UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/10/31UEFAチャンピオンズリーグ情報
・試合日 4 - 2005年11月01日
E PSV - ミラン
E シャルケ - フェネルバフチェ
F ローゼンボリ - レアル・マドリー
F オリンピアコス - リヨン
G リバプール - アンデルレヒト
G ベティス - チェルシー
H アルトメディア - レンジャーズ
H インテル - ポルト
・契約延長か、あるいはレアル・マドリーに放出か? クリスティアーノ・ロナウドの今後は謎に包まれている
スポンサーサイト
2005/10/29UEFAチャンピオンズリーグ情報
・アーセナルのベンゲル監督は28日、アンリが9月に傷めた太もも付け根のけがが再発し、トッテナム戦に出場しないと発表した
・バイエルンのFWのマカーイは、ノーゴール記録が904分まで延びてしまった
・バイエルン・ミュンヘンのミヒャエル・バラックは、先日のDFB杯アウエー戦(1-0)で痛めた背中が完治せず、土曜日の1.FCケルン戦への出場が危ぶまれている
2005/10/28UEFAチャンピオンズリーグ情報
・元ミラン監督のアッリーゴ・サッキにもはや迷いはない。「パオロ・マルディーニはバロンドールにふさわしい」
2005/10/27UEFAチャンピオンズリーグ情報
・レアル・マドリーは現地時間26日、フランス代表MFジネディーヌ・ジダンがそ径部の故障により、1カ月程度は戦列を離れることを発表した
・リヴァプールのイングランド代表MFスティーヴン・ジェラードがラファエル・ベニテス監督を擁護する発言をした
 「なぜボスを批判するのか分からない。彼は正しいことを我々に言い、正しいことをしている」
 「この状況で責任を受け入れなければならないのは選手だ。僕たちが批判を受けなければいけないと思う」
 「こんなパフォーマンスは、リヴァプールというクラブにとっては受け入れがたいもの。多くのファンが観戦するためにたくさんのお金を費やしているんだし、ファンに申し訳ない」
2005/10/26UEFAチャンピオンズリーグ情報
・欧州サッカー連盟(UEFA)は、2006年から09年までのチャンピオンズリーグ(CL)のテレビ放映権の売却に成功したため、今後はCLに参加するクラブの間で、1シーズンごとに10億スイスフラン(約900億円)以上の金額を分配したいと考えている
・株主会議の際に、ユベントスのアントニオ・ジラウド代表取締役は新スタジアムの着工時期を明らかにした。
 1月から練習場をビノボ(トリノ県)に移すことも発表した。そこにユベントスのスポーツセンターが建設される。
2005/10/25UEFAチャンピオンズリーグ情報
・インテルは現地時間24日、右足の内転筋を傷めたアルゼンチン代表MFキリ・ゴンサレスの復帰は来年1月になると発表
・ミランのスタムが、オランダに戻ってPSVかヘーレンフェーンでプレーすることを希望している
・アドリアーノは右肩を骨折してはおらず、単なる亜脱臼だった。
・クリスティアン・アッビアーティとズラタン・イブラヒモビッチはレントゲン検査を受け、問題は一切見つからなかった
・ロナウジーニョは背中に当て、パスにする芸当を披露。スペイン語で背中を意味するEspaldaとロナウジーニョの名前をかけて、「Espaldinha」(エスパルディーニャ)」と名づけられた。
ロナウジーニョは「もちろん狙ってやったんだ。本当はジュリではなくてメッシにパスしたつもりだったんだけど。でも、ゴールになってよかったよ」
・オサスナ戦で負傷したベレッチ、デコの精密検査が行われ、ベレッチは右ひざの怪我の為、4週間から6週間、デコは内転筋を痛め、3週間の戦線離脱となり、ベレッチは11月19日に行われるレアル・マドリード戦には間に合わず、デコも出場が微妙な状態
・大敗したベティスのホアキン「今、僕らはともて苦しい状況にある。コンディションが連戦の疲れで良くないのが原因だろう」
【UEFAチャンピオンズリーグ情報】
・アンリがアーセナルについて「パトリック(ビエイラ)のいないところを補って、チェルシーに負けないチーム作りをする、それが目標だったんだ。でも結果的には失敗した」
 「言い訳ではないが、チームにキープレイヤーがいないんだ。国際的に活躍している選手が欠けている」
・リバプールのフランス代表FWシセが20日、ロンドン市警に出頭したことが分かった。9月30日にロンドンパークで広告撮影中にサインを求めた少年に対し暴力をふるった疑いがもたれており、警察から事情説明を求められていた
・アンリの契約問題について、ベンゲル監督「何も急ぐことはない。アンリの契約終了は2007年だから、まだ時間はある。選手の移籍で収益を出すつもりはない。素晴らしい選手で強いチームを作っていきたい」
2005/10/21UEFAチャンピオンズリーグ情報
・リヴァプールは現地時間20日、チリ代表FWマルク・ゴンサレス(21)の獲得について、アルバセーテ(スペイン)と合意に達したと発表
・ミランは現地時間20日、ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコのケガについて、当初見られていたより軽傷だと発表
・ユベントスの公式サイトによると、リリアン・テュラムは今シーズン開幕以来何度も悩まされてきた内転筋の問題をいまだに引きずっているとの事
・マンチェスター・ユナイテッドは20日、MFライアン・ギグスがほお骨の手術を受けることになったと発表
・火曜日に行われたチャンピオンズリーグのスパルタ・プラハ戦で負傷したアーセナルのホセ・アントニオ・レジェスは軽傷
・UEFAカップ 1回戦1stレグの結果
A バイキング 1-0 モナコ
A CSKAソフィア 0-1 ハンブルク
B Mペタティクバ 1-2 パレルモ
C ハルムスタッド 0-1 ヘルタ・ベルリン
C ステアウア 4-0 ランス
D ドニエプル 1-2 アルクマール
D グラスホッパーズ 0-1 ミドルスブラ
E バーゼル 0-2 ストラスブール
E トロムセ 1-2 ローマ
F CSKAモスクワ 1-2 マルセイユ
F ディナモ・ブカレスト 0-0 ヘーレンフェーン
G レンヌ 0-2 シュツットガルト
G シャフタール 1-0 PAOK
H ゼニト 2-1 ギマランエス
H ベシクタシュ 1-1 ボルトン
2005/10/20UEFAチャンピオンズリーグ情報
・チェルシーのモウリーニョ監督「開始20分までのセットプレーの守備に関する問題は、いただけない。ベティスはいい入り方をしていたし、うちに3点目が入るまでは警戒が必要だった」
・マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル人選手クリスティアーノ・ロナウドは、性的暴行の疑いで逮捕された
・ミランのアンチェロッティ監督「選手たちはいいプレーをした。間違いなく今シーズン最高の試合だった。残念ながら、作り出したチャンスを具体的な結果につなげることができなかった」
・ミランのインザーギ 「勝利に値する試合だっただけに残念だ。ちょっと不運でもあったし、相手のGKも素晴らしかった。こういうプレーができれば勝ち点はついてくるだろう。ゴール? 少しずつ戻ってくるはずだ。ターンオーバー? 選手の数は多いし、当然だと思う。誰でも自分に訪れたチャンスを生かさなければならない」
・フェネルバフチェのダウム監督「シャルケはここで望んでいた結果を手にし、ドイツでの試合でホームのアドバンテージをうまく使いたいだろう。われわれは、今日もセットプレーから得点を奪ったが、セットプレーをうまく使い、試合の行方を変えることのできるアレックスはいない。アレックスのポジションで他の選手はいない。このため、次戦はまた違ったシステムで試合に臨むであろう。だが、われわれもドイツで望む結果を手に入れたい。目標はただひとつ、勝利だ」
・UEFAカップは現地時間19日、グループリーグ第1節の1試合が行なわれ、グループBのロコモティフ・モスクワ(ロシア)とエスパニョール(スペイン)の一戦は、タムドのゴールにより、アウェイのエスパニョールが1対0と勝利
・アントニオ・カッサーノはローマとの契約がまだ合意に達しておらず、今後の去就は全くの不確定のままだ。現地でのうわさによれば、ローマは年俸350万ユーロ(約4億8300万円)での2年契約を提示したとのことだ。だが、契約の切れる2007年6月にインテルに移籍しなければならないという条項が含まれていたため、これを断ったらしい
・インテルが、ドイツ代表DFペア・メルテザッカー獲得に関心を示している
・バイエルンのダイスラー「これからも1試合1試合大切にしたい。それが代表にもつながると思う」。
・アーセナルの歴代得点王(185得点)だったイアン・ライト「アンリが素晴らしい選手であることを証明する記録だ。チャンピオンズリーグを除いてはすべて優勝しているので、今回はぜひ優勝してもらいたい。アンリのような選手が私の記録を抜いてくれて光栄に思っている」
・バイエルンのミヒャエル・バラックとマンチェスター・ユナイテッドは大筋で合意に達したようだ
・インテルのマンチーニ監督「オウンゴールが2つもあると取り戻すのは難しい。何でもできるが、ボールがゴールには入ることはない。こういう試合もある。選手たちは必死に頑張ったし、決定的なチャンスもあった。勝っていればグループリーグ突破は確実になっていただろう。これで、次のポルト戦とアルトメディア戦で4ポイントを取ることが重要になる。いずれにしても、何も変わってはいない」
・バイエルン・ミュンヘンのDFビセンテ・リザラズは、ふくらはぎの負傷により3週間の戦線離脱を強いられることになった。
・グループリーグ第1節 2005/10/20対戦表
A バイキング - モナコ
A CSKAソフィア - ハンブルク
B Mペタティクバ - パレルモ
C ハルムスタッド - ヘルタ・ベルリン
C ステアウア - ランス
D グラスホッパーズ - ミドルスブラ
D ドニエプル - アルクマール
E バーゼル - ストラスブール
E トロムセ - ローマ
F CSKAモスクワ - マルセイユ
F ディナモ・ブカレスト - ヘーレンフェーン
G レンヌ - シュツットガルト
G シャフタール - PAOK
H ゼニト - ギマランエス
H ベシクタシュ - ボルトン
・レアル・マドリーのロナウドは、1カ月という予想を上回る長期離脱を強いられることになるようだ
2005/10/19UEFAチャンピオンズリーグ情報
・第3節 2005/10/19に行われた結果
A バイエルン 2-1 ユベントス
A ラピド 0-1 クラブ・ブリュージュ
B アヤックス 2-0 トゥーン
B スパルタ 0-2 アーセナル
C ウディネーゼ 1-1 ブレーメン
C パナシナイコス 0-0 バルセロナ
D ビジャレアル 1-1 ベンフィカ
D マンチェスターU 0-0 リール
・アヤックスのブリント監督「とても重要な勝利だった」。「CLでは大事な試合が続く。トゥーンとのアウエー、スパルタ・プラハとのホーム。ここで勝ち点4を奪いたい」
「今日のトゥーンは悪かった。しかしホームでは今日のトゥーンよりいいトゥーンを見せてくるだろう」
・バイエルン元会長のベッケンバウワー氏も、「最初の1分からバイエルンがすべてを支配した。最後の失点は残念だったが…」
・アーセナルのアンリは「(プレミアで)ウェストブロムに負けたあとだったけど、大事なゲームでアーセナルらしさを示せたね。新記録のことも、最高にうれしい。ライトは偉大な先輩だからね。ハイバリーで達成したい気持ちもあったけど、点は取れるときに取らないとね」
・アーセナルのヴェンゲル監督は「ライトの記録が破られる日が来るなんて、思ってもみなかったよ。でも、アンリは格の違いを見せてくれた。ピッチに立った瞬間から、ゴールをねらってたよ。あの1点目のあと、私たちもゲームの主導権を握ることができた」
・リヨンのジェラール・ウリエ監督「全くばかげている。リヨンは代表チームの選手の3分の1近くを提供しているのだから、私にだってこれに反対する権利はある。それに、11月9日は世界中で国際試合を認められている日ではないのだから、ドイツ戦(12日)の48時間前からでなければ選手たちを送り出せないという可能性がある」
・マンチェスター・ユナイテッドのMFライアン・ギグスが18日、0―0で引き分けた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のリール戦でほお骨を骨折した。4―6週間欠場の見通し。
・ACミランは18日、同クラブに所属する元イタリア代表で、セリエA最多出場記録を更新中のDFパオロ・マルディーニ(37)の息子、クリスティアン君(9つ)と契約を結んだと発表した
・チェルシーのモリーニョ監督「ホアキンは攻撃の選手に必要とされるものをすべて兼ね備えている。一対一の強さとドリブル突破、ポジショニングの正確さ、そしてゴール感覚。だからこそ昨年、われわれは彼を本気で獲得しようとしたのだ。ホアキンは偉大な選手であり、私の大好きな選手だ」
・マンチェスターUのGKファンデルサル「次の試合までにたくさんのことを改善しないといけない。でもこれ以上は悪くならないさ」
・ユベントスのカペッロ監督「元気がなく、十分な反応ができなかった。最初の5分は苦しく、その後は立て直して拮抗(きっこう)した試合となったが、あのボールでGKが意表を突かれしまった。0-2にされたことでわれわれはバランスを崩して前がかりとなり、相手は楽になった。いつものように波のないプレーができず、相手のハイボールの強さに苦しめられてしまった」と
・ウディネーゼのコスミ監督「1点目がフェリピのオウンゴールだとは分からなかった。残念だが、そういうこともある。日曜日に続いて、また不幸なことが起こってしまった。われわれは自分たちの力を最大限に表現することができず、このレベルにしてはあまりにもミスが多過ぎた。結果的には1ポイントを獲得できて満足している」
・ウディネーゼのアントニオ・ディ・ナターレ「ゴールはうれしい。ウディネーゼは最後まであきらめなかったのが良かった」
・オリンピアコスのリバウドが、チャンピオンズリーグ第3節のリヨンとの試合を欠場することになりそうだ
・リバプールのジブリル・シセが、水曜日にアンデルレヒトで行われるチャンピオンズリーグ第3節の試合にてスタメン出場する可能性が出てきた
・ジネディーヌ・ジダンは「疲れてはいないけど、フィジカル面での問題はある。年間60試合は僕には多過ぎる」
「僕を初めとして、みんなマスコミと話をすることに疲れていた。サッカーのことをあまり知らない人たちの作り上げたコメントをいろいろと聞いたからね」
「サッカーを分かっている人からであればこういったことも受け入れられるが、全く分からない人からのものは駄目だ」
・RFEF(スペインサッカー連盟)は現地時間18日、バルセロナ(スペイン)所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対し、EU圏内選手としてリーガ・エスパニョーラに出場する権利を認めたことを発表した
2005/10/18UEFAチャンピオンズリーグ情報
・チャンピオンズリーグ第3節の対戦表
2005年10月18日
A ラピド - クラブ・ブリュージュ
A バイエルン - ユベントス
B スパルタ - アーセナル
B アヤックス - トゥーン
C ウディネーゼ - ブレーメン
C パナシナイコス - バルセロナ
D ビジャレアル - ベンフィカ
D マンチェスターU - リール

2005年10月19日
E ミラン - PSV
E フェネルバフチェ - シャルケ
F リヨン - オリンピアコス
F レアル・マドリー - ローゼンボリ
G チェルシー - ベティス
G アンデルレヒト - リバプール
H レンジャーズ - アルトメディア
H ポルト - インテル
・レアル・マドリーは現地時間17日、ブラジル代表FWロナウドが左足首の故障により1カ月戦列を離れることを発表した
・レアル・マドリーはスペイン代表DFミチェル・サルガドが太ももの筋肉を傷めたため、全治10日間と診断されたことも併せて発表
・スペイン1部リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーは、中米に2つのサッカースクール開校を予定している。グアテマラとホンジュラス
・マンチェスターUのアレックス・ファーガソン監督は現地時間17日、同クラブで指導者人生をまっとうすることを改めて強調した
・チャンピオンズリーグは現地時間18日と19日にグループリーグ第3節が行なわれる。今節、注目のカードは、両チーム合わせて6回欧州の頂点に輝いているビッグクラブ同士の対決。グループAのバイエルンとユヴェントスの激突だ
・バイエルンの監督フェリックス・マガトはロイ・マカーイに注意するようユベントスに呼びかけた。「まだ本調子ではないが、火曜日にはベストの状態になっているだろう」。
2005/10/17UEFAチャンピオンズリーグ情報
・現地時間16日、バルセロナのフランス代表FWルドヴィク・ジュリーが故障により18日に行なわれるチャンピオンズリーグのパナシナイコス(ギリシャ)戦を欠場することが分かった
・レアルのロナウドはリーガ・エスパニョーラの試合で負傷し、欧州チャンピオンズリーグのローゼンボリ戦を欠場しなければならないかもしれない
2005/10/16UEFAチャンピオンズリーグ情報
・マンチェスターU(イングランド)のアレックス・ファーガソン監督が、先日アイルランド代表からの引退を宣言したMFロイ・キーン(34)について、今後もクラブでの活躍を期待すると語った
・ローマに所属するイタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(23)がクラブを去る可能性が出てきた。新規契約について、クラブ側との交渉が物別れに終わったため
2005・10・15UEFAチャンピオンズリーグ情報
・フランス代表としてスイス戦、キプロス戦に出場したジネディーヌ・ジダンは、内転筋の痛みで、マドリー・ダービー(レアル・マドリー対アトレティコ・マドリー)戦に出場しないことが決まった。
 欧州チャンピオンズリーグの次の試合、ローゼンボリ戦から復帰する予定
・スペインサッカー協会が「ゲン担ぎ」の必勝態勢を敷いた。これまで代表戦といえば、Rマドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウだったが、スロバキアと対戦する12日のPO第1戦の会場を急きょ、Aマドリードのホーム、ビセンテ・カルデロンに変更した。
 5万人収容の同競技場で開催された代表戦は、過去7回。通算5勝2分けと無敗を誇る
・マドリッドダービーを前にケジュマンは「今週はこれまでの私のキャリアの中でも最も重要な一週間だ」
・マドリッドダービーを前にレアルのGKカシージャスも「トーレスは僕にもレアルにもまったく恐れを抱いていない」
・アーセナルのベンゲル監督は14日、ベラルーシ代表MFアレクサンドル・フレブがひざ手術のため、最長で8週間、試合を欠場する見通しと発表
・ユヴェントスは現地時間14日、イタリア代表MFマウロ・カモラネーシ(29)との契約を2009年まで延長したと発表
・マンチェスターUのアレックス・ファーガソン監督は現地時間14日、アイルランド代表DFジョン・オシェイ(24)とスコットランド代表MFダレン・フレッチャー(21)との契約をそれぞれ2009年まで延長したと発表
・スイスとオーストリアが共同開催する2008年欧州選手権(ユーロ2008)の予選で、フランス代表は第1シードに振り分けられた。同シードには、前回覇者のギリシャをはじめ、オランダ、ポルトガル、イングランド、チェコ、スウェーデンと強豪が並んだ。
 第2、第3シードには、イタリア、スペイン、ドイツがいる。予選抽選会は現地時間2006年1月27日正午からスイスのモントルーで行われる。本大会へは、各グループの上位2カ国の計14カ国に加え、開催国(スイス、オーストリア)が出場する
2005/10/14UEFAチャンピオンズリーグ情報
2005-10-14
・ブラジル代表がベネズエラを破った試合で負傷したレアルのロナウドは、アトレティコとのマドリー・ダービーを欠場する可能性もある
・サッカーの2006年ワールドカップ欧州予選のプレーオフの組み合わせ抽選が14日、スイス・チューリヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われ、8大会連続の出場を目指すスペイン(7組2位)はスロバキア(3組2位)との対戦
プレーオフは11月12日と16日にホームアンドアウエー方式で行われる
・マルセイユでは本格的なアミューズメントパーク“ジズーランド”の建設に向けて準備が整えられている。ジダンは自らの名を冠したテーマパークを持つ世界初のサッカー選手となる
・現地時間13日、前バイエルン(ドイツ)監督のオットマー・ヒッツフェルト氏(56)が、来季から再び監督として活動する意向
・アーセナルのベンゲル監督は13日、イングランド代表DFアシュリー・コールが右足疲労骨折のため、最長で8週間試合を欠場する見通しと発表した。
・イングランドのマスコミは、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFミヒャエル・バラックが、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド移籍に前向きな姿勢を示していると報道した
2005/10/12UEFAチャンピオンズリーグ情報
・レアル・マドリーは1月に3000万ユーロ(約41億1000万円)のオファーを出し、アーセナルからティエリ・アンリ(28)の獲得を狙う。
・バルセロナのシャビ「確かにスタートはよくなかったね。でもそれを一部の選手の責任として押し付けるのはどうかと思う。デコは言われている程悪いとは思わないし、彼は間違いなくバルサにとって必要な選手だよ」
・FWロナウドがまたしても物議を醸し出している「アドリアーノが一番やりやすいね。彼は僕と同様のタイプで、ゴールの近くに常に陣取り、相手ディフェンダーの注意を均等に引き付けてくれる存在だ。ロビーニョやラウールは良く動くけど、時にボールを受ける為にゴールからかなり離れた所でプレーする。そう意味では僕のプレースタイルに合うパートナーはアドリアーノだね」
・セビリアのFWのカヌーテ「(チームの)結果が出ていないことは十分分かっているけど、不運な面が多々あった。根本的に変える必要は無いと思う。もちろん守備面はもっと気をつけていく必要はあるけどね」
・エスパニョールのGKカメニに対し、5年契約と破格の長期契約に加えて年棒も大幅アップ、本人もご満悦の様子。「このチームを去るつもりは毛頭無いよ」
・アーセナルのチェアマンを務めるピーター・ヒルウッド氏は現地時間11日、フランス代表FWティエリ・アンリに、クラブ史上最高額の週給で契約更新をオファーする意向を示した。
・ユベントスのダビド・トレゼゲは火曜日の午前からチームの練習に復帰した。ファビオ・カペッロ監督にとっては朗報だ
2005/10/11UEFAチャンピオンズリーグ情報
・レアル・マドリードはアーセナルのアシュリー・コール獲得も検討している
・レアル・マドリードのロベルト・カルロスにカタールから3年契約で2100万ユーロ(約29億円)のオファーが届いている
・レアル・マドリードのアッリーゴ・サッキはウルビーノでスポーツ行動技術科学の名誉学位を授与された
・約2年前からグラウンドを離れていたチアゴ・モッタが練習を再開した。
「とても苦しい時期だった。過去2年間は次々と負傷に見舞われて過ごしてきたけど、もうそれを繰り返さないで済むことを願っている。今の僕の唯一の目標は、プレーを再開してチームを助けることだ」
・チェルシーのウィリアム・ギャラスは来シーズンにはミランのユニホームを着るかもしれない
2005/10/16UEFAチャンピオンズリーグ情報
・ドルトムント(ドイツ)がバルセロナ(スペイン)所属のスウェーデン代表FWヘンリク・ラーションに興味を示していることが分かった
・レアル・マドリーが獲得を狙う選手は、これまで通りティエリ・アンリだ。2000万ユーロ(約27億6000万円)のオファーを準備しているらしい
・レアル.マドリーのロナウドが提案を行った。「主審を2人にするという考えには賛成だ。ほかのスポーツではやってるし、サッカーではできないということはないだろう? 審判の仕事をもっと楽にする解決策がある。あとは、それを採用する意思があるかどうかだ。ゴールラインを割ったかどうかを判定するマイクロチップ入りのボールも使い始めたい」
・ロビーニョがマドリーでの困難について告白した。「まだ環境に慣れていない。僕にとってはとても大きな変化だった」
・バレンシアのエドゥは重傷から回復しつつある。「厳しいトレーニングをしている。3~4カ月後には復帰できると思う。左膝(ひざ)の十字靭帯(じんたい)を断裂した8月20日はもう遠い昔のように感じられる」
・フランス代表DFウィリアム・ガラが今季終了後にチェルシーから移籍する可能性を示唆
2005/10/08UEFAチャンピオンズリーグ情報
・7日、アヤックス(オランダ)のユースチームに所属するアマチュア2選手にチェルシー(イングランド)が接触したことが分かった。アヤックスのディレクター、アリー・ファン・エイデン氏が現地のインタビューに答えたもので、同クラブはチェルシーの行為を非難する声明を発表
・1.FCニュルンベルクでプレーするU-21ドイツ代表FWシュテファン・キースリンク(21)の元に、アーセナルから移籍の照会
・バルセロナはリーガ・エスパニョーラで唯一、ユニフォームにスポンサーロゴがないことで知られる。契約がまとまれば、クラブ史上初めてシャツにスポンサー名が入ることになるが、フロント内ではこれに反対する声も出ている。
ラポルタ会長は、「中国政府と契約合意に至ったと正式に発表したことはない。確かに中国とは合意寸前まで行った。しかし、中国と同じ条件もしくは、それよりも好条件でのオファーがほかからも提示されている。我々は一番いい形で契約を結びたいと思う」とコメント。また「ほかのクラブと張り合えるようなスポンサーを探しているが、契約を結ぶのは、条件面で合意に至った場合のみだ」
2005/10/07UEFAチャンピオンズリーグ情報
・シセはリバプールのベニテス監督からあまり信頼されておらず、現状が変わらなければクラブを去りたいという意思を明らかにした。
「もし、これから12月にかけて状況が良くならなければ、リバプールを出て行くよ。そうなれば、マルセイユに行きたいね!」
・バイエルン・ミュンヘンには間もなくUEFA(欧州サッカー連盟)から厳しい裁定が下される可能性がある。最悪の場合、チャンピオンズリーグからの追放もあり得る。9月27日に行われたチャンピオンズリーグ第2節のブルージュ戦で、新スタジアム「アリアンツ・アレーナ」のスポンサー名を隠すことを拒否したというのがその理由だ。
・プレミアリーグのリバプールはホアキンの獲得に全力を注ぎこむ準備があるようだ。リバプールはベティスにオファーを提示したようで、1000万ユーロ(約13億7000万円)の支払いに加えてフランス人FWジブリル・シセを譲渡するという内容だそうだ。シセの価値は2000万ユーロ(約27億4000万円)と評価されている
・インテルのトルド「チームの落ち着きを乱すつもりはなかった。ファッケッティ会長やマンチーニ監督と話をして、チームのために頑張りたいという意思をはっきりさせた。僕の発言が曲解され、問題を起こそうとしているように見られたのは残念だ。僕はそういうタイプじゃない」
・ユベントスのアッビアーティ「連絡を受けた時には、いつかはブッフォンが戻ってくることは分かっていた。彼が戻ってきて、自分にはもうチャンスがないと分かった時には、ユベントスに呼ばれる前に届いていたほかのオファーについても検討するだろう」
・マンチェスターUのファン・ニステルローイだが、「2008年に契約が切れるまで、移籍のことは考えていないし、そのあともマンチェスターUでプレーしたい」
・リバプール側は、ラファエル・ベニテス監督自身がそのうわさを否定した。
「その話には全く根拠がありません。ホアキンの代理人がこちらに来たことはありませんし、私たちも、いかなるオファーも選手のトレード条件も提示していません。とにかく、リバプールはホアキンには関心がありません」
【UEFAチャンピオンズリーグ情報】
・レアル・マドリーの顧問を務めているエルネスト・ブロンゼッティは語った。「ルシェンブルゴを交代させる場合はアンチェロッティだ」
・ロナウドはレアル・マドリーがこういったパフォーマンスを禁止したという報道についても否定した。「こういったタイプのゴールパフォーマンスを禁止する連絡は一切受けていない。単なる喜びの手段だし、今後も別の動物のまねを続けていくことに問題はない」
・バルセロナは、先日行われたサラゴサ戦でのメッシの出場が不当であるとのデポルティーボの訴えに対し、スペインサッカー連盟の裁定委員会に申し立てを行った。ジョアン・ラポルタ会長は「全てがはっきりするまで、そんなにかからない。裁定委員会が正しい判断を下すだろう」
・ジョアン・ラポルタ会長は、ヨハン・クライフの批判にたいし「僕達の状態はあまり良くない。会長がそう発言する権利はある。クライフの批判も受け入れるつもりだが、デコやロナウジーニを名指しで批判するのは正しくない。僕達は11人でプレーしているのだから」
・ファン・ボメルはメッシをすばらしい選手と評し、「他のクラブはメッシやバルサを恐れているのだろう。なぜこのような問題が起こるのか分からない。みんなスタジアムですばらしい選手の最高のプレーを見たいはずだ」
・カシージャスの契約延長がここ数日にもまとまりそうだ。2011年6月30日までの延長で、クラブ側ともほぼ合意に達している模様
・ジブリル・シセのリバプールにおける未来は漠然としてきた。今季のプレミアリーグでわずか2試合しか先発していない。「ベニテス監督の決定には従うし、我慢もしよう。でも今季ずっとベンチにいたくはない」
2005/10/05UEFAチャンピオンズリーグ情報
・サッカークラブの長者番付で、8年間ずっとトップを守ってきたマンチェスター・ユナイテッドが、ついにその座をレアル・マドリーに明け渡した。
レアルの昨シーズンの売上高は2億7570万ユーロ(約374億6000万円)で、前のシーズンよりも17%のアップとなった。この結果に対するアナリストらの見解は、フロレンティーノ・ペレス会長による“スター獲得”政策が功を奏したということで一致している。
・アフリカ・ネーションズカップのため、バルセロナは1月にサミュエル・エトーを失ってしまうかもしれない
・バルセロナのジョアン・ラポルタ会長はサミュエル・エトーをアフリカ・ネーションズカップ(CAN)に出場させないよう、カメルーンサッカー協会を説得したいと考えている
・マンチェスターU(イングランド)所属のアイルランド代表MFロイ・キーンが、イングランド代表FWアラン・スミスについて「リーズで中盤をやったことがあるし、アランはいいものを持っていると思う。いい経験を積む絶好の機会だし、実際よくやっている」
・マイケル・オーウェンは「もう国外には行かないと思う。国外ではどういう生活をするのか見てみたかったけど、今は目が覚めた。ここでの生活が好きだ。いつか戻ってくるとは思ってたけど、いつになるかは分からなかった」
・ベンフィカのキャプテンである攻撃的MFのシモン・サブローサは、リバプールが冬の移籍市場で獲得を狙っている一番の標的のようだ
【UEFAチャンピオンズリーグ情報】
・ジュリオ・セザールのスタメン昇格によりサブに落とされたインテルのトルドは、クラブとロベルト・マンチーニ監督の選択を非難した。
「インテルがシーズン初めの段階で今のような状況が予想されることを言ってくれていれば、別の選択をしていただろう。でも、僕が言われたのは別のことだった。今は戦術的な選択でプレーできないことが分かったけど、僕に対する悪意があるとは思いたくない」
・シャルケのポウルセン「なんでこんなに批判されるのか分からない。強力な相手選手たち、特にカカに対してできる限りのディフェンスをしようと考えただけだ。フェアなプレーをしたと確信している。僕はただ彼にスペースを与えないようにしただけだ。テレビを見れば分かる」
・ファン・ニステルローイの代理人ロジャー・リンゼ「ルートがマンチェスターを出ることはない。今は借家だが、ここに家を買いたいとまで思っているほどだ。この町を離れたいのなら家を買いたいなんて思わないだろう?」
・レアルのベッカムは自信を漲らせて語る。「僕は今、本当に調子がいいんだ。コンディションがよくて、トレーニングや試合でもいい成果が出ている」「個人的にうまくいっていることはとてもうれしいし、チームの状態も上がって来てるから最高だね」
・UEFAカップのグループ決定、エスパニョールはC組、セビリアはH組に・・・
・バルセロナのロナウジーニョがサラゴサ戦に履いたシューズは純金がある部分に施されたナイキの新シリーズ
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。