UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/30UEFA情報
●リーガ前節、ホームでのバレンシア戦では勝ち点3を逃し、アウェイでのチャンピオンズリーグ、ベルダー・ブレーメン戦では信じられないような内容で引き分けに持ち込むのがやっとと2試合連続で引き分け、さらにはチームの大黒柱サミュエル・エトーの長期離脱とチーム内に暗いムードが漂うバルセロナ。このいやな流れを断ち切るには勝利しかない。バルサは今夜(30日)、アウェイでアスレティック・ビルバオ戦に挑むが、エトー不在の中、チームを引っ張る役目を担うのはロナウジーニョとなるだろう。彼自身、今夜の試合でリーガ100試合出場を達成
●バルセロナのライカールト監督は、エトーの長期離脱がチームにとって一つモチベーションとなり、今こそチームが一丸となることを望んでいる。ケガによるエトーの不在は非常に残念だとするライカールト監督。エトーは手術を受けた後、いつかメンバーに一杯奢ると伝えたようだ。「エトーはまだチームのことを考えているんだ。素晴らしい青年だよ。我々も彼とともにいる」と明かした。さらに、「エトーが復帰の時を迎えるその日まで、彼のリハビリが順調に進むことを願っているし、チームは良い状態をキープするようベストをつくしていくことが大事だ」とし、彼の復帰を最高の形で迎えるということがチームのモチベーションにも繋がるし、補強の必要性はないとも付け加えた
●ビジャレアルのMFカニはチームへの貢献度が不十分だと酷評したが、シーズン最初からトップコンディションでプレーできるわけではないと心配する様子はなかった。「個人的に自分のコンディションがどうか、というよりもチームが勝利したことが大事さ。確かに前回の試合で、僕はとても調子がよかった、けど、それ以前の試合で調子が悪かったかだなんて言えないよ。ただ今の自分の状態はベストではないし、自分自身で満足しているわけでもない」
●リュドビック・ジュリはリーガの優勝争いにおいてレアル・マドリーよりもバレンシアを警戒しているようだ。“フランス・フットボール”誌のインタビューでジュリは「R・マドリーのことはあんまり心配していないよ。バレンシアのほうが安定しているしチームとしても機能している。彼らは僕らを苦しめるんじゃないかな」
●アトレティコ・マドリーのキャプテン、フェルナンド・トーレスはレアル・マドリーとのダービーを前に、アトレティコが「素晴らしいチームである」ところを見せたいと意気込んでいる。未だにR・マドリー相手にゴールを決められないというジンクスもついに破る番がきたと考えているようだ。「R・マドリーはいいチームだ。今年は監督のおかげでさらに強くなったよね。でも僕らも彼らに負けないくらい素晴らしいチームだというところをみせなくてはいけないんだ。今年こそそのチャンスだと思うよ」
●レアル・マドリー対アトレティコ・マドリーの試合は他のダービーと何がちがうのか。この試合で両チーム合計13人の選手がその意味をはじめて体験することになる。この夏、両チームは積極的に補強を行ってきた。補強につかった移籍金は両チームあわせて何と1億1600万ユーロ(約175億円)だ。R・マドリーは6400万ユーロ(約96億円)、アトレティコも5200万ユーロ(約78億円)をかけて現在のチームを作り上げている。その中でもディアラとアグエロは特別だ。二人の移籍金は4900万ユーロ(約74億円)と、ホアキンと並びこの夏の話題をさらった
●ラウルは「スペイン代表チームの一番のサポーター」だと話し、ルイス・アラゴネス代表監督の決定に敬意を表すと話した。ラウルは対スウェーデン戦(ユーロ2008予選)、対アルゼンチン戦(親善試合)に呼ばれることはなかった。「重要なのは代表選手達だ。一致団結して戦う必要があると思う。自宅で心をこめてスペイン代表を応援するよ。試合はテレビで観戦するし、僕はいつでも代表チームの一番のサポーターだよ」
●意外にもマドリー・ダービーでは一度も得点をした事のないグティ。自分が得点するよりもチームが勝つ事を優先しているからだ。今回のダービーについても「ファン・ニステルローイ、ラウル、レジェスが得点し3対0で勝つだろう」
●スタンダール・リエージュ戦で勝ち越しのゴールを決めたセルタのフェルナンド・バイアーノは「チームのために走りまくりゴールを決めたにも関わらず、ファンからの愛情が感じられない。負けると僕のせいにされる気がするし、とても辛い」
●欧州選手権予選に向けたイングランド代表メンバー24人が29日発表され、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会後以降、落選が続いている前主将MFベッカム(レアル・マドリード)は今回も招集されなかった。
●日曜日(10月1日)にポーツマス戦を控えたトッテナムのFWミドは、元イングランド代表のDFソル・キャンベルを「過去対戦した中で、一番簡単だった相手」と酷評
●フランスサッカー協会のジャン=ピエール・エスカレット会長は、ワールドカップ(W杯)・ドイツ大会決勝戦の直後に、ドメネク監督の監督続行を公式発表した。だが、任期はいつまでか分からなかった。フランスサッカー協会は評議会を29日に開き、ドメネク監督の任期を2010年までと決めた。
●アヤックス所属のFWフンテラールは29日、クラブでの練習で味方選手とぶつかり、左足首を負傷した。初見では全治2-4週間だが、さらに詳しい検査が30日に行われる。
スポンサーサイト
2006/09/29UEFA情報
●FWサミュエル・エトーの右膝半月板損傷による5ヶ月間という長期戦線離脱は、チームにとってもファンにとっても大きなダメージを与えているが、バルセロナでは、誰がエトーの代役を務めるのか?に話題が集中している。ライカールト監督が、ラーションの退団で今夏獲得したエイドゥル・グジョンセンをエトーの代役として考えていることはおそらく間違いないが、ファンの間ではサビオラを望む声が上がっている。
●アトレティコ・マドリーとの‘マドリー・ダービー’を今週末(10月1日)に控えるレアル・マドリーのキャプテン、ラウルは、「チームは一つにまとまっているし、何かを成し遂げようっていう信頼も生まれている」とクラブのオフィシャルサイト上で明かし、ダービー戦に自信を見せた。「最大のライバルであるアトレティコとの一戦は特別なもの。数日前から両チームの話題で持ち切りだ。僕の初ゴールはベルナベウでのアトレティコ戦だったんだ。ハイテンションで興奮する試合だ。僕たちが有利だと思う」
●R・マドリーのカペッロ監督は、アトレティコ・マドリーのアギーレ監督と同時に行われた記者会見の席で、「マドリー・ダービーは誰もが勝ちたいと思っている。私が最後にアトレティコ・マドリーと対戦したのは10年前にさかのぼるが、その時は、私達が勝ってリーガ制覇を成し遂げた。しかし、今のアトレティコ・マドリーはすばらしいチームだし、特にアウェイで力を発揮する危険なチームだ」
●バレンシアのダビ・アルベルダは、チームの好調を認めると同時に、不調に陥る時期が来ることを示し、「全ての試合、勝ちたいに決まっている。シーズンが今のように続けば言うことはないが、必ず厳しい時期が来ると思うよ。シーズンは長いし、まだ始まったばかりだからね。だから、年間を通して平均的に力を出す事は重要だよ」
●アトレティコ・マドリーのハビエル・アギーレ監督は、レアル・マドリーのFWラウルを同チームの「精神的支柱だ」とした。また、10月1日のマドリー・ダービーに向け、アトレティコの出来は「完ぺきだ」と評した。さらに、「ファビオ(・カペッロ監督)やラウルの仕事への批判は理解できない。R・マドリーはいいプレーをしているし、リーガで上位にいる。まだ1失点しかしていないのに批判され続けている。私には無茶な要求に思えるが、ダービーはまた話は別。いい、悪い、もしくは普通。どんな状態で相手が来ようが重要ではない」
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は、けがのDFミチェル・サルガドに代えDFアルバロ・メヒーアを右サイドバックに起用した26日のチャンピオンズリーグ、ディナモ・キエフ戦での布陣を10月1日のアトレティコ・マドリー戦でも継続するとした
●バルセロナのサミュエル・エトーの戦線離脱は思っていたより長引くことになりそうだ。28日(木)午後、バルセロナ市内の病院で行われたエトーの手術は無事成功したが、エトーの復帰は3ヶ月かかるという当初の予測を上回り、5ヶ月を要することになりそうだ
●ルイス・アラゴネス監督は、ユーロ2008グループ予選、アウェイでのスウェーデン戦(10月7日)、アルゼンチンとの親善試合(10月11日)に向けたスペイン代表の招集メンバーを発表した。招集の是非を巡って注目が集まっていたレアル・マドリーのラウルは、招集メンバーから外れた。ラウルは、1996年10月9日のチェコ戦で代表デビューを果たして以来初の代表メンバー落ちとなった
●デポルティーボのMFセルヒオは、現在のチームに得点の要であるセンターフォワードが不在である状況に関して「一人一人がもう少しづつ力を出して不足を補わなければならない。CFがいない事を嘆いているだけでは何も進歩しない」
●アスレティックのオルバイスとガビロンドは、前節の試合中にケガをしたバルサのエトーについて「誰もが知っているように彼はここ数シーズン素晴らしい活躍をしている。今回のケガはとても心配だが、バルサにはエトー同様素晴らしい選手が控えており、この苦悩を無事乗り越えるだろう」とコメント
●アーセナルの監督就任10周年を迎えたアーセン・ベンゲルは、そのキャリアをノースロンドンで終えることになりそうだ。Jリーグの名古屋グランパスエイトで指揮を執っていたベンゲルが、イングランドの名門に招聘されたのは1996年9月28日。以降、10年間でプレミアリーグ優勝3回、FAカップ優勝4回と、数多くの栄光をもたらした。そんな知将に対し、アーセナルのデイビッド・デイン副会長は、監督引退後の職も用意しているという。「アーセンの監督就任は、我々にとって一種の賭けだった。しかし、当時の決断が正しかったことは、その後の栄光が証明している。彼の功績はタイトル獲得だけではない。同時に、美しいスタイルのサッカーをクラブに根付かせたのだ。さらに、新スタジアムを建設できたのも、彼の貢献が大きい。10年間の成功がなければ不可能だっただろうからね。彼にはアーセナルで監督のキャリアを終えてもらいたい。そして、引退後も、クラブ首脳としての席を用意するつもりだ。彼の才能や知識を失うわけにはいかないからね」
●暴行容疑をかけられているフィオレンティーナFWアドリアン・ムトゥ(27)が潔白を主張した。ルーマニア代表エースFWのムトゥは9月2日、ユーロ08予選ルーマニア対ブルガリア戦後の夜に足を運んだレストランでウェイターからのサインと写真撮影要請を拒否した事からトラブルに発展。ウェイターから「代表が宿泊するホテルに謝罪に行ったが、ムトゥに鉄の棒で殴られた」と訴えられ、50万ユーロ(約7500万円)の損害賠償を請求されていた。
●27日に行われた欧州CLグループリーグ第2戦、アウェイでのバレンシア戦を1-0で落としたASローマ監督スパレッティが試合を振り返っている。アウェイ1-0惜敗に「今日はもう少し出来たはずだが・・・チャンスを潰してしまった」と切り出したスパレッティ監督は続けて「彼らが我々より優れていたというわけではない。前半は我々が試合をリードしていた。チャンスがゴールに結びつかず敗戦となったが、練習に励みグループリーグ突破に向けて仕切り直しだ」
●28日、ミラノで行われたTod‘sの最新コレクション発表会に出席したフィオレンティーナ会長デッラ・バーレがミラクル達成に向けコメントを残した。マイナス「17」ポイントからのスタートを強いられているフィオレンティーナだが、会長は「このチームを救うために、選手・スタッフ全員が結束しなければならない」とコメント。会長は続けて「結束が勝利につながる。信じる事が大事。強い集団である以上、この厳しい局面もクリア出来るはずだ」
●欧州CLグループリーグ「B」組インテル、アウェイでのスポルティング・リスボン戦(1-0)に続きホームでのバイエルン・ミュンヘン戦(0-2)を落とし2連敗中となった。インテルのオーナー・モラッティは「もちろん苦いよ。自分もこの試合を分析して何が起きたのか理解しなければならない」と敗因追求を訴えた。
●27日に行われた欧州CLグループリーグ第2戦のバイエルン・ミュンヘンとの一戦に敗れたインテル監督マンチーニは試合後「今夜の敗戦はデタラメだ。評判を落とした訳ではない」と切り出した。「まだ残り4試合ある。前半はリスクを負うことなく展開できたが、後半に入り打開策を見出せずに試合を構成する事が出来なかった。イブラヒモビッチに続グロッソの退場、9対11の数的不利の状況が事態をより厳しくした。ただ、グロッソ退場(後半40分)までは特にバイエルンを脅威に感じなかった。(微妙な判定が続いた)審判?何も言いたくない。言えば『言い訳だ』と騒がれるだろうし。これで状況はより複雑になった。2試合でレッド2枚、とにかく冷静を保たなければ」
●セリエA第4節、ASローマ対インテルの一戦で2枚のイエローにより退場となったインテルMFパトリック・ビエィラに対する正式判定が28日、規律委員会から発表された。インテル側からの減刑要請を取り下げ、規律委員会はフランス人MFビエィラに対し「3試合の出場停止処分」を言い渡している
●「再度、カルチョ界をクリーン化する必要がある。マテラッツィを頂点とした『トラブル・メーカー』リストを作成するべきだ」とフランス代表監督ライモンド・ドメニクが28日、報道陣に語った。
●ユーベ(ユベントス)MFマウロ・カモラネージ(29)が27日、現在の心境を語っている。ユーベB降格により移籍問題で揉めたカモラネージは「スペインへの興味を隠す気は無いが、ユベントスに残留した事については満足している」と語り始めた。はっきりしない態度から一部のサポーターからは“カモラネージ・バッシング”も起きていた。「確かに他国リーグでのプレイには興味があったが契約合意に達しなかった。ただ、04-05、05-06季の優勝は我々が成し遂げたものであり、他の誰のものでもない。仮に我々(選手)に非があるのであれば、当然償う気持ちはある。こんな結果に終わった事が残念でならない」
●第1戦アウェイで0-1勝利を挙げていたパレルモが27日、ホームでもウェストハムを3-0で破り文句なしの進出を果たした。
●欧州連盟(UEFA)カップは28日、各地で1回戦第2戦が行われ、FW高原直泰のフランクフルト(ドイツ)、MF中田浩二のバーゼル(スイス)がグループリーグへ進出した。
●UEFAカップ1回戦第2戦、ランスはホームでアフナスを3-1で下し、危なげない足取りでグループリーグ進出を決めた。
●オセールにとってはUEFAカップ1回戦の第1戦の方が苦しかったろう。アウエーでディナモ・ザグレブを2-1で倒した後、ホームでの第2戦はイェレンの2得点(35分と42分)、さらにマティスの70分のゴールで、3-1で勝利した。
●パルマがUEFAカップ1回戦を突破した。ルビン・カザンとの第2戦はエンニオ・タルディーニで行われ、パルマが1-0で勝利。
●リボルノはアウエーのパシング戦を1-0で制し、UEFAカップの2回戦(グループリーグ)へと進んだ。
●UEFAカップ1回戦第2戦、カイセリスポル対AZ(オランダ)の試合が28日、カイセリのホームで行われた。結果は1-1で引き分け、アウエーで行われた第1戦を2-3で敗退しているカイセリが2試合合計3-4で敗退
●UEFAカップ1回戦第1戦はアウエーでデリーと戦い、かろうじてスコアレスドローにもちこんだパリ・サンジェルマン(PSG)。ホームでの第2戦ではデリーを破ることができた。
●ナンシーがホームで素晴らしい戦いを見せた。UEFAカップ1回戦、アウエーでの第1戦でシャルケ04に0-1と敗れていたナンシーは、第2戦に3-1で勝利し、逆転でグループリーグへ
●マルセイユはUEFAカップ1回戦第1戦でボレスラフを1-0で破っている。28日の第2戦でも、前半15分に先制点を挙げたが、結局2-4で逆転され、グループリーグ進出はかなわなかった。
●キエーボはベンテゴーディでブラガに2-1の勝利を収めたが、UEFAカップ敗退が決定。
●UEFAカップ1回戦ジーコが率いるフェネルバフチェだ。場合によっては監督ジーコの去就に影響しかねない状況であったからだ。結果は3-0(第1戦2-1)でランダース(デンマーク)にアウエーで勝利し、グループリーグに進出が決定
●欧州40カ所でUEFAカップ1回戦のリターンマッチが行われた。オランダからは5チームが試合をし、3勝2引き分け。フローニンゲンはパルチザン・ベオグラードに1-0と勝ったものの、初戦で2-4と負けたのが響き、UEFAカップの舞台から姿を消した。しかしアヤックス、AZ、フェイエノールト、ヘーレンフェーンは次ラウンド進出を決めた。
2006/09/28UEFA情報
●チャンピオンズリーグ第2戦、アウェイで行われたベルダー・ブレーメン戦の65分にバルセロナのFWサミュエル・エトーが右膝を負傷、そのまま担架で運ばれ退場した。バルサのチームドクターの初診によると、エトーは半月板を損傷しているとのことで、2~3ヶ月の戦線離脱となる模様だ。「エトーは右膝の半月板の外側を損傷している。明日(28)、バルセロナで精密検査を行った後はっきりとした診断が下されることになる。初診通りであれば、復帰までに2~3ヶ月かかるだろう」。
●バルセロナのDFラファエル・マルケスは、近日中にスペイン国籍を取得の見込みだ。すでにスペイン法務省はマルケスの申請を受け入れている。「もう手続が少し残っているだけだ。(国籍取得に必要な)憲法順守の宣言の予約をしないといけない。そうすれば国籍を取得できる」とバルサの広報は説明
●チャンピオンズリーグ、対ディナモ・キエフ戦で2ゴールをあげたR・マドリーのファン・ニステルローイは、日曜日(10月1日)に行われるマドリー・ダービーに照準を合わせ、「とうとうダービーだね。待っていた試合だよ。ダービーは均衡した試合になる傾向がある。僕達にとってはテストとなる試合だ」と意気込みを語った
●バルセロナのライカールト監督はアウェイで行われたブレーメンとの試合(1-1)で、ふがいないプレーの連続だったチームに対し「チャンピオンズリーグ(CL)の試合で簡単な相手なんていない、と檄を飛ばしていたのだが・・・。どうしてあんなプレーをしてしまったのか原因がわからない」とチーム状態の悪さを認めたが、ピッチで‘クラック’なプレーを見せることができなかったロナウジーニョに対しては彼をかばう発言をした。「私はチーム全体として話すのであって、選手一人ひとりをどうこう言うつもりはないが、ロナウジーニョのプレーには満足している。我々は多くの試合をしなければならないし、いつも同じレベルでプレーするのは不可能だよ。それに彼は少し怪我もしているし」とコメント
●バレンシアはビージャのチャンピオンズリーグ(CL)初ゴールでASローマに2-1で勝利。16強へ前進した。
●キケ・サンチェス・フローレス監督はホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選、対ローマ戦を2-1で勝利したことを受け、「この勝利はもともと計算に入れていたものだが、最終目標を達成するには勝ち続けなければならない。まずは予選通過であるが、それに近づいたのは事実だ」
●この夏アトレティコ・マドリーに移籍したマリアーノ・ペルニーア(29)は、シーズン開幕から未だにデビューのチャンスをむかえていない。チームのポジション争いが激化していることを認めると同時に、焦りもある様子だ。「試合に出れずに、何試合も過ぎていくと、当然焦りが出てくる。だけど、練習をしっかりしていくしかない。気持ち的にちょっと落ちている部分はあるのは確かだよ」
●チャンピオンズリーグ第2戦アウェイでのベルダー・ブレーメン戦、バルセロナは1-1の引き分けに終わった。チームが機能せず、ブレーメン相手に苦しい展開を強いられたバルサだが、試合終了間際のメッシの値千金の同点ゴールで敗北という最悪な結果だけは免れた。
●28日に行われるUEFA杯パレルモ対ウェストハム(イングランド)の第2戦を前に、シチリア州都パレルモが厳戒態勢に入った。事の発端は14日、ウェストハムのホーム、ロンドンでは「The Hammers VS The Mafia」とプリントされたTシャツが露店に並んだ。名作映画“ゴッド・ファーザー”のタイトル・デザインを模したこのTシャツにパレルモの熱狂的サポーターはもとより一般市民も憤慨、0-1アウェイ勝利の喜びなど一気に消え失せてしまった。
●チャンピオンズ・リーグ第2戦で、ホームにガラタサライを迎えたリバプールは、3-2で勝利を収めた。しかし、試合後のラファエル・ベニテス監督に、喜びの表情は見られなかった。「非常に難しいゲームだった。4点目を奪えず、相手のペースにしてしまった。ガラタサライは勝利を諦めて、総攻撃をかけてきたんだ。正直に言って、終盤はかなり気を揉んだ。その証拠に、(守備的MFの)モハメド・シッソコを投入せざるを得なかった。通常であれば、終盤の時間帯に、試合を冷静に振り返るのだが、今日はそれどころではなかった。とにかく、勝点3を獲得できてよかった」
●26日夜に行われた欧州CL対リール戦で「300試合出場」を果たしたACミランMFジェンナーロ・ガットゥーゾ(28)が翌27日、現在の心境を語った。ガットゥーゾは「歳をとったと感じるが、嬉しい事だ。今後もACミランで長年プレイ出来れば良いのだが・・・」と笑顔で受け応えている。
●ACミラン専属医師ジャン・ピエール・ムールズマンがACミランの公式サイト上で負傷中のDFパオロ・マルディーニ(38)とセルジーニョ(35)の状況を掲載した。医師によると「マルディーニの内転筋の負傷は幸い軽傷だった。セルジーニョはオゾン治療のお陰で回復の兆しはあるが椎間板ヘルニアの可能性もあり、もう少し様子を見守らなければならない」
●ユベントスFWアレッサンロ・デル・ピエロ(31)が27日に行われたユースのスーパーカップ、ユベントス対インテル戦にスペシャル・ゲストとして招待されている。詰め掛けた多くの報道陣に対してデル・ピエロは「セリエAに昇格する事が今季最大の目標だ。ペナルティ(-17ポイント)やもしかしたら減刑があるかも?などという事は考えるべきではなく、目的を達成できると我々自身をまず信じることだ」
●今月4日、64歳の若さで他界したインテル会長ジャチント・ファケッティ氏の追悼試合としてアタランタ対インテル戦が開催される事が27日分かった。試合は10月5日アタランタのホーム、ベルガモで20時45分から開催される
●イタリア・ユース(サテライトに該当)によるスーパーカップが行われた27日、ユベントス・ユースとインテル・ユースの一戦はユベントス・ユースが5-1の勝利でタイトルを獲得した。
●06年7月9日のPK戦決着がW杯史上最後の試合となる可能性が浮上した。FIFA会長ブラッターによるとPK戦決着を廃止、代替案として“再試合”、“選手を減らしての延長戦”、“ゴールデンゴール復活”を考えているとの事。
●スポルティング・リスボンはアウエーのモスクワでの試合を1-1の引き分けで終え、勝ち点を4ポイントに伸ばした。
●チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節、滑り出しはかみ合わなかったものの、PSVアイントホーフェンが経験の差でボルドーを1-0で下した。
●チャンピオンズリーグ(CL)・グループAの第2節の試合で、チェルシーはドログバのハットトリック(3得点)によりアウエーでレフスキ・ソフィアに勝利を収めた。
●チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節の試合で、インテルはバイエルン・ミュンヘンに0-2の敗戦を喫した。
2006/09/27UEFA情報
●3勝1敗、勝ち点9と開幕ダッシュに成功し、現在リーガ5位につけるアトレティコ・マドリーは、今週末(10月1日)に宿敵レアル・マドリーとの‘マドリー・ダービー’を迎える。アトレティコのキャプテン、フェルナンド・トーレスがスペインのラジオ番組に出演し、‘マドリー・ダービー’への意気込みを語り、ベルナベウでの自身‘初ゴール’を誓った。「両チームとも調子は良い。でも、レアル・マドリーはプレースタイルでの批判を受けているし、プレッシャーもある。そういう点で僕らに有利となるはずだ。ホームだし、彼らは攻撃的に来るだろうから、逆にそこを突けると思う。バルサ戦のようにね。ダービー戦は他の試合とは違う。勝つことが大事なんだ。勝利への大きなポイントは、先制ゴールを奪うことにあると思う」。
●チャンピオンズリーグでローマと対戦するバレンシアのアジャラは、ローマにおいてフランチェスコ・トッティの存在がどれほど大きいか理解している。トッティさえ止めれば、「勝負はほぼこちらのもの」というアジャラは「トッティの力は絶大だよ。彼がいいプレーをすればチームも機能する。もちろんチームは11人だけど、トッティさえ止めてしまえばほぼ勝負はついたも同然だ」
●データは嘘をつかない。アトレティコは現在、リーガと国王杯で優勝した95-96シーズン以来となる絶好調で開幕ダッシュに成功している。勝ち点12ポイント中9ポイントという成績なら、ヨーロッパ大会出場も夢ではない。ファンの間に10年以上振りとなる偉業達成への期待が高まっているのは当然
●バレンシアのイタリア人FWフランチェスコ・タバーノ(27)の発言は、イタリアのコリエレ・デッラ・セーラ紙の中で、キケ・フローレス監督から差別を受け、スポーツディレクターのカルボーニ氏からの擁護しか受けていなかったと伝えられたが、26日、タバーノは、チームメイトとキケ・フローレス監督に対し、「コメントはわんきょくして報道された」として謝罪した。タバーノは、元バレンシアのフィオーレが、「イタリア人選手はここで差別されている」という発言にも触れていた。
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は2得点をマークしたラウルを手放しで賞賛し、「選手はゴールだけでなく、動き方そして仕事量で評価しなければならない。チームに対するラウルの仕事はとても重要である。これまで惜しいゴールシーンが沢山あったが、たまたま運が無かっただけである。そして今日、大事な日に得点を決めてくれた」と褒め称えた。
●サンティアゴ・ベルナベウのサポーターに笑顔が戻った。チャンピオンズリーグ第2節グループEのR・マドリー対ディナモ・キエフの試合は、ラウルとファン・ニステルローイが2ゴールをそれぞれあげる活躍などで、5-1でD・キエフを粉砕した。
●デコはライカールト監督が行っているローテーションシステムについて、いろいろ話されすぎだと感じているようで、「誰がプレーすべきだとか報道されすぎだと感じるし、それはチームにとって良くないと思う。バルサには優秀な選手が多く、ライカールトは選手の為を思ってローテーション制を採っているんだ」と27日に行われる対ブレーメン戦の練習後に記者会見の席で語った
●26日に行われたチャンピオンズリーグ、対ディナモ・キエフ戦で2ゴールをマークしたレアル・マドリーのラウルは、チャンピオンズリーグ通算得点を53に伸ばし、チェルシーのシェフチェンコを抜き、得点ランキングのトップに返り咲いた
●トラブル続きのフィオレンティーナFWアドリアン・ムトゥ(27)に26日、暴行容疑で法廷に召喚されていた事実が判明した。ガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると事件は9月2日、ユーロ08予選のルーマニア対ブルガリア戦後に起きたとの事。2-2引き分けに終わった当日夜、レストランで食事中のムトゥに対して一人のウェイターが写真撮影を要求、断られた事が引き金となったと報道している。
●マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが、主審に対する暴言で厳しい立場に立たされそうだ。1-1の引き分けに終わったレディング戦(23日)で、ルーニーは主審を激しく侮辱。この行為に対し、イングランド・サッカー協会(FA)は、厳重注意を与える見通しだ。『ザ・サン』紙が伝えたところによると、このイングランド代表FWは、エリア内で倒れたプレーでPKの判定を下さなかったピーター・ウォルトン主審に対し、「おい審判! 今のはPKだろうが! このクソ野郎。フ×××」と激しく抗議。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、プレースタイルがエンターテインメント性に欠けるとの批判に対し、「バルセロナのようにはプレーできない」とコメント。27日に控えたチャンピオンズ・リーグ(CL)のレフスキ・ソフィア戦でも、結果重視で勝点3を狙うと宣言した
●パレルモで28日夜に行われるUEFA杯パレルモ対ウェストハム(イングランド)の試合を前に、ウェストハム・サポーターが続々とチケットを購入している事が判明した。シチリア州都パレルモのバルベラ・スタジアムのアウェイ席はすでに2200枚のチケットが売れているとの事。
●絶好調パレルモ率いるフランチェスコ・グイドリン監督がウェストハムとのUEFA杯をパレルモ公式サイト上で語った。今季パレルモに再復帰を果たしたグイドリン監督「(アウェイで0-1勝利と)同じような選択で挑む。木曜日にUEFA杯を控えているが、このことが我々パレルモの集中力を欠くことにはならない。ウェストハムとの一戦は今から考えればいいだけのこと」
●ユベントスMFパベル・ネドベド(34)が26日、記者会見に応じている。審判操作などを理由に5クラブが裁きを受け、終結の兆しを見せていたカルチョ・スキャンダルだが、ここに来て新たなクラブの不正が明るみになりつつある。一連のスキャンダルで唯一のセリエB降格となったユベントスの大黒柱ネドベドは「判決でユベントスだけが徹底的に裁きを受けた事がどうしても納得出来なかった。他の不正が明るみとなり、過ちを犯した者全員(全クラブ)が裁きを受ける事を願っている」
●インテル監督ロベルト・マンチーニが26日、翌日に迫った欧州CL対バイエルン・ミュンヘン戦への意気込みを語った。マンチーニ監督は「残念ながら欧州CL初戦となるアウェイでのスポルティング・リスボン戦(1-0)を落としてしまった。バイエルン・ミュンヘン戦では勝ち点3ポイントが何よりも重要だ。フォーメーションについては4-3-1-2でも4-4-2でも大差はない。それよりも細心の注意を払う事が不可欠。バイエルン・ミュンヘンはフィジカル面に長けた強豪であり、どういう結果が待っていてもおかしくはないだろう。我々は先取点を焦る必要はなく、多くはないチャンスを確実に活かす事が重要だ」
●スポーツ裁判は26日、カターニャに対して「ホーム剥奪2試合、中立地での無観客試合」の判決を言い渡した。この判決は23日にカターニャで行われた“シチリア・ダービー”対メッシーナ戦でカターニャ・サポーターが暴徒化、警官隊に負傷を負わせた行動に対してのもの。
●26日夜、フランスのランスで行われた欧州CL対リール戦でACミランは0-0の引き分けに終わっている。試合後ACミラン監督アンチェロッティは憮然とした表情で「セードルフのオフサイドはなく、ゴールは有効だった」と判定に不満をぶちまけた
●交通事故で瀕死の重傷を負ったダリオ・シルバは奇跡的な回復を遂げ、現在は様態も安定しているようだ。彼が入院している病院の院長はダリオ・シルバの様態を「順調に回復している」と発表しているが、その一方で右足を切断した事実は知らされていないことを明かした。
●欧州チャンピオンズリーグは26日、当地などで1次リーグ8試合が行われ、MF中村俊輔の所属するF組のセルティック(スコットランド)はコペンハーゲン(デンマーク)に1-0で勝ち、1勝1敗の勝ち点3で2位に浮上した。
●同組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はベンフィカ(ポルトガル)を1-0で下し、2連勝で首位を守った。
●G組は昨季準優勝のアーセナル(イングランド)がポルト(ポルトガル)に2-0で快勝し、2連勝で首位を堅持
●(CL)グループリーグ第2戦で、リヨンはブカレストでステアウアに3-0の快勝を収め、グループEの単独首位に立った。
2006/09/26UEFA情報
●シシーニョの代役を見つけるべきか否かを巡って、レアル・マドリーのカペッロ監督とミヤトビッチスポーツ・ディレクター(SD)との間で意見の食い違いが見られるとスペイン紙‘SPORT’が報じている。右膝前十字靭帯断裂によるシシーニョの長期戦線離脱で、右SBの補強が必要と考えるカペッロ監督は、ミヤトビッチSDとも話し合いを行い、移籍市場を分析中だと明かしている。もちろん誰でもいいというわけではない。「右SBを任せられる高いレベルを持った何人かの選手について検討している。今のところ、新たな選手を獲得するのは難しい状況だ。それに、レアル・マドリーに相応しくない選手に大金を費やすつもりはない」。
●日曜日(24日)に行われたバレンシア戦で854日ぶりの公式試合出場を果たしたバルサのサビオラは、現在の状況を新たなチャレンジと受け取っていると心境を語った。久しぶりの出場は感動的だった。カンプ・ノウの観客はスタンディングオベーションで彼を迎えた。「とても幸せな気分だった。人生の中であんな気分になったのは滅多にない。皆からの愛情を強く感じた。この感動は一生忘れないよ」と喜びを隠さなかった。しかしチャンピオンズリーグのブレーメン戦には招集されていないサビオラ。「日曜日は素晴らしかったが、あの状態をこれからも継続させていくことが今の僕の目標だ。今回は招集されなかったが、監督からいつ声がかかってもいいように、常に練習に励みコンディションを整えておきたい」
●「10年前よりは、調子がいいと思うよ。特に3,4年前よりはいい状態だよ」これがR・マドリーのラウルの本音だった。昨年は、怪我で何ヶ月もプレーできない状態が続いていたキャプテンのラウル。スタメン落ちの可能性についても、「文句を言うことは何も無いよ。22人の選手がいるし、みんな試合に出たいに決まっている。だから、僕は冷静でいるし、もし、出れなかったらその状況を改善するように努めるだけさ。前節のベティス戦でスタメンから外れただけだし、火曜日(26日)のチャンピオンズリーグの試合に出れなくても大した問題じゃない。全ての選手が平等に重要な選手だと感じるのが大事だからね」
●ビジャレアルのMFリケルメは3対2で勝ったサラゴサ戦を振り返り「心配していたわけではなかったが、やはり勝ち点3を得られたのは大きい。常に得点できる自信はあったのでサラゴサに押されてた時でも必ず挽回できると信じていた」
●レアル・マドリーは26日、チャンピオンズリーグでディナモ・キエフと対戦する。この試合に向けた25日の非公開練習で、ファビオ・カペッロ監督はDFセルヒオ・ラモスを右サイドバック(SB)で試した。
●バルセロナは24日のバレンシア戦でPKを3度要求した。そのうち2度はFWサミュエル・エトーのプレーによるものだった。後半開始直後、バレンシアのDFミゲルはボールを奪いにいき、エトーは倒された。ロスタイムには再びミゲルがボールをクリアする際に、ペナルティエリア内でエトーを倒す。明らかにPKだった。エトーはすぐダウデン・イバニェス主審にPKとミゲルへのイエローカードを要求した。バルサはさらに試合終了直前のMFエドゥのハンドをアピールしたが、もう終了の笛は吹かれていた。バルサのフランク・ライカールト監督は、怒るエトーをロッカールームに連れ帰らねばならなかった。そして、ロスタイムが短いことと、PKが与えられなかったことについてイバニェス主審に抗議した。
●バレンシアのエドゥは、25日、水曜日(27日)にメスタージャスタジアムで行われるCL対ASローマ戦が、ベスト16進出を決める鍵となるゲームだとして、「全ての試合が大切だけど、もしASローマに勝てば、50,60パーセントの確率で1次リーグ突破できる」
●レアル・マドリードのFWロナウドが26日の欧州チャンピオンズリーグ、ディナモ・キエフ戦で今季初めて出場登録されることが分かった。
●セリエA第4節、アウェイでのリボルノ戦を0-0で終えたACミランに突然“監督とセードルフの確執説”が浮上、クラブは対応に追われる羽目になった。試合中に激しい言い争いを繰り広げたACミラン監督カルロ・アンチェロッティ(47)とMFクラレンス・セードルフ(30)、有料放送SKYのTVカメラに狙われる事は想定内だったが集音マイクに拾われる事までは想定外だった。交代枠を使い切った後半24分以降、膠着状態に業を煮やした監督はベンチから選手達に怒声を飛ばし続けた。監督「お前ら、プレイが遅すぎる!!2タッチ以内でプレイしろ」セードルフ「監督、批判ばかりしていないでベンチから我々をサポートしてくれよ」監督「お前はラッキーだな。交代枠を使い切っていなければ、とっくに交代だぞ!!」
●セリエA第4節が行われた24日、フィオレンティーナはウディネーゼと対戦、終始試合を支配するも相手GKデ・サンクティスのスーパーセーブに阻まれ1-0(アウェイ)の敗戦に終わった。試合後フィオレンティーナ監督プランデッリは「均衡の取れた素晴らしいゲームだった。この試合内容であれば晴々とした気持ちでフィレンツェへ戻ることが出来る。シーズンはまだ長い。今季も必ず選手が結果を出してくれると確信している」
●25日、ACミランは翌日に迫った欧州CLアウェイでのリラ戦に備えフランスに旅立った。チームに同行したACミラン副会長アドリアーノ・ガリアーニはアンチェロッティ監督とMFクラレンス・セードルフ(30)の確執説について「長年カルチョ界で生きてきたが、監督と選手が試合中に言い争いになるケースはよくある。昔はテレビがそこまで追っかけたりしなかったので表沙汰にならなかっただけの事だ。何の問題もない」
●ACミラン監督アンチェロッティが25日、翌日に迫った欧州CLアウェイでのリラ戦について語った。アンチェロッティ監督は「この試合がグループリーグの山場だ。ホームでの彼らは非常に強く、細心の注意が必要。ダイナミックでアグレッシブなプレイが持ち味の相手に対して、簡単ではないだろうが我々主体のゲーム展開に持っていかなければならない。この試合で結果を出す事がその後の展開をスムーズにするだろう。過去の欧州CLグループリーグでも結果を残せているので、今年もそうなる事を願っている」
●ACミランのフランス人MFヨアン・グルカフ(20)が26日夜に行われる欧州CLリラ戦出場が微妙になった。グルカフは25日に行われた練習中に首筋を強打した模様
●欧州CL対ACミラン戦を翌日に控えた25日、リラ監督クロード・プエルが記者会見に応じた。プエル監督は「明日は我々の全てを出し切らなければならない。ACミランが優勢だろうが、我々にも勝機はある」
●ジネジーヌ・ジダン(34)が25日、有料放送SKYに出演しイタリアとイタリア国民に対する思いを語った。かつてユベントスで背番号「10」を任されたジダンは「イタリアには多くの友人がいるし、イタリアとイタリア国民は好きだ。イタリアで過ごした日々は楽しいもので忘れられない。イタリアは美しくて暮らしやすい国だった。イタリアに対する印象が今後も変わる事はない。トリノで生活した5年間が懐かしいよ」
●23日に行われたセリエB第4節対モデナ戦に4-0勝利を飾り連勝を「3」に伸ばしたユベントス。この日ゴールを決めて自身の持つユベントス歴代得点王記録を「199」と更新したFWアレッサンドロ・デル・ピエロ(31)が25日、現在の心境を明かした。デル・ピエロは「モデナ戦は完璧な試合展開で、マイナス点は全くなかった。このまま勝利を重ねて前進して行くだけだ」
●ウルグアイ代表FWダリオシルバが交通事故を起こし、重傷を負った右ひざから下を切断した。病院関係者が25日に明らかにした。
●フィオレンティーナは26日の午後から練習を再開する予定。アルゼンチンのMFマリオ・サンターナもチームに戻ってくるようだ。
●ドイツサッカー連盟のスポーツ裁判所は、先日の試合で退場処分となっていたハンブルガーSVのイラン代表MFメフディ・マハダビキアに、3試合の出場停止処分および罰金5000ユーロ(約74万円)を言い渡した。
2006/09/25UEFA情報
●昨夜(24日)に行われたバレンシア戦で、ハビエル・サビオラが2年半、正しくは854日ぶりにバルセロナの選手として公式戦でプレーした。サビオラがバルサのユニフォームを着てリーガでプレーしたのは、2004年5月23日のアウェイでのサラゴサ戦までさかのぼる。バルサは1-1で引き分けたものの、サビオラはフル出場し、1ゴールを決めている。
●ベネズエラ・サッカー協会が水曜日(27日)に行われる予定であるベネズエラ代表対ウルグアイ代表戦の親善試合にフアン・アランゴを招集しないことを発表した。 センテーノ・コーディネータによるとアランゴはマンサナ監督と長いミーティングを行い、まだマジョルカがリーガで勝利していないこと(注:24日の試合で初勝利を得た)、9月27日はFIFAが規定したインターナショナルマッチデーではなく代表チームに選手の拘束力が無いことなどを理由にマジョルカに残ることを要請していた。
●レアル・マドリーは大怪我を負ったシシーニョの穴を埋める選手を探したい意向である。規定ではシシーニョを登録抹消することで、直ぐにでも他の選手と契約することができる。数日中にクラブの首脳陣がどういった決断を下すかによるであろう。
●アトレティコ・マドリーは9人となったセビージャ相手に、マキシ・ロドリゲスの終了間際の2ゴールにより敗色濃厚だった試合で逆転勝ちを収めた。セビージャは審判の判定に苦しみ、アトレティコは待望の勝ち点を積み重ねた
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は、23日のベティス戦での1-0での勝利を受け、「チームはよくなってきており、プレーにより信頼がおけるようになってきている」とした。ベティス戦についてカペッロ監督は「ドイツ人(MFオドンコール)が入って最後の15分間は苦しんだが、いい試合ができた」
●24日、カンプ・ノウで行われたバルセロナ対バレンシア戦の直接対決は1-1の引き分けに終わった。ハイテンションで行われたこの一戦、バレンシアは、今シーズンのタイトル争いの行方は最後までもつれるだろうことを王者バルサに示したと言える。4試合を終えた時点でバルサはリーガ首位に立ったとはいえ、レアル・マドリー、バレンシアと勝ち点10で並んだ。
●ベティスのハビエル・イルレタ監督は、R・マドリー戦の後、相手を恐れていたのではないかという質問に対し、「ゴールされた場面は集中力を欠いていた。それが試合を決定付けてしまった。R・マドリーは偉大なチームである」
●R・マドリーのセンターバック、ファビオ・カンナバーロは、ベティス戦の勝利について、「いい試合をしたと思うよ。ただ勝ったというのではなく、いい勝ち方だった。観客はこのような試合を望んでいる。批判される事もあるけど、僕達は冷静だし、強いって自信もある。時間が経てば分かることさ」
●バレンシアとの対決で1-1の引き分けに終わったバルセロナのライカールト監督は、勝てる試合に勝てなかったと残念さを表した。「我々はボールを支配し、試合をコントロールし、勝利を目指してチームの持てる力を費やしただけに、勝利を収めることができず残念だ。と同時に高い質を兼ね備えたライバルがいるということを心に留めておく必要もある」「バレンシアのしかけた罠にはまってしまった。強烈なプレッシャーをかけられ、前半は中盤であまりにもボールを失いすぎた。そして、少ないチャンスをものにしたバレンシアの一撃にやられてしまった」
●土曜日(23日)のベティス戦で負傷したレアル・マドリーのシシーニョは、翌日曜日(24日)に精密検査を受けた結果、初診通り右膝前十字靭帯断裂であることが確認され、火曜日(26日)に手術を受けることになった。そして、手術後には復帰に向けてシシーニョの長いリハビリ生活が始まる。「ショックだよ。今は一刻も早く復帰することだけを考えている。復帰のメドについては具体的に挙げたくない。まだまだ先の話しだからね。厳しいトレーニングを積んでいかなければならない。チームメイトも僕のケガについて心配してくれている。僕を支えてくれていることに感謝するよ」
●セリエA第4節の行われた24日、優勝候補インテルはホームでキエーボ相手に4-3勝利を飾ったがマンチーニ監督(41)の表情は怒りに満ちていた。11分、FWクレスポのゴールで先制したインテルは56分にDFサムエル、63分にはMFスタンコビッチのゴールで順調に点差を拡げた。69分にはクレスポのこの日2点目となるゴールで4-0、勝負を決めたかに見えたインテルだったがその後が悪かった。4-0大勝ムードの漂い始めた71分、3日後に迫ったホームでの欧州CL対バイエルン・ミュンヘン戦を考慮したマンチーニ監督はクレスポとMFダクールを下げ、MFゴンザレスとMFマックスウェルを投入。相手FWペリッシエルのPKで失点を許し4-1となった直後の80分、マンチーニ監督はスタンコビッチに代えDFブルディッソをピッチに送り込み守備固めに入ったが85分、87分と立て続けに失点。4-0完勝の予定が終わってみれば4-3辛勝
●マンチェスター・ユナイテッドのMFクリスチアーノ・ロナウドが、イングランドでのプレー続行を決めた経緯を明らかにした。ドイツ・ワールドカップ準々決勝で、マンUのチームメイトであるウェイン・ルーニーを退場に追いやり、イングランドメディアから総攻撃を受けたC・ロナウド。移籍を考えるまでに追い込まれていた当時の心境を、『サンデー・ミラー』紙のインタビューで語っている。「ワールドカップ終了後に、イングランドを離れなければならないと思ったのは本当だ。ただ、自分の名前をクラブに残したかった。偉大な選手として、ファンに記憶されたかったんだ。だから、アレックス・ファーガソン監督とじっくり話した。そして、冷静になって、残留することに決めたんだ」
●セリエA第4節が行われた23日、「-8」ポイントからのスタートを切ったACミランはアウェイでリボルノと対戦したが0-0と引き分けた
●セリエA第4節、カターニャ対メッシーナの“シチリア・ダービー”は2-2の引き分けに終わった。試合後カターニャサポーターが警備に当たった警官隊に対して投石などの暴力行為を行っていた事が発覚。この抗争で警官2名が負傷、サポーター3名が逮捕され28名が一時身柄を拘束された。
●ACミランMFクラレンス・セードルフ(30)が24日、ACミランの公式サイト上でアンチェロッティ監督との確執説を否定した。23日夜に行われたアウェイでの対リボルノ戦、試合途中で両者が言い争いとなった事が確執説の原因と見られていた。セードルフは「グラウンド上の問題は既にグラウンド内で解決した。誰かを中傷などしたりしてはいない。お互いを尊重しあいながらプレイの話をしただけだ。まぁ多少エキサイトはしていたが」
●セリエA第4節が行われた24日、ASローマはパルマと対戦、アウェイながら0-4と快勝した。
●開幕3連勝と勢いに乗るパレルモは24日、クラブ記録となる開幕4連勝を賭けてアウェイでエンポリと対戦したが2-0完敗に終わった。連勝ストップに試合後パレルモ監督グイドリンは「残念ながら負けてしまった。前半は良かったが、先制のチャンスを逃した直後の失点でバランスを崩してしまった。後半に得たPKを失敗、チャンスを活かしきれなかった。開幕3連勝した事で、無意識のうちに私を含めチーム全体が自信過剰気味になっていた」
2006/09/24UEFA情報
●土曜日(23日)、レアル・マドリーをホームに迎え撃つベティス。ブラジルの新鋭ラファエル・ソビスは、レアル・マドリーの守護神イーケル・カシージャスのベティスホーム負け知らずというジンクスを打ち破ろうと鼻息も荒い。
●ACミランはロナウジーニョ獲得という夢を諦めてはいないようだ。ロナウジーニョがいつか‘ロッソネッロ’のユニフォームを着てプレーしてくれる日を夢見ている。それはACミランサポーターの願いでもある。
●バルサのハビエル・サビオラは、ライカールト監督の構想外になっているが、エスケーロが怪我のため、明日(24日)のバレンシア戦の招集メンバーに今シーズン初めて選ばれた。ライカールト監督は、モッタ、シウビーニョ、リリアン・テュラムを招集リストから外した
●バレンシアのキケ・フローレス監督は、24日にカンプ・ノウで行われるバルサ対バレンシア戦を前に、「カンプ・ノウでは、バルサと同じような戦い方をしてはいけないと思う。自分達のプレースタイルを忘れてはいけない。できる事を一生懸命にやるだけだ」
●ビジャレアルのイタリア人MFアレッシオ・タッキナルディは、現在チームに必要なのはチームが一丸となる事とコメントし、練習前にペジェグリーニ監督を含めチーム全員でミーティングを行ったと伝えた。「今の状況を抜け出すには、チーム団結が一番大事だというのは誰もが認識している」とミーティングの様子を語るタッキナルディ。「今季あまり良い滑り出しではないが、選手ひとり一人が自分のプレーを振り返り自己評価すれば、改善に繋がるはずだ。ビジャレアルは昨シーズンのようにCLの準優勝まで進出する実力を持ち合わせている。必ず今の状況から立ち直ってみせる」
●セビージャはブラジル人選手アドリアーノとの契約を5年間延長し、2012年までとすると公式サイトっで発表した。
●フランク・ライカールト監督は、バレンシアが5年連続でカンプ・ノウで勝ち点を奪っているには理由があるとバレンシアを評価した。「バレンシアは規律のあるチームだ。守備もしっかりしているし違いを見せる選手もいる。先制されたら厳しい試合になるだろう」と警戒
●アトレティコ・マドリーのセイタリディスは、ホームで強さを見せつけることがなにより大切だと説いている。アトレティコはビセンテ・カルデロンで4月から勝利していないが、首位のセビージャを迎えるにあたりホームで戦うことは「有利だ」と考えている。「試合に向けて準備は万端だよ。僕らはじっくり練習もしたし体力的にも精神的にも調子はいいんだ。それに僕らはホームで戦う。ここで強さを発揮しなくてはいけないから、是非とも満員になって欲しいな」
●デポルティーボで最近話題となっていたGKアオアテ問題がようやく解決した。イスラエル人であるアオアテは、クラブの協力を得て10月1日のヘブライ暦“ヨーム・キプール”(贖罪の日)の祝日を思う存分祝福できることになった
●レアル・マドリーの右SBシシーニョが、23日に行われたベティス戦で右膝の前十字靭帯を傷めたようだ。同クラブのフアン・カルロス・エルナンデス医師の初診によると、シシーニョは右前十字靭帯を損傷しているとのことで、日曜日(24日)にもマドリーで精密検査を行う予定。最悪の場合、数ヶ月の戦線離脱となる模様だ。
●リーガ第4節、デ・ロペラスタジアムで行われたベティス対R・マドリーの試合は、R・マドリーのディアラが、6分、レジェスのセンタリングからヘディングシュートを決め、リーガ3連勝をもぎ取った。‘イタリア式’R・マドリーは、ベティスに苦しめられることなく、3ポイントを奪取
●24日にサラゴサをホームに迎えるビジャレアルのリケルメは23日、マドリガルスタジアムでの非公開練習後に前日会見に臨み、アルゼンチン代表のチームメートで旧知の仲であるアイマールとの再会について語った。「アイマールとの再会が楽しみだ。試合前にあいさつをしてお互い久々の再会を楽しみたい。明日は彼にとって良い日であってもらいたいし良いプレーをしてもらいたいが、勝つのは僕らだ。ただいつも言っているように、アイマールのプレーを間近で見るのはとても楽しいことだ」
●選手の移籍に絡んだ賄賂の存在を追及し、ボルトンのサム・アラダイス監督など、複数のサッカー関係者を告発した『BBCテレビ』のドキュメンタリー番組について、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は否定的な考えを示した。不正行為については厳しい処分を求めるベンゲルだが、おとり取材など、一方的な情報に基づく糾弾の手法に、「まるで15世紀の魔女狩りだ」と番組を非難した。
●パレルモMFマルク・ブレシャーノ(26)のパスポートが紛失、オーストラリア代表として挑む10月7日の対パラグアイ戦出場に黄信号が点った
●マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが不調にあえいでいる。昨シーズンの終盤に骨折の重傷を負い、決死のリハビリで出場したドイツ・ワールドカップでも、ノーゴールでイングランド代表の勝利に貢献できなかった。そして、開幕戦の2得点で好スタートを切った今シーズンも、その後は出場停止とケガが重なり、本調子には程遠い状態。アレックス・ファーガソン監督「今日のウェインはかなりよかった。動きもシャープになってきたしね。ただ、終了15分前から、徐々に疲れが見えはじめるようだな。まぁ、ゴールさえ決まれば問題ないだろう。試合をこなせば、調子は自然と戻ってくる。とにかく、まだまだ試合数が足りないな」
●22日午前に誕生した長男出産に立ち会う為、母国スウェーデンに一時帰国していたインテルFWズラタン・イブラヒモビッチ(24)が23日午前、クラブのあるミラノに戻った。イブラヒモビッチは早速チーム練習に合流
●インテル監督ロベルト・マンチーニが23日、MFパトリック・ビエィラ(30)の3試合出場停止処分についてコメントした。マンチーニ監督は「ビエィラが審判に暴言を吐いたことが原因だろうが、なぜ3試合も出場出来ないのか・・・理解に苦しむ。いずれにしてもビエィラの様な選手が犯してはならない過ちだ。カンビアッソ(26)を怪我で欠いている事もあり、MFの起用についてより頭を悩ませることになった」
●24日に行われるセリエA第4節、アウェイでの対パルマ戦でASローマMFマンシーニ(26)、タッデイ(26)、DFパヌッチ(33)が負傷により出場出来ないことが判明
●セリエB第4節が行われた23日、名門ユベントスはホームでモデナと対戦、4-0快勝に終わっている。
●イングランド・プレミアリーグは23日、当地などで行われ、3連覇を狙うチェルシーはフラムを2-0で下し、勝ち点15で暫定首位に浮上した
●ユベントスのアレッサンドロ・デルピエロは23日、モデナ戦で現役通算200点目となるゴールを記録した
●リールは今回はリヨンに勝てなかった。今まで4試合リヨン戦をものにし、リヨンの天敵とまで呼ばれたリールだが、23日に行われたアウエーでのリヨン戦では1-4とリヨンに完敗
●23日に行われたル・マンとソショーとの対戦は、シュートの飛び交う内容の濃い試合だったが、結局勝負がつかずに2-2の引き分けに終わった。
2006/09/22UEFA情報
●フランク・ライカールト監督が今シーズン取り入れているローテーション制については賛否が分かれるところだが、ロナウジーニョは他のメンバー同様納得の姿勢を見せており、それによる不協和音がチーム内に起こるとも考えていないようだ。それでもチームの中にはアンタッチャブルな選手がいるという周囲の疑問についても「僕はアンタッチャブルな存在じゃない」と明らかにした。
●マジョルカに移籍したディエゴ・トリスタンは、元所属先のデポルティーボがマジョルカでのデビューは、冬の移籍市場が開始する来年の1月以降にすべきという要請を正式に提出するという決断を受け、「とても悲しい」と心中を明かした。マジョルカがトリスタンと契約を交わしたのが、今年の夏の移籍市場が終了した後だったというのがデポルの言い分だが「出る言葉もない。この事についてはあまり話したくない。予想していなかったわけではないが、6年も所属したチームから実際このような仕打ちを受けるのは残念で仕方がない。ラ・コルーニャの町やデポルのファンは永遠に僕の心に残る。クラブ経営陣とは違う」
●セビージャの左サイドバックのアントニオ・プエルタは、今度のアウェイのアトレティコ戦について「今季、ホームのカルデロンで思い通りのサッカーが出来ていないアトレティコだが、セビージャはこの機会を逃してはならない」と意気込みを表した。「アトレティコは今年の夏はアグエロを獲得したが、トーレスとコンビを組み期待通り質の高さを見せている。さらにセビージャ同様にモチベーションも高く、今回の試合は良い機会だと思う」
●デポルティーボ・デ・ラ・コルーニャのFWロドルフォ・ボディーポは、右ひざ前十字靭帯を断裂し、ペドロ・ギジェン医師による手術を受けるため21日午後マドリーに向かった。復帰に8か月ほど要する。
●バルセロナのDFジャンルカ・ザンブロッタは21日、バルサの公式サイトのインタビューで、ユベントスからバルサに移籍して練習、プレーへの理解などで変化を感じるとし、フランク・ライカールト監督によるバルサのサッカーについては「全てにおいてボールが中心で、その成果がピッチで現れている」と述べた。まず、バルサとユベントスのサッカーの違いについて語ったザンブロッタ。「練習の様子も、試合も大きな違いがある。バルサでは守備よりもはるかに攻撃を重視している。いつも守る前にまずゴールを狙う。よりスペクタクルな考えだ」
●バルセロナのサミュエル・エトーは、ライカールト監督にバロンドールのような賞を求めている。もし、ヨーロッパリーグ最優秀監督という栄誉が認められるのなら、間違いなくライカールト監督が受賞すると思っているようだ。バロンドールへの期待を隠すことはしないエトーだが、この賞に必要以上にこだわりたくはないようだ。「バロンドールのことばかり考えているなんてことはないよ。しっかり練習を積み、プレーし続けていくことが大事なこと。投票する半分の人たちが、僕がふさわしいと思ってくれたら、完璧だよ」
●今週日曜日(24日)に好調バレンシアとの対戦を控えるバルセロナのチャビは、5シーズン連続でカンプ・ノウでのバレンシア戦に勝てないという悪い流れを断ち切る絶好の機会であり、それがモチベーションにつながっていると明かしている。「バレンシアは僕らのスタジアムでいつも僕らを苦しめる厳しいライバルだ。素晴らしいチームであることもはっきりしているし、リーガやチャンピオンズリーグでも良いスタートを切った。ケガ人がいるにもかかわらずね。競争力のあるチームだ。僕らはこの5シーズン、ホームで勝てないという悪い流れを断ち切って、ファンに勝利を捧げたいね」
●バレンシアのFWビージャは、木曜日(21日)、リーガ次節カンプ・ノウで行われるバルサ戦を前に、「バルサを打ち破るには完璧な試合をしなくちゃいけない。ミスをしないようにして、反対に相手のミスを突くってことが大事だと思う」
●前節のヘタフェ戦では、出場停止によりスタンド観戦を強いられたバレンシアの左サイドバック、モレッティが21日の練習後、記者会見に臨んだ。バルセロナとの大一番に向けて、チームや自身の状況について冷静に分析。自身がマークすることになるバルセロナの右サイド(ジウリーまたはメッシが濃厚)については、苦笑いをしながら「どっちでもいい」とまったく気にしていない様子を見せた
●レアル・マドリーのFWロナウドが22日、30歳の誕生日を迎えた。ワールドカップ後に行ったひざの手術からリハビリを約2カ月間にわたってこなし、現在はトップチームに合流しているロナウド。体重も理想の数値に近づいており、今季の公約である30ゴールの実現に期待がかかるところだ
●ファビオ・カペッロ監督は、ロナウドの戦列復帰を前倒しにしようとはせず、あと1ヶ月間は引き続きトレーニングにあてるとの見解を見せており、このことはロナウドにも伝えている。つまり、カペッロ監督は約1ヶ月後の10月22日に行われるベルナベウでのバルセロナ戦をロナウド復帰のメドとして考えており、ロナウド自身もすでにバルサ戦に照準を合わせているようだ。
●R・マドリーのDFセルヒオ・ラモスは、リーガ次節のベティス戦を前に、「自分が育ったセビージャでの試合になる。ベティスはセビージャに居た頃は永遠のライバルだったけど、今はR・マドリーに居るから直接のライバルはバルサだよ。でも、ベティス戦は僕にとって特別な試合だ。ライバルとして何度も対戦した相手だからね。とにかく勝って3ポイントを獲りたいね」
●来週でアーセナルの監督就任10周年を迎えるアーセン・ベンゲル監督。「退屈」と揶揄され続けたノースロンドンのクラブに、流麗な攻撃スタイルを植え付け、すでに7つのタイトル(リーグ優勝3回、FAカップ優勝4回)をもたらした。その指揮官の誘いを受け、イングランドで世界一のFWに成長したティエリ・アンリが、恩師の功績に賞賛を送った。「ゲームを観る眼と、嗜好するスタイルは、独自のものがあるね。チームにはそれぞれスタイルがあるし、退屈と言われていた昔のアーセナルだってタイトルは獲得していた。でも僕たちは、魅せるサッカーで結果を残してきたんだ。『アーセナルのファンじゃないが、君たちの試合を観るのは好きだ』と言われることも少なくないからね。これこそアーセンの功績だよ」
●「ペナルティが軽減されることなく、このまま「-17」ポイントだったとしても我々は一年でセリエAに昇格してみせる」とユベントス守護神ジャンルイージ・ブッフォン(28)が21日、今季の目標について語る
●FIGC(イタリアサッカー協会)会長グイド・ロッシの辞任に伴い21日、ルカ・パンカッリがFIGC新会長にジジ・リバが副会長に選出された。この知らせを受けたアズーリ(イタリア代表)前監督マルチェロ・リッピは「人間性において、FIGCはこれ以上ない適任者を選出したと思う。重責ではあるが頑張ってほしい。特にリバはドイツW杯で我々をサポートしてくれた」
●サンプドリアFWフランチェスコ・フラーキ(31)、DFモリス・カロッツィエリ(25)に対して2ヶ月の出場停止処分が言い渡された。フラーキは2005年10月、カロッツィエリは2006年8月に禁止されているサッカー賭博を行った為。
●インテルMFパトリック・ビエィラ(30)に対し21日、スポーツ裁判は「3試合の出場停止」を言い渡した。問題となった行為は20日に行われたセリエA第3節対ASローマ戦。試合終了間際に2枚目となるイエローカードを受けたビエィラが審判の判決を不服とし「猛然と抗議を行い審判に対し暴言を吐いた」為
●ASローマのブラジル人MFマンシーニ(26)が10月15日に行われるセリエA第6節の対レッジーナ戦まで出場出来ない事が21日、判明した。マンシーニは20日夜に行われたセリエA第3節対インテル戦で右腿に違和感を覚え途中交代を余儀なくされていた。21日午前に行われたエコー検査の結果、右腿筋肉負傷と診断されている。
●ACミランMFアンドレア・ピルロ(27)が21日、ミラノ・チャンネルに出演して20日夜に行われたセリエA第3節対アスコリ戦を振り返った。決勝アシストとなった後半23分のDFヤンクロフスキー(29)へのパスについて問われたピルロは「序盤アスコリはコンパクトなディフェンスをしていたので、チャンスはあったがなかなかゴールが生まれずに苦しかった。時間とともに相手ディフェンスが崩れてきたので徐々に我々のペースになり、やっと得点へと繋がった。肝心な場面で自分がアシストを出来た事はとても嬉しいが、勝ち点を稼げた事が何より嬉しい。今季はペナルティ(-8ポイント)を受けていた事もあり、開幕ダッシュが重要だった。3連勝でチーム内も落ち着いてきており、楽観的な雰囲気も流れている。今後は上位進出を狙っていくだけだ」
●フィオレンティーナFWルカ・トニ(29)の出場停止が取り消された。セリエA第3節が行われた20日、フィオレンティーナはパルマと対戦。この試合終了間際にトニがパルマDFマッシモ・パチ(28)に肘打ちを与えたとして一発退場を言い渡されていた。
2006/09/21UEFA情報
●イングランド代表のMFオーウェン・ハーグリーブスは、ドイツ・ワールドカップ以降、代表招集が見送られているデイビッド・ベッカムについて、「必要な戦力」との考えを明らかにした。スティーブ・マクラーレン監督の就任後、スリーライオンズの中盤に不可欠な存在となったハーグリーブス。しかし先日、所属のバイエルン・ミュンヘンで骨折の重傷を負い、11月までの戦線離脱が濃厚。また、同時にトッテナムのMFアーロン・レノンも負傷で、イングランド代表のMF陣は手薄な状況に。そこで、10月のEURO2008予選の2試合(マケドニア戦とクロアチア戦)に、ベッカムの再招集が実現するとの噂が浮上している。
●ブラジルのメディアでは、ブラジルの新星、ポルト所属のアンデルソン・ルイス・ジ・アブレウ・オリベイラ(18)が遅かれ早かれバルセロナでプレーすることは間違いないと報じられているようだ。スペイン紙‘Mundo Deportivo’も紙面トップで大々的にこれをとりあげている。
●リーガ開幕から3節で1分2敗と低迷するアスレティック・ビルバオ。アスレティックの元プレーヤーで監督も務め、現在はセルビア代表の監督であるハビエル・クレメンテは、古巣の危機に黙ってはいられないようだ。「もし要請があれば、セルビアサッカー協会の許可を受けた上で、アスレティックに何らかの形で協力する用意はある」
●アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長はチームの合宿先であるホテルを訪れ、リーガと国王杯の2冠を望んでいるとした。「私は選手にも監督にもプレッシャーをかけたくないが、このチームは成功しないといけない。それは2冠だ。私たちは12人もの代表選手を抱えており、若いし団結している。全てを勝ち取ることを望まないのなら、家にいたほうがいい」
●レアル・マドリーのMFエメルソンは、チームへの貢献について「僕のプレーへの評価は変わるだろう」とベテランらしく落ち着いて語った。「調子はいい。ブーイングなんていつものこと。プレッシャーは僕の人生の一部だし、不快には思わない。R・マドリーでプレーするということは、自分をもっと向上させないといけないということだとわかっている。自分への批判はモチベーションになるし、僕と僕のプレーに対する評価は、今季終了時には変わるだろう」
●バレンシアのキケ・サンチェス・フローレス監督は24日にアウェイで行われる対バルセロナ戦の先発FWを多少変更してくる予定で、おそらくシルバとモリエンテスになるだろうと答えた。
●ベティスのDFであり、キャプテンでもあるフアニートは「今のR・マドリーの連係の悪さは、僕たちにとって有利だと思う、逆にベティスの選手間の連係はしっかりしているからね。R・マドリーはあれだけお金をかけて何人か選手を獲得したけど、全く新しいチームになったわけじゃない、そして新しい選手はまだ連係プレーがしっかりしてないと思う。僕たちのほうがコミュニケーションが取れていると思うが、それがゲームに反映されればいいと思う」
●バルサのアイスランド人FWグジョンセンは、バルサでレギュラーを獲るのはどの選手でも難しい事だと認めた。EFE通信のインタビューに応じたグジョンセンは、「チームに来た時からすごいチームってことは分かってたよ。リーガチャンピオン、チャンピオンズも制覇していたからね。ここにはいい選手がたくさんいる。どんな選手でも来たばかりの選手がここでレギュラーになるのは難しいよ。でも、チャンスがきたらそれをいかす準備はできてるよ」
●セビージャの右サイドバック、ダニエウ・アウベスは、R・マドリーのシシーニョがセビージャでプレーするのを拒んだために、R・マドリー移籍が無くなったことを明らかにした。ダニエウ・アウベスは、夏にR・マドリーからオファーを受けたが、移籍市場が閉まる寸前であったため、同じポジションのシシーニョの決断にかかっていたと言う。「シシーニョは、セビージャでのプレーを拒んだ。それで、移籍は失敗に終わったんだ。セビージャは僕を高い額で売ろうとしていた。でも、セビージャに満足してるし、来年移籍するよ」
●前節のデポルティボ・ラコルーニャ戦で、スタメン落ちとなったビジャレアルのFWフォルランが自身とチームの状況について語った。「スタメンとサブの選手がいるのは分かっている。今回は、自分がサブとしてベンチに座ることとなった。監督の決定には敬意を払うけれど、ベンチが好きな選手など誰もいない」
●バルセロナが、左サイドバックのシルビーニョと“ジオ”・ファン・ブロンクホルストの契約延長に向け、数日中に交渉を始める予定となっている。
●24日にバルセロナと対戦するバレンシアのビジャが、昨シーズンのバルセロナ戦でGKバルデスのミスにより挙げた2ゴールについて、「プロの選手はミスから学ぶもの。彼(バルデス)は間違いなくわれわれとの対戦で犯したミスから学んでいる。あのミスを繰り返すのは難しい」
●セリエA第3節の行われた20日、首都ローマのオリンピコ・スタジアムでは優勝候補一角ASローマと優勝候補筆頭インテルが激戦を繰り広げた。今夏の移籍市場、現有戦力の完成度を高めたASローマに対し大型補強を演じたインテル。今節最大の注目カードはチェルシーから獲得したFWエルナン・クレスポ(31)の一発で、インテルが0-1(アウェイ)勝利を飾った。
●ACミランが怒涛の開幕3連勝で不正発覚による「-8」ポイントの“借金”を最短で完済した。セリエA第3節の行われた20日、ACミランはホームのサン・シーロ・スタジアムでアスコリ相手に1-0辛勝。
●セリエB第3節が行われた19日、名門ユベントスはアウェイでクロトーネと対戦、0-3快勝で2連勝を飾った。勝ち点を「-10」(2勝1分)としている。
●ASローマのフランス人DFフィリップ・メクセス(24)がフランス代表復帰を熱望している事が判明した。
●20日夜、ローマ・オリンピコ・スタジアムで行われたセリエA第3節ASローマ対インテルの一戦はインテル今季新加入FWエルナン・クレスポ(31)のゴールによりインテルがアウエィで0-1の貴重な勝利を収めた。試合後クレスポは「素晴らしい試合だった。冷静さを要求された重要な一戦で結果を出す事が出来た。オリンピコの独特な雰囲気の中で勝利する事は生易しいものではない。彼らの(ASローマ)のコンディションも良く、厳しい試合だった」
●「最大限を尽くした。開幕3連勝、これ以上の結果はない。しかしまだまだ先は長い、取り戻さなければならないポイントが沢山ある」とACミラン監督カルロ・アンチェロッティが20日夜に行われたセリエA第3節ホーム、サンシーロでの対アスコリ戦1-0勝利後に語った
●20日に行われたセリエA第3節“シチリア・ダービー”パレルモ対カターニャ戦を5-3で制したパレルモは開幕3連勝、勝ち点を「9」に伸ばし単独首位となった。
●かつてアズーリ(イタリア代表)監督など数々の実績を残したイタリア・カルチョ界の重鎮アリゴ・サッキ氏が20日、ローマのローカルテレビ“ステレオ・スポーツ”に出演した。FIGC(イタリアサッカー協会)入りが噂される事について同氏は「私は強情な人間で、行政機関には向いていない。思ったことを何でも口にしてしまい、ごまかす事など出来ない性分だ。そういう訳でFIGC職は勤まらない」と一蹴
●セリエA第3節が行われた20日、フィオレンティーナはホームでパルマを1-0で破った。この日、唯一となる貴重な得点を決めフィオレンティーナに勝利をもたらしたFWアドリアン・ムトゥ(27)は試合後「戦いぬいた。開幕2連敗とつまずき、今日はどうしても勝利が必要だった。厳しい試合を制する事が出来た事に満足している。2連敗中という事もあって、チーム内の雰囲気は悪かったが黙々と練習に励んだ結果が勝利につながった。自分がチームのムードメーカーになれればと思っている」
●セリエA第3節、ホームのオリンピコで強豪インテルに0-1と敗戦したASローマ。試合後ASローマ監督スパレッティは「タッデイの欠場とマンシーニの途中交代が痛かった。彼ら(インテル)の方が一枚上だった。我々には運がなかったが、単調なゲーム展開となってしまった。今日のトッティはあまりトッティらしさを発揮する事なく終わってしまったし・・・ただ現実を受け入れなければならない。インテルの選手は我々を常に脅かし、クオリティも違った。特に1対1の場面では実力差が顕著だった」
2006/09/20UEFA情報
●サミュエル・エトーがカナリアス諸島を訪れ、多くの移民が通う小学校で子供達と楽しいひと時を過ごした。自動車会社のイベントに参加し、その後フットボールスクールで子供達に指導したエトーは、この短い滞在で多くのファンを魅了している。
●バレンシアのビージャは先日のヘタフェ戦で負傷し、週末のバルセロナ戦への出場が微妙となっている。しかしビージャは「こんな大切な試合は絶対逃したくない」と語り、バルサ戦までには必ず復帰して見せると意気込んでいる。
●R・マドリーのFWロビーニョは、「僕は、常に練習で全力を尽くして頑張っている。しかし、まだ改善するべき所がたくさんある」と語り続けて、「R・マドリーにはすばらしい選手がたくさんいる。試合に出ることができる選手は、監督が練習を見て判断するものだ。全ての選手がプレーしたいと思っているが、スターティングメンバーは11人である。僕もスタメンでプレーできる準備はできているよ」
●次節のリーガ(24日、日曜日)で古巣のサラゴサと対戦するビジャレアルのカニは、「もし、ゴールを決めても派手な喜びの表現はしないだろう。もともと、僕はそうするタイプでもないけどね。でも、勝利のために全力で戦うよ」と心境を語った。サラゴサから今年の夏、ビジャレアルへ電撃移籍をしたカニは、「サラゴサと対戦するのは変な感じがするよ。サラゴサは、小さな頃から所属していたチームだからね。だけど、ビジャレアルの今の状態をみれば、どんな相手かを考えるよりも、どうしても勝ち点3が欲しいところだね」
●レアル・マドリーの選手が練習を再開した。レアル・ソシエダ戦での先発選手は軽めの調整、サブメンバーはより激しい練習を行った一方、ロベルト・カルロスとラウルはフィジカルコンディションの問題から練習を早めに引き上げた。ロベルト・カルロスは左足の大腿四頭筋を痛めており、カペッロと軽く会話を交わした後、ピッチには姿を現したものの練習せずに引き上げ、ラウルは10分ほど練習した後引き上げた。彼は左の大腿筋を痛めている
●サラゴサのDFセサル・ヒメネスが約1年振りにピッチに戻ってきた。2005年1月に対レアル・マドリー戦でフィーゴと接触し左膝十字靭帯を痛めたのがきっかけで、同年10月20日に再び同じ箇所を悪化させてしまった以降まともな練習ができない状態であった
●バルセロナのルドビック・ジュリは、レオ・メッシとのスタメン争いにも意欲的な姿勢を見せているが、前節ラシン戦のように毎試合20分間の出場でもかまわないと明かしている。もちろん出来る限り多くの時間プレーすることを望んでいるジュリだが、メッシ同様にチームがタイトルを勝ち取ることが目標であり、そのメッシがスタメンで出場するとしても何の問題はないと自身の考えを明らかにした
●17日に行われたバレンシアとヘタフェの一戦が、スペイン国内でフェアプレーに関する論争に発展している。問題となったシーンは、先制点となった前半ロスタイムのバレンシアの攻撃。自陣でエドゥがボールを奪った際、ヘタフェのカスケロと衝突し、カスケロはピッチに倒れた。ところが、こぼれ球を拾ったバレンシアのアルビオルは、彼の姿に気付くことなく前線にフィード。そこからカウンター攻撃を仕掛け、ビジャ、ビセンテとつながり、最終的にモリエンテスが頭で押し込んでゴールを奪った
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、今シーズンの開幕ダッシュに失敗した原因に、若手選手の「ワールドカップ疲れ」を挙げた。自慢の若手育成術で、チームの若返りを成功させたベンゲル。同時に、セスク・ファブレガス(スペイン代表)、エマヌエル・アデバヨール(トーゴ代表)、フィリップ・センデロス(スイス代表)といった選手がドイツ・ワールドカップの代表メンバーに選出され、各国の主力として戦うまでに成長した。しかし知将は、クラブと代表の“二足の草鞋”が、若手の調整不足につながっていると指摘する。「ワールドカップでは、アーセナルの若手が数多く出場した。おかげで、彼らのコンディション調整には、かなりの時間をとられた。そして、シーズンが始まったと思ったら、代表戦のクレージーな日程が続いた。今週になって、ようやく一週間全員でトレーニングを行うことができたほどだ。選手には、とにかく自分たちのスタイルを見失わないように、と伝えている」
●セリエA第3節アウェイASローマ戦を翌日に控えた19日、インテルのロベルト・マンチーニ監督は詰め掛けた報道陣に対し怒りを露にした。マンチーニ監督は「毎日毎日インテルを混乱に陥れるような事ばかり報じてくれて・・・。シーズン開始前は『インテルが優勝大本命だ』と報道して、スタートでつまずくとプレッシャーを掛けてくる。だが我々はあんたらの罠には決してはまらない」
●パレルモ会長マウリツィオ・ザンパリーニが19日、翌日に迫ったセリエA第3節ホームでの対カターニャ戦“シチリア・ダービー”に向けてコメントを発表した。ザンパリーニ会長は「明日はフェスタでなければならない。この試合を通じシチリアからイタリア全土に向け公正、成熟、礼儀正しさを発信しなければならない」
●今夏の移籍市場でインテルからASローマへ移籍したMFダビデ・ピザーロ(27)が19日、ローマチャンネルに出演した。翌日に迫ったセリエA第3節インテル戦を前にピザーロは「インテルはポジション毎にハイレベルな選手が2人揃っているビッグ・クラブ。試合の鍵はインテルに比べ我々はプレッシャーが少ない事。インテルはオーナー、モラッティが費やした金額に見合った結果を期待されている。移籍したばかりだが遠慮する気持ちは一切ないし、重要な試合で結果を出したい」
●フィオレンティーナ監督チェーザレ・プランデッリが19日、詰め掛けた報道陣に対して怒りを爆発させた。プランデッリ監督は「開幕インテル戦の敗戦後、我々に対する批判も挙がっていたが気に留めていなかった。しかし第2節を終了して、試合中に審判が明らかに我々を“泥棒”扱いしている事を強く感じた。我々は“泥棒”ではないが、選手は動揺している。我々の周りには援助してくれる者はなく孤立している。スキャンダル判決(ペナルティ19ポイント)を受けたが、チームを去る者はいなかった。フィレンツェとサポーターの為に全員が残留を決めた。私は日頃から人間同士の繋がりを大切にしてきたが、結果次第で人の態度が豹変する事を改めて知った。もう誰も信用しない。今後は何も話す気はないので、フォーメーションを聞く事はやめてくれ。もう放って置いてくれ、今は私のこの怒りを選手達に伝えたいだけだ」
2006/09/18UEFA情報
●セビージャ・ダービーの行われた17日、セビージャの本拠地、サンチェス・ピスフアン近くの住宅地、サン・ベルナルド地区で、数百人のベティス・サポーターと若者たちが乱闘となり、機動隊が出動。
●デポルのカパロス監督は、ビジャレアルを2-0で倒し、リーガ暫定首位に上り出たことについて、「サッカーの世界では白から黒へ5分で変わってしまう。まだ我々は初期段階である」ビジャレアル戦を振り返って、「我々はビジャレアルより上回っていた。デポルの選手には責任と意欲がある。この勝利は今後の自信と理念を強化するのにつながる」
●ビジャレアルのペジェグリーニ監督が、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦を0-2で敗退し下位グループに転落したことをうけ、今のチームは優勝争いから後退したと感じていると語った。「我々はこの悪い流れを断ち切らなければならない。なんとかしてよい方向に転換することができれば良いのだが・・・」と3試合で勝ち星どころか無得点という危機的状況を嘆いたが、最後に「我々は再び立ち直ることができると確信している」
●リーガ第3節、敵地でラシン・サンタンデール戦に挑んだバルセロナはラシンに完勝、開幕3連勝を飾った。良い立ち上がりでゴールチャンスを作ったラシンだが、GKのミスによるエトーの先制弾が試合の流れを変え、後半にはジュリ、ロナウジーニョ(PK)の追加点も決まりバルサが0-3とした。
●セビージャはベティスに最後まで苦戦しながらも勝利。これで公式戦12連勝、16戦負けなしとなった。一時はベティスに1-2とされながらも、最後はレナトのゴールでひっくりかえし、首位を守った。
●レアル・マドリーは17日、ホームにレアル・ソシエダを迎え撃ち2-0で勝利した。13日に行われたチャンピオンズリーグでリヨンに0-2で完敗した直後の試合とあって、レアルがどのような戦いをするかに注目が集まった。この日のレアルの布陣は4-5-1だった
●チェルシーのMFミヒャエル・バラックは、17日に行われたリバプール戦の後半、MFモモ・シッソコに対する危険なチャージで退場処分を受けた。プレミアリーグ序盤の大一番となったライバル対決の後半6分、ボール争いからシッソコの足を踏みつけたバラックに対し、マイク・ライリー主審はレッドカードを提示。その後試合は、10人となったチェルシーが、FWディディエ・ドログバのゴールを守り抜き、1-0で勝利を収めた。
●イングランド・プレミアリーグは17日、当地などで行われ、マンチェスター・ユナイテッドはアーセナルに0-1で敗れ、今季初黒星。開幕からの連勝は4でストップした。アーセナルは4試合目で初勝利。
●オーウェン・ハーグリーブスは左足の腓骨(ひこつ)を骨折したことを明らかにした。バイエルン・ミュンヘンのMFハーグリーブスは、アルミニア・ビーレフェルトに1-2で敗れた16日の試合の前半24分に負傷して途中交代
●ファンによる人種差別を捜査していたドイツサッカー協会(DFB)は16日、ハンザ・ロストックに対して2万ユーロ(約300万円)の罰金を申し渡した
●17日に行われたリーグアン第6節で、マルセイユはシャマフのゴールで1点を返されたものの、2-1でボルドーに競り勝ち、首位のリヨンと勝ち点16で並んだ。
●17日、ブンデスリーガ第4節の残り2試合が行われた。首位を狙うシャルケ04とヘルタ・ベルリンの対戦は、2-0(前半1-0)でホームのヘルタが勝利を収めた。勝ち点を8に伸ばしたヘルタは、前日に暫定首位となっていた1.FCニュルンベルクを同一勝ち点ながら得失点差で上回って、待望の首位に立った
●パリ・サンジェルマン(PSG)は17日、モナコを2-1で下して今季アウエー初勝利を挙げた。
●セリエA第2節が行われた16日、インテルはホームでサンプドリアと対戦し1-1と引き分けた。試合後インテルのマンチーニ監督は「サンプドリアのPK(後半3分)はなかった。コルドバ(30=インテルDF)のフラーキ(31=サンプドリアFW)に対するファウルはエリア外だった。同じようなアクションに対し、判定基準が一定しないなど審判に問題がある。また、ビエィラ(30=MF)のゴールがオフサイド判定で取り消されたが、それも誤審だ」
●アスコリ守護神ジャンルカ・パリウカ(39)が17日、セリエA第2節ホームでのメッシーナ戦出場でセリエAGK最多出場記録を更新した。パリウカはディノ・ゾフの持つ570試合を抜き、571試合となった。尚セリエA最多出場記録はACミランDFパオロ・マルディーニ(38)の582試合となっている。
●セリエA、B、欧州CLに関係なくユベントスのFWコンビ、アレッサンドロ・デル・ピエロ(31)とダビデ・トレゼゲ(29)のスペクタクル溢れるプレイとゴールは保証された。セリエB第2節が行われた16日、ユベントスはホームでビチェンツァと対戦、デル・ピエロ、トレゼゲの先発2トップがそれぞれ決めて2-1、セリエB初勝利を飾った。
●「問題は勝ち点を稼げない事だけだ。今日はリボルノの方が我々より勝利に値する試合展開を繰り広げていた」とフィオレンティーナFWルカ・トニ(29)が17日に行われたアウェイリボルノ戦1-0の敗戦を振り返った。
●セリエA第2節、パレルモはアウェイでラツィオと対戦、1-2の勝利を収め開幕2連勝で勝ち点を「6」と伸ばした。
●先週開幕したセリエAも第2節が終了。2試合を終えた時点で依然「-19」ポイントとフィオレンティーナの今季は厳しい展開を見せている。フィオレンティーナは17日、アウェイでリボルノと対戦したが1-0の敗戦。試合後フィオレンティーナ監督プランデッリは「チームは試合にだけ集中しなければならない。(不正発覚によるペナルティの)動揺がこのまま続くようであれば事態は好転しない。毎試合がプレイ・オフだと考えなければ、残留など出来ない」と険しい表情でコメント
●17日に行われたセリエA第2節、優勝候補一角のASローマはアウェイでシエナと対戦、1-3の勝利を飾った。試合後ASローマ監督スパレッティは「毎試合得点者が違う点が我々の強さの秘密だ。リーグ制覇?まだまだ地に足を付けて頑張らなければ。だが、今日の試合でもチームが確実に成長している事を証明出来ただろう。無駄な失点もあったが、そのあと立て直して試合を制したのはプラス材料だ。インテルとACミラン?我々より強い」
●インテル所属のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチはEURO2008の予選、対スペイン(10月7日)とアイスランド(10月11日)の代表招集辞退をラーシュ・ラガーベック監督に申し入れた。事は先日の対リヒテンシュタイン戦の前に起こった。イブラヒモビッチ、クリスティアン・バルヘルムソン、オロフ・メルベリの3選手は門限を破ったため、リヒテンシュタイン戦前に代表チームから追放処分を受けていた。
●17日のパルマ戦で頭に打撲と裂傷を負ったアルベルト・ジラルディーノは、検査のために病院へと運ばれた
●ローマは17日に行われたアウエーのシエナ戦を3-1で制し、開幕から2戦2勝。
●ミランのカルロ・アンチェロッティ監督は、17日のパルマ戦の勝利について次のように分析した。「前半のプレーが良かった。リズムの良さと注意深さを見せることができた。後半はパルマの勢いやスピードが増したが、中盤でボールを失い過ぎたというわれわれの側の問題もあった。DF陣は何度も苦しい場面を迎えながらも、よく持ちこたえてくれた」
●フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督は、17日に行われたリボルノ戦の敗戦(0-1)を次のように分析した。「負けるような試合ではなかった。かなりの不運もあったと思う。後半は良かったが、結果にはつながらなかった。精神的な面で見直すべき点がある。いかなるタイプのミスも犯してはならない」
●17日に行われたセリエA第2節の最後の試合では、ミランがエンニオ・タルディーニで2-0の勝利を収めた。得点は前半と後半に1点ずつ、それぞれセードルフとカカが記録
●リボルノはホームのピッキ・スタジアムでフィオレンティーナに1-0の勝利を収めた。決勝点は56分にクリスティアーノ・ルカレッリが記録。トスカーナ・ダービーはホームのリボルノがまず優位に立ち、中盤での激しい争いから危険なフィニッシュへとつなげていた。
2006/09/17UEFA情報
●ベティスのハビエル・イルレタ監督はセビージャとのダービーを前に「頑張るのはもちろんだが、冷静になって試合を支配することが大切だ」と心がまえを明かした。「セビージャはチーム全体で統率のそれたいいチームだ。だから気を抜けば苦しい試合になる」というイルレタ監督。さらに「彼らは自信に満ち溢れているし、我々を圧倒しにかかるはずだ。だから我々は彼らの出鼻を挫きたい」と永遠のライバルを警戒する
●バルセロナのアンドレス・イニエスタが次節の対戦相手、ラシンを警戒した。ラシンはこれまでのところ2敗で、どうしても勝つ必要に迫られている。「ラシンはいいチーム。それにリーガで2連敗しているから、どうしても勝ちたいはずだよ」と語り、今のフットボールでは「アウェイで勝つのはいつだって難しい」との見解を示した。
●レアル・ソシエダ戦を控えたレアル・マドリーのカペッロ監督は「チーム全体として冴えがない」とチームを分析した。ラウルよりもチーム全体を注目してほしいというカペッロ監督は「ラウルはいつも主人公のようだが、なぜ皆ラウルばかりに注目するのか。理解できないね」と警告する。そのラウルについては「これまでのところ、よく動いていい仕事をしている」と語った。
●R・マドリーのベッカムは、ドイツW杯後にイングランド代表監督に就任したスティーブ・マクラレン監督に招集されていないことについて、「僕は、代表を引退するなんて事をまだ発表していない。すごく呼ばれないのはショックだよ。がっかりしてないと言えば嘘になる。10年間代表でプレーしていたが呼ばれないのは残念だ」
●バルサのライカールト監督は、リーガ第3節のラシン戦を前に、2メートル2センチ、90キロの大型長身FWニコラ・ジギグを警戒し、「問題は、彼に仕事をさせないというよりも、ボールの出所を抑えられるかどうかである」と、ハイボールを上げさせないことが鍵だと語った
●チリのコロコロでプレーするアルゼンチン人MFマティアス・フェルナンデスが、ビジャレアルに移籍する可能性が高くなったことをコロコロのクラウディオ・ボルギ監督が示した。「19日にビジャレアルのスカウトがこちらに来る。マティアスは、南米でも優秀な選手の一人で、世界のどこのリーグでもプレーする準備が出来ている。長い間、コロコロに所属すると考えるのは間抜けなことだ」と、クラウディオ・ボルギ監督
●スペイン1部リーグは、デポルティボ・ラコルニャがビリャレアルを2-0で破った。 
●バルセロナが早くも2007/08シーズンに向けて補強の準備を始めているようだ。ライカールト監督とベギリスタインテクニカル・ディレクター(TD)は、オリンピック・リヨンのフランス代表左SBエリック・アビダル(27)に興味を示しており、来シーズンの補強の最優先選手として彼をリストアップしている模様。
●チャンピオンズリーグでリヨン戦に惨敗したR・マドリーのエメルソンは、敗因について本紙マルカに語った。エメルソンによれば「精神的な問題」が大きな原因だと言う。右SBのサルガドもエメルソンのこの分析に同調する。「様々なシステムの問題を解決すると共に、精神的に強くなりチームが一丸となってこのスランプを乗り越えなければならない。今季こそは絶対に優勝を手に入れなければならない状況の中、大きなプレッシャーや批判に打ち勝つためには、絶対的な精神的強化が必須だ。特に先日のリヨン戦後は非常に辛い時期を迎えているが、R・マドリーの選手ならプレッシャーには慣れているはず。必ず乗り越えてみせる」
●セビージャのフアンデ・ラモス監督は今節のセビージャ・ダービーを目前に控え「勝てればチームの調子は最高潮に達するだろう」と意気込みを見せた。公式戦15試合を無敗で来ており、ヨーロッパの大会でも2つの優勝を手に入れたセビージャだが、最後に負けたのは奇しくもベティス戦だ。
●レアル・マドリーのロベルト・カルロスが、今節のレアル・ソシエダ戦でリーガ350試合出場を達成することになりそうだ。
●ASローマFWビンチェンツォ・モンテッラ(32)が内転筋に違和感があるとの理由で、第2節対シエナ戦遠征メンバーから外れた事が16日判明した
●不正発覚により、セリエB降格となった唯一のクラブ・ユベントスの新GMジャコモ・ペッツィー二が“モッジを守る会”発起人としてすでに5000人分の署名を集めた事を明らかにした。
●ACミランにとって明日17日のエンニオ・タルディーニ(パルマの拠点)はターンオーバーとなりそうだ。アンチェロッティ監督によると開幕戦、欧州CLの疲れが溜まっている選手から優先的に休ませる方針だとの事。
●「ピオリ監督(40)率いるパルマは開幕戦で好スタートを切った。トリノ相手にアウェイにもかかわらず、引き分けの結果に終えた。UEFA杯では勝っているし、昨季のバランスの取れたメンバーがさらに磨き上げられた難敵だ」。13日に行われた欧州CL対AEKアテネ戦を3-0勝利で飾ったACミラン監督アンチェロッティだが、セリエA第2節を前に対戦相手パルマを警戒するコメントを残した。
●セリエBの行われた16日、不正発覚によりセリエB降格となったユベントスがホームのトリノ・オリンピコ・スタジアムでビチェンツァ相手に2-1の勝利を収めた。
●イングランド・プレミアリーグは16日、当地などで行われ、ポーツマスはチャールトンを1-0で下し、4勝1分け、勝ち点13として暫定首位に浮上した。今季昇格同士の対戦はレディングがシェフィールド・ユナイテッドに2-1で競り勝った。
●イタリア1部リーグ(セリエA)では、昨季優勝のインテル・ミラノがサンプドリアと1-1で引き分け、開幕2連勝を逃した。
●ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)では、3連覇を狙うバイエルン・ミュンヘンがビーレフェルトに1-2で逆転負けし、今季初黒星。昨季2位のブレーメンもシュツットガルトに敗れた。
2006/09/15UEFA情報
●チャンピオンズリーグ初戦、対オリンピッック・リヨン戦での完敗でメディアから非難の集中砲火を浴びているレアル・マドリーだが、バルセロナのジャンルカ・ザンブロッタがファビオ・カペッロ監督とDFファビオ・カンナバーロを擁護した。「カペッロにとっても、カンナバーロにとっても残念な結果となったことは事実。でも、あの敗戦はカンナバーロやカペッロだけの責任じゃない。敗北というものはチーム全員の責任だ。たった1試合に負けただけだし、何てことはない。バルセロナやACミランといったチームにも起こりうること。カペッロにとってこの敗北が大きな問題になるとは思っていない」。
●左ひざの手術から約2か月。レアル・マドリーのFWロナウドが14日、今季初めてチーム練習に参加した。
●アトレティコ・マドリーのアルゼンチン人コンビ、MFマキシ・ロドリゲスとFWセルヒオ・アグエロが次節17日のアスレティック・ビルバオ戦で先発するようだ。
●胃腸炎に苦しんだベティスのMFヨハン・フォーゲルは練習を再開。メニューは全てこなさなかったものの、次節のセビージャ戦にはスタメン出場が見込まれている
●デポルティーボとの契約更新が実現せずラシン・サンタンデールへ移籍してきたリオネル・スカローニは、入団記者会見を行い「ピッチで精一杯のプレーをして、1部リーグで引き続きプレーする機会を与えてくれたラシンへ恩返しをしたい。今年の夏は辛かった。2週間近く自主トレーニングを行ったが、これで十分だと言うのはチームに失礼だと思っている」
●R・マドリーのスポーツディレクターのミヤトビッチ氏は、チャンピオンズリーグガイド誌スペイン語版のプレゼンテーションに出席し、「リヨン戦の前半は悪夢のようだった。もっと多くのゴールを入れられてもおかしくなかった。痛い結果になったが、チームは挽回できる能力があると思う。まだ先がある」
●バレンシアのホアキンは記者団を前に、「チームがこんなに調子がよければ、2010年までデビューできなそうだな」と冗談交じりに笑顔で語った。バレンシアは今季開幕から公式戦4連勝中で絶好調をキープしている
●賛否両論を呼ぶライカールト監督のローテーション制。MFデコは、今季これまで行われた試合でスタメン出場を果たしてきた選手の1人だが、次節アウェイでのラシン・サンタンデール戦ではベンチスタートが濃厚だ。
●プレミアリーグ王者チェルシーとの対戦を日曜日(17日)に控えたリバプールのラファエル・ベニテス監督は、冷戦状態にあるジョゼ・モウリーニョ監督との休戦を示唆した。両者の対立が表面化したのは、直接対決となった2004-05シーズンのチャンピオンズ・リーグ準決勝。MFルイス・ガルシアの“疑惑のゴール”でリバプールが決勝進出を決めた試合後、激しい舌戦を繰り広げたベニテスとモウリーニョは、以来目も合わせない関係に。しかし、長期化する対立関係を嫌ったスペイン人監督は、和解案として試合後の握手を提案した。「モウリーニョが望むなら、私は握手に応じるよ。もう、この話題も十分だ。どうせなら、私はサッカーについて話したい。試合終了後、少しだけ待つことにする。そこで彼が握手を求めてきたら、私は喜んでそれに応じる。この状況も、そろそろ終わらせるべきだ」
●欧州CLグループリーグ「H」組、ACミラン対AEKアテネ戦で豪快ヘッドを決め欧州CL鮮烈デビューを飾ったグルカフ
<ヨアン・グルカフ>
:フランス・ブルターニュ地方プロエムール1986年7月11日生まれ
:185cm、79kg
:キャリア 
・03-04季  9試合出場 0得点
・04-05季 20試合出場 0得点
・05-06季 36試合出場 5得点(UEFA杯5試合出場含む)
              (以上フランスリーグ・レンヌ)
・06-07季 セリエA移籍ACミラン所属
:契約内容 
・移籍金 425万ユーロ(約6億3750万円)
・年俸  100万ユーロ(約1億5000万円)
 ・契約期間 2011年まで
:その他
 ・アイドル選手 ペレ
 ・チーム内でのガイド役(世話係) セードルフ
 ・好きな スポーツ=テニス 食べ物=パスタ
 ・趣味 水泳、デザイン、ケルト音楽
●モナコFWモハメド・カロンが“イタリア復帰を望んでいる”との声を打ち消した。レッジーナ、インテルで活躍したカロンは「なぜ今頃イタリア・クラブ復帰の噂が立ったのか理解できない。もちろん自分で説明できるはずもない。いうまでもなく、モナコで自分は先発選手としてプレイしているし」
●セリエAに加え各国サッカーを放映する有料放送SKYがようやくセリエA全試合放映権を獲得した。開幕直前までにセリエA15クラブと契約を結んでいたSKYだが、カターニャ、フィオレンティーナ、パレルモ、パルマ、サンプドリアの5クラブとは正式契約に至っていなかった。セリエAは開幕戦を終えたばかりで、今後はセリエA全ての試合がSKYで見られる事になる。契約内容は“2年契約で7500万ユーロ”(約112億円)。
●「代表(総)監督を引き受ける事は2度と無いだろう。なぜなら自分の職務ではないので」。ビアレッジョ(トスカーナ州・ピサ近郊の街で生まれ故郷)にあるホテル内の会見室で元イタリア代表監督マルチェロ・リッピが将来像を語った。リッピによると将来の見通しとして噂される“アズーリ(イタリア代表)復帰説”を一掃したいようだ。仮に一幹部としての立場でさえ・・・。
●「ユーベに残った理由は、クラブが他の選択肢を与えてくれなかったから」とFWダビデ・トレゼゲがフランス紙“レキップ”の取材で語った。フランス人トレゼゲは「クラブは対応に追われていた。自分へは一貫して『残るように』との事だった。バカンス中にディディエ(デシャン監督・フランス人)から電話があり、『お前は我々と一緒だ。8月10日からの合宿に召集する』とだけ伝えられた。ただその時点ではまだA残留の可能性もあったが。欧州CLに7年連続出場している一選手として、セリエBでのプレイを受け入れる事は容易ではない。もちろん自分も受け入れるまでに時間がかかったよ。このようなケースは自分だけに限らず、他の選手にとっても簡単な問題ではない」
●UEFA杯、パルマは敵地スペインでルビン・カザンとの試合で0-1のアウエィ勝利を収めた。ステファノ・ピオリ(41)監督率いるパルマは試合終盤に入った後半34分、MFダニエレ・デッセナ(19)のゴールの貴重な先制点を最後まで守りきった。
●欧州連盟(UEFA)カップは14日、各地で1回戦第1戦が行われ、FW高原直泰のフランクフルト(ドイツ)はブロンビー(デンマーク)に4-0で先勝した。高原は前半43分から途中出場し、得点はなかった。 MF中田浩二のバーゼル(スイス)はラボトニツキ(マケドニア)に6-2で快勝し、中田はDFでフル出場した。FW鈴木隆行のレッドスター(セルビア)はスロバン・リベレツ(チェコ)に0-2で敗れ、鈴木はベンチ入りしなかった。
●リボルノはパシングを2-0で破り、UEFAカップの1回戦突破を濃厚とした。リボルノにとってはこれが欧州カップへのデビュー戦
●パレルモはロンドンのアップトン・パークで行われたUEFAカップ1回戦第1戦のウェストハム戦に1-0の勝利を収めた。
●パリ・サンジェルマンは低迷を続けている。ギー・ラコンブ監督率いるチームは、UEFAカップ1回戦、アイルランドで行われたデリー・シティとの第1戦をスコアレスドローで終えた
●UEFAカップ1回戦、ランスはアウエーのキプロスでエスニコス・アクナスと対戦した。得点機はあったものの、フランシス・ギヨ監督率いるチームは結局スコアレスドローに終わった
●UEFAカップ1回戦、ゲルセンキルヘンに乗り込んだナンシーは、シャルケ04と最後まで互角の戦いを見せたが、結局0-1で敗れた。
●キエーボはUEFAカップ1回戦のスポルティング・ブラガ戦に0-2で敗れ、2回戦進出は危うくなってしまった。
●UEFAカップ1回戦第1戦のアウエーゲームで、パルマはルビン・カザン(ロシア)に1-0の勝利を収めた
●マルセイユは、UEFAカップ1回戦、ホームでのムラダ・ボレスラフとの第1戦でも、敵の術中にはまることなく1-0で勝利した。
●UEFAカップ1回戦第1戦のフェネルバフチェ対ラナス(デンマーク)の試合がが14日、イスタンブールで行われ、フェネルバフチェが2-1で辛勝
●国際サッカー連盟(FIFA)は14日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の黒字が1億3500万ユーロ(約204億円)となる見通しを明らかにした
2006/09/14UEFA情報
●ASローマが冬の移籍マーケットでレアル・マドリーのブラジル代表右SBシシーニョ獲得に動いていると報じられ、レアル・マドリーの仲介役を務めるイタリア人エルネスト・ブロンゼッティ氏も「ASローマはシシーニョに興味を示しているし、シシーニョもASローマ移籍に興味を示している。冬の移籍でASローマに行くことになるだろう」と認めていると伝えられたことに対し、シシーニョの代理人リカルド・サルティス氏がこれをきっぱり否定した。「シシーニョはレアル・マドリーの選手であり、ここから出ていくことはない。彼はレアル・マドリーで満足しているし、充実したシーズンを送るため、そしてカペッロ監督の信頼を得てレギュラーの座を勝ち取ろうと意欲に燃えている。ASローマとは何にもないし、ブロンゼッティ氏が勝手に言ったことだ。シシーニョには落ち着くよう連絡もしている。今はっきりしていることは、シシーニョはレアル・マドリーで希望に満ち、成功したいと思っているということだ」。
●ACミランMFリカルド・イゼクソン・カカ(24)が14日、今夏の移籍市場でレアル・マドリーが自分に興味を持っていた事を明かした。サン・シーロで迎えたAEKアテネとの欧州CLグループリーグ「H」組初戦を3-0で飾った直後の事だった。有料放送SKYのインタビューに応じたカカは「レアルは確かに自分の獲得を狙っていたよ。ただ、『すでに自分はACミランと契約関係にある』と返事をしたけどね。後腐れが無いように、レアルとACミラン双方が話し合いの上で同意に達していたのであれば、自分も話し合いの席に着く事も出来たけど」
●FCバルセロナのFWロナウジーニョは、12日のチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦でレフスキ・ソフィアに5-0で快勝したことについて「完ぺきだった」と振り返り「誰がプレーしても、バルサは機能する」とした。「誰がプレーしてもいつも僕たちは落ち着いているし、同じ喜びを共有している」とロナウジーニョはバルサのターンオーバーについて語り、レフスキ・ソフィア戦については慎重なところもみせながらも「すばらしい試合。ありえないほどよく、完璧だった」
●リーガの実行委員会は、アトレティコ・マドリーのFWフェルナンド・トーレスが9日のバレンシア戦で提示されたレッドカードを取り消した。しかし、次節17日のアスレティック・ビルバオ戦は出場停止となる。F・トーレスは「審判に無礼をはたらいた」として、メディーナ・カンタレホ主審に退場を命じられ、アトレティコは今季初の敗戦となった。
●マジョルカのキャプテンも務めるFWトュニは、まだ1得点しか入れてないチーム状況を認めた上で、トリスタンの加入に対して嫌悪感は抱いていないと話した。元デポルティーボのトリスタンはマジョルカと1年間の期限付き移籍に合意し、既に先発出場を狙うべく練習に参加している。
●セビージャFWのルイス・ファビアーノが12日の練習で右足ふくらはぎを痛めた為、14日に行われるUEFAカップ対アトロミトス戦を欠場することになった。チームドクターによると回復まで3-4日はかかる見込みであり、ギリシャには帯同しないこととなったが、17日に行われるベティスとのセビージャ・ダービーの出場も危うくなってきた
●レアル・マドリーはアウェイでオリンピック・リヨンと対戦し2-0と完敗、1年間の試合の再現となった。前半、フレッドとチアゴにゴールを決められ2点をリードされたR・マドリーだが、ディフェンスのミス、機能しない中盤をリヨンにつかれ、追加点を決められてもおかしくなかった展開となった
●オリンピック・リヨンに完敗したレアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は、ライバルに脱帽といった面持ちで「リヨンはフィジカル的にも技術的にも我々を上回っていた。今現在、我々より優れているチームだ。彼らは我々よりも上をいっている」と試合後にコメント
●チャンピオンズリーグ、対オリンピアコス戦でハットトリックを決めたモリエンテスは、ここ数シーズン引きずっていた‘バレンシア9番の呪い’を信じていないようだ。「何より良かったのは、バレンシアにとってすばらしい試合であり、全員の頑張りによって掴んだ勝利だからなんだ。オリンピアコスが先制し、2-2になり最後に突き放したという劇的な展開だった」とモリエンテスは試合を振り返った。
●アルゼンチン代表MFフアン・ロマン・リケルメが、同国代表からの引退を表明した。母親の健康状態を理由としている。「何よりも大事なのは母の健康だ」と語ったリケルメ。「僕にとって母親はこの世に1人しかいない、代表のユニフォームと比べることはできないんだ」と胸中を明かした。
●12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の試合(対アテネ戦)でハットトリックの活躍を見せたバレンシアのモリエンテスが、一夜明けた13日に会見に臨み、落ち着いた様子で最高のスタートを切ったチームと自身の状況を語った。また、スペイン代表復帰への声も高まる中、「その夢をあきらめる必要なない」と代表復帰へ意欲を見せた
●チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループリーグ第1戦(12日)で、ブレーメンに2-0と快勝したチェルシー。しかし、指揮官のジョゼ・モウリーニョは、自チームに出された4枚のイエローカードを“UEFAの陰謀”として、独自の批判を展開した。警告を受けたのは、ジョン・テリー、フランク・ランパード、ジョー・コール、ディディエ・ドログバの4選手。この判定について、ポルトガル人監督は、ギリシャ人のキロス・バサラス主審を糾弾。UEFAの思惑に従って、チェルシーに不利な判定を下したとの持論を展開した。「本当は口に出して言いたくはないんだ。過去3年間、私は少々喋りすぎたからね。しかし、現実問題として、バルセロナは1枚もイエローカードを受けていないだろう。それに、リバプールは0枚、バレンシアは1枚、ローマは1枚。それなのに、チェルシーは4枚だ。我々に対するバイオレンスだとは思わないか?」
●13日に行われた欧州CLグループリーグ「H」組、ACミラン対AEKアテネの一戦は3-0でACミランが圧勝、重要な初戦を白星で飾った。MFグルカフの華麗な欧州CLデビュー戦だった。トリプルボランチ左で先発出場を果たしたグルカフは1-0で迎えた前半41分、長身を活かした豪快ヘッドで貴重な追加点を挙げ勝利に貢献した。
●欧州CLグループリーグ「D」組、イタリア・ASローマはホーム・オリンピコでウクライナ・シャクタルと対戦、4-0(前半0-0)圧勝で初戦を飾った。試合後ASローマ監督スパレッティは「4-0とはちょっと大袈裟だな。この結果はおそらく存在しないだろう。コンディション面の優れたシャクタル相手に難しい試合を強いられたよ。ただ、我々ASローマは常に成長している」
●欧州CLグループリーグ「D」組、ASローマはホーム・オリンピコでウクライナの強豪シャクタル相手に4-0の完勝を飾った。この試合で勝負を決める3点目をマークしたMFデ・ロッシ(23)は試合後「ローマは相手がどこであろうが対等に戦えるチームだ。今、我々は昨年と比べて自分達のチーム力アップを自覚している。なんにせよこの勝利は過去のもの、次節(セリエA第2節)アウェイでのシエナ戦の準備をしなければ」
●2ヶ月間の沈黙を破り元イングランド代表監督ズベン・ゴラン・エリクソン監督が“ラツィアーリDOC”で現在の心境を語った。エリクソンは「イタリア・カルチョが懐かしいよ。カルチョは自分にとってのドラッグ、そして出来る限り早く監督復帰する必要がある事を伝えたい」
●フランス代表を率いるライモンド・ドメニク監督が重い口を開き、物議を醸したW杯決勝戦について語った。06年7月9日、ベルリンでの決勝戦について「もしあの決勝戦で何かしらを変えなければならないとしたら、ジダンを試合終了11分前(マテラッツィへの頭突き前)に代えるべきだった」と口にした。ドメネク監督は続けて「ジズー(ジダン)はあの退場の1分前にピッチを去るべきだった」と付け加えた
●フィオレンティーナDFアレッサンドロ・ポテンツァ(22)が13日、古巣インテルの印象を語った。開幕戦で直接対決、テレビで欧州CLインテル対スポルティング・リスボンを観戦したポテンツァは「インテルはスクデット(セリエA優勝)本命だとは思うが、ヨーロッパ(欧州CL)本命だとは思っていない。ACミランと比べて、インテルには勝者のメンタリティーが欠けている」
●欧州チャンピオンズリーグ(CL)で13日、セルティックのMF中村俊輔がマンチェスター・ユナイテッド戦でFKを直接決めてゴールを奪った。欧州クラブ王者を争う大会が1992年にCLとして再編されて以降、日本人の出場は4人目で、欧州サッカー連盟(UEFA)の公式記録として残る本戦での得点は日本人初。前身の欧州チャンピオンズカップ時代には、奥寺康彦(当時ケルン、現横浜FC代表)が1978-79年シーズンに得点している。
●チャンピオンズリーグ(CL)・グループGのポルトとCSKAモスクワの対戦はスコアレスドローに終わった。
●欧州チャンピオンズリーグ(CL)参戦2年目となるリール。グループリーグ第1節でアンデルレヒトと1-1で引き分け、不満の残る滑り出しとなった。
●ブリュッセルのバンデンストック・スタジアムで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループHのアンデルレヒトとリールの試合は1-1の引き分け。
●パーケン・スタジアムで13日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第1節、FCコペンハーゲン対ベンフィカ戦は、低調な内容で0-0に終わった。ベンフィカはルイ・コスタやミッコリの不在が響いた。
●ステアウア・ブカレストは13日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のアウエーでのディナモ・キエフ戦に4-1で完勝。
●動きの激しい熱戦の末、アンリを欠くアーセナルがハンブルガーSVとのアウエーゲームを2-1で制した。
●AEKアテネに3-0の勝利を収め、カルロ・アンチェロッティ監督は当然満足そうな様子だった。ミランは13日の夜にサンシーロで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループHの初戦を最高の形で終えてAEKをギリシャへと追い返した。「大会をいい形でスタートさせることができた。相手チームのことはよく知らなかった。同じグループのほかのチームのこともよく知らない」
●13日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節の試合で、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)はセルティックを3-2で破った。
2006/09/13UEFA情報
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長とACミランがロナウドの移籍を巡って交渉を行っている間も、ACミラン側はロナウド獲得失敗に備え、代わりの候補者つまりオリベイラの獲得も検討していた。最終的にロナウドはレアル・マドリーに残留し、オリベイラのACミラン移籍が決まったが、このオリベイラ移籍成功の陰には意外な人物が絡んでいたようだ。レアル・マドリーの元会長フロレンティーノ・ペレス氏である。
●レアル・マドリーのシシーニョが冬の移籍でローマに移籍するとイタリアのマスコミが報じた。ファビオ・カペッロ監督の構想に入っていないシシーニョは、冬の移籍市場が開けると同時にローマに移籍することでクラブと合意したという。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長はUNICEFとの提携について「数字には出来ない価値がある」と語った。貧困に苦しむ子供たちを救うという人道的目的で、バルサは今後5年に渡り年間150万ユーロ(約2億2000万円)を寄付する。
●アトレティコ・マドリーのMFフラドがホームで行われたバレンシア戦での敗戦について「とても辛い」とコメントした。「僕達のチームは落胆している、あの敗戦は辛いよ。ただ、これからも前を向いて進んでいかなければならない。大事な試合が3試合も続くんだし・・・。一歩一歩進んでいけば状況は良くなると思うよ」と今後に期待を寄せる発言をした。彼はまたアトレティコのサポーターに関して「異常なまでの雰囲気だった」と語り、「アトレティコのサポーターの声援、そしてカルデロン・スタジアムでの雰囲気は素晴しいものだった。本当にびっくりしたよ」
●ナスティック戦で負傷退場したセルタのジョルジュ・ルーカスが、腓骨骨折により最低でも4ヶ月は戦列を離れることになった。骨折箇所の手術は直ぐに行われ成功したようだ。
●現ヨーロッパチャンピオンのバルセロナがレフスキ・ソフィアを相手に大量得点を奪い、タイトル防衛に向けてスタートを切った。レフスキはバルサが繰り出す攻撃力になす術がなく、バルサはあらゆる形から5ゴールを決めている。
●チャンピオンズリーグ第1節、グループDのバレンシアは、敵地アテナでオリンピアコスと対戦し、2-4で逆転勝利を飾った。90分間、激しい攻防が続いたこの試合で、バレンシアのFWモリエンテスはハットトリックの大活躍で勝利に貢献した。
●R・マドリーのディアラが古巣O・リヨンとの対戦を前にその気持ちを語った。「O・リヨンのすばらしい選手達と試合が出来て嬉しいよ。フランス語も話せるし、友達にも会える」と語るディアラ。試合については、「フランスのサッカーは良く知っているし、負けないために何をしなきゃいけないかも分かっている。強い気持ちを持って一丸となって戦うべきだ。O・リヨンは強くて早い。ミスは許されないし、ツキも必要になる」
●チャンピオンズリーグ初戦、カンプ・ノウでの対レフスキ・ソフィア戦で5-0と圧勝したバルセロナのライカールト監督は試合後に「初戦を勝利で飾るということが重要だった」と語り、素晴らしいメンタリティでこの試合に挑んだ選手たちを賞賛した。「初戦を勝利で飾ることが重要だったし、我々は攻撃的に臨み勝利を獲得した。レフスキの戦いも賞賛したい。彼らは引いて守ることなく、攻撃的な試合を展開した」
●フェルナンド・トーレスはアトレティコ・マドリーとの契約を2009年まで1年延長することで合意した。
●レアル・マドリーのカペッロ監督は12日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦、アウエーでのリヨン戦を翌日に控えて記者会見に臨み、「CLの試合は常に特別なもの」と語った上で、初戦の相手であるリヨンについてコメントした。「リヨンの方が(シーズンを)良い形でスタートしているようだが、ヨーロッパの試合になると違いがある。われわれは日増しに良くなっているし、レバンテ戦の前半は特に良いプレーをした。ただ、リヨンはここ5シーズン、リーグタイトルを獲っているし、そういったチームに勝利するのは簡単なことではない」
●昨季開幕前、レアル・マドリーからインテルに電撃移籍を果たしたルイス・フィーゴ(33)。ガゼッタ・デッロ・スポルト紙が監修する“フィーゴ本”はデビュー期、スペイン時代、セリエA、代表、そしてサッカーを通じた福祉活動などから構成。写真と記事で今までのサッカー人生を振り返るものとなっている。“フィーゴ本”発売は9月27日からでガゼッタ・デッロ・スポルト紙+14.99ユーロ(約2250円)となっており、“フィーゴTシャツ”がオマケで付くとの事。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、スペイン代表MFセスク・ファブレガスとの契約延長交渉が合意に達したことを明らかにした。若干19歳ながら、すでに100試合以上の出場数を誇り、アーセナルの中盤に君臨するセスク。今夏の移籍マーケットでは、レアル・マドリーも触手を伸ばしたが、8年間に及ぶ長期契約は、スペイン代表MFがロンドンの生活に満足している証拠。指揮官も、その貢献度の大きさが、契約年数に表われていると語る。「19歳プラス8年は27歳。通常、これだけ長い契約を結ぶことはない。しかし、彼は19歳にして、スタメンを張っている。そのことを考えれば、まったく問題はない。我々にとっては、16歳で彼を連れてきたことに対するご褒美のようなものだ」
●開幕戦アウェイでフィオレンティーナを倒し勢いに乗るインテルだが、ここに来てトラブルが発生した。開幕戦で2得点と大活躍したMFカンビアッソとFWクルスの2人が一ヶ月間チームから離脱する可能性が浮上した。
●「インテルが世界で最も優れたチームだろう」とのメッセージが先日、イングランドから届いた。送り主はチェルシーを率いるポルトガル人名監督モウリーニョで、欧州CL本戦を前に語ったもの。
●ベルガモ市民にとって待望の日が訪れる。12日、今季アタランタ移籍を果たした元代表FWクリスチャン・ビエリのプレゼンテーションが17時から正式に行われる事が判明した。
●「欧州CLでもイタリア勢(ACミラン・インテル・ASローマ)は、イタリア代表がそうであったように代償を払う事になるだろう。セリエA開幕が遅すぎる」と欧州CL対AEKアテネ戦を翌日に控えた12日、ACミラン監督アンチェロッティが訴えた。アンチェロッティ監督によると「イタリア勢は開幕が遅い事もあり、他国より調整が遅れている。他クラブはすでに何試合も消化、彼らのほうがコンディション面は有利で90分戦う体力がある。
●ACミランMFカカ(24)が欧州CL対AEKアテネ戦を前に「成熟期が訪れているように感じる。それが自分の中で責任感アップにつながっている」と語った
●欧州CLグループリーグ「G」組、イタリア・ASローマとウクライナ・シャクタルとの一戦は4-0でホームのASローマが圧勝した。だが、しばしば起こる悲劇が12日も突然襲った。ローマ在住のウクライナ人サポーター(27)が試合開始直前にオリンピコ・スタジアム周辺でナイフに刺される事件が発生。ただちに病院に運搬、幸い大事には至らなかった
●苦い敗戦にインテル監督マンチーニは「今夜は良いゲームを披露できたとは言えない・・・引き分けが妥当な結果だっただろう」と振り返った。12日、欧州CLグループリーグ「B」組インテルはアウェイの地リスボンに乗り込みスポルティング・リスボンと対戦、1-0完封負けを喫した。
●欧州CLグループリーグ「D」組、イタリア・ASローマはホーム・オリンピコでウクライナ・シャクタルと対戦、4-0(前半0-0)圧勝で初戦を飾った。試合後ASローマ監督スパレッティは「4-0とはちょっと大袈裟だな。この結果はおそらく存在しないだろう。コンディション面の優れたシャクタル相手に難しい試合を強いられたよ。ただ、我々ASローマは常に成長している」
●ジュニーニョにとってこの対戦は、昨季のCLでリヨンが3-0で勝利した試合とは関係のないものだ。レアルは変わったとジュニーニョは見ている。「過去3シーズンはとても有名な選手をそろえていたが、ややバランスを欠いていた。今年はエメルソンとディアラが中盤にいるので、技術レベルを保ちながらボールを奪う力がある。今年のレアルは戦うのが難しい相手だ」
●12日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦、PSVアイントホーフェンとリバプールの対戦はノーゴールに終わったが、非常に熱い試合だった
●前半は運に助けられ、後半に義務を遂行したチェルシーがベルダー・ブレーメンに2-0の勝利を収めた。欧州チャンピオンズリーグ(CL)・グループAの第1戦として12日に行われた試合
●12日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦で、バイエルン・ミュンヘンはスパルタク・モスクワを4-0で粉砕してグループBの首位に立った。
●ボルドーはガラタサライとの難しいアウエーゲームで、貴重な引き分けをもぎ取った。最終スコアは0-0。
2006/09/12UEFA情報 サラゴサ、エスパニョール、ベティス、セビージャ、レアル・マドリー、バレンシア、バルセロナ、チェルシー、アーセナル、インテル、ユベントス、ASローマ、ACミラン、シャルケ04
●スペイン国王杯決勝で苦杯の飲んだサラゴサが、ホーム初戦となるリーガ第2節で決勝戦の相手エスパニョールを迎え3-0で快勝、決勝戦の借りを返した。アイマールの先制ゴールで1-0としたまま試合が拮抗する中迎えた後半35分、勝利を引き寄せるゴールを演出したのが、今季1シーズンの期限付きでサラゴサに移籍した元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロ(25)だ。エスパニョールDF陣の裏をかく見事なスルーパスがダレッサンドロからFWディエゴ・ミリートへ、そしてディエゴ・ミリートが落ち着いてこれを沈めた。緩急を織り交ぜたドリブル、創造性溢れるパス、と随所にその才能を披露し、早くもサラゴササポーターの心を掴んだダレッサンドロは、スタンディングオベーションの中ピッチを後にしている。「チームの勝利に貢献できたことが何よりもうれしい。このチャンス(レンタル移籍)を活かし、サラゴサに残れるようできる限りベストを尽くしていくよ。ここでは気持ちよくプレーできるし、満足している。ずっと前から熱望していたスペインでプレーするチャンスをもらったんだからね」。
●7日の練習中に右足を痛めたベティスのFWダニは、セビージャ市内の病院で精密検査を行った結果、右足大腿二頭筋の裂傷で全治1ヶ月と診断された。さらにプレシーズンで膝を痛めたダビ・リバスも復活がいつ頃になるか目処をつけるため、検査を行う予定だ
●‘ラジオ・マルカ’の情報によると、スペイン代表のルイス・アラゴネス監督は辞めない。辞任表明後、翻意した。アラゴネス監督は11日午前、辞任を表明。しかしスペインサッカー連盟(RFEF)は、これを拒否した。RFEFのホルヘ・カレテーロ広報は、「RFEFはアラゴネス監督を全面的に信頼している」と発表。そして「監督の仕事を支援する」とし、両者に考え直す時間48時間を与えたとした。
●セビージャのホセ・マリア・デル・ニド会長は、2つある映像配信会社のうち1つと、放映権について12日から交渉すると発表した。会見でデル・ニド会長は、「テレビ放映権を売るため、他の配信会社とも話をしていた」と、語った。そして、「他のクラブが手に入れたのと同様の権利を尊重してくれる、全ての会社に対して門戸を開いた。私たちの要求を聞いてくれる配信会社に売ることができる」
●レアル・マドリーの左SBロベルト・カルロスは、水曜日に行われるチャンピオンズリーグ、グループリーグ対オリンピック・リヨン戦でチャンピオンズリーグ100試合出場を果たすことになりそうだ。
●R・マドリーのサルガドは、リーガ第2節のレバンテ戦で左膝打撲と捻挫で負傷退場し、チャンピオンズリーグ第1節対オリンピック・リヨン戦欠場が決まった。
●バレンシアのFWビジャが、自身にとってデビュー戦となるCLの出場を待ちきれない様子で語った。「CLが始まるということに、信じられないくらいワクワクしている。この大会の試合は以前はテレビ観戦していたが、ようやく自分が出場できる。この初戦で勝ち点3を手にし、良いスタートが切れるよう願っている」
●バレンシアのキケ監督「ようやくこの時がきた。われわれはとても楽しみにしている。再び欧州最高峰レベルの戦いの場に立てるということは、バレンシアにとっても良いことだ。まずは勝利を求めて戦うこと。と同時に、このグループリーグは(最大で)勝ち点18あり、それを考えた上で頭を使いながら戦うことも必要だ」
●12日にチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦で、ホームにブルガリアのレフスキ・ソフィアを迎える、ディフェンディングチャンピオンのバルセロナ。試合前日の記者会見の席でライカールト監督は、バルセロナ有利の声が挙がる中、あらためてチームに謙虚さを求めた。「試合前の段階で、どのチームが有利ということはない。それは常にピッチ上で披露していく必要がある。もちろん『バルサ有利』という声が挙がっているのは現実で、今さら変わるものではないが、そういったものはわれわれのメンタリティーに影響しない。相手チームに敬意を持ちながら、良いメンタリティーで戦いたい」
●移籍マーケット最終日(8月31日)に、チェルシー入りを決めたDFアシュリー・コールは、古巣アーセナルとの契約交渉が決裂した経緯を暴露。その内容が、大きな注目を集めている。先日、自叙伝『マイ・ディフェンス』を発売したコール。その中で、契約交渉中に古巣から受けた屈辱の数々を、次のように書き記している。「デイビッド・デイン副会長とは、代理人を通じて週給6万ポンド(約1320万円)で合意していた。でも、土壇場で5万5000ポンド(約1210万円)を提示されたんだ。彼らは5000ポンド(約110万円)を値切るのに必死だった。この話を聞いたときは、怒りで体が震えたよ。交渉が決裂したのはそれからだ。その後、デイン副会長には、『魂を捧げてきたクラブに裏切られた』と直接言ってやった。ティエリ・アンリに移籍の話が出たときは、マスコミも使って慰留作戦を繰り広げたくせに、僕のときは何の説得もなし。悲しいけど、ガンナーズは僕を引きとめようとしなかった」
●元カリアリFWで現アズーリ(イタリア代表)U21第2監督ジャンフランコ・ゾラ(40)がユニセフ大使に就任した
●9日に行われたセリエA開幕フィオレンティーナ戦で移籍後初ゴールを決め、アウェイで2-3勝利に貢献したFWズラタン・イブラヒモビッチが11日、現在の心境を語った。イブラヒモビッチは「カペッロ監督(元ユベントス監督)とマンチーニ監督のカルチョは本質的に異なる。自分としてはインテルのやり方の方が気に入っており、自由にやらせてもらっている。現状にとても満足しており、体調も良い。新しい同僚とも打ち解けてきている。満足のいくスタートを切れたので、この調子で頑張りたい」
●セリエB開幕戦が行われた9日、ユベントスはリミニと対戦したが1-1のまさかの引き分けに終わった。この試合でユベントスはコンディション、準備不足が浮き彫りとなった。ユベントスには現在も各国の代表選手が多く在籍しており、6日に各国で行われたユーロ予選から全員が戻ったのは試合前日の8日だった。
●ASローマスパレッティ監督が11日、翌日に迫った欧州CLシャフタル・ドネツク戦について語った。欧州CL初挑戦となるスパレッティ監督は「気負い過ぎないように注意している。間違いなく感動するだろうし、生涯忘れる事の出来ない1日となるに違いない。シャフタル・ドネツクはウクライナの強豪。現在リーグ戦でも素晴らしい結果を出している。選手個々の能力も高いので、厳しい試合となるはずだ。我々には欧州CLの経験が乏しいが、自分達が築いたカルチョを信じる事が出来れば勝機はある」
●ACミランに移籍したブラジル人FWリッカルド・オリベーラ(26)が、10日に行われたラツィオとの開幕戦に途中出場し貴重な追加点を決め2-1勝利に貢献した。ゴールは後半25分、FWアルベルト・ジラルディーノ(24)と交代してわずか8分後の事だった。スタジアムで見守ったACミラン副会長アドリアーノ・ガリアーニは「完璧なゴールだった。これで彼が素晴らしい選手だという事が分かってもらえたと思う。20年も移籍を担当しているのだから私の目に狂いはない。彼がこの調子で100%のコンディションとなった時、アンチェロッティ監督は誰を先発出場させるか悩む事になるだろう」
●ASローマMFシモーネ・ペロッタ(28)が所属クラブと2010年まで契約を延長した事が12日、判明した。イタリア代表メンバーとしてドイツW杯優勝に大きく貢献したペロッタの年俸は300万ユーロ(約4億5千万円)との事。
●シャルケ04に所属するアサモアは、ロストック(旧東ドイツ)で行われたカップ戦(1-9でシャルケ04が勝利)で人種差別を含んだ暴言を観客から受けた。「時代は変わったと思っていた。傷ついた」と人種差別について語る
●ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、フランスのジダンから頭突きを受けたイタリアのマテラッツィが、関係修復のためジダンを自宅に招待していることが11日、分かった。英紙イブニング・スタンダードが伝えた。
●先日のDFB杯1回戦で、ベルダー・ブレーメンは3部のピルマゼンスに敗れたが、その際、ワールドカップ得点王に輝いたドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが、足を痛めるアクシデントが起きた。ピルマゼンス戦の翌日、クローゼは大たい部の張りを訴え診察を受けた。12日にロンドンで行われるチャンピオンズリーグのチェルシー戦に出場できるかどうかは、現地で様子を見て決められるという。
●CLグループC、ホームでのボルドー戦を12日に控えるガラタサライのゲレツ監督は11日、試合が行われるアタテュルク・オリムピヤト・スタジアム(オリムピヤト)で前日記者会見を行い、勝利を誓った。
2006/09/09UEFA情報 レアル・マドリー、バルセロナ、ビジャレアル、バレンシア、セビージャ、アトレティコ・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、ユベントス、トリノ、ACミラン
●世界最高峰のサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラ06-07シーズンのWOWOWでの放送が決定!!
●レアル・マドリーは8日、アーセナルから獲得したスペイン代表MFレジェスの入団を発表した。入団発表ではディ・ステファノ氏より背番号「19」のユニホームを受け取った。会見の冒頭でレジェスは、「ここにいるすべての人間に感謝したいし、特に会長には感謝の気持ちでいっぱいだ。会長がいなければ僕はここにいることができなかったかもしれないから。すべてのタイトルを獲りたいし、ファンに喜びを与えたい」
●6日、レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督の息子、ピエル・フィリッポ・カペッロ氏がバルセロナのリオネル・メッシの父親で代理人でもあるホルヘ・メッシ氏を伴ってラ・マシア(バルセロナの練習場)に現れ、練習を見学した。カペッロ監督の息子とメッシの父親、この奇妙な組み合わせにメディアでは「メッシ、レアル・マドリーに移籍か?」などと早くも様々な噂や憶測が飛び交った。実際、カペッロ監督はメッシの才能に惚れ込んでいるし、レアル・マドリーの会長選挙では‘公約選手’として名前が挙るほとだ。
●ビジャレアルのフランス人センターバックのパスカル・シガンは、練習中に右足大腿部を痛め途中で練習を中断する事となった。精密検査が行われるが次節のレクレアティーボ戦出場は難しいと思われる。
●バレンシアのスペイン代表MFダビ・アルベルダは7日午前、バレンシアの‘ 9 de Octubre’病院で左頬骨弓(ひだりきょうこつきゅう)のレントゲン撮影を行い、8日に手術することになった。医師によると全治2週間とのことだ。
●スペイン・サポーターの意思は明らかだ。6日のユーロ2008予選、弱小とされた北アイルランドに敗れたスペイン代表のルイス・アラゴネス監督は辞任すべきだと。‘marca.com’で「アラゴネス監督は辞任すべきか?」というアンケートを実施。7日18時19分の段階で14万5859件の投票があり、78.15%が辞任すべき、21.84%が続投すべきとなっている。
●アーセナルからR・マドリーに移籍したレジェスは、7日午前、初練習を行った。6日の北アイルランド代表戦から戻ったスペイン代表組みのカシージャス、サルガド、セルヒオ・ラモス、ラウルと共に、フィジカル・トレーナーのマッシモ・ネリ氏の指揮のもと、軽いランニング、ストレッチで30分間体をほぐした。
●セビージャのウルグアイ人FWチェバントンは、ケガのため1ヶ月間戦線から離脱する事となった。腰に痛みを訴えたため精密検査を行った結果、脊椎をいためており全治3~5週間と診断された。
●ビジャレアルのヒハトは、次節のホームのレクレアティボ戦について「ホーム試合で勝つのはとても大事だ。実際リーガで上位に位置するチームはホーム試合をものにしている。それにここで勝ち点3を加算できればチームはもちろんの事サポーター達も自信を持てる」
●アトレティコ・マドリーのアギーレ監督はホームで行われる対バレンシア戦でパブロ・イバニェスとセルヒオ・アグエロの両選手を招集することに決めた。
●バレンシアのキケ・サンチェス・フローレス監督はアウェイの対A・マドリー戦に召集する選手を発表した。そしてその中には渦中のアルゼンチン人DF、アジャラの名前も入っていた。
●スペイン代表のルイス・アラゴネス監督は、北アイルランド戦での敗戦(2-3)を受け、1部ベテラン選手を締め出すブラックリストの作成を検討しているもようだ。そのリストに名前が挙がっているのは、ラウル、サルガド、ファニート、マルチェナ、アルベルダの5名。
●イングランド代表FWウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)が「暴行事件」を起こしていたことが8日、分かった。英メディアが伝えた。 ルーニーは2日に、マンチェスター市内のレストランへ、婚約者のコリーンさんや友人などと出掛けたが、食事中にブラックバーンのDFマイケル・グレイが現れ、コリーンさんらを侮辱。ルーニーの広報担当によると、ルーニーはグレイに席を離れるよう諭していたものの、アルコールで酔った様子のグレイが立ち去らなかったことから、殴ったという。
●チェルシーが目をつけたのは、アーセナルのデンマーク人FWニクラス・ベントナーだ。スカウト部門の最高責任者を務めるフランク・アルネセンは、すでにフル代表で得点も記録している18歳を高く評価。アルネセンの下、若手の青田刈りを続けるブルーズは、デンマーク史上最高といわれる逸材の引き抜きに本気モードのようだ。
●9日に開幕を迎えるセリエB。例年、特に注目される事無く新シーズンが開幕する「B」に今、異変が起きている。アドリア海に面し“イタリアのマイアミ”と呼ばれる観光地リミニが連日、新聞・テレビを始め各メディアで大きく扱われている。スキャンダル判決によりB降格となったユベントスを開幕戦で迎える事になったリミニ、新聞には長蛇の列を作りチケット購入を待つ徹夜組サポーターの写真も掲載された。
●10日の新季開幕を前に今季セリエA昇格組のトリノがジャンニ・デ・ビアージ監督の解任を発表した。トリノ会長ウルバーノ・カイロによると「申し訳ないと思うが、デ・ビアージは私が望むプロジェクトを実現させる能力に欠けている。デ・ビアージは私と共にトリノ再建に全力を尽くしてくれた事を考えると、とても残念だ」と解任理由を明かした。後任には名将アルベルト・ザッケローニが就任する。
●トリノの新監督に就任した名将アルベルト・ザッケローニが10日、就任会見を行った。ザッケローニ新監督は「トリノの一大プロジェクトを成功させる為、監督を引き受けた。昨季トリノはセリエBで素晴らしい戦いを披露、セリエAに昇格した今季、(移籍市場で)充分な選手補強を行った。まずはセリエA残留を確実に、それから出来る限り上を狙いたい」
●ACミラン、そしてイタリア代表の不動のレジスタ(演出家・中盤の底からゲームメイク)として君臨するアンドレア・ピルロが7日、ACミランとの契約を更に5年間延長した
●前日ACミランとの契約を2011年まで延長したMFアンドレア・ピルロ(27)が8日、現在の心境を明かした。ピルロは「契約が終了する2011年・・・ACミランで10年間過ごす事になる。出来ればACミランで引退したい。今夏は色々な面で特別だった。レアル・マドリーが自分の獲得意思を表明したり、ACミランが欧州CL予選からの出場となったりと様々な事が起こりすぎて理解出来ていない部分もある。ただ、自分がずっとACミランにいたいという気持ちだけは変わらない」
●ボルトン・ワンダラーズのサム・アラーダイス監督は、先日デポルティーボとの契約を解除したばかりのトリスタンに注目している旨を明かした。
●チェルシーに移籍したイングランド代表左SBアシュリー・コールが、チェルシーの他にもレアル・マドリーといった複数のビッブクラブからオファーがあったと明かした。「ワールドカップに行く前にベンゲル監督と話しをしたんだけれど、その時にチェルシーやレアル・マドリーといったクラブが僕に興味を示していると聞かされたんだ。もちろん僕は今ここ(チェルシー)で満足しているよ」。
2006/09/07UEFA情報 レアル・マドリー、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリー、セビージャ、レバンテ、チェルシー、ユベントス
●今夏、レアル・マドリーからセルティックに移籍したトーマス・グラベセンが、TV3のインタビューで元指揮官ファビオ・カペッロを‘エゴイスト’で‘傲慢’と称し、痛烈に批判した。「カペッロはレアル・マドリーにやって来るなり俺を戦力から外した。俺のプレーを見もしないでね。もともと彼の構想に入っていなかったんだろう。(人間的に)良いやつじゃないし、俺に1度もチャンスを与えてくれなかった。傲慢な態度で、俺は必要ないって言ってきたよ。俺には傲慢でエゴイストな人間に映るね」。「彼らがやる気を出した時には、その何人かとプレーするのは素晴らしいことだと思うよ。だが、ちゃんと走れる選手が3人しかいなかったし、チームは何度何度も崩壊していたさ。スーパースターで誰よりも高い年棒をもらっている選手の1人であるなら、まずは先頭に立ってプレーしなきゃならない。でも彼らはそれをしなかった。何度も‘くそったれ野郎’のように振る舞っていた」
●チャンピオンズリーグ(CL)予選を突破し、本戦出場を果たしたバレンシアは来週火曜日(12日)にアウェイでオリンピアコス戦に挑む。ホアキンの起用を考えていたキケ・サンチェス監督だが、クラブ側は昨シーズンにホアキンがUEFAから2試合の出場停止処分を受けていたことを5日になって初めて知ったようだ。これによりホアキンはオリンピアコスとのCL初戦、ホームで行われるASローマとの第2戦は欠場となり、CLデビューは早くて10月18日、ホームでのシャフタール・ドネツク戦となる。
●FCバルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、ニューヨークでの国連児童基金(UNICEF)との協力合意を前に「これは歴史的瞬間だ」とし、もう実行の段階にきているとパリで語った。ラポルタ会長はバルサの公式サイトでバルサは世界において、伝統的かつ世界的プロモーションに使うスローガンの‘クラブ以上の存在’であるとした。「とても満足している。なぜならこれは挑戦の始まりであり、この挑戦は目標の達成のためのものだからだ」
●レアル・マドリーのFWロナウドはひざの手術から1か月半たち、チーム練習への復帰のためリハビリのペースを上げている。ファビオ・カペッロ監督が、ロナウドを戦力として計算できるまでもう少しだ。1日からボールを使った練習をしており、厳しいメニューもこなしている。
●アトレティコ・マドリーのサポーターがインターネット上で彼らの焦点となっている問題について討論した。そのお題とは「アギーレ監督はアトレティコの期待の星をホーム初戦でベンチスタートさせるのか?」だ。答えはイエスである。アギーレ監督はリーガ第2節の対バレンシア戦にてアトレティコサポーターから何らかの声を浴びるだろう。アギーレ監督はこう発言している。「‘クン’(セルヒオ・アグエロのニックネーム)は我々のフットボールに適応するのにもう少し時間が必要だ。アルゼンチンとは違うと思うし、(アルゼンチンの)インデペンディエンテでファースト・ステージを戦ってきた中でいくつか修正しなければならない箇所もある。そして何より余計なプレッシャーを与えたくないからね」。
●ビセンテが水曜日(6日)怪我で棒に振ってしまった昨季を振り返り、現在の回復振りについて会見した。ビセンテは半年も試合から遠ざかってしまったことに「最初はそうでもなかったけれど、やっぱり長かった気がするよ。もう痛みはほとんどない。うれしいし、今は試合に出れるってことにわくわくしているんだ」
●ロベルト・カルロスの望みはR・マドリーで復活を果たす事のようだ。同時に、契約更新をまだしていないのは経済的問題ではなく、サッカー選手としての問題であることも認め、タイトルを獲らずにチームを退団することは望んでいない。「R・マドリーでサッカー選手生活を終えたいが、来年ではなくもう2、3年は続けたい。12月まで契約更新ができるのかどうかみていきたい。まだ契約更新は終わっていない」
●今季よりセビージャのユニフォームには、スポンサーとなった賭け事を専門とする会社‘888.com’のロゴマークが入っている。あまり重要なことではない気がするが、注目してみるとカヌーテだけがそのロゴの部分を覆っていることに気づく。カヌーテはイスラムのコーランによる教えから、その理由を説明した。「お酒、賭け事、アイドル、くじ引きなどはサタンのすることである。成功のためにもそういうことは慎むべきだ。サタンは敵対心を作り出し、我々の間にねたみを与える」。
●レバンテのイタリア人MFダミアーノ・トンマージは、リーガ開幕戦、対セビージャ戦で大敗(4-0)したことをチームは引きずっていないとし、逆に優勝候補の一角レアル・マドリー戦をホームに迎えるにあたり良いモチベーションとなっていると見ている。「この対戦は特別なものだ。まず、ホームでの初戦ということ、それにリーガ優勝候補の一角であるレアル・マドリーとの対戦であるということからね」
●ユーロ2008予選第2戦、スペイン代表が格下と言われる北アイルランド戦でまさかの逆転負けを喫した。リヒテンシュタイン戦での快勝の勢いそのままにベルファストに乗り込んだスペインだが、ヒーリーにハットトリックを許し、手痛い敗戦。本大会出場に向けいきなり窮地に陥った。
●6日に行われたユーロ2008予選の北アイルランド戦に2-3と逆転で敗れたスペイン。国内では敗戦直後から、ルイス・アラゴネス監督の進退問題を問う声が噴出している。試合後のアラゴネス監督に対する記者の質問は、「辞任する気はないのか?」の一点に集中した。これに対しアラゴネス監督は、「(試合では)多くのミスを犯したが、一番責任があるのは監督の私。私の試合プランが正しくなかった。ただし、辞任については考えていない」とあくまで辞任を否定した
●ユーロ08オーストリア・スイス共催大会予選B組イタリアは敵地パリで6日夜、フランスと対戦したが3-1の完敗に終わった。試合前から“W杯決勝リベンジ”と騒がれた注目の一戦、ベルリンで涙を呑んだフランスが見事なリベンジを果たし59日遅れで凱旋門をくぐった。
●絶大なキャプテンシーで、プレミアリーグ王者チェルシーを最後尾から統率するDFジョン・テリー。デイビッド・ベッカム(レアル・マドリー)に代わり、新生イングランド代表でもキャプテンマークを巻く25歳は、そのリーダーシップをジョゼ・モウリーニョ監督との“口論”で培ったという。「監督から学んだのは、恐れず自分を表現するということ。キャプテンに指名されたとき、『反論するのを恐れるな。選手の前で私とやり合え。それがキャプテンの仕事だ。選手が間違っていても、彼らの側に立つのがお前の役目。彼らはチームメイトなんだ』と言われたんだ。それから何度かやり合ったよ。ジョゼはホントに口論が好きなんだ!」
●今夏の移籍市場でインテルからユベントスに移籍したMFクリスティアーノ・ザネッティ(29)が6日、記者会見に応じた。詰め掛けた報道陣に対しザネッティは「まずプレイに専念する環境を作ってほしい。少しでもグラウンドで汗を流したいと考えているよ。セリエAに出来るだけ早く昇格する為には練習しかない訳だから。カルチョのスタイルは少し変わると思うが、セリエBに対する恐怖心はない。セリエBはよりフィジカルが強く、激しいだろうが、ボールを足で扱う事に変わりは無いから」
●6日夜にパリで行われたユーロ予選対フランス戦で3-1惨敗を喫したイタリア代表監督ロベルト・ドナドーニは国営放送RAIのマイクを通じて「開始直後の失点が・・・周りは間違いなくオフサイドだと言っているが。開始から1分でゴールを許してしまっては、我々の状況が苦しくなるのは当然だ」と苦い結果に敗戦の弁を述べた。
●イングランドは6日、スコピエで行われたユーロ(欧州選手権)2008予選の試合でマケドニアと対戦し、1-0で勝利を収めた。
●アンドラを4-1で破ったイスラエルも2戦2勝でイングランドに並んでいる。
●ロシアとクロアチアの対戦はスコアレスドローに終わった。
●6日に行われたユーロ(欧州選手権)2008予選のポルトガルの初戦は、フィンランドと1-1の引き分けに終わった
●ベルギーはアウエーでアルメニアと対戦し、41分のダニエル・ファン・ブイテンのゴールで1-0の勝利を収めた
2006/09/06UEFA情報 レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、バルセロナ、デポルティーボ、エスパニョール、アタランタ、マンチェスター・ユナイテッド、インテル、ASローマ、ユベントス
●リーガ2年目となるレアル・マドリーのロビーニョにとって今シーズンに懸ける意気込みは相当なものである。‘ペレ2世’の呼び声高いロビーニョは、昨シーズン、レアル・マドリーに移籍したが、ヨーロッパスタイルのサッカーにとまどい、期待されたほどの活躍も出来ないままシーズンを終えており、「今年は僕のシーズンにする」と鼻息も荒い。しかし、ファビオ・カペッロが監督に就任したことでロビーニョの活躍の場も失われそうな気配が漂っている。監督の方針は明確だ。彼のチームコンセプトのベースにあるのは強固な守備にあり、一瞬の輝きより地味ではあっても堅実なプレーを好み、結果を何より重視する。90分間チームに貢献できる選手を起用する傾向にある監督が、ロビーニョのような創造性溢れる選手に与えるチャンスは少ないと考えられる。さらに、同監督はロビーニョが最も活きるポジション、つまり左サイドにはラウルを起用し、ラウルを起用できない場合はレジェスと、ロビーニョを第3オプションとして考えている。
●アトレティコ・マドリーのDFルイス・ペレアはチームの状態は良いとしながらもリーガで優勝するためにはチームに大切なことをこれから獲得しなければならない、と語った。「優れた選手もいるし、メディアの評判も良いと思うが、チームとして作り上げなければならない。フィールドで一番大切な事は団結であり、もっと団結しなければならないと思う。それがチームを強くしたり弱くしたりすると思うよ。今のチームはそれを認識しているし、団結することによりチーム状態もより向上すると思うよ」。「今、クラブは努力をしてくれてトップレベルの選手を沢山呼んできてくれた。現在、23-24選手はいつでも戦える状態だし、チーム内でのレギュラー争いはチームの向上にも繋がると思うよ」
●ドイツW杯の失望からユーロ2008予選へ。すでにスペイン代表の新たな挑戦は始まっている。キャプテンのラウルは、期待と強い意志でユーロ2008への出場切符を掴むために集中している。ラウルは、代表で少しゴールから遠い1.5列目のポジションでプレーすることについて、「実際、プレースタイルに大きな変化はない。ここ数シーズンは、ゴールから少し遠い位置でプレーしている。だけど、FWでプレーしたいよ。自分の特徴は、ゴール前で勝負できる所にあると思う。レアル・マドリーでも代表でも、監督は僕の事をよく知っている。1.5列目もプレーしやすいよ。ちょっと引き気味だけど、ゴール前に入り込めるからね」
●アトレティコ・マドリーにこの夏加入したゼ・カストロは、足首の打撲が回復し、5日、他の選手と同様に通常通り練習メニューをこなした。これで、ゼ・カストロは、9日(土曜日)のバレンシア戦に間に合いそうだ。
●ジネディーヌ・ジダンがドイツW杯を機に現役を退いて以来、初めて公の場に姿を現した。ジダンはリヨンで行われた“ダノン・ネーションズ・カップ”という少年大会に参加している。当初はプライベートな質問には答えないと通知されていたものの、ジダンはあえてマテラッツィに対する頭突きの件に言及した。25000人の少年たちに囲まれたジダンは、くしくもマテラッツィが問題の場面について明かした直後、「あの退場ももう過ぎたこと。僕は息子たちにも言ったけど、子供たちがあんな真似をしないように祈るよ。クリーンなプレーは教育の一部だからね」
●バルセロナがアルゼンチンの少年フットボールクラブ、アルセナルと合意した。この合意によりバルサは同チームにアルゼンチン全土から若者を集めてテストし、場合によってはバルサに移籍させる可能性もある。
●デポルティーボのホアキン・カパロス監督がディエゴ・トリスタンについて「彼は喫茶店や記者席でならスターになれるが、ピッチの上ではそう簡単にはいかない。適材適所という言葉もある」と語った。ディエゴ・トリスタンは、スカローニと共に先日デポルとの契約を破棄したばかりである。
●バルセロナのメキシコ代表DFラファエル・マルケスが右ひざを痛め、2日間の離脱となった。練習中の接触プレーで右ひざに痛みを訴えたマルケスは、検査の結果2日間の療養が必要と診断され、5日に行われたエスパニョールとのカタルーニャカップ決勝を欠場した。
●5日に行われたカタルーニャカップ決勝(昨シーズンより延期されていた)は、エスパニョルがコロミナスのゴールでバルセロナに1-0で勝利し、優勝を飾った。
●2007年6月にオランダで開催されるU-21欧州選手権への出場を目指すスペインU-21代表は5日、予選リーグ最終戦でスロバキアと対戦し、4-2で逆転勝利を収めた。これでスペインは予選リーグ1位通過が決定し、10月に行われるプレーオフへの進出を決めた。ホーム&アウエー方式のプレーオフに勝てば本大会出場となる。
●アタランタFWクリスチャン・ビエリ(33)に4日、サンプドリア・サポーターと見られるカップルとの間でトラブルがあったことが判明した。現地情報によると4日午後10時頃、ミラノのレストランで友人達と食事中のビエリに一組のカップルが接近、騒動に発展したとの事。ジェノバ(サンプドリアのある街)出身カップルの男性が食事中のビエリに近づきサインを求めた。翌日に控えたギリシャ・バカンス旅行のためミラノを訪れていたカップルが手渡した紙片を受け取ったビエリはペンを握り気軽に応じる姿勢を見せていたが、サインするために紙片を裏返した瞬間に表情が激変したとの事。裏面には“Sei un pezzo di me・・・(お前はクソッタレ野郎だ)”と書かれており、カップルはビエリを罵倒しながらレストランから逃げ去ったがビエリの友人達がすぐさま追いかけ喧嘩に発展したとの事。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、英国大衆紙『デイリー・ミラー』の取材に応じ、自らの去就問題について語った。1986年の監督就任以来、マンUに幾多のタイトルをもたらしたファーガソン。その去就については、「自身9度目となるリーグ優勝を花道に引退」のシナリオが有力と伝えられていた。しかし、12月で65歳を迎えるスコットランド人監督にとって、“引退”の2文字など眼中にないようだ。「60代にもなると、健康上の問題は避けられない。2年前にはペースメーカーも付けた。年をとった証拠だよ。身体を最優先に考える必要もある。ただし、現時点では何も問題はない。仕事も楽しんでいるしね。実を言うと、私の引退について周りが騒いでいるのを見るのは嫌いじゃないんだ。引退時期に憶測を巡らせるということは、誰もその時期を正確に把握していないということだろう?」
●4日午後、インテル会長ジャチント・ファケッティが64歳の若さで他界した。苦楽を共にしたインテルのオーナー、マッシモ・モラッティは突然の訃報に「最愛なるチペ(ファケッティのあだ名)へ。君に末期症状で助かる見込みがない事を悟られるのが怖くて、伝えたい事を言う事が出来なかった・・・私を許してほしい。そして何より私のわがままに付き合ってくれて有難う。最後の最後まで君の目は輝き続けていた。それに励まされ、そしてまだ一緒に困難を乗り越えられるのではないか?という気持ちにさせられた」
●5日夜、ペスカーラ(アブルッツォ州)でASローマ対ユベントスの練習試合が行われASローマが1-0の勝利を収めた。試合後両サポーター間で喧嘩が発生、3人が負傷(うち1名は臀部を刃物で切りつけられた)、1車両が炎上、2台が損壊を受けた。現場検証を行った警官隊によると「犯人を特定する事は出来なかった」との事。
●「イタリア国歌斉唱の際、ブーイングは止めてほしい」とフランス代表監督レイモン・ドメネクが5日、翌日に迫った08ユーロ大会予選イタリア戦を前にサポーターに提唱した。ドメネク監督は続けて「フランス国民がイタリア人の良さを再認識し、彼らの美しく音楽性に富んだ国歌にブーイングしない事を望む。試合が開始されるまでW杯王者であるアズーリ(イタリア代表)は拍手に値する存在であるはずだ。試合中のブーイングは問題ないが、国歌は別物。ブーイングを行わない事がスポーツマン精神の気高さ、魂の証となる」
●オランダ1部リーグ、ヘラクレスは5日、所属するFW平山相太(21)の退団を発表した。事実上の解雇とみられる。
2006/09/05UEFA情報 バルセロナ、アトレティコ・マドリー、エスパニョール、レアル・マドリー、ベティス、ビジャレアル、ヘタフェ、インテル、チェルシー、ACミラン、ウディネーゼ、アーセナル
●3日、アーセナルの本拠地エレミーツ・スタジアムで行われたアルゼンチンとの親善試合でロナウジーニョがピッチに立つ姿は見られなかった。ブラジル代表に召集されているロナウジーニョだが、左太ももの痛みと腰痛に悩まされており、ドゥンガ代表監督は最終的にロナウジーニョの起用を見送った。とはいえ、バルセロナそしてブラジルのメディカルスタッフによる必死の治療で、ロナウジーニョの症状も快方に向かっており、プレーできる状態まであと一歩というところまできているようだ。「もう大丈夫だ」。ロナウジーニョの言葉からも治療がうまく行っていることが伺える。
●2008年欧州選手権予選第1戦、ホームでのリヒテンシュタイン戦に4-0で快勝したスペイン代表は、この日の4ゴールで代表通算ゴール数を999に伸ばし、1000ゴールにリーチがかかった。アウェイでの第2戦、北アイルランド戦(6日)でこの記念すべきゴールを決めることができるか、また誰が決めるのかに注目が集まるが、代表の若きエース、フェルナンド・トーレスもこのゴールを狙っている1人だ。
●フェルナンド・トーレスは、アトレティコ残留を決め、さらに4日、同クラブとの契約を2009年まで1年延長することで合意した。「この夏もいろいろ騒がれたけれど、あと2年はアトレティコでプレーするよ。クラブは1年の延長オファーをしてくれた。僕は満足している。クラブが僕を評価してくれているってことだからね。代表から戻ったら、すぐにでも正式なサインをするよ」。
●エスパニョールのダニエル・サンチェス・リブレ会長は、5日にジローナで行われるカタルーニャ杯決勝、対バルサ戦が、チームのモチベーションをあげる大事な試合になることを強調した。「今シーズンのチームに期待している。バルサに勝てば、ここ何シーズンかに渡ってチームにある恐怖心がなくなるだろう。バルベルデ監督とも選手とも話した。我々は、悪い状況から脱却する能力がある」
●レアル・マドリーのカルデロン会長は、新しいチームに満足し、カペッロ監督の描くプロジェクトに信頼と寄せているようだ。「新たに獲得した5選手でチームは強化された。カペッロにはここ数シーズン、チームの弱点と言われていたディフェンスと中盤の補強の必要性が分かっていたようで、補強に成功した。今年は少なくともタイトル1つは獲得すると私に約束してくれている」。
●アトレティコ・マドリーのアギーレ監督は、マニーシェの起用に焦りは見せていないものの、サンティアゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリーとのマドリー・ダービー(10月1日開催予定)には彼を起用したいと考えている。アトレティコへの移籍がぎりぎりに決まったため、十分なプレシーズンを送れなかったマニーシェは、ベストコンディションを取り戻すべくトレーニングに励む毎日を送っている。
●バレンシアのDFアジャラは「どちらもクラブのことを考えていた」とし、そして「両者にとってよかった」と、関係改善を強調。「全てを捧げ、全てを与えてくれたクラブを後味悪く出たくなかった」とした。そして、「今の関係は普通で、あと1年成功することを願っている」
●エスパニョールのバルベルデ監督は火曜日に行われるカタルーニャ杯の対バルサ戦について「チームの強化に良い機会と考えており、真剣に取り組んでいる」と心境を語った。
●誕生したばかりの娘をスペインへ連れて来るために10日間ほど母国ブラジルへ帰っていたベティスのFWロベルトは、日曜日に行われるアスレティック戦に向けてセビージャへと帰って来た。ロベルトは以前からクラブと経済面で意見の相違があるため、長期に渡る帰国によりオリベイラの二の舞かと噂されていた。クラブはロベルトとの意見の相違については先週に正式な形で否定をしている。
●ビジャレアルのMFマルコス・セナが、ビジャレアルとの契約を2010年6月30日まで延長した。来年6月でビジャレアルとの契約が終了するセナだが3年間の延長で合意に達した。
●ヘタフェのシュスター監督は、TVE(スペイン国営放送)の番組‘El Rondo(エル・ロンド)’の中で、一時期、R・マドリーのカルデロン会長が選挙戦を行っている時に、R・マドリー監督になる誘いを受けた事を認めた。続けて、「R・マドリーは、中盤でゲームを統率できる選手が必要だ。バラック(この夏、B・ミュンヘンからチェルシーへ移籍)が、その役目を果たせただろう」と、R・マドリーの弱点を指摘した。シュスター監督は、バルサについても分析を怠らず、「バルサは、今シーズン苦労するだろう。すでにタイトルをいくつか獲っているし勝ちたい意欲は、減少していく。今シーズン、どのようなプレーをみせるか注目だ」と、語った。さらに、「ロナウジーニョが、契約改善をするのは当然の事だ。重要な選手ということは、彼自身分かっていることだろう。サビオラについては、グジョンセンに劣るとは思わない」
●International Federation of Football History & Statistics(IFFHS)による公式ランキング
1.FCバルセロナ(スペイン)
2.セビージャ(スペイン)
3.インテルナショナル(ブラジル)
4.インテル(イタリア)
5.ACミラン(イタリア)
●スペイン代表FWフェルナンド・トーレス「今回のバスケットチームの優勝はとてもうれしいし、とても楽しませてもらった。ナダル(テニス)、アロンソ(F1)といったスペイン人選手が優勝しても妬みを持つようなことはない。1人のスペイン人として喜ぶだけだ。(サッカーの代表は一度もワールドカップに優勝した経験がなく)比較されるのは分かるけれど、バスケットの代表同様に、僕らがいつかその歴史を変えることができると信じている」
●4日、インテル会長ジャチントン・ファケッティが入院先のミラノ・トゥモーリ病院で他界した。享年64歳の若さでの突然の訃報に国営放送を始め各テレビ局はトップで報道、イタリア国内が哀悼の意を表明した。
●プレミアリーグ王者チェルシーは4日、フランス代表DFウィリアム・ガラスから「試合出場を強制されたら、オウンゴールを決めてやる」と脅迫されたために、アーセナルへの放出を決定したとの声明を発表した。
●6日に行われる敵地パリでのユーロ予選対フランス戦でイタリア代表は喪章をつけて挑む事が明らかとなった。4日、他界したインテル会長ジャチントン・ファケッティ(享年64歳)への追悼の意を表してのもの。また、試合開始前には1分間の黙祷も予定されている。
●ACミランのグルジア人DFカハベル・カラーゼ(28)が2011年まで契約延長した、とクラブ側が公式サイト上で発表した。カラーゼは「とても満足している。現在怪我をしており、契約が大幅に延長されるとは思っていなかった。ここまでの保証を行ってくれるクラブはACミランの他にありえない。インザーギ(FW=33)の時もそうだったように。自分にとって今回の契約延長は『ACミランで現役を終える』という可能性を高める意味でもとても重要だった」
●「予想していたよりもコンディション回復は早い」とウディネーゼFWビンチェンツォ・ヤクインタ(26)が4日、自身のコンディションについて語った。
●MFホセ・アントニオ・レジェスとの交換トレードでアーセナル入りしたMFジュリオ・バチスタはとても幸せで、移籍して最初のシーズンも大変だとは考えていないようだ。「アーセン・ベンゲル監督が僕にすごく興味を持ってくれたのはうれしい。ここでとても幸せになれるだろう」
●インテルのFWズラタン・イブラヒモビッチは予定より2時間遅れて代表合宿に合流し、チームからの離脱を命じられた。騒動の主役となったのはイブラヒモビッチのほか、チームメートのオロフ・メルベリ(アストン・ビラ)とクリスティアン・ウィルヘルムション(ナント)。
2009/09/04UEFA情報 マンチェスター・ユナイテッド、ASローマ、ACミラン、レアル・マドリー、サラゴサ、デポルティーボ・ラ・コルーニャ、セルタ、バルセロナ、バレンシア、セビージャ
●マンチェスター・ユナイテッドは今夏、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ獲得のチャンスを得ながら、断りを入れていたことが明らかになった。昨シーズンまでコリンチャンス(ブラジル)でプレーしたマスチェラーノは、代表でもチームメイトのFWカルロス・テベスとともに、ウェストハムへの移籍を決めている。
●2日夜ナポリで行われた08年ユーロ大会予選対リトアニア戦でアズーリ(イタリア代表)は1-1の引き分けに終わった。この日アズーリ唯一となるゴールを決めたFWフィリッポ・インザーギ(33=ACミラン)は「イタリアのゲーム展開は良かった。我々はチャンスを何度も作ったが、残念な事に相手GKのセーブに阻まれた。ナポリ・サポーターの大声援の中、3ポイントを得る事が出来なくて残念だ。カッサーノとのコンビもとてもやりやすかった」
●数日前にASローマ主将フランチェスコ・トッティ(29)が発言した「ASローマはインテル、ACミランほどの強さはない」というコメントに対して3日、ASローマ監督ルチャーノ・スパレッティが同意する姿勢を見せた。スパレッティ監督は「フランチェスコの発言は正しい。そして何よりも彼はうぬぼれていない。私はうぬぼれた人間は嫌いだ。今季の目標はひとつでも順位を上げる事。インテル、ACミランなどの優勝候補ばかりを気にするより、ウディネーゼ、パレルモ、ラツィオ、フィオレンティーナなどのライバル相手にいかに戦うかが鍵となる。相手を過小評価してはいけない」
●今夏の移籍市場でベティス・セビリアからACミランに移籍したブラジル人FWリッカルド・オリベイラ(26)シェフチェンコの背番号「7」を自ら選んだと聞いているが?「この番号が空いていると聞いたので『自分にください』と言った。強要したわけではないし、特に問題もなかったと思う。自分はシェフチェンコがACミランで築き上げた業績を尊重しているが、自分もまたキャリアを積むためにACミランに移籍した」
●ACミラン主将パオロ・マルディーニ(38)が3日、取材会見の場で自身のキャリア23年目となる今季について語った。ベテランDFマルディーニは「昨季は怪我に泣いたが、ようやくコンディションも戻り心身共に新しいシーズンを迎える準備が出来た。ACミランは8ポイントペナルティからの出発となるので、全勝する気で挑まなければならない。強豪といつ対戦するかは問題ではない」
●UEFAは、審判に対する抗議、さらに相手チームの選手にカード提示を要求する行為を警告処分にすることを決定した。
●バルセロナ時代、2シーズンに渡りチームメイトであったマラドーナとシュスター。その時以来2人は良い関係を築いている。1ヶ月前、マラドーナはボカの副会長としてシュスターに連絡をとり、監督の要請をした。シュスターは、「アルゼンチンのリーグはすでに始まっていたから2日間で行くかどうか、彼らに連絡をする必要があった」と説明。「そのオファーは、スポーツ面から言ってかなり魅力的なものだったよ。でも、タイミングが良くなかった。ここでのプレシーズンも半分過ぎていたし、2日間で決断を下す必要があったからね」
●08年ユーロ・オーストリア・スイス共催大会出場に向け2日、予選B組イタリアはリトアニアと対戦、1-1の引き分けに終わった。代表主将ファビオ・カンナバーロの生まれ故郷ナポリ、サンパオロ・スタジアムには47237人の熱狂的サポーターがW杯王者アズーリ(イタリア代表)を大歓迎したが、各下相手に貴重な勝ち点「3」を彼らにプレゼントする事は出来なかった。15ヶ月振りに代表復帰を飾ったカッサーノ(24=レアル・マドリーFW)への評価は鰻登り。イタリアを代表するスポーツ紙ガゼッタ・デッロ・スポルト、コリエレ・デッロ・スポルト共にカッサーノへの採点は「7」、MVPに選出している。
●サラゴサのアイマールは、選手達の意欲が今シーズンのチームの出来に反映されるとして、「このまま意欲を持ってシーズンに臨めば、いい結果が出るだろう。シーズン終了の時にいい結果を残すという目標よりも、まずは、自分達がやりたいサッカー、そして勝てるサッカーを見つけて、最終的に上位で終われるのが理想である」
●ホームにリヒテンシュタインを迎えてユーロ(欧州選手権)2008予選の初戦を戦い、4-0で快勝、幸先の良いスタートを切ったスペイン代表。ルイス・アラゴネス監督も満足さを表した。「序盤は相手の方が強かったし、我々は苦労したが、徐々に良くなっていった。チームは良い状態だが、相手は格下のチーム。もっと強いチームとの試合を想定する必要がある」。
●デポルティーボ・ラ・コルーニャのポルトガル人DFアンドラーデのリハビリは、残り3,4週間、戦列に戻るまでは約1ヶ月半から2ヶ月間かかるようだ。
●2日のリヒテンシュタイン戦でスペイン代表デビューを果たした、セルタのMFボルハ・オウビーニャは、自身のデビューとユーロ2008予選の初戦となったこの試合の勝利(4-0)を喜んだ。「重圧もなく、落ち着いて試合ができ、いいとてもデビュー戦になった。それに、勝ったことで誰も僕のことを忘れないだろうしね。ただ、この勝利は代表にとっても重要だけど」
●FCバルセロナのジョアン・ラポルタ会長はバルサに3度目のチャンピオンズリーグ(以下CL)制覇をなせる力があるとし、伝統的に揺れ動いた‘緊迫の歴史’を完全に終わらせるとした。ラポルタ会長は‘バルサTV’のインタビューで、「成功のために働き、戦う」と、3度目の欧州制覇へ意欲を見せた。そして、「最低でもCLを3度勝てば、バルサは不幸な歴史を繰り返さずにすむだろう」と、述べた。2期目に入り、ラポルタ会長はまず「希望をふくらませている」とし、「強化を怠ることなく、成功を続けるため働き続けている」と、語った。
●デポルティーボ・ラ・コルーニャのMFジョアン・ベルドゥは、同クラブがつけた‘ベイビー・デポル’というスローガンが結果の出ない時に悪い意味で使われることに不快感を示した。「‘ベイビー・デポル’は僕らの世代を表すだけの言葉であって、結果が出ない時に悪い意味で使われるのはいやだ。僕たちは毎週末試合をしたいだけで、世代のことは忘れたい」
●チーム残留を決めたバレンシアのDFアジャラが、地元TV局『カナル・ノウ』のインタビューに応じ、残留決定後初めて心境を口にした。「過去は過去。今はすべてが解決した。大切なのは、今シーズンをしっかり戦うことだ。また個人的には、監督やクラブ、ファンが望むようなレベルに自分の状態を持っていくことが重要だ」
●ブラジル代表のドゥンガ監督が、10日にレアル・ソシエダのホームで行われるセビージャの試合を視察することが明らかになった。最大の目的はセビージャの右サイドバックであるダニエウ・アウベスで、彼は次回のブラジル代表に招集されることが確実視されている。
●アーセナルの新たな本拠地エミレーツ・スタジアムで、ブラジルはアルゼンチンとの親善試合に3-0の勝利を収めた。
2006/09/03UEFA情報 フィオレンティーナ、ASローマ、ウェストハム、バルセロナ、レアル・マドリー、バレンシア、エスパニョール、マジョルカ、ベティス
●フィオレンティーナFWルカ・トニ(29)が2日、アズーリ(イタリア代表)に対する思いを語った。「代表戦には常に出場したい。勿論、今回の2試合(08年ユーロ予選2日リトアニア戦、6日フランス戦)にも参加したかった。代表ユニフォームに袖を通す事は自分にとっての誇りでもある。トッティ(29=ASローマ)がしばらく休養したいって?フランチェスコ(トッティ)自身が考え、そういう結論に達したのだろうが代表戦をテレビ観戦したら『やっぱり俺もプレイしたい』という気持ちが沸き起こってくると思っているよ」
●アズーリ(イタリア代表)司令塔フランチェスコ・トッティ(29)が1日、取材会見に応じ代表復帰に対する自身の見解を明かした。トッティは「リフレッシュする時間をもらって、代表には来年から復帰する。ドナドーニ監督とも話し合い、自分の考えを理解してもらった。2月に負傷、ドイツW杯までの3ヶ月間で完治させるのは並大抵の努力ではなかった。これまで代表の為に色々尽くしてきたので、少し距離を取りたい。今は自分のトップ・コンディションを取り戻す事が先決であり、その先はそれから考えたい」
●移籍マーケット最終日(8月31日)に決定した、FWカルロス・テベスとMFハビエル・マスチェラーノのウェストハム入り。ドイツ・ワールドカップでも活躍したアルゼンチン代表2人のプレミア中堅クラブ加入はイングランドサッカー界に衝撃を与えたが、一方で、今シーズン終了後にチェルシーやアーセナルといったビッグクラブへの売却を想定した、“腰掛移籍”との疑惑も飛び交っている。噂を否定するウェストハムだが、22歳のアルゼンチン代表コンビ獲得に必要とされる4000万~6000万ポンド(約88億~132億円)の資金を捻出できる財政状態にないのは明らか。ハンマーズ(ウェストハムの愛称)の買収に乗り出しているといわれるメディア・スポーツ・インベストメント(MSI)社のキア・ジョオラビキアン社長が、その足掛かりとして、保有権を持つ両選手を移籍させたとの説も浮上している。そして、詳細が不透明な今回の移籍に、UEFA(欧州サッカー連盟)が懸念を表明している。「今回の移籍には、不可解な点があると指摘せざるを得ない。サッカー界において、ビジネスの占める割合は増え続けており、クラブへの忠誠心や愛情といった面が時代遅れと捉えられるような傾向がある。しかし、サポーターと同じく、サッカーはビジネス以上の存在である、と我々は考えている。彼ら2人が才能のある選手であることに疑いはない。今後10年間、ウェストハムでプレーするのであれば、それは素晴らしいことだ。しかし、同時に疑念を抱くのも仕方がないといえるだろう」
●バルセロナのフランク・ライカールト監督が、ここ数日スペインメディアで報じられている同クラブのブラジル代表MFロナウジーニョとの確執報道を真っ向から否定した。「私がロナウジーニョと仲違いになっているとか、彼を罰したという報道は全くのデタラメだ」。
●08年ユーロ大会予選対リトアニア戦を数時間後に控えた2日午後、アズーリ(イタリア代表)監督ロベルト・ドナドーニがFWアントニオ・カッサーノ(24=レアル・マドリー)の起用法について語った。「カッサーノは成長した姿を見せている。彼は他の選手同様重要な選手であり、代表ユニフォームに袖を通すことの責任を本人も理解している。今日の試合では3トップの一角としてインザーギ(33=ACミラン)、マルキオンニ(26=ユベントス)と共に先発させるつもりだ。この試合は彼の出来に懸かっていると思っている。カッサーノ本人には『自分は他の選手と異なる事が出来ると考える必要はないが、リズムを変えることが出来る選手の一人』という自覚はもってもらいたい」
●バレンシアのキケ・サンチェス・フローレス監督は、トレーニングの練習試合で2007年6月まで残留が決定したアルゼンチン人DFアジャラを再びセンターバックとしてスタメン起用した。
●スペイン・スーパーカップの2日前に行われたアイスランドとの親善試合で、負傷のためチームメイトであるチャビと共にスペイン代表戦を欠場したプジョールだが、「自分のフィジカル面に関して僕は何も証明する必要はない。代表との関係を疑う人は疑えばいい」と心境を明かした。
●R・マドリーのロナウドは、少しでも早く戦列に復帰するため、怪我の回復に取り組んでいる。昨日、1ヶ月半ぶりにボールに触ったロナウド2日(土曜日)、ロナウドは、フィジカルトレーナーのルイス・サン・マルティン氏と室内トレーニングとグランドに出てランニングを行った。
●スペインはユーロ2008への幸先よいスタートを4-0でかざった
●先日のラツィオとの親善試合で腰を強く打ち途中交代したエスパニョールのMFルフェテは、左足に違和感を訴えているダビッド・ガルシア同様にチームとは別メニューの練習を行ったが、10日のサラゴサ戦には問題なく出場できそうだと伝えた。
●マジョルカのアリエル・イバガサは、3部のサンタ・エウラリア戦での敗戦を振り返り「自分達よりも格下のチームとの試合では、勝てば問題ないが負ければ深刻だ。悪かった所を反省しなければならない」と語った。
●レジェスは一刻も早くレアル・マドリーのチーム練習に合流したいようだ。契約が決まった瞬間からR・マドリーでの活躍を夢見るレジェスは「誰が相手でもポジションを獲ってみせるよ。僕はプレーするために移籍したんだ。もしラウルとポジションを争うことになっても、僕は勝ってみせる」とコメント。今回の移籍は買取オプション付のレンタルだが、「僕はR・マドリーが僕を必要だと認めてくれるために、全力を尽くしたい」と意欲を語っている。
●チャンピオンズリーグで再びチェルシーと対戦することになったバルセロナのグジョンセンが、チェルシーに勝つためには自分達のことだけに集中することが大切だとクラブのホームページで語った。古巣と戦うことにわくわくしているというグジョンセンだが、一方で「ロンドンに戻るのはとても不思議な気分」と語り、試合が近づいたら「チェルシーの選手や戦術の情報」を明かすと約束した。
●ハビエル・イルレタ監督は来週のアスレティック・ビルバオ戦に新加入の4人の選手をスタメンに並べることはないと断言している。「加入したその日にプレーするのはペレでも無理」というイルレタ監督は、ソビス、オドンコール、フォーゲルらはまだチーム練習をそれほど重ねていないことから次戦では温存する構えをみせた。
2006/09/02UEFA情報 レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、オサスナ、デポルティーボ、ACミラン、ASローマ
●ワールドカップ終了後に手術を行い、現在もリハビリ中のレアル・マドリーのFWロナウドだが、そのリハビリも一歩前に進み、ようやくボールを使った練習を開始した。移籍マーケットが閉まった翌1日、最終的にR・マドリー残留となったロナウドは落ち着いた様子でバルデベバスの練習場に姿を現した。
●アトレティコ・マドリーのヘスス・ガルシア・ピタルクTDは、レジェスとの間にサイン入りの合意書が存在することを明かした。またこの合意書の中には、レジェスが他のチームへ移籍した場合は200万ユーロ(約3億円)の罰金が発生することも明記されているという。「アトレティコは選手の署名入りの合意書を持っており、あとはアーセナル次第だった。しかしそこには罰金の話もきちんと書いてある」とピタルクTDは語っている。「アトレティコは署名されている合意書に書いてあることは守ってもらうつもりだ」と強気に出るピタルクTD
●オサスナのチャンピオンズリーグ出場権が思いがけないところから戻ってくるかもしれない。UEFAは現在“マテウス問題”に揺れるポルトガルのチームの大会からの追放を検討しており、もし追放という処分が下ればオサスナが振替でチャンピオンズリーグに出場することとなる。“マテウス問題”はフットボール界でも最大級のスキャンダルとなった。この問題はジウ・ビセンテが昨季終盤に、リーグに選手登録をしていないアンゴラ代表FWマテウスを試合に出場させたことが発端となった
●ディエゴ・トリスタンとスカローニがデポルティーボとの契約を放棄し、年俸を失うこととなった。FIFAの規定に従えば、いつでもチームに合流できるが、両選手は不本意な形でチームを去ることになりそうだ。
●「やっと完治した。とことんやれるコンディションに戻った」と1日、ACミランDFアレッサンドロ・ネスタ(30)が昨季から悩まされ続けていた内転筋の長期負傷から回復した事を明かした。
●ASローマ主将MFフランチェスコ・トッティ(29)が1日、記者会見に応じた。W杯優勝メンバーのトッティは「我々をからかうのは止めてほしい。今季ASローマが優勝候補と予想される事は重荷だ。昨季は理想のチームを作り上げる事が出来たので、今季も昨季と同じ精神で挑むだけだ」
2006/09/01UEFA情報 ウェストハム、ACミラン、インテル、アーセナル、チェルシー、サンダーランド、ユベントス
●レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの間で行われたアーセナル所属のスペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェス争奪戦は、レアル・マドリーに軍配が上がった。移籍マーケット最終日となった31日、レジェスとレアル・マドリーのジュリオ・バチスタの交換トレードが成立。レジェスは1シーズンのレンタル移籍という形で、長年の夢であったレアル・マドリーのユニフォームを着てプレーすることになった。現在、2008年欧州選手権グループ予選のためスペイン代表合宿に参加中のレジェスは、契約のサインを合宿地で行った後、スペインのラジオ局‘RADIO MARCA’の番組にレアル・マドリーの選手として初出演し、喜びと意気込みの第一声を伝えた。「ちょうど新しい契約書にサインしたばかり。僕は自分のことを今世界で一番幸せな人間だと思っているよ。でも、サインをするまでは落ち着いていられなかった。とにかく、僕を獲得して良かったと思われるようなプレーを見せていきたい」。
●08年ユーロ大会予選に向け、フィレンツェ近郊のコベルチャーノで行われているアズーリ(イタリア代表)合宿に参加中のFWアントニオ・カッサーノ(24=レアル・マドリー)に31日、問題が生じた。カッサーノは紅白戦の際中にDFザンブロッタ(29=バルセロナ)と接触、右足首を負傷した。
●アズーリ(イタリア代表)合宿に参加中の主将DFファビオ・カンナバーロ(32=レアル・マドリー)が31日、多くの報道陣を前にした会見でスペインでの新たな挑戦について語った。カンナバーロは「スペインではよく『何でいつも笑っているの?』と聞かれるが、自分では好きなカルチョを仕事にして、大切な家族と一緒に生活出来ており、そして何よりもW杯王者になった事が要因だと思っている。スペイン行きを決意したのは、レアル・マドリーが重要なオファーをしてくれた事と監督(カペッロ)とユーベで共に働き、お互いをよく知っていたから。そしてベッカム(31=MF)などのビッグ選手がおごる事無く自分の責任を果たそうと日々努力している点に惹かれた。そして一つどうしても付け足さなければならない事がある。スペインでは練習場が完備され、スタジアムには(ピッチとスタンドを)遮るものがない。その点に大きく感動している。この点で言えば、イタリアは遅れている」
●ハビエル・サビオラがバルセロナ残留を決意した。ライカールト監督の構想から外れているサビオラをクラブ側も他のクラブに移籍させようと策を練ってきたが、サビオラ自身はあと1年残っているバルサとの契約を全うするという決断を下した。
●バレンシアのフアン・ソレール会長とDFロベルト・アジャラは、会談し、それが「満足いくものだった」と明かした。アジャラは契約延長の約束を反故にされたと訴えていた。今回の会談で、ソレール会長はアジャラに対しこれまでのことを謝罪。アジャラは契約をまっとうすることになった。アジャラに対してはビジャレアル、そしてここ数日はR・マドリーが興味を示しているとされていたが、「ややこしくなってしまったが、クラブに完全に従う」
●8月31日の19時で、イタリア・セリエAの選手登録が締め切られたが、インテルのロナウド獲得はならなかった。インテルの筆頭株主であるマッシモ・モラッティ氏は、難しいとされていた同クラブのFWアドリアーノとレアル・マドリーのFWロナウドの交換トレードをあきらめた。
●イタリア人MFステファノ・フィオーレの1シーズンのレンタル移籍で、バレンシアとトリノが合意に達した。
●セビージャのブラジル人DFダニエル・アウベスは、「すでに契約の見直しの話を始めている」と語り、セビージャと1年間の契約延長する意志があることを明らかにした。アウベスは、「会長は(ホセ・マリア・デル・ニド)優勝できるチームを望んでいる。僕はそれに貢献したい。セビージャに残留することは失望ではない。むしろ成長著しく、愛着があるチームだよ」
●キケ・サンチェス・フローレス監督から戦力外通告を受け、バレンシアとの契約を破棄したオランダ人FWクライファートが、母国オランダのPSVアイントホーヘンと契約する事が明らかになった。
●ビジャレアルは、アーセナルからフランス人DFパスカル・シガンを2年契約で獲得した。ゴンサロ・ロドリゲスの長期離脱でセンターバックが手薄となったビジャレアルは、アトラス(メキシコ)から獲得したアルゼンチン代表DFファブリシオ・フエンテスに引き続きシガンを獲得。両選手ともセンターバックを務める選手だ。
●R・マドリーの悩みの種の一つであったグラベセンは、28日にグラスゴーへ渡りセルティックの経営陣と会談し、メディカルチェックも行った。29日に一度デンマーク代表合宿に合流し、そして翌30日に3年間契約で合意に至った。
●レバンテに移籍してきたGKモリーナは入団会見を行い「僕は決してレバンテの救世師ではない。レバンテを救えるのはテクニカル・ディレクターのマノロ・サルバドールだけだ。僕がチームへ提供できるのは今までの経験を生かしたプレーだけだ」
●移籍マーケット最終日となった31日、ウェストハムはブラジルのコリンチャンスから、アルゼンチン代表のFWカルロス・テベスとMFハビエル・マスチェラーノを獲得した。ウェストハムは、両選手の保有権を持つメディア・スポーツ・インベストメント社(MSI)と移籍金で合意。昨年8月にMSI社が同クラブの買収に乗り出した経緯もあり、昨シーズンのプレミアリーグを9位で終えたチームが、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシーといったビッグクラブとの獲得レースに勝利した格好となった。
●ACミランは夏季移籍最終日となる31日、ベティス・セビリアからブラジル人FWリッカルド・オリベイラ(26)の獲得を正式発表した。オリベイラは「やっとACミランの一員となれ、とても光栄。これからはカルチョの事だけを考え、自分の実力を証明したい。コンディションは出来上がっているので、すぐにでもゴールを狙っていく」と意気込みを語った。
●イングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルのベンゲル監督が、19歳以下(U19)日本代表FW伊藤翔(18)=愛知・中京大中京高=の獲得希望を持っていることが31日、分かった。
●チェルシーが、アーセナル所属のイングランド代表DFアシュリー・コールと契約したと報じた。アーセナルに、フランス代表DFウィリアム・ガラスの譲渡するとともに移籍金500万ポンド(約11億円)を支払うことで最終合意に達した。
●イングランド2部リーグで、元アイルランド代表主将ロイ・キーン氏が監督に就任したサンダーランドは31日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会トリニダード・トバゴ代表のドワイト・ヨーク(34)を2年契約で獲得したと発表した。
●イタリア・サッカー界の不正問題で、1部リーグ(セリエA)からの降格などの厳罰を受けたユベントスは31日、ラツィオ州地方裁判所へ処分撤回を求めて行った提訴を取り下げたと発表した
●イングランド・プレミアリーグのポーツマスは31日、クロアチア1部リーグのハイデュク・スプリトから同国代表MFニコ・クラニチャル(22)を4年契約で獲得したと発表した。
●メッシーナはフリーになっていたDFマルク・ユリアーノと正式に契約を結んだことを発表した。ユリアーノは昨シーズンはサンプドリアでプレーしていた。メッシーナとの契約は1年間。
●シエナはパレルモ所属の23歳のDFレアンドロ・リナウドをレンタルの形で獲得することを決定した。
●ミランはパスクワーレ・フォッジャを期限付き移籍の形でラツィオに放出したと発表した。フォッジャは1年間ラツィオでプレーすることになり、ラツィオはオプションとして彼の共同保有権を買い取ることもできる。
●ローマはブレシアからの期限付き移籍でジルベルト・マルティネス・ビダルを獲得した。
●トリノは最後の補強としてレッチェから23歳のコートジボワール人FWアクセル・セドリク・コナンを獲得した。
●リボルノはディフェンスの補強に資金を集中させ、新たに3人の選手を獲得した。獲得したのはラハマン・レザエイ(1975年生まれのイラン人DF、メッシーナから移籍)、ダリオ・クネジェビッチ(1982年生まれのクロアチア人DF、リエカから移籍)、サミュエル・クフォー(1976年生まれ、ローマから移籍)の3人。
●マルセイユからファブリス・フィオレズを獲得したロリアン。同選手の活躍には大変満足しており、さらにもう1人元マルセイユの選手を獲得して、この夏の移籍を締めくくった。その名はスティーブ・マルレ。FW陣の補強を望んでいたクラブは、元フランス代表のマルレの経験を買った。
●インテルとユベントスにそれぞれ逆転勝利を収めたミランが2006年TIM杯を制した。ミラノのサンシーロ・スタジアムで行われた第1戦ではミランが宿敵インテルと対戦。前半19分にはクルスのゴールでインテルが先制した。ミランはセードルフのパスからファバッリが決めて32分に同点。その4分後にもセードルフの絶妙のアシストからボッリエッロが2-1の決勝ゴールを奪った。
●マイコンの代わりとなる選手を探していたモナコは、ローマ所属のアルゼンチン人サイドバック、レアンドロ・クフレを獲得した。
●モデスト・エムバミのマルセイユ加入が決まった。パリ・サンジェルマンとマルセイユの間で30日に合意が成立し、現在はメディカルチェックの結果待ちとなっている。
●攻撃面で致命的な欠陥を見せ、今季の立ち上がりに苦しむオセール。ジャン・フェルナンデス監督は攻撃陣の補強策に出た。元イストル所属で、昨季はアジャクシオで活躍したムサ・ヌディアイェを獲得し、2年契約を交わした。
●インテルはブラジル人のサイドアタッカー、セーザルが期限付き移籍の形でコリンチャンスに移ることを発表した。
●インテルは木曜日にパレルモのMFマリアーノ・ゴンサレスの獲得を発表した。ゴンサレスは25歳のアルゼンチン人で、パレルモから期限付きでの移籍となる。
●ハンブルガーSVは31日、セルビア人FWダニエル・リュボヤの獲得を発表した。1年の期限付き移籍で結ばれた
●マルシオ・アモローゾはもはや自分がコリンチャンスの一員になったと考えている。「ミランの契約は好条件だったけど、試合に出ることはできなかった」今年7月で32歳になったFWアモローゾは、ミランで過ごした6カ月でわずか4試合のみの出場(1ゴール)に終わった。
●クロード・マケレレだが、自身のフランス代表選出について、木曜に記者団の前で声明文を読み上げ、代表選手としてのキャリアに終止符を打ちたいという希望を明らかにした。
●トリノはグルノーブルから完全移籍の形で日本人FW大黒将志を獲得した。
●ガラタサライへの移籍で合意している稲本潤一が31日、イスタンブールに到着した。
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。