルネスト・ブロンゼッティ氏は「(月曜日の)午後、バルセロナのディレクターとともに会議を開き、正式にキブへのオファーを出すと思う。全てはキブ本人次第だね。ローマへのバルサのオファーは1200万ユーロといい条件だ。障害は何もない」とイタリアのラジオに語った
●セビージャのDFダニエウ・アウベスは今シーズン、彼のような選手は希少だったということを証明した。レアル・マドリーは彼を求め、アウベス自身もR・マドリーを求めている、とヘタフェとの国王杯決勝戦後に心中を明らかにした。「セビージャ史上最高の1年を過ごした後、R・マドリー行きの可能性があるという状況はうれしい驚きとなるのでは?」という質問に対し、アウベスは謙虚さを見せながら「それは一人の選手に対しては多すぎるご褒美だよ」と“プント・ラジオ”に答えた
●バルセロナのレオ・メッシは、同じアルゼンチン出身で友人でもあるハビエル・サビオラがレアル・マドリーのユニフォームを着るつもりであると感じているようだ。サビオラのバルサ退団を残念がるとともに、もう少し一緒にプレーしたかったと語っている。「彼は少し前まで僕の隣にいたし、R・マドリーのユニフォームを着てプレーする彼を見たらつらいだろうね。僕の友人だし、移籍の問題にしてもうまくいくことを願っている。それがR・マドリーになるとしてもね…。もっと彼と一緒にプレーできたらよかったんだけどな」と胸中を明かしたメッシ
●バレンシアがビジャレアルのフォルラン獲得に向け、一歩前進した。『スーペル・デポルテ』紙が報じているように、既に両クラブ間での移籍交渉はシーズン終了直後から始まっている。さらにここ数日の動きでは、バレンシアはビジャレアルの要求する移籍金2300万ユーロ(約38億1800万円)と支払い形態(なるべく分割せず少ない回数での支払い)を用意したようだ
●ビジャレアルは25日、デポルティボ・ラ・コルーニャからスペイン代表の左サイドバック、カプテビラの獲得を正式に発表した。今シーズン限りでデポルティボとの契約が切れるため、移籍金は発生せず、3年契約となっている。
●レクレアティボからの退団が決まり、ベティス行きが確実視されていたマルセリーノ氏の新監督就任が難航している。ベティス側との契約はほぼ合意に達しているものの、来シーズン以降のチームプランニングで、クラブ筆頭株主のロペラ氏と意見が対立している。『マルカ』紙によるとマルセリーノ監督は、来シーズンに向けて15名もの選手を構想外にし、中長期的なプロジェクトを持って改革を行いたいようだ。しかし、ロペラ氏はその構想を認めておらず、現状のままでは交渉は決裂する可能性が高い。マルセリーノ監督には他クラブからもオファーが絶えず届いており、この状況を察知したラシンが監督就任の打診をすると見られている。ラシンはミゲル・アンヘル・ポルトガル監督がレアル・マドリーのフロント職に就任するため退団することになっており、新監督を探している
●ミランはチアゴ・モッタに強い興味を持っているようだ。シーズン中にアンブロジーニやガットゥーゾの負担を軽減させるため、ミランは守備的MFを探している。レアル・マドリーのブラジル人MFエメルソンはアンチェロッティが獲得を望んでいた選手だが、フィジカルコンディションが不安定なためクラブ首脳陣は乗り気ではなく、獲得の可能性はほぼなくなったようだ
●ローマはキブーの移籍の条件として、ジャンルカ・ザンブロッタとのトレードをバルセロナに要求したようだ。
●フェルナンド・トーレス獲得を狙うリバプールは、アトレティコ・マドリーに対して移籍金を下げるため、シセを提示すると25日付けの『アス』紙が報じている。リバプールからマルセイユに期限付き移籍し、フランス代表復帰を果たすほど活躍したシセに対しては、マンチェスター・ユナイテッドも興味を示していると言われている。リバプールとアトレティコ間でのトーレスの移籍交渉がどう進展するか注目が集まる。
●23日のスペイン国王杯で決勝ゴールを決めたセビージャのカヌーテは、イングランド・プレミアリーグ移籍のうわさについて「セビージャから出て行きたいと思ったことはない」ときっぱり否定した。ただし、セビージャとの契約内容見直しを待っているのは確かで、年俸アップの提示がない場合には、移籍となる可能性が高い。本人も「プレミアリーグからいろいろ話はもらっているし、それは隠すつもりはない」と語っている。
●バレンシアのミゲルが、イングランド・プレミアリーグへ移籍する可能性が出てきている。彼の代理人が近く、チェルシー、アーセナルといったクラブからのオファーをクラブ側に提示する見込みで、実質的な移籍志願となりそう。
●バルセロナのグジョンセンが25日の『ムンド・デポルティボ』紙のインタビューにおいて、失望に終わったシーズンを振り返った。「選手はトップフォームに持っていくために、どうするべきか知る必要がある」とした上で「もっと練習しなければいけない選手がいるし、逆にそれほど練習をしなくてもいい選手がいる」と意味深な発言を行った。
●リーグ・アン、ソショーのジャン=クロード・プレシ会長が25日、ラジオ局RMCのサッカー番組「ルイス・アタック」(パーソナリティーは前ベティス監督ルイス・フェルナンデス氏)に出演し、ボルドーのMFステファン・ダルマ(28)を獲得することがほぼ決定的になったことを明らかにした。
●今シーズン、所属するリバプールからマルセイユにレンタルされたフランス代表FWのジブリル・シセ(25)について、リバプールのベニテス監督はクラブのホームページで、「状況は明らか。シセを欲しいチームがあるなら、買わなければならない。新たなレンタルは望んでいない」と明言
●セルティック・グラスゴーが、リーグ・アン、ニースのDFロッド・ファニの獲得に動いている模様だ。レキップ紙が伝えている
●世の中にサッカー・ゲームは数あるが、中でもクラブチーム経営シミュレーション・ゲームでクラブ運営の難しさを味わっている読者も大勢いるだろう。富豪会長による放漫経営が揶揄されることも多いインテルだが、先日イタリアの経済専門紙調査によって、一昨季2005-06年シーズンの「セリエAチームの1ゴールあたりにかかったコスト」が判明した。コストは、選手のサラリーだけだなく、監督やコーチ、クラブ人員の給料などすべての人件費をチームが奪った総ゴール数で割ったものから弾き出されている。それによると、1ゴールあたりのコストが最も高かったのがインテル。ゴールネットを1回揺らすために、何と約209万ユーロ(約3億4400万円)を費やしていた。
●ローマのディフェンスの中心選手であるルーマニア代表キブのインテル入団の可能性が日増しに高まっている。キブは一時はローマとの契約延長が確実視されていたが、ローマはインテルのチリ人MFピサーロ獲得に多額の移籍金を要することから、ここにきてキブの移籍を容認したのだ。
●先日、UEFAは来年8月末から始まる2010年南アフリカワールドカップ予選の概要を決めた。それによるとヨーロッパは計52か国を、6か国構成8グループ、5か国構成1グループの計9グループに分類し、各グループの1位が本大会への出場権を獲得することになる。そして、残りの4枠は成績の良い順に8か国が摘出され、2か国ずつに割り振り、それぞれホーム&アウェーで対戦し、勝利した4か国が出場権を獲得することになる
●ポルトガルとのPK戦決着の末、ヨーロッパ最後の椅子に滑り込み、北京行きを決めたイタリアオリンピック代表。ファンは胸をなでおろしたが、早くも誰をオーバーエージとして起用するかに注目が集まっている。イタリアのある有力紙は、ブッフォンとガットゥーゾが五輪代表に入るのでは? と報道。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督「1999年の入団以来、ティエリはつねにアーセナルで素晴らしいプレーをみせてくれた。個人としてはもちろん、チームの中でも重要な存在でありつづけたんだ。彼はすでに、アーセナルのレジェンドの一人だよ。これまでの貢献には本当に感謝している。ティエリは、卓越したスキルと確固たるスタイルを持ち、つねに勝利に貪欲な男なんだ。アーセナル退団を決めたのは彼の決断だ。我々は、彼の決断を暖かく見守りたい」
●フランス人FWダビデ・トレゼゲが所属クラブのユベントスと2011年まで契約延長したことが25日、明らかとなった。
●選手としてデビューを飾ったトリノに監督として復帰することになったノベリーノ監督は「トーロ(トリノの愛称)で選手生活の第一歩を踏み出し、トーロで“自分のスタイル”を作った。他クラブからのオファーもあったが、お金の問題ではなかった。『トリノからオファーが届いた』と聞いた時点で即決した」と経緯を明かした
●セリエA昇格を決めたナポリは25日、夏期合宿の日程を7月18日から8月3日までと発表した。また、この時期恒例となっている“ビッラ・モレッティ杯”は8月8日にナポリのサン・パオロ・スタジアムでナポリ、インテル、ユベントスの3チームによる総当り戦で行われることも併せて発表
●ユベントスのジョバンニ・コボリ・ジリ会長が25日、チェコ人のベテランMFパベル・ネドベドの去就について語っている。引退も囁かれるネドベドだが、コボリ・ジリ会長は「少なくともあと1シーズンはプレイしてもらうように説得する」と現役続行を要請する姿勢をアピールしている。同会長は続けて「ネドベドは偉大な選手として君臨している」と人間性にも太鼓判を押した
●インテル移籍成立直前に“ACミラン移籍成立”報道が流れ、インテル、ACミラン、そして所属クラブのカリアリを含むドタバタの移籍劇を演じたホンジュラス人FWスアゾが現在の心境を語っている。激しい“ミラノ・ダービー”を経て、結局インテル移籍で話がまとまったスアゾは「選手としての業績が評価されて嬉しく思う」とまずは喜びの声を上げるとともに、興味を抱いてくれたインテルのマッシモ・モラッティ会長とロベルト・マンチーニ監督に感謝した。
●「12月と1月はナイトゲームを開催しない方針を固めた」。イタリアサッカー選手協会会長のセルジオ・カンパーナが国営放送RAIの“RAI SPORT”に出演しマイクに向かい12月と1月のナイトゲーム廃止を訴えている。カンパーナ会長は決定理由を「選手の健康と観客の便宜を考慮して」と説明している
●ホンジュラス人FWスアゾが正式にインテル所属の選手となったことを26日、インテルが公式サイト上で発表している。
●イングランドの“SKY NEWS”によると、元イングランド代表監督のズベン・ゴラン・エリクソンがマンチェスター・シティの監督の座に就任したと伝えている。
2007/06/25UEFAサッカー情報
●中国政府の肝いりで、来季開幕前にリーグ戦王者とカップ戦王者で争われる公式タイトル「イタリア・スーパー杯」の中国開催招致も進んでいる。伊スーパー杯は過去に3回国外開催され(米国2回、リビア1回)、前例はある。伊協会側はギャラ次第で同国開催にゴーサインを出すと見られている。
●ボルドーのMF、ジュリアン・フォベールがグラスゴー・レンジャーズに移籍する可能性が高まっている。23日にレキップ紙が報じた
●今月21日、タイ元首相のタクシン氏は、マンチェスター・シティ買収の条件として、8160万ポンド(約202億円)のオファーを提示
●「自分は2つの(セリエAとB)リーグを制覇した。この優勝は判決などでキャンセルできるものではない」。フィオレンティーナ移籍が決まり、ユベントスを退団するDFフェデリコ・バルザレッティ(25)が24日、ユベントスの公式サイト上でお別れメッセージを残している
●DFフェルナンド・コウトが所属クラブのパルマとの契約を1年間延長したことが24日までに明らかとなった。8月2日に38歳を迎えるポルトガル出身の大ベテラン
●現役時代、ルーマニア代表で125試合出場35得点を挙げる大活躍で国民的英雄となったゲオルゲ・ハジが来シーズンからルーマニアの首都に拠点を持つステアウア・ブカレストの監督の座に就任する可能性が高まっている
●ポルトガルの名門ベンフィカがFWファブリツィオ・ミッコリの引き留めを考えている。現地ポルトガルの“A BOLA”紙によると、「ミッコリの保有権を持つユベントスのGMアレッシオ・セッコとレンタル先のベンフィカが接触の機会を持った」とのこと。“A BOLA”紙は「近日中にもミッコリの去就の件で両クラブが会談を持つ」と報じている。
●プレミアリーグの名門アーセナルがASローマの若きMFアルベルト・アクイラーニ(22)に興味を抱いているらしい。イングランドの“SUNDAY MIRROR”紙が報じたもので、同紙によると「来季ガンナーズ(アーセナルの愛称)のGMに就任予定のグリマンディ氏が、オランダ優勝で幕を閉じたU21ユーロ大会でのアクイラーニ(イタリア代表)の活躍に目を奪われた」とのこと
●「ユベントスは今シーズンから優勝争いに加わることが出来るだろう」。イタリア・カルチョ界の大御所アリゴ・サッキ氏がわずか1シーズンでセリエA復帰を果たした名門ユベントスの戦力を分析している
●184cmの長身を生かしチェコ代表でも活躍するグリゲラは「デシャン(前ユベントス監督)は自分の事を良く知っており、彼がモナコの監督をしている時から自分を欲しがってくれていた。ただ、今回のユベントスは首脳陣も含めて自分を欲してくれたよ。まずはポジション獲りに全力を尽くすが、ラニエリとどのような感じで進んでいくか様子を見守りたい」と力強くポジション獲りを宣言
●バルセロナへの入団が決まり、25日にメディカル・チェックと正式サインを控えるティエリ・アンリ。23日に行なわれたレキップ紙のインタビューで、「バルサは新しい銀河系軍団になるか」と問われてこう答えている。「レアルは今シーズン、“銀河系”のメンバーを一部欠いても、スペインの選手権を制することができた。もっとも重要なのは、自分ができることをチームにもたらそうと努めることだ。先発の11人がどういう顔触れだろうと、チームが最高のパフォーマンスを発揮するよう、自分もベストを尽くす」。
●ティエリ・アンリのバルセロナ入りが決まり、チームメイトとして迎えることになるリリアン・テュラムは24日付のル・パリジャン紙に、「アンリは世界最高のフォワードのひとり。クラブにとっては大ニュースだ」と喜びを語った。モナコ時代、フランス代表と長くアンリと付き合いのあるテュラムは、アンリのプレーがバルセロナに適合することに「何の疑いももっていない」と太鼓判を押している。エトーとのコンビについても、「ふたりのプレーは見事に合うだろう。どちらも相手を尊重し合う頭のいい選手だ。加えて、ふたりにいいパスを送るメッシとロナウジーニョがいる。ひとつのチームに、これほど攻撃的な顔触れが揃うことなんて、いまだかつてなかっただろう」と興奮を隠し切れない様子だ。
●レアル・マドリーのFWルート・ファン・ニステルローイは、負傷の不安を抱え休暇に入った。17日のリーガ最終節マジョルカ戦で右足大腿二頭筋を断裂。母国・オランダに行く前に検査を行い、医師団は全治4~5週間と診断した。来季のチーム始動時に、ファン・ニステルローイは全体練習に参加できないもようだ。
●レアル・マドリーのジュニアチームにいるジネディン・ジダンの12歳になる息子、アラン・エンゾ・ジダンが、23日の試合で初ゴールを決めたことがわかった。2001年からジュニアチームに在籍するエンゾだが、コーチ陣は彼の将来性に大いなる期待を寄せている
2007/06/24UEFAサッカー情報
●バルセロナ移籍が間もなく正式決定するフランス代表FWティエリ・アンリが、アーセナルサポーターへ最後のメッセージを送った「再び“チャンピオン”に輝くためにも、来シーズンはゼロからスタートしなければならない」。ロナウジーニョはバルセロナのオフィシャルHP、そして“バルサTV”のインタビューでそう決意も新たにした。長かったシーズンが終わり、ロナウジーニョは「バルセロナで続ける」という気持ちとともにバカンスに入った。「すべての面において、僕らはベストな状態になれるはずだ」。そうコメントしたロナウジーニョは今シーズン、リーガで21ゴールをマークし、チーム内得点王に輝いているが、不安定なシーズンを送ったことも認め、その理由についてフィジカル面での疲労を挙げている。
●フランス代表FW、ティエリ・アンリのアーセナルからバルセロナへの移籍が確定した。23日に両クラブが事実を認めている。レキップ紙は、アンリが24日夜にバルセロナ入りし、翌25日に契約にサインすると伝えている。同紙によれば、アンリの背番号はアーセナルでつけていたのと同じ「14」になる見通し。バルセロナの14番といえば、サッカー史上屈指の名選手、ヨハン・クライフ(オランダ)を思い出す。クライフは1973年、26歳のときに10年間在籍したアヤックスからバルセロナに移籍。クライフが加入したバルセロナはこのシーズン、22戦連続で無敗を記録する快進撃を遂げ、13年ぶりのリーグ優勝を果たした
●バルセロナは1年越しでアーセナルのフランス代表FWティエリ・アンリを獲得し、クレ(バルサファン)の夢を叶えたことになり、世界でも脅威の攻撃陣を誇ることにもなった。と同時にフランク・ライカールト監督にとっては難しいカードを手にいれたことにもなり、「同じシステムでプレーするのはロナウジーニョ、エトー、メッシ、アンリ?」と新たな難題を突きつけられる結果となっている。
●スペインの“MARCA”紙が公式サイト上でレアル・マドリーがACミランのFWリカルド・オリベイラ(27)の獲得を狙っていると掲載した。現在バカンス中のブラジル人FWオリベイラに対して代理人を務めるアウグスト・カスト経由で“スペインリーグ復帰”を打診したとのこと。
●「マンチーニは俺のことを常に良く言ってくれるが、俺の方から彼に対して公の場で感謝の意を表明したことはない。今回がそのいいタイミングだろう」。“SKY TG24”のインタビューに応じたレアル・マドリーのイタリア人FWアントニオ・カッサーノが、常に自分を絶賛してくれるインテルのロベルト・マンチーニ監督へ感謝の気持ちを伝えている。
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長がシーズンを総括した。通信社とのインタビューであらゆる質問に答えた会長は、監督問題にも言及。「我々役員はフットボールのことをよく知らないから、スポーツ部門の報告に従う。来週になったらそのテーマを話し合う予定だ」と語り、カペッロ監督が続投するかどうかまだ決めていないことを明かした
●バルセロナは、ヨーロッパ中から狙われているローマのキブ獲得に向けて全力を尽くすつもりだ。22日にはスポーツ・ディレクターのチキ・ベギリスタイン氏と財政担当のソリアーノ副会長がローマに飛んだ。インテルとの交渉が決裂したという話を聞きつけ、一気に交渉を進めたいようだ。
●セビージャでの2シーズン目を終えようとしているFWフレデリック・カヌーテだが、BBCによると、同選手はプレミアリーグへ戻る事を希望しているとの事だ。同選手の代理人であるクリストフ・モンガイ氏はBBCスポーツで「フレディはセビージャを離れたがっている。移籍先としての第一希望はイングランドだ」と伝えると同時に、ニューカッスル、ポーツマスそしてボルトンが既に興味を示しているとも明かした。
●先日オサスナと4年間契約で合意し移籍が決まったハビエル・ガルシア・ポルティージョは、スタジアムで開かれた入団記者会見で「オサスナは僕に100%賭けてくれると言ってくれていた。移籍が実現し、クラブと監督にとても感謝している。僕を信頼してくれる監督のもとでプレーをするのが僕が最優先している事だった」とオサスナ入りの喜びを伝えた。
●先日の南アフリカ遠征にて左膝外側側副靭帯を断裂したバルセロナのプジョールは、復帰まで3ヶ月ほどかかることが明らかになった。同じくこの3年間で3度目のメスを左膝に入れたエジミウソンも4~6ヶ月の間ピッチから遠ざかることとなった
●アトレティコのハビエル・アギーレ監督は、来シーズンへ向けて際立ったストライカーの獲得を熱望している。チーム最多がF・トーレスの14点というアトレティコの得点不足は、ここ数シーズン続く振るわない結果の原因となってきた。そのためアギーレ監督は、20ゴールは保証できるストライカーを後ろ盾にしたいと考えている。そこで選ばれたのが、ビジャレアルのディエゴ・フォルランだ。
●「実践するフットボールスタイル、歴史、スタジアムでバルサを選んだ。バルサでも幸せになれると確信しているよ」と語ったアンリは、バルサ移籍を決めた他の大きな理由として、アーセナルのベンゲル監督が2008年以降、同クラブとの契約を更新しないことを挙げている。「ベンゲル監督という存在は僕のキャリアの一部なんだ。でも、残念ながら今現在、彼は来シーズン終了後に切れる契約を延長しないと明かしている」とコメント
●レアル・マドリーのMFエメルソンは、17日のR・マドリーの優勝は特別だとした。「まず、今季はかなり批判を受けた」と振り返り、「‘ガラクティコス(銀河系軍団)’の歴史は、結局のところライバルたちを利していた」と指摘。そしてR・マドリーの反攻はファビオ・カペッロ監督の指揮によるものだとし、そのやり方はあまり人気がないにしろ、「チーム・スピリットを取り戻した」と評した。「カペッロ監督の就任後、合宿中の携帯電話の使用は禁止された。カペッロ監督が来る前は、アウェイの試合が終わると多くの選手が他の予定のために各々の飛行機で移動していた。カペッロ監督は『だめだ。みんな一緒の飛行機で帰る。家に帰ったら、好きなことをすればいい』と言った。こういう小さなことがチーム・スピリットを変えた」とエメルソン
●欧州サッカー連盟(UEFA)の実行委員会は、来季のUEFA杯へのエスパニョールの招待を否決した。会議では、出場にはリーガでの好成績が必要と再確認、この条件を曲げなかった。エスパニョールは今季のUEFA杯では決勝でPK戦の末セビージャに敗れ準優勝だったが、これでは十分でないと評価された。セビージャは来季チャンピオンズリーグに出場するため、その空いた枠に入れるとエスパニョールは考えていたが、この要求は受け入れられなかった。
●セビージャは、ゴールチャンス、リズム、口論、退場劇、論争が詰まったヘタフェとの決勝戦を制し、スペイン国王杯優勝で最高の06/07シーズンに幕を下ろした。この1年と少しの間に2度のUEFAカップ、ヨーロッパ・スーパーカップ、国王杯と4つのタイトル、そしてクラブ史上初のチャンピオンズリーグ参戦権を手に入れた。
●リカルド・オリベイラはレアル・マドリーが彼の獲得に関心を示しているというニュースに大歓迎の様子だ。現在バケーションを楽しんでいるオリベイラだが、代理人からR・マドリーからオファーが届いていることを告げられ、来季はR・マドリーに移籍するかもしれないという状況に胸を膨らませている。
●デポルティーボのアンドラーデは、バルセロナやレアル・マドリーからオファーがあることを認め「デポルを出て行く時期だ」と明かした。「移籍するならあらゆる人にとって今が最高の時期だと思う。ステップアップする時期だよ」と地元紙のインタビューで語っている。
●バルセロナのサミュエル・エトーが改めてロナウジーニョとの不仲説を否定した。ロナウジーニョとの関係は「愛と憎しみに溢れている」とのことだ。「ロニーとはいい関係を保っているよ。でもマスコミに囲まれているとどんなカップルでも何かが壊れていくもの。僕らも時にはけんかをするし、いさかいもあるけど、それは普通のことだと思う」とエトーは語っている。そして「確かに気まずいときもあったけど、友達じゃなかったらあんなことは言わない。色々言われているけど、僕らはみんなが思っているよりもずっと仲がいいし、ピッチの中ではボールを持ったらお互いのポジションを常に探す間柄だよ」と親密な関係であることを強調
●バルセロナの勢いは止まらない。ASローマのクリスティアン・キブが4年契約でバルサのユニフォームを着ることがほぼ確実となったようだ。ライカールト監督は一刻も早く07/08シーズンのベンチ陣容を把握したいとしており、クラブはティエリ・アンリ獲得に続き、着々を補強を進めている。1200万ユーロ(約20億円)プラス、FWルドビック・ジュリとなるようで、明日25日にもクラブ側からキブ獲得の正式発表があるようだ
●スペインのスポーツ紙『アス』が24日、バルセロナがアーセナルからアンリを獲得する際、移籍金を下げるためにエトーをトレード要員として提示していたと報じた。その内容によるとアーセナルがその提案を拒否し、結局バルセロナから提示された金額に合意したとされている。もしこれが事実であれば、バルセロナは今夏の移籍市場でエトーを放出する意図を持っていることになる。一方、バルセロナがアンリ獲得に要した移籍金は2400万ユーロ(約39億6000万円)ながら、チャンピオンズリーグ優勝の場合にはアーセナルに追加で300万ユーロ(約4億9500万円)を支払うことになる。
●スペイン1部リーグのエスパニョルが23日、オサスナからバルドを獲得したと公式に発表した。移籍金は推定150万ユーロ(約2億4800万円)で、4年契約での移籍となる
●バルセロナの勢いは止まらない。来シーズンに向けてヤヤ・トゥーレも獲得することが決まった。トゥーレはコートジボワール代表MFで、バルセロナとは年俸180万ユーロ(約3億円)での4年契約を結んだ
●バレンシアは22日、デポルティボ・ラコルーニャから獲得したハビエル・アリスメンディの入団会見を行った。6年契約でバレンシアに来たアリスメンディは「このクラブに来ることは簡単な決断だった。どんな選手にとってもバレンシアでプレーすることは夢のようなもの。要求は高いだろうが、自分の力を精一杯披露したい」と意気込みを語った。
●欧州の全クラブを対象にしたUEFAの来季クラブ・ランキングが発表された。過去5季の戦績をもとに算出されるポイント・ランキングで、チャンピオンズ・リーグやUEFAカップでの組合せ抽選など、2007-08年シーズンの欧州サッカー全体の指標となる。2年連続の1位は、CLを制したミラン。
●バルセロナ移籍が間もなく正式決定するフランス代表FWティエリ・アンリが、アーセナルサポーターへ最後のメッセージを送った。「僕の移籍でアーセナルが崩壊するなんてことはあり得ない。このチームはまだ発展途上にあるし、素晴らしいタレントが揃っている。ロビン・ファン・ペルシやエマヌエル・アデバヨールといった選手が、もっと輝けるチャンスだとも思うしね。彼らには期待しているよ。その実力が証明されれば、僕なんてすぐに忘れられるよ。だって、パトリック・ヴィエラが移籍した時、僕を含めて、みんなが絶望しただろ? でも、セスク・ファブレガスが現われると、『ヴィエラなんて必要ない』って意見が増えたからね。セスクはワールドクラスだし、ファン・ペルシだってそう。アデバヨールはもうすぐそのレベルに達する。あと、トーマス・ロシツキ、イェンス・レーマン、コロ・トゥーレ、ウィリアム・ガラスといった選手もワールドクラスだ。このチームには成功が待っているよ」
●セリエAアタランタからスコットランドの名門セルティック・グラスゴーに移籍を果たしたMFマッシモ・ドナーティ(26)が新たな冒険への意気込みを力強く語っている。ACミランが保有権を持ち、アタランタにレンタルで出されていたドナーティはセルティック移籍成立に「この選択にとても満足している。ACミランに戻ることは叶わなかったが、(レンタルで出されていた)ここ3シーズン、自分のプレイ内容は個人的には良かったと感じているし、代表にも招集された。セルティックは…、チャンピオンズリーグでプレイするという重要な機会に恵まれている」と説明した。
●カリアリのホンジュラス人FWスアゾの去就が現地メディアを巻き込む騒動となる中、ACミランがスアゾ獲得から手を引くことを23日、正式に発表した。
●アーセナルでティエリ・アンリの穴を埋めるのはニコラ・アネルカかもしれない。ガナーズ(アーセナルの愛称)のアーセン・ベンゲル監督が最も欲しがっている選手はフランス人FWアネルカのようだ。アネルカは1997年から1999年までアーセナルに在籍した経験があるため、古巣への復帰となる。彼からポジションを奪ったのはほかならぬアンリだった。
●2007-08シーズンよりチャンピオンズリーグに一つの変更が加えられることになった。準々決勝に進んだ8チームの対戦カードはランダムな抽選ではなく、4つのシードチームと4つのノーシードチームの組み合わせとなる。シードチームはグループリーグ終了時点で作成されたランキングとベスト16の2試合の結果を考慮に入れて決定される。勝利には2ポイント、引き分けには1ポイントが与えられ、そのポイント数に応じてシード権を得ることができる。グループリーグの最後の2試合ではすでに決勝トーナメント進出を決めたチームがその後の戦いをにらんで力を温存するケースが見られたが、それらの試合の結果が改善されることが期待される。
2007/06/23UEFA情報
●ウェストハムのアルゼンチン代表FWカルロス・テベスに、レアル・マドリー移籍の可能性が浮上している。2006-07シーズンのスペイン王者に輝いたレアルは、スポーツ・ディレクターのプレドラグ・ミヤトビッチが、テベスの保有権を持つと主張するメディア・スポーツ・インベストメント(MSI)社のキア・ジョオラビキアンとの交渉に臨み、3000万ポンド(約74億円)の移籍金で合意に達したとされている。しかし、ジョオラビキアンの保有権を認めていないウェストハム側は、今回の合意を無視する姿勢を示している。
●ASローマのルーマニア人センターバック、クリスチャン・キブー(26)の獲得合戦にバルセロナも名乗りを挙げた。右膝の手術により07-08シーズン開幕戦出場が絶望的となっているDFプジョルのサポート役として、バルセロナはキブーの能力に注目しているとのこと
●ヘタフェのベルント・シュスター監督は水曜の夜、R・マドリーとの間に合意が存在することは否定したものの、あたかもR・マドリーの監督であるかのように発言したことでメディアを賑わせた。彼はR・マドリーの現在について、ためらいなく事細かに語った。ベッカム、カカ、ラウル、ガゴ、ロビーニョ、イグアイン、チーム全体、そしてオフについてまで語りつくした彼は、最後に「R・マドリーにとって唯一不要なものは、新しい監督だ」と言って周囲を驚かせた。彼は来季のR・マドリーが、ベルナベウのファンを楽しませてくれることを保障した。「R・マドリーは良いサッカーをするだろう。ヘタフェやレバンテのサッカーで楽しめたように、R・マドリーでも楽しめるはずだよ」。
●サラゴサのガブリエル・ミリートとR・マドリーの間では、既に口頭で移籍の合意が成された。だがこの契約を成立させるには、簡単には彼を手放そうとしないサラゴサとの交渉が残っている。サラゴサの会長は、国内のクラブに対して選手を売る際は移籍金の値下げはしないと宣言した。現在彼はG・ミリートを売る用意ができているが、その移籍金は2500万ユーロ(約41億円)という高値に設定されている。
●バルセロナが4年契約でアーセナルのフランス代表FWティエリ・アンリの契約をまとめた、とバルセロナのラジオ番組“カタルーニャ・インフォルマシオン”が伝えた。同番組によると、バルサはアンリ獲得に2400万ユーロ(約39億9900万円)近くを支払うことになるとのことだ。アンリ獲得の交渉を一任されていた財政部門を統括するフェラン・ソリアーノ副会長は、アーセナルと話し合いを行っており、今シーズン、プレミアリーグで17試合に出場、10ゴールに留まったアンリの獲得にこぎつけた。
●元レアル・マドリーのFWで、現在はACミランに所属するロナウドは、スペインに立ち寄りR・マドリーについて語った。自身がR・マドリーを退団するきっかけとなったファビオ・カペッロ監督についての論評は避けた。R・マドリーが獲得を熱望する同僚のMFカカについては、ミランを退団してR・マドリーに移籍することはないだろうという見解を語った
●ビジャレアルのマネージング・ディレクターであるホセ・マヌエル・ジャネサ氏は21日、MFフアン・ロマン・リケルメは残留しないとし、他のクラブへ移籍させるいい方法を探していると述べた。ボカ・ジュニアーズへのレンタルが終了するリケルメはリベルタドーレス杯決勝で、優勝したボカの5点のうち3点をあげる活躍を見せた。「この件については、既にはっきり言ってある。クラブはリケルメのいい移籍の方法を探している。リケルメはボカで再び世界有数の選手であることを証明した。だがこのことがビジャレアルの決定を覆すことはない。いいのはこのレベルの選手と簡単に合意に達することだ」
●元フランス代表の主将、ディディエ・デシャン氏がレキップ紙のインタビューで、ユベントスの監督を辞任してからの「激動の1ヶ月」を振り返っている。「2日間で決断するのは不可能。あまりにも短すぎた。アラン・ペラン(リヨンの新監督)はリヨンとすでに接触していた。自分は電話をもらっただけで、リヨンの誰とも会っていなかった。決断するには、電話だけじゃ足りない。顔を突き合わせて話さなければ」と説明した
●06-07季セリエAを大躍進の2位で終えたASローマが、ブラジル人センターバックのユアンの獲得を発表している。ユアンの獲得に要した移籍金は380万ユーロ630万ユーロ(約10億円)で、年俸310万ユーロ(約5億1千万円)の4年間契約となっている
●イングランドの現地紙によると「ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス(ニューキャッスル所属)の来シーズンはFWティエリ・アンリをバルセロナに放出した“ガンナーズ”アーセナルが濃厚」と報じている。アーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルの攻撃陣復活に向け、大黒柱アンリの抜けた穴を埋めるにはマルティンスの持つスピードが理想だとのこと。
●リカルド・ザンパーニャ(32)が所属クラブのアタランタとの契約を2009年まで延長したことが22日までに明らかとなった。06-07季セリエAで11得点を挙げる活躍
●モラッティ会長は「我々にとってラッキーなことは、インテルに来たいとのスアゾの意志が固いことだ。インテルは相手が誰であろうと-裏でどこかと繋がっていようが-良好な関係を築かなければならない。まぁ、どのような結末を迎えるのか様子を見守ろう」とコメント。ACミラン移籍が濃厚となっている状況の中、インテル移籍成立に向けて強気な姿勢をアピールしている
●母国ブラジルでプレーしていたブラジル代表MFゼ・ロベルトが、再びドイツでプレーすることになった。ゼ・ロベルトはバイエルン・ミュンヘンと2年契約を結び、移籍金ゼロで古巣にカムバックすることが決まった
2007/06/22UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーが早急に手を着けなければならないのは、「補強の前にまずは現在いるメンバーの放出」であると言われている。4年ぶりにリーガ優勝を果たしたとはいえ、再びタイトル獲得という美酒に酔い、レアル・マドリーのプレースタイルを取り戻すことはファンにとっての夢であり、そのためにも“ベンチの改革と一掃”を図ろうとしているレアル・マドリー。まずは“放出作戦”に着手し始めようとしている
●イングランドの“TIME”紙によると「リバプールはアトレチコ・マドリー所属のFWフェルナンド・トーレスの獲得が現実味を帯びてきている。両クラブの幹部がマドリーで対面し、トーレスの移籍成立に向けた会談が行われた模様」と報じている。また同紙はクラブの若き至宝トーレスの放出条件として「アトレチコ・マドリー側はリバプール側に対して『2400万ユーロ(約40億円)に加えてリバプールのFWルイス・ガルシア』を要求している」と説明している
●19日のバルセロナのラポルタ会長の批判について翌20日、MFエジミウソンが“カタルーニャ・ラジオ”の番組内で異論を唱えた。「僕らは子供じゃないんだ。それぞれが自覚しているし、今シーズンやってきたことへもそれぞれが責任を持っている。ことがうまくいかなかった時には、それを解決する必要はもちろんあるよ。でも、もし優勝していてもやるべきことは全てやるし、負けたとしてもそれは同じ。今シーズンの失敗は選手にも、役員にも、コーチ陣にも、すべての部門に原因があるんだ」とコメント
●マメロディ・サンダウンズとの親善試合を終え、木曜日に南アフリカ遠征からバルセロナに戻ったバルサ一行は7月21日までのバカンスに入った。約1か月のバカンス後、7月21日にはカンプ・ノウに集合し、プレシーズンの初めに行っている恒例のメディカルチェックを受けることになる。一方、コパ・アメリカに参加するレオ・メッシとラファ・マルケスは8月1日にチームに合流する
●バルセロナのキャプテン、カルラス・プジョールが水曜日(20日)、今シーズンのラストゲームとなる南アフリカでのマメロディ・サンダウンズとの親善試合中に左膝の外側側副靭帯を断裂し、翌木曜日の夜に手術を受けることになった。プジョールの手術はラモン・クガット医師執刀によりサン・クガットのアセペヨ病院で木曜日に行われる予定。医師らは手術前にプジョールの回復期間を具体的に明かすことはなかったが、3か月の離脱となる見込みだ。これにより彼のプレシーズンは失われることになり、07/08シーズン開幕後の何試合かを欠場することになる。
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は21日、自身が「チームを操り、選手達に強く要求する責任があった」ことを認めつつ、来季の去就については「チームをより高みに導くため、続投する理由はいくらでもある」と発言。彼はプジョール、イニエスタ、メッシの3人が今季のチームで傑出していたとの考えを示し、来シーズンでは「物事を明らかにし、選手達は最高のモチベーションを持って行動しなければならない」ことを明らかにした
●バレンシアのソレール会長は21日、バラハとシルバの契約延長発表の席で、カルボーニのSD(スポーツ・ディレクター)解任の理由を明かした。「彼のこの1年の仕事ぶりを評価した結果、経験不足だったといえる」。しかし、カルボーニは昨年の現役引退からすぐにフロントに入っており、経験不足は元から分かっていたことだ。それを解任の理由に挙げるのは、少し的外れにも聞こえた
●モナコのセンターバック、ガエル・ジベ(25)がマルセイユに移籍する可能性が高まっている。南仏の地方紙「ラ・プロバンス」が報じた。ジベは2000年に18歳でモナコと契約。過去4シーズンにわたりレギュラーで活躍し、今シーズンは主将を務めた。フランス代表としても12試合の出場経験がある。
●チャンピオンズリーグ、リヨン戦での素晴らしいゴールが印象的だったローマのマンシーニ。ローマにとって欠くことのできない選手だが、それを如実に表すエピソードがある。マンシーニに対してリバプールが31億円もの高額な移籍金を用意していたが、ローマはこのオファーを正式に断ったというのだ
●先日、パレルモのキャプテン、コリーニを獲得したトリノだが、これ以外にも積極的な補強で話題を集めている。新指揮官にサンプドリアを率いていたノベリーノを招聘したほか、パルマから昨年のドイツワールドカップで日本代表とも対戦したオーストラリア代表のグレッラ、そしてFWのベントラをアタランタから獲得している。トリノの戦力補強はこれに止まらず、アスコリで7ゴールを挙げたクロチア人FWのビエラノビッチの獲得にも乗り出している。
●昨夏、ポルトガルのポルトから移籍し、シーズン通算24ゴールを記録したブラックバーン・ローバーズのFWベネディクト・マッカーシー。移籍初年度からイングランド・サッカーに順応し、ゴールを量産した南アフリカ代表には、プレミア各クラブからの注目が集まっている。マッカーシーの獲得に本格的な動きを示しているのはチェルシーとウェストハムだ。チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、ポルト時代に指導したマッカーシーを高く評価し、今夏のターゲットにリストアップしている。一方、今夏の移籍マーケットで戦力補強に積極的な動きを見せているウェストハムも、高額の移籍金を提示することで、得点能力の高いストライカーを確保したい考えのようだ。
●07-08シーズンのセリエA開幕日がようやく決定した。FIGC(イタリアサッカー協会)の正式発表によると「セリエAの開幕は8月26日(日)、セリエBの開幕についてはまだ最終調整段階だが8月19日(日)に前倒しで迎える可能性もある」
●ACミランのFWアルベルト・ジラルディーノの頭の中にはユベントスやその他のクラブは存在せず、ACミランのみで占め尽くされているようだ。当初“ACミラン退団説”が根強く流れていたジラルディーノだが、ここにきてACミラン残留をアピールし始めている
●インテルは以前からティエリ・アンリの獲得を狙っていた。スアソの獲得が残念な形で失敗に終わった今、インテルはアーセナルのフランス人FWの獲得に向けた動きを強めようとしているようだ。数日前には元チームメートのパトリック・ビエイラもアンリにインテル入りを呼び掛けていた(「アンリは出て行くだろう。バルセロナよりはインテルの方がいい」とビエイラ)。
●備えあれば憂いなし。カルロス・テベスがウェストハムに別れを告げる場合、ハビエル・サビオラが加入することになるかもしれない。出て行くアルゼンチン人がいれば、やって来るアルゼンチン人もいる。
●ティアゴ・メンデスとセルヒオ・アルミロンがトリノに到着し、ユベントス入団のための慣例のメディカルチェックを受けた。すべてが順調に進めば、間もなく2人のMFの獲得が発表される。
●ローマはバイヤー・レバークーゼンからブラジル人センターバックのジュアン(28)を獲得したことを発表した。契約期間は4年間で、年俸は310万ユーロ(約5億1150万円)。さらに目標の達成に応じたボーナスが支給される。
●トリノがまた新たに2人の選手を獲得した。アスコリからパオロ・ザネッティとサーシャ・ビェラノビッチが加入する。
●ロベルト・コバチはボルシア・ドルトムントと2年契約を結んだ。ユベントスで過ごした2シーズンはけがに泣かされることが多かった。クロアチア人の両親から生まれたコバチはベルリンで育ち、ニュルンベルクで大舞台にデビュー。1996年にはバイヤー・レバークーゼンに移った。
●先日から注目を集めていたリンコウンの移籍騒動は、ガラタサライの勝利に終わった。昨季、VfBシュツットガルト、ベルダー・ブレーメンと優勝争いを演じたシャルケ04の原動力の一人、ブラジル人MFリンコウンが来季からトルコリーグでプレーすることが決定した。
2007/06/21UEFAサッカー情報
●ドイツ代表でもあったローター・マテウス氏が「スペインのヨーロッパでの勢力が後退した」とドイツの“シュポルト・ビルト”誌の週間コラムでそう辛辣なコメントを寄せている。「リーガは、ヨーロッパの3大リーグの中で唯一最終節までもつれ込んだ。それはファンにとっては感動的なことだったろうが、と同時にスペインがヨーロッパでずば抜けた勢力を持っていないリーグであることを示すことにもなった。2大ビッグクラブであるレアル・マドリーもバルセロナもシーズンを通して不安定な戦いを見せ、かなり苦しんでいた」。
●バルセロナのFWサミュエル・エトーが、リーガ優勝を逃し、ラポルタ会長が今シーズンを総括し、ロナウジーニョやライカールト監督同様にエトーのバルサ続投を認めた記者会見の後、初めて自身の胸中を告白した。「僕は自分の将来を把握しているし、自分の希望もはっきりしている。クラブが僕に何かを無理強いすることはできない。僕はバルサから出て行きたくないし、アンリと一緒にプレーしたい」
●イスマエル・ウルサイスが6月30日までの契約を結んでいるアスレティック・ビルバオにシーズンの終わりとともに退団する意向であることと伝えた。11シーズンに渡りアスレティックでプレーしたウルサイスは1部のいくつかのクラブからオファーを受けているが、今週金曜日(22日)にも現役引退を発表するようだ。レアル・マドリーのカンテラ出身のウルサイスはスペイン代表キャップ25、そして8ゴールを挙げている。10月7日に36歳を迎える
●年契約でアトレティコ・マドリーに移籍したMFラウル・ガルシアは、契約におけるクラブの“努力”に感謝を表し、自身に信頼を見せてくれたことがアトレティコ行きを決めた理由だと強調した。オサスナで活躍し、この7月で21歳を迎えるラウル・ガルシアは、他のクラブからのオファーもあったがアトレティコを選んでいる。「アトレティコを選んだ理由は、最初からサッカー選手として僕に対する信頼を示してくれたから。クラブの人たちの信頼を感じた時、迷わずアトレティコに決めたよ」と語った
●ビジャレアルのアルゼンチン人DFゴンサロ・ロドリゲスは先週14日、完治したばかりの右膝の靭帯を再び損傷し、全治7か月と告げられた時、全てをやめようかとさえ思ったと絶望の淵に立っていたことを告白した。「医師から再び靭帯を損傷したと聞かされた時、真剣に全てをやめようかと思った。この悔しさや悲しみを説明する言葉なんでないよ。でも、チームメイトや多くの人のサポートや励ましのメッセージをもらって、このまま続け、再びプレーするという気持ちになった」とコメント。
●リバプールは来シーズンに向けての補強リストのトップにアトレティコ・マドリーのフェルナンド・トーレスを挙げ、すでにアトレティコと交渉に入っていると英紙“ザ・タイムズ”が報じている。同紙によると、他のヨーロッパのクラブが動く前に両クラブ間での合意を取り付けるという目的を持ったリバプールからの使者をマドリーで見かけたことから、F・トーレスのリパプール移籍の可能性はあるとのことだ。
●イングランド・プレミアリーグのアストンビラが、ビジャレアルのフォルランに興味を示している。移籍金の推定は2300万ユーロ(約37億9500万円)で、アストンビラはその金額を支払う用意があるという。フォルランには同じプレミアリーグのアーセナルなども関心を示しているとされており、スペイン国内ではバレンシアも獲得に名乗りを上げている。
●続投が決まったバレンシアのキケ監督が20日、現場スタッフ3名を解任し周囲を驚かせた。解任されたのはフィジカルコーチのパコ・デ・ミゲルとアンヘル・プエルバ、そしてエミリオGKコーチの3人。2006-07シーズンからは、セカンドコーチのエスクリバだけが残ることとなった
●カパロス監督の退団が決まっているデポルティボ・ラコルーニャの後任監督候補に、レアル・ソシエダの2部降格で退団が濃厚なロティーナ監督の名前が挙がっている。
●20日(現地時間)、南米王者を決めるリベルタドーレス杯決勝第2戦が行われる。初戦はボカ・ジュニオールス(アルゼンチン)が、グレミオ(ブラジル)を3対0で下し、南米制覇へ王手をかけている
●マラドーナは「ボカは私の永遠のチーム」と公言して憚らないが、彼のセカンド・チョイスはつねにナポリだ。自身を世界的スーパースターと成らしめたクラブのことはつねに心にある。マラドーナは、後継者としてリケルメに来季セリエAに復帰するナポリでプレーしてほしい、と強く願っているらしい
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、リバプールとの試合中に相手サポーターから聞こえる「チェルシーには歴史がない」というチャントに対し、クラブのオフィシャルマガジン内で厳しく反論。リバプールが国内リーグのタイトルから17年間遠ざかっている点を言及し、「これからのイングランド・サッカー界で歴史を築くのはチェルシー」と語った。
●チリ人MFダビデ・ピッザーロのASローマ残留が正式に決定した。19日夜に行われたASローマ側とインテル側による話し合いの結果、両クラブが共同保有権を持つピッザーロの来季の去就はASローマということに正式に決定した。公式発表によると「ASローマ、そしてインテルはダビデ・マルセロ・コルテス・ピッザーロの選手登録を2007年7月1日までASローマの所属として行う」と説明している。
●ACミランのMFジェンナーロ・ガットゥーゾは、同僚MFカカがACミランから遠ざかることなど全く信じていないようだ。有料テレビ番組の“ACミラン・チャンネル”に出演したガットゥーゾは「彼(カカ)はACミランに残ると確信している。このチームの大黒柱として君臨していることに疑いの余地はないし、重要な役割を担っている選手だ。また我々もリッキー(カカの愛称)がACミランのユニフォームを愛していることを十分に理解しているし、だからこそ落ち着いてそう断言できる」と切り出し、まずは“レアル・マドリー移籍報道”の続く司令塔カカのACミラン残留を同僚の立場からアピールした
●サンプドリアはユベントスから6月25日に24歳の誕生日を迎えるDFダニエレ・ガスタルデッロ(昨季はシエナにレンタル移籍中)を完全移籍で獲得、そして若きGKアントニオ・ミランテ(23)をレンタルで獲得したことを20日、正式に発表している。
●ユベントスがDFフェデリコ・バルザレッティの保有権を完全にフィオレンティーナに譲渡した。
●ユベントスは、シエナからクリスチャン・モリナーロを250万ユーロ(約4億2千万円)で獲得しているが、モリナーロの保有権は50%となる
●インテルのアルゼンチン人DFハビエル・サネッティ「スアゾ(インテル移籍が決定的となっている中でACミラン移籍成立報道が流れる)の件を読んだが…、同情して言うわけではないが、テベス獲得はインテルにとって補強の目玉となるだろう」
●ASローマ側はインテル側とDFクリスチャン・キブーの移籍交渉を行っているのではないようだ。インテル関連記事、ASローマ関連記事のどちらにも連日のように“キブー移籍”報道が流れているが、ASローマ側は「インテル側との選手情報のやり取りは(両クラブが共同保有権を持つ)MFピッザーロのみであり、その他のニュースは錯乱している」と発表
●マッシモ・モラッティ率いるインテルが新たな問題に見舞われた。不正会計によりCOVISOC(サッカークラブ監査委員会)に目を付けられているのだ。COVISOCは、「(インテルが)虚偽の資産価値上昇に伴う損失を計上したのであれば、収支が操作された可能性がある」と発表。カルロ・ノチェリーノ検察官が捜査終了の宣言とともに明らかにした。4人の捜査対象者にも間もなくこのことが通告される。つまり、2003年から2005年にかけて行われたミランとの間での何人かの選手のやり取りという“魔法”がなければ、インテルは2005-2006シーズンのリーグ戦の参加条件を満たしていなかった可能性があるということだ。
2007/06/20UEFAサッカー情報
●ユベントスの監督を辞任したディディエ・デシャン氏の次の就任先として、スペインのアスレティック・ビルバオが有力視されている。レキップ紙が報じた。ビルバオからは、18日にホセ・マヌエル・エスナル監督が辞任したばかり
●ディエゴ・フォルランにはイングランドから数多くのラブコールが送られている。リバプールに加え、最近になってアーセナルとサンダーランドも彼の獲得に名乗りを挙げた。いずれにしても、フォルランがビジャレアルを去ることは避けられない事態となってきた
●バルセロナのラポルタ会長が、記者会見の席にてチームが置かれた状況を評価した。彼は自己批判をすると共に、責任を果たしていなかった者がいると発言し、チームの一部を非難。またロナウジーニョやエトーといったスター選手の今後についても触れ、クラブは双方にバルセロナで続けてほしいと考えており、ライカールト監督もそのことを知っていると語った。
●アトレティコ・マドリーのスポーツディレクター、ヘスス・ガルシア・ピタルクTDは「今のところ彼のアトレティコ移籍の可能性はない」と現在レアル・マドリーに所属しているレジェスのアトレティコへの移籍を否定したが、去年の夏はレジェスに興味を持っていたことを明らかにした。そして、ブラジルの名門サントスのMFクレベル・サンタナとの契約の準備をしていることを認めた。サンタナとの交渉は「サンタナが移籍に合意するための交渉の場があったのだが、今、その機会ははっきりしていない。彼は6月30日までサントスとの契約があるが、可能性はある。しかし、何も決まっていない」と答えた。
●「カペッロ監督の去就に関わらず、ファビオ・カンナバーロはレアル・マドリーでプレーし続ける」。そう断言したのはカンナバーロの代理人、ガエターノ・フェデレ氏だ。さらに、カンナバーロは来シーズン、イタリアでプレーするという噂に「ありえない」とキッパリ
●サラゴサのアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートのユベントス移籍もまとまると思われていた…この月曜日までに。G・ミリートがセリエA昇格が決まったユベントスの補強第一号になるだろうとほとんどのイタリアメディアが報じていたし、G・ミリートの代理人もユベントスから興味深いオファーが届き、移籍もほぼ決まったと認めていた。しかし、移籍金1800万ユーロ(約29億8000万円)までの引き上げを要求したサラゴサはユベントスからの1500万ユーロ(約24億8300万円)のオファーを却下。交渉は破談となった
●バルセロナのラポルタ会長は19日、オランダ人のライカールト監督の留任を言明した。
●元デンマーク代表で、レアル・マドリーやバルセロナでもプレーしたミカエル・ラウドルップが、ヘタフェの監督に就任する可能性が出てきている。現在のシュスター監督は今シーズン限りでヘタフェの監督を辞め、レアルの監督に就任すると見られている(カペッロ監督の去就次第だが)。そのシュスター監督の後任候補として、ラウドルップに白羽の矢が立っている。
●バレンシアが、レアル・マドリーのバプティスタ獲得に動く可能性が出てきている。20日付けの『スーペル・デポルテ』紙が報じたところによると、アーセナルでの期限付き移籍を終えたバプティスタだが、レアルでは構想外となっており、バレンシアのキケ監督が獲得に興味を示しているという。移籍金の推定は1500万ユーロ(約24億7500万円)となっている
●バレンシアのスポーツ・ディレクター(SD)、アメデオ・カルボーニが今シーズン限りで解任されることが決まった。19日夜(現地時間)にクラブ公式HP上でキケ・フローレス監督の続投と新しいスポーツ・ディレクターの就任が発表されたもので、これまで「キケ監督かカルボーニSDか」で揺れていたバレンシアのソレール会長は、最終的にキケ監督を選んだことになる。
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長は19日、ドイツ代表DFクリストフ・メツェルダーが今夏からクラブに加入することを認めた。カルデロン会長はスペインのスポーツ専門紙『アス』の取材に対し、メツェルダーがすでに契約書にサインしたことを明らかにした。
●スペイン2部への降格にもかかわらず、セルタはフリスト・ストイチコフを監督に留任させることを決めた。ブルガリアの大スター(同国の前代表監督でもある)だったストイチコフは、今年4月にセルタの監督に就任した。
●レアル・マドリーは19日、パレスチナとイスラエルの連合チームとの親善試合をイスラエルで行い、8-0で勝利を収めた。ファビオ・カペッロ監督にとっては、これがラストゲームとなる可能性が高い。
●会長をはじめとするリヨン首脳陣との関係が完全に冷えきり、移籍はもはや時間の問題とさえ見られるシルバン・ビルトール。移籍先はこれまで報じられたパリ・サンジェルマンのほかに、来季UEFA杯への出場を決めたレンヌという声も上がっている。レキップ紙などが報じた。
●フランス通信(AFP)によると、ポルトガル代表でリヨンのMF、ティアゴのユベントス移籍が近づいている。リヨンのオリビエ・ブラン広報部長が「交渉が進んでいる」ことを明らかにした。ティアゴについては、先日もオラス会長が「1500万ユーロ(約24億8000万円)を用意するクラブがあるなら」という条件を付けたうえで、放出にゴーサインを出している。ティアゴには、ACミランも獲得に関心を示していると報じられる。
●元ニューカッスルのアラン・シアラーは、古巣クラブがリバプールのFWクレイグ・ベラミの獲得に興味を示している点について不快感を示した。いまだ古巣ニューカッスルと強い結びつきを持つ元イングランド代表キャプテンは、その素行の悪さでチームに不協和音をもたらすベラミの獲得報道に対し、驚きを隠せない様子だ。
●就任当初はなかなか勝点を積み重ねられず、批判にもさらされたフェネルバフチェのジーコ監督だが、その後はチームを掌握し、見事にチームをトルコリーグ優勝に導いている。そのジーコ監督だが新シーズンに向けた戦力補強として、アドリアーノの獲得を熱望している。
●インテル入団が確実視され、先週にはクラブのメディカルチェックまで受けていたカリアリのスアソだが、ここに来てライバルチーム、ミランへの入団が取り沙汰され、大きなニュースとなっている。
●パレルモのキャプテンを務めていたMF、コリーニがトリノへ移籍することになった
●セリエA復帰を果たしたユベントスが19日、ウディネーゼからFWビンチェンツォ・ヤクインタの獲得を正式に発表している。
●「エトー(バルセロナFW)がACミランに来る可能性は低いのでスアゾ獲得に照準を絞ったが、交渉もほぼまとまりそうだ」。ACミランの副会長アドリアーノ・ガリアーニが19日、カリアリのFWスアゾの獲得可能性について言及している
●インテル移籍が決定的となっている状況で“ACミラン移籍成立”報道が流れているホンジュラス人FWスアゾ(カリアリ)を巡り、インテルのマッシモ・モラッティ会長が声明を出している。「彼ら(スアゾ側)と完全に合意に達しているのに、この展開はどういうことなのか。選手は既に我々との契約にサインを済ませており、様子を見守るしかないだろう。」
●ベンフィカにレンタル移籍中のFWファブリッツィオ・ミッコリが(保有権を持つ)ユベントス復帰を望んでいる。
●ロサンゼルス・ギャラクシーのスポーツ・ディレクターは、この夏移籍するベッカムがタイガー・ウッズやマイケル・ジョーダンより大きなインパクトを与えると信じている。
●フェネルバフチェにおけるR・カルロスの大航海が始まった。イスタンブールにて熱烈な歓迎を受けた彼は、今週火曜にメディカルチェックを済ませ、契約書にサインをし、メディアと熱狂的ファンの前で入団発表を行った。
●ロベルト・カルロス(34)が、移籍先のフェネルバフチェで入団発表を行った。世界で最も有名な左サイドバックが新たな挑戦をスタートさせる。「今レアル・マドリーは、経験豊富な選手たちを送り出していて、これからは若い選手が多くなる。ベッカムは米国に行き、僕はフェネルバフチェに来た。どちらも大舞台で戦い続けることができる。僕はここでキャリアを終えるつもりだ」
●「サッカーの移籍市場では、こういったことも起こる。われわれがインテルに謝罪する必要はない」スカイのインタビューに応じたカリアリのスポーツ・ディレクター(SD)、ニコラ・サレルノは、チェッリーノ会長が二重の取引で交渉相手を欺いたという批判に答えた。
●ローマは、ダビド・ピサロをインテルから買い取ることを20日に発表する見通しとなっている。クリスティアン・キブーはインテルに行くことになる。両クラブは19日の夜に合意に達した。
2007/06/19UEFA情報
●「レアル・マドリーの国内リーグ優勝はバルセロナのミスに因るところが大きい。両クラブとも来シーズンに向けて解決すべき問題が山積みしている」。現役時代にはユニフォームを着て、引退後は監督としてバルセロナを支えたオランダ人ヨハン・クライフ
●現代のサッカーでは背番号「10」の役割が消滅しかかっている。歴史上、最も背番号「10」の似合った選手の一人ジネディーヌ・ジダンがチリの“EL MERCURIO”紙に語っている。2006年ドイツW杯終了とともにユニフォームを脱いだジダンは「伝統的な背番号10はサッカー界から姿を消そうとしていることは明らかだ」
●自分が現役でプレイしていたときでさえ、同僚の移籍話には興味を持たなかったが…。エトーのACミラン移籍の話は重要事項と言えるだろう」。現役時代にACミランのバンディエラ(旗印=象徴)として君臨したジャンニ・リベラ
●マジョルカ戦で3点中2点を決め、R・マドリーの優勝を決定的にした立役者レジェスは、月曜日(18日)ラジオ・マルカの番組で優勝の喜びを伝えた。さらに来季以降について「現在クラブからの連絡を待っている所だ」と残留を希望する旨を明確にすると共に、他チームからのオファーに対しても全く扉を閉ざしているわけではないと明かした。
●バルサでの初シーズンを終えたイタリア代表DFジャンルカ・ザンブロッタは「今シーズン勉強になったのは、サッカーは実力やプレーの美しさだけでは勝てないという事。判断力や激しさも必要だ。今シーズンのバルサには肝心な所でそれらが欠けていた」
●ヘタフェのベルント・シュスター監督は、レアル・マドリーがファビオ・カペッロ監督を解任した場合にその座を継ぐことへの興味を再び示した。「もう興奮するようなことはないけど、ただ言えるのは来季からR・マドリーの指揮を執る準備はできている。しばらく前から準備はしているし、R・マドリーは私の計画の中にある」
●バレンシアがスポルティング・リスボン所属のミゲル・ベロソ獲得に興味を示している、とポルトガル紙が大きく報じている。現在20歳のミゲル・ベロソはU-21ポルトガル代表選手でもあり、バレンシアは守備的MFもセンターバックもこなせるそのユーティリティ性に目をつけている。
●バルサのFWハビエル・サビオラは今シーズンの扱われ方により“苦い思い出”とともにクラブに別れを告げるとともに、来シーズンはレアル・マドリーでプレーする可能性をも否定しなかった。しかし、まだどのチームとも契約を交わしていないこをを強調。、「来週には来シーズンプレーするクラブが決まるだう。“どのクラブでも”扉は開かれている」と語った。R・マドリーへの移籍の可能性について質問されると、サビオラは「仕事をする上で、僕にとっていいと思われるところに行く」とうっかり口を滑らし、クレ(バルサファン)にとって許されざるべき重大な裏切り行為ともいえるR・マドリー移籍も視野に入れていることを仄めかしたが、「クレたちを怒らせるようなことはしたくない」とも付け加えた。
●今シーズンのリーガタイトル獲得の失敗でバルセロナのフランク・ライカールト監督がここ数日にも辞任を表明した後、同クラブはアーセナルのアーセン・ベンゲル監督招聘に動き出す、と英日刊紙“ザ・サン”が報じた。同紙は、ベンゲル監督とバルサの財政部門を統括するフェラン・ソリアーノ副会長がティエリ・アンリの移籍に向けての先週の話し合いについても報じている
●バルセロナのチキ・ベギリスタインSDはここ数日にも同クラブに所属する選手とその代理人とで話し合いを始める予定だ。目的は来シーズンに向けクラブの構想外になっていることを伝えるためだ。そのリストに挙げられているのはベレッチ、シウビーニョ、モッタ、エジミウソン、ジュリ、エスケーロ、そしてサビオラの7選手。サビオラの場合、今シーズン終了後で契約が切れ、18日にもバルサ退団を正式に発表している。間もなく他の選手からも退団について話されることになるだろう。
●17日のリーガ最終節ヒムナスティック戦でのささいな光景から、バルセロナのエトーとロナウジーニョの不仲説が再浮上している。その光景を紹介したのは、民放テレビ局のクアトロ。18日のスポーツニュースで、試合前のバルセロナのロッカールーム内の映像を流したところ、1番から背番号順にきれいに並べられていた選手のユニホームが9番(エトー)で途切れ、ロナウジーニョの10番は違う一角に並べられていたために論争を呼んでいる
●バルセロナが19日、南アフリカツアーに向けて出発する。17日のリーガ最終節で今シーズンは終了したものの、バケーションに入る前の20日にマメロディ・サンダウンズと親善試合を行う
●ビジャレアルが27日、デポルティボから獲得したスペイン代表カプテビラの入団発表を行なう運びであることが分かった。26日にビジャレアル入りし、メディカルチェックを受けた翌日にクラブから正式発表となる予定。また、ビジャレアルはセサル・アルソのムルシアへの期限付き移籍を発表した。
●リーガ・エスパニョーラ2部への降格が決まったレアル・ソシエダのサビオがレバンテに移籍することが確実となっている。
●今シーズン、バレンシアで第2GKを務めたビュテルが来季の1部昇格を決めたレアル・ムルシアに期限付き移籍する可能性が高まっている。バレンシアはドイツ代表GKのヒルデブラントの獲得が決まっており、来季ビュテルがバレンシアに残留すれば第3GKとなることが濃厚で、本人も移籍を望んでいるもよう。MFウーゴ・ビアナについても、ムルシアが獲得を狙っていると見られる。
●リーガ・エスパニョーラ優勝を祝っているレアル・マドリーだが、チームを栄冠に導いたファビオ・カペッロ監督が来シーズンもチームの指揮を執るのかどうかはまだ分からない。スカイのインタビューに応じたレアルのラモン・カルデロン会長は、この疑問に関してはっきりした回答は示さなかった。「今のところカペッロは残る。しかし、少し待たなければならない。これから今後のことや、カペッロの状況についても話をする予定だ。」
●バルセロナのDFリリアン・テュラムは、非常に悔しそうな様子だった。宿敵レアル・マドリーにリーガ優勝のタイトルをさらわれた10日、「1年間の努力が何の結果にもつながらなかった」とテュラムは冷たく言い放った。「リーグ優勝を逃したのは、自分たちの責任だ。チャンスを生かすべき場面で、結果を出すことができなかった」特にテュラムはエスパニョルとの引き分けで勝ち点を“捨ててしまった”試合(6月9日)について言及していた。「最初はレアルがリードされていて、その後、結果が変わった(2-2の引き分け)ということを相手チームのサポーターから知らされるのはつらかった。本当に1年間が無駄になってしまった。チャンピオンズリーグでの敗退に続いて、リーグ戦でも敗れてしまい悔しいシーズンだった。残ったのはスペイン・スーパーカップだけだけれど、これで十分だとは言えない」
●ドイツ国内のメディアは、VfLボルフスブルクがドイツ代表DFアンドレアス・ヒンケルの獲得に関心を示していると報じた。25歳のヒンケルは 2006年夏にVfBシュツットガルトからスペインリーグのFCセビージャに移籍したが、スタメン争いに敗れて控えに回って いた。
●リヨンのオラス会長が18日、ラジオ局RMCのサッカー番組「ルイス・アタック」(ベティス監督を辞任したルイス・フェルナンデス氏がバーソナリティー)に出演し、シルバン・ビルトールの退団が決定的であることを仄めかした
●昨年10月にパリ・サンジェルマン(PSG)を解雇されて以来、所属クラブがない状態が続く元フランス代表MFのビカシュ・ドラソー(33)。先週にはレキップ紙が「ソショー入りが有力」と伝えていたが、18日にソショーのプレシ会長が同紙に「ドラソーの獲得を断念した」と語っている。
●ユベントスのMFパベル・ネドベドがセリエA復帰に沸くユベントスに警鐘を鳴らしている。チームの大黒柱ネドベドは「現状ではクオリティのある布陣を組めず、上位争いを展開するとは言えない。スクデット(優勝)は夢のまた夢だ。このチームは順位表で中位クラス、あるいはもう少し下かもしれない。チャンピオンズ・リーグ出場権獲得圏内(4位以内)は厳しい…」
●FIGC(イタリアサッカー協会)副会長のデメトリオ・アルベルティーニが18日、先日“SCARPA D‘ORO(ゴールデン・シュー)”賞を獲得したASローマ主将フランチェスコ・トッティに対して意見を述べている。現役時代に攻守の切り替え役としてACミランの黄金期を支えたアルベルティーニは「トッティはベストコンディションを維持し、偉大な能力を発揮して驚愕のシーズンを送った。9月頃には代表に復帰して力を貸してくれるだろうが、もっと早く復帰していても良かったのでは」
●ファビオ・バッザーニがブレーシャの所属選手となる。元サンプドリアのFWバッザーニは18日、セリエBブレーシャと2年契約を結んでいる。1年間の契約延長もオプションで含んでいるとのこと。
●ユベントスのMFパベル・ネドベドが19日、チェコの“PRAVO”紙上に掲載されたネドベドのインタビュー記事の中で発言したとされる「ユベントスは中位争いをするチーム」とのコメントに対して怒りの表情を見せている。
●クラウディオ・ラニエリ監督は、来シーズンに向けた攻撃陣の最初の補強としてリバプールのクレイグ・ベラミーをリストアップしている。新監督の手に委ねられたユベントスは、ベッテガがチームを離れたことにより、移籍市場で非常に自由な活動ができるようになり、ラファエル・ベニテスの構想外となったウェールズ人FWベラミーに1500万ユーロ(約24億9000万円)弱のオファーを出したようだ。
●来シーズンのジュゼッペ・ロッシは、サンダーランドでプレーすることになるかもしれない。『デイリー・メール』紙は、プレミアリーグに昇格したサンダーランドがロッシの獲得を狙っている件の舞台裏を報じた
●マッシモ・ドナーティは、スコットランドへと移るためベルガモを離れようとしている。ドナーティは中盤のセンターでプレーする26歳のMFで、今シーズンはアタランタに期限付きで移籍していたが、保有権はミランが持っている。セルティックが彼に注目しているとうわさされていたが、代理人のアンドレア・ダミーコがスコットランドの『デイリー・レコード』紙に対してこのことを認めた
●ファビオ・クアリャレッラの将来のためには、今後の数日間が大きな意味を持つことになりそうだ。サンプドリアを離れる可能性は高い。現在はサンプドリアとウディネーゼが共同で彼の保有権を持っており、どちらのクラブも彼の買い手を見つけたいという意向を明らかにしている。
●フィオレンティーナは、ペーペの獲得に向けて交渉を急いでいる。ペーペはブラジルからポルトガルに帰化した屈強なセンターバックで、ポルト所属。フィオレンティーナのスポーツ・ディレクターのパンタレオ・コルビーノは、彼の獲得を最大の目標の一つとしており、ポルトに対してはすでに1000万ユーロ(約16億6000万円)のオファーを提示しているようだ
2007/06/17UEFA情報
●バルセロナのカンテラ出身で、マンチェスター・ユナイテッド所属のDFジェラール・ピケ。今シーズンは期限付きレンタルでサラゴサでプレーし、素晴らしい活躍を見せているピケだが、今シーズン終了後にもマンUに戻ることを決めている。しかし、そのままスペインに留まる可能性もでてきた。この夏、バルサとマンUがFWエイドゥル・グジョンセンとピケの交換トレードを検討している、とイギリスでは報じられいる
●いよいよ最終節を迎えるリーガ。ここ数シーズンに見られなかった混沌とする優勝争いは最終節まで持ち越され、それもあと数時間後には全てが決まる
●17日のリーガ最終節でリーガ優勝、来シーズンUEFAカップに出場する3チーム、2部に降格する残り2チーム(ナスティックの降格は決定済)と全てが決まるが、最終戦の90分は、優勝争いを演じるレアル・マドリー、バルセロナ、セビージャ、UEFAカップ出場権を争うサラゴサ、ビジャレアル、アトレティコ・マドリー、そして2部降格争いを演じるレアル・ソシエダ、セルタ、アスレティック・ビルバオ、ベティス
●バルセロナのFWエイドゥル・グジョンセンがマンチェスター・ユナイテッドへの移籍に興味を示している
●バルセロナのイニエスタは15日、一度手放しかけた優勝を最終節で、しかも永遠のライバルであるR・マドリーから奪って達成できたとしたら、ライカールト監督就任以来一番嬉しいタイトルになるだろうと語った。「もし今季優勝できたら、昨季、そして2年前よりも盛大にお祝いするだろうね」。
●金曜日、レアル・マドリーはリバプールに所属するGKイェルジ・デュデクにオファーを出したと英紙が報じた。レギュラーポジションを失っている34歳のベテランGKデュデクは、リバプールから移籍することを決めており、同クラブからの契約延長のオファーを断っている
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は16日に、17日の最終節を前に最後の会見に臨み、最終節での優勝の経験を語った。カペッロ監督は2000-01のASローマの最終節での優勝に言及し、「私は既にこうやってリーグを優勝している」と述べた。そして同じことを17日のマジョルカ戦で行い、R・マドリー30度目のリーガ制覇を達成したいとした
●ロナウジーニョが南米選手権の出場を辞退したことに理解を示すバルセロナのメッシだが、アルゼンチンではそのような事態はありえないと明かしている。「僕に言えるのは、アルゼンチンでは誰も代表に招集しないでくれなんて言わないっていうことだよ。アルゼンチン人にとって一番の名誉は代表でプレーすることだからね」
●優勝がついに決定するリーガ最終節を目前に控え、バルセロナのキャプテン、プジョールは「ライバルにプレッシャーを与えるためにも絶対に落とせない」とナスティック戦への意気込みを語った。「僕らにもチャンスがある。それを信じて戦うことが大切」とのことだ。
●リーガ最終戦に出場するため、レアル・マドリーのディアラと並んでマリ代表の合宿からスペインに戻るように指示されたセビージャのカヌーテは、このFIFAの決定に「敬意に欠けている」と不満をこぼしている。「セビージャでプレーしたくないと言うことではないよ。ただ、FIFAは代表の試合を優先させるという規律をしっかりと守らせるべきだ」とFIFAを非難した
●オランダ人MFラファエル・ハン・デル・ハールがユベントスにとって、今夏の移籍市場における獲得候補といえそうだ。ユベントスMFパベル・ネドベドは「ユベントスとファン・デル・ハールの距離は近くなっている。ユーベはゲームのキーマンとしての役割を彼に託そうとしている」とコメント
●ネッロ・ディ・コスタンツォがメッシーナ(セリエB降格)の監督の座まであと一歩と迫っている。
●「彼はノーマルなことは一切しない。優れた人間として、優れた選択をした」。イタリア代表を率いて06年ドイツW杯でイタリアを24年振り4度目の優勝に導いた名将マルチェロ・リッピが16日、先日ユベントスとの契約を2012年まで延長したGKジャンルイージ・ブッフォンについて語った。ユベントスでの監督経験もあるリッピは続けてユベントスが獲得した元イタリア代表FWビンチェンツォ・ヤクインタ(元ウディネーゼ)について「キープ力、スピード、シュート力、ヘッド…。コンプリートな選手であり、サイド起用も可能だろう」とコメント、W杯優勝メンバーのヤクインタの能力に太鼓判を押している。最後に“ユベントス退団”が濃厚と見られているFWダビデ・トレゼゲについて「もし退団となったら、ユベントスにとって大きな損害だ」とシビアな意見を述べている
●「これ以上ラツィオでプレイすることはないだろう。インテル?何も言えない…」。ラツィオのMFルイス・ヒメネスが地元チリのラジオ番組に出演し、言葉を選ぶように移籍に揺れる現在の心境を語り始めた。
●10勝17敗11分で勝ち点「41」の13位で06-07季を終えたカターニャが来シーズンへ向けて補強に乗り出している。カターニャはサンベネデッテーゼからMFファビオ・ビゾーネ、ブリンディシからFWビト・ファルコニエーリの獲得を発表している
●ポルト所属のポルトガル代表MFリカルド・クアレスマのアトレティコ・マドリー移籍が暗礁に乗り上げている。ポルトは、クアレスマの移籍金を2500万ユーロ(約41億3000万円)に引き上げており、アトレティコがクアレスマを獲得した場合、クラブ史上最高金額での移籍選手となる
●ユベントスはリベルタドーレス杯でボカ・ジュニアーズの中心として活躍する、ファン・ロマン・リケルメ(28)に興味を示している。スポーツ・ディレクターのアレッシオ・セッコがクラウディオ・ラニエリ新監督のために作り上げようとしているチームは、これまで以上にアルゼンチン色の濃いものとなるようだ。
●アルゼンチン人FWフリオ・クルス(32)はインテルを離れることになるかもしれない。代理人のグスタボ・ゲッツィが『ラディオ・ブル』のインタビューに対して明らかにした。「インテルは彼を放出するかもしれない。しかし、ミランに行くことは絶対にないだろう。それは彼自身も何度も言っていることだ」
2007/06/16UEFA情報
●リーガ優勝に王手をかけるレアル・マドリーにホッとするニュースが届いた。ここ数日間に渡ってロビーニョのブラジル代表合流を巡り、レアル・マドリーとブラジルフットボール連盟(CBF)の間で揉め続けていたが、FIFA(国際フットボール連盟)は、最終的にロビーニョが数日遅れでコパ・アメリカに向けた代表合宿に合流することを認めた。これによりカペッロ監督は、17日にサンティアゴ・ベルナベウで行われる優勝を懸けた大一番、マジョルカ戦にでのロビーニョの起用が可能となった。
●アメリカMLSのロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍が決まっているデイビッド・ベッカムが、改めて今シーズン終了後のレアル・マドリー退団を明言した
●今シーズンを最後に退団することが確実となったインテルのレコバ。新天地はアトレティコ・マドリーが濃厚だ。アトレティコは昨シーズンからレコバ獲得に動いていたようで、来週にもレコバの代理人とアトレティコ側との交渉が、スペインにて行われることになっている
●大混戦の末、ついに優勝の行方は最終節に持ち越されたスペインリーグ。泣いても笑っても今週の日曜日(日本時間の月曜日早朝)にすべてが決まる。現在、レアル・マドリーとバルセロナが同勝点で並んでいるが、レアル・マドリーがホームでの試合なのに対して、バルセロナはアウェー。レアル・マドリーが有利なのは間違いない。そんななか、気になるのがレアルの指揮官カペッロの去就である。仮にレアル・マドリーが優勝を逃した場合、カペッロの残留はほぼあり得ないだろう。そして、普通に考えれば優勝した場合は残留ということになるだろう。ところが、優勝したとしてもカペッロは辞めるかもしれない、との見方もある。
●1991-92シーズン、最終節を前に首位に立つレアル・マドリーと勝ち点差1でつけるバルセロナ。1992年6月7日に行われた最終節、レアル・マドリーはアウェイにおいて2点のリードから連続3失点でテネリフェにまさかの逆転負けを喫し、バルセロナはカンプ・ノウでアスレティック・ビルバオを2-0で下し、優勝はバルセロナのもとに転がり込み、“テネリフェの奇跡”と呼ばれる奇跡が起きた。翌1992-93シーズンも前シーズンと状況は同じ。首位を行くレアル・マドリーに勝ち点1差で追走するバルセロナ。1993年6月20日、レアル・マドリーはアウェイでテネリフェと、バルセロナはカンプ・ノウでレアル・ソシエダと、それぞれ優勝をかけた戦いが行われた。。レアル・マドリーは2-0でまたしてもテネリフェに敗れ、バルセロナは1-0でレアル・ソシエダを下し、バルセロナの奇跡の2年連続最終節逆転優勝が決まった。
●レアル・マドリーはこれまで何度もミランのカカ獲得を目指してきたが、まだその夢は諦めていないようだ。6月12日、レアル・マドリーのミヤトヴィッチGMとその右腕であるバルディーニがカカの父親と対面し、実際に交渉を行っていたことがイタリアで報道され、話題となっている。レアル・マドリーは今週末、リーグ優勝を賭けて最終節を戦うが、見事に優勝を果たした際にはスポンサー収益などが大幅に増えることから、カカの獲得のために124億円の移籍金と16億円の年俸を用意しているとみられる。
●ウルグアイを代表する選手レコバは現地スペインの“AS”紙のインタビューの中で「アトレチコ・マドリーでプレイすることは特別なチャンスだろう。アトレチコはスペインを代表する4大クラブの1つであり、仮に(今回)UEFA杯に出場しなくてもサインしたいクラブだ」とアトレチコ・マドリー移籍を前向きに語った
●インテルFWアドリアーノとバルセロナFWエトーのトレード案がインテル側からバルセロナ側に提案されている可能性が浮上した。現地スペインの“MUNDO DEPORTIVO”紙が明かしたもので、同紙によるとアドリアーノのバルセロナ加入により、05年南米選手権以来となるロナウジーニョとアドリアーノによる夢の2トップが実現するとも報じている。
●去就が注目されるユベントスFWダビデ・トレゼゲの移籍先として、現時点ではバレンシア(スペイン)が最も可能性が高くなっている。既にユベントスとの関係が決裂したとも報じられているトレゼゲ。
●ビジャレアルのアルゼンチン人DFゴンサロ・ロドリゲスが木曜日(14日)のチーム練習で右膝の十字靭帯を断裂し、6か月の戦列離脱となる、とクラブ関係者が伝えた。同選手は、昨年8月19日に行われたラモン・デ・カランサ杯で同箇所を傷めており、同じ箇所を再び傷めたことになる。同月29日にバレンシア市内の病院で手術を受けたゴンサロ・ロドリゲスは、長期のリハビリを経て、4月15日のヘタフェ戦で戦列に復帰したばかりだった。
●バルサのテュラムは今季最終節となる17日にR・マドリーと対戦するマジョルカについて「もし僕がマジョルカの選手なら、ベルナベウで良い成績を挙げてシーズンを締めくくりたいと思うだろう。前節のサラゴサ戦の後にカルデロン会長は既に優勝を祝っていたが、あれはマジョルカに対して失礼な行動だったと思う。サッカーは何が起こるか分からない。まだ1試合残っているし、バルサにだってチャンスはまだ残っている」とラ・ロマレダでの同会長の行動を批判した。
●今季バルサからのレンタルでマジョルカでプレーしているマキシ・ロペスは、R・マドリーのカルデロン会長がサラゴサ戦終了後にまるで優勝が決まったかのような行動を取った事について「悪い事だとは思わないが、実際に今度の試合後の表情を見るのが楽しみだ」とコメント
●レアル・マドリーの選手として最後の記者会見に臨んだデイビッド・ベッカムは、「R・マドリーに在籍できたことは名誉であり、これからの素晴らしい成功を祈っている」と語った。退団を撤回することはないと明かす一方で、「悲しい」とした
●バルセロナのメッシは14日、今季チームが期待していたタイトルを獲得できなかったことに落胆を示し、リーガで優勝しない限りは素晴らしいシーズンだったと言えないと考えていることを明かした。「望んでいたタイトルを取れなかったので、満足はしていない。リーガで優勝しない限りは、素晴らしいシーズンを送ったと言うことはできないよ」。
●サラゴサのガブリエル・ミリートは14日、スペインでの生活には終わりが訪れたと考え、ユベントスとの契約を望んでいることを“トゥットスポルト”という新聞のインタビューで明かした。「来週には僕の未来が決まる。全てが上手く解決されることを待ち焦がれているよ。僕はユベントスでプレーしたいんだ」。
●R・マドリー、バルセロナでのプレー経験があるミカエル・ラウドルップ氏が、レクレアティーボから来季の監督就任を要請されていることが明らかになった
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督はティエリ・アンリの将来についてバルセロナと交渉を始めており、来シーズン、アンリの希望がバルサでプレーするこにあると気付いている、と15日、英紙“ザ・サン”が報じている
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は15日、今季のチームの軌跡について弁明。バルサが17日にリーガ優勝を果たしたとしても「奇跡ではない」とし、最終節での優勝を「全てにおいて可能だ」と語った。
●17日の今季最後の試合でビジャレアルと対戦するセビージャのジュリアン・エスクデは、ビジャレアルのゴール・メイカーであるフォルランが欠場する事について「セビージャはカヌーテが長い移動時間を経てようやく土曜日に戻るが、アルベスやアドリアーノ他、重要選手が欠場となる。ビジャレアルの得点メイカーのフォルランがいないというのは多少とも僕達にとって強みとなる」と伝えた
●今季ナスティックでプレーしたハビエル・ポルティージョは、オサスナと4年間契約で合意した旨を発表した
●レアル・マドリーのカシージャスは、4年もの間無冠に苦しんできたことを振り返り「相手に500回ゴールチャンスを与えても、何回バーに当てられても、僕らには最後の瞬間にPKのチャンスしかなくても勝てればいい」とタイトルへの願望を語った
●名門ユベントス復帰に加え、ナポリ、ジェノアといったかつての古豪が帰ってくる。来季2007-08年シーズンのイタリア1部リーグは、“スーパー”セリエAになる、という声がイタリアで日々高まっている。
●今シーズンのリーグ・アンでもっとも大きな飛躍を遂げた選手のひとりに、サンテチエンヌのバフェティンビ・ゴミス(21)がいる。前半戦は控えだったが、エースのピキオンヌがモナコに移籍した年明けからレギュラーに定着。30試合(先発18試合)であげた10得点のうち8得点は今年に入ってからのもので、後半戦だけで見ればリーグ・アンの得点王だ。将来のフランス代表FW候補にも挙げられるゴミスだが、サッカー専門サイト「フットボール365」によると、サンテチエンヌからの移籍を強く希望している。
●フランス通信(AFP)によると、リールの主力MF、アブドゥル・カデル・ケイタとマチュー・ボドメールのリヨン移籍が決定した。リヨンのオラス会長は14日、16日11時に入団発表を行なうことを明らかにしている。ケイタはコートジボワール代表の25歳。昨年のW杯から代表のレギュラークラスとなり、これまで28試合に出場、6ゴールをあげている。リーグ・アンではリールで2シーズンを過ごし15得点(63試合)。今シーズンは9ゴールをあげ、前半のチーム躍進に貢献した。今年度のUNFP(プロサッカー協会)ベストイレブンに選ばれている。マチュー・ボドメールは、リールに4シーズン在籍した24歳。今シーズン前半に8得点をあげて大きな注目を浴び、一時は初代表の候補にも挙がったが、故障もあって第18節以降は無得点と調子を落とした。
●リーグ・アン6連覇を達成したリヨンが、7月12日から韓国で開かれる「ピースカップ」に出場する。 韓国で2年に1度開催されるピースカップには、日本、韓国、中南米、欧州から8クラブが参加、2組に分かれた4チームが総当たり戦を行ない、決勝は両グループの首位2チームによって争われる。
●先日、カモラネージの代理人とユベントスとの間で来シーズン以降の話し合いがもたれた。カモラネージは今シーズン、フランスのリヨンなどの他のクラブへ移籍する可能性がありながら、ユベントスの強い希望でチームに残留した経緯がある。カモラネージはチームのセリエA昇格に貢献し、契約延長の年俸提示を楽しみにしていたという。しかし、ユベントす側からの提示額は、カモラネージ側が考えていたよりもはるかに低い金額だったため、我慢も限界とばかりに、トレゼゲに続いて退団を明言した。
●「チェルシーにはピルロが必要で、マンチェスターUにお薦めはザンブロッタ、リバプールはクレスポを買いなさい」かつてミランを率い、クラブ世界一の座に2度も就いたアリーゴ・サッキ元監督が、伊紙「ガゼッタ・デッロ・スポルト」紙の企画で、イングランド・チームに「セリエAから選手を買いなさい」と仰天の移籍市場アドバイスを送っている。
●ユベントスとの交渉が決裂、退団が決定的となったカモラネージのインテル入りが濃厚となってきている。インテルは昨シーズンにもカモラネージの獲得を目指したが、ユベントス側が首を縦に振らず、実現はしなかった。しかし、待遇面の見解の相違から、カモラネージはユベントスに失望を隠せず、移籍先を探していたことから、2年越しのラブコールがようやく実ることになりそうだ。
●ユベントスの大黒柱であるデル・ピエロが、イタリア有力誌のインタビューにおいて、クラブの首脳陣に警告を発した。デル・ピエロは次のように語っている。「ユベントスは5年間でチームをトップレベルに引き戻そうと計画しているが、それでは遅すぎる。多くの資金を選手獲得に費やすのであれば、ひとりの移籍に高額を積むのではなく、ハイレベルな選手、2、3人を獲得する必要がある。だってそうだろう? もしトレゼゲとカモラネージが本当に退団してしまうことになれば、その損失は図りきれない。ユベントスにとっては一大事だ。どんなに優れた選手でも、ひとりではその穴は埋められない。ふたりがいなくなったらどうするつもりだろう」。
●セリエA復帰を果たしたユベントスがラファエル・ファン・デル・ハールの獲得を狙う。ドイツの“BILD”紙が明かしたもので、「ハンブルクのMFの名が、ユベントス幹部による補強候補に挙がっている。現在ユベントスは1000万ユーロ(約16億5000万円)のオファーを提示しているが、ハンブルク側は1600万ユーロ(約26億円)以下では放出するつもりは無いとのこと。
●「ラツィオが自分のことを欲しているのならば、ここに残るつもりだ。そうでなければ他の選択をしなければならない」。今季限りで現役引退を表明していた元代表GKアンジェロ・ペルッツィが“CITTACELESTE.IT”の中で現役続行を示唆するコメントを残している。
●サンプドリアのFWファビオ・クワリアレッラのマンチェスター・ユナイテッド移籍が現実味を帯びてきている。現在マンチェスター・ユナイテッドはクワリアレッラ獲得のために1500万ユーロ(約25億円)を提示しているとのことで、この金額が確定することにより、クワリアレッラのマンチェスター・ユナイテッド移籍が実現する可能性が高くなるとのこと。
●セリエA復帰を果たし、喜びの絶頂にいるジェノアのピエール・ルイージ・ガスペリーニ監督が冷静に来シーズンの目標を掲げている。古豪ジェノアを率いるガスペリーニ監督は、ホームのマラッシ・スタジアムで行われる祝賀会の前に、ジェノア市長マルタ・ビンチェンティと対面し「セリエA昇格を果たしたメンバーを中心に、まずは第一目標であるセリエA残留を達成したい」
●ジェノアのプレツィオージ会長は「サポーターの皆さんにはジェノアを見捨てることなく、落ち着いていて欲しい。(辞任は)自分自身で決めたことであり、クラブのイメージやチーム関係者を巻き込みたくはなかった。」
●「自分はまだASローマの選手ではない。双方のクラブで合意に達するのを待っている段階だ。(全てが終了して正式に)自分に何かを言うまでは、こちらからは何も言えない」。ASローマ移籍が濃厚となっているガーナ人MFのバルッソ(22)
●UEFAによる“ヨーロッパ・クラブ・ランキング”の結果、133808ポイントを獲得したACミラン(イタリア)が首位に輝いた。2位はバルセロナ(スペイン=119374ポイント)、3位はリバプール(イングランド=112618ポイント)、4位にはACミランのライバルのインテル(イタリア=107808ポイント)がつけている。
●仮に現役に終止符を打ったとしても、パベル・ネドベド(ユベントスMF)がイタリアを見捨てることはなさそうだ。故郷で行われたフレンドリー・マッチに参加したネドベドは「子供達の家もある。理想を言わせて貰えば、6か月間はここ生まれ故郷で、そして残りの6か月間をイタリアで過ごしたいが…。ただ、子供達の学校や友人がイタリアに存在する以上、容易なことではないが」
●06-07季セリエAを勝ち点49の9位で終えたサンプドリアがFWクラウディオ・ベルッチの獲得を正式に発表している。
●トルコの強豪フェネルバフチェがACミランのFWロナウド獲得に向けて“移籍金1000万ユーロ(約16億5千万円)、年俸700万ユーロ(約11億5千万円)”のオファーを提示していた可能性が浮上している。16日付のスペインの“AS”紙が報じたもので、“AS”紙によると「フェノメノ(怪物)獲得が、フェネルバフチェ創立100周年を祝う上でケーキの上のサクランボ(最高の宝飾)になるとイルディリム会長が考えている」とのこと。また同紙は「既にトゥラーティ通りのクラブ(ACミラン)からはネガティブな返事がフェネルバフチェ側に届いているだろう」とも掲載している
●ロッベンの父親が、息子はチェルシーに残留すると改めて断言した。ロッベンは現在チェルシーと契約延長を交渉しているが、その一方でバイエルンやレアル・マドリーが獲得を狙っているとの噂もある。それでも、選手の代理人も務めているロッベンの父は「息子は来年もチェルシーでプレーするだろう。契約はあと2年残っているから急ぐ必要もない。他のクラブと交渉する理由もない」とコメント
●ミランのベルルスコーニ会長がチームの新FWについて口を開いた。“ガゼッタ・デッロ・スポルト”紙のインタビューに答えたベルルスコーニ会長は、エトーよりもシェフチェンコが好みだと明かしている。「エトーは好きな選手だ。まだ若いしね。しかし私はシェフチェンコのほうが好きなんだよ」
●イングランド・プレミアリーグは15日、選手の移籍に関する取引で不透明な金銭授受がなかったかどうかを調べていた調査機関の最終報告を公表し、チェルシー、ボルトンなど5クラブが不正の疑いを指摘された。 同機関は2004年1月から06年1月までに同リーグで成立した362件の移籍を15カ月かけて調査。最終的に17件の移籍が嫌疑対象となり、チェルシーはドログバ、エシエン、チェフの主力選手の獲得に際し、疑いが残った。そのほか、ボルトンとニューカッスルが各4件、ポーツマスが3件、ミドルズブラが2件、1件はクラブ名が伏せられている。
●フェイエノールトは、新監督としてファン・マルワイク(55歳)と2年契約を結んだことを発表した
●『デイリー・エクスプレス』紙によれば、マンチェスター・ユナイテッドがファビオ・クアッリャレッラに1500万ユーロ(約24億4500万円)のオファーを出したようだ
●チェコの日刊紙『プラーボ』は14日、チェコサッカー協会が、レッド・ブル・ザルツブルクの元ヘッドコーチ、ローター・マテウスと接触したと伝えた
●元アルゼンチン代表のアリエル・オルテガがアルコール依存症の治療のための専門の病院に入院した。
●6月23日に行われるインタートトカップ1回戦の第1戦で2007-08シーズンの欧州カップ戦が幕を開ける。この大会からは11チームがUEFAカップに進むことができる。1回戦(第1戦6月23日・24日、第2戦6月30日・7月1日)に参加するのは、スウェーデンのハマービーやスロバキアのスロバン・ブラティスラバを除けば無名のチームである。2回戦(第1戦7月7日・8日、第2戦7月14日・15日)からは、トラブゾンスポル、ガン、オールボー、ザンクト・ガレンといったチームも参戦してややレベルが上がるが、“ビッグクラブ”が参戦するのは3回戦(第1戦7月21日・22日、第2戦7月28日・29日)からとなる。サンプドリアのほか、出場するのはハンブルガーSV、ランス、ブラックバーン・ローバーズ、ユトレヒトなど。
●6月29日にニヨンのFIFA(国際サッカー連盟)本部で2007-08シーズンの欧州カップ戦の最初の抽選会が行われる。この日組み合わせが決定するのは、チャンピオンズリーグ(CL)予備戦の1回戦と2回戦、およびUEFAカップの予備戦1回戦。抽選会は現地時間13時30分ごろより開始される
●ウディネーゼはアレッツォとの共同保有の形でアントニオ・フローロ・フローレスを獲得したと発表した。ビンチェンツォ・イアキンタの放出の可能性が高まっているウディネーゼにとっては良い補強となる
2007/06/14UEFA情報
●マンチェスター・シティの次期監督候補にリストアップされているセビージャのファンデ・ラモス監督が、自身の去就についてコメント。セビージャでの監督続投を語りながらも、プレミアリーグでの指揮に意欲を覗かせた。
●先週末からティエリ・アンリがアーセナルを退団しバルセロナに移籍する、との憶測がさかんに報じられたが、これまでアンリ本人も代理人も一貫して報道を否定してきた。ただしアンリの否定の仕方は、「現時点ではアーセナルの選手。今後については何の決定もしていない」と含みを残したものだった
●ブラジル代表のドゥンガ監督がベネズエラで開催されるコパ・アメリカに向けて代表合宿の初めに、リーガ最終節にロビーニョを出場させるためのレアル・マドリーからの圧力について触れ、FIFAの規定は遵守されるために作られたものだと明かした
●サラゴサのMFアルベルト・サパテールは、この夏の移籍マーケットで注目を浴びる選手の一人となりそうだ。サパテールは、バルセロナとレアル・マドリーが獲得を狙っている上、獲得優先目標となっており、来週にもサパテールの争奪戦が始まろうとしている
●バルサのFWエイドゥル・グジョンセンが左膝の軟骨にハリによる炎症が見られ、1週間の戦列離脱となったとクラブのメディカルスタッフにより伝えられた。グジョンセンは火曜日のセッションで負傷。練習試合中に左膝を打撲し、自ら練習を切り上げている
●バルセロナの伝説的選手であり監督でもあったヨハン・クライフは、レアル・マドリーが前節サラゴサに引き分け、首位をキープした後、公衆の面前でまるで優勝したかのように大喜びしたラモン・カルデロン会長の行動について「あんな風に振る舞うことはありえない」と叱責し、同会長を「サッカー界では新人だ」と手厳しく批判した。
●レアル・マドリーの元FWダボール・シュケルは、他のチームの利益のためにサンティアゴ・ベルナベウに乗り込むマジョルカについて話すのではなく、現役時代セビージャの選手としてカンプ・ノウでバルサと戦ったとき、第三者からのボーナスを貰ったと暴露した。「僕がプレーしていた時代、同じように第三者からのボーナスはあったよ。僕がセビージャの選手で、カンプ・ノウでのバルサ戦に引き分けて、アトレティコ・マドリーが優勝した時、ボーナスをもらったよ」
●バルサのGKビクトル・バルデスは、リーガ優勝のチャンスは「わずかしかない」と認めたが、それでも「偉大なプロ選手」としてマジョルカの選手達がサンティアゴ・ベルナベウで勝ち点を上げ、バルサにタイトルを戻してくれる可能性に期待を寄せている
●13日、バレンシアの練習場に20人程の集団が現れ、練習を中止に追い込む騒動を起こした。彼らは先日ホームのレバンテ戦で大敗した選手達に対し、ありとあらゆる罵詈雑言を浴びせたのだ。カニサレス、モリエンテス、ビージャ、アルベルダ…彼らの罵声を受けずに済んだ者はほとんどおらず、「金の亡者」、「女たらし」、「走らない選手」なと散々な言葉を投げかけられた。そして選手達も柵越しに自己弁護を行い、両者の間で7、8分の間言葉が交わされた
●“ケース・ロビーニョ”は長引きそうだ。R・マドリーは彼がマジョルカ戦に出場することを望み、ロビーニョ本人も自分のキャリアにおける重要な一戦を逃したくないと考えている。一方CBF(ブラジルサッカー協会)は代表を優先しなければいけないというルールに固執し、コパ・アメリカへ向けて直ちに彼が代表に合流するよう求めている
●ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長のロナウジーニョ獲得の熱意は変わらないようだ。ベルルスコーニ会長にとってロナウド、ロナウジーニョ、そしてカカの3人が、もしくは少なくともロナウドとロナウジーニョがACミランのユニフォームを着てプレーするということは理想以外の何者でもない。ベルルスコーニ会長は「ACミランはロナウジーニョ獲得に1億ユーロ(約163億5500万円)を用意している」と認める
●マジョルカ戦では、セビージャのPKに見えたシーンが2回もあったが、ファンデ・ラモス監督は「審判というのは間違いを犯すもの。その判定でリーガタイトルを失ったという意見もあるが、私はそうは思わない。今シーズン、われわれは判定で損をしたこともあるし、得をしたこともある。そのテーマは何も生み出さない」とコメント
●来季のセリエA3連覇を視野に入れ、水面下で着々と補強策を進めているインテル。富豪として知られるモラッティ会長は、12日にカリアリのチェッリーノ会長と電話で直接交渉、FWスアゾのインテル移籍で合意を得た
●パレルモの監督の座に就任したばかりのステファノ・コラントゥオノが早速チーム作りに着手した。現地メディアのインタビューに応じたコラントゥオノ監督は「ボールを低く、素早くつなぐ組み立てを好む」と切り出し、自身の構想案を披露した。移籍市場に話が及ぶとコラントゥオノ監督は「テクニックに優れ、そしてスピーディな選手全てが興味の対象となる」
●ACミランの監督カルロ・アンチェロッティはバルセロナのFWサムエル・エトーを絶賛する一方、チームの将来をFWアルベルト・ジラルディーノに託す覚悟だ
●クリスティアーノ・ドニ(34)のアタランタ最後のシーズンは感嘆すべき内容で幕を閉じた。元イタリア代表でもあるMFドニに対して複数のクラブが興味を抱いているが、アタランタの会長イバン・ルッジェーリはクラブの至宝をがっちりと守るつもりだ
●セリエA復帰を飾ったナポリが木曜日(14日)の21時からホームのサン・パオロ・スタジアムで盛大に“セリエA昇格祭”イベントを行うことが明らかとなった
●カリアリのマッシモ・チェッリーノ会長がFWスアゾのインテル電撃移籍を振り返っている。出演したラジオ番組“RADIO RADIO”の中でチェッリーノ会長は「インテルは会心の一撃を放った。未だに誰を買ったのか理解できない。インテル内でもまずはスアゾが出場し、他選手が続くことになるだろう。素晴らしいプロフェッショナリズムを兼ね備えた最高の選手だ」
●ユベントスのMFマウロ・カモラネージの“ユベントス退団説”はいつになっても消滅する気配は無い。アルゼンチン生まれでイタリア代表のカモラネージの代理人を努めるセルジオ・フォルトゥナートが13日午前、ユベントスのGMアレッシオ・セッコと話し合いの機会を持ったが、契約延長で話が終わるわけではなかった
●インテル移籍が決定的となったFWスアゾ(元カリアリ)が新たなアドベンチャーを前に意気込みを語っている。ホンジュラス人のスアゾは「全てのチェックを行ったが問題は何もなかった。『インテルの選手だ』と言えるその時が来たら最高に幸福だろう」
●スコットランド・プレミアリーグは14日、来季のリーグ戦日程を発表し、3連覇を目指すMF中村俊輔のセルティックは8月4日にキルマーノックと開幕戦を行うことになった
●イングランド・プレミアリーグは8月11日に開幕し、2連覇を狙うマンチェスター・ユナイテッドはレディングと初戦、チェルシーは2部から復帰のバーミンガムと顔を合わせる
●アーセナルがユベントスのFWダビド・トレゼゲの獲得に乗り出している。ティエリ・アンリのためのプレゼントにするつもりだろうか
●ウディネーゼはU-21欧州選手権に注目しており、特にチェコのFWヤン・ホレンダに目を付けている。センターFWのホレンダはスパルタ・プラハで育ち、その後期限付き移籍したスロバン・リベレツではシーズン前半戦で18試合に出場して4ゴールを決めた
●U-21欧州選手権は移籍市場の今後の動きを占う絶好のショーウインドーとなっている。オランダの開幕戦でチームを勝利に導く決勝ゴールを決めたアヤックスのMFヘドウィヘス・マドゥロにはパルマが目を付けた
●ウディネーゼに新たな選手が加入した。オルテン出身の23歳のスイス人ギョクハン・インレルである。
●ウルグアイ人FWマルセロ・サラジェッタ(28)にユベントスでの未来はないようだ。ユベントスはリボルノから彼へのオファーに応じようとしている
2007/06/13UEFA情報
●「サラゴサのアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートがユベントスへ移籍することになる」と13日付けの“アス”紙が報じている。同紙によると、ガブリエル・ミリートは2000万ユーロ(約32億4800万円)でユベントスに移籍することになり、来週にも契約がまとまるだろうとのことだ。
●バルセロナの前会長選候補者で選手の仲介人であるホセ・マリア・ミンゲージャ氏がラジオ局“RAC1”で、「誰かが、サビオラがエスパニョール戦のような大事な試合でなぜベンチ入りしなかったのか問いただす必要があるだろう。彼はすでにレアル・マドリーとサインを交わしたようだ」と明かした
●オリンピック・マルセイユが来シーズンに向けてバルセロナのMFエジミウソン獲得に興味を示している。中盤の補強にとエジミウソンに注目しており、エジミウソンが今シーズン終了後にもバルサを離れる可能性が出て来ている。
●レアル・マドリーのカシージャスは、スペインを賑わせている第3者への謝礼金に理解を示している。最終戦で対戦するマジョルカには他チームからのボーナスの噂が絶えないが、「勝つためなら当然だよ」と嫌悪感はない。それでも「一番のボーナスは優勝だからね」と余裕の表情だ
●バルセロナにアンリがやってくるという噂にも、エトーは特に機嫌を損ねているわけではないようだ。一方でいいチームを作るためには攻撃陣ではなく「出来るだけいいDFを持つこと」だと釘をさすエトー
●ローマでプレーしているクリスティアン・キブはインテルに移籍するものだと誰もが思っていた。しかし彼にはバルセロナも興味を示しており、近々オファーを出す予定だ。イタリアの“コリエレ・デッロ・スポルト”紙は「チブに対してバルサからオファー」があると報じている。
●バレンシアのホアキンは11日、ベティスが100周年の年に2部へ降格するとしたら、それは悲しいことであると語った。ベティスの下部組織で育った彼は、昨夏バレンシアへ移籍するまでずっとベティスでプレーしていた。「ベティスには、幸運を祈るとしか言うことができない。100周年の年に降格するなんて悲しいからね。ファン、そしてチームに残っている元チームメイト達のためにも、何とか残留してくれると願っているよ」。
●R・マドリーのラウルは、サラゴサ戦後にチームが見せた優勝が決まったかのような喜び様から一度離れ、最終節マジョルカ戦での勝利に向けて集中することを望んでいる。「リーガは毎年特別だけど、多くの困難を乗り越えてきた今季は特に喜びが大きい。更に、ここ3年間は何のタイトルも獲っていないからね。日曜の試合には慎重さ、謙虚さを持って挑まないといけない。まだ90分が残っているんだ。全てのファンと共に優勝が祝えることを願っているよ」。
●バルサのMFジョゼ・エジミウソンは「来シーズンに向けて多くのことを修正しなければならない。また勝ち続けるためにね」とコメントした。エジミウソンは、昨シーズンは2年連続でリーガを制し、ヨーロッパチャンピオンに輝いたが、今シーズンはスペイン・スーパーカップとカタルーニャ・カップのみと、手にしたタイトルが「少なすぎる」と不満を漏らした
●R・マドリーのロベルト・カルロスは火曜日、彼のレアル・マドリーでの最後のチームメイトたちとの思い出や、チャンピオンだと高らかに宣言するであろうマジョルカ戦について話すため、“ラジオ・マルカ”の番組に出演した。ロベルト・カルロスはマジョルカに対して「敬意」を持たなければいけないとし、「タイトルを獲得することによって、いいお別れができるだろう。選手としても、人間としてもね」と考えている
●バレンシアはユベントス退団が濃厚となっているトレゼゲの獲得に動く可能性が出てきた。フロントのカルボーニSD(スポーツ・ディレクター)が獲得に前向きな姿勢で、既にトレゼゲ側とコンタクトを取っているという
●アルバロ・レコバのアトレティコ・マドリーとの契約が合意に近づいているようだ。インテルのスクデット(セリエA優勝)獲得の祝賀会の際には「おそらくこれがインテルでの最後のシーズンになる」とコメントしていたレコバ。リーガ・エスパニョーラへの移籍まで、あと一歩に迫ったと見られている
●バレンシアがデポルティボ・ラコルーニャのアリスメンディを獲得した。11日夜に『ラジオ・ノウ』が報じたもので、12日には『スーペル・デポルテ』紙や『アス』紙など、複数のメディアも同様に獲得決定を報じている
●スペインリーグ最終節を前に1部残留を決めているレバンテが、デポルティボ・ラコルーニャ退団が決まっているカパロス監督を獲得する方向で動いている
●チェルシーのFWディディエ・ドログバが、移籍マーケットでの動きが鈍いクラブに対し、「野望を失ったクラブでプレーを続けるつもりはない」と警告を発した。過去数シーズン、移籍マーケットのたびに大型補強を続けてきたチェルシー。しかし、ロシア人オーナーであるロマン・アブラモビッチの意向で、昨シーズン途中からクラブは“育成型”チームへのシフトチェンジを敢行中だ。その影響から、今夏の戦力補強でも移籍金なしの自由移籍以外では新戦力を獲得しない方針を採っている。この変化に危機感を抱くドログバは、ロンドンを離れる可能性を語っている。
●パルマの新監督の座に元マントバ監督のドメニコ・ディ・カルロが就任した。クラブ側が12日、正式に発表したもので、契約期間は一年間
●アルゼンチン代表でもあるFWカルロス・テベス(ウェスト・ハム)が、自身がインテルに興味を持たれている事を明かしている。地元イングランドの報道陣に対してテベスは「インテルが自分に興味を抱いていることは知っている。イタリアで、それもアルゼンチン人選手が数多く在籍するインテルのようなクラブでプレイすることは素晴らしいことだろう」
●ユベントスの新監督クラウディオ・ラニエリもドイツW杯優勝メンバーのビンチェンツォ・ヤクインタの加入を明らかにしている
●ウエスト・ハム所属のFWカルロス・テベスの「インテルが自分を欲しがっている」発言を、インテルのマッシモ・モラッティ会長が素直に認めている。12日午後、若手選手の視察の為にサンシーロに姿を現したモラッティ会長は「その発言は本当のことで、私の好きな選手だ。クオリティも高く、個性がある選手であり、我々に必要なタイプだ」とコメントし、テベスの発言を全面的に認める姿勢を見せた
●フィオレンティーナが所有権を持ち、06-07季はセリエB降格の憂き目に遭ったユベントスにレンタルで出されていたFWバレリ・ボジノフが12日、気になる去就について語っている。ブルガリア代表でもある若武者ボジノフは「プランデッリ(フィオレンティーナ監督。一時は確執説も浮上していた)とも話し合ったが、問題はなさそうだ。僕はこの素晴らしいフィレンツェの街がとても気に入っており、ぜひともここに復帰して残りたい。繰り返すが話し合いは上手く進んだ。ここに残ることが出来ることを願っている」
●シエナの新監督の座にアンドレア・マンドルリーニの就任が決定した。
●リバプールがビジャレアルのフォルラン、サラゴサのディエゴ・ミリートに興味を持っている。バルセロナのエトー獲得に6000万ユーロ(約97億2000万円)を用意したなどとうわさされていたが、ベニテス監督はエトーのみならず、今シーズンのリーガで活躍するFWに関心を示しているようだ
●宮本恒靖と三都主アレサンドロが所属するオーストリア1部リーグのレッドブル・ザルツブルクは12日、ローター・マテウスヘッドコーチの解任を発表した
●「ミッコリを頼りにしている」――ユベントスのクラウディオ・ラニエリは、今後の見通しについてこう語った。
●数日前からうわさにはなっていたが、正式決定に至った。ミンモ・ディ・カルロがパルマの新監督となる。パルマは、前マントーバ監督のディ・カルロとの1年契約にサインをし、火曜日に発表を行った
●アンドレア・マンドルリーニが、シエナの新監督となることが12日、正式に決まった。
2007/06/12UEFAサッカー情報
●今シーズン終了後に米MLS、ロサンゼルス・ギャラクシー移籍が決まっているデイビッド・ベッカムだが、レアル・マドリーがベッカムの引き止め作戦に出ようとしている。日曜日、ローラン・ギャロスでの全仏オープン決勝戦を観戦した同クラブのラモン・カルデロン会長は、ベッカムの残留を望む声明を出している。「ベッカムは、そのプライドで偉大な選手だということを自ら証明している。ファンも彼を望んでいるし、私も彼の残留は大歓迎だ。ベッカム、彼の代理人、そしてミヤトビッチを交え、違約金の検討を含め話し合う必要がある。彼の時期尚早の退団発表に不快感があったのは事実だが、今は彼の残留のために最善をつくすつもりだ」。
●昨夏に引き続き、その去就が注目を集めているアーセナルのFWティエリ・アンリ。アーセナルとの契約延長交渉の末、昨年新たに4年契約を結んでいるが、移籍の噂はいまだ根強く報道されている。先日も、『フランス・フットボール』誌が、「アンリの代理人が、バルセロナのチキ・ベギリスタインGMと会談」と報じたばかり。しかし、この報道に対しては、アンリのマネージメントを引き受けるSEMグループが嫌悪感を露にしている
●チャンピオンズリーグを制し、ますます意気上がるミラン。さらに強力なチームにすべく、来シーズンの戦力補強を進めているところだ。チャンピオンズリーグ決勝でインザーギが大活躍を果たしたが、今後も勝ち続けるためには、優れたFWの獲得が急務となっている。その目玉として、クラブはバルセロナのエトー獲得をも目指しており、ガリアーニ副会長はスペインリーグが終了する翌日の6月18日に、バルセロナと直接交渉を行うことを明言
●現時点ではDFファビオ・カンナバーロはレアル・マドリーを去り、ナポリに移籍するつもりはないようだ。カンナバーロの代理人ガエタノ・フェデーレが明かしたもの
●アトレティコ・マドリーのMFルチアーノ・ガジェッティはセルタ戦での戦い方は良くなかったと認め、チームはインタートトカップ出場を目指すのではなく、あくまでもUEFAカップ出場を目指して、パンプローナで行われるオサスナ戦に臨むと説明した。「ロッカールームは嫌な雰囲気だ。正直、悪いよ。だってみんな、大きなチャンスだったと分かっていたからね。勝っていたらUEFAカップ出場権をほとんど確実なものにしていたけれど、僕達はいいプレーも、いい試合運びもできず、なんだかとってもそわそわしていた。本当に、望んでいたような試合ができなかった」
●サラゴサ戦での2ゴールによって、レアル・マドリーのファン・ニステルローイはディエゴ・ミリートに3点差、カヌーテに4点差、ロナウジーニョに5点差をつけてリーガ得点王(ピチーチ)をほとんど確実なものとしただけでなく、ヨーロッパのリーグで一番多くゴールを挙げた選手に贈られる“ゴールデンブーツ賞”をも射程圏内に捕らえた。ファン・ニステルローイはリーガで25得点を挙げており、あと1得点で現在トップのトッティと肩を並べる
●バレンシアのエドゥ・ガスパールは、将来の動向について論争を巻き起こしているキケ・サンチェス・フローレス監督とスポーツ・ディレクターのカルボーニについて「僕の発言が影響力を持っているとは思っていないが、二人とも良い人達だし、僕は彼らとは何の問題もない。それに二人ともそれぞれ優秀だと思う」
●今週末、リーガ最終節での絶対絶命のバルサとの対戦でスペイン国内の注目を浴びる事となるナスティック。今試合に関してパコ・フローレス監督は「私の人生の主題はバルサに勝つ事」
●アーセナルのティエリ・アンリとバルセロナが合意に達した、と“フランス・フットボール”の電子版が報じた。アンリは来シーズンからの3年契約でバルサと合意に達し、2009/10シーズンまでの契約に、年棒は破格の1000万ユーロ(約16億円2600万円)でサインを交わそうとしている上、2011年までの1年契約延長のオプション付きだと同サイトは伝えている
●レアル・マドリーはオーストリアのオンライン・ブックメーカー‘bwin.com’と、来季から3年間の第1スポンサー契約で合意した。
●レアル・マドリーのファビオ・カンナバーロは、セリエA復帰を果たしたはかりのナポリで自身のフットボールキャリアを終わらることを希望しているが、その前にR・マドリーでチャンピオンズリーグのタイトルを獲りたいと思っている、と彼の代理人ガエターノ・フェデーレ氏が明らかにした。
●“ラジオ・マルカ”のパーソナリティ、アウグスティン・カステジョテが自身の番組“プルスマルカ”で、マジョルカが次節サンティアゴ・ベルナベウで引き分けか勝った場合、60万ユーロ(約9700万円)のボーナスがでると暴露した。
●ロサンゼルス・ギャラクシーのアレクシー・ララス会長は、ベッカムがレアル・マドリーに残留できる契約条項はないと否定した。「R・マドリーが彼を引き止めるのは疑う余地もない。しかし、それは単なる一つの希望であって、現実的な話になるものではない」
●バルセロナのレオ・メッシは、あと1試合を残し勝ち点で並ぶレアル・マドリーがリーガ優勝のイベントを用意することは「当然」と認めている。「彼らは首位なんだ。あと1試合だし、当然のことだよ。彼らが一番近いところにいるんだからね」。イベント活動でのインタビューでそう明かしたメッシ。と同時にリーガ優勝はまだ諦めたわけではないとも伝えた。さらに、最終節でマジョルカがレアル・マドリーに勝つか引き分けたらマジョルカの選手へ特別ボーナスが支給されるという噂が流れているが、この噂について「特別ボーナスについては話題になっている。僕だったら、ボーナスを用意するだろうね。賛否両論はあるけれど、もし僕が質問を受けるのなら、自身の意見を言うまで」
●17日に行われるリーガ第38節の試合時間が決定した。降格争いに関係する試合は全て17時(現地時間)キックオフ。優勝争い、UEFAカップ圏内争いに関係する試合は21時キックオフとなっている
●ナポリのデ・ラウレンティス会長は、「今後は再びヨーロッパで注目されるクラブになりたい」と、名門復活への野望を語っている。その手始めとして、セリエAでも得点できるFWを求めており、ユベントスのブルガリア代表FW、ボジノフの獲得に乗り出している。
●CL覇者ミランは、現在移籍市場でFWエトー(バルセロナ)獲得へ動いているようだが、当然今季活躍した選手らはバカンスに入っている。CL決勝で2ゴールし、決勝MVPに選ばれたFWインザーギは今のところ、イタリア北部の海辺で日光浴三昧のようだ。ファンとの写真撮影にも連日気さくに応じているという。「俺はラッキーだったと思う。これまでのキャリアでトリノ(=ユベントス)とミラノ(=ミラン)、サッカーをやる上で最高のチームでプレーしてきた。もし外国でプレーすることになっていたら相当苦労しただろうと思う」
●ビジャレアルのウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが注目を集めている。リバプールのベニテス監督がフォルランに注目し、来シーズンの補強にリストアップしている、とイギリスでは報じられている。
●サンプドリアのGMマロッタが11日、今季途中に彗星の如く現れてイタリア代表にまで選出されるようになったFWクワリアレッラの市場価格を設定した。マロッタGMは「彼の市場価格はジラルディーノ(ACミランFW)と同じ2400万ユーロ(約40億円)と言いたいところだが、昨シーズンにFWタバノがバレンシアに1200万ユーロ(約20億円)で移籍したことを考慮すると…、クワリアレッラの価値は半分に見積もっても1500万ユーロから2000万ユーロということになる」
●セリエA復帰を果たしたナポリの指揮官エディ・レヤが早速将来を見据えた発言をしている。レヤ監督は「1月にデ・ラウレンティス会長とも話し合ったが、両者の間に反発作用が存在した。今はセリエA復帰を達成したし、まずはセリエA復帰を祝いたい。その後に(契約面で)合意点を見出して生きたい」
●ビンチェンツォ・ヤクインタは既にユベントス所属の選手のようだ。ウディネーゼのジャンパオロ・ポッツォ会長が11日、出演した番組“LA POLITICA NEL PALLONE”の中の“GR PARLAMENTO”のコーナーで明かしている。ポッツォ会長は「ヤクインタは…、ユベントスに行くことになるだろうし、既にサインも済ませているはずだ。まだ正式発表とはいかないが、(ユベントス移籍に向けて)障害は何もないだろう」と発言
●元ドイツ代表でJ1浦和の前監督、ギド・ブッフバルト氏が来季からドイツ2部リーグに降格するアーヘンの新監督に就任することが決まった
●パルマの新監督はミンモ・ディ・カルロになりそうだ。ディ・カルロは4年間過ごしたマントーバの監督を退任し、次のように語った。「数日中にパルマの首脳陣になるだろう。だが、まだ何も決まってはいない」
●インテルとブレシアは、エミリアーノ・ビビアーノのインテルへの移籍に関して合意に達した。ビビアーノはU-21イタリア代表の一員として、現在オランダで開催中のU-21欧州選手権に参加している
●ディナモ・キエフが2006-07シーズンのウクライナリーグを制した。通算12度目のリーグ優勝となる
●「やっとバカンスに行ける。今日から7月8日までは、電話の電源を全部切って、サッカーのことは考えたくない。新しい動きは何もない。僕を欲しがっているチームは一つもないし、リボルノに残る」クリスティアーノ・ルカレッリは、今後の身の振り方を決意したようだ
2007/06/11UEFA情報
●引き分けに終わったエスパニョール戦の翌日、バルセロナのレオ・メッシが記者会見で「チームはダメージを受けている」と明らかにした。「僕らにとって最高となるはずのせっかくのチャンスを逃してしまった。首位の座は僕らの手中にあったのに、たった1分の間に全てをなくしてしまった。最終節の試合で僕らは勝ち、あとはマジョルカが引き分けるか勝つか、それに期待するしかない」と心境を伝え、ライバルのレアル・マドリーが有利であると語った。バルサはこれまでの試合と同じミスを再び犯したと指摘したメッシ。「今シーズン、同じミスを何度も繰り返している。試合をコントロールしているのに、試合を決定付けることができず、ベティス戦と同じように昨日の試合も引き分けに追いつかれてしまった。チームはいつも同じリズムでプレーし過ぎているのかもしれない。有利になったらリズムを落とすとか、もう少しボールをキープするとか、そういうこが僕らに欠けていたのかもしれないね」と彼なりに分析し、「チームはまだ自己批判ができていない」とキッパリ。「シーズンが終わったら、今シーズンのミスをミスを繰り返さないよう話す時間をとるだろうね」と続けた。また、自身の“神の手”ゴールについては、「結果的にチームを助けることにはならなかった。ただ勝ち点1を得ただけ」とし、「引き分けに追いつき、それを喜ぶのは当然のこと」と冷静にコメント。また、メッシの数々のゴールがディエゴ・マラドーナのゴールと似ているということについても、「ディエゴは唯一無二の存在だ」と語るにとどめ、マラドーナのゴールを真似ようと考えたことはないし、フットボールの試合では似たようなプレーがあるものだとコメントを残した。
●リーガ・エスパニョーラであと1試合を残した状況で、レアル・ベティスはルイス・フェルナンデス監督を解任した。残留争いに巻き込まれているベティスは、9日に行われたホームのオサスナ戦で0-5のスコアで完敗を喫した
●リーガ・エスパニョーラでは第37節の試合が終了。日曜日にはアウエーの2チームが勝利を収めたが、順位の上では特に影響はない。レクレアティボ・ウエルバはデポルティボ・ラコルーニャに5-2、ヒムナスティックはヘタフェに1-0の勝利を収めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、来シーズン以降の去就についてコメント。少なくとも、2007-08シーズンはアーセナルに留まることを明言した。ベンゲルの去就が取り沙汰されるきっかけとなったのは、今年4月に発表されたデイビッド・デイン副会長の退団。デイン氏と言えば、ベンゲルをアーセナルに招聘した張本人であり、ベンゲルとはプライベートでも親しい友人関係を築いていた。しかし、アーセナル買収に乗り出した米国人富豪スタン・クロエンケ氏の扱いを巡ってクラブ首脳陣と対立したデイン氏は、クラブを追われる形で退団した。この結果、クラブ側に不信感を抱いたベンゲルがアーセナルを退団するとの憶測が英国メディアで囁かれ始めていた
●サウジアラビアのアル・イティハード移籍が濃厚と思われていたインテルMFルイス・フィーゴが来季もインテルのユニフォームを身に纏うことが明らかとなった。06-07季セリエA優勝を飾ったインテルが10日、正式に発表している。インテルは公式サイト上で「F.C.インテルナツィオナーレ、そして全てのインテルサポーターに朗報。ルイス・フィーゴがインテルのユニフォームを着てもう一シーズンプレイしたいと表明した。プロジェクト上、フィーゴ残留は我々も望んでいたことであり、2008年6月30日まで契約を延長することで話がまとまった。来シーズン終了後は、彼の豊富な経験とプロフェッショナリズム、そしてインターナショナルな交友関係を生かし、クラブを支える立場に就くだろう」と掲載。フィーゴの契約延長、そして現役引退後にはクラブ幹部として迎える方針であることを正式に発表した。
●「自分に対する信頼度に欠けていると感じている。もうこれ以上ユベントスでプレイを続ける可能性はなくなった」。ユベントスのFWダビデ・トレゼゲが10日、所属クラブとの関係に幕を閉じる発言をしている。トレゼゲ発言の裏には、契約内容を巡りクラブ側とトレゼゲ側に大きな溝があると見られているが、対する副会長ジャン・クロード・ブランは「全ての責任をクラブ側に押し付けることは簡単でお気楽なことだ。ダビデに対しては昨年の9月、10月、11月と幾度となく契約延長の提案をしてきたが、一切サインに応じる姿勢は見られなかった。しっかりと話し合う時期に来ていると思うが、他の何人かの選手同様にダビデも応じる気はないのだろう。だが、ユベントスのユニフォームに袖を通すことが誇りであると再認識すべきだ」と発言
●ユベントスがダビド・トレゼゲの放出を断ったため、インテルはカルロス・テベスの獲得へと動いている。アドリアーノのレアル・マドリーへの移籍の確率がますます高まっていることもあり、イタリア王者は攻撃陣を補強しなければならない。テベスの保有権を管理するMSI(メディア・スポーツ・インベストメンツ社)のゼネラル・マネージャー、キア・ジョーラブチアン氏は移籍に向けた話し合いのために前週、インテルの首脳陣に会っていた
●ジェノアとナポリのセリエA昇格が決まった。直接対決は0-0の引き分けに終わり、同時刻に行われたピアチェンツァとトリエスティーナの対戦も1-1で引き分けたため、ジェノアとナポリのトップリーグ復帰が決定した
●アルゼンチンの後期リーグを制したのはサン・ロレンソ・デ・アルマグロだった。1試合を残した段階で、アルセナルを4-2で破ったことで優勝が決定した。ブエノスアイレス(特にアルマグロ地区)を本拠地とするサン・ロレンソは、6年ぶりの国内リーグ優勝。2001年にも後期リーグのタイトルを獲得した
●フィオレンティーナのパンタレオ・コルビーノGMは、2人の選手の獲得に向けオリンピック・リヨンと話し合いを行うためにフランスを訪れている。彼が補強を試みているのは、いずれもDFでブラジル人のクリスとフランス人のセバスティアン・スキラッチ。
2007/06/10UEFA情報
●片や勝ち点0を1に、片や勝ち点3を1に。時を同じくして同じようなドラマが生まれた今節のレアル・マドリーとバルセロナ。しかし、このドラマは両チームの明暗をくっきりと分けた。カンプ・ノウにエスパニョールを迎えたバルセロナは、2-1で迎えた試合終了間際にまたしても痛恨の失点。首位奪回というビッグチャンスを自ら再び放棄してしまった。ホームで勝ち点3を取りこぼしたバルセロナのタイトル獲得はもはや風前の灯だ。「今シーズンの僕らを象徴する試合だった。この結果は僕らのこの一年を集約している。タイトル獲得は難しい状況だ。絶対的にレアル・マドリーが有利だからね。もし僕らがタイトルを獲得出来なかったとしたら、それは僕らが自分自身に負けたからであって、レアル・マドリーが勝ったからじゃない。僕らが彼らにチャンスを与え、今回も優勝の半分をプレゼントすることになってしまった…。もうこれは悲劇だよ」。試合後、そうコメントしたチャビ。
●サラゴサと引き分け、首位をキープしたR・マドリーのカペッロ監督は、「まだ優勝したわけではない」と試合後に語ったが、「重要な一戦だった」とし、ライバル、セビージャとバルセロナの引き分けも同様に重要だったと伝えた。「前半はバラバラだったが、後半は結果を取り戻そうとし、ピッチでも意欲とハート、そしてチームスピリッツを見ることができた」と試合を振り返ったカペッロ監督は、前半は良くなかったが、後半に入りチームは良くなり、さらにその戦う姿勢に満足さを見せた」
●リーガのシナリオはまるでアルフレッド・ヒッチコックが書いたもののようだ。レアル・マドリーは首位の座、そして優勝のオプションをほぼ失いかけたが、運命はR・マドリーと一つになりたかったのだろう、ベルナベウでの優勝のチャンスを与えるために。89分の時点では、R・マドリーは2-1でサラゴサに負け、バルセロナは同じスコアでエスパニョールに勝っていた。バルサがタイトルを掴みかけたその瞬間、衝撃のラストシーンへと突入していった。ファン・ニステルローイがラ・ロマレダで同点ゴールを決め、タムードがR・マドリーを再び首位の座に引き上げる“救い”のゴールをカンプ・ノウで決めた。セビージャもマジョルカにスコアレスドローに終わり、R・マドリーの結果次第ということに変わりない。
●レアル・マドリーのキャプテン、ラウルは、ラ・ロマレダでのサラゴサ戦後、「チームは苦しんだけれど、ホームで優勝を祝えるだろう」と明かした。「この結果で、僕らが望んでいたように優勝が僕ら次第であることは変わらない。かなり苦しんだけれど、ホームで優勝を祝えるはずさ。とても素晴らしいことだよ」
●最後の瞬間に同点に追いつかれ、首位に立つ絶好のチャンスを逃したバルセロナのライカールト監督は、「まるで負けたみたいに辛い」と感想を述べた。それでもこの結果を受け入れ、まだ優勝の可能性が残されていることを肝に銘じて最終戦に臨むと語っている
●バルセロナは守備的MFの補強として考えていたローマのダニエレ・デ・ロッシ獲得をほぼあきらめている。理由は移籍金が高いためだ。ローマは放出を望んでいないし、移籍金を2500万ユーロ(約41億円)に設定している。デ・ロッシもバルサが移籍金を下げるよう努力しているように感じている素振りを見せていない。そうなると、以前に本紙・マルカがスクープしたモナコのMFヤヤ・トゥーレの可能性が高い。2番手が1番手に上がったのは、移籍金がもっと安いからだ。バルサはモナコへ払う移籍金を1200万ユーロ(約19億6800万円)とみている
●バルセロナ対エスパニョル戦でリオネル・メッシは手でゴールを決めた。これもまたディエゴ・アルマンド・マラドーナのようだ。リーガ・エスパニョーラの第37節、カンプ・ノウで行われたカタルーニャ・ダービーの試合で、バルセロナは1点をリードされている状況だった。リーグ優勝の可能性は遠ざかりつつあった。前半43分、バルセロナがエスパニョルのゴール前へと攻め込み、ペナルティーエリア内で高く上がったボールに誰よりも早く届いたのはメッシ。ボールは相手GKカメニを破ってゴールラインを超え、バルセロナの同点ゴールとなった。喜びに沸くカンプ・ノウ。エスパニョルはすぐに抗議を始めたが、その理由は明らかだった。メッシがボールに触ったのはどう見ても左手。“歴史は繰り返す”ということか。
●バレンシアのアジャラが9日のレバンテ戦(4-2でレバンテが勝利)の後半に一発退場となり、最終節(17日)のレアル・ソシエダ戦に出場できないことが決まった。これによってレバンテ戦がバレンシアの一員としてアジャラのラストゲームとなり、7シーズンを過ごしたホームのメスタージャ・スタジアムでファンに別れを告げることはできなくなった。
●ビジャレアルが9日に行われたビルバオ戦で3-1と逆転勝利を収め、7連勝を飾るとともにUEFAカップ圏内となる6位に順位を上げた
●イングランド代表のスティーブ・マクラーレン監督が、MFデイビッド・ベッカムの代表復帰について改めてコメント。ドイツ・ワールドカップ終了後に代表メンバーから外した自らの決断については、「決して間違いではなかった」と語った。先日、親善試合のブラジル戦で代表復帰を果たしたベッカムは、ユーロ2008予選のエストニア戦でも、スタメン出場で2アシストを記録する大活躍。予選グループで4位に沈み、本大会出場が危ぶまれていたチームに貴重な勝点3をもたらした。
●ブンデスリーガのウォルフスブルク移籍報道が続くアントニオ・ディ・ナターレ(ウディネーゼFW)が9日、自身の口でドイツ移籍説を完全に否定
●ベネズエラで26日に開幕を迎える南米選手権の始球式を、アルゼンチンの英雄ディエゴ・アルマンド・マラドーナが担当することが9日までに明らかとなった。アルゼンチンの“TELAM”が発表している
●アタランタの新監督にデル・ネーリが就任した。アタランタの公式サイト上で発表されたもので、それによると「今日(9日)の午後、イヴァン・ルッジェーリ会長としっかりと握手を交わした。サイン済みの契約書が月曜日(11日)には届くことになっている」と掲載
●ACミランの指揮官カルロ・アンチェロッティには、アーセナルの大黒柱ティエリ・アンリのACミラン加入が実現する見込みは薄いと感じているようだ。イングランドの“SKY SPORTS NEWS”に出演したアンチェロッティ監督は「アンリ、ACミラン移籍実現か?」との問いに対して「アンリは最高のFWだが、唯一の存在ではない。世界には素晴らしいFWが揃っている。加えてアンリは現在アーセナルとの契約があり、既に契約の済んでいる選手を獲得することは難しいだろう」と語っている
●最終節でセリエA残留を果たしたシエナが来シーズンを睨み早速補強に乗り出した。セリエA残留を第一目標に掲げるシエナはチェコ人MFのルカス・ヤロリムとギリシャ人GKのディミトリオス・エレフテロポウロスの獲得を正式に発表した
●揺れに揺れたFWアルベルト・ジラルディーノの去就問題だったが、来季もACミランに残留することでひとまず落ち着いた
●「外国でプレイしたいと考えたことは一度も無い」。イングランド生まれで現在プレミアリーグ移籍説が浮上しているASローマのMFシモーネ・ペロッタ(29)が10日、移籍説を真っ向から否定した。
●ファン・デル・ハールトはレアル・マドリーからのオファーにのみ耳を傾けるつもりのようだ。「来季もハンブルガーSVに残るよ。そうだね、R・マドリーからオファーがない限りはね。バイエルンは僕が行きたかった時にオファーを出してくれなかったし、もう今は行く気はないよ」
●ルイス・フィーゴが今後の見通しをある程度明らかにした。「もう1年インテルでプレーするか、そうでなければプロ選手を引退する」と、フィーゴはポルトガルのラジオ局『ラディオ・レナセンカ』に対して語った
2007/06/09UEFA情報
●7日、レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長は、昨年の会長選挙キャンペーンで公約の一つに挙げていたチェルシーのアリエン・ロッベン獲得に本腰を入れ、ロッベン本人とコンタクトをとっていることを認め、「ロッベンを獲得する可能性はあると思っている」と発言するまでに至っているが、このカルデロン会長の発言に不快感を示しているのはチェルシーサイドだ。
●レアル・マドリーのカペッロ監督は、「これは一つのファイナルだ。この重要な一戦に向け準備期間はそんなに取れなかったが、我々はしっかり練習を積んでいる。良い試合をする自信がある。代表戦に招集されていた選手らも意欲を持って戻って来てくれているし、納得のいく練習をしたつもりだ」と自信を見せた
●バルセロナのライカールト監督は、「明日の試合はとても重要な試合となるだろう。今節、首位に立つチームがかなり有利となるのは確かだが、全ては最終節で決まると思う。自分たちの仕事だけを考え、強いメンタリティを持つことが大事だ。我々のファンの前で勝利に相応しい試合をすること、自分たちの仕事に全神経を傾けなければならない」
●アトレティコのF・トーレスが足首の捻挫から順調に回復し、土曜のセルタ戦に出場できる可能性が高くなってきた。スペイン代表の合宿中に負傷してから10日が経った木曜、彼はマキシ・ロドリゲスと共に別メニューながら激しいトレーニングをこなしていた
●先日、元R・マドリーのフェルナンド・レドンドがマドリーを訪れ、リーガとR・マドリーについて語った。彼はファビオ・カペッロがサッカーを楽しむ監督ではないとしながらも、徐々に規律を緩めながら最終的に良いサッカーをするようになるのだと説明した。レドンドがR・マドリーに来た時の監督はホルヘ・バルダーノであり、当時のチームは「洗練されていた」と彼は振り返った。「その後監督になったカペッロは、今までとは全く違うサッカーを求め出した。僕のプレーを見たことがあると言ってきた彼は、僕に別のものを求めてきたんだ。手数をかけたプレーではなく、ダイレクトに縦へと攻めるようなサッカーをね」。そのため、当初レドンドはカペッロを疑ってかかったと言う。「“出て行く”とは言えないし、自分の理想に背いてまでチームに残ることも出来ない。チームに残ったら、その後どうなるか…。結局僕は残り、チームは良い時代を迎えた」。
●サラゴサのアイマールは7日、土曜のR・マドリー戦では、「来季のサラゴサが見せる試合になるだろう」とコメント。この一戦が互角の戦いになると考えている彼は、勝点3以外では満足することはないと宣言した
●FWサミュエル・エトーは8日、サロン・デ・アウトモビル(モーターショー)に出席し、来季もバルセロナに残留することを明言した。エトーはバルサの今夏の放出選手として名前が浮上していたが、報道陣の質問に対し代理人と共に残留すると回答
●R・マドリーのGKカシージャスは、今シーズンの決定的試合になるとも言えるサラゴサ戦に向け出発する前のインタビューで「まずないとは思うが、もしここで負けたらまた叩かれるに決まっている」と語った。カペッロ監督の進退については「契約がまだ残っている状況でチームを優勝に導けたら、もっとじっくり考えるべきだ」とコメント
●9日にR・マドリーをホームに迎えるサラゴサのサパテールはラジオ・マルカの“バロン・デサストレ”の番組の中で「この時期にはもうUEFA杯出場を決めているはずだった。残り2試合のせいでシーズンを台無しにしてはいけない。失敗は決して許されない」と、野心を燃やすと共に同試合の重要性を認識している旨を伝えた
●英紙“ザ・タイムズ”がマンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFガブリエル・エインセのレアル・マドリー移籍が間近だと報じた。左サイドバックでプレーする29歳のエインセは、今シーズン終了後にフェネルバフチェに移籍するロベルト・カルロスの後任候補の一人とされている
●レアル・マドリーのデイビッド・ベッカムはサラゴサ戦の直前となる非公開練習にも故障のため参加することが出来なかった。それでもベッカムはリーガの行方を左右する9日のサラゴサ戦にスタメンで出場できると信じている
●バルセロナのデコは、今週末の試合がリーガ優勝の行方を決定づけると断言した。「今週末が勝負だよ。だって優勝を狙う2チームが最終戦で落とすとは思えないからね」というデコ。2チームとはレアル・マドリーとバルセロナを指すようで、現在3位のセビージャの存在は忘れているようだ。
●元バルセロナのグアルディオラは、来季3部で戦うバルセロナBの監督に就任する可能性が出てきた。バルセロナのスポークスマンは、下部組織のジョセ・ラモン・アレサンコディレクターが本人にオファーしたところ、「とても前向き」な返答を得られたと伝えている。
●R・マドリーのラウルは、ラ・ロマレダでの一戦を「リーガの賭かった試合」と表現し、そこでタイトルを獲得することで「周囲を黙らせる」ことを約束した。「周囲を黙らせるためには、優勝しなければならない。優勝すれば、多くの人間は口を閉じると思っている。今は黒く見えるものも、白に変わる可能性がある」。
●今季限りでシュツットガルト退団が決まっているGKヒルデブラントがバレンシア入りしている。9日にはメディカルチェックを済ませ、バレンシアとの契約書にサインをする見込みで、バレンシアへの移籍は間違いないと見られる。
●セビージャのカヌーテが9日のマジョルカ戦をけがで欠場することになった。最終節のビジャレアル戦もマリ代表戦への招集によって欠場することが決まっており、現在2位につけているリーガ得点王の可能性も事実上消滅した。
●バルセロナのサビオラが9日に行われるエスパニョル戦のメンバーから外れ、ホームラストゲームをスタンド観戦することが決まった。
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が8日、退団が噂されているDFクリスチャン・キブーに関する質問に応えている。最新ニュースではインテル移籍も囁かれるなどルーマニア人DFキブーの周囲が騒がしくなっている。この状況に出席したスポーツイベントの席上でスパレッティ監督は「彼のような選手がチームを去ってしまうならば、穴埋めの為にも大型補強が必要となるだろう。まだASローマとの契約も一年間残っていることだし、冷静に事態を見守るしかない」
●アーセナルの絶対的エースとして君臨するティエリ・アンリがACミランに続く扉に手をかけた。現地イングランドの“THE SUN”紙のインタビューの中でアンリは「何度も繰り返し発言していることだが、現在はアーセナルの選手ではあるが、ACミランに興味を持たれていると知ることは嬉しいことだ。あのクラブは誰もが予想していない状況下で、何度も偉業を達成していることも周知の事実となっている」
●ASローマのDFフィリップ・メクセスがクラブとの契約を2011年まで延長したことが8日、明らかとなった。守備の要として君臨するフランス人DFメクセスは「たった今、サインを交わしてきたばかりでとても幸せだ。クラブ側と自分の思惑が一致していた」と喜びの声を上げた
●セリエA復帰を果たしたユベントスのジョバンニ・コボッリ・ジリ会長が8日、気になる情報を流している。コボッリ・ジリ会長は「先日はラニエリ新監督のプレゼンテーション、そしてゼビナ(DF)の契約延長も発表した。近いうちに補強した大物の正式発表も行うつもりだ。我々は常により強くなるために仕事に励んでおり、来季開幕を迎える頃には優勝争いに加わるようなチームに仕上げるつもりだ」と力強く名門復活を宣言
●アーセナルで副会長を務めていたデイビッド・デイン氏がクラブを退団したことにショックを受けているティエリ・アンリ。彼の去就について再び周囲が騒がしくなっている。クラブ内で非常に良好な関係を築いていたデイン氏の退団に関する理由は分からないというアンリだが、「理由は知りたくない」とクラブに嫌悪感を示しているようだ。
●イラン代表のメフディ・マハダビキア(29)が、アイントラハト・フランクフルトへ移籍することが分かった。
2007/06/07UEFA情報
●スペイン代表が勝ち点3を獲得することはほぼ確実と予想されていたリヒテンシュタイン戦で確実に勝利を収め、4連勝としたものの、その得点不足は納得のいくものではない。両チームの実力の差はプレー内容ではっきりしていたが、ゴールを決めるという点については違った。前節、アイスランドと1-1で引き分けたリヒテンシュタインに対しビージャの2得点のみに留まったスペイン。今回のアウェイ2連戦で2連勝と必要最低限の課題だけはクリアし、Fグループ2位に浮上した。
●エスパニョールは、レアル・マドリーにマルセロの譲渡を求めているようだ。エスパニョールのスポーツディレクター、パコ・エレーラは、エスパニョールがマルセロに興味を持っていること、いくつかの移籍オプションがあることなどマルセロ獲得の準備をしていることをR・マドリーのスポーツディレクター、ミヤトビッチに伝えている
●前節ヘタフェ戦で報復行為によるレッドカードでエスパニョール戦への欠場が決まったロナウジーニョ。現在、クラブ側は取り消しを求めスペインスポーツ規律委員会に上訴しているが、ロナウジーニョ本人がバルセロナダービー、エスパニョールとの試合に出場するのは「とても難しい」と認めている。
●バルセロナのチャビは6日、スペイン代表での彼を巡る批判の数々に対するコメントを述べた。チャビは自分がラトビア戦にて意図的に警告を受けた行為を「論理的」であるとし、それによって受けた批判を「理解できない」と語っている。彼に向けられた批判の内容は、出場停止を狙った原因の1つがバルセロナでの優勝争いを優先するためだから、ましてや彼がカタルーニャ人であるからとするものもあった。同じカタルーニャ人であるプジョールも同様に、他のチームメイトには起こり得ないような批判を多くスペイン代表にて受けてきたのだ。「これはバルサを巡るテーマでもあるけれど、理解できないね。僕は10年も代表でプレーしており、その間常に代表選手としての義務を全うしてきた。今更誰かに何かを示す必要はない。こういった話題がなされるのは悲しいよ。僕はバルサの選手であり、カタルーニャ人であり、スペイン代表でもプレーする。政治の話には加わらないよ。僕にはバルサでも、代表でもプレーする義務があるんだ。いつも僕やプジョールが代表での義務を果たしていないと言われるけれど、僕らは既に十分過ぎるほど貢献してきたはずだ」。
●R・マドリーのR・カルロスが、トルコのフェネルバフチェと3年契約を結んだことを発表した。「本当は、心が揺れているんだ。R・マドリーと契約を結んだ日のようにね。何か欠けていたかもしれないけれど、全てを捧げ、リーガを勝ち取って出て行くよ。スペインとR・マドリーには感謝している。この国とはずっとつながっているから、また帰ってくるよ。将来は監督になり、スペインのクラブを率いてみたいんだ」。
●来シーズンに向けてバルセロナの補強リストに名を連ねるモナコのMFヤヤ・トゥーレは、バルサからの興味に満足しているようだと彼の代理人が明かしている。同代理人は“Ona FM ”で、「ヤヤはバルサに移籍できたら幸せだと思う。私は正確な代理人ではない。彼にとって父親のような存在だ。彼にアドバイスを送るとしたら、そうするよ」と語っている。
●“FIFAウィルス”がレアル・マドリーに犠牲者を出した。ファン・ニステルローイとともに最高のパフォーマンスを見せるデイビッド・ベッカムがイングランド代表戦で負傷しマドリーに戻ってきた。ベッカムはユーロ2008予選、対エストニア戦で左足首を打撲し、内側靭帯に捻挫を起こしており、48時間の安静が必要となった。ベッカムはサラゴサ戦出場を諦めていないが、症状から言って厳しい状況となっている。
●マンCだが、現時点ではセビージャのファンデ・ラモスにターゲットを絞っているようだ。セビージャで約6年間指揮を執り、レアル・マドリーやバルセロナとリーグ優勝を争う強豪にまでチームを育て上げたラモスは、イングランドでの新たな挑戦に意欲を燃やしていると言われている。セビージャとの契約は2008年までだが、違約金を支払うことで招聘は可能。セビージャの広報担当は「ファンデは契約更新の交渉中」とのコメントを発表しているが、スペインリーグ終了を待って、マンCの監督就任に向けた交渉がスタートする見込みのようだ。
●リーガ・エスパニョーラが、07-08シーズンの年間スケジュール概要を発表した。8月25日に開幕し、2008年5月18日に最終節を迎える。スペイン・スーパーカップ(リーガ優勝チームと国王杯優勝チームの対戦)は、リーガ開幕前の8月12日、18日にホーム&アウェイ方式で行なわれ、国王杯の決勝は2008年4月16日に行われる。シーズン終了後には、ユーロ2008(欧州選手権)の本大会も控えており、例年以上に厳しいスケジュール。リーグ戦の平日(水曜)開催が3節あり、代表戦や欧州カップ戦を入れると、チームや選手によっては週2試合ペースが1シーズンを通して続くことになる。
●バレンシアのデル・オルノが6日、練習後にカルボーニSD(スポーツ・ディレクター)のオフィスへ駆け込み、15分程度の話し合いを持った。本人はノーコメントを通したものの、スタメン出場の少ない現状を説明し、来シーズンもこの状況が続くようならシーズン終了後に移籍も辞さないと直訴したもよう。
●セビージャはアヤックス・アムステルダムから21歳のベルギー人トム・デ・ムルを獲得した。デ・ムルはセビージャとの5年契約にサインを済ませた。移籍金は400万ユーロ(約6億5000万円)。
●「こんなのってマジかよ?!」6日、欧州各地で行われたユーロ2008予選。リトアニアとの試合で2ゴールを決めたイタリア代表FWクアリアレッラは、自身の活躍を信じられず、興奮した口調でDFカンナバーロに思わずこう問いかけたという
●7日付のレキップ紙によると、ボルドーのリカルド監督が退任し、後任に元フランス代表DFのローラン・ブラン(41)を迎えることが決まった模様。ボルドーのトリオー会長が6日に事実を認めた。正式発表は、リカルド監督が故郷のブラジルからフランスに戻る8日に行なわれる見通し。
●フランス代表は6日、ユーロ2008予選のグルジア戦(ホーム)に1―0で勝ち、B組首位のポジションを固めた。ボールの支配率64%と圧倒的な優位で試合を進めたが、防戦一方のグルジアを相手に、結果的には最少得点による辛勝。終盤にはゴール前での連係ミスでヒヤリとさせられる場面もあった。
●イングランドはエストニアを3-0で破り、ユーロ2008(欧州選手権)の予選突破に向けた争いに再び名乗りを挙げた。グループEの上位2位以内に入るためには、マクラーレンのチームは勝ち続けることが絶対に必要だった。イングランドを勝利に導いたのはチェルシーのMFジョー・コール(37分)、リバプールのFWクラウチ(54分)、そして元バロンドール(欧州最優秀選手)受賞者マイケル・オーウェン(62分)のゴール
●トリノは新監督としてワルテル・ノベッリーノとの契約が合意したことを正式に発表した。ノベッリーノはモンテマラーノ出身の47歳。6日にトリノとの2年契約にサインを行った。
●ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼは、6日行われたユーロ2008(欧州選手権)予選のスロバキア戦(2-1でドイツが勝利)の終了後、テレビの取材に対して「2008年に、バイエルン・ミュンヘンでプレーすることを心に決めた」と語った。さらに「ことし中にバイエルンでプレーできるようになればうれしい」と言葉を重ねた
●ルイス・フィーゴが自らの去就について語った。「ヨーロッパでプレーを続けるとすれば、インテル以外でプレーするつもりはない。トッテナムへの移籍のうわさに関しては、全く根拠のないニュースだと言っていい」
●マーク・ビドゥカはミドルスブラからの契約延長の申し出を断り、退団することになりそうだ。31歳のオーストラリア人FWビドゥカはニューカッスル・ユナイテッドへ移籍する見通しだが、ポーツマスやウェストハムも彼に興味を示しているようだ
2007/06/06UEFAサッカー情報
●ビジャレアルが、リーグ・アンのランスに所属するマリ代表MF、セイドゥ・ケイタ(27)について、ランスに情報を求めた模様。フランスのサッカー専門サイト「フットボール365」が報じている。
●「リーガが終わってから移籍の話をしよう」。レアル・マドリーのカルデロン会長は幹部たちにこんなメッセージを送った。来季に向けてどんな動きにも注目しているカルデロン会長。クラブが興味を持っている選手の動向や獲得リストに新しく加わった選手など、移籍に関する情報には全て注目している。それでも会長は、今何よりも大切なのはリーガだと理解しているようだ
●ルイス・ファビアーノは、セビージャの優勝を「かなり難しい」と言いながらも「レアル・マドリーがサラゴサに負けてバルセロナがエスパニョールに引き分けるだけでいい」と希望を捨てていない
●ミランのガリアーニ副会長が、シーズンが終わると共にバルセロナのエトー、レアル・マドリーのエメルソンを獲得したいと抱負を語った。「スペインのシーズンが終わるのを待って、R・マドリーとバルサに選手を譲る気がないか聞いてみるつもりだ。バルサの選手ではエトーを狙っているが、彼を売ってくれるかどうかは分からない」
●サラゴサのディオゴは5日、「優勝するのはバルセロナ」であると宣言した。次節R・マドリーと対戦するサラゴサは、優勝争いの鍵を握る存在である。その一員である彼は、雑誌“ドン・バロン”のインタビューにてタイトルの行方について次のように語っている。「多くのチームが年間を通して好調だった。セビージャはその中の一つだ。バルセロナは長い間素晴らしいサッカーを披露してきた。それぞれのチームに良さがあるけれど、1つ優勝チームを選ぶとしたらバルセロナだね。僕らもUEFAカップ進出へ向けて勝点が必要な状態だから、R・マドリーから首位の座を奪って見せるよ。今シーズンずっとそうしてきたように、ここ数試合も僕らは常に勝利を目指して戦ってきた。でもそれは、ライバルから何かを奪うためでも、ボーナスのためでもない。これは嘘じゃないよ。僕らはUEFAカップに出たい。だから勝点3が必要なんだ」。
●セビージャのフアンデ・ラモス監督が来季マンチェスター・シティを指揮する監督の第一候補に挙がっていることが、4日イギリスの“BBC”で報道された。
●アトレティコ・マドリーのFWフェルナンド・トーレスが、火曜日(5日)に行われたアトレティコの練習でボールに触り、セルタ戦のためにリハビリを強化した
●バレンシアのDFミゲル。「チェルシーが興味を持っているからといって、僕がイングランドに行くということを言うのは、新聞記者たちにとって都合のいい話だ」
●レアル・マドリーのロベルト・カルロスがトルコのフェネルバフチェに移籍することが決まった。5日夜、6月30日に契約が切れるロベルト・カルロスとフェネルバフチェは3年契約で合意に達した。
●オリンピック・リヨンは、同クラブのDFエリック・アビダルに対するバルセロナからの初正式オファーを却下した。バルサは、アビダル獲得に1000万ユーロ(約16億3600万円)支払う用意をしていると伝えたが、リヨン側はこの額を十分だとは捉えていないようだ
●42シーズンにわたってオセールの監督を務め、2005年に引退したギィ・ルー氏がランスの監督として現場に復帰することが決まった。契約期間は2年
●チェルシーのFWディディエ・ドログバが、リヨンのMFフロラン・マルダの獲得を熱望している。フランスのギャンガンでともにプレーし、現在も親交の深いマルダについて、ドログバは「イングランドですぐに結果を残せる選手」と評価している。
●6日、ユーロ2008予選第7戦、アウェイでのリヒテンシュタイン戦に挑むスペイン代表だが、同国代表のルイス・アラゴネス監督はスタメンの変更を考えていると思われる。同監督はプジョールとイニエスタを外した布陣でのスタメンを試していたのだ
●ACミランのFWアルベルト・ジラルディーノ退団説が流れる中、カルロ・アンチェロッティ監督に続きアドリアーノ・ガリアーニ副会長も移籍はクラブ側が引き止めを強要することなく「フリーウェイ」であることをアピールした「既に宣言しているが、我々クラブ側としては彼が残留してくれることが望ましい。だが、『常に出場できる』とは確約できない状況であり、彼のインタビューでの発言は気に入らない。ACミランから去りたいのであれば(移籍金として)2400万ユーロ(約40億円)をクラブに持ってくればいい」
●ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が5日、急成長FWロッキの引き留め工作に乗り出した。今季16得点を叩き出し、チームの得点王に輝いたロッキに対してロティート会長は「ラツィオはロッキを移籍市場リストに載せることはしない。彼はラツィオと2009年まで契約が残っている」
●「サンプドリアの家紋に惹かれて、(監督就任を)決定した。サンプドリア幹部陣との話し合いで、彼らがあらゆる役割に対してリスペクトの念を抱いており、また責任の所在を明確にしていることが分かった。これは自分の仕事上、とても大事な要素だ」。古豪サンプドリアの監督に就任したワルテル・マッツァーリが5日、サンプドリアを選んだ理由
●ユーロ08予選のフェロー諸島戦、リトゥアニア戦の召集も見送っているASローマの主将トッティは「選択はいつもフィジカルの状態次第で決めている。別に家族との時間に重きを置いている訳ではない。確かに家族と長時間離れることは厳しいが、我々の仕事にはそういう側面も付き物だ」
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。