UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/05/31UEFA情報
●アルゼンチン代表FWハビエル・サビオラの来季の去就に注目が集まっている。サビオラは今季、バルサからの期限付き移籍でセビージャでプレー。セビージャの初のUEFA杯優勝に貢献したが、シーズン終了後に完全移籍での獲得意思がないことを伝えられた。ビジャレアル、アトレティコ・マドリー、エスパニョールが興味
●アラゴネス監督は、最終メンバー発表で選考から外れたカプデビーラとペルニーアの名前をデル・オルノに代わる選手
●アトレティコ・マドリーの専務、ミゲル・アンゲル・ヒル・マリン氏は、アルゼンチンのインデペンディエンテのFWセルヒオ・アグエロと最終の契約合意を確立させるだけの状態であることを認めた。契約合意が確実になり次第、アグエロは、ドクターチェックと契約の公式発表のためマドリード入りする。
●R・マドリー、ユーベからイブラヒモビッチ、ザンブロッタ、カペッロを狙う
●バルセロナのスポーツ・ディレクター、チキ・ベギリスタイン「現在のチーム構成を維持する」「ポストプレーが出来て、チームのために働ける9番タイプのFWが欲しい。また、現在いる選手たちと熾烈なポジション争いを演じる覚悟がある選手だというのが条件だ」「我々は選手の名前で話をすることはない。探しているのは選手個人ではなくポジションにあう選手だからね」「マキシは若い選手だから、成長する必要がある」
●スペイン代表のルイス・アラゴネス監督が、先日の親善試合からスタメンを変更してエジプト戦に備えることを決断した。ビジャとフェルナンド・トーレスの後ろにラウルを置いて、4-3-1-2のシステムで本大会前最後の試合を戦うつもりだ。
●現在R・マドリー会長選挙に立候補中のラモン・カルデロン氏が地元ラジオに出演し「もし、私が会長に当選した場合、7月3日にカペッロがR・マドリー監督になっている」と発言
●モリエンテスがスペイン代表に招集されなかったことに関してレジェスは口をつぐむことはなかった。レジェスは「彼がスペイン代表にいないのは、非常に悲しい」とコメントを残した
●ミランのスター選手流出は止まらないようだ。マヌエル・ルイコスタがベンフィカに移り、アンドリー・シェフチェンコのチェルシー移籍が濃厚となっているのに続いて、もう1人のスター選手カカが、ミラノを去ることになるかもしれない。レアル・マドリーが彼にオファーを出そうとしているようだ
●チェルシーは30日、フェイエノールトのFWサロモン・カルーと3年契約を結んだと発表した。今季フェイエノールトで35試合に出場し、15得点を記録
●カルチョ・スキャンダルに揺れるユーベ(ユベントス)がネガティブイメージ払拭に試行錯誤している。31日付のガゼッタ・デッロ・スポルト紙は1面で「ユーベにバッジョ案が」の見出しが躍った
●負傷のザンブロッタ、W杯初戦ガーナには間に合わず
●「我々に世界中の注目が集まっている。目標は世界に我々イタリアのカルチョを見せる事だ。現在我々に対して外部から妨害が入っているが、怒りをエネルギーに変えることに成功すればと願っている。ユベントスに対しては、まだ3年間残っている契約を尊重したい。セリエBでも構わない」とユベントスMFカモラネージ
●「政府は2012年のユーロ、イタリア開催獲得に向けてあらゆる支援をする。ロマーノ・プロディ首相も推薦文を送るなど国を挙げて誘致に取り組んでいる」と政府の意思を明らかにした。
●30日、パルマはポルトガル人DFフェルナンド・コウト(37)との契約を1年間延長した事を正式発表した
●「今回の移籍について、大いなる感謝の気持ちと申し訳ないという複雑な気持ちだ。友人や同僚に挨拶する事も出来ず、1日でポルトガルに向かわねばならないという突然の出来事だった」とACミランからベンフィカに移籍が決まったポルトガル人MFルイ・コスタ
●アズーリ指令塔フランチェスコ・トッティ「この1週間徹底的に練習し、状態はとてもいい。W杯開幕時にはトップコンディションになっていると思うよ」
●規則委員会は30日、フィオレンティーナのGMパンタレオ・コルビーノに対し6ヶ月の停職処分を言い渡した
●チェルシーは、ミランのFWアンドリー・シェフチェンコの獲得を木曜に発表できるかもしれない。ほかの選手とのトレードは行わず、5000万ユーロ(約72億円)を支払うことでミランと合意に達したようだ
スポンサーサイト
2006/05/30UEFA情報
●ワールドカップドイツ大会を最後に現役からの引退を表明しているフランス代表MFジネディーヌ・ジダンに現役続行の可能性が出てきた。29日付のスペイン紙‘マルカ’によると、ジダンの元には現在、中国の2クラブ(北京国安と長春亜泰)からオファーが届いているとのこと。
●ベティスのホアキンは来季から他クラブでプレーしたい旨を明確にしているが、現時点ではR・マドリー次期会長候補らからは何の接触もないと伝えた。同時に、現在スペイン代表チームとして合宿に参加しているホアキンは、チームメートらからプレミア・リーグの良い評判を聞くと明かした。「来季から他チームへ移るという事実が大事だ。移籍先はW杯前には決定したいと思っているが、難しそうだ」とコメント。「ベティスでは5年間プレーしてきたが、そろそろ潮時だ。サッカー選手として育ててくれたチームだし思い出は沢山あるが、人生とはそういうものだ」と心境を語った。
●足首のケガに相変わらず苦しむバレンシアのビセンテにとっては、まだ今シーズンは終わっていない。6月17日までは物理療法士と共にビーチで足首を鍛えるトレーニングに励む日々が続く。「早くケガの事を忘れてサッカーをしたい。足首は日に日に回復に向かっており、来季には万全なコンディションで臨めるだろう」と希望を語る。
●チェルシーのMFフランク・ランパードは、FCバルセロナへの興味を隠さない。バルサはランパードの好きなクラブであり、バルサでのプレーは大きなチャンスと考えており、環境を変えたいとも考えている。また、ランパードの恋人はカタルーニャ人である。さらに、国際サッカー連盟(FIFA)規定によるランパードの移籍金は約600万ユーロ(約8億4000万円)と、お手ごろ。一方で、バルサはMFが不足しているわけではない。それにもかかわらず、MFチアゴ・モッタを放出したとしても、ランパード獲得はフランク・ライカールト監督にとって好ましいことだ。
●ルイス・アラゴネス監督が選んだFW3人は、よくないのではないだろうか。ブックメーカーにおいても、スペイン人FWのW杯での人気は下がる一方だ。たとえば、‘Ladbrokes.com’では、フェルナンド・トーレスの得点王に34倍のオッズがついている。ブラジルのFWロナウドは10倍だ。さらに‘Betandwin’ではラウルの倍率は67倍、‘Bet-at-home’ではビージャの倍率が35倍となっている。
●シチリア島パンテレリアで数日間の休暇を楽しんでいるユベントスの指揮官ファビオ・カペッロは、レアル・マドリーの会長選に立候補するとされているラモン・カルデロンとコンタクトを取ったことを認めた。「プレドラグ・ミヤトビッチやフランコ・バルディーニと一緒にカルデロンがここに来たのは事実だが、ただ彼等の話しを聞いただけで、誰とも何の約束もしていない」。‘ガゼッタ・デッロ・スポルト’ミラノ版のインタビューでそう明かした。
●バルセロナのレオ・メッシーがレアル・マドリー会長選挙の2候補の公約選手になる可能性がでてきた。この2候補はラジオ・マルカの番組内で、ライカールト監督がチャンピオンズリーグ決勝戦でメッシーを招集メンバーに入れなかったことをメッシーの家族が快く思っていないと知った上で、違約金1億5000万ユーロ(約214億円)を支払う用意があると伝えている。そして、仲介者を通じて、アルゼンチンでバカンス中のメッシーの父親ホルへ氏と交渉を始めるべくコンタクトを取ろうとしているようだ。
●フアン・ミゲル・ビジャール・ミル氏(会長候補)とカルロス・サインス氏(副会長候補)が、マドリー市内のカサ・デ・アメリカで7月2日に予定されているレアル・マドリー会長選挙への立候補宣言を行ない、将来のビジョンについて発表した。
●ブラジル代表のFWロナウドが、MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・レッドブルズからのビッグオファーを拒否していたことが29日、分かった。ワールドカップ・ドイツ大会に向けて合宿中のロナウドは、10年間で1億2000万ドル(約134億円)といわれるレッドブルズからのオファーの存在を認めながらも「レアル・マドリーとの契約が2008年まで残っているし、今はワールドカップに集中したい」と語り、オファーを拒否した事実を認めた
●ビジャレアルは、インテルのDFマルコ・マテラッツィに誘いをかけている。マテラッツィを獲得できない場合の第2候補は、イングランドのエバートンに在籍し、ローマが保有権を持っているDFマッテオ・フェラーリのようだ。
●W杯開幕を目前にしてアズーリの司令塔が完全復活をアピールした。28日、合宿地コベルチャーノでアマチュアチームのセステーゼ、サン・ジミニャーノと対戦したアズーリは2試合とも10-0の完勝。左足首ひ骨骨折から復帰したトッティはセステーゼ戦に3トップの左で先発出場した。見せ場は試合終了間際に訪れた。後半から本来のトップ下に戻ったトッティは水を得た魚のように切れを増し、得意のループシュートで観客を沸かせた。トッティの代名詞になりつつある“クッキアイオ(本来の意味はスプーン、スプーンですくうようにボールを蹴るループシュート)”を決めたトッティは「“クッキアイオ”というタイトルの自伝が出版されたからね。ぜひ試さなければならなかったんだよ。もはやクッキアイオでしかゴールを決められないけどね」と冗談を交える余裕のコメントを残した。
●ワールドカップ開催国のドイツは、イングランドの神童セオ・ウォルコットを恐れているようだ。アーセナルに所属するウォルコットは、いまだプレミアリーグでデビューを果たしていないため、決勝トーナメント1回戦でイングランドと対戦する可能性のあるドイツは17歳の快足FWについての情報をほとんど持ち合わせていない。そこでドイツは、アーセナルでウォルコットと4ヶ月間練習を共にしたGKイェンス・レーマンをスパイ役として、数々の情報を引き出しているようだ
●ドイツW杯に向けて合宿中のアズーリに初の負傷者が出た。28日に行われたアマチュアチームとの練習試合でザンブロッタ(ユベントスDF)が筋肉に違和感を覚え交代を余儀なくされた。
●28日に行われたセリエB最終節でカターニャがホームでアルビーノレッフェ相手に2-1の勝利を収めセリエA昇格を決めた。
●サンプドリア会長リッカルド・ガッロ-ネが“ラ・ポリティカ・ネル・パローネ”誌の取材に応じた。「ノベリーノ(監督)は移籍しないが、MFディアナには現在多くのクラブからオファーが来ており話し合いを進めている」と明かした。
●「チェルシーでの居心地は良いが、出来ればイタリアに戻れればと思っている。シェフチェンコが家族の為にチェルシー移籍を決意したようだが、家族の事を第一に考えるのは当たり前の事だと思う。サッカー選手が家族を理由に移籍を決意したのなら何も言う事は出来ないよ。自分はシェフチェンコのケースとは対照的に、家族の為にイタリアに戻りたいんだ。彼に言える事はモウリーニョ監督率いるチェルシーは良いクラブでサポーターも素晴らしいということ」とチェルシーFWでアルゼンチン代表クレスポがSKYの取材に応じ、かつての同僚にエールを送った。
●レッチェFWでセルビア・モンテネグロ代表のボンバー、ミルコ・ブチニッチ(22)が負傷し、ドイツW杯への出場が不可能になったことが分かった。29日、セルビア・モンテネグロサッカー協会はブチニッチが現在ポルトガルで行われているU21代表中に負傷したと正式発表した。
●パレルモは29日、パパドプロ監督の後任としてフランチェスコ・グイドリンと3年契約を結んだことを正式発表した。
●「トニの問題?一度契約書にサインをしたらそれを尊重するのが筋だろう。ただ今回は特殊なケースであるのも確かだ。トニは今季素晴らしい活躍をしたので、クラブに対し何かしらの要求をするのは普通の事だろう。いずれにしても双方が同意に達してくれると確信している」とフィオレンティーナのプランデッリ監督がFWトニ問題について語った。同監督は続けて「今週彼と会って話をした。その際彼は『合宿はいつからですか?』と聞いてきた。だからトニはこのクラブで来季の事を考えているという証拠だろう」とトニがフィオレンティーナに残留するだろうとの見解を明かした
●日本サッカー協会の名誉総裁を務める高円宮妃久子さまが、サッカー・ワールドカップ(W杯)の試合観戦などのため、6月17日から25日までの日程でドイツを訪問されることが30日の閣議で報告された。
●ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で1次リーグE組のチェコのMFロシツキーが太ももを痛めたことが29日、分かった。30日のコスタリカとの強化試合は欠場する予定。
2006/05/29UEFA情報
●FCバルセロナのMFガブリ(27)のアヤックス移籍が秒読みとなった。今季限りでのバルサ退団が決定的なガブリにはこれまでエスパニョールやビジャレアル、デポルティーボ・ラ・コルーニャが獲得に興味を示しており、エスパニョールへの移籍が有力視されていた。しかし、今季まで3シーズンにわたりバルサの第2監督を務めたテン・カテ(アヤックス監督)からの熱心な誘いもあってガブリの心はアヤックス入団で固まったようだ
●イングランド代表のスベン・ゴラン・エリクソン監督が、「レアル・マドリーが自分を欲しがっている」と代表選手に漏らしたという。『ザ・サン』紙が伝えた。エリクソン監督はドイツワールドカップ終了後の退任が決まっているが、来シーズンからレアル・マドリーで指揮を執ることに自信を覗かせているという。しかも、いかにしてクラブを強化するかについて、すでに思案中だというのだ。
●FCバルセロナのメッシーは、チームメイトのロナウジーニョがドイツW杯で大活躍する事を認めたものの、アルゼンチン代表が優勝カップを手にすると信じている。「ロナウジーニョはスーパースターである。しかし、優勝は僕達のものだ」と語るアルゼンチンの期待の若手メッシー。3月にCL、対チェルシー戦で負傷し試合から遠ざかっていたが、回復は良好だ。
●ここ数週間、ビジャレアルではFWディエゴ・フォルランの去就がメディアの注目を浴びていた。今ではMFフアン・ロマン・リケルメも同様である。マンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)は、公式サイト内の‘移籍のうわさ’というコーナーで、リケルメの獲得を再び狙うと表明した。
●レアル・マドリー元監督のビセンテ・デルボスケ氏は、幾度となく新会長候補への協力はしたくないと言い続けて来た。さらに、どんな事があろうと、フロレンティーノ・ペレス元会長が、6年前に始めた政策を継承する事を嫌ってきた。候補者の中では、ファン・ミゲル・ビジャル・ミル氏が、ペレス元会長の5人のディレクターを引き連れ選挙に臨むと見られている。そんな中、この選挙戦において、デルボスケ氏が考えを一転させている。マルカの調べでは、デルボスケ氏が、選挙戦がたけなわになってファン・パラシオス候補に肩入れする可能性がある事が明らかとなった。
●スペイン1部リーグに在籍する20チームの下部組織による7人制の全国大会がセビージャにて開催された。将来のプロ予備軍によるこの大会に、特別ゲストとしてロペス・カロ監督が招待された。ロペス・カロ監督は、R・マドリー監督を辞任することを発表。感謝の意を表しつつ「R・マドリーは私にとってとてつもない規模のクラブだった。しかし、最後まで責任は全うできたと思う。今は、監督としての今後について、非常に重要な瞬間を迎えている。」と語り、噂されているラシン・サンタンデール監督就任の話には、触れなかった。そして、スペイン南アンダルシア出身の同監督は「いつかは、アンダルシアのチームを指揮してみたいね・・・」と語った。
●ロシアとの親善試合に引き分け、スペイン代表はこれで20試合連続負け無しとなった。この数字は、代表チームとして、最も好成績となっている。2位はイタリアでこちらは16試合負けていない。負け知らずとはいえ、この20試合でも、わずか33ゴールしか決めることが出来ていない。
●ポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドは、バルセロナ、あるいはレアル・マドリーへ移るためマンチェスター・ユナイテッドを出ようとしている。クラブと2010年までの新たな契約にサインしたものの、それも十分だとは言えないかもしれない。
●フランス代表キャプテンのMFジネディーヌ・ジダンは、ラジオ番組『RTLフット』のインタビューに応じ、27日に行われたフランス対メキシコの親善試合でスタッド・ドゥ・フランスの観客が見せた態度を激しく非難した。「代表選手たちに口笛を鳴らしてやじるのは、本当に許せない。私には歓声が上がっていたようだが、ドラソーがやじられたり、バルテズがやじられたりするのは、私にやじを飛ばすのと同じことだ」
●パルマは、FWベルナルド・コッラーディを放出するようだ。コッラーディに対しては、数多くの移籍先候補がある
●サンプドリアは、アスコリからMFアンドレア・パローラを獲得するための交渉を終えつつある。
●キエーボの有力選手たちの争奪戦が始まった。MFフランコ・セミオーリ、ブラジル人FWアマウリには、ローマが強い興味を示している。
●カターニアがセリエA昇格を決め、トリノは昇格プレーオフに回る。セリエB最終節はこのような結果に終わった。
●インテルのアルゼンチン人MFフアン・セバスティアン・ベロンの去就に関して、数日中に答えが出そうだ。
●ミランが、カリアリのホンジュラス代表FWスアソに興味を持っているようだ。
●日曜の午前に行われた2試合目のテストマッチは、マルチェッロ・リッピ監督にとって良いニュースと悪いニュースの両方が織り交ぜられた結果となった。サン・ジミニャーノとの試合は、セステーゼとの第1戦と同じく10-0のスコアで終了。だが、ジャンルカ・ザンブロッタとアレッサンドロ・ネスタの2人が、けがをしてしまった。
2006/05/28UEFA情報
●ドイツでのワールドカップに向けて最後の調整に入ったスペイン代表は27日、ロシア代表とテストマッチを行った。本大会のグループリーグ最大のライバルとみられるウクライナ代表対策として行われたこのテストマッチで、スペイン代表のルイス・アラゴネス監督はスターティングメンバーに現段階でのベストメンバーを起用。ゲーム開始時は4-3-3だったシステムを、後半途中にレジェス(アーセナル)とホアキン(ベティス)を投入してサイド攻撃を目的とした3-5-2にチェンジするなど勝ちにいったが効果なく、結局スコアレスドローでゲームを終えた。ボール保持率では65パーセントとロシア代表を圧倒し、ゲームを支配したスペイン代表だが、スペイン各紙は「失望の大きなドロー」(マルカ紙)、「味気ないテストマッチ」(アス紙)、「明らかな決定力不足」(スポルト紙)、「忘れるためだけにあったゲーム」(ムンド・デポルティーボ紙)と、いずれも辛口な評価を下している。
●今年6月末にサラゴサとの契約が終了するブラジル人FWサビオは、9年ぶりにフラメンゴでプレーすることが決定した。
●ラシン・サンタンデールは6月末にR・マドリーとの契約が終了するフアン・ラモン・ロペス・カロをとりあえず1年間監督として迎えると伝えた。60万ユーロ(約8600万円)での契約だが、一部リーグ残留の際には25万ユーロ(約3600万円)のボーナスが支払われる予定となっている。
●数日前、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、バルサの選手を他のクラブが狙っていることについて、それに対する準備は出来ていると語っていた。また、現在会長選挙の準備に追われているレアル・マドリーがそういった“攻撃”に出てくることにも理解は示している。最近では、バルサの選手たちを他のチームが狙っているため、バルサが何とか選手の引きとめに苦心していると連日マスコミを賑わせている。特に注目されるのは二人の選手だ。まずはレオ・メッシー。彼が今年世界中に名前を知らしめたことを考慮すれば、彼の給料は安いと言える。さらに、彼の違約金は1億5000万ユーロ(約220億円)と設定されているが、この数字は法廷に持ち込めば違法とされる可能性もある。もう1人は、アンリが来ればバルサを去ると噂されていたサミュエル・エトーである。
●W杯を控えたスペイン代表のキャプテンとして、ラウルはあらゆる人にチームを支えてくれるように結束を要求した。「誰にとってもW杯は何か特別なもの。僕も期待しているし、特に今年は11月に大きな怪我を体験したからね。でももう調子はいいし、問題ないよ。これからは強いメンタリティーをもって少しずつ調子を上げていく。もちろん苦しいときもあるけど、気持ちさえあれば勝ちあがれるはずだよ」
●バルセロナへの移籍にストップをかけるため、チェルシーがフランク・ランパードの給料をアップすることを考えているようだ。ポジションとしては必要性のないバルサだが、ランパード自身がスペインでプレーしたいと希望している上に、彼の移籍金は安い。イングランドには違約金制度がないため、FIFAの規定を当てはめると、ランパードの移籍金はたったの600万ユーロ(約9億円)ほどと見込まれている。
●フィレンツェ近郊コベルチャーノで合宿中のアズーリ(イタリア代表)が緊急事態に陥っている。前ユーベGMモッジによる審判操作、セリエAに蔓延する八百長やドーピング隠蔽など一連のカルチョ・スキャンダルが優勝候補アズーリの首を真綿で締め付けている。合宿地コベルチャーノには選手を誹謗中傷する横断幕が掲げられ、サポーターからは野次が飛ぶ。毎日行われる記者会見ではどの選手に対してもスキャンダルの質問ばかり。連日のように発生する問題にFWフィリッポ・インザーギ(32)がついに叫んだ。26日、記者会見場に姿を現したインザーギは開口一番「事態が深刻な状況である事は我々全員が理解している。ただ、今はカルチョの話だけに専念させてくれ」。
●チェルシー移籍希望表明から一夜明けた27日、ACミランFWシェフチェンコが自身の公式サイト上でサポーターに向けて再度メッセージを送った。「昨日は自分にとって本当に苦しい1日だった。この結論に至るまで何度も何度も考えた。苦しい決断だったが、自分にとって最も大切な家族の将来を考える時が来ていた。数日前、自分の見解をベルルスコーニオーナーに話した。彼は私にとって息子のパドリーノ(洗礼に立ち会う保証人)という事もあり特別な存在で自分の話に耳を傾けてくれ、理解してくれた。『君の思うようにしなさい』と言ってくれた。生涯この恩は忘れないだろう。クラブ、ガリアーニ副会長にもお礼を言いたい。そして何よりサポーターの皆さんへ。皆さんから寄せられたメッセージを読み、涙が止まらなかった。皆さんの怒りや失望は痛いほど理解できます。でも、どうか私の男としての決断を理解して欲しい。皆さんが私に与えてくれた事は特別で、私の人生の中で最も大切な物の一つです。生涯忘れる事はありません」とサポーターに別れを告げている
●一連のカルチョ・スキャンダルが思わぬ波紋を呼んでいる。ポルトガルの強豪ベンフィカがFWファブリッツィオ・ミッコリの残留を希望しているが、彼のパスを持つユベントスとの交渉窓口が分からないという問題が発生していることが分かった。
2006/05/27UEFA情報
●ズラタン・イブラヒモビッチがレアル・マドリー会長選の切り札となる可能性がでてきた。イブラヒモビッチは、ユベントスがセリエBに降格した場合、R・マドリーに来る気持ちはあるのかについて、すでにある候補者から打診を受けている。イブラヒモビッチ本人はユベントスがセリエBに降格した場合、クラブを退団すると決めている。そしてもう一人、ジャンルカ・ザンブロッタもある候補者からの連絡を受け取っている。ザンブロッタは、フアン・パラシオス候補が当選した場合、スポーツ部門の最高責任者になるとされているホセ・アントニオ・カマーチョお気に入りの選手である。
●来季に向けてCFの補強を目指すバルセロナは3選手と交渉を行なっている。第1オプションがビジャレアルのディエゴ・フォルランであることははっきりしており、ライカールト監督もフォルランが獲得候補の1人であると認めている。交渉は順調に行っているようで、合意も近いとされているが、まだビジャレアルとの交渉という難関が残っているため、慎重に進めたいとしている。バルサは、フェルナンド・ロッジ会長がフォルランの移籍金を1500万ユーロ(約21億円)に減額するとふんでいる。バルサはフォルラン獲得失敗に備え、チェルシーのグジョンセン、フェイエノールトのカイトというオプションも考えている。
●ロレンソ・サンス氏(レアル・マドリーの元会長)がラジオ・マルカの番組内で、R・マドリー会長選に立候補する意向であると伝えた。
●9年間サラゴサの会長を務め先日辞任を表明したアルフォンソ・ソランスの後任、アガピト・イグレシアスは、来季からビクトル・フェルナンデスを監督として迎える旨を表明した。
●来季以降についてはW杯後に決定されると見られていたサラゴサのMFカニだが、ビジャレアルと5年間の契約で合意に達したと発表された。
●ビジャレアルのフェルナンド・ロッチ会長はディエゴ・フォルランをどこにも売るつもりはないと語り「彼にはまだ3年契約がある」と断言した。バルセロナが獲得を狙うフォルランだが、ロッチ会長は「来季は彼に加えてニハト、ギジェ・フランコ、ホセ・マリという優秀なFWが揃う」と満足げに語っている。
●ブラジル代表のドクターが、調子を取り戻していないと騒がれているロナウドの正確な体重について「絶対に明かせない秘密だ」と語り、周囲を牽制した。
●フェルナンド・トーレスは、ドイツW杯でビジャとの相性の良さで世界にアピールできると自信を高めている。「彼とは18歳のときから、U-20代表で一緒だったし、お互いのことを良く分かっているよ。今も理解は完璧だし、この相性の良さをまずはロシア戦(27日)、それから本大会でも見せたいね」。
●ティーニュでの1週間の合宿を終えたフランス代表のジネディーヌ・ジダンは、26日金曜日にクレールフォンテーヌで行われた記者会見では、落ちついた物腰で元気な姿を見せた。メキシコとの親善試合を翌日に控え、チームのモチベーションは最高に高まっているとのことだ。ワールドカップ(W杯)まであと2週間。ジダン自身も自らのキャリアの最後を飾るW杯で「最善を尽くす。その気持ちがいつもの1000倍ある」と語った。
●インテルのマルコ・ブランカTD(テクニカル・ディレクター)は26日、同クラブに所属するFWアドリアーノの今夏の放出を否定した。同TDは、ミランやレアル・マドリーへの移籍が噂されるアドリアーノについて「彼は来季もインテルに必要不可欠な選手。移籍マーケットに出していなければ、そうするつもりもない。メディアが騒いでいる(移籍)話はすべて作り話だ」と語り、アドリアーノ獲得を狙うクラブに警告を発した。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、右足骨折でワールドカップ出場が微妙な状態であるFWウェイン・ルーニーについて、「ワールドカップでプレーすべき選手」と語り、愛弟子のドイツ行きを後押しする姿勢をみせた。
●チェルシーへの移籍を正式に表明したACミランのウクライナ人FWアンドリー・シェフチェンコが移籍を希望するに至った経緯を説明した。「移籍したいという意思をACミランが尊重してくれる事を願う。アンチェロッティ監督やクラブとの関係など理由ではない。まして金銭面などもってのほか。サポーターが送ってくれた数々のメッセージを読むと今回の結論は非常に辛い。今回の決断に妻は関係ない。我々2人が話し合って家族の将来の為に出した結論だ。自分は英語が話せず、妻(アメリカ人)はウクライナ語が話せない。現在我々夫婦の共通語はイタリア語だが、子供達が理解するのが英語のみなので。自分の要求に対してガリアーニ(ACミラン副会長)、ベルルスコーニ(同クラブオーナー)が耳を傾けてくれた事に大変感謝している。この決断は今後の人生の為に重要だった。ACミランの様な素晴らしいクラブに巡り会うのは難しい。この選択が家族にとって最善であると願っている」と苦渋の選択だった事を明かした。
●「トニは移籍市場の選手のように思えた」とインテルのオーナー、マッシモ・モラッティがフィオレンティーナの点取り屋トニ獲得の可能性について語り始めた。同オーナーは続けて「今はフィオレンティーナをあまり刺激しない方がいいだろう」。また移籍の噂が絶えないインテルFWアドリアーノについて「彼は我々の選手。インテルのために貢献してくれるだろう。今季は厳しい1年だったが、クラブへの愛着心と相互理解は変わらない」と残留を明言している。
●ブラジル代表合宿に参加中のユベントスMFエメルソンが記者会見でユーベを去る可能性を口にした。カルチョ・スキャンダルの渦中にあるユベントスだが「今後クラブがどうなるか見守らなければならないが、ユーベに残るかどうか現時点では分からない」と移籍の可能性を示唆している。ブラジルのメディアによるとエメルソンは既にACミランとレアル・マドリーからオファーを受けていると報道している
●ジェレミー・トゥラランに続くリヨンの2人目の補強となったのは、スウェーデン代表でレンヌ所属のMF、キム・カールストレムだ。
●ランスは積極的にユース世代の登用を行っている。地元ラガイエット養成センターから、21歳のギニア出身DF、カミール・ザヤエットと22歳のMF、ジミー・ケベと契約した。
2006/05/26UEFA情報
●来季に向けてFWの補強を必要とするバルセロナの第一オプションはビジャレアルのディエゴ・フォルランであることははっきりしているが、バルサはフォルラン獲得に必要以上の額を費やすことは考えていない。ビジャレアルはフォルランの移籍金を2300万ユーロ(約32億8000万円)に設定しているが、バルサとしては1000万ユーロ(約14億2900万円)以上払う考えはないようだ。
●バレンシアのイタリア人FWマルコ・ディ・バイオは、クラブがリバプールのフェルナンド・モリエンテスを獲得する代わりに自身がリバプールに行く可能性について、これを拒否する構えを見せている。「その提案についてはバレンシアから話しがあった。バレンシアはモリエンテスを欲しがっているようだが、交換トレードの可能性については何も知りたくないんだ。自分が望んでもいないクラブに行くつもりはないし、ましてや他の選手を獲得するためだなんてね。僕はモノでも何でもないし、家族だっているんだよ」。
●元イタリア首相であり、ACミラン会長であるベルスコーニは、今週水曜日(24日)に「本当に残念だが、バルサはロナウジーニョを売る気は全く無いようだ。」と語り、すでに退団の意思を示しているシェフチェンコを引き止めなければいけなくなった。同会長は「シェフチェンコは出て行きたいと言っている。私達はいくらかかろうとも彼に残ってもらうつもりだ。ロナウジーニョ獲得の噂がミラノでも流れたが、我々はシェフチェンコに残ってもらいたいんだ。それにバルサは彼を売ってはくれないしね」
●リバプールは25日、スペイン人FWフェルナンド・モリエンテス(30)のバレンシア移籍をクラブの公式サイト上で発表した。契約期間など詳細は明らかにされていない。
●二年間ケガと戦い続けているR・マドリーのウッドゲイト。いつまでたっても希望が見えずフラストレーションがピークに達している。血のにじむような努力も世界中のどの名医も、彼の問題を解決する事はできていない。故郷のイギリスにいる家族や友人とも離れ一人寡黙に戦い続けてきたが、出口の見えないトンネルの中で体力も精神も疲れ果ててしまっている。R・マドリーはすでに4月、家族の見守る中治療に集中できるようリーズへの移籍を許可している。
●R・マドリーが注目していると噂されているバイエルン・ミュンヘンのブラジル人DFルシオは「R・マドリーからは何の誘いも受けていない」と噂を真っ向から否定した。
●今週土曜日(28日)に行なわれるロシア代表との親善試合に向けて、戦術練習を行ったスペイン代表。ロシア戦は、ドイツW杯に向けて大事なテストとなる。
●元ミランのデヤン・サビチェビッチはブラジルを優勝候補に推している。「メッシは本物の怪物だ。このまま成長を続け、けがをさせられることがなければ、私以上になるかもしれない」
●バルセロナは、新シーズンに向け、ユベントスのDFジャンルカ・ザンブロッタ獲得を最優先課題に掲げている。
●アルゼンチン代表のFWエルナン・クレスポは、チェルシーから契約延長のオファーを受けたことを明らかにした。プレミア王者チェルシーとの契約を2年残すクレスポは、アルゼンチン紙の取材に対し、2009年までの契約延長を提示されたと語っている。「チェルシーとの契約は2年残っているけど、さらに1年間の延長をオファーされた。今季の働きが評価されたんだろうね。プレミア優勝に貢献できて僕も満足しているよ」
●「ユベントスのような名門クラブでプレイ出来ることにとても満足している。クラブ側の歓迎も良かったし」。トリノに到着したクリスチャン・ザネッティが短く語った。
●フランス代表合宿に参加中のユベントスDFリリアン・テゥラムが25日、記者会見で一連のカルチョ・スキャンダルについて語った。「いったい何が起こっているのか?と驚いている。スキャンダル発覚当初は冗談かと思いあまり気にもしていなかったが、日に日に色々なことが明るみになり、これは現実なのか?と自問自答している」
●「おそらく明晩会えると思うが、今日ガリアーニ(ACミラン副会長)と会う予定はないので、今はまだ何もいえない」ミラネッロ(ACミラン本拠地)に待ち構える多くのマスコミを前に、去就が注目されるFWアンドリー・シェフチェンコが短く答えた
●「我々ACミランは潔白で、クラブ経営も最善の方法で行っている」とフィレンツェ近郊のコベルチャーノの代表合宿に参加中のACミランMFアンドレア・ピルロが25日、記者会見で語った。
●パルマ当局での賭博容疑の事情聴取を終え、身の潔白が証明されたアズーリの守護神ブッフォンが25日午後、詰め掛けた報道陣を前に心境を語った。「他の事を一切気にせずに、ようやくW杯にのみ集中できるようになった事を実感している。明確にしなければならないこと全てを明らかにし、ほっとしている。憑き物が落ちて身が軽くなった様に感じるよ」
●代表キャプテンのDFカンナバーロが昨日に行われた会見の報道に誤解がある事を危惧し、翌25日に再度記者会見を行った。「今朝、新聞を読んでみて自分の言いたい事が伝わってないように感じた。自分もカルチョ界が潔白である事を望んでいるし、過ちを犯したものが償うのは当然の事だと思っている。カルチョ界が混乱した今、『アズーリを出来る限りサポートする』といってくれたロッシ氏(イタリアサッカー協会の新会長)には絶大な信頼を置いている。我々は再びカルチョを信用してもらえるように試合で結果を出さなければならない事も十分理解している」
●ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の開催国ドイツの主将MFバラックが25日、合宿地のジュネーブで行われた地元クラブのユースチームとの練習試合で、左足首を負傷した。
●パリ・サンジェルマン(PSG)の公式ウェブサイトは25日、FWのパウレタが2008年6月までの契約延長に応じたと伝えた。
2006/05/25UEFA情報
●ワールドカップ開幕まであと約2週間と迫った24日、スペイン代表はスタメン組と控え組に分かれて紅白戦を行った。システムは今季のバルサと同じ『4-3-3』が採用され、注目を集めるスタメン組にはゴールマウスにカシージャス、ディフェンダー右からセルヒオ・ラモス、プジョール、パブロ、デル・オルノ、中盤の底にはセナが入り、その両サイドをシャビ・アロンソとセスク、そして3トップとなるフォワードにはルイス・ガルシア、フェルナンド・トーレス、ビージャが入った。一方、ケガで今シーズンの半分を棒に振ったFWラウルとMFチャビはそれぞれ控え組でプレーし、本大会での先発入りにも暗雲が垂れ込めてきている。
●ヨハン・クライフが、バルセロナは今オフに大型の補強をすべきではなく、必要なのはチームとして成長するために必要なポイントを補強することだと持論を展開した。「毎年エトーやロナウジーニョ級の選手を獲得するべきではない。そうすればチームは崩壊することになる」とクライフ氏。来季の補強ポイントを尋ねられた彼は、「これがカタルーニャのマスコミの困ったところだ。考えが浅はかだよ」
●バルセロナがユベントスを取り巻く一連の疑惑の行方に注目している。もしユーベがセリエBに落ちることが決まれば、外国人選手をはじめとした多くの選手がチームを去ることは明白。そんな中、ライカールト監督はラーションの代わりとなるセンターFWを探しているのである。バルサが注目するのはイブラヒモビッチとトレゼゲだ。これまで、エトーを獲得する以前もバルサはこの2選手を狙っていた。特にトレゼゲに関しては、バルサと基本合意まで達していたものの、カペッロ監督就任により移籍が立ち消えた過去もある。
●来季に向けダビ・ビージャの相棒となるFWの獲得を狙うバレンシア。キケ・サンチェス・フローレス監督が挙げる候補にリバプールのフェルナンド・モリエンテスがリストアップされた。同監督の獲得候補の中にはデポルティーボのディエゴ・トリスタンも入っているが、契約には本人の同意が必要なため時間がかかるとされており、モリエンテスが最有力候補に踊り出た。これによりバレンシアはリバプールと交渉を進めていくことになるが、GM職を兼ねるラファ・ベニテス監督はバレンシア側に400万ユーロ(約5億7500万円)プラス、マルコ・ディ・バイオを要求しようと考えている。
●バルセロナはこの夏にディフェンスラインの補強はしないことになりそうだ。来季に向けて両サイドバック、左利きのセンターバックの補強が必要とされており、キブ(ローマ)、ダニエウ・アウベス(セビージャ)、ガラス(チェルシー)、オボモイェラ(ブレーメン)などの名前が上がっていた。
●アトレティコ・マドリーは24日、来季からの新監督として今季オサスナを率いたメキシコ人指揮官ハビエル・アギーレの就任を発表した。アギーレは就任会見で「過去のことは関係ない」と、ここ数シーズン低迷しているアトレティコを再び強豪クラブに立て直すことに自信をみせた。「このクラブを相応しい場所にまで引き上げるのが私の使命。これから先は前進するのみだ」。放出の噂の絶えないフェルナンド・トーレスについても言及し「彼はすばらしい才能を持っている。来季のアトレティコに必要な選手だ」とコメント
●ビジャレアルは25日、アーセナルのMFロベール・ピレス(32)と来季からの2年契約で合意に達した。メディカルチェックを無事パスすれば、7月2日か3日に正式に入団発表が行われる。ピレスは「ビジャレアルとの合意にはとても満足している。ビジャレアルが来季からも大きな目標を達成できるよう貢献したい」
●スペイン代表は右サイドバックのミチェル・サルガドを失うことになってしまうかもしれない。レアル・マドリーのDFサルガドは練習中に右足の筋肉を痛めてしまった
●各クラブの代表選手の人数は以下の通り。
16人:チェルシー(イングランド)
15人:アーセナル(イングランド)
13人:ミラン(イタリア)
12人:ユベントス(イタリア)、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
11人:バルセロナ(スペイン)、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
10人:ディナモ・キエフ(ウクライナ)、レアル・マドリー(スペイン)
9人:アヤックス(オランダ)、アルヒラル(サウジアラビア)、レバークーゼン(ドイツ)、リヨン(フランス)、リバプール(イングランド)、PSV(オランダ)
8人:ハンブルガーSV(ドイツ)、ドルトムント(ドイツ)、デポルティボ・サプリサ(コスタリカ)、インテル(イタリア)、シャフタル・ドネツク(ウクライナ)、バレンシア(スペイン)
7人:アルイテハド(サウジアラビア)、デポルティボ・キト(エクアドル)
6人:ベンフィカ(ポルトガル)、グアダラハラ(メキシコ)、ブレーメン(ドイツ)
5人:アルアハリ(エジプト)、エル・ナシオナル(エクアドル)、アラフエレンセ(コスタリカ)、レンヌ(フランス)、ローマ(イタリア)、シュツットガルト(ドイツ)、トッテナム・ホットスパー(イングランド)
●アズーリ(イタリア代表)の守護神ジャンルイージ・ブッフォン(28=ユベントス)に対する捜査が厳しさを増している。24日、パルマ当局は賭博容疑のブッフォンに出頭命令を出した。W杯を目前に控えたアズーリは現在フィレンツェ近郊のコベルチャーノで合宿中だが、社会現象となった“カルチョ・スキャンダル”徹底解明の前に代表選手といえ、特例は許されなかった。ブッフォンは大勢のマスコミが見守る中、合宿地を後にした。
●マンチェスター・ユナイテッドは、右足骨折でワールドカップ出場が危ぶまれているイングランド代表FWウェイン・ルーニーの治療を担当するチームドクター、マイク・ストーン氏を解雇したと発表した。
●「状況は日々良くなってきている」とACミランのウクライナ人FWシェフチェンコがシーズン終了間際に負った膝の怪我回復状況について語った。「急ぎたくはない。医師に経過を診てもらえばより詳しい状況が確認でき、W杯へ向けての可能性も見えてくるだろう」と付け加えた
●イタリア代表。ジラルディーノは「我々に対する批判はエネルギーになる。ベッケンバウアーは他国の事を干渉せずにドイツ代表のことだけを考えるべき。リッピ監督も我々の力を世界に知らしめる為に燃えている」と前向きに述べた。ペロッタも「如何なる攻撃も我々にダメージを与える事は出来ない。むしろ、よりテンションを上げる事が出来ている。(クラブで同僚の)トッティも日々良くなっているようだ。初戦のガーナ(6月12日)には100%回復するだろう」
●ユベントス監督ファビオ・カペッロが「自分がファーガソンのような立場?新聞が書いているだけのこと」総合マネージャーに就任するのでは?との噂
●「ユベントスで獲得した2度のスクデット(優勝杯)はいずれも我々の物だと思っている」とコベルチャーノでの代表合宿に参加中のユベントスDFカンナバーロが24日、記者会見で語った。カンナバーロは続けて「今回のスキャンダルはユベントスの幹部のみが巻き起こした事ではなく、イタリアカルチョ界のシステムが引き起こしたスキャンダルだ。みなモッジの友人だったはずだが・・・」
●「パレルモ幹部と会い、DFグロッソの移籍について話し合った。交渉成立まであと一歩のところまでいったが、合意には達しなかった。2、3日中に再交渉して話を終結したい」とインテルのテクニカル・ディレクター、マルコ・ブランカが明かした。
●代表合宿中のACミランMFガットゥーゾがチェルシー移籍の噂される同僚FWアンドリー・シェフチェンコについて語った。「シェフチェンコがACミランに残留してくれる事を期待しているけど・・・多分クラブ側は彼より奥さんとゆっくり話し合って残留を説得しなければならないだろう」
●「今季と昨季の優勝も過去27回の優勝と同様に価値あるものだと思っています」と自動車メーカーのフィアット副会長ジョン・エルカン氏が株主総会の最後に語り始めた。同副会長は続けて「クラブの新会長にはおそらくユベントスの大物OBが就く事になるでしょう。但し、フランス人(プラティニ説を否定)ではありませんが。
●マンチェスター・ユナイテッドのFWファン・ニステルローイは、W杯が終わるまで自身の将来については考えたくないと語った。同時に、アレックス・ファーガソン監督が彼を構想外と考えていることについて、全く分からないとも明かしている。「マンチェスターのファンも不思議に思っているだろうけど、それは僕も同じだよ。僕はユナイテッドが好きだし、だからこの状況は全然理解できない」
●ユベントスが降格した場合、ACミランはFWスラタン・イブラヒモビッチ獲得に動く。ミランの実質オーナーであるシルビオ・ベルルスコーニ氏もまた、イタリアサッカー界のスキャンダルの渦中にいるが、ミランのセリエA残留は保証されている。そこで、ミランはイブラヒモビッチ獲得を表明。25日にもチェルシー移籍が発表されるFWアンドレー・シェフチェンコの後継者にすえるつもりだ。
●マンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)は公式サイトに、アトレティコ・マドリーのFWフェルナンド・トーレスの獲得に自信をみせるコメントを掲載した。フェルナンド・トーレスについては以前からマンU、チェルシー、アーセナルといったイングランドのビッグクラブへの移籍がうわさされてきた。マンUはサポーターとのウェブ上での「フェルナンド・トーレスは来季のために必要か」という討論において、FWルート・ファン・ニステルローイに2100万ユーロ(約29億4000万円)をつけ、アトレティコにオファーを出すとした。
●不正疑惑に揺れるサッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で、強豪のACミランも審判員の指名を操作したと、25日付のイタリア全国紙コリエレ・デラ・セラが伝えた。審判員をめぐる同様の疑惑はユベントスなどで持ち上がっている。
●火曜日にジャン・フェルナンデスがマルセイユ監督を辞任し、クラブ側は後継者選びに乗り出した。新監督は、ささやかれている通り、おそらくディディエ・デシャンに決まるだろうと言われている。
●オーストラリア代表ヒディンク「彼ら(日本)はあきらめるぐらいなら死を選ぶ。アジアで仕事をした経験から、彼らが常に非常に強い決意を持って戦っていることがよく分かる。それが彼らの強さの理由だ。注意して臨まなければならない。また、欧州の主要リーグでプレーした国際経験豊富な選手も多い」
●ワールドカップ(W杯)に出場するイングランド代表FWオーウェンが24日、ベラルーシと25日に行う練習試合に先発することになった。負傷以来約半年ぶりのプレーとなる。
2006/05/24UEFA情報
●あくまでもラーションに代わるFW獲得候補は、ビジャレアルのフォルランではあるが、バルサの幹部は、フォルラン獲得交渉が難航した時のための準備を進めている。ライカールト監督が、提示した候補リストに、チェルシーのアイスランド人FWグジョンセン(27)の名前が浮上した。
●ボスニア系スウェーデン人FWスラタン・イブラヒモビッチは、ユベントス退団を決定し、R・マドリー入りに動き出す準備を始めている。バルサがイブラヒモビッチの状況を質問した際、イブラヒモビッチは、R・マドリーへの興味を示した。ユベントスの2部降格がほぼ確実となっていることから、イブラヒモビッチの退団は濃厚である。
●スペインリーグ復帰が囁かれているリバプールのモリエンテスだが、同選手の代理人がその可能性を否定。
●アトレティコ・マドリー会長であるセレソは、「ロシツキーレベルか、それ以上の選手を連れて来られるように努力する」と語った。ドルトムントと交渉の末、ロシツキー獲得が内定したのだが、直後、アーセナルが同選手と交渉を開始。結局アトレティコ・マドリーは大物選手をアーセナルに奪われてしまったのだ。同会長は続けて「だから、移籍には完全に決定したわけではないと言っていたじゃないか。ずっと交渉を続けていく中で、我々は同選手を欲しがったが、ドルトムント側がそうじゃなかったということだ。同選手には、かなり良いオファーを出したが、移籍のマーケットは誰にでも開かれている。そこで、別のクラブが我々よりもさらに多くのお金を払い、彼を持って行ったのだ。」移籍失敗について、「テーマは権利のことだった。ドルトムント側は、すぐにでも保障と移籍金が欲しかったようだ。このように、移籍に合意に達したにも関わらず、それが駄目になるケースは。これまでにも起こったことがある。今は、もう落ち着いているし、問題は無い」明日(24日)には、新監督として元オサスナのハビエル・アギーレ監督のプレゼンテーションが行なわれる。「すでに昨年から試みていることだが、来シーズンに向けて、今が変えることが必要な時なんだと思う。チームとしても、プロフェッショナルとしても、全てを一新したいんだ」とした。「よって、これまで何年もアトレティコ・マドリーの為に働いてきた人達に変わって、新しいスタッフを使わないといけない。全ては来シーズン、アトレティコ・マドリーが素晴らしいシーズンを送るためなんだ」
●スペインのルイス・アラゴネス監督はラウル・ゴンサレスを中盤に置いた4-3-3のシステムをテストした。スペイン代表はオルタレサのサビオ・スタジアムで練習を開始。戦術面でいくつかの変更が見られた。
●ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、日本と同じ1次リーグF組に入った前回優勝のブラジルが24日、当地の事前合宿地で練習を開始し、FWロナウドは別メニューで調整した。
●リバプール所属のフェルナンド・モリエンテスがバレンシアの来季の補強候補にリストアップされた。
●ニューカッスルがフェイエノールトのオランダ代表FWディルク・カイト獲得に本腰を入れはじめた。
●22日、ミラノ近郊の街ブレーシャの鋼鉄会社オーナー、トンマーゾ・ジラルディ氏(31)が一連のカルチョ・スキャンダルを理由にパルマ買収を思い止まった事をパルマTVで明らかにした。
●22日夜に放送された人気番組“ストリッシャ・ラ・ノティッツィア(3面記事ニュース)”で金のバクがイタリア代表監督リッピ宅に届けられた。バクを受け取ったリッピは「スキャンダル?どのスキャンダル?一連のスキャンダルにはとても深刻なものあるが、真実でなかったり、たいした問題でなかったりするなど情報が入り混じっている。誰も信じてくれないだろうが、私はGEAワールド(代理人マネージメント会社)の回し者ではないし、私の息子(GEAワールド幹部)は私の代理人ではない。ドイツW杯に悪影響が出るといわれているようだが、我々は強く、まとまったチームだ。イタリアの選手達がいかに素晴らしいかを世界に知らしめたい。我々の能力を過小評価したい人がいるようだがそうはいかないよ」
●「本日よりアレッシオ・セッコがファビオ・カペッロと協力し、来シーズンに向け準備していく」とユベントス取締役カルロ・サンタルバーノが23日発表
●パルマは23日、GMオレステ・チンクイニの辞任を発表した。
●フィレンツェ近郊のコベルチャーノで合宿中のイタリア代表、FWデル・ピエロに小さな問題が持ち上がった。デル・ピエロは非公開で行われた23日午後の紅白戦でタックルを受け、足首に打撲を負った。
●ロベルト・マンチーニ監督が留任するのであれば、ファン・セバスティアン・ベロンはあと1年間ミラノに残る。
●トリノ地検はユベントスの不正経理疑惑の一環として、41件の契約を調査していることを明らかにした。トリノ司法当局の調査対象となっているのはレアル・マドリーに移籍したジネディーヌ・ジダン、現在セビージャでプレーしているエンツォ・マレスカ、現ベンフィカのファブリツィオ・ミッコリらの契約。
●不正賭博に関する捜査の一環として、ユベントスのジャンルイジ・ブッフォンは水曜日にパルマの検察官の事情聴取を受ける。
●ミランのDFアレッサンドロ・ネスタは「過去2年間のリーグ戦はなかったことにしよう」と語った。ユベントスが獲得した2つのスクデットが、はく奪される可能性があるが、ネスタはそのタイトルをミランのものにしたいとは考えていない。キャプテンのパオロ・マルディーニが述べていたのと同じ考えだ。「僕も欲しいとは思わない。2つのタイトルを祝うことはできないだろう」
●フレディ・リュングベリは足の負傷のためワールドカップ(W杯)のグループリーグをすべて欠場することになるかもしれない。
●移籍市場が再開して以来、フランス王者リヨンが活発に動いている。リーグアンで5連覇を果たしてもなお意欲満々のリヨンは、マルセイユのフランス代表MFフランク・リベリーに続いて、今シーズンのリーグアンの得点王パウレタ(パリ・サンジェルマン)に的を絞っている。
●ひざの炎症のため、ロケ・サンタクルスはパラグアイが5月中に行う親善試合を欠場する。
●フィル・ネビルは再びワールドカップ(W杯)出場を夢見ることができる。ナイジェル・レオ・コーカーの代役として補欠メンバーに招集された
2006/05/23UEFA情報
●フォワード獲得に向けすでに動き始めているバルサだが、ライカールト監督はディフェンスラインの強化を強く望んでいるようだ。現在、バルサでセンターバックとして戦力に数えられるのはマルケス、プジョール、オレゲールの3人だけ。そのオレゲールも今季は右サイドバックとしての出場機会のほうが多かった。
●ブロンビー(デンマーク)のミカエル・ラウドルップ監督が21日、同クラブと来季以降の契約を延長しない意向を明らかにした。
●R・マドリー所属のイングランド代表キャプテン、デビッド・ベッカムが、彼同様ビクトリア夫人もスペインを離れるつもりはないとし、R・マドリーでキャリアを終えることができれば最高だと伝えた。「スペインに定住したい。僕の家族もここで幸せに暮らしているし、R・マドリーでプレーできて僕は幸せだよ」。
●アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長は、現時点ではハビエル・アギーレの新監督就任会見ははっきり決まっていないとし、正式に獲得が決まっているのもマリアーノ・ペルニーア(ヘタフェ)だけと明かした。「現在、入団が決まっているのはベルニーアだけだ。セルヒオ・アグエロ(インデペンディエンデ)、トマス・ロシツキー(ボルシア・ドルトムンド)については、彼等のクラブからの返答次第という状況だ。ラウル・ガルシア(オサスナ)については何にも分からない。契約についてはスタッフの案件だ」
●代表キャプテン、ラウル・ゴンサレスは、代表メンバーに信頼を寄せ、優勝するためにW杯ドイツ大会に行くと意気込みを明かした。「たくさんの興奮があるW杯は素晴らしい大会だ。僕達は練習を始めたくてうずうずしているよ。W杯にはたくさんの驚きがあるだろうし、それがスペインに起こって欲しいね。もちろん僕達は優勝を狙うつもりだ。時間が限られているけれど、僕達にはうまくやるための力がある。少しずつ自信と信頼を掴んでいくことが大切だ」
●セビージャのダニエウ・アウベスはリバプールへの移籍を希望する旨をにおわせている。同選手によればリバプールも来季の強化メンバーとして名が挙げられており、すでに接触し始めたという。「スペイン人監督を筆頭に素晴らしい選手が揃っている。去年はチャンピオンズで優勝したという一流チームだ」
●スペイン代表選手に選ばれ合宿先に到着したビージャ「勝ち以外は頭にない。W杯出場チームでも優勝候補の一つに間違いない。あとは一歩一歩優勝に近づけるよう希望を持ちつづける事だ」
●アーセナルのFWティエリー・アンリの獲得に失敗したFCバルセロナが、近日中にもビジャレアルのFWディエゴ・フォルランの獲得へ大きな動きをみせる。
●バレンシアの新たなスポーツ・ディレクターとなるアメデオ・カルボーニは、ディエゴ・トリスタンに目を付けている。
●4度目のワールドカップ獲得に向けて発進したアズーリ(イタリア代表)だが前途は多難。22日、フィレンツェ近郊のコベルチャーノで合宿初日を迎えたアズーリはサポーターからブーイングの嵐を浴びる最悪のスタートを切った。
●チェコ代表で、ボルシア・ドルトムントに所属するトーマス・ロシツキが、メディカル・チェックをパスし、移籍金600万ポンド(約12億円)でアーセナルに入団することが決まった。ロシツキは母国メディアに対し、以前からアーセナルでプレーしたいと公言していたという。「もしクラブを自分で選ぶことができるなら、アーセナルがいい。最高の選手、ティエリ・アンリがいるからね」
●「出来るだけ早く会長と話し合えればと思っているし、会長もそう思ってくれていると信じている」とフィレンツェ近郊のコベルチャーノで代表合宿中のフィオレンティーナFWトニが同クラブ会長デッラ・バーレに向け、メッセージを残した。
●「アドリアーノ・ガリアーニは正直な人物でミランとカルチョの熱狂的なサポーターだよ。彼自身が今回の件で責任を取らなければならない立場だとは信じてはいないが、辞任するいい機会ではないか」。元フェデル・カルチョ副会長でドイツW杯でのイタリア代表責任者ジャンカルロ・アベーテがガゼッタ・デル・スッド紙のインタビューで見解を述べている
●「自分は落ち着いている。隠さなければならないものはない。調査員も自分に不審点は感じていない」スウェーデン代表でユベントスFWのズラタン・イブラヒモビッチが財務当局による家宅捜査にも平然と応えた。
●「イタリアでは“辞任”は過ちを認める事を意味するので私は辞めない。私は全くもって潔白だ」とACミラン副会長でレーガ・カルチョ会長アドリアーノ・ガリアーニが会長職を辞任する意思が無いことを明らかにした。
●フィオレンティーナへの移籍が決まったラツィオMFファビオ・リベラーニがラジオ番組に出演、ラツィオサポーターに向け別れの挨拶をした。「皆さんさようなら。ラツィオで過ごした5年間は素晴らしかった。14日にホームで行われたパルマとのセリエA最終戦ではサポーター席に挨拶に行くのが辛かった。息子を腕に抱きながら泣いてしまっていたし。ラツィオを去る事になったが、サポーターの皆さんと過ごした時間を生涯忘れない。移籍当初はしょっちゅうブーイングを受け、厳しい時もあった。しかし、5年を経てそのブーイングを拍手に変える事が出来た。これ以上の喜びはないと満足している。最後にラツィオがかつての強さを取り戻す事を心から願っています」
●「リッピに最大限の信頼を寄せている」とFIGC(イタリアサッカー協会)新会長グイド・ロッシが22日コベルチャーノ
●今シーズン限りでリヨンとの契約が終わり、数週間前からクラブ側と交渉に入っていたシルバン・ビルトールが契約延長を決めた。
●アーセナルのイングランド代表DF、ソル・キャンベルが、近々退団を発表することになりそうだ。キャンベルはトルコのクラブ、フェネルバフチェへ移籍する模様
●ラツィオがシーズン閉幕後、最初の補強を行った。コロンビアから19歳のU-20代表GKアレーナが加入する。
2006/05/22UEFA情報
●来季に向けてFW補強が必至なバルサに、ファンが回答を用意した。現在、その補強候補にはファン・ニステルローイ(マンチェスターU)やトレゼゲ(ユベントス)など、錚々たる顔ぶれが並ぶが、バルサファンにとってはイブラヒモビッチが一番人気であるようだ。バルサファンの読者が最も多いスペイン紙‘Sport’がウェブ上で行ったアンケートによると、上記の3人にサビオラとフォルランを加えた5人の中で、イブラヒモビッチがダントツの41%を集めて「獲得して欲しい選手」の1位となった。ちなみに2位以下はファン・ニステルローイ(17%)、サビオラ(16%)、トレゼゲ(14%)、フォルラン(12%)との結果になっている。
●FCバルセロナでは、みんながアーセナルのFWティエリー・アンリの来季の加入を信じて疑わなかった。だがテクニカル・ディレクターのチキ・ベギリスタインは、アンリに断られても、立ち止まることはない。ベギリスタインTDは、ビジャレアルのFWディエゴ・フォルランについて調査した。フォルランはバルサにとって歓迎すべき選手だが、問題はビジャレアルが移籍金を要求するであろうことだ。
●レアル・マドリーの会長選挙に立候補予定のフアン・ミゲル・ビジャール・ミル氏による、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督の招へい計画がより重要となり、そしてより難しくなった。20日、アーセナルのデービッド・デイン副会長は、同監督と考えを共有したと明確にした。そして、ベンゲル監督の将来について質問が及んだ際、同監督に終身契約を提案することを明かした。「ベンゲル監督は決める前から、いつも契約の最後の年を待っている。でも、ベンゲル監督が望むなら、私たちと一生働くことができる。私たちはベンゲル監督にずっと続けてもらいたいが、もし辞めたいと言う日がくれば、受け入れる」と、デイン副会長は語った。
●デポルティーボ・ラ・コルーニャが、アラベス選手獲得に動き出している。デポルはすでにMFネネに興味を示している事を認めていたが、これにFWボディーポが加えられそうだ。
●FCバルセロナのFWジュリが、W杯フランス代表落選について口を開いた。「例にない事だ。ヨーロッパチャンピオンがW杯に出場できないなんて・・・」とフランスのレキップ紙の中で悔しさを表した。ジュリは2005年10月のキプロス戦以降、代表に呼ばれていない。
●サッカーの世界ではわずか1分の間に状況が一変してしまうことがよくある。例えば、元サラゴサのカニの状況もそうだ。複数のクラブからオファーを受けていたが、わずか1日でビジャレアルと合意に達し、ビジャレアルへ移籍することが決まった。後は、サインをするのみとなっており、契約期間は5年となりそう。これによって、これまでのオファー、噂は全て立ち消えた。
●グティはR・マドリーの選手の中でも少ない、アンチバルサの一人であることを公言してはばからない。例えば、バルサがR・マドリーを上回っているのではと聞くと「何が上回っているんだ!プレーか?それともタイトルの数か?タイトルの数は僕らのほうが多い。プレーは、僕らが優勝を飾っていたときの状態まで戻さなければいけないだけだ」と答えている。同選手は続けて「僕は誰も祝ったりしない。R・マドリーファンにとっては失意だったんだ。バルサは決勝までたどり着けないと言っていたが、結局リーグとチャンピオンズリーグと2冠を達成したのだから、ただ一言『おめでとう』と言いたい」と語った
●セリエA1年目を終えたばかりのフィーゴ(33=インテルMF)がガゼッタ・デッロ・スポルト紙上で今季を振り返った。話題の中心はやはり前ユーベGMモッジによる「審判操作」スキャンダル。フィーゴは今季中盤「試合前に審判室でモッジは何を話していたんだ?」と言及したことが引き金となりモッジの逆鱗に触れ、逆に罰金処罰を受けていた。問題の場面を「モッジはパパレスタ審判の部屋につながる階段を昇り降りしていた。部屋に入ったかは知らないが確かにそこにいた。今回のスキャンダル発覚を考えるとやはり自分は正しかった」と笑みを浮かべた。ユーベ、ACミラン、フィオレンティーナなど上位陣が捜査対象となっている中「インテルが潔白で真摯なクラブであることを誇りに思う」と胸を張ったフィーゴ。
●シエナで21日、新監督マリオ・ベレッタ就任会見が行われた。オーナーのデ・ルカは「我々は若くて有能な監督を獲得した。今季はセリエA残留という目的を達成出来たが、何かが足りなかった。特にチームに積極性が足りなかったので、来季の課題にしたい。
●先日残留を発表したFWティエリ・アンリと4年間の契約延長に合意したアーセナルだが、同クラブのデイビッド・デイン副会長は、アンリに対する国外クラブからの高額オファーを断っていた事実を明らかにした。そのオファーとは、50万ポンド(約100億円)の超破格オファーであったと言うのだ。「我々はスペインの2大クラブからのオファーに応じなかった。それも、世界新記録となる高額のオファーだ。クラブ名はあえて明らかにしないがね」
●イングランド代表FWで、右足甲の骨折から復帰を目指しているウェイン・ルーニー(20)が、予想を上回る回復で、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会出場の可能性が高まっていることが22日、分かった。
●ウディネーゼとフランス人MFバンサン・カンデラ(32)は、契約延長に向けて話し合いを行う予定だ。今週前半にはウディネーゼのスポーツ・ディレクターであるピエトロ・レオナルディ氏がローマを訪れ、カンデラと直接交渉して話をまとめることになる。
●シーズン終盤でプレミアリーグ残留を決めたポーツマスは、現在フランス1部リーグのトゥールーズの選手獲得に興味を示している。まずDFルシアン・オベイとFWドス・サントスに接触し、さらにMFアシール・エマナの獲得も狙っている
●パリ・サンジェルマンのギー・ラコンブ監督は、日曜の朝のRMCラジオで、リヨンのジャン・ミシェル・オーラス会長がペドロ・パウレタ獲得のオファーを提示してきたことを認めている。「思ってもみないことだった。われわれはペドロを何としてもクラブに残したい。だがリヨンのオファーは天文学的な額だ。このような状況では、選手自身が決断するものだ。ペドロはパリ・サンジェルマンに深い愛着を抱いてくれている。しかし、ほかの要素も考慮しなければならない」
●来シーズンからテン・カーテ(現バルセロナ・アシスタントコーチ)が指揮を執るアヤックス。そのアシスタントコーチにスパイカーマンとフルーネンダイクが就任することが決まった。今季の王者PSVはすでにロナルト・クーマンが監督に、ボータースとブラウン・スロットがアシスタントコーチに就くことが決定している。アヤックス、PSVのコーチングスタッフが一新するのに対し、“ビッグ3”の一角であるフェイエノールトは、エルウィン・クーマン監督、メトゴット、ドゥート両アシスタントコーチが留任する。このトリオでフェイエノールトは、2008年のクラブ100周年に向けてピークを目指す。
●アーセナルのフランス代表FWティエリ・アンリは、チームに残留することを決めた理由には、チームメートらの説得もあったこと明らかにした。先日行われたチャンピオンズリーグ決勝でバルセロナに敗れた後、アンリはアーセナルとの契約を延長。『ミラー』紙のインタビューに対し、彼の選択には家族やサポーター以外にもチームメートたちが大きな影響を及ぼしたと語った。「チーム残留を決断する上では、セスク・ファブレガスやエマヌエル・エブエ、コロ・トゥーレたちの存在も大きかった。彼らが『出て行かないでくれ』と説得してくれたんだ」
●残留を決めてアーセナルを安心させたアンリ。今度は経営陣に対して、チームメートのロベール・ピレス(32)の肩を持つ発言をしている。ピレスにはビジャレアルへの移籍話が持ち上がっているが、アーセナルとの契約を2年間延長することが本人の希望だ。
●ミランのポルトガル人MFマヌエル・ルイ・コスタは、母国ベンフィカでキャリアを終えることになりそうだ。ベンフィカが彼の獲得を発表するのは、時間の問題と見られている。
●セリエAの移籍市場は、大きく揺れ動いている。ミランのウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコと、インテルのブラジル代表FWアドリアーノの去就は、まったく分からない状況。誰もが、ミランとインテルの両ストライカーの動向に注目している。
●2005-06シーズンを終え、ラツィオは移籍市場にも目を向けている。ラツィオは、20歳の有望な選手2人の獲得を決めたようだ。U-20世界選手権でコロンビア代表のレギュラーだったGKアレーナと、ベルギー人DFラエスの2人である。
2006/05/21UEFA情報
2006-05-21●先日チェルシーと3年契約を結んだドイツ代表MFミヒャエル・バラックは、自らのキャリアをプレミアリーグで終える覚悟であると語った。「チェルシーが僕にとって最後のクラブになればいいと思っている。僕はもう29歳だし、3年契約も結んだ。今後は結果を出して、チェルシーとの契約を延長できれば最高だ。今はチェルシーで引退することしか考えていないよ」
●モッジが辞任したユベントスのGM候補ナンバー・ワンと噂される元ASローマGMフランコ・バルディーニが20日、取材に応じた。「トリノでユベントス関係者と会ったのは事実。ただ、現段階でお話出来るのはそれだけだ。席にも着かず、立ったままだったし、今は何も話したくない。まだ充分考える時間もあるわけだし」
●「イタリアはW杯の試合で一連のスキャンダルの影響が出るだろう。少し前まで私はイタリアを優勝候補の一角と見ていた。なぜなら監督も選手も素晴らしい集団だから。しかしながら今回のカルチョ・スキャンダル勃発でチームは影響を受けるに違いない。事態があまりにも深刻で、忘れる事は出来ないだろう。一連の出来事は何も無かったと誤魔化せる様なものではなく、精神面に暗い影を落とすであろう」とドイツW杯組織委員会会長ベッケンバウアー氏が“ドリブリング”で語っている
●バルセロナからの誘いを断り、アーセナルと契約を延長することに決めたアンリは、その理由を「フットボールをするならイングランドが最高の場所だ」と語った。“パリジャン”紙のインタビューで「出て行くなら行き先はバルサだった」と明かしたアンリは、今回の決断に至る経緯を説明している。残留の決断を後押しした最大の理由に、夫人がイギリス人であることを挙げた。「それに僕もロンドンが気に入っているし、我が家のように思えるんだ。もちろん、ファンが僕を愛してくれることも、僕がクラブに愛着を感じていることも理由だね。出て行くことなんて出来ないんだ。自分のハートに聞いてみて、残れっていう声が聞こえた。僕はアーセナルの一部なんだ。今まで以上に、アーセナルを自分の家だと感じている」
●ザルツブルグは強力な指揮官のコンビを迎え入れた。チームマネージャーにジョバンニ・トラパットーニ、監督にローター・マテウスである。オーストリアリーグでの復活を果たすため、レッドブル社は、インテルが1988-89シーズンに最後のスクデット(セリエA優勝)を獲得した際のコンビにチームを委ねた。
●シエナがマリオ・ベレッタの監督就任を発表したことに続いて、パルマからも彼の退任が発表された。
●ベルダー・ブレーメンは20日夜、FCポルトのブラジル人MFジエゴと来季からの4年契約で合意したと発表した。
●ユベントスの株価は下がり続けており、不安が広がっている。5月だけで、ユベントスは実に48%の株価下落を記録した。新たな経営陣は、破産を免れるため主力選手の売却を真剣に検討することになるかもしれない。チェコ代表MFネドベドは引退を決意する可能性も。スウェーデン代表FWイブラヒモビッチには、ミランから誘いがある。だが、イタリア代表FWデルピエロがトリノを離れることは考えにくい。
●イタリア・サッカー界を揺るがしている不正行為疑惑で、同国1部リーグ(セリエA)の強豪インテル・ミラノにも疑惑が生じていることが20日、分かった。
2006/05/20UEFA情報
2006-05-20●終わったばかりのセリエA、連覇で29度目の優勝に輝いたユーベ(ユベントス)だが祝賀ムードに浸る選手・スタッフは誰一人いない。昨季のドーピング隠蔽、粉飾決算疑惑から始まった当局の調査は前GMルチャーノ・モッジによる「審判操作」にまで発展、近年稀に見るカルチョ・スキャンダルに陥っている。携帯電話盗聴の結果あらゆる試合での審判操作や脅し、GEAワールド(息子アレッサンドロ・モッジ率いる代理人マネージメント会社)選手の優遇など様々な事実が浮上、現在ユーベはセリエBどころかセリエC降格の窮地に立たされている
●FIFAのサッカー選手規則委員会は18日、ASローマのフランス人DFフィリップ・メクセス(24)の代理人オリビア・ジョアノー氏に対し、6ヶ月の活動停止処分を言い渡した。問題となったのはメクセスが2004年夏にオセールからASローマに移籍した際、オセール側の片務契約となった事に対して。
●CONI(イタリアオリンピック委員会)会長ジャンニ・ペトルッチはFIGC(イタリアサッカー協会)会長グイド・ロッシと会談。スキャンダルによるカルチョ界の構造改革の第一歩としてパオロ・ニコレット氏、セッテンブリーノ・ネッビオーゾ氏、デメトリオ・アルベルティーニ氏の3名をFIGC副会長に選出
●「Si(イエス)を願っているよ」。フォルツァ・イタリア党党首でACミランのオーナーでもあるシルビオ・ベルルスコーニ氏がナポリでの選挙活動中に語った。問題となっているのはウクライナ人のACミランFWアンドリー・シェフチェンコの移籍問題について。同氏はシェフチェンコがACミラン残留に「イエス」と応えてくれることを願っている
●19日、ワルテル・マッザーリ監督がレッジーナと2008年6月30日まで契約を更新したことが判明した。
●リボルノの新しい監督がダニエレ・アッリゴーニに決まった。アッリゴーニはかつてカリアリの監督を務めていた。
●シエナは新監督にマリオ・ベレッタ氏が就任することを公式発表した。パルマでも監督経験のあるベレッタ氏がシエナの提案に同意した模様。契約期間は1年間でオプション契約として2年目も考慮されている。
●チェルシーの監督であるホセ・モウリーニョがドイツW杯の主役になる可能性の高いコート・ジボアール代表FWでクラブの至宝ドログバの移籍話に対し鉄のカーテンを敷いた。モウリーニョは「ドログバはまだチェルシーと2年間の契約が残っているし、放出リストには入っていない。陽気にプレイすることが彼の持ち味を引き出す。そうでなければいいプレイにはならない。問題は彼自身にある」。ドログバ放出はACミランからシェフチェンコ獲得-容易ではないが-が成功するかにかかっている。移籍の噂があるシェフチェンコに対しモウリーニョは「彼がロンドンに来てくれたら嬉しいよ。ただ、まだACミランとの契約が残っているしね。自分が思うには彼はイタリアに残るだろう。ただイタリアを去るのなら、監督としては彼をぜひコーチしてみたいけどね」
●赤黒(ACミラン)は彼の生涯を狙っている。ACミランがウクライナ人FWシェフチェンコ慰留に取り組み始めた。現在2009年6月30日までの契約となっているが、クラブ側は2年延長した2011年6月30日まで延長、年俸も現行の520万ユーロ(約7億3000万円)を600万ユーロ(8億4000万円)に大幅アップする意向を示した。この契約提案ではシェフチェンコが35歳になるまでACミラン側が保有することになる
●オーストリアのサリスブルグは19日、イタリア前代表監督ジョバンニ・トラパットーニ氏の新監督就任を発表した。トラパットーニは「サリスブルグで新たな挑戦をしたい」と抱負を語っている。またサリスブルグのオーナーによるとトラパットーニ氏の獲得理由として「トラパットーニはサッカー界を代表する名将の1人。67歳と高齢ではあるが、サッカーの事になると少年のような情熱を持っている」
●プレースタイルを痛烈に非難されているドログバが、チェルシーを退団しイングランドからも出たいとの意向を明らかにした。“ザ・サン”紙のインタビューで「冗談じゃないよ。この国のプレッシャーや非難から開放されたいんだ。こんな苦しい思いはもうたくさんだ。居心地の悪い思いをしなくてもすむ静かな場所でプレーしたい」と告白している。28歳になるドログバは2年前にマルセイユから移籍。チェルシーは彼の後釜としてアルゼンチン人FWテベスの獲得を模索している。
●イングランドの『ミラー』紙が報じたところによると、インテルがマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイに興味を示しているようだ。
2006/05/19UEFA情報
●チェルシー移籍かレアル・マドリー残留かで揺れるロベルト・カルロスが18日、スペインのラジオ局‘Radio Marca’のインタビューに応じ、来季の去就についての見通しを語った。「チェルシーからのオファーは2年間プラス1年間の契約延長オプション付だ。さらに年俸などの条件では、現在のレアル・マドリーとの契約を凌ぐものだ」「レアル・マドリーがチェルシーと同条件を提示してくれれば間違いなく残留する。でも、そうじゃなくければ条件のいい方を選ぶことも考える」
●R・ソシエダからビジャレアルへ移籍したトルコ人FWニハトは、18日朝にメディカルチェックを受けた後エル・マドリガルで1500人のサポーターに見守られる中、入団発表を行った。「最高のニハトを見せたい。昨シーズンはあまり良いシーズンではなかったので、ぜひビジャレアルでポジションを獲得しチームに貢献したい。今からとても楽しみだ」
●先日ルイス・アラゴネス代表監督から発表されたスペイン代表チームメンバーに名を連ねなかったモリエンテスについて、リバプールで共にプレーをするシャビ・アロンソは「リバプールのスペイン人選手は全員招集されると思い楽しみにしていただけに残念だ」と心境を語った。「最後の招集リストまでは名が挙がっていただけに、本人にとっても意外だった。かなりのショックを受けているが、落ち込んでいてもしょうがない。またいつか選ばれるよう前進するしかない」
●レアル・マドリー会長選挙に勝利するための鍵となり、選挙戦が改革となるような選手を見つけるのは容易な事ではない。フロレンティーノ・ペレス氏が、ロレンツォ・サンス氏に勝った時のように、誰もが不可能と思われたフィーゴ獲得という驚きを起こすことが次の選挙では重要である。さらに、その選手の実力は言うまでもなく、世界的スターであると同時に感動を与えられる選手であることが条件になる。いい補強をするということに限らず、例えば、ライバルチームを弱体化させるような選手獲得が必要だ。バルサのカンテラ(下部組織)出身のメッシーやセスク。アトレティコ・マドリーの至宝、フェルナンド・トーレスなどは、単にチーム力を増すだけではなくそれ以上のインパクトがあり、選挙の票を集めるのに大きな要素となる。有名な選手は、次の選挙戦候補が打ち出す将来を見据えたすばらしいプロジェクト以上の価値があるだろう。ジェラード、ルーニー、イブラヒモビッチやカカといった選手獲得は、どの候補を信頼し、投票すればよいか明らかではないマドリー会員の期待を呼び起こすこととなるだろう
●水曜日(17日)にアーセナルを倒し、見事ヨーロッパチャンピオンに輝いたバルサ。メンバーのジュリがオリンピック・リヨンと引き続き、コンタクトを取っていることを同選手が認めた。「今週、確かにリヨンのディレクターと話はした。でも、バルサとはまだ1年契約が残っているし、交渉の席に勝手に着くことは出来ない。それに、僕は2008年までバルサに残りたいしね」
●スペイン代表の背番号の割り当てが決定
1 カシージャス
2 M・サルガド
3 デル・オルノ
4 C・マルチェナ
5 プジョル
6 アルベルダ
7 ラウル
8 シャビ
9 F.トーレス
10 レジェス
11 ルイス・ガルシア
12 A・ロペス
13 A・イニエスタ
14 アロンソ
15 セルヒオ・ラモス
16 セナ
17 ホアキン
18 セスク
19 カニサレス
20 ファニート
21 ダビド・ビジャ
22 パブロ
23 レイナ
●バルセロナの周囲では、フランク・ライカールトとヨハン・クライフの比較をする声が後を絶たない。弟子が師匠を超えたと言い切るのは困難であるが、2度目のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を決めた今回のバルセロナがライカールト監督をクラブの偉人に仕立て上げたことは認めなければならない。1992年の時のクライフ監督と同じく、ライカールトはCLを制し、バルセロナは欧州のクラブをひれ伏させた
●欧州チャンピオンズリーグで優勝したバルセロナ(スペイン)のメンバーが、サンドニ(フランス)での決勝から一夜明けた18日、地元に凱旋(がいせん)して優勝パレードを行い、市民の熱狂的な歓迎を受けた。約50万人が沿道にあふれる中、ロナウジーニョ(ブラジル)ら選手や関係者は「欧州王者」と書かれた旗に彩られた大型トラックに乗り込み、本拠地のカンプノウ・スタジアムまで行進。スタジアムでも式典が実施された。ロナウジーニョは「チーム全体が夢心地の気分を味わっている。みなさんと一緒に勝利を祝えるのは、何物にも替え難い喜び」とあいさつした。
●バルセロナのFWヘンリク・ラーションは、スウェーデン日刊紙‘Aftonbladet’のインタビューで、チャンピオンズリーグでの優勝は自身のキャリアの中で最高の瞬間だったと明かし、最初で最後のヨーロッパタイトルの獲得をすばらしい出来事と表した。ベレッチの逆転ゴールをお膳立てしたラーションは、「ベレッチがエリア内に入ってくるのが分かったし、そこにパスを出したんだ。素晴らしいプレーだったと思うよ」「ライカールト監督からは僕がセンターフォワードに入り、ロナウジーニョはその後ろに着けと指示されていたんだ。つまりほとんど4トップ状態だ。サイドよりセンターに入る方がベストだと考えていた」。笑みを浮かべながら試合を振り返った。そして、「ライカールト監督は、バルサでの最後の試合、そしてここでのプレーを賞賛してくれた」とも伝えた。
●FCバルセロナのラポルタ会長は、CL決勝戦アーセナルに2-1で勝利した後、「会長就任後3年間でこのような成功を収められるとは想像もしていなかった。我々は大きな変革を必要としていたが、短い期間でこれだけの事ができるとは思いもしなかった」「我々は、常にバルサを最優先に考えてきた。この成功を祝う時が来た」と語った。「しかし、あまり度を越してもいけない」と、謙虚な姿勢も崩さないラポルタ会長。試合を観戦したスペイン国王女王両陛下に対して敬意を表し、「すばらしいご厚意だった。バルササポーターと共に苦しい試合を見守ってくださった」とコメントした。「バルササポーターである」と、以前から表明していたサパテーロ首相に対しては、「試合の間ずっと励まし合っていた。首相とは初めて試合を観戦したが、この試合に来てくださる事は分かっていた」
●バルセロナの元監督であり、1992年にはバルサをヨーロッパチャンピオンに導いたヨハン・クライフ氏は、フランク・ライカールト現監督率いるバルサを賞賛し、ヨーロッパチャンピオンにふさわしいチームだと伝えた。「今季、素晴らしいプレーをし、それはこの成功に値するものだ」と賞賛の言葉を送った。審判のジャッジについては、「審判の判断がゲームの展開に影響を与えた」と遺憾を示したが、バルサの勝利は時間の問題だったとも明かした。「試合はどう始めるかだけではなく、どう展開するか、どう終えるかだ」。

●●
●アーセナルのFWティエリ・アンリ(28)が19日付の英紙‘The Sun’の中で、アーセナル残留を明言した。これまでバルサ移籍の可能性を報じられてきたアンリだが、チャンピオンズリーグ決勝の翌日となった18日、同紙の取材に応じ、その中で現在の心中を明らかにした。「CL決勝を戦ってみて、アーセナルから去るべきではないと思った。アーセナルはあの試合ですばらしい戦いを演じた。僕はそこでアーセナルにもこのような大会を勝ち取ることのできるハートがあると感じたんだ。バルサはとても魅力のあるクラブだが、決勝を終えて僕の気持ちはアーセナル残留で固まった」
●彼は夢を実現させた。7ヶ月前迄は彼の代表入りを誰も予想できなかった。ACミランのFWフィリッポ・インザーギ(32)がドイツW杯に背番号「18」を付けて出場する。「なんとも言いようがない特別で最高な気持ちだ。(メンバー発表までは)W杯の事はあまり意識せず、ずっと穏やかな気持ちでいた。リッピ監督が自分の事を見守ってくれている事も知っていたしね。自分の仕事をこなした結果、今ここにいる」
●「自分の行為に対して謝罪しなければならない。サポーターの頃からの遊びで衝動的に歌ってしまった」。17日放送のラジオ番組「ビバ・ラジオ2」に出演したフランチェスコ・トッティ(29=ASローマ)がローマサポーターの歌遊びでライバルのラツィオを揶揄する「青白(ラツィオの意味)くそったれ」を歌ったことに対し、すぐに謝罪声明を出した。
●サンプドリアのノベリーノ監督がラジオ番組“キスキス・ナポリ”に出演し自身の将来について語った。「ユベントスがセリエBに降格したら私が指揮を執るって?面白いアイディアではあるが、ご存知のように私はまだサンプドリアとの契約が残っている。来季に向けて移籍市場も動き出している。今季はついていなかった。前半19節終了時までは31ポイント稼いでいたのにシーズン終了時は41ポイントしかなかった」
●ハンガリーのFCソプロンが、かつてイタリア代表でも活躍し、セリエAで3回得点王に輝いたシニョーリ(38)が同クラブを退団し、現役を引退することを発表
●パベル・ネドベド(33)がユベントスそしてカルチョ界から遠ざかろうとしている。W杯出場の為、オーストリアで母国チェコの合宿に参加中のユベントスMFネドベドが現在の心境を語った。「まだ決心はしていないが、可能性の1つとして現役引退を考えている。W杯後何が起こるかは分からない。夏には34歳になるし、まだその先プレイし続けたいと思うかどうか、今は何とも言えない」
●メディカルチェックの後、サンプドリアのMFマックス・トネット(31)がASローマと2年契約を結んだ
●元ペルージャ会長ルチャーノ・ガウチが滞在先のサント・ドミンゴからイタリアのラジオ番組に出演、フィオレンティーナ会長ディエゴ・デッラ・バーレとアンドレア・デッラ・バーレを批判した。「彼らは今回のカルチョ・スキャンダルの被害者ではない。彼らこそ試合を操作していた張本人だ。110年のカルチョ界の長い歴史において、たかだか3年でセリエC2から欧州CL出場権獲得まで上り詰めるなんて話は聞いたことがない。最低でも7、8年はかかるはずだ。彼らは買収など様々な工作であらゆる障害を乗り越えてきたんだ。2年前セリエAに昇格する際には、私を買収しようとしたしね。私は応じなかったが、結局当時のペルージャの選手を何人か買収してセリエAに昇格した」
●欧州サッカー連盟は18日、公式サイト上で日本代表の中村俊輔が所属するスコットランド・プレミアリーグ覇者のセルティックが、来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)の本大会の出場権を得たと発表した
●元アルゼンチン代表MFで、同国代表として歴代最多の99試合に出場したシメオネ氏(36)が18日、アルゼンチンのエストゥディアンテスの新監督に就任すると発表
●バイエルン・ミュンヘンは、ブラジル人MFゼ・ロベルトと今シーズン限りで袂を分かつことになった。バイエルンは今年6月末で終了する契約をめぐって、ゼ・ロベルトと交渉を重ねていた。
●パレルモとインテルの首脳陣との間で、いくつかの移籍取り引きに関しての交渉が進められている。マッシモ・モラッティ氏がオーナーを務めるインテルは、チリ人MFダビド・ピサロのパレルモへの譲渡を提案しているようだが、ピサロはローマへ移籍したいようだ。ピサロがシチリアへの移籍に同意した場合、ファビオ・グロッソ、シモーネ・バローネ、アルベルト・サンターナのインテルへの移籍に向けた扉が開かれることになる
●マルセイユに残るはずのジャン・フェルナンデス監督が、マルセイユよりもより穏やかな環境を提供してくれるオセールの監督に就任する可能性が出てきたことから、一部ではディディエ・デシャン氏が、新たにマルセイユを指揮することになるのではないか、とのうわさが浮上している
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)が“ロナウジーニョ2世”の獲得を狙っている。18歳のブラジル人MFケルロン・モウラ・ソウザに、900万ユーロ(約12億8000万円)の投資を行う準備を進めているのだ
2006/05/18UEFA情報
●アーセナルとの決戦を前に、バルセロナのフランク・ライカールト監督は、タイトル獲得のためにチームに必要なのは冷静さと謙虚さを合わせ持つことだと、いつものように冷静に語った。ライカールト監督は、「フットボールとは真剣なゲームだ。そして、試合を楽しみ、ピッチの中では喜びを表わすという要素も必要だ。真剣さとは仕事、チームスピリット、戦術が合わさったものだ。楽しむこと、仕事をすること、この2つのバランスがうまく取れれば最高だと思っている」
●バルセロナの前会長ジョアン・ガスパール氏は、バルサのクラブ史上2度目のビッグイヤー獲得について非常にポジティブな姿勢を見せている。ガスパール氏は、ラジオ・マルカの番組内で「バルサが自分達の持つ最高のレベルでプレーすれば、チャンピオンズリーグで優勝できるだろう。しかし、アーセナルには警戒しなければならない。数分で窮地に追い込むことができるチームだからね」
●欧州チャンピオンズリーグ決勝を控え、バルセロナのFWリュドビク・ジュリが公約を掲げた。1992年以来2度目の欧州チャンピオンを目指すバルサだが、ジュリは「もし勝ったら1ヶ月ヒゲを剃らない」と公言。バルサにあってムードメーカーでもあるジュリのこの公約はチームに勢いをもたらすか。
●4分間のマジックがバルサを欧州チャンピオンに導いた。17日のチャンピオンズリーグ決勝戦、バルサ対アーセナルの一戦は、後半32分からの4分間で2点を決めたバルサが逆転で勝利を収め、14年ぶり2度目の欧州王座に輝いた。試合はライカールトの采配ミスで幕を開けた。ライカールトはイニエスタをベンチに座らせファン・ボメルを起用、これがバルサの立ち上がりを狂わせた。
●チャンピーンズリーグ決勝の最優秀選手にバルセロナのFWエトーが選出された。試合終了後まもなくUEFA(欧州サッカー連盟)が発表した。エトーは前半終了間際に鋭い反転からシュートを放つなど90分間を通して積極的にゴールを狙い、後半32分にはバルサの貴重な同点ゴールをマーク。バルサの勝利に貢献している。
●逆転でアーセナルを敗り、チャンピオンズリーグ優勝の喜びを噛みしめるバルセロナのフランク・ライカールト監督だが、個人よりもチームとしての強さを強調し、これからも謙虚さとライバルへの敬意を持ち続けることが必要であると語った。記者からの質問に対しライカールト監督は、好セーブを見せたバルデス、同点ゴールを決めたエトー、2点目をアシストしたラーションの名を挙げ、「バルデスは大事な働きを見せてくれた。とても微妙な時間帯に我々を救ってくれた。ラーションにはバルサに残ってくれるようお願いしたが、彼の気持ちは固まっていた。そして、エトーの決定的な仕事は価値のあるものだった」「アーセナルの先制ゴールで多くのプランが変わった。チャンスはあると思っていたが、アーセナルは10人でプレーしていたとは思えないくらいしっかり組織されていたし、素晴らしいプレーをしていた。レーマンの退場は、観客にとって残念だったことに加え、メンタル的な部分で我々を悩ませることになった」「魅力ある試合だった。立ち上がり我々は良くなかったが、徐々にリズムを取り戻していった。レーマンの退場は試合にとっても残念なことだった。アーセナルの後ろに引いて、カウンター攻撃というスタイルに我々は悩まされることになったからね」
●CL決勝のバルサ対アーセナル戦で決勝ゴールを叩き込んだバルサのDFベレッチが試合後「こんな大舞台でゴールなんて・・・ 想像すらしていなかった」と喜びを表した。「試合前、ホテルにいるとき、世界中のサッカー選手がこの舞台に立ちたいと望んでいると自分に言いきかせてモチベーションを上げた。そしてもちろん活躍したいと思っていたけど、まさか自分が決勝ゴールを決めるなんてことは想像できなかったよ。僕らサイドバックの選手にはとても難しいことだからね」。
●CL決勝のバルサ対アーセナル戦で、チームに貴重な同点ゴールをもたらしたバルサのFWサミュエル・エトーは試合終了直後のインタビューで「言葉が見つからない」とコメントした。「偉大な神に感謝している」と語り始めたエトーだが、欧州チャンピオンとなった感想について聞かれると「この気持ちすべてを言い表す言葉がみつからない」と試合の興奮冷めやらぬ様子で返答した。とはいえ、エトーはサポーターへの感謝の気持ちだけはしっかりと言葉にして伝えている。「僕らを後押しするためパリまで駆けつけてくれた大勢のサポーター、そしてカタルーニャの人々、さらにはスペインのすべての人々にこの勝利を捧げたい」。
●17日のCL決勝でアーセナルを下し、欧州チャンピオンとなったバルセロナのFWロナウジーニョは試合後「この特別な日を一生忘れることはない」とコメントした。「試合が終わった後に今シーズンの様々な思い出がよみがえってきた」というロナウジーニョは「終わってみればリーガ(国内リーグ)とチャンピオンズの2冠だけど、もちろん苦しいときもあった。それだけにこの勝利は格別だ。今日は本当に特別な1日になった。生涯忘れることはないよ」と喜びを表した。
●バルセロナのキャプテン、カルレス・プジョルはチャンピオンズリーグ優勝を果たした。アーセナルとの決勝に2-1の勝利を収め、プジョルは試合後にこうコメントした。「これで夢が現実になった。こういう試合でプレーすることをずっと夢見ていたけど、ついに実現した。信じられないほどの喜びを感じている。言葉では表せない」
●今季限りで退団し、母国スウェーデンに戻るバルセロナのラーションが試合の流れを変えた。0-1の後半16分に投入されるとエトーの同点ゴールと、ベレッチの決勝点をおぜん立てした。ワールドカップ(W杯)スウェーデン代表のベテランFWは「きつい試合だったが、チームには勝利に値する力があった」と晴れやかな笑顔だった
●ビジャレアルのフェルナンド・ロッチ会長は17日、元フランス代表でアーセナルのMFロベール・ピレスが来季からの2年契約でビジャレアルに加入すると明言した。地元テレビ局の取材に応じたロッチ会長は「先日のニハト(レアル・ソシエダ所属)の獲得に続き、今度はピレスが加入する」とコメント。同会長によるとピレスの入団発表は来週中にも行われる予定とのことだ。
●レアル・サラゴサのビクトル・ムニョス監督の更迭が決まった。2年半にわたってチームを指揮してきたムニョス監督は、今シーズンの平凡な結果および、エスパニョルと対戦したスペイン国王杯決勝で敗れたことにより解雇されたもの。
●レアル・マドリーの会長候補カルロス・サインスは、新監督にカルロ・アンチェロッティではなくミカエル・ラウドルップを選んだ。
●イングランド代表のスベン・ゴラン・エリクソン監督は、右足骨折でワールドカップ出場が危ぶまれているウェイン・ルーニーの代役として、MFスティーブン・ジェラードを前線で起用する可能性を示唆した
●ACミランは17日、インテルDFジュゼッペ・ファバッリ(34)の獲得をオフィシャル・サイト上で発表した。
●ドイツの強豪ウェルダー・ブレーメンは17日、オフィシャル・サイト上でインテルのカメルーン人DFピエリー・ウォメ(27)の獲得を発表した。
●インテル主将サネッティは「スクデット(優勝杯)を貰えるのであればぜひいただきたい。(スキャンダルに絡んでいない)我々は優勝に値するからね。今はカルチョ界全体が改善に向かうことを待つしかない。ケースによっては急ぐべきこともあるだろうが。自分はインテルの選手であることに誇りを持っているよ。我々はここ数年、真摯に仕事を続けてきたし、そのことに対する自尊心もある」
●「自身の3回目となるW杯にはぜひ出場したかった・・・とても残念だ。しかし最終メンバーに残る為に自分の全てを出し切ったので、後悔はない。自分は今でもアルゼンチン代表選手の1人だと感じている。また代表に戻れるように頑張るよ」サネッティは自分を納得させるように語ったが、W杯落選の未練ものぞかせた。サネッティは続けて「ペケルマン代表監督(U21監督経験もあり)は『彼の教え子達』を好んだようだ。自分はもう落ち着いているし、まぁ母国が落ち着いてドイツへ向かうことを支え続けるよ」。
●アーセナルのティエリ・アンリはCL決勝のバルサ戦を1-2の敗戦で終え「試合のキーポイントはいくつかあるが、ジャッジが酷すぎた」とテリエ・ハウゲ主審を名指しで批判した。アンリはBBCの公式サイトの中で「体の至る箇所にマルケスとプジョールの蹴りを食らったが、審判はそれらをことごとく見逃した。彼は主審としての役割を果たしていなかった」とコメント。そして「アーセナルが勝たないことを願っているなら、試合前からそう言って欲しかった」と過激な発言を残した。
●チャンピオンズリーグ決勝でバルセロナに敗れたアーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、オフサイドだったゴールに泣かされたと試合後に明かした。ベンゲル監督によれば、バルサの同点ゴール、つまりエトーのゴールは明らかにオフサイドであり、GKレーマンが退場となり数的不利の中戦ったチームがバランスを崩したとのことだ。「審判のミスジャッジによるこの敗北は受け入れがたいものだ。もちろん受け入れ、これからに繋げていかなければならない。オフサイドだったゴールを認められたことに怒りを覚えている」。
●17日付の『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙は、インテルがローマのフランス人MFオリビエ・ダクールとオプション付きの2年契約を交わしたと報じている
●今シーズンのプレミアリーグでの最終成績が5位と健闘したトッテナムは、希望していたベルバトフ獲得の件で、ベルバトフが所属しているバイヤー・レバークーゼンからついに合意を取り付けた。
●今季3位に終わったハンブルガーSVのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWのセルゲイ・バルバレスが、来季からバイヤー・レバークーゼンでプレーすることが明らかになった
●アーセナルのGKイェンス・レーマンはチャンピオンズリーグ決勝のバルセロナ戦の敗戦について説明を試みた。前半18分にエトーに対する飛び出しで退場となったアーセナルの守護神は、スカイのインタビューに対して悔しさを語った。「アーセナルはいい試合をしたが、とても残念だ」「たぶん僕らにとっては、0-1にされても11人対11人で戦える方が良かったと思う。それに、相手の1点目のゴールはオフサイドだったように見えた」
2006/05/17UEFA情報
●CL2度目の優勝を狙うバルサと初優勝を狙うアーセナルの戦いは、17日の20時45分(日本時間18日の3時45分)にキックオフとなる。
以下、バルサの予想スタメン
GK:ビクトル・バルデス
DF:オレゲール、マルケス、プジョール、ジオ
MF:エジミウソン、デコ、イニエスタ
FW:ジュリ、エトー、ロナウジーニョ
●17日のチャンピオンズ・リーグ決勝戦を前に、副審の交代が発表された。当初、ノルウェー人のオレ・ヘルマン・ボルガン氏が副審を務める予定であったが、16日のノルウェー紙にバルセロナのユニホームを着た同氏の写真が掲載されたため、急遽交代の決定が下されたというのだ
●スペインのラジオ局‘オンダ・セロ’は16日、サッカー番組内で「ロベルト・カルロスとチェルシーが来季からの契約で合意に至った」と報じた。これを受けスペイン各紙がすぐさま反応。ロベルト・カルロスの元に取材が殺到したが、同選手は「まだ合意には至っていない」とチェルシー移籍決定を否定した。
●R・マドリーを破ったセビージャ(4-3)。しかし、CL圏内は、他会場で行われたオサスナがバレンシアに勝ったためにオサスナの手に渡った。セビージャは、リーガとUEFA杯合わせて10試合負けなしを達成した
●アーセナルのセスク・ファブレガスの代理人、ホセバ・ディアスが、「ほんの少しで多大な利益を得るために」レアル・マドリーに選手の移籍を売り込んでいる。会長選挙の“公約”になることも大歓迎だという代理人は「セスクがR・マドリーと契約するだけでクラブは大きな利益を手にするはずだ。彼はヨーロッパでも期待される若くて優秀な選手だし、W杯では必ず爆発する。それにエトーの移籍で味わった屈辱も晴らせるだろう」
●バルセロナで唯一チャンピオンズリーグ優勝の経験を持つデコは、クラブの歴史やファンを考えると、バルサが一度しかチャンピオンズリーグを優勝したことがないのは少なすぎると考えているようだ。「これまでも素晴らしいチームを何度も作ってきたし、偉大な選手がたくさんいたのに、優勝がたった一度なんてあまりにも少ないよ」
●ビジャレアルはR・ソシエダに所属しているニハトと移籍の合意の達したことを発表。契約期間は5年となる
●4位の座を確保し、ついにチャンピオンズリーグ出場権を獲得したオサスナ。今シーズンを締めくくる最後の試合となったバレンシア戦に2-1で勝利を収め、大躍進となった
●スペイン1部リーグは16日、2試合が行われ、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会後に引退するレアル・マドリードのジダンがクラブでの最後の試合となったアウエーでのセビリア戦でゴールを決めた。
●「まだトップコンディションではないが、W杯の初戦には100%になるだろう」。プリングスのプレゼンテーションに出席したフランチェスコ・トッティが意気込みを語っている
●FIGC(イタリアサッカー協会)は16日、ドイツW杯代表メンバー23人の背番号を発表した。背番号は下記の通りとなった。
1) ジャンルイージ・ブッフォン(GK=ユベントス)
2) クリスチャン・ザッカルド(DF=パレルモ)
3) ファビオ・グロッソ(DF=パレルモ)
4) ダニエレ・デ・ロッシ(MF=ASローマ)
5) ファビオ・カンナバーロ(DF=ユベントス)
6) アンドレア・バルザリ(DF=パレルモ)
7) アレッサンドロ・デル・ピエロ(FW=ユベントス)
8) ジェンナーロ・ガットゥーゾ(MF=ACミラン)
9) ルカ・トニ(FW=フィオレンティーナ)
10) フランチェスコ・トッティ(MF=ASローマ)
11) アルベルト・ジラルディーノ(FW=ACミラン)
12) アンジェロ・ペルッツィ(GK=ラツィオ)
13) アレッサンドロ・ネスタ(DF=ACミラン)
14) マルコ・アメリア(GK=リボルノ)
15) ビィチェンツォ・ヤクインタ(FW=ウディネーゼ)
16) マウロ・カモラネージ(MF=ユベントス)
17) シモーネ・バローネ(MF=パレルモ)
18) フィリッポ・インザーギ(FW=ACミラン)
19) ジャンルカ・ザンブロッタ(DF=ユベントス)
20) シモーネ・ペロッタ(MF=ASローマ)
21) アンドレア・ピルロ(MF=ACミラン)
22) マッシモ・オッド(DF=ラツィオ)
23) マルコ・マテラッツィ(DF=インテル)
●インテルオーナー、マッシモ・モラッティが自身61回目の誕生日となる16日、マンチーニ監督に来季続投確約というプレゼントを贈った。「今季も良くやってくれたし、来季も勿論マンチーニ体制でいく。彼は監督としても人間としても素晴らしい人物で、日々自己啓発に努めている。現在のカルチョ界で最も必要なタイプの人間だよ」とマンチーニ監督を絶賛
●オーストラリアのザ・オーストラリアン紙によると、シドニーFCがモナコのイタリア人FWクリスチャン・ビエリ(32)獲得に動き出している事が判明
●一体どのクラブが欧州CLへ?ユベントスかパレルモか? 6月5日にUEFAの登録が締め切られる。16日、新しくFIGC会長に就任したグイド・ロッシは早急に事態を解決し、ヨーロッパの各種カップ戦に出場する8チーム(欧州CL4チーム、UEFA杯3チーム、インタートト杯1チーム)を選出しなくてはならない。
●ACミランの副会長ガリアーニがチェルシー移籍の噂があるウクライナ人FWアンドリー・シェフチェンコの去就問題について取材に応じた。「シェフチェンコはミランの財産。いかなる交渉も行わない。彼はどこにも移籍させない。14日の試合後に直接彼と話した。シェフチェンコはまだ我々と3年契約が残っている。彼には『ミランに残ってほしい。良く考えてくれ』と伝えた。彼となら契約期間を5年延長するぐらいの用意はある」と移籍を完全否定
●「モラッティの今日の発言に感謝している。彼の発言は大変有難いものだった。来季に向けて最高のスタートが切れそうだ。2年間一緒に積み上げてきた仕事を開花させたい。そしてオーナーへ、心からお誕生日おめでとうございます」とインテルの監督マンチーニが自身の61回目の誕生日に“マンチーニ続投”を断言したオーナーモラッティに対して感謝のコメントを発した
●ASローマのフランス人MFオリバー・ダクール(32)が16日会見に応じ「インテルに移籍しようと考えている」
●ブラジル、コリンチャンスに所属するアルゼンチン人FWテベスは、チェルシーからの誘いを認めたが、「僕をロンドンに連れて行こうとしている。しかし、コリンチャンスを離れるのは難しい。ここは僕にも家族にも親切に接してしてくれる」とも語った。
●チャンピオンズリーグ決勝の本命はバルセロナだとティエリ・アンリが再び語った。“レキップ”のインタビューで「プレーの質も、選手の質も世界最高」とバルサを評するアンリは、それでもアーセナルにもチャンスがあると確信している
●アーセナルのMFジウベルト・シウバはCL決勝を翌日に控えた16日、対戦相手のバルセロナについて「ロナウジーニョを止めるだけではバルサに勝てない」と語った。「ロナウジーニョにマンマーク? それはないだろう。バルサはロナウジーニョだけではない。エトーやその他の攻撃的な選手にも警戒しなければならない」
●アーセナルのレジェスがチャンピオンズリーグ制覇に自信をみせた。17日の決戦を前にレジェスは「バルサが本命であることは間違いない。でも、僕らはこのCLでユーベやレアル・マドリーなど試合前から優位と言われてきたチームを破ってここまできた。だからバルサが本命であろうと問題ない。それに一発勝負の試合では何でも起こりうる。アーセナルにも優勝の可能性は十分ある」
●「アーセナルがチャンピオンズリーグ(CL)で優勝するかもしれない、と私が言った時、皆さんは私の頭がおかしくなったのではないか、と思いましたよね」記者会見の席でジャーナリストを前に、アーセナルのベンゲル監督はやや満足そうな表情を見せた
●チェルシーの29歳のDFウィリアム・ギャラスはミラネッロでメディカルチェックを済ませたと見られている。
2006/05/16
●17日、パリで行なわれるチャンピオンズリーグ決勝戦に向け、バルセロナは明日(16日)現地入りするが、フランク・ライカールト監督は負傷により戦線を離れているメッシーを含む22人のメンバー全員をパリに連れていくことにした。遠征メンバーは以下の通り。バルデス、ジョルケラ、プジョール、オレゲール、マルケス、シウビーニョ、ジオ、ベレッチ、エジミウソン、チャビ、イニエスタ、ガブリ、モッタ、ファン・ボメル、デコ、ジュリ、エスケーロ、ロナウジーニョ、メッシー、マキシ、ラーション、エトー
●エスパニョールは心機一転する必要があるという理由から今季限りで同クラブの監督から退くミゲル・アンヘル・ロティーナは、次季に昔から慕っているアスレティック・ビルバオを率いる可能性を聞かれ「一般に、監督するにはそのチームへの期待感が不可欠だ。そのチームの名前を聞いて体がうずくようなクラブが好ましい」とだけ回答した
●ルイス・アラゴネス代表監督により23人のスペイン代表選手の一人に選ばれたリバプールのルイス・ガルシアは「準決勝を目標に掲げていては絶対に失敗してしまう」とW杯に向け喜びを現すと共に同大会にかける意気込みを伝えた。スポンサーであるアンブロのプロモーションのイベントに参加したルイス・ガルシアは「スペイン代表チームは優勝を目指せるチーム。僕個人は優勝するために出場する。ぜひ最大のモチベーションで臨みたい」と初のW杯という大舞台に対する熱意を隠さない
●バルセロナのデコは、アーセナルとのチャンピオンズリーグ決勝戦について、ファンがチームを本命視する気持ちは理解できるとしながらも、自分達はそう思うべきではないと警告した。「ファンが楽観的に考えるのは無理もない。チームの久しぶりの決勝進出に大きな期待を抱くなとは言えないし、そう考えるのも当然のことだ。でも僕達はそう考えちゃいけないんだ」と伝えた。「僕達が優れているなんて言えないし、最高のチームだってことも決勝戦では何の助けにもならないと思う」「ライバルへの敬意を欠いて試合に臨んだら、厳しい目にあうよ。昨年の決勝ではミランが3-0でリードしていたにもかかわらず、結局は優勝できなかった」と語り、「優勝したら僕達は歴史を刻むことになる。そのためにも、冷静さを持って可能な限りすべての力を出す必要がある」
●バルセロナの元監督であるヨハン・クライフ氏は、17日に行なわれるアーセナルとのチャンピオンズリーグ決勝は感動的な試合となると明かし、本命はあくまでもバルサであるとしなからも、決勝という特別な試合では意外な事が起こり得るとも伝えている。「素晴らしい決勝戦になるだろうし、期待している。しかし、何よりも必要なのは冷静さを持つことだ。そして、ファンの期待に応えること。バルサは、怪我人がいようといまいと良いサッカーを披露しているし、自信を持つことが大切だ」「どのチームもこのタイトルを獲得したいと思っている。ライカールト監督は多くのヨーロッパタイトルを獲得してきた」。
●負傷から2カ月を経て、リオネル・メッシは水曜日にパリで行われるチャンピオンズリーグ決勝のグラウンドに降り立つことができるかもしれない。スペインの日刊紙『マルカ』は、今シーズン最大の決戦に向けて、フランク・ライカールト監督が招集した22名のメンバーの中にメッシも含まれていることを明らかにした。同紙はまた、負傷以来初めてとなるメッシの練習の様子も報じている。火曜日にもサン・ドニでチームの練習に参加する予定。最後の練習を終えた後、バルサのスタッフはメッシを最終的な登録メンバーに含めるかどうかを決断する
●バルセロナとアーセナルのチャンピオンズリーグ決勝では、40歳のノルウェー人テリエ・ハウゲ氏が主審を務める。過去にバルセロナの試合を担当したのは7回。カンプ・ノウでは1回のみで、バルサはその試合に3-0の勝利を収めた。そのほかの6試合ではバルサの4勝1分け1敗。
●W杯出場リスト提出最終日の15日、イタリア代表W杯メンバーが正式発表された
<GK>
ジャンルイージ・ブッフォン(ユベントス)
アンジェロ・ペルッツィ(ラツィオ)
マルコ・アメリア(リボルノ)
<DF>
ジャンルカ・ザンブロッタ(ユベントス)
アレッサンドロ・ネスタ(ACミラン)
ファビオ・カンナバーロ(主将、ユベントス)
ファビオ・グロッソ(パレルモ)
クリスティアン・ザッカルド(パレルモ)
アンドレア・バルザリ(パレルモ)
マルコ・マテラッツィ(インテル)
マッシモ・オッド(ラツィオ)
<MF>
マウロ・カモラネージ(ユベントス)
アンドレア・ピルロ(ACミラン)
イバン・ジェンナーロ・ガットゥーゾ(ACミラン)
ダニエレ・デ・ロッシ(ASローマ)
シモーネ・ペロッタ(ASローマ)
シモーネ・バローネ(パレルモ)
フランチェスコ・トッティ(ASローマ)
●チェルシーは、ドイツ代表のMFミヒャエル・バラックと3年契約を結んだことを発表した。今季限りでバイエルンとの契約が切れたバラックを移籍金ゼロで獲得したジョゼ・モウリーニョ監督は、記者会見の席上で次のように語っている。「バラックの加入がフランク・ランパードやチームにどのような影響を与えるか? もちろん、その影響は大きい。ランパードも一緒にプレーできるトップクラスの選手を欲しがっていたしね。もちろんチーム力も向上する。彼らと共に来季も仕事ができることを楽しみにしている」
●アーセナルのDFエマヌエル・エブエは17日のチャンピオンズリーグ決勝に向け、意気込みを語った。その中で、FCバルセロナのFWロナウジーニョを恐れていないとし、これまで対峙した他クラブの名選手たちに対して同様、抑えると述べた。
●アルゼンチン代表のホセ・ペケルマン監督は15日、ワールドカップに臨む23名の代表選手を発表
<GK>
アボンダンシエリ(ボカ・ジュニアーズ)
レオ・フランコ(アトレティコ・マドリー)
ウスタリ(インデペンディエンテ)
<DF>
コロッチーニ(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)
アジャラ(バレンシア)
ブルディッソ(インテル)
エインセ(マンチェスターU)
G・ミリート(サラゴサ)
ソリン(ビジャレアル)
クフレ(ローマ)
<MF>
マキシ・ロドリゲス(アトレティコ・マドリー)
ルイス・ゴンサレス(ポルト)
スカローニ(ウェストハム)
マスチェラーノ(コリンチャンス)
カンビアッソ(インテル)
リケルメ(ビジャレアル)
アイマール(バレンシア)
<FW>
メッシー(バルセロナ)
テベス(コリンチャンス)
サビオラ(セビージャ)
クレスポ(チェルシー)
クルス(インテル)
ロドリゴ・パラシオ(ボカ・ジュニアーズ)
●ブラジル・サッカー連盟は15日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の代表23人を発表
GK ジダ、ジュリオセザール、ロジェリオセニ
DF カフー、シシーニョ、クリス、ジウベルト、フアン、ルシオ、ルイゾン、ロベルトカルロス
MF エジミウソン、エメルソン、ジウベルトシウバ、ジュニーニョペルナンブカノ、カカ、リカルジーニョ、ロナウジーニョ、ゼロベルト
FW アドリアーノ、フレジ、ロビーニョ、ロナウド
●イングランド・プレミアリーグのニューカッスルは16日、今季終了まで代行監督を務めたグレン・ローダー氏(50)が来季から正式に監督に就任すると発表
●ローマで行われたルチアーノ・モッジの事情聴取は17時前に終了した。“サッカー疑惑”の最大の容疑者であるモッジは、イン・セルチ通りの憲兵隊舎でナポリの検察官フィリッポ・ベアトリーチェとジュゼッペ・ナルドゥッチによる事情聴取を受けた。
●スポーツに関する権利関係の専門家、マッティア・グラッサーニ氏がイタリア国営放送RAIの『ラディオ・アンキーオ・スポルト』に出演し、ユベントスへの処分の結果として起こり得ることを解説した。「まず“推定無罪”の原則が、前提として存在する。規則の違反、あるいは試合結果の操作の試みが確認された場合は、リーグ戦での最下位転落(その結果セリエBへ降格)が最低限の処分となるだろう。昨シーズンに関しては、2005年のタイトルを失うことが、最も“軽い”処分となる。タイトルの剥奪以外に、できることも何もないと言える。だが、処分は今シーズンにも及ぶかもしれない。順位を下げられるだけではなく、今年のタイトルも剥奪される可能性がある」
2006/05/05UEFA情報
●セリエA最終節の行われた14日、ユーベ(ユベントス)がレッジーナを2-0で破り29度目の優勝を飾った。優勝セレモニーではカペッロ監督はじめ選手・スタッフ全員が背番号「29」の赤いユニフォームを着てトロフィーを受けとり喜びを爆発させた。
●チェルシーは、ACミランのFWアンドリー・シェフチェンコ獲得に全力を尽くす態勢に入った。ジョゼ・モウリーニョ監督は「ビッグタレントが欲しい。シェフチェンコ、それにもう1人必要だ」と語っている。チェルシーの最高経営責任者ピーター・ケニオンも、シェフチェンコを「チェルシーが好むタイプの選手」と言うが、一方で獲得が困難を極めると冷静に分析している。
●13日、最終戦を前に帰国したインテルFWアドリアーノが母国ブラジルでインテルとの関係、ドイツW杯について語った。「W杯に召集されるかドキドキしている。パレイラ監督は僕をよく知ってくれていて評価してくれているので、リストに僕の名前があることを祈っている」と自信と不安を除かせている。
●「リーグ戦がこんなにも不正だらけだと試合の展開を推測する事は難しい。いや、不可能だ」とインテルのマンチーニ監督が14日、セリエA最終節カリアリ戦終了後にTVカメラに向かって語り始めた。
●様々な不祥事が明るみになったセリエA。「我々ACミランは過去に最低2回は優勝していたはずだ。不正にはもう疲れていたよ」ASローマとの最終戦が行われた14日、ガリアーニACミラン副会長とともにスタジアムに訪れたシルビオ・ベルルスコーニ首相が詰め掛けた報道陣に語った
●プレミアリーグチャンピオンのチェルシーは、ドイツ代表のバラック(29)入団発表を、15日、スタンフォード・ブリッジスタジアムで行うと発表した
●フランス代表メンバーリスト:
GK
バルデズ   (マルセイユ)
クペ     (リヨン)
ランドロー  (ナント)
DF
アビダル   (リヨン)
ブムソン   (ニューキャッスル:イングランド)
シンボンダ  (ウィガン:イングランド)
ギャラス   (チェルシー:イングランド)
ジベ     (モナコ)
サニョール  (B・ミュンヘン:ドイツ)
シルヴェストル(M・ユナイテッド:イングランド)
テュラム   (ユベントス:イタリア)
MF
ドラソー   (パリ・サンジェルマン)
ディアラ   (ランス)
マケレレ   (チェルシー:イングランド)
マルダ    (リヨン)
ヴィエラ   (ユベントス:イタリア)
ジダン    (R・マドリー:スペイン)
FW
シセ     (リバプール:イングランド)
アンリ    (アーセナル:イングランド)
リベリー   (マルセイユ)
サハ     (M・ユナイテッド:イングランド)
トレセゲ   (ユベントス:イタリア)
ヴィルトール (リヨン)
●イタリア1部リーグ(セリエA)は14日、各地で今季最終戦が行われ、31ゴールを挙げたフィオレンティナのFWトニが得点王に輝いた。
●セリエA最終節の行われた14日、フィオレンティーナはアウェイでキエボ相手に2-0の勝利を収め、来季の欧州CL進出を決めた
●今季は大きな故障に苦しんだラウル・ゴンサレスは、ドイツW杯に向けて「キャリア最高の状態」で大会を迎えるつもりだと語った。「今のところ過去にないくらい調子がいいんだ。監督はもちろん、みんなこの大会に賭けているし、今の代表は人間的にも能力的にもいい調子でW杯を迎えることができる」と意欲満々
●ロナウドとロベルト・カルロスが再びアラブの大富豪たちの注目を集めている。石油マネーが彼らを再び捉えた。アラブ諸国のクラブは以前からこの二人に目をつけており、シーズン終盤に入った現在、彼らは“白紙の小切手”を用意して二人に最高の“年金”を用意しているようだ
●ブラジル代表のカルロス・アウベルト・パレイラ監督は、ロナウジーニョが好調のままワールドカップ(W杯)を迎えることを望んでいる。「楽しくプレーを続けてほしい」パレイラ監督は『アタッキ』紙のインタビューに答え、その内容がスペインのスポーツ紙『マルカ』のウェブサイトに掲載された。目前に迫ったW杯について、パレイラはこう話している。「世界中がW杯でのロナウジーニョの活躍を待っており、彼が主役になることを望んでいる。そうなれば私にとってもうれしいことだが、彼にとっては非常に難しい大会になるだろう。世界中からのプレッシャーを背負うことになるからだ」
●スペイン代表のルイス・アラゴネス監督は15日、6月9日に開幕するワールドカップ(W杯)ドイツ大会に向けた代表メンバー23名を発表した
<GK>
カシージャス(レアル・マドリー)
カニサレス(バレンシア)
レイナ(リバプール)
<DF>
サルガド(レアル・マドリー)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
パブロ(アトレティコ・マドリー)
プジョール(バルセロナ)
フアニート(ベティス)
マルチェナ(バレンシア)
アントニオ・ロペス(アトレティコ・マドリー)
デル・オルノ(チェルシー)
<MF>
アルベルダ(バレンシア)
セナ(ビジャレアル)
セスク(アーセナル)
イニエスタ(バルセロナ)
チャビ(バルセロナ)
シャビ・アロンソ(リバプール)
ルイス・ガルシア(リバプール)
ホアキン(ベティス)
レジェス(アーセナル)
<FW>
ラウル(レアル・マドリー)
フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリー)
ビージャ(バレンシア)
●バルセロナのチャビは「決勝はこれまでの試合の中でも、そしてバルサの歴史の中でも、もっとも重要な試合であると考えているし、しっかりと準備をしている。」「ここ数日町を歩いているとみんなが僕を止めるんだ。そして、水曜日には必ず勝とうと言ってくれる。本当に嬉しいことだが、僕らはもっと用心深く、そして高まる気持ちを内に収めないといけない。」「アーセナルは非常に厳しい相手だ。今、調子が良いチームだしね。この試合に自信を持っているが、簡単にはいかないことは間違いない」
2006/05/13UEFA情報
●来週水曜日(17日)のチャンピオンズリーグ決勝戦に備え、バルセロナのフランク・ライカールト監督は土曜日(13日)に行なわれるセビージャ戦にはリーガ得点王がかかるエトーを含む、ロナウジーニョ、ジュリ、エジミウソン、デコ、マルケス、プジョール、ジオといった主力メンバーを温存し、遠征メンバーから外したと伝えた。代わりに控え選手、カンテラ(下部組織)を招集している。
●ライカールト監督はメッシーについて、「不可能なことはないが、パリでプレーするのは非常に厳しい」
●レアル・マドリーは来季に向けての補強第1号にとローマ所属のルーマニア代表DFクリスティアン・キブ獲得を考えていた。しかし、R・マドリー側の問題でキブ獲得の交渉は滞り、契約もしばらく待たねばならないようだ。
●国王杯で優勝しUEFAカップ出場権を獲得しながらも、今季最後の試合となるR・ソシエダ戦の結果によっては2部落ちの可能性のあるエスパニョール。キャプテンのタムードはこの状況を「僕達の来季の運命がこの1試合にかかっていると思うと腑に落ちない」と明かした。「1部で生き残れるかどうかは自分達次第だが、必ず1部残留できると全員が信じている。2年前にムルシアが全く同じ状況に置かれていたが、ぜひゴールを決めて彼らのようにハッピーエンドを迎えたい」
●現在ヘタフェを率いるシュスター監督は「R・マドリー会長の候補者からは何も音沙汰がない」と伝えると共に、あと契約が2年残っているヘタフェで続投する意思を述べた。「R・マドリーはビッグ・クラブだが、僕は来季もヘタフェで監督をし続けたい。あとはヘタフェの会長がうまくやってくれるだろう。今僕に一番大事なのは7月17日からのプレシーズンにベストの状態で臨めるよう備えるだけだ」
●アーセナル残留かバルサ移籍かで揺れるフランス代表FWティエリ・アンリが、来季の去就をワールドカップ前に発表すると明らかにした
●チェルシーのDFウィリアム・ガラスは5年間在籍したチェルシーからの移籍を希望していると明らかにした。「自分の将来をよく考えた結果、チェルシーを離れる決意を固めた。これは最終的な決断だ。僕には新たなチャレンジが必要なんだ。チェルシーには、もう5年もいる。違うリーグも経験したい。ミランが僕に興味を持っていると聞いているよ。イタリアでプレーするのも悪くないと思っている」
●インテル対ASローマによるイタリア杯決勝が行われた11日、後半9分からASローマ主将のフランチェスコ・トッティが長期離脱からようやく復帰した。試合は3-1で敗れ、優勝を逃したASローマだがトッティ復帰の朗報にスパレッティ監督は「まだフル出場は難しい状態だった。2点ビハインドの状況での出場は厳しかっただろうが、接触プレイでも問題なかった。彼のアシストも決まったしね」と復帰戦を笑顔で振り返った。
●「少し良くなってきた。検査の結果、手術も必要ないみたいだし。サッカー選手になって12年、やっと手に入れたW杯出場の機会を失うことになったら、僕にとってこれ以上の悲しみはないくらいだ。今は焦らず怪我の治療に専念している」とACミランのウクライナ人FWシェフチェンコが怪我の状況について語った。また今季についてシェフチェンコは「欧州CLバルセロナ戦の敗戦は悔しかったが、間違いなく有意義な1年だった。リーグ戦については、14日に行われるASローマとの最終戦で勝利し逆転優勝出来れば良いのだが・・・。もし逆転優勝が無理でも一時期は14ポイント差が付いていたのを3ポイント差まで縮めることが出来ただけでも胸を張れるだろう。ACミランはゴール数も多く、サポーターが望む芸術的なカルチョを披露していると思う」
●前半ロスタイムのクルスに決められたゴールと、経験不足が敗因。今季ASローマ監督に就任し、イタリア杯決勝までチームを導いたスパレッティ監督がサン・シーロでの敗戦を振り返った。「インテルに先制された直後、我々は上手に建て直しつつあったが、ロスタイムでの失点が・・・チームはバランスが悪く、何度も危機に陥っていた」と分析した。また同監督は「(風邪の)デ・ロッシがいたら展開は全く違ったものになっていただろう。(負傷者や出場停止などで若い選手を多く起用したが)彼らは常に頑張ってくれている。ただちょっとした経験の差が敗戦につながってしまった」
●ACミランのFWシェフチェンコが12日会見に応じ、7日、イタリア首相でACミランのオーナーであるベルルスコーニを訪問した理由について「隠し事をするのは無駄な行為だと思う。首相と会って自分がACミランを退団する可能性についても話し合った。クラブと確執がある訳ではない。同僚、監督共に信頼関係にある。ただ、家族のこともあるので・・・。今こうやって話をすることすら苦しい。ACミランでの7年間がどういう物だったのか考えなくてはならない。まだ結論は出せていない。近日中に明らかになるだろう」と語った
●「ゼロからやり直してほしい」とASローマ主将トッティがユーベGMモッジの審判操作の裏取引について語り始めた。「間違いを犯した者は相応の処罰を受けるべきで、そういう人間はカルチョ界に必要ない。近い将来、カルチョを楽しむ為にスタジアムに足を運ぶサポーターが増える事を期待している。誰もが不正に気付いていたが明確にする者がいなかった。間違いを犯した者は償わなければならない。俺が過ちを犯した時も制裁を受けた。この事件は深刻だが、これを機に色々な事が改善されることを期待している」
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、現在最も重要なことはパリでのチャンピオンズリーグ決勝でバルセロナを倒すことだと語っている。そのパリでのライバルとなるバルサについては「私も敬意を持っているクラブだ。ずっと対戦するのを楽しみにしていた」と告白。さらに「彼らは決して後ろ向きな試合をしない。それに思ってもみないことを実現させる。どちらのチームも予想できない試合運びで、面白いゲームになるだろう」
●アーセナルのティエリ・アンリがバルセロナを褒めちぎった。アーセナルにもチャンスがあると言いつつも、チャンピオンズリーグで対戦するバルサを絶賛する一方、バルサが彼に対してマンマークをつけることはないだろうと予想している。「僕のために何か特別な対策を講じるとは思えない。いつも通りじゃないかな。それにバルサはアーセナルと同じで、攻撃と守備が一体化しているチームだからね」とのことだ。
●レバークーゼンは、ブラジル代表DFジュアン(27)と2007年で切れる契約を2009年6月まで延長することで合意した
●13日に行われるブンデスリーガ最終節。降格争いに続く注目カードは、2位ハンブルガーSV(HSV)対3位ブレーメンの、チャンピオンズリーグ出場権を懸けた北ドイツ・ダービーだ。両チームの勝ち点差は1。
●イタリア・サッカー協会は13日、同国からワールドカップ(W杯)ドイツ大会の審判に選出されていたマッシモ・デサンティス主審と副審2人の参加を辞退したと発表した。3人は、同国サッカー界で浮上している八百長疑惑で捜査対象者に含まれていることが明らかになっていた
2006/05/12UEFA情報
●欧州CL(チャンピオンズリーグ)決勝を1週間後に控え、バルセロナのFWサミュエル・エトーが欧州初タイトルへ意欲をみせた。今季リーガエスパニョーラでは25ゴールをマークし(11日現在)、得点王を走るエトーは「これまでもすべてはゴールという結果で自分の役割を果たしてきた。パリでの決勝はその集大成だ。生涯最高のゴールをパリで決めたい」と、決勝戦でのゴールを誓った
●バルセロナのFWリオネル・メッシーが、欧州チャンピオンズリーグ決勝を欠場する可能性が高いことがわかった。アーセナル戦を1週間後に控える10日、バルサは通常とおりの練習を行ったが、メッシーはチームメイトとは別メニュー。チームメイトのデコもメッシーの出場は難しいと考えているようだ。「CL決勝のような大舞台にメッシーが出場できないのはチームにとっても痛いが、それよりも彼の気持ちを考えると心が痛む。彼はバルサにとってとても大きな戦力。特にチェルシー戦では彼の活躍が勝利のカギになった。アーセナル戦には是非出て欲しいけど……」
●今シーズン途中に「チャンピオンズリーグに出場できるクラブでプレーしたい」と移籍希望を述べたホアキンに、ユベントスとバレンシアが興味を示している。右サイドの補強が急務なバレンシアは『1000万ユーロ(約14億円)+選手1人』のオファーを準備。一方のユベントスも、1500万ユーロ(約21億円)+選手1人を条件に交渉に臨むつもりのようだ
●ロナウジーニョは、17日のCL決勝、対アーセナル戦でバルサが攻撃重視で戦う事をフランスのレキップ紙によるインタビュー内で認めた。「僕達の特徴は攻撃にある。パリでも同じようにいつものプレーをするだけ」と、ロナウジーニョは語った。アーセナルについては、「とてもいいチームだね。すばらしい選手が多い。だけど、僕はポジティブに考えたい。タイトルを取るすばらしい日になると思っている。しかし、勝つのが難しいのは分かっている」
●FCバルセロナのラポルタ会長は、17日のCL決勝がすばらしい試合になる事を期待すると同時に、タイトルを取れることを確信している。「我々、サッカーファンとして、大事な決勝戦までのこの時間を楽しもうではないか。チームは、決勝に向け準備をしている。コーチ陣も選手達も集中しているよ。決勝は、激しい試合になると予想されるが、我々は勝てるし、そのためにこのチームはある」来年の選手獲得についてはコメントを拒み、「最も私が好きな選手達は、バルサのプレーヤーだ」と語り、獲得が噂されるアトレティコ・マドリーのフェルナンド・トーレスについても、「その問題は、スポーツTDであるチキ・ベギリスタインに任せてある。しかし、我々がビックプレーヤーを獲得する事は考えにくい。多少の補足は有り得る」と現バルサ所属選手に信頼を寄せている
●スペイン代表チームのゴールを守るR・マドリーのGKカシージャスは、ワールド杯に向け「勝ち抜くためチームメートと共に全力を尽くしている。若手が多いがどの選手も経験豊富で良い結果が期待できると信じている」と抱負を述べた。
●次節のオサスナ戦を最後に引退するバレンシアのカルボーニだが、クラブの首脳陣は既に彼の後任としてビジャレアルのフアン・パブロ・ソリンに注目しているようだ。
●W杯ドイツ大会に行くチャンスはわずかしかないととはえ、バレンシアのビセンテ・ロドリゲスはまだ諦めていないし、準備もしている。右足首のケガを完全に治すのに4ヶ月以上を費やしたビセンテだが、チーム練習にも復帰し、リーガ前節では招集メンバーに復帰した。彼は諦めず、スペイン代表のルイス・アラゴネス監督がチャンスを与えてくれるのであれば、その期待に応えるつもりでいる。「W杯に行けるのなら、やれる自信はある」。昨日(10日)練習後にビセンテはそう伝えた。
●バルセロナの左SBジオバンニ・ファン・ブロンクホルスト(愛称ジオ)は、17日パリで対決するチャンピオンズリーグ決勝戦の相手であり、4シーズン前には自身も所属していたアーセナルの指揮官アーセン・ベンゲル監督を賞賛している。「ベンゲルは全てを兼ね備えた監督だ。組織を重んじ、選手には練習だけではなく食事や、どう生活するべきかとか、いろんな事をコントロールしている。アーセナルで長年指揮を取り、チームをヨーロッパでも有数のクラブに導いた」
●今週末に行われるアトレティコ・マドリー戦が、ホアキンにとって、ベティスとしてプレーする最後の試合になりそうだ。しかしホアキンは「もしくは、この試合が最後ではない可能性もある。」と残留の可能性もわずかにあることを認めた
●今シーズン中には、R・マドリーから去ることも考えていたロナウドだが、シーズン終了後に行なわれるW杯後も、引き続きR・マドリーでプレーしたいよう。「間違いなくR・マドリーでプレーするだろう。確かにR・マドリー自体、今シーズン思うような結果が得られず、色々と疑う部分もあるが・・・でも、契約は残っているし、新しい会長が僕を気に入ってくれるのであれば、残ることに問題は無い」
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
2006/05/11UEFA情報
●10日付けのガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると21名が当確メンバーとして名前が挙がっており、残り2名をMFバローネ、MFマルキオンニ、FWヤクインタの中から選ぶことになると記載。以下が当確メンバーリスト、()内は所属クラブ
<GK>
ジャンルイージ・ブッフォン(ユベントス)
アンジェロ・ペルッツィ(ラツィオ)
マルコ・アメリア(リボルノ)
<DF>
ジャンルカ・ザンブロッタ(ユベントス)
アレッサンドロ・ネスタ(ACミラン)
ファビオ・カンナバーロ(主将、ユベントス)
ファビオ・グロッソ(パレルモ)
クリスティアン・ザッカルド(パレルモ)
アンドレア・バルザリ(パレルモ)
マルコ・マテラッツィ(インテル)
マッシモ・オッド(ラツィオ)
<MF>
マウロ・カモラネージ(ユベントス)
アンドレア・ピルロ(ACミラン)
イバン・ジェンナーロ・ガットゥーゾ(ACミラン)
ダニエレ・デ・ロッシ(ASローマ)
シモーネ・ペロッタ(ASローマ)
<FW>
ルカ・トニ(フィオレンティーナ)
アルベルト・ジラルディーノ(ACミラン)
フランチェスコ・トッティ(ASローマ)
アレッサンドロ・デル・ピエロ(ユベントス)
フィリッポ・インザーギ(ASローマ)
●カーディフのミレニアム・スタジアムで行なわれるFAカップ決勝戦を控えたリバプールサポーターが、チケット盗難の被害に遭ってしまった。試合を13日に控え、リバプールサポーター宛てに発送中であったチケット1600枚が、郵便配達の車から盗まれたというのだ
●9日、スポーツ裁判は中止試合となったセリエA第37節メッシーナ対エンポリ戦をデータ上は3-0でエンポリ勝利にすることを決定した
●「幾つかのことは周知の事実だったよ」とASローマDFクリスチャン・キブ(25)が審判操作の裏取引について言葉を濁さずに語り始めた。キブは続けて「我々ASローマは道徳心のあるクラブだったから気にはしていなかったが。グラウンドではプレーにのみ専念している。何が起きたのか納得できない人もいるだろう。なんにせよ我々が裁かれる義務はないものだが」。
●9日、モナコFWクリスチャン・ビエリ(32)の左膝関節間軟骨の除去手術がミラノ近郊の街パビアにあるサン・マッテオ病院で行われた。ベナッツォ医師の執刀により手術は無事成功したが、ビエリは来月9日に迫ったドイツW杯出場が絶望的
●「最終チェックの結果、シェフチェンコの怪我は完治まで25日かかる事が分かった」とACミランの医療責任者ジャン・ピエール・メールスマンがシェフチェンコの状況を明かした。メールスマンは続けて「25日間の内訳は、15日間の完全休養と10日間のリハビリとなるだろう
●ファビオ・カペッロ監督の代わりとしてではなく、フィアット社の新ドゥカート(車の名前)の宣伝に一役買う目的でトラパットーニ氏が古巣ユベントスの練習場に姿を現した。
●フランスリーグ5連覇を達成したリヨンは、来シーズンの補強としてチェルシーのFWディディエ・ドログバの獲得を望んでいるようだ。
●2月に左脚を骨折したマンチェスター・ユナイテッドのアラン・スミスは、9月初旬に再びピッチの上に立つこととなりそうだ。
●スペインのマドリーに集まったアルゼンチン代表のFWエルナン・クレスポ「僕らにはグループリーグを突破できるだけの経験がある」
●マルセイユのフランク・リベリは、その代理人とともにリヨンからの誘いを断るコメントを発表したが、リヨンのジャン=ミシェル・オーラス会長は10日、リヨンのTVチャンネル『OLTV』にて、リベリへの入れ込みようを再び明らかにした。
●トリノでは、ユベントスのジェネラル・ディレクターであるルチアーノ・モッジ氏の辞任がうわさされている。モッジ氏は盗聴問題に深く巻き込まれており、検察から捜査を受けている。
●ユベントスがまた新たな災難に見舞われた。トリノ検察は不正経理の疑いでアントニオ・ジラウドを捜査している。盗聴問題に加えて、クラブの行った移籍市場での取り引きに関する捜査も開始された
●木曜日にインテル戦、日曜日にミラン戦。ローマのルチアーノ・スパレッティ監督はこのシーズン終盤の重要性を十分に理解している。記者会見に臨んだスパレッティはこう語った。「ミラノで2つの決勝がわれわれを待っている。まず木曜日はインテルとの(コッパ・イタリア決勝の)第2戦に勝ちたい」
●バレンシアのブラジル人MFファビオ・アウレリオが来季からの4年契約でリバプールに移籍することが濃厚となった
●すでにアトレティコ・マドリー入りが内定しているセルヒオ・アグエロをバイエルン・ミュンヘンが横取りしようと狙っているようだ。バイエルンのスタッフがブエノス・アイレス入りし、A・マドリーを超えるオファーを用意し、彼の代理人と交渉していると言われている
●アーセナル所属のスペイン代表MFセスク・ファブレガスは、来シーズン、アトレティコ・マドリーのキャプテン、フェルナンド・トーレスと共にアーセナルでプレーできたらうれしいと明かした。フェルナンド・トーレスにはアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスルといったイングランドのクラブが獲得に関心を示しており、リーガエスパニョーラを離れプレミアリーグでプレーする日も近いと言われている
●建設開始から6年。FCバルセロナの新練習場、‘ジョアン・ガンペール’で下部組織の練習が開始された。近日中に、B、Cチームの練習も始まる。この新練習場はカンプ・ノウから4.5キロ離れたサン・ジョアン・デスピーにある。30ヘクタールにもなる用地は、1989年にホセ・ルイス・ヌニェス元会長が900万ユーロ(約12億6000万円)で取得
●オサスナのハビエル・アギーレ監督は、16日の最終節バレンシア戦を前に辞任を発表。10日には一部の選手にも知らされた。チームには8日に伝えられ、ルドビック・デルポルテやダビ・ロペスなど許された選手にのみ伝えられた。オサスナとアギーレ監督の契約は6月30日までとなっており、数か月前からアトレティコ・マドリー入りが有力とされているものの、まだ進路は発表されていない
●クラブ創立100周年を迎えたセビージャがヨーロッパの大会での初タイトルを目指しミドルズブラと対戦。ルイス・ファビアーノ、マレスカ、カヌーテのゴールで4-0とミドルスブラに快勝し、その記念すべきシーズンでUEFA杯初優勝を飾った
●インターネットを通じて世界中のサッカーファンと友達になろう-。ブラジル代表MFでバルセロナ(スペイン)の人気者、ロナウジーニョが10日、当地のホテルで自らが制作に力を入れた公式ホームページ(HP)を披露した http://www.ronaldinhogaucho.com
●マジョルカのFW大久保嘉人(23)は10日、代理人を通じて移籍先を探していることを明らかにした。
●オランダのアイントホーフェンで行われた決勝戦で、セビージャはミドルスブラに4-0の完勝。UEFAカップ優勝を果たした。 2ゴールを決めて試合の主役となったのは元ユベントス、フィオレンティーナのエンツォ・マレスカ。タイムアップの笛のあと、彼は次のように語った。「今夜は完ぺきな夜だった。自分たちの力を見せ付け、大きなタイトルを勝ち取ることができた」 ファンデ・ラモス監督もこう付け加えた。「われわれは多くの人々に喜びを与えることができた。それが素晴らしいことだ」
●ビジャレアルのウルグアイ人FWディエゴ・フォルランは10日、移籍のうわさを否定した。フォルランはスペインの『アス』紙で、「クラブとの契約は2009年までだし、ここを出て行くことなど考えたこともない。バレンシアが僕に興味を持っているようだ、と友人から言われ、新聞や雑誌を読んだ。でも本当に、移籍の話なんて全然ないよ」
2006/05/10UEFA情報
●イングランド代表のスベン・ゴラン・エリクソン監督は、5年間続いた政権の中で、最もインパクトのあるサプライズ人事をやってのけた。ドイツワールドカップに連れて行く23人のメンバーに、アーセナルの若手FWセオ・ウォルコットを加えたのである。ウォルコットは、アーセナルでデビューすらしていない若干17歳の若手ストライカーだ。
●ドイツワールドカップに臨むイングランド代表メンバー23人に、若干17歳で選ばれたFWセオ・ウォルコットは、自身のメンバー入りについて次のように語った。「最初にメンバー入りを聞いたときは本当に驚いたよ。騙されているんじゃないかと思ったくらいさ。バックアップメンバーには入れるかもしれないとは思っていたけど、まさかメンバー入り出来るなんてね」
●「まだ37.5度の熱がある。難しいと思うが何とか11日に行われるイタリア杯、インテルとの決勝戦には出場したいが」とASローマ主将トッティがSKYの番組中、電話取材でコメントした
●「ノーコメント。現時点ではこの質問には答えない方が賢明だ」と元イタリア代表でユベントスでも活躍したストライカー、ジャンルカ・ビアリ氏がユベントスの幹部入りするのでは?という噂について語り始めた。
●イタリア代表監督マルチェロ・リッピは15日に提出するW杯メンバーから現在負傷中のクリスチャン・ビエリ(モナコFW)とアイモ・ディアナ(サンプドリアMF)の2名を除外することを発表した
●「カルチョ界にダークな部分が存在するのならば、払拭するのは当然なこと。関係の無い自分も巻き込まれそうな事件だった。カルチョ界には規則に反し、自分のモラルで物事を進め、利益を優先する人物がいることは間違いない」ステファノ・ファリーナ審判はANSAに対しこのように宣言した。
●8日、フランチェスコ・カッラーロがFIGC(イタリアサッカー協会)会長職を辞任した。カッラーロは8日午後CONI(イタリアオリンピック委員会)会長ジャンニ・ペトルッチを訪れ、FIGCに辞任を申し出た事を報告
●「辞任という勇気ある行為をカッラーロが選択した。彼を知っている人ならば誰もが驚きはしなかっただろう。個人的には辞任を撤回してくれることを望んでいる」とレーガ・カルチョ会長でACミラン副会長ガリアーニがFIGC(イタリアサッカー協会)会長カッラーロ辞任の一報を受けてコメントした
●間もなく開幕を迎えるドイツW杯。キャプテンのバラックは現在のドイツ代表チームについて「みんな、この若いチームのことを理解してくれないと。このチームであれば、みんなを驚かすことも出来ると思う。もちろん早々に敗退する可能性もあるけどね」
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアメリカ代表GKティム・ハワード(27)が、来季にエバートンへ期限付き移籍すると報じた
●5月6日にリーグ優勝を決めたばかりのバイエルン・ミュンヘンは、今季末で契約の切れる元ドイツ代表MFのメーメット・ショル(35)と契約を1年延長することで合意した
●イングランド代表でチェルシーに所属するDFウェイン・ブリッジが、日曜夜にナイトクラブで暴行を受けて顔を負傷した
●オランダ代表のファン・バステン監督は、ワールドカップに先立って行う合宿の参加メンバー18人を発表したが、その中にエドガー・ダービッツの名前は挙がっていない。マカーイ、セードルフに続いて、ワールドカップをテレビの前で観戦するオランダのスタープレーヤーが、また1人増えたことになる
●フランス・リーグアンのホープ、マルセイユのフランク・リベリ(23)が、来シーズンもマルセイユでプレーしたいという意思を改めて明らかにした
●来季、クラブ創立100周年を迎えるトルコの強豪フェネルバフチェが、ブラジル代表でレアル・マドリー所属のDFロベルト・カルロス(33)の獲得に乗り出した
●FCバルセロナのライカールト監督は、試合前までゲームプランを語らない。17日のチャンピオンズリーグ決勝を考えれば、次節のリーガ(対セビージャ、又は対アスレティック・ビルバオ)は、当然無理を避けるであろう。しかし、リーガ得点王とヨーロッパの最優秀ゴールゲッターが懸かるエトーは、試合に出ることを望むであろう
●FCバルセロナのファン・ブロンクホルスト(愛称ジオ)は、今シーズンで退団するラーションに替わる選手を見つけるのは難しい事を認めた。セルティックで7シーズンプレーしたラーションに対する在西イギリス大使からの勲章授与式典に出席したジオは、「セルティックで多くのゴールを決めていた。ファンから愛されるすばらしい選手だった」
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、チームのユニフォームに商業広告をつけることはないと断言した。それと同時にクラブが新しく慈善活動を展開すると予告し、バルサのユニフォームには人道的メッセージが込められることになりそうだ。「あまり深くは説明しないが、クラブは近々人道的メッセージを伝える新しい活動を始める予定だ」
●タイトルも獲れず、ヨーロッパの大会にも出場できないアトレティコ・マドリーでは選手から不満の声が上がっているが、フランシスコ・モリネロがこの意見に同調している。「フェルナンド・トーレスの意見は良く分かる。僕らは若いし、タイトルも欲しいしチャンピオンズリーグにだって出場したい。その目標にはたどり着けることが出来ないけど、これからもスペインやヨーロッパで活躍したい」
●カルロ・アンチェロッティが来季レアル・マドリーを率いることはない。最近のクラブ内部の危機により、アンチェロッティ監督はもちろん、彼と来季の契約に合意していたR・マドリーの幹部たちも以前にかわしていた合意を断念。R・マドリーの新監督の名は、選挙で選ばれる新会長の手に委ねられることとなった。
●アルゼンチン代表のリケルメは、噂されていたアルゼンチン代表監督ペケルマンとの不仲説を完全に否定。親友であるアイマールをアルゼンチン代表に招集しなかったこともリケルメは納得のいっていない様子だったが、「確かに何人か気に入らないやつはいるよ。僕をそういう噂の渦に落とし込もうとしているやつらだ。例えば、僕とベロンの不仲説を流したときもそうだった。ベロンが代表にいないのは、リケルメが彼のことを嫌いだからだと勝手に噂を流し、でも、結局それは間違いだったんだ」と語り
●ディナモ・モスクワがギリシャ代表DFギオルゴス・セイタリディス(24)の移籍金を500万ユーロ(約7億円)に設定した。欧州選手権ポルトガル大会での優勝メンバーでもあるセイタリディスには現在、アトレティコ・マドリーなどが興味を示している
●スペイン・プロリーグ(LFP)は、リーグ戦の終了を遅らせることがFIFA(国際サッカー連盟)に認められたことを明らかにした。これにより、今季のリーガ・エスパニョーラはFIFAの指定していた5月14日ではなく、20日に閉幕することになる。LFPは公式サイト上で、FIFAの承認と変更後の日程について伝えている
●スペインの新聞各紙は、ミランのカルロ・アンチェロッティがレアル・マドリーの新監督になると主張し続けている。スポーツ紙『アス』によれば、アンチェロッティはイタリアのシーズン終了を待って、レアルの監督就任を発表するとのことだ
●アーセナルのロベール・ピレスがビジャレアルと急接近している。ピレスはかねてよりアーセナルに対して2年間の契約延長を希望していたが、クラブ側は1シーズンのみの契約延長しか認めていなかった。そうした中、ピレスは先月にビジャレアルとコンタクトがあったことを認め、ビジャレアルの幹部らとの間で、2年間の契約案に応じたものと見られている
2006/05/09UEFA情報
●イングランド・プレミアリーグのマンチェスターUが、スペイン代表でアトレティコ・マドリー所属のFWフェルナンド・トーレス(22)の獲得に乗り出す構えだ。英紙‘The Sun’によると、マンチェスターUは今シーズン途中から絶対的レギュラーの存在ではなくなったオランダ人FWファン・ニステルローイ(29)の放出を画策。その代役としてアトレティコのF・トーレスに目を付けたというわけだ。
●バルサのMFアンドレス・イニエスタは、来週のチャンピオンズリーグの決勝戦に全神経を集中している旨を語ると共に、15日に発表されるスペイン代表の候補リスト23名の中に名が挙がるよう願っていると伝えた。「去年に引き続き2年連続優勝とは本当に嬉しい。今年も大勢のファンが街に繰り出して一緒に優勝を祝ってくれこの上ない幸せだ。あとは来週もこの調子で行くよう全員で頑張るだけだ。リーグ制覇、チャンピオンズ優勝そしてスーペルコパも獲得できれば最高だ」
●召集されなかった事について心境を聞かれたヘタフェのペルニアは「スペイン国籍獲得の書類の到着が間に合わなかったが、それを悔やんでいても何も始まらない。監督の判断なのであとは何も言う事はない・・。監督も色々と考えているのだろうし、わざわざ理由を説明してもらう必要もない。僕の代わりの選手が頑張ってくれるだろうから、それを応援するだけだ」
●レアル・マドリーのMFジネディーヌ・ジダンは、7日のビジャレアル戦でスタンディング・オベーションを繰り広げたサンティアゴ・ベルナベウのサポーターにお別れ。すでに名手として賞賛を集めているビジャレアルのMFフアン・ロマン・リケルメと感動的なユニフォーム交換をした。試合終了間際のジダンの交代というロペス・カロ監督のさい配は不可解だった。試合の流れをひっくり返しており、勝つためには2点目を狙うジダンが必要だったからだ。ジダンは交代後も、更衣室への通路でお別れのため全てのビジャレアルの選手たちを待った。そして、リケルメとユニフォーム交換。ジダンは最後の会見でリケルメを賞賛していた。試合後、ジダンはピッチ中央に。サポーターからスタンディング・オベーションと「ジズー、ジズー」の歓声を受けた。そしてチームメイトから抱擁とキスを受け、さらに感動。チームメイトはジダンがサポーターとお別れをしている間、悲しそうだった。カシージャス、メヒーア、カッサーノ、セルヒオ・ラモス、バチスタがジダンのお別れに参加した。ジダンは試合後、報道陣の前に姿を見せず、友人やチームメイトに酒を振舞い、サンティアゴ・ベルナベウをあとにした
●7日の日曜、リーガ優勝をファンと共に祝おうとバルセロナ市内で優勝パレードが行なわれた。そして、バルサの選手達を一目見ようと、昨年を大きく上回る120万人のファンで通りが埋め尽くされ、町中が熱狂に包まれた。昨年同様にこのパレードは成功を収めた。
●アーセナル所属のスペイン代表MFセスク・ファブレガスは、W杯ドイツ大会参加への希望を見せながらも、その前に、チャンピオンズリーグ決勝戦という大事な試合が待っているとし、アーセナルがチャンピオンズリーグ決勝トーナメントでレアル・マドリーやユベントスといった優勝候補を打ち破ってきたことが自信に繋がっているとした。セスクは「バルセロナに勝てると信じている」と気持ちを明かしている。「僕達は優勝候補ではなかった。でも、R・マドリーやユベントスといった強豪を敗り、ビジャレアルとは5分5分の中、勝って決勝戦に進んだ。みんなは彼等が僕達に勝つだろうって言っていたけれど、それに打ち勝つために自分達の持っているプレーの質や才能を証明したんだ。僕達はバルサに勝ち優勝できると信じているよ」
●バレンシア退団が決まっているDFファビオ・アウレリオは、ケガのためメスタージャ最終戦でプレーできず、ファンに別れを告げることができなかったことを残念がっている。「メスタージャ最終戦でファンにお別れを言うことができなかったことが残念でしかたないよ。僕が望んでいたようなシーズンを終えることができなかったし、メスタージャでの最後の試合でプレーするという希望も叶わなかった。でも、ベストコンディションを妨げてきたケガと戦うことはないだろうね」
●セリエA第37節の行われた7日、メッシーナ対エンポリの会場となったサン・フィリッポはまるで地獄絵図のようだった。前節レッジーナとの「海峡ダービー」に負けたメッシーナは2試合を残してセリエB降格が決定。ホームでの最終戦となるこの日、長いシーズンを戦った選手達をねぎらうサポーターの姿は無かった
●ユベントスの母体フィアットの副会長ジョン・エルカンが7日、トリノで行われたユベントス対パレルモ戦後に“SKY”の取材に応じている。「今日は試合観戦と我々一族が如何なる時もユベントスと監督を支持していることを証明するためにここに来ました。横断幕でサポーターの意思も確認できた(我々はモッジを見放したりしないなど)。今日は重要な試合だった。現段階ではユベントスの優勝だけを考えたい」と試合観戦の目的を明らかにした。またGMモッジの審判操作の裏取引に関して同副会長は「その問題についてはしかるべき時が来たら対応したいと考えています」
●モッジ・スキャンダルの影響が審判にも及んできている。8日、ナポリ調査当局は裏取引に関わった何名かの審判が捜査対象に入っていることを発表した。現在イタリア人NO1審判でドイツW杯でも笛を吹く予定のマッシモ・デ・サンティスの名前も挙がっている。すでに名前の挙がっているルカ・パランカ、マルコ・ガブリエレとともに裏取引に関わった疑いが持たれている
●ACミランのメディカルスタッフによるとパルマ戦で先発出場後、前半8分で負傷交代したFWシェフチェンコの状態を「左膝内側靭帯を捻った」と診断した
●クリスティアン・ビエリ(32)のドイツW杯出場に暗雲が立ち込めた。所属クラブモナコの発表によると、ビエリは近日中に右膝の関節間軟骨の手術を受ける予定で、来季の開幕にも間に合わないことが分かった
●7日夜インターシティの車内で14人のパレルモサポーターが2人のユベントスサポーターに強奪を働き、ジェノバの中央駅で強制下車させられ身柄を拘束された。管轄検察署は8日朝、14人全員の告訴を決定した
●イングランドのクリスタル・パレスは、米独立リーグ、ユナイテッド・サッカー・リーグ(USL)にチームを加入させることを発表した。同チームはグローバルにアカデミーを展開し、各国の若手有望選手のスカウティングに力を入れたいというもくろみのもと、既に米国にクリスタル・パレス・アカデミーを設立しており、ボルチモアに新チームを発足させることになる。
●10日水曜日にオランダのアイントホーフェンで開催されるUEFAカップ決勝では、ドイツのファンデル主審が笛を吹くことになった
●ポルトガル代表のブラジル人監督ルイス・フェリピ・スコラーリは、ドイツの週刊誌『キッカー』のインタビューに対し、2006年ワールドカップ(W杯)で大幅にゴール数が増えることはないという予想を語った。「いつも以上のゴールが生まれるとは思わない。6人で攻め、ボールを失った時は8人で守る。それが現代のサッカーだ。だからW杯がゴールラッシュになるとは考えにくい。これまでの大会でのゴール数から大きく変わることはないだろう」
●将来的なユベントス復帰について、ジャンルカ・ビアリは「ノーコメント」を貫いている。クレモネーゼ、サンプドリア、ユベントス、チェルシーで選手としてプレーしてきたビアリは、将来の監督就任に向けてユベントスのジョン・エルカンから電話を受けたとうわさされているが、次のようなコメントで周囲を落ち着かせた。「その件について何も言うことはない。それに、ユーベには素晴らしい監督がいると思う」
●オランダ人のロナルト・クーマンはベンフィカ・リスボンの監督の座を退いたことを発表した。今後はオランダ王者PSVを指揮する。現在43歳のクーマンはベンフィカとの契約をあと1年残していたが、1980年代の末にDFとしてプレーしたPSVと新たに2年契約を結んだ。2006年ワールドカップ後のロシア代表監督に任命されたフース・ヒディンクの後任となる。
●トッティがコッパ・イタリアのインテル戦で復帰できるかどうかはまだ定かではない。「まだ少し熱がある。治したいけど、今のままのコンディションでは難しいだろう」
●アンドリー・シェフチェンコのミランでの挑戦は終えんを迎えたようだ。1999年以来173のゴールを重ね、もはやミランの象徴的な存在となったシェフチェンコだが、イタリアを離れて新たな刺激を見つけたいと望んでいる。日曜日の夜にミランのパトロンのシルビオ・ベルルスコーニと会った際に、ミラノを離れたいという意思を伝えたようだ。ジョゼ・モリーニョとともにチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げられるチーム作りを目指しているチェルシーのロマン・アブラモビッチが、シェフチェンコにラブコールを送っている。彼自身もこの話に乗り気なようで、すでにロンドンへ飛ぶことを決めている様子だ。カルロ・アンチェロッティ監督との関係悪化もこの選択を後押ししている。
●バルセロナへの移籍が濃厚と見られていたアンリだが、ロナウジーニョとうまくいかないことを恐れ、バルセロナの誘いには応じることはなさそうだ。2人とも左サイドから仕掛ける選手であり、アンリはポジション変更を強いられるリスクを冒したくはないと考えている。ミランであればその心配はない。すでにアンチェロッティはジラルディーノを中央に、アンリとカカをトップ下に置くシステムを検討しているようだ
●ワールドカップ(W杯)ドイツ大会に臨むイングランド代表メンバー発表を伝えた9日付の英各紙は、大抜てきされた17歳のテオ・ウォルコット(アーセナル)の話題一色。「ギャンブル」と驚きを表す一方、1958年にブラジルがW杯制覇した際に17歳で大活躍した「王様」ペレを引き合いに期待感も漂わせた。
2006/05/08UEFA情報
●スペイン代表のルイス・アラゴネス監督は6日、ワールドカップメンバー候補27名について会見を行い、その中でペルニアを選出しなかった理由について言及した。「ペルニアを呼ぶことはもちろん考えたが、(スペイン)国籍の取得が遅すぎた。もっと早く取得していれば彼を招集するチャンスもあったが、今彼を呼べば、これまでスペイン代表のために戦ってきた他の選手に対して敬意を欠くことになる」と同監督
●チーム内の混乱が続くレアル・マドリーは、獲得が有力となっていた選手達を逃す可能性がでてきている。オリンピック・リヨンでプレーするMFディアラは、R・マドリー入団の準備を進めていたが、R・マドリー側からの返事はまだ届いていない
●今シーズン、カンプ・ノウで行なわれる最終戦となったエスパニョール戦。試合後、優勝セレモニー、併せて今シーズン限りで引退するラーションの送別が行なわれた。この試合、ファンからの温かい声援、拍手を受けたラーションは「ファンタスティックな瞬間だった。ファンからの声援は素晴らしすぎて、説明する言葉すら見つからない」
●R・マドリー、ホーム最終戦となったビジャレアル戦。今シーズン限りで引退するジダンにとって、R・マドリーの一員としてサンティアゴ・ベルナベウで戦う最後の試合となった。
●アントニオ・カッサーノは依然としてレアル・マドリーのロペス・カロ監督に冷遇されている。これまでスペインで結果を出せていないカッサーノは、レアルがビジャレアルと3-3で引き分けた試合では、ピッチに足を踏み入れることもなかった
●今季限りでバレンシアとの契約が切れるDFカルボーニが6日、ホームのメスタージャでのアトレティコ・マドリー戦で有終の美を飾った
●GMルチャーノ・モッジ(68)を筆頭に「審判操作」などの裏取引が暴露されているユーベにさらなる追い討ちがかかった。カルチョ界の問題として無関係を貫いてきたCONI(イタリアオリンピック協会)会長フランコ・カッラーロ(66)が「スポーツに関わる立場で考えると早急な罰則が必要だ」と発言、スポーツ界の汚職に鉄槌を下す方針を明らかにした。
●エースとして君臨し続けたファン・ニステルローイは、今シーズン終盤から増えたベンチスタートに納得することができなかったようだ。試合をボイコットしたオランダ人FWが、今シーズン限りでマンUのユニホームを脱ぐのは確実と言えるだろう
●セリエBのアタランタが3試合を残してセリエA昇格を決めた。6日に行われた第39節カタンザーロ戦でこの冬のメッシーナからアタランタに移籍したFWザンパーニャが2ゴールを決め、2-1と勝利。アタランタは降格から1年で再びセリエA昇格を果たした
●インテルのマンチーニ監督が“SKY”のインタビューでユベントスGMモッジによる審判操作の裏取引スキャンダルについてコメントした。「悲しい出来事だ。恥の一言に尽きる。他に言葉はない。正しい判断を待つ方が良いという人もいるようだが、何を待つ必要があるのだろうか?見た通りのままだろう。幼少の頃からユベントスのファンだったが昔は気品に満ち溢れたクラブだった。カルチョ界で情熱を持って働く身としては最悪な出来事。そしてカルチョ界で稼ぐ為ではなく情熱の為に私財を投資している人にとっても受け入れがたい出来事だろう」
●フィオレンティーナのプランデッリ監督が7日、ホームでのレッジーナ戦後のインタビューでユベントスGMモッジの審判操作の裏取引問題についてコメントした。「私の考えでは今回の事件の当事者だけではなくカルチョ界に関わる全ての人間がゼロから再出発しなければならないと思う。何もかもが複雑になってしまった現状を非常に残念に思う。古き良き時代のカルチョを取り戻さなければならない。今のカルチョ界は病んでいるとしか言いようがない」
●「(欧州出場権獲得の)4位を目指し選手達は能力を存分に発揮した」ASローマ監督スパレッティがトレビゾ戦での1-0勝利を振り返った。また若きFWオカカ(17)の活躍に「ポテンシャルのある選手。今日は若さのため何度かミスもあったが誠実な姿勢は評価できる」
●「イタリアサッカー協会の捜査当局は調査を進展させているが、現時点では有罪判決を受ける者はいない。判決を直ぐに下すつもりはない。ユベントス側からの見解もレーガに取り寄せた方が良いからだ」と捜査当局責任者でACミラン副会長ガリアーニが“メディア・セッテ”の取材で見解を述べた。
●リバプールのシャビ・アロンソ、ルイス・ガルシア、モリエンテスだけがリバプールの町で輝いているスペイン人選手ではない。同じ町のライバル、エバートンのMFミケル・アルテタが第38節のプレミアリーグ最優秀選手に選ばれた。そのアルテタに移籍のうわさがたっている。リバプールが1200万ユーロ(約16億8000万円)でオファーを出した後、エバートンは移籍交渉で一歩も譲らない。
●イングランド・プレミアリーグは7日、今季最終戦が行われ、アーセナルがアンリの3得点などでウィガンを4-2で下し、勝ち点67で4位に食い込み、来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権(予選から)を確保した。アンリは今季27ゴールで、3季連続4度目の得点王に輝いた
●オランダカップは7日、ロッテルダムで決勝を行い、アヤックスがPSVアイントホーフェンに2-1で勝ち、16度目の優勝をした
●アルゼンチン1部後期リーグは7日、各地で行われ、ボカ・ジュニアーズがインデペンディエンテに2-0で勝ち、1試合を残して2シーズン連続23度目の優勝を決めた
●37歳のマルセル・デサイーは、ついにシューズを脱ぐことになった。1998年ワールドカップ、2000年欧州選手権で優勝を経験した同選手は、日曜にパリで行われたUNFP(プロサッカー選手協会)トロフィー授与式の場で、正式に引退を発表した
●ミランのカカは、日曜日の試合でセリエA通算100試合出場、30得点を達成した。ミランがパルマを3-2で破ったこの試合で、カカはPKで先制点を挙げた
●フランスUNFP(プロサッカー選手協会)トロフィーの授賞式で、最初に賞を受けたのはマルセイユのフランク・リベリだった
●ミランのカルロ・アンチェロッティ監督は、まだリーグ優勝の可能性が残っていると念を押した。「残り1試合でまだ可能性はある。いずれにしてもわれわれにとっては良いシーズンだった。大きな困難もあったが、多くの満足も得ることができた」
●セリエA第37節のメッシーナ対エンポリ戦は、途中で打ち切りとなった。観客がグラウンドになだれ込み、試合進行が不可能となったため、主審はタイムアップを待たずに試合を終了。第4審判によってロスタイムが掲示されることもないまま、選手たちはロッカールームへ戻った
●ケルンのFWルーカス・ポドルスキー(20)は、ワールドカップ(W杯)後にフェリックス・マガト監督率いるバイエルン・ミュンヘンでプレーすることになりそうだ
●今季のリーグアン最優秀選手賞にジュニーニョが選出された
●ミランはフランスのティエリ・アンリ(28)の獲得を考えているようだ。そう報じているのはイングランドのメディア。アンリの獲得には1000万ポンド(約1460万ユーロ/約21億円)が必要
●イングランド・プレミアリーグで、MF中田英寿が所属するボルトンは7日、ナイジェリア代表MFオコチャ(32)と元フランス代表DFヌゴッティ(34)と、来季の契約を結ばないと発表
2006/05/07UEFA情報
●ヘタフェの指揮官ベルント・シュスターが、5日に発表されたスペイン代表のW杯メンバー候補の人選に苦言を呈した。同メンバー候補27名の中には、当選確実と見られていたヘタフェの左SBペルニアが不在。これに対しシュスター監督は「私が代表監督なら間違いなくペルニアをドイツに連れて行く」と断言し「ペルニアは(ディフェンダーながら)今季10ゴールを挙げている。その彼がW杯に行けないなら残念で仕方ない」
●7日の試合がサンティアゴ・ベルナベウでの最後の試合となるジネディーヌ・ジダン。レアル・マドリーは彼のために大きな仕掛けを準備している。スタンドの観客は紙で作ったモザイクで彼を迎える予定だ。そのモザイクにはジダンの背番号「5」が入ったユニフォームと「ありがとう、ジダン」というメッセージが込められている。一方、選手たちもジダンに対する気持ちを伝えたいようだ。彼らは、ジダンのチームへの貢献に感謝の気持ちを込めて「ジダン 2001-2006」と書かれたTシャツを着込んでピッチに現れる予定である。さらにスタジアムのビッグスクリーンには、これまでのジダンのベストプレーを集めたビデオが流される。この大切な機会を逃したくないと考えるファンは多く、最終戦のチケットはすでに2日前に完売した。
●18回目のリーガ優勝を決めたバルセロナは、ホーム最終戦となるエスパニョールとのダービーを勝利で飾った。一方、残留争いを演じているエスパニョールは、これで最終節まで1部残留が決定しないことになりそうだ。
●R・マドリーとアトレティコは強化メンバーとして、デポルティーボのカンテラの選手イバン・カリルに注目している。カリルはプロとしてデポルと契約する予定だが、プロとしてプレーするには出場時間が45分間不足している。このままだとプロ契約はまだ結ぶ事はできず、来シーズンも引き続きアマチュアとしてプレーする事となる。この場合、デポルが自動的に契約を更新する権利を有しているものの、R・マドリーとアトレティコにとっては好チャンスとなる。
●バレンシア、アトレティコと引き分けチャンピオンズ出場確定
●マジョルカのFW大久保嘉人(23)「マンサーノ監督が続投するようだったら、マジョルカにはいないと思う。監督の頭の中に(自分が)入ってないみたいだから」
●右足骨折でドイツワールドカップ出場が微妙となったFWウェイン・ルーニーのポジションを巡り、イングランド代表FW陣の争いが激化している。リバプールのピーター・クラウチ、トッテナムのジャーメイン・デフォー、チャールトンのダレン・ベント、チェルシーのMFジョー・コール
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ウェイン・ルーニーのケガでFWのメンバー構成に頭を悩ませるイングランド代表のスベン・ゴラン・エリクソン監督に対し、17歳のFWセオ・ウォルコットをドイツに連れて行くようアドバイスした
●突然のスキャンダルがユベントスサポーターをチームから遠ざけることはなかった。7日に行われるホームでのパレルモ戦のチケットが完売したことが分かった
●ACミランのアンチェロッティ監督が翌日に迫ったパルマ戦を前に定例インタビューに応じ、ユベントスGMモッジの審判操作の裏取引問題についてコメントした。「20年間サッカー界で生きてきた。今後も情熱を持ってこの世界で生きたいと思っている。カッラーロ(イタリアサッカー協会会長)の『近日中に全てを明白にしたい』という発言を信じたい。サッカー界においてこういう出来事は全くもって起こってほしくなかったので本当に残念でならない。昨年のユベントス対ACミラン戦(0-0の引き分け)も怪しいと言われているようだが考えもしなかった。ただ推測で話をするのは好きではない。現在全容解明が行われているようなのでその結果を待ちたい」
●「怪我の回復具合をチェックする為には途中出場より試合開始時からプレーする方が良いだろう」とASローマのスパレッティ監督が7日、ホーム・オリンピコで行われるトレビゾ戦にMFトッティが先発出場する事を断言
●イングランド協会(FA)は、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督がエリクソン監督の後任としてイングランド代表監督のオファーを断ったことを明らかにした。
●ドイツ1部リーグは6日、各地で行われ、バイエルン・ミュンヘンが2シーズン連続となる20度目の優勝を決めた。
●フランス1部リーグで、MF松井大輔のルマンは6日、ホームでランスと0-0で引き分けた。松井は左足首痛からの復帰後、3試合目で初めてフル出場した
●アルゼンチン代表のホセ・ペケルマン監督は、スペインで行う合宿に16名の選手を招集した。今回選ばれた選手たちは2006年ワールドカップ・ドイツ大会への出場が確実。
GK:
ロベルト・アボンダンシエリ(ボカ・ジュニアーズ)
レオナルド・フランコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
DF:
ニコラス・ブルディッソ(インテル/イタリア)
ガブリエル・ミリート(サラゴサ/スペイン)
ファブリシオ・コロッチーニ(デポルティボ・ラコルーニャ/スペイン)
レアンドロ・クフレ(ASローマ/イタリア)
ロベルト・アジャラ(バレンシア/スペイン)
ガブリエル・エインセ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
MF:
マキシ・ロドリゲス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
エステバン・カンビアッソ(インテル/イタリア)
ファン・パブロ・ソリン(ビジャレアル/スペイン)
ファン・ロマン・リケルメ(ビジャレアル/スペイン)
ルイス・ゴンサレス(FCポルト/ポルトガル)
リオネル・スカローニ(ウェストハム/イングランド)
FW:
リオネル・メッシ(FCバルセロナ/スペイン)
エルナン・クレスポ(チェルシー/イングランド)
2006/05/06UEFA情報
●チェルシーのMFフランク・ランパードは、イングランド代表のチームメイトであるFWウェイン・ルーニーのワールドカップ出場が危ぶまれていることについて「ウェインのケガにはもちろんショックを受けたよ。どんなチームであれ、ウェインの欠場は大きな痛手だ。でも、イングランド代表にはワールドクラスのメンバーが揃っている。ワールドカップ優勝を十分狙えるメンバーだよ。それに、ウェインの欠場でネガティブな雰囲気が生まれるのは危険だ。優勝を逃したときに、“ウェイン・ルーニー”の名前が言い訳に使われてしまう可能性があるからね」
●アズーリ(イタリア代表)がいよいよW杯モードに突入した。ローマ・ボルゲジアーナで行われたW杯メンバー選考合宿最終日の3日午後、“優勝ボーナス”額が決定された。公式発表されたボーナスは優勝で1人あたり25万ユーロ(約3500万円)と大盤振る舞い
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が来シーズンに向けた強化に本腰を入れはじめたようだ。トッテナムのMFマイケル・キャリック、ACミランのMFジェンナーロ・ガットゥーゾの獲得にも積極的
●セリエAの名門ユーベ(ユベントス)のGMルチャーノ・モッジによる「審判操作」スキャンダルが世間を賑わせている。29度目の優勝目前のユーベに突然襲ったスキャンダル、先月から続く緘口令が事態をより悪化させている。セリエAでは審判による「ユーベ贔屓」はすでに暗黙の了解となっており、プロビンチャ(地方の弱小クラブ)になるほど無抵抗状態が続いていた。公開された盗聴内容の一部にはモッジが04年欧州CLアヤックス戦の審判を指示するものや、セリエAでの審判を指名するなど傍若無人ぶりが明らかになった。
●W杯メンバー最終選考を兼ねたアズーリ代表合宿に参加中のユベントスMFカモラネージが2日の練習中に右膝を負傷した
●イタリア杯決勝戦ASローマ対インテルの初戦が3日夜ローマ・オリンピコで行われ、1-1の引き分けに終わった。試合後インテルのマンチーニ監督はアウェイでの1-1の結果に満足はするものの、まだ自身3度目となるイタリア杯優勝は確信していない様子
●「前半我々は本来の力を発揮する事無くミスを連発してしまった。緊張して“ガチガチ”だった。そして先取点を許してしまい悪い流れになった」とASローマのスパレッティ監督
●ACミランのクロアチア人DFダリオ・シミッチ(30)が2009年まで契約を延長した事が判明
●3日夜に行われたイタリア杯決勝インテル戦、ASローマの主将トッティが2月19日の負傷後初めて召集されたが出場はしなかった。試合後に今後の見通しを聞かれたトッティは「ミラノで行われる第2戦に出場するかどうかは監督が決める事。チームは俺抜きでも充分強い。それに我々にとってはイタリア杯で優勝する事よりリーグ戦を4位で終え、来季の欧州CL出場権を獲得する事の方がより重要だ。現在のコンディションは40~50%と言ったところかな」
●先週行なわれた右膝の手術を終えたACミランのDFマルディーニが「体調は問題ない。手術も成功したし痛みもなくなっている」と術後の経過について落ち着いた口調で語り始めた。マルディーニは続けて「完治まで2ヶ月から2ヵ月半を要すると言われている。この計算で行くと7月20日には完治している事になる。もし私が(世間で噂されている)引退を考えたとしたら手術など受けなかった。今は出来るだけ早く怪我を完治させ、来季に備える事で頭がいっぱいだ」
●スポーツ裁判は4日、インテルDFコルドバに対し2試合の出場停止処分を言い渡した(イタリア杯)。この判定は3日夜に行われたイタリア杯決勝戦初戦でのASローマDFクフレに対するファウルに対して。
●インテルのセルビア・モンテネグロ人MFスタンコビッチが“SKY”の取材に「約2年半前ラツィオからインテルに移籍した時に言ったことの繰り返しになるが、インテルでタイトルを獲得したい。残念ながら今年も我々の目標(リーグ優勝、欧州CL優勝)を達成出来なかった。ただ、今季は成果もあった。まだイタリア杯優勝の可能性も残っているしね。来季は今季のアイディアをベースにし、より厳しく戦っていきたい」
●パレルモオーナー、ザンパリーニがイタリア代表で同クラブDFグッロソの移籍交渉のため5日ミラノを訪れインテルオーナー、モラッティと会合したことが明らかになった。話し合いを終えたザンパリーニは「モラッティと会っていた。彼とは気が合うしお互いにとって有益になる事が多い。どうなるかはまだ言えないが、グロッソについて話し合った」
●「今回のユベントスの騒動(GMモッジの審判操作などの裏取引)が我々にとって有利に働くとは思わない」とACミランのFWシェフチェンコが“ゴールデン・フット2006”のノミネーション会場でコメントした。
●ルーニーは万が一、怪我が治らずW杯出場を逃すことになっても「この世の終わりではない」と語り「確かに自分が怪我をしてがっかりしていることは間違いない。でも、これから人生は続いていくんだし、今は回復するのを願うのみだよ。誰だってW杯でプレーしたいと思うが、大会は他にも沢山あるしね」
●レアル・マドリーのFWアントニオ・カッサーノにインテルが興味を示している。4日付のイタリア紙‘コリエレ・デッロ・スポルト’が伝えたところによると、今季からレアル・マドリーでプレーするカッサーノが来季の移籍に向けすでにインテルと接触
●ルイス・アラゴネス監督は、この27名から15日に発表が予定されるW杯本番の23名を選出する模様だ。
GK:カシージャス(R・マドリー)、カニサレス(バレンシア)、レイナ(リバプール)
DF:ハビ・ベンタ(ビジャレアル)、サルガド、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、プジョール(バルサ)、フアニート(ベティス)、マルチェナ(バレンシア)、パブロ、アントニオ・ロペス(A・マドリー)、デル・オルノ(チェルシー)、カプデビーラ(デポルティーボ)
MF:アルベルダ、バラハ(バレンシア)、チャビ、イニエスタ(バルサ)、セナ(ビジャレアル)、セスク(アーセナル)、シャビ・アロンソ、ルイス・ガルシア(リバプール)、ホアキン(ベティス)
FW:ラウル(R・マドリー)、ビージャ(バレンシア)、レジェス(アーセナル)、モリエンテス(リバプール)、フェルナンド・トーレス(A・マドリー)
●アトレティコ・マドリーは来季に向け着々と補強を進めている。インデペンディエンテのセルヒオ・アグエロ獲得を認めたA・マドリーは、現在ディナモ・モスクワに所属するポルトガル代表MFコスティーニャとギリシャ代表DFセイタリディスの獲得に動いており、事実両選手の代理人であるホルへ・メンデス氏とも合意に至っているが、A・マドリーのエンリケ・セレソ会長は両選手のディナモ・モスクワ退団についての交渉の結果を待っているところのようだ
●レアル・マドリーの強化部は、バレンシアの左サイドバック、ファビオ・アウレリオに他チームとの契約を済ませないよう要求している。ファビオ・アウレリオと代理人フィゲール氏は、バレンシアで現在あるオファー(ビジャレアルが有力、リバプールは獲得に興味を示している)をチェック。フィゲール氏はマドリードに戻り、R・マドリーから正式なオファーの提示があるか待つ
●シーズン連続で優勝を決めたバルサのベレッチは「昨シーズンまで5年間ファンには寂しい思いをさせてしまっていたが、2年連続優勝という快挙の喜びを思う存分味わって欲しい」
●ビジャレアルのリケルメは、水曜日のマラガ戦の試合中サポーターからブーイングを浴びたディエゴ・フォルランを支持するコメントを発表した。「ディエゴはもちろん、チームメートがブーイングを浴びるのを見るのは辛い。ビジャレアルの人達は皆僕にとても良くしてくれるので、チームも街もとても気に入っている」
●バルセロナ所属のスウェーデン代表FWヘンリク・ラーションは、チームのリーガ2連覇を達成を「数年後、僕が引退して、自分のキャリアを振り返った時に、その価値がもっと大きなものになると感じるだろうね」
●ブラジル人MFデニウソンは、彼が求めるオファーはなく、来季ジロンダン・ボルドーで続けることはないとフランスの日刊紙‘Sud-Ouest’に明かした。
●スペインの国王、フアン・カルロス1世が、17日にパリで行われるチャンピオンズリーグ決勝のアーセナル戦に、バルセロナを応援するために会場に駆けつけるようだ
●イングランド代表の新監督となったスティーブ・マクラーレン監督は、W杯後もベッカムがキャプテンを続けるかどうかについて明言を避けている。「その話はこの場でするつもりはない。W杯を目前に控えているのにそんな話をするべきでもないからね。今は私のチーム(ミドルスブラ)とエリクソンを全力で助けることしか考えていない。それにベッカムは今のキャプテンだからね」
●アトレティコ・マドリードは、ボルシア・ドルトムント所属のチェコ代表MFトマス・ロシツキーを獲得することで、クラブ間で合意に達したようだ。数カ月前から噂されていたこの移籍話しも、詳細についてはこれから詰めていく部分があるとはいえ両クラブの間でやっと決着がつき、ロシツキーは移籍金1000万ユーロ(約14億円)、4年契約を結ぶことになる
●1月のオサスナ戦で右足首に重症を負い戦線から外れていたバレンシアのビセンテ・ロドリゲスは、4ヶ月ぶりに召集リストに名をあげる事となった
●エスパニョールのロティーナ監督は、イバン・デ・ラ・ペーニャは左足に違和感を覚え土曜日のバルサ戦はほぼ絶望的だと伝えた
2006/05/02UEFA情報
●アトレティコが次に獲得に動くのは、今季CLでベスト4入りの躍進を果たしたビジャレアルの右SBハビ・ベンタと、ボルシア・ドルトムント所属でチェコ代表のMFトマス・ロシツキー
●マジョルカのホナス・グティエレスはアウェイでの対A・マドリー戦で1点をあげ、これが唯一の得点となった同試合でチームに貴重な勝ち点3をもたらした。「どうしても勝たなければならない試合だった。ゴールを決める事ができて満足している。(チームメートのフェルナンド・ナバーロとの練習中の諍いやパルマ空港での警察との口論など)最近は明るい事がなかっただけに、この1点で嫌な事が忘れられ良かった。でもチーム全員がとても良い試合をしたことが何よりも嬉しい」
●レアル・マドリー次期監督の有力候補とされていたとミランのカルロ・アンチェロッティ監督だが、「R・マドリーと契約するという望みはない」と明言。この発言でアンチェロッティ監督自らこの噂に決着を着けようとしたようだ
●フェルナンド・マルティン前会長が3月にリストアップしていたカペッロ(現ユベントス監督)、モウリーニョ(現チェルシー監督)、アンチェロッティ(現ミラン監督)、ベニテス(現リバプール監督)、ベンゲル(現アーセナル監督)、エリクソン(現イングランド代表監督)、リッピ(現イタリア代表監督)の7名の監督候補のうち、カペッロ、モウリーニョ、アンチェロッティ、ベニテス、ベンゲルがすでに「ノー」と伝え、残るはエリクソンとリッピのみとなっている
●セリエA第36節対リボルノ戦の前半41分に負傷で交代したミランDFスタムだが、病院へ同行したチームドクターによると右肩の靭帯先端部負傷が確認された。回復期間は近日中に発表される見込み
●ドイツW杯へ向けて、優勝候補の一つであるイタリア代表の登録メンバー最終選考合宿が、2・3日の2日間、ローマ郊外のボルゲシアーナで行われる。合宿ではさまざまな練習が準備され、とりわけグループとしての一体感を作り上げることが重要視される
●セリエA第36節でリボルノを自身の2ゴールで下したミランFWインザーギは、火曜日から始まるイタリア代表選考合宿へ参加することになった。インザーギは試合後、「リッピ代表監督が(直接)電話してきてくれたよ。代表を離れていたこの2年半はずっと怪我ばっかりだったけど、代表入りするっていうことはいつだって素晴らしい、特別なことなんだ。今はやる気でいっぱいだよ。新しい代表メンバーの多くを知らないけど、リッピ監督のことはよく知ってる。この合宿で練習してより調子をあげていくよ」
●チェルシーの最高経営責任者(CEO)であるピーター・ケニヨン氏はジョゼ・モウリーニョ監督との不仲を否定。来季も指揮を執るとし、モウリーニョ監督の辞任は考えられないと述べた
●イングランド代表DFで、右足の骨折などで長期離脱していたアーセナルのA・コールが1日のサンダーランド戦で後半途中出場し、実戦復帰した
●アルゼンチンとアンゴラの親善試合は、5月30日にサレルノで開催されることになった
2006/05/01UEFA情報
●FCバルセロナのFWリオネル・メッシーは3月7日のチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦で断裂し、その後悪化させた右足大腿二頭筋の回復が最終段階に入っている。がまんの重要性をわかっているものの、メッシーは「(17日の)CL決勝でプレーできればすばらしい」と、希望を隠さない。
●マンサーノ監督が率いるマジョルカは、ビセンテ・カルデロンでA・マドリーに勝利し、1部リーグ残留をほぼ確実なものにした。モチベーションも、選手間の信頼も感じられなかったA・マドリーは、UEFA杯出場権もなくなった。
●イタリアはローマで活躍しているルーマニア人キブ。来シーズンの補強としてR・マドリーが獲得に動いているが、契約には少なくとも1500万ユーロ(約21億円)から2000万ユーロ(約29億円)の値段が付きそうだが、同選手もR・マドリー移籍に興味を持っており、5月中には結論が出るだろう
●チャンピオンズリーグ圏内を確実に手にする為、そして2位の座を獲得するため、激しく戦いあったオサスナとR・マドリー。ハイテンションの中、行われた試合だったが、R・マドリーがバチスタのPKにより、なんとか0-1で勝利を収めた
●前節に続き、バレンシアがまたもバルサの優勝を遅らせ、2位をキープした。一方のアラベスは6節勝利がない
●スペインとクロアチアは、ワールドカップ開幕前の6月7日にテストマッチを行う。試合はジュネーブ(スイス)のラ・プライユ・スタジアムで開催される予定
●ACミランがスペイン代表でレアル・マドリー所属の右サイドバック、ミチェル・サルガド(30)の獲得に乗り出した。ミランは過去にも2度にわたってサルガドの獲得を試み、それらの機会にはいずれもサルガドの「レアル残留希望」の返答によって流れている。しかし来季に向けての補強では、全力でこの移籍を成立させるつもりでいる
●週末の試合で右足中足骨を骨折したイングランド代表のFWウェイン・ルーニー。全治6週間と診断され、ワールドカップ出場が危ぶまれているが、「決勝トーナメントに間に合うのであれば、ドイツに連れて行く」とイングランド代表のスベン・ゴラン・エリクソン監督は『BBC』に語った。詳細は所属するマンチェスター・ユナイテッドとイングランド代表の間で話し合われるという。
●今季終了をもってデ・カニオ監督はシエナを去ることになるだろう。第36節ユベントスとの試合後「今日の結果(3-0惨敗)で去るわけではない。ただここでの労働条件を考えると厳しく思う。今季は何度も解任の危機にあっていた。シーズン前の合宿、イタリア杯アトランタ戦での敗退など毎回問題が浮上していた。我々は耐え難いプレッシャーを常に感じていた。開幕前の課題である『残留』を果たしたことが何よりも嬉しく思っているよ。自分はこのクラブを去り、茨の道を歩む。シエナにはぜひ頑張ってほしい」と激白した。現時点では監督解任が公式発表されていないが、公認候補として現シエナ第2監督で元イタリア代表アントニオ・コンテの名が挙がっている
●30日午後、パレルモで6人の逮捕者が出た。セリエA第36節ホームにフィオレンティーナを招いたパレルモで試合前に多くのサポーターがフェンスを破壊、乗り越えピッチ上に乱入しようとしていた。この件で24歳と49歳のサポーターが器物破損の容疑で逮捕された
●イタリア1部リーグ(セリエA)は30日、各地で行われ、日本代表FW柳沢敦をJリーグ1部(J1)鹿島に期限付き移籍させているメッシーナは0-3でレッジーナに敗れ、2部リーグ(セリエB)降格が決まった
●イタリア1部リーグ(セリエA)は30日、各地で行われ、2位ACミランに勝ち点差3まで迫られていた首位ユベントスが、シエナに3-0で快勝した。リーグ戦5試合連続で引き分けていたユベントスは、6試合ぶりの勝利で勝ち点を85に伸ばし、2季連続優勝へ前進した
●元フランス代表DFリザラズ(36)が30日、今季終了後に引退すると地元テレビ局に語った
●ローマ所属のフランス人MFオリビエ・ダクール(31)は、インテルへの移籍が濃厚となっている
●リボルノのクリスティアーノ・ルカレッリが、インテルへ?本人は否定しておらず、移籍の可能性はある
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。