FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/01UEFA情報
●大晦日の31日、イタリアのガゼッタ・デッロ・スポルト紙は2005年のスーパーゴールを特集した。
1) ロナウジーニョ(3月8日/チェルシー×バルセロナ/欧州CL)
・エリア外でDF4人に囲まれながらステップ後に突然の「つま先シュート」。
2) ロビーニョ(9月4日/ブラジル×チリ/W杯予選)
・センターラインに位置するロビーニョからアドリアーノ、カカ、ロナウドとつないで走りこんだロビーニョが押し込む。
3) カカ(9月13日/ミラン×フェネルバチェ/欧州CL)
・ハーフウェイを超えたところでボールをもらったカカがDF3人をすり抜けるようにドリブルして決めた「スラローム・ゴール」。
●3位リバプールはMF稲本潤一のウェストブロミッジと対戦し、クラウチの決勝ゴールにより1-0で競り勝ち、リーグ戦の連勝を1982以来の「10」に伸ばした。
●ニューカッスルに所属するイングランド代表FWマイケル・オーウェン(26)が31日、当地で行われたトットナム戦で右足を痛め、検査の結果「右足第5中足骨(甲の部分)」の骨折が判明した。
●R・ソシエダのMF、ミケル・アロンソはミゲル・フエンテス会長とサインを交わし、無事クラブとの契約を2010年まで更新した。
●29日の練習中に故障したレアル・マドリーのロナウドは、検査の結果全治10日から14日であることが判明した。クラブのメディカルスタッフによれば、彼は「右足ふくらはぎに軽度の肉離れ」を起こしているとのことだ。
●2006年の6月末でバルサとの契約が終了するガブリは、契約延長を第一希望としているがFIFAの規定では来週月曜日から他チームとの交渉が可能になる事から、他のオプションも検討する旨を伝えた。
●カッサーノのレアル・マドリー移籍は時間の問題だ。29日の夜、ローマとR・マドリーの間で行われた話し合いで両クラブはほぼ合意に達し、間もなくカッサーノの移籍は公式発表を迎える予定。
●エスパニョールのMFアルベル・リエラは、出場機会を求めてイングランドのマンチェスター・シティへのレンタルを受け入れると表明した。これにより、最終的な決定はミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が握ることとなった。
●レアル・マドリーのキャプテン、ラウルが41日ぶりに練習を開始した。ラウルは左ひざの半月板を部分損傷して、長期離脱を余儀なくされている。
●ビジャレアルがホセ・ミゲル・ゴンサレス、通称“ホセミ”と今季の残りに加えて4シーズンの契約を交わした。
●R・マドリーのグティは新年を迎えるにあたり「2005年は一つも優勝を獲得する事ができず、チームとしても選手ら個人としても良い年だったとは言えないが、来年は良い方向へ向かえる事を信じている。優勝を手にして初めてチームは順調だと言えるだろう」
●セビージャで6年目を迎えていたDFパブロ・アルファロは、セビージャのホーム、ラモン・サンチェス・ピスフアンで記者会見を行い、デル・ニド会長に見守られながら来年からラシンでプレーする旨を伝えた。
●ホセ・マヌエル・レイナはリバプールで素晴らしいシーズンを送っている。「ゴールを割られたときは記録のことが気になったけど、いつかは破られるものだからね。それよりもチームが勝てたことが嬉しい(1-3で勝利)。本当のことを言うと、これだけ無失点を続けられるとは思っていなかったんだ」
●レアル・マドリードに所属するフランス代表MFジダン(33)が、来年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会終了後にも、現役を引退する可能性があることが31日、分かった。
「2007年までプレーし続けているか分からない。今季終了まで6カ月、そしてW杯がある。その後には、どうなるか分かるだろう」
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.